世界選手権・女子の順位予想

世界選手権の順位予想。もちろん、これは他愛の無い遊びですが。
(敬称略)コストナー、真央、ワグナー、鈴木、レオノワ、シズニー、ゲデ子、村上。。。

女子はこの辺りが表彰台、及び優勝候補でしょうね。

1位:コストナー
2位:ワグナー
3位:鈴木orレオノワ


コストナー選手は今季のプログラムに自信が漲っています。自爆が無くなった分だけ持ち前の高いスケーティング技術、表現技術が非常に高く評価されています。優勝候補の筆頭でしょう。不安要素は大試合での度胸がどうなのか、くらいでしょうね。チャレンジカップで得たPCS70点台が世界選手権ではどうなるのか、興味があります。

ワグナー選手は今季、絶好調です。全米の優勝がフロックではないことを四大陸で証明しました。騎虎の勢いで優勝してしまう可能性も十分あります。ショートで3Fー3Tが決まれば強い。

レオノワ選手は大舞台に強い。ここ一番での試合根性と集中力がある。覇気がある。モロゾフとのコンビは非常に上手くいっていますね。彼女のエネルギッシュな演技は大舞台では特に見映えが良い。

ゲデ子も今季、好調です。彼女もコーチを変えて上手くいった感じ。元々スケーティングは上手いし、調子に乗れば天衣無縫のステップワークを発揮する。しかし他の選手と較べまだPCSにハンデがあるのでジャンプミスは許されない。

シズニー選手は足の故障が尾を引いているのか、今回は表彰台も厳しいかもしれないですね。どうしてもジャンプに難があります。

真央、鈴木、村上、日本の3選手に共通した大きな問題は、フリー演技にあります。これまで「常に」二つ以上のジャンプミスがありました。村上選手は試合度胸に問題がありそうです。鈴木選手は必ず後半のジャンプでミスをしますが、体力的問題が根底にあるように思われますが、どうなのでしょうね。

真央選手は二つの3Fのコンボ以外に安心して見ていられるジャンプがありません。ルッツも不安定、2Aー3Tは回転不足の不安、3Sは最も苦手、最後の3Loも危なっかしい。こうした中で冒頭に3Aを持ってくれば、それだけミスの確率は高くなります。今季もまだ少し厳しいと思います。私個人としてはショートで3Aを跳ぶのは意義が大きいと思いますが、フリーは回避した方が良いと思っています。
しかしながら、ジャンプ以外のエレメンツではレベル4を揃えられますし、PCSはノーミスであれば日本人選手では最も高いPCSが出ると思うので、ジャンプミスが一つで済めば…これは勝負になると思います。

これらの問題を克服した選手が優勝、もしくは表彰台に立つでしょう。私は3人の中では鈴木選手がフリー演技でノーミスする可能性が一番高いと見ます。今季に賭ける気迫を強く感じるからです。



関連記事
スポンサーサイト

2012.03.24 | | コメント(4) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

個人的な思い入れ

安藤さんのいない今シーズン、トリノで同じように思うような結果が残せず、ソチでも本来の出来には、ほど遠かったコストナー選手のうれし泣きする顔を見てみたい。

ワールドのメダルは幾度かあるけれども、いまだに金は無い。

その次に優勝してほしいと思うのが、ワグナー選手と鈴木選手。

二人とも後ちょっとの選手といった国内競争の立ち位置の相似性がある。

若干ジャンプの見栄えという点では、ワグナー選手に分があるように思う。

ステップは鈴木選手の方が見栄えがする。

違いは今シーズンのプログラムのはまり具合だけれど、この点に関しては、ワグナー選手の方がやや有利と思える。

今シーズンの鈴木選手のプログラムに関して言うと、彼女の個性がもう一つ輝ききれていない気がする。

全米チャンプとなったことが、いい意味の刺激になっているように思える。

ワグナー選手の演技後のはにかんだ笑顔も見たいと思わせる表情の一つである。

ロシア勢は、金にはいま少しという感じがする。

安定性に関して、波が大きいので、PCSに頼ることが難しい。その分ノーミス演技の要求が高くなるので、そのプレッシャーに打ち勝てるかどうか?


ゲテちゃんは身体の絞り具合だけだろう。
今シーズンになって、トリノの頃のようなジャンプの切れが戻りつつある。
来シーズンに楽しみが持てる選手である。
順調にトレーニングがつめてきたいたなら、本来ならば、浅田選手らとトップ争いをしていなければならないと思っていた選手でもある。

浅田選手はジャンプの出来次第だろう。
懸念は回転不足に関する体感が狂っていないかどうかだけだ。

個人的なことを言わせてもらえれば今年は台落ちする方がいいと思う。
ソチに向けてを考えるのなら中途半端な復調は帰って逆効果となる気がする。

PCSは相変わらずに高いので、そういう意味でもランク付けの影響があるのかどうかを調べるためには、今シーズンの出来が悪い方が来シーズンのPCSとの関連性を確認できて面白いと思うのだが。

村上選手は、昨シーズンの爆発力が無いので、少し難しいだろう。

12位以内に入ることをまずは目標とすべきだろう。

シズニー選手もワールドのメダルを取ってはほしい選手だ。
彼女の場合は金をとることが引退への花道になりそうな気もするので、どういう結果になっても気のもめるところではある。

もうしばらくは競技をがんばってほしい選手でもあるからだ。

バラの花が開くようなスピンは、やはり単独で見たいと思わせる要素でもある。

ジャンプ以外で魅せる要素を持った選手はなるべく長く続けてほしいと思う。

スピンのみを争う「フラワー選手権」を作ってほしいと思うのだけどね~~。

体操のタンブリング競技会のような、要素ごとのスペシャリストを決める大会を作る方が団体戦よりも興味を引きそうだと思うのだが。

2012/03/25 (日) 07:45:41 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 個人的な思い入れ

バルタン様、おはようございます。

> 安藤さんのいない今シーズン、トリノで同じように思うような結果が残せず、ソチでも本来の出来には、ほど遠かったコストナー選手のうれし泣きする顔を見てみたい。

同感です。しかし、コストナー選手が優勝すると、一部のフィギュアファンがまた騒ぐんでしょうね(^。^;)

それと、鈴木選手がうれし泣き姿も見たいですね。

真央選手にとっては、銀も銅も台落ちもほとんど同じでしょう。
バンクーバー五輪では銀メダルで悔し涙を流した姿にアスリート魂を感じています。

> 体操のタンブリング競技会のような、要素ごとのスペシャリストを決める大会を作る方が

たしか、アテネ五輪のEXで見たことがありますね。

跳馬と床の間の子みたいな。床で3回宙返りなど、神業としか思えません(@_@;)

スピンの種目別。

スピンの種類や脚替え、チェンジエッジ等、同じ規程の中で競えば成立するかも。

レベルは無関係ですから、もっぱらGOEの争いみたいになりますね。

同様に、ステップやジャンプも可能かもしれませんね。

2012/03/25 (日) 10:03:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

いよいよですね。

こんにちは。お久しぶりです。
大会ごとにジャンプ賞、スピン賞、ステップ賞、エレガンス賞等々いろいろあると楽しいですね。
審査員特別賞とか(^^)
わ~、でもジャッジに不信感バリバリの論調の中でそんなこと成立しないですね(笑)
逆にだからこそあってもいいかも…そいでもって、大会論評とかあったら面白いのに。今後選手に力を入れてほしい所、今回の大会の傾向等々…ISUの見解を知りたい方たくさんいるはずです。
ISUさん期待ばかりかけて申し訳ありませんが、頑張って~。

2012/03/25 (日) 15:29:50 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

Re: いよいよですね。

藍色様、各賞のこと、面白い!!

女子に限れば、

ジャンプ賞…ヨナ選手がダントツ。次いで安藤選手。若手ではアメリカのグレイシー・ゴールド選手。

スピン賞…シズニー選手、長洲選手、ジャン選手の争い。やや異色ですが若手のリプニツカヤ選手も。

ステップ賞…真央選手、鈴木選手、コストナー選手、ヘルゲッソン(姉)の争い。

スパイラル賞…真央選手、長洲選手、シズニー選手、ワグナー選手の争い。

エレガンス賞…以前なら断然スイスのサラ・マイアーさんでしたね。今は該当者無し。

審査員特別賞…国籍に囚われずに厳正な判定を下す日本人審査員の皆さまに全て差し上げましょう(^。^;)

2012/03/25 (日) 21:38:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR