FC2ブログ

白鵬バッシングもいい加減にしたらどうか:愚見を少々




横綱白鵬の実績は凄い。幕内最高優勝数は42回で歴代最高で第二位の大鵬の32回を大きく上回っています。その他、ウィキを見れば分かりますように、多くの記録で「一位」のオンパレードです。

まさしく大横綱としての実績です。

以前、白鵬が立ち合いで変化をする場面が何度もありました。そこで、相撲関係者は、「立ち合いで変わる注文相撲をとるのは、横綱のすべきことではない。品格にかかわる」との批判がありました。

これには、私も概ね同感でした。「横綱は正面から堂々と受けて立つもの」と思うからです。ただし、「品格」や「品性」のような文言にはひっかかるものがありました。

その後、今度は、立ち合いで「張り差し」をするのは横綱として問題だとの批判が出た。

更には、立ち合いで「かちあげ」をするのも横綱として問題だと言い出した。

最近では、立ち合いで「 白鵬は相手と呼吸を合わせず、常に自分本位の立ち合いを強要し、絶対的優位に立つから勝つ。ずるい。」と言い出した。

いやはや、よくもまあ、次から次へと、白鵬の粗を見つけて来るものです。

これらの批判が正しいのか否か、私には良く分かりません。しかし、ここまで来ると、やたら粗探しをして鬼の首でも取ったような顔して白鵬を叩く人達の大人気無さを私は感じます。

批判の根底にあるのは、
①横綱は「勝てば良い」というものではない。横綱らしいフェアで品格のある戦い方、勝ち方がある。
②卑怯でズルイやり方で勝っていくら実績を積んでも、大横綱とは認めない。

ということらしい。

しかし、相撲関係者がここまで白鵬の立ち合いをいちいち批判する背景には、
①モンゴル出身の横綱が強過ぎるのが、面白くない。
②日本人横綱が長く現れず、ようやく稀勢の里が横綱になった。が、早くも引退。

つまり、モンゴル出身の横綱に対するやっかみ、ねたみがあり、次から次へと粗探しをして白鵬を叩くのではないか。これはもう、一種のイジメというかバッシングではあるまいか?

「品格」なる抽象的・精神的なものを持ち出して白鵬を批判するのも如何なものか。一部の人は、「日本人と違ってモンゴル人は品格の意味も精神も分からないのだろう」、みたいなことを言い出す。※

「モンゴル人の横綱白鵬の優勝42回はズルイやり方で勝っただけ」として、過去の「偉大な日本人横綱」と比較して評価を下げることで、溜飲を下げているのでしょうか。

こういうのを、負け惜しみ、と言うのではないでしょうか。

なんか、みっともない。白鵬ではなく、

彼を叩く側の相撲関係者の方が。それに「便乗する」メディアも。



なお、私は白鵬のファンでもなんでもありません。それどころか、相撲は滅多に見ません。たまたま、スポーツ番組で相撲も出て来ますので、それで知る程度です。

しかし、同じ横綱としては、あの貴乃花よりはずっと「大横綱」と思います。


柔道を見ても分かるように、外国人選手は「勝てば良い」式の柔道がしばしば目につくことがありました。苦し紛れにタックルしたり、一つでも「指導ポイント」で優位に立つと、急に逃げまくって時間オーバーで勝利に持って行く等。

これは戦い方の良し悪しというよりも、勝負に対する考え方の違いがあるのではないでしょうか?

だからと言って、「真の柔道精神とは」を外国人選手に教えてどうなるものでもないでしょう。その代り、柔道のルールは頻繁に変わりますね。足を取りに行くのは禁止されましたし、審判から受けた指導の数で直接勝敗をつけることもなくなりました。しっかりと組んで競う方向に変わりました。

海外の相撲取りが増えつつある現在、「精神教育」みたいなことを言うよりも、相撲も立ち合いのルールを変えればいいと思います。それが出来ないのであれば、海外の人間を断れば良いのです。「日本人」だけでやればいい。

私はそんなことよりも相撲界で絶えない暴力や時代遅れな体質の方がよほど問題かと思います。



最近の「日本って凄い!」の流行の一つなのか、白鵬の問題に関連して、「日本人は戦い方に品格を求める」「武士道の精神」とかを持ち出す人がいるようですが、これについて反論をします。

日本人は「騙し討ち」「闇討ち」のような「卑怯」なやり方を得意として来た歴史がある。しかも、騙し討ちした側は非難されず、騙された側に対する同情もない。

有名な例は、ヤマトタケルによるクマソタケルの騙し討ちですね。しかも、ヤマトタケルは女装して騙し討ちをするという卑劣極まる方法で討った。それでもヤマトタケルは「英雄」扱いです。なんと、討たれたクマソタケルの弟はヤマトタケルを強者として称えながら死んで行くのです。

ここでポイントとなるのは、これが史実かどうかではなく、このような価値観が日本書紀・古事記に記されているという事実なのです。

今流行の室町時代でも、6代将軍の義教が祝宴の席で赤松満祐・教康父子によって騙し討ちにあっています。ところが不思議なことに、赤松父子は不問とされたのです。

個人対個人では、巌流島での宮本武蔵と佐々木小次郎の対決が有名ですね。武蔵はわざと約束の時間に遅れて着き、いらつく小次郎に、「小次郎、敗れたり!」と言葉で嘲笑い、小次郎を討ちました。これも、「武士にあるまじき卑劣なやり方だ」と、武蔵が非難されることはあまりなく、心を乱した小次郎の方の未熟さが非難されるのです。

「勝負は勝てば良い」、さらには、「騙す方より騙される方が悪い」は、日本人の歴史にも脈打っているとも言えます。現代でも、特にビジネスの場では「騙される方がバカ」「嘘を見抜けなかった方が愚か」との価値観が生きている例はいくらでもあります。「信じて騙された私がバカだったのネ」というわけです。

もちろん、これは一面的な見方でしょう。「罠をかける」ことの卑劣さを言うよりも、「罠にハマらない用心」の方が、人生訓として日本人の心にしっくりと来るのかもしれません。

しかし、白鵬をダシにして日本人の素晴らしさを言う連中にはこんなことを言いたくもなります。


仮に、白鵬の立ち合いに問題があるとしても、彼の術中にハマる相手の関取に対する非難は無いんですね。これは、過去の歴史に見る価値観やビジネスの世界の価値観とはかなり違うようです(笑)。




関連記事
スポンサーサイト

2019.04.19 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

(^^♪雷電ちゃんがナンバー1☆☆☆

(^^♪Moonちゃん♪

ハロー♪

やっぱり(^^♪雷電ちゃんがナンバー1☆☆☆でーす♪

なので歴史的には日本人が最強!

2019/04/19 (金) 01:26:27 | URL | (^^♪ファントム☆☆☆ #- [ 編集 ]

Re: (^^♪雷電ちゃんがナンバー1☆☆☆

良くまぁ、ご存知で(^_^)/

>なので歴史的には日本人が最強!

ははッ、分かりましたm(__)m

2019/04/19 (金) 04:45:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

文化や価値観の違い

片割月様

その昔アメリカで経験したことがありますが、アメリカ人は一般に親切ですが、それでもアメリカ人より下にいるときはとても親切にしてくれますが、前に出るとたたかれます。白鵬バッシングも同じ心理なんでしょう。これは人種差別というより身贔屓かもしれませんね。

文化の違いや、価値観の違いを 受け入れるべき、というのは真っ当な考え方だと思いますが、実行するとなると理屈通りにはいかないものです。
相撲取りは少人数ですが、例えば価値観の違う人たちが国の20%を占めるようになったら今までの通念も当然変わってくると思います。

>ビジネスの世界の価値観
これで思いだすのが、日産のゴーン会長の扱い方。
アメリカの新聞は、勾留中のにゴーン会長に弁護士に合わせなかった日本のやり方を人権剥奪と非難していました。確かにそうですが、改めて、日本の信用社会と西欧の契約社会の違いを思いました。
もちろん日本も契約に基づいてビジネスが成り立っていますが、そのベースには信用がある、その信用を損ねると厳しい社会的制裁が下る、、、これはまったくの私見ですがそう思いました。
この信用に基づくビジネスをゴーン会長にも期待したのが間違いだと思います。

これも私見ですが、信用社会と契約社会の違いは定住型の農耕民族と移動型の狩猟民族からきていると思っています。

最近は外国人旅行者も多いので変わったかもしれませんが、ホテルの予約でキャンセルした場合のキャンセル料金を取り損なわいようにするために、西欧諸国の場合はクレジットカードで保証しますが、日本のホテルや旅館はクレジットカードナンバーを要求しないんですね。勝手にキャンセルした場合どうするんだろうと思いましたが、そういう信用社会なんです。

東北大震災の時、私の知り合いがハワイのフォーシーズンズホテル に勤務していて、「日本人はアメイジング。震災で来られなくなってぎりぎりになってコンベンションがキャンセルになったので、仕方がないと思っていたら、わざわざキャンセル料を支払いに来てくれた」と、感激していました。
これも信用社会の産物?  

一方で、日本人はルールーがあっても、「それはそうですが、、、」 「そこを何とか、、、」 というビジネスをしますが、香港からの中国人は意外と?ゴネないので驚くことがあります。 やっぱり契約社会で契約重視の英国の統治下にあったからでしょうか。


>「罠をかける」ことの卑劣さを言うよりも、「罠にハマらない用心」の方が、人生訓として日本人の心にしっくりと来るのかもしれません。

あっ、これってインド人の哲学だそうです。
騙される奴がばかで人を騙す奴は賢い、と教えられるそうです。 これはインド人から聞きましたから私見ではありません。(笑)

2019/04/19 (金) 05:17:32 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

日本人は日本文化を本当に大切に思うのか

 片割月さま、こんにちは。

 相撲が、国技だというのは、不思議な現象だと思います。スポーツじゃなくて、一種の祭事なんでしょうか。何となく、この競技がやたらに「国技」と持ち上げられる背景には「タニマチ」の存在があるのではないか、とさえ思います。空手、剣道、合気道と格闘技だけでも日本発祥の物は沢山あるし、剣道などは、一般の競技人口だけなら、相撲よりもメジャーな競技であると思います
 私は白鵬を好きでも嫌いでもないですね。結局、日本人力士がダメだから、外国人力士に頼らざるを得ない状況なのです。四の五の言わないで、認めればいいだけの事でしょう。

 今、一般層は、日本文化に関して関心が薄いですね。伝統芸能を大切にするなんて、考えもしない。元々、西欧人に認められなきゃ、自分たちの持つ文化のスバラしさを理解しようともしない歴史もありましたし。無関心は、嫌う事よりも、もっとひどいのではないか、とひしひしと感じております。英語偏重の教育が、日本語や日本文化の習得に興味を失った遠因かもしれません。私だって今まで、そういう事に熱心に取り組んでいた訳ではないから、あんまり言えないけど。

 能楽のチケット販売はバブルの頃は楽だったようですね。企業が後ろ盾になってくれましたから。でも、今はとても大変です。庶民の財布の紐が固いから、ただでさえ、厳しいのに、東京五輪で地方自治体の予算が皆、スポーツに向いて文化関係がどんどん削られています。只のイベントだったら告知してくれるけど。

 まあ、何を言っても愚痴になりますが、今、チケット販売などに関わっているのでこれが実感ですね。
 
 日本の「国技」を極めてくれた海外の選手が帰化したい、というのは当然だし、光栄な事でもあります。それを認めないのは、心の狭さとしか言えないと思う。

2019/04/19 (金) 09:23:02 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

Re: 文化や価値観の違い

kan kan様、こんばんは^^

>定住型の農耕民族と移動型の狩猟民族からきている

ステレオタイプに見てはいけませんが、これはかなり当たっているように思います。

>勝手にキャンセルした場合

キャンセル料の請求書が送られて来ると思います。
それでもしトボけたらどうなるか、やったことありませんので分からない(^_^;)

日本の得意技 腹芸よ(^_^)/

あ、インドですか!

やはり、広くアジアにありそうな価値観でしょうか。

すると、インドでは、振り込め詐欺は流行りそうね。

なんせ、騙される方が悪いんだから(・・;)

2019/04/20 (土) 00:34:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 日本人は日本文化を本当に大切に思うのか

まるさん様、こんばんは^^

相撲の世界は他の日本の格闘技・武道と比べ、非常に閉鎖的ですね。

だからこそ熱烈なるタニマチのような存在もあるのでしょうし、排他性も強いんでしょうね。

>今、一般層は、日本文化に関して関心が薄いですね。伝統芸能を大切にするなんて、考えもしない。

古代から、日本は海外の文化を熱心に取り入れる一方で、古く?なった文化をサッサと捨てる傾向があったような。。。

明治維新でも、日本の変わり身の速さは世界史上でも特記すべきものかもしれませんね。

日本人は自然を愛し、文化を愛し、

というのは、都市伝説なんでしょう。

>能楽のチケット販売

一般的に、能は歌舞伎と比べても、「敷居が高い」「難しい」「退屈」という固定概念が強いんじゃないでしょうか?

実際、能は観賞する側によほどの「準備」と「覚悟」が無いと、その良さを味わうのはちょっと大変かなあと。


派手な踊りとか、拍手喝采とか、掛け声とか、何か、見る側が「発散」する要素が少ないからかな?

例の和泉流のスッタモンダも、一般の印象を悪くしたのではないでしょうか。

それゆえ、国や地方自治体によるサポートが無ければ大変でしょうね。

2019/04/20 (土) 00:58:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:Re: 文化や価値観の違い

片割月様


>インドでは、振り込め詐欺は流行りそうね。

いやいや、敵もさるもの、ものすごく用心深くて日本人のように簡単に人を信用しないから大丈夫でしょう。
最近は中国からの金持ちの子息の留学生が(語学研修生ではなく)同じような手口でのターゲットのようで、時々ニュースになります。

2019/04/20 (土) 03:53:15 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

能鑑賞

片割月様

お能の話題ですね。 おせっかいながら、、、

>実際、能は観賞する側によほどの「準備」と「覚悟」が無いと、その良さを味わうのはちょっと大変かなあと。

これで思い出すのが、、、、、

友人が、見たことなかったので、詳しい人に頼んで国立能楽堂に連れて行ってもらったそうです。
始まる前に「眠くなるわよ」と 言われたけど、音楽会でも芝居でもオペラでも眠ったことなどないので絶対に自信があったのに、途中で居眠りしたらしく、肘でつつかれて 「ほらっ ネ」とばかりに にっこりされた、と話していたのを思い出しました。
淡々としたリズムが繰り返されるからじゃないかとも言っていました。 

眠くはなかったけど退屈だったのが、人形なしの義太夫の語り。太夫が人間国宝といえども退屈の極み。
これも準備と覚悟が必要です。

>派手な踊りとか、拍手喝采とか、掛け声とか、何か、見る側が「発散」する要素が少ないからかな?

鼓動が海外でも大うけするのはこれだと思います。
ジャズの感覚で聞けるしパフォーマンスも楽しめる。

2019/04/20 (土) 05:24:04 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: Re:Re: 文化や価値観の違い

kan kan様、こんばんは^^

> いやいや、敵もさるもの、ものすごく用心深くて日本人のように簡単に人を信用しないから大丈夫でしょう。
> 最近は中国からの金持ちの子息の留学生が(語学研修生ではなく)同じような手口でのターゲットのようで、時々ニュースになります。

ふーむ。中国人はインド人ほどには用心深く無いのか。。。

2019/04/21 (日) 00:48:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 能鑑賞

手前の座席の小画面にセリフの英訳が流れるのは知っていたんでしょうね?

それとは別に、多くの欧米人は、能の世界の独特な静寂と緊張に耐えられないでしょうね。

ストーリーの意味も分からないでしょうし。

私は前のめりになって堪能したので、ちっとも眠くなりませんでした(^_^)/

都をどりでも、

いわゆる舞踊の箇所は外国人も楽しめるようですが、

劇になると途端にあくびをしていましたね。

2019/04/21 (日) 00:53:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、神仏を尊び、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者熟女(四十路半ばを過ぎた)ですが、よろしくお願いします。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR