2012世界フィギュア女子ショート結果

1 Alena LEONOVA RUS 64.61 34.64 29.97
2 Kanako MURAKAMI JPN 62.67 34.61 28.06
3 Carolina KOSTNER ITA 61.00 30.26 30.74
4 Mao ASADA JPN 59.49 30.89 29.60
5 Akiko SUZUKI JPN 59.38 30.67 28.71
6 Ksenia MAKAROVA RUS 5 8.51 31.30 27.21
7 Elene GEDEVANISHVILI GEO 58.49 30.86 27.63
8 Ashley WAGNER USA 56.42 28.80 27.62


私的には村上選手はレノノワ選手と同点くらいあったと思うけどね。。。これが「評判」の差?(笑) とにかく、素晴らしい演技でした。
レオノワ選手のショートプログラムはハマリプロですが、あまり好きじゃない。でも、あのエネルギッシュでイケイケな演技は日本人選手も見習う点はありそうですね。特に…真央選手などは^^;

村上選手は表彰台の可能性が大きいのですが、問題のフリーでノーミスの神演技が出れば、女王の座を射止める可能性だってあるよ。

コストナー選手はミスはあったけど、やはり、ショスタコービッチの難しい音楽と緩急織り交ぜた滑りがシンクロして素敵です。彼女の滑りを見ているだけで惚れ惚れとしてしまいます。

ゲデ子が3Lzー3Tを決めた!!凄い~。これはちょっとしたニュース。まあ、その後のジャンプでミスるところもゲデ子らしいけどネ(^。^;)

佐藤コーチ、何故止めなかったの?練習で16回跳んで一つも決まらない3Aを本番で跳ばすのは作戦的にどうなの?サイコロよりも確率が悪いものを。回転不足で転倒は最悪。2Aにしていれば…村上選手並みの点数出ましたね。

荒川さんは「浅田選手にとって3Aはモチベーションを支えるものですし、3Aをチャレンジすることは意味がある」と言っていたけど、本心かな?

私は思うのですが、浅田選手が3Aをモチベーションにしている限り、この先も厳しい戦いを強いられるのではないかと。3Aにこだわっている内に、女子では必須の3-3にすっかり遅れを取ってしまいました。あと2年で間に合うのでしょうか?

それと、浅田選手はお姫さま路線を二つ揃えていますが、来季はもっと違った方向の表現世界に挑戦して欲しいですね。そろそろタラソワさんかニコルさんか、どちらかとは離れて、宮本賢二さんやカメレンゴさん等に振り付けを頼んで欲しいです。

今回のショートを見る限り、ジャッジはPCSに辛目、テクニカルパネルは回転不足判定のサジ加減は普通。ステップはレベル4を奮発という印象でした。

それと、滑走順が前だからと言って、特にPCSが抑えられたという感じは覚えません。絶対評価へとジャッジ達も「頭を転換」出来つつあるのでしょう。



関連記事
スポンサーサイト

2012.03.30 | | コメント(12) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

浅田選手やはり3Aははずせない

おはようございます。

浅田選手のモチベーションは
(1)ソチで金メダルをとること
(2)GOE1.0以上の3Aの決めること
に支えられていると思います。

勝つことだけを考えたら、リスクのある3Aを外した構成にした方が合理的かもしれません。
しかし、スポーツ(芸術)は、合理的に割り切れるものだけだと、面白くありません。
浅田選手には「3Aなしで勝ってもなぁー」って思いがあるのかな、って思っちゃいます(笑)。
私が浅田選手が好きな理由の一つに、この不合理な浅田真央があります(笑)。

2012/03/30 (金) 07:06:31 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

ブラバー!佳菜子嬢!

真央選手と佐藤コーチが本番前に偉い厳しい顔で何か言いあってたのが気になりました(・・;)
たぶん3A関係でしょうね。
個人的にこだわりは持ち続けるべきだと思いますよ。モチベーションにも繋がりますし。
実際3AはUR判定で着氷なら入れる価値は十分ありますから。
ただ調子が悪ければ「飛ばない」決断も十分勇気ある決断だと思うんだけどなあ。実際NHk杯ではそれができていたので惜しいです。
個人的には昨季より確実に質が低下しているLoの方が心配です。戻してこれないかな。

村上選手素晴らしかったですね。身にひそめた激情が渦を巻いて吹き出てくるようなSP、圧巻でした。アンチも多いですが確実に日本女子を背負ってたつ存在に成長してきたと思います。
しかしこれだけ読めない試合展開も久しぶりですね。
個人的にはコストナー選手と鈴木選手にメダルを取ってほしいですが、どうなるかなあ

2012/03/30 (金) 11:58:13 | URL | Au #- [ 編集 ]

練習で何度も成功してても試合になると難しいのがジャンプだと思うので、成功率が極端に低い場合は入れるべきではないですよね。

今回は全体的に自爆大会みたいになってしまいましたから、浅田選手も2Aにしてたらもう少し得点がもらえてたと思うので少し残念ですね・・。
他の要素や表現は素晴らしかっただけに見てる側としてはもったいないなーっと感じちゃいました。

日本は選手層が厚いので3枠はよほどのことがない限り守れると思うので、挑戦したことに対してまわりがとやかく言うことではないのかもしれないですが佐藤コーチが止めるべきだったとは思いますね。
今回ばかりは・・・。

以前からそうですけど、やっぱり浅田選手はジャンプ一つ一つの完成度を上げていくことが唯一の課題だと感じました。
滑りは美しいし他は別格だったと私は思ったんですがどうでしょう?人それぞれ感じ方は違うでしょうけども。

私もレオノワ選手の演技はあまり好きではないです。
安藤選手たちもそうなんですがモロゾフのプログラムってなんかいつも同じような感じがするんですよね・・。
特に、ステップはあれでレベル4はちょっとちょっと(汗)って思っちゃいます。
足元が全然動いてないし止まる箇所が多すぎ
て・・。

PCSはいつもこのぐらいの差にしてもらいたいですよね。
だいたい、世界大会に出場してくるトップ選手に10点も20点も差はないと思います。

2012/03/30 (金) 14:13:27 | URL | mina #- [ 編集 ]

Re: 不合理ではなくポリシーの問題では?

ghoti様、こんばんは。

私ももちろん「不合理」な浅田選手にも魅力を感じていますよ^^
スポーツの醍醐味の一つには「意外性」もありますしね。

しかし、佐藤コーチのポリシーを鑑みて、私は2Aで行くものと頭から思っていましたので、驚きました。

今回は不合理というよりも、浅田陣営のポリシーに一貫性が無い事の方が問題と感じます。

スポーツ報知大阪版によると、佐藤コーチは「(3Aを跳ぶことについて)何も言わなかった」と黙認したそうです。やはり私の予想した通りでした。

つまり、跳んでみよう、でも、跳ぶのは止めよう、でもなかったのです。

34回も試みて降りない3Aを本番で跳ばせるのは、佐藤コーチのポリシーにはなかったはずです。

このポリシーに基づいて、佐藤コーチは浅田選手の3Aへのはやる気持ちを抑え、NHK杯もロシア大会も3Aを回避しました。

四大陸では微妙でしたが、可能性もあったとて容認しました。これはまだ分かります。ここは勝敗も枠どりも問題にならない大会だからです。

世界選手権では素人目にも成功の可能性はほとんど無いのに、佐藤コーチは今回「黙認」してしまいました。

これでしたら、最初から、初戦のNHK杯から3Aをバンバン跳ばせばよかったのです。

明らかに、ポリシーが大きくブレています。

おそらく、浅田選手への遠慮があったとしか思えません。

仮にショートで3Aが奇跡的に成功したとしても、それは結果オーライで済むことではないと思います。

来季の世界選手権の枠取りも懸かっています。

「バンザイ突撃」を許した佐藤コーチの指導力に対し、私は一抹の不安を感じます。

結果的に、3Aで大ミスをしたことは、浅田選手にはむしろ良かったかもしれません。「やはり佐藤コーチの指導に従わないといけない」と痛感したのではないでしょうか。

それで、フリー演技も3Aを跳ぶのでしょうか?

逆に、ここで3Aを回避するようであれば、もう、ポリシーは崩壊でしょう。ショートで跳んだ以上はフリーでも跳ばないとオカシイです。

ただし、私個人は「フリーで3Aを跳んではいけない」と思っています。

その理由は記事にアップしますね。

2012/03/30 (金) 19:09:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ブラバー!佳菜子嬢!

Au様、こんばんは。

今回の3Aに関しては、ghoti様へのレスとして書きましたので、それを参照願います<m(_ _)m>

>昨季より確実に質が低下しているLoの方が心配

はい。さすが、おっしゃる通りですね!

3Aよりも、3Lo、3Lz、3S、2A-3Tの方がずっと心配なのです。

あの3Lo、見ていてヒヤッとしました。天野さんはよくぞ回転不足を取らなかったものです(苦笑)

取られたら、真央選手の世界選手権はほぼ終わっていましたね。GOEのマイナスで済んだのは幸いでした。

村上選手は演技中の上半身や顔の表情にも魅力がありますね。

ヨナ選手や安藤選手とは個性は異なれど、濃厚な演技派としての特長を備えていると思います。

>個人的にはコストナー選手と鈴木選手にメダルを取ってほしいですが、どうなるかなあ

同感ですが、1~5位までは分らないですね。鍵は首位発進したレオノワ選手のフリーの行方でしょう。

浅田選手にもまだチャンスは残っていると思います。

あとは、まったく予想がつきませんネ^^;

2012/03/30 (金) 19:23:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mina様、こんばんは。

>他の要素や表現は素晴らしかっただけに見てる側としてはもったいないなー

はい。スピンも良くなり、ステップもより洗練された感じがしましたね。それだけに…ネ(^。^;)

滑りそのものは私も美しいと思います。ただ、もう少しエネルギッシュなものが欲しいなあと。

>佐藤コーチが止めるべきだった

報道によると何も言わず黙認したそうですo(TヘTo) くぅ

3Aに強く執着する浅田選手に遠慮したのでしょうか?

モロゾフコーチは高橋大輔選手や織田選手に良いプログラムを作ってくれました。
安藤選手の「カルメン」や「ボレロ」「アランフェス」「EX版レクイエム」等も素敵だと思います。

ただ、最近、アモディオ選手のもそうですが、ちょっと「クサイ」感じがしちゃいます(^。^;)

うま~く、選手の個性を強調する手法は良いと思いますが、時々「ちょっとやり過ぎでは?」と思える振り付けもありますね。

私はモロゾフさんの振り付けはモノにより、選手により、好き嫌いが分かれますね。

2012/03/30 (金) 20:01:07 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

(^_-)-☆

片割月さまの佐藤信夫コーチに対する見方が、わてのブログにアップしたのと似てまして
驚くやら嬉しいやら\(◎o◎)/!
(もっとも片割月さまほど、分かりやすい文章にはなっておりまへん(^_^;)勝手に思ってるだけです)
続きの記事楽しみにしております~❤

安藤選手のEXプロの”ボレロ”は、みやけんこと宮本賢二の振り付けですね。

2012/03/30 (金) 20:17:04 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

Re: (^_-)-☆

はぴらき様、こんばんは。

エッ!?そうなの?

さっそくお邪魔しに、冷かしに行こう(-^〇^-)

真央選手も一度、宮本賢二さんに振り付け頼んだら面白いと思うわ。

思い切り、ドラマティックで濃厚な振り付けで(^<^)

2012/03/30 (金) 21:16:47 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

自分で気が付くことが大事

片割月さん、こんにちは

>結果的に、3Aで大ミスをしたことは、浅田選手にはむしろ良かったかもしれません。「やはり佐藤コーチの指導に従わないといけない」と痛感したのではないでしょうか。

3Aを続けるべきか断念するべきか、その選択は、いつか、しなければならないと思います。そういう意味で、3Aを試合で跳び続けることは意味があることだと思っています。2Aにするという選択は、既に実験済みですから、いまさら、2Aを試行する必要はないと考えました。

あくまでも、いまは、3Aでいくべきか否かを試している、試合なのだと思います。

2012/03/31 (土) 02:41:38 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 自分で気が付くことが大事

ghoti様のご意見、私も分かります。正論で、ごもっともだと思います。

ただ、試合で跳び続ける、といいましても、例えば、高橋選手が失敗にもめげず、ずっと4回転を跳び続けているのと、真央選手が3Aを跳び続けているのと、少し事情が違うように思います。

一つ目は、私が気にしているのは、佐藤コーチの考え方と真央選手の考え方が不一致であることです。これが後に両者の間に齟齬をきたすことになるのではと、とても心配です。

二つ目は、高橋選手の場合は4回転を決めないと世界選手権で勝てませんが、真央選手の場合は3Aを跳ばなくても十分、勝てる可能性があるのに無理して跳ぶことです。

いずれにせよ、真央選手は「3Aが跳べなくなったらフィギュアを止める」くらいのこだわりに見えます。だから佐藤コーチも黙認せざるを得ないのでしょう。

それも一つのフィギュア人生なのかもしれませんが。。。

2012/03/31 (土) 17:54:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re: 自分で気が付くことが大事

片割月さんが、指摘された、二つ目は、まったくその通りだと思います。

ただ一つ目の佐藤コーチとの考え方の不一致は、無理解から来るものではなく、それこそ考え方の違いで、齟齬をきたすことにはならないと考えております。下記に引用する日刊スポーツの記事にあるように、浅田選手の意志を優先して容認とあります。(まあ実際のことはわかりませんが、・・・)

---引用開始---
浅田はSP後に「悔いなく終わることが1番の目標です」と話した。その言葉からは3回転半に挑戦する決意がうかがえた。フリーでの挑戦を問われた 佐藤信夫コーチは、「ここが目標ではない。モチベーションを下げないことが大事」と話し、佐藤久美子コーチも「あの子の支えなんでね」と述べるなど、容認 する構えだ。http://goo.gl/46dnT
---引用終了---

>それも一つのフィギュア人生なのかもしれませんが。。。

だと思います。浅田選手は、二度も世界チャンピョンになった選手です。一番大切なのは本人のモチベーションです。

また、私が浅田選手のやり方を支持する、きっかけとなった、一つの記事を紹介します。元選手のブログ記事です。(「氷上の華 受験勉強 浅田真央」で検索すれば見つかります)受験勉強に喩えて浅田選手の特徴を上手く説明しています。以下引用します。

---引用開始---
真央ちゃんのすごいところは、試験でさして重要でもないところでもきちんと勉強すること。テキスト全部網羅的に徹底してやろうとするから大変です。疲れます・・・途中で集中力だって途切れますよ。でも、彼女は予備校に行って要領よくやってる方たちを非難したりは決してしない。彼女にとって「他の者達」は関係なくて自分自身との戦いに没頭しているのです。かつてない最高レベルに到達することを目指してね。
---引用終了---

もう、浅田選手に対しては、ご自分の信じる道を突き進んでください、というほかないです(笑)。

2012/03/31 (土) 20:00:35 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: Re: Re: 自分で気が付くことが大事

> 佐藤信夫コーチは、「ここが目標ではない。モチベーションを下げないことが大事」と話し、佐藤久美子コーチも「あの子の支えなんでね」と述べるなど、容認 する構えだ。

取材にはこのように答えるしかないでしょうね(苦笑)

しかし、私は佐藤夫妻が非常に「困惑」していると感じました。

コーチの依頼を何度も断っても真央のお母さん(もちろん本人もでしょう)から「三拝九拝」されて「エイヤッ」と引き受けたのに、いざコーチをすれば、真央選手本人は指導に必ずしも従わないのですから。

受験勉強は面白い比喩ですね。

さしずめ、キムヨナ選手は一流の家庭教師と共に水も漏らさぬ体制で「傾向と対策」をバッチリ研究し、東大の法学部に現役合格するタイプでしょう。いわゆる、大秀才タイプです。高級官僚として出世もするでしょう。

真央選手は天才的才能を持ちながら自己流で勉強、見事テストのヤマを外し不合格。二浪してようやく一番易しい文学部に合格するタイプでしょうか。世間のことなどお構いなく、学者バカになりきって、もすかすると、もの凄い発明をする研究家になるかもしれないですね((#^.^#)

2012/03/31 (土) 20:26:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR