FC2ブログ

私の好きなピアノ曲:シューマン「ピアノ幻想曲ハ長調」と島崎藤村




22997001457.jpg22214000588.jpg

●ショパン対シューマン

ちょうど歌曲におけるシューベルト対シューマンと同じ現象です。
もう、ショパンの圧勝でしょう。その人気度において。

ショパンのピアノ曲なら、フィギュアスケートでよく使用される「バラード」「ノクターン」「別れの曲」「幻想即興曲」をはじめとして、「革命エチュード」「雨だれ」「英雄ポロネーズ」等、知っている曲はたちまち一ダースくらいになるでしょう。

(メロディーメイカーのショパンに何故か歌曲の名作が無く、メロディメイカーでは無いシューマンに歌曲の名作が多いというのは不思議な現象です)

ところが、シューマンのピアノ曲でよく知られた曲がどれくらいあるでしょう?
せいぜい、「トロイメライ」くらいではないでしょうか。

その名は日本人でも知らない人はいないくらい有名なのに、曲となるとこれほど不遇な作曲家も珍しいのでは?

私もシューマンのピアノ曲を素晴らしいと思うようになったのはごく最近です。それまでは歌曲や交響曲ばかり聴いていました。シューマンのピアノ曲は、聴くのを躊躇いたくなるような何かがありました。

シューベルトもショパンも一度聴いただけで忘れられない美しい旋律をたくさん作りました。しかし、シューマンは一度聴いただけではなかなか曲の「輪郭」がつかみ難いんですね。

これもシューマンが敬遠される原因の一つかもしれません。

ショパンのピアノ曲には華がありますが、シューマンはやや地味です。

ショパンの音楽は色彩鮮やかですが、シューマンの音楽には色彩がありません。くすんだ墨かセピア色。

書道に例えれば、ショパンは楷書で、シューマンは崩し字の草書でしょうか。

ショパンは器用でシューマンは不器用。


●シューマンは不器用だからこそ、ひたむきに誠実で、音楽に深い味わいがあるのかもしれない。

①島崎藤村の詩集「梅花集」とシューマン

「梅花集」の詩の中に、こういうのがあります。

…………
吾胸の底のここには
言ひがたき秘密(ひめごと)住めり
身をあげて活ける牲(にへ)とは
君ならで誰かしらまし
…………

「吾胸の底のここには言ひがたき秘密住めり」…これを言葉で表現するのは不可能に近いですが、音楽には可能です。シューマンはそれを成した音楽家の一人だったのではないでしょうか。

②夏目漱石の小説

「三四郎」「それから」「こころ」「行人」「明暗」…漱石は不器用な小説家だったと思います。

ストーリーに無理や不自然さがある上に、女性を描くのが上手く無かった。とくに、「こころ」はそれが酷くて、一人の老人が知り合ったばかりの若い人に長い遺言書を残して自殺などするでしょうか?「こころ」に登場する母娘のノー天気ぶりは救いがたいものがあります。それにもかかわらず読む人に感銘を与えるのはどうしてでしょう?

そこには夏目漱石の人生に対する絶対的な誠実さ・真面目さがあるからではないでしょうか。

逆に言うと、ショパンはすぐに好きになれますが、「もっと楽想が豊かに広がらないものか?」「もっと楽想が深まらないか?」と、少々物足りなく思うことがあります。音楽が一定の枠の中にとどまり、そこから踏み越えようとはしない「行儀の良さ」みたいなものを感じることがあります。

メロディが無類に美しくても、「吾胸の底」には触れて来ないのです。


●私が強く推す名曲です。シューマン作曲:ピアノ幻想曲ハ長調
こちらです

せめて、第一楽章だけでも10回聴けば、きっと、「吾胸の底」が聴こえて来ます。

特に、この動画の1分32秒~の情念豊かな音楽、2分15秒~の瞑想的な音楽、3分30秒~の激しい音楽。

さらには、5分5秒~6分30秒のドラマティックな盛り上がり。

これらからは、シューマンの「言ひがたき秘密」の声が聴こえて来るようです。


●参考
oku.jpg

奥泉光著「シューマンの指」(講談社文庫)

いわゆるどんでん返しの妙を味わうミステリーですが、全編これ作者のシューマン愛(特にピアノ曲)に満ち溢れています。私がシューマンのピアノ曲を聴くきっかけになった小説です。

シューマン好きでなくとも楽しめる一冊です。





スポンサーサイト



2019.09.06 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽



ショパンの「小犬のワルツ」には捨てがたい味がある







このワルツを聴いたことが無いと言う人はいないでしょう。

演奏時間は2分足らず。曲想が明るく軽やかなので、それこそ軽く聞き流されてしまうような曲です。

明るく、華やかで、快い音楽。

しかし、耳を傾けて聴くと…特に曲の中間部で…そこに陰影を感じないでしょうか?

シュトラウスのウィンナワルツ(美しく青きドナウ等)もそうですが、ワルツには明るさの中に哀愁があります。

そもそも、ショパンの音楽にはそういうものが珍しくありません。

ただ、私は最近、この曲に感傷的な哀愁とは違う、寂寥感が漂っているのを聴き取るのです。

人生には悦びもあれば寂しさもあります。それは両輪です。

小犬のワルツには、単に明るく快い曲として聞き流すにはもったいない何かがある。

A-B-Aの単純な形式の曲ですが、Bの所を良く聴いて欲しいです。

私はショパンを特に好きな音楽とは思っていませんが、

小犬のワルツには何か、捨てがたい不思議な味わいがあると思います。

もしかすると、ショパンはこのワルツを必ずしも「楽しい気持ち」で作曲していなかったのかもしれません。

楽しそうにみえて、実は悦びが無い、というような。


ブーニンの演奏のように、少し遅めのテンポが私には丁度良いです。

あまりに速いスピードで演奏されるとこの曲の持つ「寂寥感」が聴き取れなくなります。



最近知ったことなのですが、

小犬のワルツはショパンの若い頃の作曲と思いこんでいました。

曲が曲ですから。

ところが、これはショパンの晩年、37歳頃に作曲されたと知り、驚きました。

ショパンは晩年近くになると、ちょっと手の込んだ複雑な曲が目立つようになっていたからです。

晩年に作曲されたことが、私が感じ取る「寂寥感」と関係があるかどうかは何とも言えませんが。




2019.08.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 音楽



私の好きな歌;シューマン作曲「静かな涙」




601807753471719561559854464018797021103185.jpg

東京の奥多摩、御岳山に自生するイワウチワの花々(小さな花です)

何年か前、5月に山好き(と言っても低山歩き程度)な知人と二人で御岳山(みたけさん)を歩いた。ただし、ケーブルカーがあるので高尾山と同じ程度のハイキングです。標高も1000メートル未満の山です。

お昼にしようと山道から少し逸れた所に入ったら、偶然、小ぶりで薄いピンク色の美しい花々に出会いました。感激でした。こんな素敵な花があったのか!と。

色と形態が実に可憐で上品で、心が癒されます。

残念ながら、二人ともこの花の名前が分かりませんでした。

後で調べたところ、イワウチワという花と分かりました。イワカガミと少し似ていますね。

イワウチワを知っている人って、あまりいないでしょう?

未知の花との出会い、発見は実に感動的です。公園や緑地でガイドブックに書いてある通りに花があったとしても、それほど感銘は受けませんが、こうした思わぬ出会いには、生きてて良かった、と思わせる感激があります。

絵画や文学、芸能・音楽の世界でもそれと同じような出会い・発見があります。


●シューマンの歌曲「静かな涙」もその一つです。



歌詞はこちらのサイトで


三節からなる詩で、音楽はA-B-A´+結び、という構成です。

厳かに始まり、徐々に歌が高揚して高らかに歌う様はいかにもドイツの歌という感じです。後にワーグナーやリヒャルト・シュトラウスによって大規模に扱われるようになりますが、シューマンの持つ親密さは無くなりました。

注目はピアノの伴奏です。いや、伴奏というのは完全に正しくはありません。シューマンは歌曲について、歌とピアノによる二重奏ということをはっきりと意識して作曲した人なのではないでしょうか。これに比べれはシューベルトはまだ「ピアノ伴奏」という意識があったのではないでしょうか。

「静かな涙」は厳かに低音の和音を刻むピアノで始まります。で、ピアノはずっと和音を刻み続け、旋律を奏でることも、分散和音を鳴らすこともありません。しかし、この和音の柱列がこの歌曲の背骨、柱廊になっているのです。

歌が三節目のA´を終えると、初めてピアノが旋律を奏で、動画の2分15秒に低音でトリルが鳴り、2分20秒には中音でトリルが鳴ります。

ピアノ演奏法のトリルが単なる装飾音ではなく、深い情感を表現するものだと知ったのもシューマンのお陰です。

その後、三節目の最後の一行がリフレインされると、そこから40秒以上もピアノの独奏が続き、高揚した雰囲気を静めるかのような働きをしています。この辺りにも、ピアノと歌の両輪によって歌曲が成立する、とのシューマンの考え方が出ているように思います。


●シューベルトに比べ不遇なシューマンの歌曲

クラシック音楽には興味が無い、という人でもシューベルトの歌曲、「野ばら」「ます」「アヴェ・マリア」「セレナード」等は知っているハズだ。また、口ずさむことも出来るでしょう。

シューベルトは誰でも一度聴いただけで忘れられない美しい旋律をたくさん書いた人です。

それに比べ、シューマンの音楽を知っている人がどれくらいいるでしょうか。せいぜい、トロイメライ、くらいではないか。つまり、シューマンはメロディ・メイカーとは言えない作曲家だったのです。

シューマンの音楽は、「スルメ音楽」なのです。一度や二度聴いただけでは分かり難いです。その代わり、十回聴けば音楽の美しさ、豊かさが分かって来ます。

シューマンの代表的な歌曲集は「リーダークライス」「詩人の恋」「女の愛と生涯」です。「静かな涙」はあまり知られていない「ケルナーの12の詩による歌曲集」の中の一曲です。

こうした歌集の中に、思わぬ素晴らしい歌を発見した時の喜びはたとえようもありません。

素晴らしい歌は自分だけではなく、人にも教えたくなります。

「こんな素晴らしい音楽との新しい出会いが待っているなんて、あなたは幸せですよ」

とか何とか言って、ちょっと大げさかもしれませんが、そんなふうに思うのです。


とにかく、「静かな涙」は素晴らしい歌です。


☆歌だけだったら、美声のバリトン歌手、トーマス・ハンプソンがお勧めです。
こちらです






2019.07.16 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽



モーツアルト版「千の風になって」:歌曲「夕べの想い」






この歌の題名ですが、動画の中の和訳は、「夕暮れの情ちょ」としていますが普通は、「夕べの想い」です。ドイツ語は不案内ですが、こちらの方が私は良いと思います。

原詩と日本語訳はこちら

以前にも書いたことがありますが、モーツアルトは交響曲やピアノ協奏曲よりも、オペラや宗教音楽のような声楽曲の方が素晴らしいと思います。そして、リート(ドイツ歌曲)にも素晴らしいものがあります。

ドイツ歌曲はシューベルトやシューマンのロマン派によって大輪の花を咲かせます。モーツアルトの歌曲は向日葵や薔薇ではなくとも、菫や桔梗のような美しさがあり捨てがたい味があると思います。

モーツアルトが1787年、31才の時に作曲した「夕べの想い」は、皮肉やユーモアが好きで、優雅で軽やかな音楽を書いたモーツアルトが珍しく?シリアスな歌詞に音楽を付けたもので、極めて個人的感情に満ちており、ロマン派の音楽を先取りしていると言えるでしょう。1787年というのは彼にとっては特別な年で、父や親友を亡くしています。死という問題を強く意識した年でもありました。そうした影のようなものがこの頃の作曲に感じられます。


原曲はヘ長調。冒頭でピアノの分散和音が鳴った時から、ただならぬ気配を感じます。

この歌で特に素晴らしい箇所は、歌詞の「私たちの芝居もこれでお終い~(動画の1:10秒から)」でヘ長調から短調に転調し、さらに、「私はこの世の巡礼の旅を終え~(1:47秒)」でまた転調し、「そのとき、あなた方がわたしの墓に涙し~(2:08秒)」で短調から長調に転調する場面です。モーツアルトの手による最も美しい音楽の一つかもしれません。

この歌曲でのモーツアルトは彼特有の流麗さをあえて犠牲にし、時々音楽が途切れ、歌うというよりも語りかけるような作りをしています。流麗さは損われますが、その代わりに、切実さが生まれます。

静寂さと真情。真実は声高ではなく、静かに語ってこそ。。。
「夕べの想い」はそんな歌です。


「夕べの想い」とちょっと似た雰囲気の歌に、ご存知、「千の風になって」があります。歌詞の内容で、亡き人が第一人称でお墓参りに来た人に語りかけるという想定では全く同じです。

ところで、「千の風になって」ですが、私はあまり好きになれません。音楽そのものは悪くはありませんが歌詞にどうしても違和感を覚えてしまうのです。

まあ、野暮を承知でイチャモンをつけておきましょう(^_^;)

「私のお墓の前で泣かないで下さい」…そうかなあ。。私だったら泣いてくれた方が嬉しいけどなあ。
「そこに私はいません」…普通遺骨が埋葬されているのですから「私はいる」でしょう?「墓を開けたらからっぽであった」との、イエス・キリストの復活からヒントを得たのかな?

私は「夕べの想い」の歌詞の方に共鳴します。こちらの方が亡き人に立つ内容に思えるのです。

「墓の前で泣かないで」よりも、「涙をひとしずく私に捧げておくれ」の方に真実味を感じます。

音楽そのものも、果たしてそんなに良いものかどうか。
3節の有節歌曲で同じ旋律が単に3回繰り返されるだけで変化が無い。

「月さんよ、あんたねえ。。。モーツアルトと比べては気の毒ですよ」ってことかな?

「千の風になって」をカラオケで皆で歌うというのも…なんか…私の考えとは違うわ。

こういう歌は一人で歌うか、一人で静かに観賞するものですよ。仮にドイツ語歌詞を覚えても、「夕べの想い」をカラオケで皆と歌うなんて、全く考えられません。そのような歌ではありません。


歌詞の和訳が流れるので便宜上、上の動画をお借りしましたが、歌の美しさでしたらバリトン歌手が歌っているこちらの方が良いと思います。
こちらです

さらに、同じ女性ソプラノでもこちらの方が声が美しいです。
ライブ録画とスタジオ録音の違いもあるでしょう。
こちらです

●おまけ
歌曲「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いた時」
こちらです
歌詞はこちらです

「これはベートーヴェンが作曲した歌曲です」、と言われたら私は信じるでしょうね。
それくらい激しい感情の爆発があります。
原曲はハ短調。交響曲「運命」等、ベートーヴェンがしばしば用いた調性です。

モーツアルトも時々、古典的形式や抑制的な情感から逸脱するドラマティックな曲を作っていますね。
この歌曲もやはり、1787年に作られています。
ベートーヴェンを先取りしたような音楽です。
1分30秒程度の短い曲ですが、密度は濃い。
やはり、モーツアルトって天才なんだ、と思わせる曲です。


●おまけ
「千の風になって」ですが、ピアノ伴奏による森麻季さんの歌は素敵です。
こちらです

こういう歌は大袈裟なオーケストラではなくピアノ伴奏の方がずっと良いです。
森さんの歌で聴くと、心に沁みて来ます。

オーケストラをバックに声を張り上げて歌う方が「効果」は上がりますが、その代りに、「親密さ」は失われます。「千の風になって」も、「夕べの想い」も、本来はごく親しい人達の間で静かに歌う曲と思います。




☆追記
更新を怠り、失礼しましたm(__)m
皆様から頂戴したコメントはすべて拝読いたしました。
レスを省略したことをお詫びします。


2019.07.13 | | コメント(9) | トラックバック(0) | 音楽



豊かな音楽:ハイドンのラルゴ






作曲:ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)
曲名:弦楽四重奏曲第79番ニ長調より第2楽章「ラルゴ」
作曲時期:1797年 ハイドン65才の作品

121211111.jpg


ラルゴ(largo):幅広くゆるやかに
速度記号の一つで、イタリア語で「広い」という意味。英語のlargeと同じ語源。演奏の際、次の音に移動するまでが「幅広い」と時間がかかる。つまり、速度は自然と遅くなる。アダージョと同じかそれよりも少し遅いくらい。


●せかせか、そわそわ、あくせく、じたばた…これが東京に住み、お勤めをしている私の日常です。朝、耳障りな音を鳴らす目覚まし時計に菅原道真の怨霊の如く恨みの目を向け、「ア~ア」と大きく伸びをして起きあがる。私はいわゆる、「フクロウ型」※なので、朝に弱い。起きてから30分くらいは頭がモ~ロ~としています。

お湯を沸かしながら、顔を洗い、そそくさと朝食(トーストにハムエッグに刻みキャベツにコーヒー)を済ませ、歯を磨き、身だしなみは最小限にとどめ、テレビ画面に表示されている時刻の進みの速さに平将門の怨霊の如く恨みの目を向け、舌打ちしてテレビを消す。火の元や戸締りに注意しつつ出かける。

それだったら、あと15分早く起きればいいのにと分かっていても、ダメなのです。

ドアの閉まる寸前の電車に飛び乗り、満員電車の中で今日の仕事を思い浮かべ、最寄りの新宿駅で降り、会社まで400メートル程の道のりを歩く。途中、赤信号にぶつかる度に、チェッ!と舌打ちし、青に変わる寸前にはせかせかと歩き出す。

それだったら、あと15分早く起きればいいのにと分かっていても、ダメなのです。

仕事が始まれば上司から、「この仕事急ぐから」と指示され、「お~い、まだ終わらないか?」「遅い!」と催促され、「はいはい、ただ今」と答えるやいなや、電話で他部門から「昨日頼んだ件、まだそっちから回答がないんだけど、どうなってる?」と責められる。ウルセーナ!と思いつつ、「申し訳ありません。もう、まもなく折り返せると思います」と答え、ホッと一息つくと再び上司から「それと、この仕事も頼むよ。」と別の仕事を与えられる。ふたたび、上司から、「まだか、まだ終わらないか?」の催促。社員の一人と打ち合わせをしている上司の横顔に対し、崇徳上皇の怨霊の如く恨みの目を向ける。

外に出ても、ケータイやスマホで上司から、「今、どこにいる?1時間に1回は報告を入れろ」と催促され、「はいはい、かしこまりました」と答え切ると、スマホに向かって「バカッ」と叫ぶ。

…………

●ハイドンのラルゴを聴く度に思う。
なんと豊かで健全な音楽なんだろう!と。
ハイドンの肖像画のように顔に軽い笑みを浮かべながらゆったりと、しかし、確かな足取りで歩く老人の姿。充足した人生を歩んで来たであろう老人を彷彿とさせる音楽。私もこの音楽のような充実した人生を歩み、65才を迎えられたらどんなに良いだろう、と思う。

この音楽を聴く度に、「もっと、ゆったりと、おおらかに生きてごらん」「落ち着いて。ゆっくりとやれば、むしろ早く終わりますよ」と、アドバイされているように聞こえます。

私のような「セカセカ病」の都会っ子には、ハイドンのラルゴは最良の妙薬です。


●ベートーヴェン以降の音楽と比べると、バッハやモーツァルトやハイドンの音楽は物足りなく感じます。平明で綺麗な音楽なのですが、山も谷も無く、淡々と進むので少々退屈してしまうのです。モーツァルトの方は日本でも人気が出ていますが、ハイドンは不人気です。「私はハイドンのファンです」という人は聞いたことがありません。

しかし、ベートーヴェン以降の音楽は文学と結び付き、喜怒哀楽の表現が過剰になっているとも言えます。しまいには、ヒステリーやノイローゼや分裂症のような音楽にまで深刻化します。マーラーの交響曲のように。

その点、ハイドンの音楽はそうした「ビョーキ」から逃れていて、清明で健康的な音楽に聞えることがあります。聴き手の気分や年齢によって、ハイドンやバッハの音楽が素晴らしく聞えるというのは事実です。

ハイドンのラルゴは、落ち着いてゆったりとした心持で耳を傾ければ、これが素晴らしい音楽と分かります。



ドイツだかイギリスの心理学者による本で読んだ記憶があるのですが、人間には朝の目覚めにより、「フクロウ型」と「ヒバリ型」に分けられるそうです。

寝起きがわるく、アクビやため息をし、機嫌がわるいのが「フクロウ型」。逆に、起きるなりほがらかで、歌を口ずさみながら顔を洗い、笑顔で朝食をとるのが「ヒバリ型」。

この両者は心理学的にはノーマルで、時間の経過とともに違いは次第に無くなるらしい。

そうかなあ?

血圧の高い低いによる影響か、単なる生活習慣の違いではないかと私は思うのですが。




2019.04.10 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 音楽



«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、神仏を尊び、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者熟女(四十路半ばを過ぎた)ですが、よろしくお願いします。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR