羽生結弦選手はこれからも飛躍する





羽生結弦、明かした胸中 集大成へ高難度プログラム挑戦:朝日新聞デジタル 8月12日(水)

(引用開始)…3年後の平昌五輪で2連覇を果たし、フィギュアスケート人生の集大成にすると誓った羽生結弦(ANA)。ライバルのパトリック・チャン(カナダ)が休養から復帰する新シーズンに向け、拠点のカナダ・トロントで、より高難度のプログラムの習得に励む。

トロントの中心部から、車で北へ約20分の郊外にある「クリケット・クラブ」。羽生はこの地を拠点にして、4季目を迎える。6日、練習を公開した。

「スケートのためだけに、異国に来ている感覚。よりスケートに打ち込まなくてはならない。教室にいたら、勉強しないといけないみたいな」。オフの日も散策や外食はほとんどせず「スケートのためにとにかく休む」。早大の通信課程に在学し、リポートの提出にも追われているという。

☆片割月の一口コメント
偉いですね。学業の方も頑張っているんですね。何を専攻しているのかな?通信課程といっても、夏休み等では「スクーリング」といって、何日かは当該大学の講義に通うシステムと聞いています。勉学も吸収力のある若い時にこそね(^^)。


昨季は中国杯での衝突事故や下腹部の手術、世界選手権で連覇を逃すなど試練が続いた。オフはアイスショーで日本各地を巡り、トロントに戻ったのは7月末だった。

「滑り込めていない。一番調子が悪い時は、トリプルアクセルが跳べなくなるくらいになる」。体重もベストより数キロ軽い。だが、昨季の経験を通じ「あまり怖いものはなくなった」と言い切る。「どんな状況、環境でも、あれを乗り越えたからどうにでもなるのではという気持ちが少しある。よりうまくなれる、より自信をもって滑れると思うし、より効率よく練習できると思う」

■大人への脱皮図る

新シーズンに向け「さらにハードルを上げた感じ」と話すのは、ショートプログラム(SP)だ。昨季と同じショパンの「バラード第1番」を使用するが、昨季は断念した演技後半の4回転ジャンプに再び挑む。

それだけではない。ジャンプを跳ぶ前や、技のつなぎで複雑なステップを増やし、出来栄え(GOE)や演技構成点で上積みを狙う。美しいスケーティングで、世界選手権3連覇の経験があるチャンに対抗するためでもある。ブライアン・オーサー・コーチは「105、6点を狙える構成だ」と語り、羽生がソチ五輪で出したSPの世界最高得点(101・45点)を超えることを期待する。

☆片割月の一口コメント
やはり、私が推測した通り、「バラード第1番」を持ち越した理由の一つに、最高得点の記録更新も狙っていたんですね。実に頼もしいです。野望は大きく持って下さい!


「クラシック曲は難しい。昨季はジャンプでいっぱいいっぱいだった」と羽生。フリーで使う映画「陰陽師(おんみょうじ)」の曲は、物語の場面を想像しながら演じられるが、SPはピアノの旋律だけ。「無の状況から、自分の気持ちを生み出して表現することがまだできない」と課題を挙げる。表現面で幅を広げることは、3年後の五輪に向けて成長が求められる要素だ。「(ピアノの旋律を)耳で聴きながら、曲を自然に解釈して、皆さんに視覚でも楽しんでもらいたい」。20歳になり、スケートでも大人への脱皮を図る。

☆片割月の一口コメント
年齢の割には己の長所も弱点を客観視することが出来、なおかつ、それを人前で語れる…大した若者と思います。私の意見では羽生選手は決して表現力が劣るわけではない、むしろ、華があり、独特の雰囲気・空気を持つスケーターと思っています。本人の目標設定が高いからこそ、自分に不足を感じているのでしょう。素晴らしいアスリート!!


練習後、新聞各社の取材に「ソチで(金メダルを)取って、その次の五輪で取って終わって、そこからプロをやろうと小さいころから決めていた」と語り、平昌五輪を区切りにプロへ転向する意向を示した。ただ、関係者によると、発言が大きく報じられて戸惑ったという。五輪後の去就は考えず、レベルアップに集中する。

今季の初戦は、10月中旬にカナダで開かれるオータム・クラシック国際の予定だ。同月末のグランプリシリーズ初戦・スケートカナダで、いきなりチャンと対決する。「ワクワクしているが、今はそういうことに気を取られている場合ではない。自分が成長できることを心がけている」…(引用終わり)。


素人目ですが、羽生選手は間違い無くジャンプの天才と思います。ジャンプは超一流。しかし、ステップシークエンスや演技全体における表現性という点では…もちろん、一流ではありますが…超一流にはまだ到達していないと思います。

複数のスケーターを並べてアレコレと比較するのは微妙なものがありますが、それでも、やはり、超一流の表現力を持つスケーターと言えば、ステファン・ランビエールさん、高橋大輔さん、ジェレミー・アボットさんの名前をどうしても思い浮かべます。そして、特別な存在であるパトリック・チャン選手を。ロシアのヤグディン様や皇帝プル様もネ。

羽生選手には「表現力」を含め、まだまだ開発され尽くしていない潜在能力があると思います。

それに加えて、卓越したアスリートらしい強い精神と賢さの持ち主ですね。

今後も更に飛躍するでしょう。

これからの成長と活躍が非常に楽しみなスケーターの一人です!!ヽ(^。^)ノ


スポンサーサイト

祝:大リーグ、マリナーズの岩隈久志投手がノーヒットノーランを達成!!






これは明るいニュースです!

岩隈投手、凄い!!そして、ちょっと意外でした。それだけに余計嬉しいです!

日本人大リーガーとしては、野茂英雄さんに続く快挙。おめでとうございます!!

フォークボールの切れ味が抜群だったとか。

JLYGk7hxwzA2cRca_ryG0b2a7sLUDJA.jpg


岩隈投手は力でバッターをねじ伏せるよりは、打たせて捕るタイプと思っていただけにノーヒットノーランは難しいだろうと思っていました。しかも、今シーズンは調子はイマイチと思っていただけに。驚いたわ。嬉しかったわ。

岩隈投手、さぞかし、「やった!!」と喜んでいることでしょうね(^^)。監督もコーチもチームの仲間もマリナーズファンも、ものすごく喜んでいますね。これで名誉挽回だ。これをきっかけに残りのシーズンの快投を期待します。

私は、大リーグの日本人投手でノーヒットノーランをやれそうなのは、ダルビッシュ投手が有力と思っていたけどね。ただ、ダルビッシュは威力のある球を投げるけど、ムラもあるのよね。

それにしても、ノーヒットノーランを二度も達成した野茂英雄さんは、やはり、偉大だったと思います。しかも、あの頃は日本人投手が大リーグで通用するのか、半信半疑で見ていた時代でしたしね。それで何年も10勝以上の実績を挙げたのですから。

大リーグで立派な実績を残した日本人選手は、第一位が野茂さん、第二位が松井さん、第三位が黒田投手と思っています。そして、第四位がイチローと思っています。何故イチローが四位かというと、彼のヒット本数の記録はチームに対する貢献度という点では疑問があるからです。打点が少ないのがその証拠です。あれは、まったく個人の記録と思うので。

松井秀喜さんがワールドシリーズでヤンキースの優勝に最も貢献し、MVPを獲得したことは、ピッチャーなら完全試合を達成したくらいの偉大な記録と思います。ホームランを31本打ったことも素晴らしい実績です。膝の故障が無ければ年間30本のホームランを複数年打てたかもしれません。日本人選手には、当分、このような快挙は望めないでしょうね。



「羽生結弦報道」の例に見る、「情報処理・判断」の難しさ





「平昌後は未定」言葉足りなかった…羽生が真意:読売新聞 8月11日(火)

(引用開始)…ソチ五輪フィギュアスケート男子金メダリストの羽生結弦(ANA)は読売新聞との国際電話によるインタビューに応じ、6日にトロントで行われた公開練習後に語った、2018年平昌(ピョンチャン)五輪後にプロ転向するという発言について、「小さい頃に描いた将来設計を語っただけで、言葉が足りなかった。平昌後にどうするかは、まだ分からない」と真意を語った。

羽生は6日の取材で、報道陣に対し「(ソチと平昌で)優勝、優勝で終わり、プロに行く」などと発言した。この発言が「引退表明みたいに受け取られて、とてもびっくりした」と戸惑ったという。「実際は、その時にならないと分からない。平昌後に納得できなかったら、納得するまでやるだろう。具体的に決断した話ではない」と説明した…(引用終わり)。


この羽生選手の事例はそれほど問題ではない方でしょう。当初の報道による「羽生選手談話」は、「羽生選手らしい、しかとした人生設計がありますね」等、概して好意的な反応が多かったと思います。ファンの間には、「平昌五輪で23才で引退はもったいない!」との声があったようです。ネガティブな反応としては、少数でしょうが、「当然のように五輪を連覇する予定にしている。傲慢だ」の声があったくらいか。

ともあれ、羽生選手はえらい気にしたようですね。

正確な情報を得るのは難しいですね。この場合、本人が話している一部始終が録画されていれば情報としてほぼ完璧でした。しかし、大抵は聞き手の番記者やライターが書いたものを私達は読むわけですから、そこには書き手の「主観」「読解力」によって情報の中味が左右されます。

時には話し手の意図から外れた内容になったり、テーマの重要性が見逃されたり、問題に気がつかなかったり、小さな出来事が誇張されたり、真意が曲解される場合もあります。

逆に、話し手の方に言葉足らずな点や曖昧な点があって、聞き手の判断を誤らせる場合もあります。

つまり、私達は報道を鵜呑みにするとトンデモない誤判断をすることもあるわけです。

だからと言って、報道を手掛かりに感想や意見を言うのは軽率だ!ということにもなりません。全て100%知らなければ何も言ってはいけない、は非現実的です。私が大阪の橋下市長に面会したことがなくても、これまでの彼の言動をウォッチしていれば、橋下市長の人間性が下の下であることは、ほぼ明瞭です。

また、大人には情報の断片から全体像を推測するだけの情報処理能力と仮説を立てて論じる能力があります。ただ、頭の片隅に、「この情報は不完全かもしれない」との認識を持っていれば良いと思います。

アマチュアのアスリートはプロではありませんし、年齢も若い。ましてや話すプロではありませんので、伝え手としてのミスがあったとしても私は割合と寛容です。私がキム・ヨナさんの「妨害発言」等に「甘い?」理由はここにあります。

これがプロのアスリート、職業スポーツの選手となりますと、私は非寛容的になります。何故なら、彼等はそれで飯を食っているのですから。マスコミとの付き合いもプロの必須事項。私がイチローに厳しいのはこうした理由もあります。

ビジネスの世界でも、話し手のミスは許される場合もありますが、許さずに責任をとらされる場合も多いです。お客様を誤解させるのは営業マンの責任です。プロ失格です。お客様の読解力の責任はありません。

政治家は?彼等は話すことがまさしく商売。しかも、責任は非常に思い。言い間違いでは通らない。メディアの言葉狩りだ!偏向報道だ!と責任転嫁するのは政治家の常套手段ですが、見苦しいですね。厳しく追及されて当然。ところが、最近の安倍政権での「安倍チルドレンたち」の暴言、妄言、誹謗中傷発言に対しては、党幹部から「注意」がされるだけで許されてしまうんですね。つまり、プロの政治家ではなく、アマチュアの政治家?が急増した証しなのでしょう。

しかし、アマチュアの政治家が日本を動かし、日本の将来が左右されるとは、考えても恐ろしい。非常事態。国家の危機。



2015シーズンのフィギュアスケートルール変更:スピンのGOE係数のことなど





ISUコミュニケーション1944
サイトはここです

●ジャンプの基礎点とGOE係数の変更

3回転トゥループの基礎点が4.1点→4.2点に、3回転サルコウの基礎点が4.2点→4.4点にアップしました。

狙いは何?私には分かりません。ルッツやフリップを苦手とする選手には朗報?

私なら、3回転ループの基礎点を5.1点→5.4点に、3回転フリップの基礎点を5.3点→5.5点にしますけどね。これにより、3回転ー3回転のコンビネーションジャンプで、セカンドジャンプに3回転ループに挑戦する選手が増えればと思うからです。

4回転ジャンプのGOEでマイナスの係数が厳しくなりました。特に、GOE-3=-3点だったのが、-4点になりました。これは、「4回転、転倒も両足着氷も、跳んだ者勝ち」の風潮?に対する抑止力を持たせようとの狙いでしょうか?仮にそうだとするならば、私は賛成です。ルールは厳しい方が良いと思う方だから。


●スピンのGOE係数

以前からずっと気になっていたことです。

例えば、コンビネーションスピンで一番基礎点の低い、足換え無し+2姿勢のレベル1は1.1点。
一番基礎点が高いのは、足換えあり+3姿勢のレベル4の3.5点。

ところが、どちらもGOEがプラスの場合の係数は、
+1=0.5、+2=1.0、+3=1.5
と、全く同じ扱いです。

GOEマイナスの場合の係数は、
-1=0.3、-2=0.6、-3=0.9
と、やはり全て同じ扱いです。

スピンにおける、「すべて右へならへ」式のGOE係数は、シングル競技だけではなくカップル競技でも同じです。

ジャンプのGOE係数については、ISUがあれこれと頭をひねって考え、工夫した形跡が見られます。

それに対し、スピンのGOE係数についての、やる気の無さ、思考停止状態、「しゃらくせえや、みんなまとめて一緒にしておけ!」的な手抜きぶりは、如何なる理由によるものか?私には理解が出来ません。

ジャンプはショート、フリー、合わせて10本(男子は11本)ありますが、スピンは6本あります。得点に占める割合は決して低くはありません。なおざりには出来ないはずだと思います。

なお、ステップシークエンスだけはレベル4のみ、GOE+3=1.5点→2.1点としています。

もちろん、ジャンプの難易度とスピンのレベルとは意味合いが違うとは思います。しかし、です。

ISUジャッジの岡部由起子さんによれば、ジャッジの中には、「スピンのレベル判定は止めた方が良いのではないか」との意見もあるそうです。うん、何となく分かるような気がする。

要するに、2回転。。。8回転。。。と回転数を数えてレベル取りをすることに、どれだけ意義があるのか?、そして、それがスピンのクオリティーとどれだけ関係があるのか?という疑問があるからです。

もちろん、採点の公平化を図る為には、何らかの明快な基準が必要になります。それは分かります。

が、基礎点の比重を下げて、GOEの比重を上げる方が、選手毎のスピンの力量の差別化になり、スピン技の発展や独創性の開発に繋がるのではないかと思いますが、どうでしょうね?

コレオシークエンスのように、フリーでは3つのスピンの1つは、レベルに無関係なコレオスピンを試みたらどうかと思います。選手の手抜きを避ける為に、「ポジションの種類や数、ポジション毎の回転数は無関係だが、結果的に最低10回転はすること」、くらいの縛りでどうでしょうか。


●ステップシークエンスと「音楽」との関係について、私の理解を以下に述べます。

ISUルールでは、

ステップシークエンスにおけるレベル取りの要件について、
→4) シークェンスの中に明確なリズムで実行する,難しい3 つのターンの組み合わせ.異なるものを2 つ…とあります。

GOEのガイドラインとして、
→8) 要素が音楽構造を高めている

これらの意味、分かりますでしょうか?

ごく単純に言うと、音楽には旋律とリズムがあります。

ステップシークエンスでフィギュアスケートの解説者は、「この選手は曲にマッチした動きをしてますねえ、音楽を良く表現していると思います」等と言いますね。

この場合、スケーターの刻むステップ・ターンは、音楽のリズムとの合致が重要なのか、旋律との合致が重要なのか、です。難しいですね。両方でしょう?はダメですよ。曖昧です。

私は、たぶん、リズムの方が重要なのだろろうと推察します。ステップやターン技術で曲の旋律をどこまで表現出来るのか疑問があります。それをやるのは主に上半身の動きや顔の表情でしょう?旋律との合致とは、いわゆる感情表現ですね。

で、採点競技としては、どちらが重視されるかと言えば、足元のリズムの方ではないでしょうか?

このことで思い出さずにはいられない例は、パトリック・チャン選手の演技構成点やステップシークエンスの評価が非常に高い理由です。しばしば、高橋大輔さんやジェレミー・アボット選手の方が表現力があると思うのに、どうしてチャン選手はこんなに高い評価を受けるのだろう?との一部ファンの疑問があったからです。

「音楽構造を高めている」とは非常に抽象的です。が、上記のように理解すれば良いのかと。違うかな?



フィギュアスケート、2015GlacierFalls他、フィギュアネタ





●フィギュアスケート、2015GlacierFallsの動画(アメリカの国内大会か)
動画はこちらです

この大会にアメリカ女子・男子の主要選手も何人か参加しています。

映像は小さいし、早い時期での初戦でもあり、プロトコルも分からないし、一概に論評出来るものではありませんが、第一印象めいたことをいくつか。

ゴールド選手の新フリープログラムは定番の「火の鳥」でした。
昨シーズンのポゴリラヤ選手の「火の鳥」と、つい比べてみたくなります。

そもそも、ゴールド選手は私に言わせますと「体育会系」の演技スタイルなので、「オペラ座」や「眠れる森」などよりは、「火の鳥」の方が彼女にマッチしたプログラムではないかと期待しています。

ポゴリラヤ選手の「火の鳥」が躍動感豊かでロシア的な土の匂いが漂っていたのに対し、ゴールド選手の方は…この動画で見る限りですが…華麗で洗練された演技といった感じです。とにかく上手いのですが、やや大人しいかな。もう少し「暴れて欲しい」感じもします。

コートニー・ヒックス選手のショートプログラムが面白いです!音楽の題名は忘れました^^;

3Lzを跳んだ後の、2Aの前後の動きが面白いです。アウトサイドイーグル~インサイドイーグル(すっごい、身体を前に倒していますね。上半身の反らし方が鋼のようです)、そして2Aを跳び、そのまま片手キャッチフットツイズルに移行。そのままチョクトーを入れて時計回りのループターンを入れてステップシークエンスに入ります。(間違いがありましたら、ご指摘ください)

※ファントム様から詳しい分析がありましたので、ここに記載いたします
2.13 スリー
2.14-15 ツイズル
2.16 チョクトー×2
2.17 チェンジエッジ
2.18 ループ
2.19 リバーストウホップ
(数字は、動画の分秒)


繋ぎ(トランジッション)がなかなか凝っているようです。ただし、2Aのランディングのフローがイマイチだったのか、ツイズルがやや窮屈な感じです。ここら辺りがもっと磨きあがると、さらにGOEやPCS評価へと繋がることでしょう。

ヒックス選手といえば、才能はとても豊かなのに、持て余しているのか、コントロール仕切れていない印象があります。ややもすると、演技が雑というか暴走する印象がありました。もったいないなあと。

が、この新ショートを見る限りでは、かなり見せ方が上手くなっているように思いました。

アメリカ女子では、ゴールド選手、ワグナー選手、エドモンズ選手に次いで、長洲選手と4番手争いをしているのがヒックス選手でしょうか。若手のカレン選手もいますが。今期は何とか全米で表彰台を射止め、世界選手権出場を!期待しています!


●羽生選手がSPの「バラード1番」を持ち越すと知り、私は歓迎しています。

私はこの優雅なプログラムが好きなので、さらなる進歩した演技が見られるとすれば幸せです。

何故、羽生選手は持ち越したのでしょうか?
①まだ、やり残したことがあるから。←たぶん、これが最大の理由か。
②ソチ五輪で出した最高得点の更新を狙っている。
③最大の強敵、パトリック対策。
④ショートでの出遅れだけは避けたい。
⑤「パリの散歩道」の持ち越しの成功で味をしめたか(^^)
④とにかく、振付にはお金がかかるので、経費削減(これは無いか)

大会名は忘れましたが、羽生選手は10月の国際大会に出るそうですから、ジャパンオープンの参加はなさそうですね。


●ジャンパンオープンの新たなるエントリーは。
トゥクタミシェワ選手がエントリー!やった!彼女の生演技を初めて見ることが出来るとは幸せ。3A来るか。

新フリーは「ペール・ギュント」をアレンジしたものとか。振り付けはランビエールさん。エドモンズ選手が使用した、有名な「日の出」は使わないらしい。もっとも、トゥクタミシェワ選手に「日の出」はミスマッチでしょうけど。

ジュベールさんがエントリー!全盛期の演技ではないとしても、彼は登場するだけで観客の心を鷲づかみする魅力的なスケーターですからね。私は2009国別対抗戦で彼のショートプログラムを見て感激しました。プログラムは何だろう?

メリチャリ!!もう、どんなプログラムでも結構です!

荒川静香さんは出ないのかなあ。。ゲストではレギュラーだったんだけど。。。

残るは日本男子2名。たぶん、宇野選手、無良選手、小塚選手、村上大介選手の中からでしょうね。
私は村上選手の生演技は見たことが無いので、彼を希望します。



プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR