「三流の上司」にも言い分がある:愚見を少々




「部下のやる気をそぐ「三流上司の叱り方」1位は」:2017年1月16日 BizLady

(引用開始)
仕事でミスをして上司から叱られてしまったことは、誰しも経験があるはず。

社員教育のうちではありますが、あまりにも理不尽な怒られ方だと、内心では反発したくなるものですよね。

自分が悪いとわかっていても、上司の言葉にカチンときたりウンザリしたり……。思わず「なんなの……。この三流上司っ!」なんて毒づきたくなってしまう人もいるかもしれません。

このたび『BizLady』では500名を対象に、叱られたときにやる気を失った叱り方を調査してみました!

今回の記事では、同調査をもとに、三流上司が言いがちな“部下のやる気をそぐ叱り方”のワースト3をランキングでお伝えしましょう。

■ワースト3位:責任逃れもいいところ……「聞いてなかった」
「叱られたときにヤル気を失ってしまった上司の言動に当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と質問をしてみると、ワースト3位になっているのは14.6%が選んだ「“聞いてなかった”と、報告したにも関わらず責任逃れをする」です。

きちんと報告をしたのに、「そうだっけ? 俺、聞いてないよな~」なんて言いつつ責任逃れをする上司は腹が立ちますよね。

あるいは、取引先の前で「私は聞いてなかったんです」なんて堂々と言い訳をしている上司の姿を見てしまえば、「この人の下では働きたくない……」なんて思ってしまいます。

仕事はチームワークだけに、ひとりだけ責任逃れをしようとする発言にはげんなりするものです。

■ワースト2位:本心じゃなくてもウザい……「会社辞めちまえよ」
続いて、同質問に対して3位と僅差の14.8%が選びワースト2位になっているのは「“会社辞めちまえよ”など、退職を促す」というもの。

怒りに任せて「お前、やる気あんのか!? こんなことするぐらいなら、会社辞めちまえよ!」などと叱られると、いくら感情的になっていそうとはわかっていても、カチンとくるものですよね。

「会社辞めちまえよ」なんて言葉で叱れれば、退職を促されているようにも感じてしまうかもしれません。

返す言葉にも困りますし、三流上司が口にする典型的なセリフと言えそうです。

■ワースト1位:人格否定では? 「おまえ、バカか?」
そして、同質問に対して17.8%が選びワースト1位になっているのは「“おまえ、バカか?”など、頭のデキに触れてくる」というもの。

人間誰しもがミスをするものですが、あまりにも感情的に怒られるとうんざりしますよね。「おまえ、バカか?」と、ミスをした業務だけでなく人格を否定されると、「上司のほうが、よっぽどバカっぽい……」と思ってしまうかもしれません。(引用終わり)



上のコラムについて、私も基本的には賛成です。上司は部下より高い給料を貰っていますし、責任も重い。上司と部下との間で問題が発生した場合、責任の80%は上司にあります。

典型的なコミュニケーションミスである、「言った、言わない」「聞いた、聞いてない」は五分と五分ですが、上司に80%の責任があります。

上司の日頃の部下指導が足りないからだ、と言われればそれまでです。

しかし、補足したいことがあります。

私は、この「三流上司」の気持ちも良く分かるのです。

「仕事でミスをして」とありますが、人間ですから誰にでもミスはあります。上司もミスをする。

問題は、
①同じミスを何度も繰り返した場合。
②仕事に最善を尽くさず、手抜きをして初歩的なミスをした場合。
③大きなミスをしたのに、深刻さを自覚しない又は反省が見られない場合。
④自分のミスを他に責任転嫁しようとする。

このような場合、上司が怒り心頭となるのも当然です。時には「バカ!バカ野郎!」と怒鳴りたくもなるでしょう。「やる気あるのか?テメエは!」と叫びたくもなるでしょう。

難しい仕事や初めての仕事では、ベストを尽くしても力及ばずミスをすることがありますが、この場合は上司は怒ったりはしないものです。部下を萎縮させたら誰もチャレンジをしなくなります。

「叱る」というのは、どうしても相手の人格を傷つけることになります。しかし、相手が傷つかない叱責にどれだけの効果があるのだろうか?との上司側の言い分もあるのです。優しい言葉で丁寧に注意すれば部下は傷つきませんが、この部下は注意された内容をやがて忘れるでしょう。そして再び同じミスをするのです。

時には怒りを露わに示し、厳しい言葉で叱ることで部下に問題の重要性を知らしめることは上司の大切な任務です。部下は傷つくかもしれませんが、叱られたことは忘れないでしょう。

「上司にこっぴどく叱られてやる気を失くした」と文句を言う部下に対し、「甘ったれんな!会社は学校や同好会じゃないぞ!」と言いたい上司は少なくないでしょう。

確かに、「会社を辞めてしまえ!」や「バカ!」は不適切な言葉です。

しかし、部下を叱れない上司も少なくありません。部下との摩擦を恐れ、部下から嫌われるのを恐れ、部下におべっかを使い、一緒になって会社や経営者を批判する上司もいます。卑劣です。

それに比べれば、言葉は不適切でも部下を叱れる上司は決して三流ではなく、二流の上くらいはあると私は思いますけどね。私も上司から随分と酷い言葉で叱られたり、罵られたりして来た人間です。傷つきもしましたし、心が折れそうにもなりました。心の中で上司を何回殺したことか。時には反発して喧嘩になったことも(^_^;)。が、自分が少しはマトモに仕事が出来るようになったとすれば、こうした「三流上司」にもお陰を被っているのだと思っています。

上司が何も叱らなくとも部下が成長し良い仕事をするようになる例もあるでしょう。それは上司が一流か部下が一流な場合です。しかし、そのような例は極めて稀でしょう。




関連記事
スポンサーサイト

2017.01.16 | | コメント(12) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

ご意見全て賛同

・・・でも、
私は、基本的に「スタッフ」であって
「ライン」の資質にはすっとことことん欠けているので、
賛同の価値は小さいかなぁ・・・

2017/01/17 (火) 08:23:44 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: ご意見全て賛同

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

> 私は、基本的に「スタッフ」であって
> 「ライン」の資質にはすっとことことん欠けているので、
> 賛同の価値は小さいかなぁ・・・

なるほど、

軍隊組織で言えば、参謀タイプですか(^o^)
企業であれば、経営企画室、企画推進部、広報部とかね。

人に命令したり、されたり、アレコレと指図したり、されたり、が大嫌いなタイプではありませんか?

2017/01/17 (火) 20:11:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

流石は、お月さまでございます・・・

経営企画室・企画推進部・広報部・・・ってのが、飯のタネです。

・・・参謀タイプではありますが、
自分でも手を汚す「特攻野郎Aチーム」タイプ。
全員のキャラが入ってますが、
強いてあげればモンキーさんタイプっすかね。

2017/01/17 (火) 22:54:34 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: 流石は、お月さまでございます・・・

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

>特攻野郎Aチーム

三十年以上前のテレビドラマ?
わたくしは知りませんわ(・・;)

>自分でも手を汚す

とっても偉いわ。ご尊敬申し上げます。

会社でも、立派な参謀役は、自ら「嫌われ役」「悪役」を担うものですね。
三流の参謀役は、厳寒の冬の下で身体を震わせながら歩く営業マンの気持ちを知らず、
暖房の効いた部屋で女子社員に珈琲を入れさせ威張っています。
「ちょっと、片割月君、珈琲を!砂糖は多めに入れてよ」とね。

それこそ、砂糖の代わりに塩を入れてやろうかと思うことも(^◇^)

2017/01/18 (水) 01:27:06 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

姐さん 姐さん

いい薬ありますぜ・・・
(そういう仕事も範疇なので)

2017/01/18 (水) 01:42:06 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

姐さん 姐さん

“人に命令したり、されたり、アレコレと指図したり、されたり、が
 大嫌いなタイプではありませんか?”

絶望的に、大嫌いです。

昔からのお友達(一応、大会社役員)に
“僕、大きな会社でも出世できた?”と訊いたら
“駄目!!! 絶対にない!!!
 上からは疎まれ、
 下からは
 何をやらかすかわからんからついていけない人間は、他所へおじゃれ!”
・・・みたいに言われたし・・・

でも、ラインに入っても評価はいいですよ。(期間限定ですが)
仕事の上で、叱責・文句等を受けたことは一回もありません。
(誰もやってないことをやる事が大部分だから
 ・・・というのも大きいですけど。)

あ・・・
某役所で、あまりにもぐちぐち理不尽な文句言う人間に対し、
自分の手にボールペン突き刺したら
先様が静かになった記憶があります。
(左掌の真ん中に記録があるじゃないか・・・)

再び、あ・・・似たようなことは少なくないかも・・・

叱責・文句等を受けたことは一回もないはずだな。

2017/01/18 (水) 02:24:08 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

姐さん・・・・

どう考えても
“「叱る」というのは、どうしても相手の人格を傷つけることになります。”
・・・はいただけませんぜ。

俺もやったことはないが、
「真綿に包んで、蹴っ飛ばす
(他人の目のない、多摩川の河川敷等で)」
・・・というのが、妥当じゃないですか。

なんとなくの感想ですので、
気にしないでね。

2017/01/18 (水) 08:45:56 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: 姐さん 姐さん

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

>絶望的に、大嫌いです。

やはり、そうでしたか(^o^)

ネ?私は結構、人を見る目、あ、この場合は人を読む目かな。それが私にはあるのです<(`^´)>


>仕事の上で、叱責・文句等を受けたことは一回もありません。
>誰もやってないことをやる事が大部分だから
 ・・・というのも大きいですけど。)

そうですか?そうじゃないでしょう?
相手は身の危険を感じて叱責出来なかったのではありませんか?(^◇^)

下手に文句言ったら、何をされるか分からないと。。。ブルブル(*_*;

2017/01/18 (水) 22:36:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 姐さん・・・・

> 俺もやったことはないが、
> 「真綿に包んで、蹴っ飛ばす
> (他人の目のない、多摩川の河川敷等で)」

なんだか、SMの世界か、性犯罪みたいな。。。(・・;)


2017/01/18 (水) 22:52:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

親方ぁ~

概ね当ってるような気がしますが、

「真綿に包んで、蹴っ飛ばす」ってのを
SMの世界か、性犯罪みたいな
・・・と認識するのは、
よっぽどの「通」ですぜ。

改めて申し述べますが
私は、
髪の毛たっぷりの
一見ひよわな
正しいすけべちっくな男ですよ。
(何が正しいかわかりませんが、その方面ではきっと正しいもん!)

2017/01/19 (木) 05:49:24 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

Re: 親方ぁ~

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

フッフフ。。。

同じ文章でも、書く人によって受け取る側のニュアンスが変わるものでありんすよ(^o^)丿

2017/01/19 (木) 20:15:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

最近、笑い方があやしいですよ

今度、やってみましょっ!

真綿にくるまれずに、
締切だけは
明日の朝なんですけどね。。。


2017/01/20 (金) 00:42:28 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR