浅田選手と佐藤コーチの根比べとは

野口美恵氏コラムより抜粋。「フィギュアスケートで、いま求められる演技」4月6日・日本経済新聞

フィギュアスケートで、いま求められる演技-フィギュアの世界

2012年のフィギュアスケート世界選手権(フランス・ニース)で、女子は鈴木明子(邦和スポーツランド)が銅メダル、男子は高橋大輔(関大大学院)が銀、羽生結弦(宮城・東北高)が銅、そしてペアで高橋成美(木下ク)&マービン・トラン(カナダ)組が銅と、日本勢は4つのメダルを獲得した。しかし金メダルは取れなかった。女子フリーの演技を終え、さえない表情の浅田。結局は6位に終わった。

男子はパトリック・チャン(カナダ)、女子はカロリナ・コストナー(イタリア)で、男女ともスケーティングに定評があり、スピードと流れのあるジャンプを武器にする選手が金メダルに輝いた。

 浅田真央(中京大)はジャンプミスが相次ぎ6位に終わった。

ソチ五輪まであと2年。「スケーティング力の時代」への風がさらに強まる中、選手たちはどこを目指すのだろうか。

■トリプルアクセルにこだわった浅田

トリプルアクセル(3回転半)が成功するかに注目が集まった浅田。現地入りしてから、その最大の武器の練習に終始したが、約50回挑戦したものの、ほぼすべてがパンクか回転不足。成功どころか、3回転半回りきってから転倒するということもほとんど無かった。

「こっち(ニース)に入ってから、調子が下降気味でした。日本にいるときは良い状態だったので、動揺してしまって……。一度もちゃんと跳べていなくて、まったく感覚を失ってしまった感じがしていました」と浅田は振り返る。

確かに名古屋での直前調整では手ごたえがあったようだ。佐藤信夫コーチも「ほぼクリーン。これならやっても良いかなというところまできていた」と判断していたほど。

気合十分で現地入りしただけに、「跳びたい」という気持ちを抑えることはできなかった。結局、ショートプログラム(SP)は180度以上回転が足りていなかっためにダウングレード判定だった上に、転倒。フリーではパンクして1回転半になってしまった。

トリプルアクセルの基礎点は8.5点だが、SPで得たのはわずかに0.8点、フリーは1.1点だった。仮定の話になるが、もしダブルアクセルを綺麗に跳んでいれば4点前後を見込めたはずだ。


女子フリーでジャンプに失敗した浅田

■「普通なら回避」だったが…

「メダルを狙うことよりも、ずっと練習してきたので(トリプルアクセルを)やりました」と浅田は唇をかんだ。佐藤コーチは「彼女がこだわっているものを取り上げてしまうと、気持ちが下がってしまう。今回、(決断は)最初から彼女に任せていましたが、普通なら回避と考えるものだった」と説明した。

今回、浅田のさらなるマイナスポイントは、スピードがこれまでよりも落ちていたこと。昨年11月のNHK杯のフリーでは、トリプルアクセルを回避して滑りの良さと総合力で見せる作戦をとり、スケーティング技術で8.11など高得点をマーク、演技構成点は64.57を獲得していた。世界選手権ではスケーティング技術が7.64で、演技構成点は60.02。ジャンプのミスだけではなく、滑り自体の評価で好調時よりも4点以上失っていた。


10度目の挑戦で優勝したコストナー

■コストナー、総合点で勝てる選手に

女子で優勝したのは25歳のコストナー。スピードと伸びがあり、他の選手とはまったく次元が違うといっていいスケーティングに加え、ジャンプもスピードのある助走から踏み切って雄大な弧を描き、流れるように着氷する。フリーは128.94点、総合189.94点で、世界選手権10度目の挑戦にして悲願の頂点に立った。

コストナーは簡単にこのポジションを手にしたわけではない。スケーティングの質はもともと高い方だったが、精神的な弱さからジャンプのミスが多く、09年の世界選手権は12位。スケーティングを大切にするドイツの練習場を離れ、09年にジャンプ技術に定評がある米国のコーチのもとに移った。ャンプを強化して3回転ルッツなど難度の高いジャンプ中心の戦略に変えたが、かえってミスが増えて10年バンクーバー五輪は16位。

再びドイツに戻ると、3回転ジャンプは3種類だけに絞って質を高め、スケーティングや演技を磨くことに専念した。結果としてコストナーはジャンプを1つや2つミスしても演技構成点が常に高く、「総合点で勝てる選手」へと完全に変身を遂げたのだ。

「ここにくるまでに多くの変化がありました。いつも緊張してしまって表彰台のトップを逃してきましたが、今日は本当に落ち着いていて、ただ自分らしく滑るという気持ちに到達することができました」とコストナー。

彼女が世界選手権で見せたのは、大人の滑りだった。


■佐藤コーチの経験と浅田の能力がかみ合えば…

佐藤コーチも自身の考え方について次のように述べている。「僕は、スケーティングの良さ、スピードを重視する教え方。いまのスケートで評価されるものは何かを考えることが大切」。この言葉からも分かるように、浅田にもコストナーや金妍児(韓国)と同様の方向への転換を促そうとしている。

しかし「彼女にとって、今までと違う作戦にいきなり変えることができない。理解してもらう根比べの状態」とも話す。いまの浅田は変化の途上にある。

現役の女子選手でトリプルアクセルを跳べるのは、浅田以外にはほとんどいない。その持ち味を生かしながら、さらに成長するには何をすべきか。帰国したら先生としっかり話し合いたい」と浅田。佐藤コーチの経験と浅田の能力がかみ合えば、誰も到達できない頂点へと向かえるはずだ。


※野口美恵
スポーツライター。元毎日新聞記者。自らのフィギュアスケート経験と審判資格をもとに、ルールや技術に正確な記事を執筆。ISU国際アダルト選手権2011年度ブロンズⅠクラスで優勝。


これは素晴らしい記事と思う。冷静で淡々とした筆致の中に、選手やコーチの知られざる姿、すなわち、苦悩や葛藤、そして模索する姿が浮き彫りにされている。

野口さんは決して批判めいたことは述べず、ひたむきに努力する選手への暖かい眼差しを感じる。

コストナー選手が試行錯誤しつつ、自分のフィギュアスケートのツボを掘り当てて行く件も感動的だ。ジャンプの難度を下げ、品質と総合力による戦い方を批判するファンもいるが、それはフィギュアスケートの懐を狭くし、限定的、単純化した浅薄な見方と私は思う。

シーズン当初の方針「降りない3Aは回避し2Aで加点を取る」が、世界選手権に入ってからブレているとの懸念はやはり、的外れではなかったようだ。浅田選手をずっと見守ってきたファンの中にはそう感じていた人は少なくなかった。

浅田選手と佐藤コーチとの間には、私達が想像する以上の葛藤があるようだ。普通の指導者と生徒の関係とは訳が違う。仮りにも2度の世界女王に輝き、五輪の銀メダリストでもある世界のトップスケーターを相手に、ベテランコーチとて方針の押し付けは出来ないだろうし、遠慮もあるであろう。

しかし、私個人の感想としては、浅田選手には佐藤コーチの指導にもっと従って欲しいと願うものだ。結果論ではあるが、浅田選手がショート、フリー共3Aをミスし、表彰台を逃した事は、浅田選手の意識と考え方を変えるターニングポイントになるだろうと想像している。


「スケーティング力の時代」…そうなのであろうか?
これは、ある意味、コンパルソリーへの回帰であろうか。旧採点法の時代からフィギュアの基本としてスケーティングが重要視されていたことには変わりはないのであろう。しかし、それは新採点法が施行されて以来、ずっと演技構成点に反映されていたのではないかと想像する。

たまたまそれが、キム・ヨナ選手、パトリック・チャン選手、高橋大輔選手等の、非常に優れたスケーティングの素晴らしさをファンがテレビや動画で良く知ったことにより、そして彼等が演技構成点で非常に高い評価を受けていることで、ファンが意識するようになった為に「そう見えているだけのこと」ではないだろうか?

それとも、近年、優れたスケーティング力がジャッジの採点の上で、より大きな比重を占めて来た「潮流」が存在するのであろうか?それもあるような気もするし、以前と変わらないような気もする。

「滑り自体の評価で好調時よりも(演技構成点を)4点以上失っていた」
野口さんは著書「フィギュアスケート・美のテクニック」においても、同じ選手による異なる大会の演技構成点を比較し、優劣の根拠としているが、その見方は正しいのだろうか?

異なる大会、異なるジャッジによる演技構成点は世界選手権前に行われた「スーパーチャレンジ」がそうであるように、かなり上下変化がある。この大会の演技構成点と世界選手権のそれとを比較しても意味は無いと思う。GPSと比較することもあまり意味は無いと思うが、どうなのであろうか。参考程度なら分かるが。

ただし、野口さんはフィギュアスケートの素人ではないし、審判資格も持つと紹介されている。それだけに彼女のこの辺の見方は非常に気になるところである。

関連記事
スポンサーサイト

2012.04.07 | | コメント(6) | トラックバック(1) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

NoTitle

頻繁にフォームが変わるな~~。このブログ(笑)

>「スケーティング力の時代」…そうなのであろうか?
これは、ある意味、コンパルソリーへの回帰であろうか。旧採点法の時代からフィギュアの基本としてスケーティングが重要視されていたことには変わりはないのであろう。しかし、それは新採点法が施行されて以来、ずっと演技構成点に反映されていたのではないかと想像する。<

これこそ、カナダ対ロシアのフィギュアスケートの価値観戦争だといえると思うけどね。

北米と北欧とフィギュアそのものの発祥が違う。
二つの地域で独自に発展してきたものが融合したのが、現在のフィギュアスケートの原型といわれている。

ただ、不思議なのは昔はロシアも技術優先ではなく、表現力優先だったように思えるのだけどね~~。

私はソ連崩壊から、今のフィギュアの価値観崩壊は始まったと見ているけどね。

東側陣営の崩壊に伴い、盟主の価値観に渋々合わせてきていた諸地方が、反旗を翻したことから、今の混迷は始まっていると言う見方をしているのだけどね。

一時ブログで扱ったけれども、無茶くそ説明するには多くの資料が必要となるので、全ての国について行うことをあきらめたけどね(笑)

いずれにしても、往年の名振付師が「今の子等はまだまだだわよ」「あんなものを高評価するなんてルールがおかしい」といった老害的な要素もいくばくかは感じるけどね。

たまたま、技術もSSも優れた選手がトップにいるだけで、極端に流れが変わったということではないとは思う。

技術の進歩する時期は、技術に重きをおく評価、普遍化すると熟練度が評価されるようになる。

これは、一般の技術競争でも同じことが言える。

2012/04/07 (土) 00:54:19 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: NoTitle

> 頻繁にフォームが変わるな~~。このブログ(笑)

私は気まぐれ天使、浮かれ女でありんす(^^♪

多情仏心…何を訳の判らないことを言っているのか、このあちきは(゜∀。)


なかなか興味深いコメントですね。

>昔はロシアも技術優先ではなく、表現力優先だったように思える

昔とは、半世紀前くらいのことでありんすか?

あちきはロシア女子はリレハンメル、ロシア男子は長野くらいからの記憶ですので、男子はジャンプ王国のイメージが強いですが、女子はハッキリとした印象がありませぬ。

振付師というのは、自分が振り付けをし、指導した選手への思い入れは強いようですね。専門家とは言え、採点批判する姿だけを見ると、一般のファンと対して違いはないくらいに思えます(苦笑)

またそれを、特定選手への思い入れの強いファンが我田引水するから益々カオスと化します。

タラソワさんが遂に「ヤキが回った?」としか思えないコメントをしているようですが、よくよく考えますと、アレはISUジャッジへの牽制球として「意識的に」語っているように思えますし、自分が振り付けた選手たちへの思い入れもあるのではないでしょうか。

しかし、タラソワさん(そしてミーシンさん)の、あの熱さは好きでありんす(#^.^#)

2012/04/07 (土) 01:55:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

NoTitle

正面突破だけでは勝てないのが今のフィギュア界だと思うので、戦略を練ってずる賢く戦っていく方法も考えたほうがいいですよね。
3回転3回転がないので、他の選手に与えられるGOEやPCSを考えたら優勝するには今は3Aを入れざるおえない状況なのかなーっと思うんですがね。
個人的には、昨シーズンからは3Aよりも3回転3回転の練習に比重をおいてほしかったです。
ジャンプは本番で跳ばなきゃ自信がつかないというのがあるんでしょうけど、3Aはまだ試合に入れなくても良かったんでは?と思います。
それに、入れるとしてもフリーで一度で十分だと思います。
SPから入れるのはあまりにリスキーだと感じます。

PCSの件、私も同感です。
比較すること事体ナンセンスだと思います。
試合によってジャッジによって出方が全く違いますからね。
もう今のPCSの出し方は、選手の演技を見て出してるというよりあらかじめ決めてるとしか思えないぐらい、きれいに各付けされてるんじゃないですかね。
試合をやる前にだいたい決めてると韓国の現審判が堂々としゃべってましたしね。
これに関しては動画もありましたし、韓国のテレビ番組でも言ってましたし。

野口さんの最後の言葉には私も同感ですね。
浅田選手は本当に素晴らしいスケーターなだけに、戦略などに対してヤキモキしてしまいますね。
もっと良い方向にバックアップしてほしいです。

2012/04/13 (金) 13:21:10 | URL | mina #- [ 編集 ]

Re: NoTitle

mina様、こんばんは。

同感です。
ジャンプの調子が良ければ「正面突破」で勝てると思いますが、そうではない時には「ずる賢く?」戦うことも大切と思います。

大リーグのイチローがしばしば見せるように、バーティングの調子が悪ければバントして盗塁して、ヒットと犠牲フライで1点取るのも、ホームランで1点取るのも価値は同じですからね。

ただ、真央選手は3Aが己のアイデンティティみたいなところもあるし、ずっと練習してきたのだから「世界選手権で決めたい」という気持ちは分かるような気はしますね。

3-3をしっかり復権させる件、mina様と同じ意見です。これを早く何とかして欲しいですね。

韓国の(中国もそうですが)報道はあまり真に受けないで「オジサン(オバハン)、また言っているわ^^」くらいに、聞き流した方がいいと思いますよ。私はそうしています。疲れますしね。

虚勢、強がり、何でも「オラが国がオリジナル」(漢字ですら韓国が起源と言って中国を呆れさせた)と言って叫ぶお国柄ですから(^。^;)

それよりも、真央選手自身の方が心配です。

来季はある意味、正念場になるのではないでしょうか?

これは私の憶測に過ぎませんが、真央選手と佐藤コーチの間にはまだしっかりとした信頼関係が確立していないような気がします。

ソチまで2年。どんな方針で取り組んで行くのか、お二人でトコトン話し合って欲しいですね。

バックアップは日本スケート連盟がするとしても、下手に介入すれば「横暴だ」と非難されそうだし、

真央陣営に任せておくと「丸投げだ!」と非難されそうだし(^。^;)

真央選手くらいのトップスケーターともなると、対応も難しいでしょうね。

2012/04/13 (金) 20:39:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

無問題

片割月さん こんにちは

>これは私の憶測に過ぎませんが、真央選手と佐藤コーチの間にはまだしっかりとした信頼関係が確立していないような気がします。

・自己ワースト6位の真相-浅田真央 「葛藤のトリプルアクセル」-文◎野口美惠-Sports Graphic Number 802号より

「何をしていたのかな、という感じ」と呆然とする浅田を佐藤はこう受け止めた。「長年彼女がやってきた方法を一気に変えることはあり得ません。だいぶ彼女も変化したけれど、本番前になるとスッと昔の顔がでてくる。根気良く少しずつ、どう心を解きほぐすかが大切です」

今季の浅田は、自らの考え方を変えようと戦った。本能的に難しい技に挑戦してきた彼女にとって、挑戦を我慢することは自己を否定されるよな苦しみを伴う。数字だけ見れば昨季と同じ世界選手権6位。しかし、意味は異なる。技術の変化から思考の変化へ、新しい戦いがスタートしたのだ。

一方の佐藤も、トリプルアクセルの封印にこだわってはいない。「これはスポーツ。世界のレベルも上がる。トリプルアクセルを諦めるつもりはない」2人は「トリプルアクセルを跳んで勝つ」という同じゴールに向かって走っている。そこへ辿り着く手段が、まだ一本道になっていないだけだ。ソチまであと2年ある。真のゴールがぶれさえしなければ、それでいい。


これを読んで安心しました。二人はまったくぶれてないです。浅田選手はやはりアスリート\(^o^)/わかっちゃいるけど急には止まれない(爆)ソチではきっとバージョンアップした浅田真央2.0が見れることでしょう、というか、みたい(^_-)-☆

2012/04/28 (土) 14:34:41 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 無問題

ghoti様、こんばんは。

野口さんのコラム、ありがとうございます。

真央陣営は、目標とやるべき内容は明快なんですよね。ここにブレは全くありません!(^^)!

手段・方法に関しては、佐藤コーチと真央選手のポリシーがまだ揺れ動いていたようです。

車は急には止まれない。

真央の3Aも急には止まれない。

ただし、注意一秒怪我一生。

ファンとしては、案ずるより生むがやすし、の気持ちで見守るしかないですね。

…でも、やっぱり、アレコレ言いたくなるのもファンの気持ちです(^。^;)

2012/04/29 (日) 00:15:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poppy445.blog.fc2.com/tb.php/115-7b4ff040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【浅田選手と佐藤コーチの根比べとは】

野口美恵氏コラムより抜粋。「フィギュアスケートで、いま求められる演技」4月6日・日本経済新聞フィギュアスケートで、いま求められる演技-フィギュアの世界2012年のフィギュアスケ

2012/04/07 00:31 | まとめwoネタ速suru

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR