FC2ブログ

フィギュアスケート2題:愚見を少々




回転不足の基礎点引き上げ=フィギュアスケート(5/22 時事通信)

(引用開始)…国際スケート連盟(ISU)は21日、フィギュアスケートで回転不足の範囲が4分の1以上、2分の1未満のジャンプについて、2019~20年シーズンから基礎点の80%を与えると発表した。これまでの75%から引き上げる。

回転不足の判定は18~19年シーズンにそれまでより厳しくなり、ちょうど4分の1回転足りない場合も回転不足となって基礎点が75%になっていた。ISUによると、判定を厳しくしたことで選手が難度の高いジャンプへの挑戦に足踏みするのを防ぐため、回転不足の基礎点を5%引き上げた。

羽生結弦(ANA)が挑むクワッドアクセル(4回転半)は基礎点が12.5点で、回転不足になるとこれまでは9.38点だったが10点に引き上げられる。紀平梨花(関大ク)が得意とするトリプルアクセル(3回転半)も、回転不足になった場合の基礎点が0.4点増える…(引用終わり)。 


ISUは腰が定まらずヨタヨタしていますね。

「判定を厳しくしたことで選手が難度の高いジャンプへの挑戦に足踏みする」と言うけど、昨シーズン、高難度ジャンプの基礎点を大幅に下げ、ジャンプ転倒の減点を大きくしたことも「足踏み」の要因ではありませんか?

しかし、これは想定内のことだったのではありませんか?

回転不足で美しくない高難度ジャンプでも、「跳んだ者勝ち」になる傾向を抑制し、よりジャンプの完成度やプログラム全体の完成度を高め、これを評価する方針があったからではありませんか?

回転不足ジャンプを「救済」することは、この方針とは反対のことではありませんか?

採点結果では、わずか5%の違いであっても順位に影響することは珍しく無いのです。

そもそも、10年くらい前までは回転不足ジャンプはダウングレード評価され、4回転ジャンプは3回転ジャンプとみなされ、3回転は2回転とみなされ、なおかつ、減点評価を受けるという二重減点でした。

これはちょっと選手達に酷で、高難度ジャンプへのモチベーションを著しく下げるというので、アンダーローテーション(回転不足)というシステムを新たに導入しました。これ自体が一種の「救済」でした。

そこへ更に、減点幅を小さくするというのは二重の救済ではありませんか?

回転が足りず正しく降りないジャンプをする選手達を救済するとなれば、きちんと回転し美しいジャンプを跳んでいる選手達がバカを見ることになりませんか?

私はむしろ、回転不足ジャンプはもっと減点した方が良いとさえ思っています。基礎点の65%くらいで良い。

もう一つ言えば、ルールの大幅改正による不慣れもあり、昨シーズンでは試合毎の回転不足の判定やGOE(出来映えによる加点・減点)の採点に関し、審査員によるバラツキが目立ったと思いますので、ISUにおかれましてはこちらの方をより厳正に統一されるようお願いいたしますm(__)m。


●紀平梨花選手新フリースケーティングか
こちらです

冒頭に4回転サルコウとトリプルアクセル+ダブルトゥループを跳んでいます。

さらに、上半身を大きく使ったダイナミックなステップシークエンス。カメラが近いので、一つ一つ踏むステップ・ターンがいかに伸びやかで、(恐らく)正確であるかが良く見てとれます。

動画の2分17秒から、上半身を左右にクネクネさせるユーモラスな動きがありますが、これも振り付け?

来季にはロシアから4回転ジャンプを跳ぶ女子選手がシニアに参戦する予定とか。女子もいよいよ4回転ジャンプ・トリプルアクセル無しではトップに立てない時代に突入することになりそうですね。※

来季は17才のスケーターとして戦う紀平選手。そう、浅田真央さんが世界選手権で初優勝したのも17才でした。安藤美姫さんが初優勝したのは18才でしたか。前回の世界選手権でメダルに届かなかったのは残念でしたが、むしろ戦いのバネとなって紀平選手のモチベーションが高まっているものと信じます。

もちろん、紀平選手は2022年の北京五輪での優勝を目指しています。その時の年齢は20才か。女子は長野五輪以来、金メダルは十代の選手が圧倒的に有利?なのですが、果たして紀平選手が久しぶりに二十代の金メダリストになるかどうか。彼女なら可能性はありそうです。


女子トップ選手の低年齢化とアクロバットな大技が増える代わりに、「女性らしい優雅な演技が影をひそめてしまう」との懸念や批判は当然起きます。これはかつて女子体操でも言われたことです。つまり、モントリオール五輪で十四才のコマネチ選手が圧勝して以来、この流れは止まらず定着しました。

フィギュアスケートの場合は体操とはちょっと異なり、「スポーツ性と芸術性の融合」みたいなことが謳われて来たので、より懸念と批判は大きくなるかもしれません。




関連記事
スポンサーサイト

2019.05.23 | | コメント(5) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

武術(≠武道)でよかったなぁ・・・俺

ルール無用で、かつ他人に見せちゃ駄目!
・・・というのも、お気楽でいいなぁ・・・と改めて思いますね。
未だに「採点競技(各種事業コンペ)」の提案書づくりを
ひっきりなしにやっているので、採点基準とかの言葉には過剰な刺激を受けます。

もういっそ、別のジャンルを設けたらどうなんですかね??
「フィギュア」と「アクロバット」みたいな・・・。
水泳の「自由形」と「平泳ぎ」みたいな感じで・・・。

2019/05/23 (木) 07:54:20 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

ジャンプ以外の得点にインセンティブを

片割月様

ジャンプも醍醐味だけど、ポイント稼ぎのためにジャンプばかりが目立つ演技構成は魅力減です。
PCSは判定の基準がむつかしいと思いますが、PCS判定にもう少し差つけられないものかと思います。
規定をこなしているだけのも表現、演技と、優れたものの差をもっと明確に採点できないものか、スケーティングスキル向上にインセンティブをと思いますがいかがでしょうか。

ジャンプでいえば、回転不足だけにこだわらず、入り方、着氷の姿勢、その後の流れの美しさの差をもっとはっきり減加点の対象にすべき。そうすればむつかしいジャンプ合戦にある程度ブレーキがかかると思うし、見ているほうも美しい演技が楽しめる。

以前、投稿されていた方で、スピード!を強調されていた方がいましたが、実際に現場で見ると確かにそう思います。解説で、リンクの前面を使ってアイスカヴァーもいいですね、とか言いますから、今はコンピューターでスケートの軌跡をかなり正確に測れるはず。軌跡の長さでスピードの査定がある程度できると思いますが。地方大会は無理でもとりあえず国際大会ではこれを利用するとか。そうすれば選手もスピードにも力を入れるはず。
回転不足判定が厳しくなって、特に女子に多かった「Cの字降り」をする選手がなくなったし、今の若い選手は、あいまいなエッジ使いも少なくなった。
点につながるインセンティブがあれば選手はそれに向かって訓練するはず。

点数稼ぎのためにジャンプ合戦になったのですから
PCSの出来具合に差をつけて、スケーティングスキルや演技のつなぎ等の向上のインセンティブにできないものか、、、
PCSの採点はジャッジの感情が入りやすいからむつかしいかな。。。・

2019/05/23 (木) 12:24:39 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 武術(≠武道)でよかったなぁ・・・俺

しっぽがない・・・様、こんばんは^^

>ルール無用で、かつ他人に見せちゃ駄目!

そ、それは、ひょっとして、武術ではなく、いわゆる喧嘩では?(・・;)

>もういっそ、別のジャンルを設けたらどうなんですかね??
「フィギュア」と「アクロバット」みたいな・・・。

鋭い意見ですv-218

体操競技のように、ジャンプ、ステップ、スピンの、「種目別」を設けたらどうか、なんて良く聞くわ。

2019/05/24 (金) 02:35:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ジャンプ以外の得点にインセンティブを

kan kan様のご趣旨、ごもっともです。

私も概ね、そのように思います。

GOEの加減の幅を広げたのもその一つだと思うのですが、きちんと差別化になっているかどうか、
ジャッジの方にまだ「迷い」みたいのを感じます。

なぜかISUはPCSについてはほとんど手を付けないですね。

せいぜい、転倒のある演技に10.00点満点はダメ、を加えたくらいで。

さればとて、かつてのカタリナ・ビットさんレベルのジャンプ能力のスケーターが五輪2連覇するようなルールも困ります。

その辺りの兼ね合いが難しいのでしょうね。きっと(-_-;)

2019/05/24 (金) 02:41:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

"ウェイトシフト"☆☆☆

(^^♪ムーンちゃん♪☆☆☆

ハロー♪

ムービング・ウェイトシフトでーす♪☆☆☆

スケーターは両足を氷につけたまま体重移動だけで滑ることができるのでーす♪☆☆☆

p.s

今回の振り付けでは最小限のシフト(ミニマムシフト)で腕では波うつムーブメントを入れるアッパーボディムーブを加えた振付となっていまーす♪

フィギュアスケートでは振付が入れば入るほど難度があがりまーす☆☆☆

ご参考に~♪☆☆☆

2019/05/25 (土) 01:35:09 | URL | (^^♪ファントム☆☆☆ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、神仏を尊び、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者熟女(四十路半ばを過ぎた)ですが、よろしくお願いします。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR