fc2ブログ

毎日が新型コロナ狂想曲

●ドイツのメルケル首相の、「感情たっぷりのスピーチ」を誉める不思議な人々。

報道によると、ドイツは新型コロナの新規陽性者数が一日2万~3万人、死者数が500~900人。

これって、メルケル首相は新型コロナ対策を完全に失敗させたわけですよね?

一方、我らが日本は新規陽性者数は一日3000人前後、死者数は50人前後です。

ドイツの10分の1程度の数字です。

日本とドイツの人口比を見れば、もっと差が開きますね。

ところが、これで菅首相は火達磨になっています。

もしも日本がドイツ並の数字だったら、菅首相は「絞首刑もの」になるんでしょうな。

日本の数字で逆上して騒ぐメディアは、ドイツ並みの数字になれば、半狂乱になり、憤死するのか。


政治って、「結果が全て」ですよね?

すると、誰がどう見ても、メルケル首相より菅首相の方が10倍ベターなわけです(゚∀゚≡゚∀゚)

ねえ、あなた、仮に日本で一日の死者数が500人以上になって、菅首相が「感情たっぷりのスピーチ」をしたら、それは誉められることなのでしょうか?

コロナ対策を失敗させたメルケル首相のスピーチを持ちあげる人々の神経を疑います。

別に私は菅首相を擁護するものではありませんが、誰か他の政治家が首相をやっても、五十歩百歩じゃないのかなあと思っています。

仮に、枝野さんや志位さんが首相だとしても、菅首相以上の絵図が浮かんで来ません。

台湾やニュージーランドを成功例として挙げる人がいますが、どうなんでしょうね?

中国は…発表そのものが信用出来ませんので論外。


●「日本人は命令でなくても、『お上の要望には従う』という特性がある」はデタラメ。

メディアや一部の「識者」が、したり顔で上のようなことをのたまう。

が、これは、「日本人は欧米人に比べ、集団的行動を好む」というデタラメと同じ類です。

今風に言えば、「エビデンスが無い」のよ。

見たまえ!

いくら政府や知事が、手を変え品を変え、「フリップ芸」を駆使しても、多くの国民は従わないじゃないの。むしろ、人出は増えているではありませんか。

東京都では時短要請に応じる飲食店は20%とのこと。

ザマ~ミロ。

春の頃は新型コロナが何か全く分からず、中国の武漢で毎日多数の死者が発表されるのを見て、日本人の多くが恐怖にかられ、それで、「お上の要望に従った」に過ぎません。

そもそも、日本政府や都知事から、「こうして欲しい」と言われただけで、ほとんどの日本人が従うなんて構図は気持ち悪くてゾッとします。

日本人だってアメリカ人と同様、断固、従わない人も少なからずいると分かり、私はむしろホッとしています。


それでなくとも、東京都の緑のタヌキ婆さんが何を言っても説得力が無いし、

ベトナム買春疑惑&女体盛り疑惑のコロナ担当大臣が何を言ってもさらに説得力は無し。

内容スカスカのガースーこと、スガーリンに至っては論外です。


法律を変えて、強制力と罰則のある「ロックダウン」をするしか無いのでしょうか?


●欧米に比べれば10倍も100倍も感染者が少ない日本の医療がひっ迫するのは何故?

「日本の病院は欧米と比べ、日頃から医師や特に看護師の人的余裕が無いから」と答えた医師の例がありましたが、これもちょっと理解出来ないですね。

この言説だと、すると、日頃、ドイツやイギリスの病院では日本の病院の10倍も看護師を余裕で抱えているの?…という疑問を抱かざるを得ません。

ドイツの病院の多くが公立で、日本は私立が多いので、国や地方自治体の鶴の一声でどうにかなる、というワケには行かない、との説もあるようですね。


●特効薬とワクチンが行き渡るまでは、何と言いましょうか、なるようにしかならない、と思っています。インフルエンザと同じ感覚で受け止めるしか無いかなあと。

新型コロナに感染するのは嫌だけど、コロナ不振で会社を解雇される方が社員には、「死刑宣告」を受けるようなもので、こちらの方がよほど怖いのですよ。

少なくとも、私にとっては(*`皿´*)ノ


この際、割り切って、経済をどんどん回せ、と思うんですけど、

この考え方は、間違っているのかな。



スポンサーサイト



2020.12.28 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、神仏を尊び、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者熟女(四十路半ばを過ぎた)ですが、よろしくお願いします。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR