スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



浅田真央「現役続行宣言」!!:期待と不安





真央復帰に佐藤コーチ「どう変わるか、興味津々」/フィギュア:サンケイスポーツ 5月18日(月)

(引用開始)…フィギュアスケートの浅田真央(24)=中京大出=が現役復帰を発表したことを受けて、指導する佐藤信夫コーチ(73)が18日、横浜市内で報道陣の取材に応じた。佐藤コーチは「いつごろ(元のレベルに戻れるか)とは、今の私にも言えない」としつつ、「これから(彼女が)どう変わっていくのか、興味津々」と、浅田の新たな旅立ちに期待を表した。

浅田の休養宣言後は、「小塚崇彦の指導で中京大のリンクに行ったときなど、窓越しに彼女が滑るのを見たことがある程度」で、特に指導することはなかったと佐藤コーチ。今年に入って早々、復帰を考えているという話を聞いて、「もう一度やるのは簡単なことじゃない」と「こんこんと言って聞かせた」という。「そのときは、あまり反応がなかったが、今日ブログを見て、あそこまで正確に言葉を使うのかとビックリした。成長したなと感じた」。この1年間で「いろんなことを見聞きしたんでしょう。受け答えなどが、ずいぶん大人になったと感じる」とした。

復帰が確定的になったのは3月。「その時点で、何かを目指してというのではなく、とりあえず練習を始めるところから、しっかりやっていこうと話した」そうで、実際に佐藤コーチの下で浅田が練習を始めたのは今月11日からだ。

練習再開から1週間。「1年間の休みの間に、ずいぶん変わったなと思うところもあれば、昔通りと思うこともある」。トリプルアクセルを含む3回転ジャンプの状況については、「(課題だった)ルッツはもう少し時間をかけてやりたいが、1年前と、そんなに変わったということはないくらい、できていると思う」とした。

浅田自身は会見で、「昨年の世界選手権のレベルまでもっていかないと試合に復帰できない」と目標を話した。佐藤コーチは「スタミナの問題など、どこかで崩れてくるだろうし、それを繰り返すことで、だんだん本来の調子を取り戻すことになる。いつごろ、とは今の私にも言えない。しっかり練習をして、一歩一歩、前に進んでいくことを考えないと。できるものから一つずつ固めていくのが大事だと思う」と慎重な姿勢を示した。

また24歳という年齢から「ある年齢を過ぎると故障が出るなどして、練習が軌道に乗らなかったということが起きる。従来の練習量でガンガンいったらどうなるか、私にとっても試行錯誤になるし、日々、注意深くやっていかないと」とした。復活の目安についても「何か目標を置いて『何が何でも、そこまでいかなきゃ』ということはない。その日、その日の状態を見て、『じゃあ、もう少し先をやろう』と仕向けていくのが私のやり方」と、具体的なゴールを示すことはなかった。

日本連盟の小林芳子フィギュア強化部長は先週、浅田がグランプリ(GP)シリーズに通常枠で出場できる見通しだとしたが、佐藤コーチは「まだ(ポイントなどの)数字を確認していないし、(練習再開からまだ時間がたっておらず)もう少しやらないと(判断はできない)」。そのうえで「私としては(GP出場を)急ぐようなことはしたくない。(今季の)目標としては全日本選手権に焦点を合わせ、可能性があれば世界選手権を目指す」と、現時点での考えを示したて…(引用終わり)。


現役続行は100%。ただし、いつから試合に復帰するかは未定。こういうことですね。

私の予想ですが、浅田選手はおそらく来季のGPSは不参戦とし、国内地方大会から試合に復帰し、全日本選手権を目指すと思います。何故なら、浅田選手の発言内容から、近未来の目標は世界選手権出場にあると予想出来るからです。国際大会はシーズン半ば以降の小さな大会に出て調整すると予想。ミニマムスコアの問題もあるでしょうし。

ただ、東京に住む私にとっては当面、浅田選手の試合を見る機会が無いのが残念です。中部地方の人は地元でテレビ放映もあるでしょうし、生観戦も出来て羨ましい限りですね。


浅田選手への期待。
1.一番心配なジャンプの戻り具合ですが、赤字で示した佐藤コーチの言葉が事実なら嬉しいじゃないですか!!問題の3Lzは「e」を取られないレベルにあれば「一応良し」でしょう。「!」ならばさほど問題は無いと思います。

2.浅田選手がインタビューの中で「今までとは違った曲に挑戦したい」くらいのことを言っていましたね。つまり、パトリック・チャン選手と同じように、当たらな表現世界に取り組む強い意欲を示したのです。これも嬉しいですね。楽しみです。どんな曲で、誰の振り付けで、どんな表現を披露してくれるのか今から待ち遠しいです。

表現面については、
①主にショパンを使ったこれまでの優雅で叙情的な路線を更に追求し、極める道。
②これまでとは全く異なる新たな路線を追求し、表現の守備範囲を広げる道。

私は②を希望しています。ビートの効いたロックとか、ストーリー性のある映画・ドラマ音楽とか、クラシック又はセミクラシックであればオペラやミュージカルからの選曲を是非!また、ベートーヴェンの「レオノーレ序曲3番」やワーグナーの「ワルキューレの騎行」のような「男前の女性」を描いた曲目も素敵だと思っています。

①であれば、モーツァルトを。モーツァルトの軽やかで典雅な世界は浅田選手の軽やかで綺麗なスケーティングと良くマッチすると思うからです。


浅田選手への不安。
1.怪我や故障だけは…ネ。
2.ジャンプの3回転ー3回転ですが、セカンドに3Loを跳ぶのは厳しいでしょう。3Fー3Tを跳べるようになれば良いと思うのですが、長年跳んでいないからどうでしょうね?2Aー3Tでもセカンドの3Tが回転不足になるケースがしばしばありましたので、ここら辺がかなり心配です。
3.スピンです。レベル取りの対応力は問題無いでしょうし、回転軸はしっかりしている方と思いますが、回転速度の方はどうか?回転が遅いとスピンの為に演技時間を余計に長く割くことになりますから損ですよね。
4.姉の浅田舞さんは余計なことをベラベラ喋って、真央選手の負担になるようなことは止めて欲しいです。

舞さんは以前にフィギュアスケートの番組に出演した際、高得点を出した韓国のキム・ヨナさんの演技について、「何故あんなに点数が出るのか」「審査員が好きなんですかね!?」と言っているのを聞き、呆れたことがあります。

巨乳を生かしてピンナップガールになろうが彼女の自由です。しかし、「物言えば唇寒し」です。これから何かと妹のことでマスコミやタレント達から色々と聞かれるでしょうけど、出来れば「ノーコメント」に徹して頂けると幸いです。

後で詳しく記事にする予定でもありますが、私は、フィギュアスケートは美を追求するスポーツ、と思っています。ジャンプもスピンもステップも上半身の動きも、美しくなければフィギュアスケートでは無い、くらいに思っています。

その意味でも、浅田選手こそ「美を追求するフィギュアスケート」に最も相応しいスケーターの一人と思います。彼女はそういう美点をたくさん持っているスケーターです。キム・ヨナさんやカロリーナ・コストナーさんがそうであるように。



スポンサーサイト

2015.05.18 | | コメント(18) | トラックバック(0) | 浅田真央



«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。