FC2ブログ

「言葉」「表現」のアレコレ:愚見を少々




「見た目は女性だが、心は男性」 女性職員に不適切発言 兵庫県教育長が謝罪(5/21読売テレビ)

兵庫県の教育長が女性職員について、「心は男性」などと不適切な発言をし、謝罪していたことがわかった。

(引用開始)…兵庫県教育委員会によると、西上三鶴教育長は先週、尼崎市で開かれた小学校長会総会で来賓のあいさつに立った際、教育委員会の課長職に就いた女性職員について、「見た目は女性だが、心は男性」という趣旨の発言をした。

その後、出席者から「セクハラではないか」などと批判する声が上がり、西上教育長は後日、女性職員と校長会の幹部に謝罪したという。西上教育長は「能力や魅力を伝える意図だったが、表現が不適切だった。真摯※に反省している」などと話しているという(引用終わり)。


私はセクハラではないと思います。性的いじめ、嫌がらせ、暴言とは違います。西上教育長は、「誉め言葉」のつもりで言ったのだと思うからです。

今回のケースは男女の性差を強調し、固定化する発言として問題なのです。

これがプライベートな場で気軽に言ったくらいなら大目に見られるかもしれませんが、公的な場では問題になります。それにしても、仮にも教育長という立場にある人が、こんな程度の認識で務まるのでしょうか?


悪気は無かった、善意だった、誉めたつもりだった…差別や偏見の恐ろしさは、本人にそのつもりが無くても、いつのまにか口に出してしまう点にあります。意識下にある価値観が露呈してしまうのでしょう。


■男女の性差を強調し、固定化させる言葉の例。

男勝り、女だてらに、紅一点、良妻賢母、未亡人、男のくせに、女のくせに。。。

これらは差別語なのか、不適切語なのか、問題無いのか、言葉狩りなのか、人により意見は様々あるでしょう。しかし、男女の性差を強調し、固定化する表現は公の場では避けられるようになりつつあります。少なくとも、責任の重い立場にある人や、社会的に影響力の大きい立場にある人は避けるべきでしょうね。

私も職場で、ウジウジした男性社員に対し、「女々しい奴」と言い出しかねません(^_^;)


●「めんどくさい世の中になったなあ」と嘆く、男性のボヤキをどう思う?

その気持ち、分からなくも無いです。やれ差別だ不適切だとウルサク言われることもなく、言いたい放題言えた、「古き良き時代?」を懐かしむ気持ちもあるんでしょう。

たまに古いテレビドラマを動画で見ますと、「このキチガイめ!」「オマエはツンボか!」等の、相手を罵倒する言葉で出て来ます。しかし、現在ではドラマだけでなく、私達の日常においても、こうした罵倒は言わないし、言えなくて「めんどくさい世の中だ」とも思わないでしょう。

最初はめんどうと思っても、慣れれば水や空気みたいになるものです。


「真摯に」という表現は、安倍首相や問題を追求された政治家や官僚がやたらと、「真摯に受け止め」「真摯に取り組む」などと言うものですから、随分と安っぽい言葉に下落しました。今や、「真摯に」は、「いい加減に」「おざなりに」という意味に転化してしまったかのようです。「粛々と」も同様です。


■同じく、古い邦画やテレビドラマで使われた言葉使い、表現から面白い例を。

「頼まれちまったのよ」…これは裕福な東京の成城地区に住む女性医師のセリフ。下町ではありません。1970年代の東京の女性で、「頼まれちまった」という言い方をする女性がいたんですね。私は聞いたことがありません。くだけた言い方では、「頼まれちゃった」が普通でしょう。「ちまった」は私の耳には「ちゃった」よりも伝法に聞えます。

「お上んなさいまし」…丁寧な言い方としては現在では、「お上り下さい」「お上り下さいませ」かな。

「およしなさい」「お上んなさい」という言い方は素敵だと思いますが、死語になりつつまります。

丁寧の助動詞「ます」の命令形の「ませ」と「まし」…子供の頃、「まし」という言い方をする女性がいたのを覚えていますが、今では死語になりつつありますね。

確か、映画「男はつらいよ」のおばちゃんが、店先で「寄ってらっしゃいまし」と言っていたと記憶しています。「ませ」ほどにはヨソヨソしさがなく、親しみを感じる言葉に感じます。接客用語としては、「いらっしゃいませ」が全国制覇をなし、「いらっしゃいまし」は絶滅しました。


■誤った語法を垂れ流すメディア。

例えば、…「文大統領が責任持ち対応すべき」 徴用工問題で河野外相…とあります。この「〇〇すべき」という見出しがよく目につきます。

「べき」は「義務」を意味する助動詞「べし」の連体形ですので、正しくは「対応すべし」とするか、「対応すべきだ」としなければなりません。「べし」は如何にも古臭いので「べきだ」の方が妥当でしょう。メディアはたった一文字の字数を省いていますが、その結果、誤った言い方を垂れ流すことになるのは問題です。

もう一つの例…「改憲ありき」…のように、「〇〇ありき」の表記もよく目につきます。

これも明らかに誤りです。「き」は過去を表す助動詞ですので、「改憲ありき」は「改憲があった」という意味になります。ここでは、「初めに改憲ありき」とするのが正しいですね。

これは旧約聖書の、「初めに言葉ありき」の応用から、「初めに結論ありき」の言い方が定着し、それが、「改憲ありき」のように安易で誤った例が流行り出したものと思います。これも「初めに」の三文字を省略したのでしょう。

大した問題ではないかもしれませんが、毎回毎回見せられると目障りになって来ます。

三つ目の例…「佐藤さんの料理への思いが伝わって来ます」…のように、「〇〇さんの思いが伝わる」「思いがこもっている」とか、やたらと「思いが」「思いが」が頻出します。以前は、「〇〇さんの料理へのこだわり」のように、「こだわり」がやたらと使われましたが、こちらがやや衰退するの反比例して「思い」が大流行しています。

「料理への思い」という表現には、何にも内容がありません。意味不明なのです。ただ曖昧で情緒的な雰囲気だけの言葉です。「より美味しい料理をできるだけ安く、という思い」と言えばわかります。

日本語の「思う」「思い」は、「すみません」と同じくらい便利で使いやすい言葉です。日常で頻繁に使われる言葉です。しかし、情報を正確に具体的に伝える役割を持つメディアがこんな安易でいい加減な言い方を何の反省も無く垂れ流すことに、私は少々腹が立って来ます。

ビジネスの場でも、「思い」などと言えば、「何?具体的に言え!」と叱られます。


国会の答弁で、麻生副総理がかつて首相の時、「踏襲」をフシュウと読み、安倍首相が、「云々」をデンデンと読んだことをメディアには笑う資格があるのでしょうか?




関連記事
スポンサーサイト

2019.05.24 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 戯けたライフ



コメント

全体としては、賛同します

「めんどくさい世の中になったなあ」
・・・と言うよりも
「生きてることが面倒くさいんだ」と思う。
世の中、いつだって、何かしらめんどうなもののようですもんね。

これに立ち向かっていけるのは
「しょうがないもんなぁ」
では、ありますまいか?

2019/05/24 (金) 09:02:19 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

私も「言葉」「表現」のアレコレ:愚見を少々

片割月様

>「誉め言葉」のつもりで言ったのだと思うからです

これって考えさせられますね。
男性としては誉め言葉のつもりだった。
では逆に男性に、「見た目は男性だが、心は女性」と言っておいて、ほめたつもりだった、といったとしたら、言われた男性は誉め言葉と素直に取るでしょうか。
これを問うことにも女性蔑視が根底にあるからでしょうか?


>めんどくさい世の中になったなあ

全く。 インディアンもエスキモーもジプシーも駄目です。私なんか悪意がない限りジャップとかニッピーと聞いてもそんなに気にならない。

知恵遅れや身体障害はダメで Mentally/physically challenged person.


>やたらと、、、、
繰り返し使われると流行言葉のようになりますね。
最初のきいたときは気が利いていると思って聞いてもやたらとつかわれると陳腐になる。
「元気をもらう」 というのもよく使われた。

>誤った語法を垂れ流すメディア。

アクセントも気になる。絵画紹介の番組を日本から送ってもらいましたが、民放のナレーション、特に若い俳優のナレーションは男女とも聞いてられない。
なぜ若い人を使うのか。
ナレーターのアクセントが気のいなるのでどこの出身か調べてみたら東京出身となっていた。
その点、NHKは聞きやすい。 俳優でもベテラン俳優のナレーションはさすがにうまい。

>下町言葉
シニアホームで、下町のべらんめー口調でまくしたてる人がいて、ほかの人には口調がきつく問題になったとか。注意されて、「私は下町生まれだから変えられない」 と泣き出したとか。
これって、東京人のおごり? 地方から出てきた人は、一応言葉に気を付けて親しい間柄ならともかく他人と話すときは標準語に近いように話す努力をしているわけですが、下町の人はこれができないと開き直る。知り合いの東京育ちの人に聞いても、それは仕方がない、なぜ変える必要があるとう辺事。
これって、アメリカが世界の中心、アメリカ流が世界流というアメリカ人の気質と似ているかもしれませんよ。
 
そういえば東京の人は関西に行っても絶対に関西弁で話そうとしないというか努力をしない。私なんかはまねをして、結構それらしく話していましたが、、、でも電話がかかってきて応えるのに、「毎度!」 とは言えなかった(笑)
江戸っ子の片割月様、いかがでござんしょうか。

最も関西人も東京に住んでも関西弁を変えようとしないか。。。。
 
>誤った語法を垂れ流すメディア。

スポーツ紙でよく使われる「リベンジ」
仕返しとか復讐、相手を傷つけるといったきつい言葉だと思うので、気になります。
格闘技のような場合はいいですが、採点やタイムで競うような競技「日本のリレーチーム、次の大会でリベンジだ」 は間違いだと思います。

2019/05/25 (土) 06:01:09 | URL | kan kan #E0/upmTg [ 編集 ]

 片割月さま。

 これだけ公職に就く人の失言が続くと、意識的にやってるな匂いさえ感じますね。女性蔑視、弱者の切り捨て、偏見などなど、聞いているだけで不快になる言葉ばかり。
 外目は女で内面は男? これは、性同一性障害の人への揶揄にも聞こえますよ。

 女らしさって何なんでしょうね。料理や家事や裁縫が得意だとか、優しくて才芸に優れた人は女らしいのでしょうか。
 一見美しく見える女性だって、当然、逞しさや強さを持ってます。人間っていろんな面を併せ持っての物なのですからね。教育長ともあろう方が、人の人格形成について何もご存じないのがもう、呆れるしかない。

 七十年代のホームドラマ、懐かしいですね。そこに出て来る家族も「お母さん」も虚像でしかないんですけど。お母さん役をやっていた名女優の殆どは子供を持った事がないんだそうです。(森光子、京塚昌子などなど)本当に子供を持っている女性は逆に、ホームドラマは上手に演じられないものなのかもしれませんね。
 わざと伝法な口調で喋る山手の女医さん。
 ドラマの制作者が、失われゆく戦前の東京の文化を惜しんでいたのかもしれないです。東京という町が、(港区や中央区も含めて)元々、住んでいた人の物ではなくなり、金持ち(セレブ)の人達が変な特権意識を持つような嫌味な町に変わって行ったのではないかと思います。麻布や青山なども昔は農村だったり、下級武士の住んでたところですから。
 だからこそ、敢えて、人情や情緒を強調して、そして庶民的な雰囲気の女優さんを使い、話し方も粋で、それでいて飾り気のない物にしていたのかもしれないなあ。
 私の働いていた場所は、中央区や目黒区で、いわゆる都会でした。でも、実家のあった所は首都圏でも「田舎」という位置付けだった。だから、という訳ではないけど、自分自身も周囲も都会への憧れとかコンプレックスが強かったです。今、考えると周囲に合わせるための流行とか、ブランドってただのお金と時間の無駄だったとつくづく思います。似合もしない流行の服を買う事よりも、もっとやる事あったのに、と心から思う。
 
 

2019/05/25 (土) 15:45:56 | URL | まるさん #X91rLkcY [ 編集 ]

薩摩弁の場合・・・

薩摩弁まで行くと、ある種の外国語になっちゃうので、
どうせやるなら・・・と正しい日本語になる人が多い感じですね。

本気で怒って、怒鳴りつけても
相手が“ぽかぁ~ん”となっちゃうので喧嘩にもならなかった
・・・ということも数回ありましたし。

これが琉球語とかになると、もっとすごい。
復帰直後の沖縄から私のいた大学に入ってきた人達は、
全員が聾唖者ではないかとしばらくの間思っていたくらいです。
あ、そう言えば、与那国語はユネスコの絶滅危惧現になってますね。


言葉が通じるんなら、表現方法が違うにゃ~と笑い流すくらいで
対応していただきたいもんです。


2019/05/26 (日) 15:48:40 | URL | しっぽがない・・・ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、神仏を尊び、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者熟女(四十路半ばを過ぎた)ですが、よろしくお願いします。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR