頑張れ、河出書房新社!「嫌」でもなく、「呆」でもなく





h2.jpg


某書店に行くと、河出書房新社による「選書フェア」なるコーナーがあり、TAKE FREEのリーフレットも置いてありました。

リールレットにはこう書いてあります。以下はそのまま書き写したものです。

「今、この国を考える」フェアにあったって
「嫌韓」「嫌中」――――昨今、多くの書籍や週刊誌の記事で、近隣諸国への憎悪がいたずらに煽られています。「ヘイト・スピーチ」は日常の風景と化し、連動するように「愛国」や「国益」が、この国に住むひとりひとりが自らの生活と結びつけて考えなければならないものとして話題に上がることが多くなりました。
そして、こうした流れは、生活保護バッシング、女性の貧困や少子化を呼び込む雇用体制といった諸問題と結びつき、個人の生活や未来への想像力を、国や社会が無慈悲に遮断するかのような空気が生まれています。
この国で「普通に」暮らすことさえ息苦しさを感じる人々が増えている今、これからを生きるための手がかりとなるような本を届けたいと私たちは考え、このフェアを企画しました。フェア対象書籍には、各著者からコメントを寄せていただき、さらにこのフェアにご賛同くださった12名の方々から「今、読むべき1冊」をご推薦いただきました。
こんな時だからこそ、「嫌」「呆」ではない視点が必要です。未来を想像するために、過去を振り返り、今現在そこにある問題を考えてみませんか。ぜひ手にとっていただければ幸いです。
                                        河出書房新社 坂上・武田・松尾・片山


同感です。やはり、同じことを感じている人達がいるんだなあ。

河出書房新社は昔から時流に便乗した本よりも、世界・日本文学全集や堅い歴史・社会本の出版に熱心ですね。経営もさぞかし苦しいことでしょう。過去には何度か経営難に陥ったこともあると漏れ聞きます。

私も世界文学全集や世界の歴史シリーズの本ではお世話になりました。特に世界の歴史シリーズは歴史を動的に捉えた説明で、目からウロコが落ちるようでした。今でも何冊かは手元に大事にとってあります。

河出文庫では、非人頭弾左衛門についての本や例のマルキ・ド・サドの本など、他の文庫本ではなかなか手に入りにくい書物が少なくありません。また、かつてはカッパブックスで発行された「三光」(旧日本軍による残酷な中国人殲滅作戦)は右翼の脅迫により絶版になったそうですが、今は河出文庫で読むことができます。

推薦本からは、文芸評論家の斎藤美奈子氏の推薦による、加藤直樹著「九月、東京の路上で:1923年関東大震災 ジェノサイドの残響」を買いました。大震災における「朝鮮人虐殺」をも「無かったこと」にしようとする歴史修正主義の手が及ぶ中、こうした本の価値は高い。もちろん、テレビに出演している有名人の手による本ではないので、大して売れはしないでしょう。それでも、過去の歴史を語り継ぐ人達の努力は決して無駄ではないと思います。


九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響
(2014/03/07)
加藤 直樹

商品詳細を見る



☆東日本大震災ではありませんが、石原慎太郎氏が都知事をしている時に新関東大震災が起きたら、冗談ではなく、再度、在日韓国・朝鮮人や在日中国人に対する殺人・暴行事件が多発した可能性があっただろうと思います。

それは石原慎太郎という極右(三国人発言等)が首長にあって、ヘイトスピーチ集団とそれを支持する都民がいれば、昔と条件はさほど変わらないと思うからです。大正末期から90年。平成の日本人は歴史から何を学んだのだろうか。


文化防衛論 (ちくま文庫)文化防衛論 (ちくま文庫)
(2006/11)
三島 由紀夫

商品詳細を見る


私は三島由紀夫の小説のファンであり、論文では「文化防衛論」を愛読しています。三島ファンに限らず右翼な方々なら一度は読むべき本です。日本の文化を牽引する要・主体としての天皇・天皇制を語っていますが、なかなか読み応えがあります。一流の右翼活動家としての三島由紀夫の面目躍如たる内容です。今現代の右翼論者のチープな主張とはレベルが違う。ただし、日本の美の極みが「切腹」に収束されるとするならば、やはり、それは何かが違う、とは思います。

ただし、三島由紀夫は当時猖獗を極めていた三派全学連だの革マル派だのと、暴力的共産主義による天皇制打倒に対する危機感が強かった。そういう時代背景を抜きにしては彼の過激な主張と行動は考えられません。

石原慎太郎は右翼としても、小説家としても、三島由紀夫よりは数等は劣ります。たぶん、ご本人も薄々感じているのではないでしょうか。ただ口先だけで強がって見せるだけの、極めて小心な人間と思います。百田尚樹も石原慎太郎も極右小説家の特徴でしょうか?話し言葉を大事にしない、粗雑さという点でも似た者同士です。三島由紀夫は自らの信念に命をかけましたが、石原慎太郎は醜い老害を晒しているだけに過ぎません。小柄だった三島由紀夫には肉体上のコンプレックスがありボディビルで克服しようとしましたが、大柄な石原慎太郎には精神的コンプレックスがあるので、乱暴な強がり文句や差別的言動で克服出来ると思っているようです。



 

FC2 Management

2014.09.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 歴史・文化



愛しのパトリック・チャンがスケーティング指導!!





パトリック・チャン選手が本田望結ちゃんのスケーティングを指導→動画はここです

p.jpg

p3.jpg


珍しい企画ですね。ジャンプやスピンは絵になりますのでテレビ好みですが、スケーティングは地味だからこうした番組で取り上げられる例は極めて稀です。

「スウェディッシュS」ですか!!なるほど。右フォアからのブラケットターン~カウンターターンでしょうか?

望結ちゃんに必要なのは、「身体の上下の波と幅」か。。。チャン選手がお手本を見せてくれるので分かり易いです。率直に弱点を指摘したり、良くなった点はちゃんと誉めたりと…チャン選手はコーチとしても成功しそうです。

また、これは予定外だったようですが…ひとしきり望結ちゃんへの指導が終わった後に、「キャメルスピンの入りが気になったから」と指導を続けるチャン選手の熱意というか優しさが素敵でしたね(*´∀`*)

前にも書いたことがありますが、私が素人なりに「スケーティング」に目が行くようになったのはチャン選手の演技のお陰と感謝しています。スケーティングの上手い選手は少なく無いですが、チャン選手のはまた特別ですよね(*^。^*)

それにしても、チャン選手の笑顔や表情が素敵です。屈託がなくて。魅力的です。演技と相まってこうした雰囲気に私は惹き込まれてしまいます。やはり私は大好きだなあ、チャン選手のことを!

チャン選手に失礼じゃないか、と思える質問にも笑顔を絶やさず冷静に語っていた姿も好感が持てますね。

3年くらい前までだったら、こうしたテレビ番組でチャン選手にお声が掛かることは無かったでしょう。何たっておヨナさんと並んで、「疑惑の高得点」「八百長カナダの象徴」「ビッグマウス(性格が悪い)」とか、惨憺たる評判で、一部の高橋大輔ファンや浅田ファンによる集中砲火は凄かったからね(><)

でも、チャン選手の演技の素晴らしさが分かる人には分かるようになり、また、こうして彼の愛すべきキャラクターが知られるようになれば、非難は減り、人気はどんどん上がって行くことでしょう。ファンとしても嬉しいわ。

今季は休養の予定ですが、ジャパンオープンでは何を演じるのかしら?新しいフリーの演技?それとも、過去のお気に入りの振り付けから?情報が無いようです。それによっては埼玉スーパーアリーナに行こうか止めるか決めよう(^-^;。もちろん、新しい振り付け・選曲による演技が見たいです。

今年のジャパンオープンはチケットの売れ行きがイマイチみたいですね。そりゃそうだ。大人気の浅田選手も高橋選手も羽生選手も町田選手も出ないとなればね。だから、チケットの方は慌てる必要は無いと(^O^)



2014.09.18 | | コメント(5) | トラックバック(0) | パトリック・チャン



「アグネス論争」とは?





「アグネス・チャン、27年ぶりに“アグネス論争”言及『つらい思いした』」(オリコン9月13日)

(引用開始)…歌手のアグネス・チャンが13日、新著『女性にやさしい日本になれたのか』の発売記念イベントを都内で行った。イベント前の会見でアグネスは、1987年に第1子を出産した直後に子連れで収録に参加したことが騒動となり、流行語大賞(大衆賞)にも選出された“アグネス論争”について報道陣の前で27年ぶりに言及し、当時や現在の心境を告白した。

子連れでテレビ局の仕事をしたアグネスを作家の林真理子が批判。双方の擁護団を交えて大論争に発展した。世間的にもバッシングの波にされされ、アグネスは「風当たりは強かった。つらい思いもたくさんしました」と振り返った。

いまでは「論争はしてよかった。論争が私を強く成長させてくれた」と心境に変化。「社会的には、働く親の背中に子供はいるんだと一石を投じ、その後、働く母親をどう応援するかという話になったのでよかった。論争を起こしてくれて感謝です」と騒動を前向きに捉えていた。

自身が問題提起した「働く母親に対する現状」については「理解は深まったけど、まだまだ実際は厳しい」と不満も。「今の女性を応援する政策は根本的に少子化解消をするため、女性に子どもを産ませるために幸せにするというもの。それは順序が違う。産んでほしいからどうすればいいかではなく、まず女性を応援し、女性と男性が平等になることが大事だ」と持論を展開していた…(引用終わり)。


アグネス論争って何?と興味を抱き、調べてみましたら、これがなかなか面白い。

アグネス論争はこちらで読めます。論者は、林真理子、中野翠、アグネス・チャン、上野千鶴子、竹内好美。
サイトはここです

私の主観ですがアグネス・チャンはどうも好きになれません。主張がどうのこうの以前に、「皆からバッシングされて可哀想な私」という、女性にしばしばありがちな被害者意識と自己憐憫が鼻につきます。STAP細胞の小保方晴子と同じ心性だ。そもそも、これってバッシングなのかしら?という疑問もあります。自己憐憫や涙で問題をごまかすことは出来ません。

女性の三大論理とは何か?それは、「だって…」と「どうせ…」と「皆して私のことを…」です。これは私の卓見だ。女性なら誰でも思い当たることがあるでしょう?ま、私もありますが(^-^;。

また、林真理子も好きではありません。「いい加減にしてよ…」などという題名を付けるセンスも嫌だ。こういうセンスは本人の、いや、女性の価値を下げる以外に何のメリットも無いと思います。文章のタッチもネチネチとしたイヤラシさがあり、好きになれません。その言わんとしていることは分かりますけど。

中野翠は私の好きなエッセイストの一人です。彼女の鋭い感受性やウィットに富んだ文章が私の好みに合うんです。だからと言って、彼女の主張に全て賛同するわけではありません。

上野千鶴子と竹内好美についてはその名は聞いていますが、著書も読んだことがなく、よく知りません。

ともあれ、論争の内容は今読んでも古さを感じさせない諸問題を突きつけていると思います。それぞれの言い分にはもっともな点もあれば、そうかしら?と思う点もあり、一概にこれが正解というのは無いと思います。

アグネス・チャンの属性…彼女が有名なタレントであり、会社も経営していること、高収入であること、つまりは「恵まれた特権階級」であることをあまり強調するのも如何なものかと思う。朝日新聞が「美談」にして持ち上げた事がそもそも面白く無いのでしょうけど。それよりも、子連れ出勤のあり方がどうなのか?が論争の本筋であり、柱だと思います。

結論としては、竹内好美の意見が最も冷静で、地に足がついているように思います。

子連れ出勤は、あまり一般性や普遍性が無く、特殊な条件下で可能なことでしょう。例えば、地元住民だけを採用した企業や組織であれば、皆、歩き出勤が可能でしょうから、会社内に託児室を設けることも有り得るでしょう。

中野翠も指摘しているアグネス・チャンの「甘さ」には私もあまり共感出来ませんが、「子連れ出勤」のあり方に一石を投じた事、有名な論者の間で論争になった事自体は有意義だったと思います。


話は違いますが…中野翠が喫茶店に子連れで来る主婦への嫌悪を語っています。なるほど、一理あります。が、少し大げさじゃないかしら?場所にもよるのでしょうけど、子連れで喫茶店に来る主婦は少ないと思うけどな。運悪く隣の席になることはもっと少ないでしょう。それよりも、6人以上の集団で来る客による「被害」を受ける事が時々あります。

人間はおおよそ、6人以上の集団になりますと声がやたらと大きくなり、バカ笑いも増える傾向があります。そのウルサイことウルサイこと。「おいッ!ここは居酒屋じゃないぞ。アンタ達の貸切じゃないんだぞ!」と怒鳴りたくなります。

実際には丁寧な口調で「すみませんが、もう少し声を抑えて頂けませんでしょうか」と言ったことはあります。言われれば相手は不愉快でしょうけど、私はもっと不愉快なのだ。

人間は群れると途端に知能程度が落ち、我がままになる、というのが私の持論です。

某ホテルの客室担当の女性がこんなことを言っていたのが忘れられません。
「大きな声では言えませんが、団体ツアー客には泣かされます。割引価格でホテルにはあまり利益が無いところに、一番我がままで文句の多いのが団体客なんです」と、愚痴をこぼしていました。分かる!!


2014.09.14 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



山田洋次監督の言葉が心の琴線に触れる





私はこの記事を読んで大変感銘を受けましたので、某ツイッターサイトから下記の画像をお借りします。

tt.jpg


山田洋次監督の語りから、私は二つの有名な言葉を思い出しました。

ナチス党ゲーリング
「もちろん普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは簡単なことだ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」

トーマス・ジェファーソン:アメリカ第三代大統領
「権力に関わる事柄で、もはや人間への信頼を語るのはやめよう。悪さなどしないよう、権力者を憲法という鎖で縛るのだ」


私はこう思う。権力が濫用されても自分たちには影響が無い、又は自分たちは安心だと考え黙認するか無関心でいる人々や、権力側の熱烈な支持者によって、権力が本来の適用範囲をはるかに超えて広がる土壌が生まれ、しまいにはその濫用をコントロールすることも異議を唱えることも不可能になる。それはもう必然的なものなのだ。明治~昭和史を学べば学ぶほど、このことを教訓として現代~未来を考えざるを得ません。

安倍政権は閣僚及び党役員にネオナチ的右翼女性を並べました。危ない危ない。

そこで一首、狂歌をひねり出す。

            勇ましや安倍の愛国婦人会
                        生活下げて日の丸上げよと  月女(ToT)


「国のための尊い犠牲」は、「国に強いられた悲惨な犠牲」とする方が正しいと私は思います。いったい、誰が自分から死にたい、死のうなどと思うでしょうか?「強いられた死」を美化する言動こそ、無念の死(半数以上は餓死なのだ)を遂げた兵士や軍属(日本人だけではなく、朝鮮人、台湾人、中国人もいた)に対する冒涜と思います。

「アジア・太平洋戦争で日本が得た唯一の収穫は新憲法だ」、と言った人がいたとか。

※歴史学者の間では「アジア・太平洋戦争」という表記が一般化しているそうです。戦時中に日本が使った「大東亜戦争」こそが正しい表記との意見もありますが、私は分かり易い前者を使います。



2014.09.13 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 政治・社会



ハラスメントの対応に見るサッカー界とスケート界の違い





「女子サッカー・千葉レディースの総監督、セクハラ行為で解任」:フジテレビ系(FNN) 9月12日(金)

(引用開始)…なでしこジャパンにも多くの代表選手を送り込む強豪チーム「ジェフユナイテッド市原・千葉レディース」で起きた、指導者の不祥事が発覚した。
12日午後、クラブ側が上村総監督のセクハラ行為の調査内容と、処分を発表した。
ジェフユナイテッド株式会社の島田 亮社長は「重大なセクシャルハラスメント行為が認定されたため、きのう、当社は、上村氏との業務委託契約の解除を決定し、本日、解除いたしました」と語った。
五味祐子弁護士は「上村氏が飲酒をして、指導と称して、女性の選手を呼び出した。2人きりの状況で、重大なセクシャルハラスメント行為を行ったということを認定しております。(重大がつく、つかないの違いは?)セクハラというのは、いろいろな程度があるので、その中で、会社が重大であると判断した。指導と称してということを申し上げました通りに、監督という立場を利用して、セクハラ行為に及んだ」と語った。

島田社長は「指導者である監督によるセクシャルハラスメント行為というのは、選手からの信頼を裏切る行為であって、断じて許せない。怒りを禁じ得ない行為と認識しています」と語った。
上村総監督は、1992年にサッカーの強豪・国見高校から、Jリーグ横浜フリューゲルスに入団した。
フォワードとして、ヴィッセル神戸など6クラブを渡り歩き、2002年、ジェフ市原で引退した。
2012年には、監督として皇后杯で準優勝をしている。
五味弁護士は「(酒を飲んで女性選手を呼び出し、2人きりで飲食をしたうえでの行為がセクハラ?)上村氏が、1人でお酒を飲んだうえでということ。飲酒したうえでというのは、その後のということ。共に食事をしたという趣旨ではございません」と語った。

島田社長は「(上村氏を危惧したり、気にして見ていたことは?)(過去に)セクハラ的なことがあったかどうかは、今調査している最中です。(2013年以前に)セクハラ的なことがあったかどうかは、今、把握しておりません」と語った。
千葉レディースは、ほかの所属選手にも、セクハラ行為のアンケート調査を実施中だという。
島田社長は「練習には参加していますが、もちろん、精神的には、ショックを受けていると思いますので、1日も早く、元の形でプレーできるように。もちろん、練習には参加しています」と語った。
会見では、セクハラの詳細については明らかにされなかった…(引用終わり)。


サッカーは競技の性格上、しばしば荒れることがあるスポーツです。監督と選手、味方チームの選手と相手チームの選手、そしてファン…トラブルやハラスメント、暴力行為や差別的言動など。

こうした苦い経験が何度もあったからこそ、運営側は遅疑逡巡することなく厳正な処置を行っているのだと思います。そもそも、これがマトモな対応なのですけどもね。

それにしても、スポーツ界(主に指導者側が)も病んでいるようですね。
女に飢えているなら、街で若い女の子でもナンパしろ!簡単な女はいるだろうから。
さもなくば、ソープにでも行けよ!!ヽ(`Д´)ノ
監督という立場を利用して、そして、酒の力を利用して配下の選手にセクハラをするなど卑劣です。

この女子選手はさぞかし悩み、苦しんだことでしょうね。監督をセクハラで訴えるというのは、心苦しいでしょう。もっとも、相手はそうした弱みにつけ込んでいるのですから、やはり、訴えないとダメでしょうね。

さて、我らがフィギュアスケート界のセクハラの方ですが、驚くことに、JOCの竹田会長は「不問」とした模様。いいですか?不問ですよ。お咎め一切無し。譴責+始末書、という最低限の処分すらも無いということです。

これはどういうことかと言いますと、仮にJOCやスケート連盟の男性幹部が打ち上げの席で、浅田真央選手や村上佳菜子選手に「ハグ&無理チュー」しても、不問になりますと言っているのと同じことなのだ。論理的にはそうなります。
ふざけんじゃねーぞ!(`Δ´)!


竹田会長というのは、あの低レベルな憎悪右翼本を書いている竹田恒泰氏の父親なんですね。この子にしてこの親ありか。いや、この親にしてこの子ありかな。それとも、橋本氏の所属している自民党から何か言われましたか。

で、橋本会長は自ら辞任を申し出たが、理事会に続投を言われて思いとどまったそうです。

橋本氏も政治家らしい「技」を使えるようになりましたね。辞任を申し出たというのは、バロンデッセーであり、理事会の様子を探っただけのことでしょう。本気で辞任する気があるなら辞表を出してサヨナラするだけで終わることですから。

あの程度は大した問題ではない、なーなーで済ませるJOCもJOCなら、スケート連盟もスケート連盟ですね。

スケート界はサッカー界のような苦い経験が無いから、上に甘い判断が通るのではないでしょうか。



2014.09.13 | | コメント(6) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR