宝井其角と太宰治





        煤払て寝る夜の女房めつらしや   宝井其角


昔は煤払いは十二月十三日にするものだったとか。一年間にたまった家の垢を落とせば、心の垢まで落ちたかのような気分になりますね。

芭蕉の弟子であった其角の句は、「煤払いをした日の夜は古女房の顔も別嬪に見えるなあ」くらいの意味でしょうか。まったくもって人を食った俳句です(  ̄っ ̄)ムゥ




……………………


生活。

よい仕事をしたあとで

一杯のお茶をすする

お茶のあぶくに

きれいな私の顔が

いくつもいくつも

うつっているのさ


どうにか、なる。

                   太宰治「晩年」より。



私の好きな言葉です。

大晦日にはこんな気持ちを抱いたまま新年を迎えたいもの。

太宰治はデカダン文学としばしば呼ばれますが、上の言葉からはデカダンの片鱗すらも感じさせない、健康的で明るい太宰の一面を伝えていると思います。


拙ブログを訪われる皆様には、大変お世話になりましたm(_ _)m

新年は4日か5日にはブログを更新する予定です。

それでは、皆様、良いお年を!!(^-^)/



スポンサーサイト

2013.12.29 | | コメント(11) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR