スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



国別対抗戦の問題点




団体戦の強化急げ フィギュア国別対抗Vも残る不安
産経新聞 4月23日(月)7時55分配信

2014年ソチ五輪で初採用されることが決まって最初の団体戦となった世界国別対抗。世界ランク1位の日本は、圧倒的な強さを見せた男女のシングルを中心に高得点を獲得し、総合力で初優勝を飾った。ただ、2年後を見据えると、個々にメダルを狙える選手のモチベーションや国籍問題など、団体戦への課題も浮き彫りになる。

国際スケート連盟(ISU)によると、団体戦は個人戦の前に実施予定。開会式前日からの3日間で行い、フリーで2種目まで選手交代を可能とするが、選手の負担は従来大会よりも格段に増大する。

今大会で男子1位の高橋。演技後の表情には達成感が漂ったが、五輪では、この後に個々で世界の頂点を狙う個人戦が組まれる。会見では「自分が滑っているときに、一人ではないとプレッシャーを感じずにできる」と団体戦の魅力を強調しつつ、「モチベーションを両方に合わせて高めるのは大変」。女子1位の鈴木も「精神的にも体力的にもタフでないとできないと思う」と話した。

日本には、国籍問題も立ちはだかる。ペアで高橋成美(木下ク)と組むマービン・トランはカナダ国籍。トランはこの日、日本国籍取得に前向きな姿勢を見せたが、現状で代表選出は難しい。

また、出場メンバーは個人で五輪出場資格を持つ選手に限るが、団体戦メンバーがいない場合は、団体戦のみのメンバー選出も認められている。ただ、レベルの低い選手が入ることで「戦う集団」としての代表チームへのマイナス影響や、五輪の権威を落とす懸念も否定できない。

男女シングルの人気が圧倒的な日本のような国にペアやアイスダンスを根付かせ、どこまで層を厚くできるか。公式の団体戦が今大会で2回目という中での五輪採用だけに、今後に本格化する団体戦の強化方針の道標はまだ見えない。(田中充)


上記の指摘以外で感じた問題点は。

1.順位点ではなく採点の合計の方が妥当か。僅差ないしは大差の出来栄えが反映した方が公平と思う。しかも、同点順位の可能性はほぼ無くなる。

2.団体戦と個人戦の審判は同じ人間を。例えば団体戦の女子の審判と個人戦の女子シングル審判は同じ人間がやるべきでしょ。審判によってバラツキがあるのだから、この辺は選手にも観客にも明快にした方が良い。

3.ショートはA選手、フリーはB選手も可とする。選手によりショートかフリー、いずれかの方が得手なケースがあるし、選手に対する負担の軽減にもなる。

4.団体戦よりも個人戦を先に行う。ノルディックスキーのジャンプ競技のようにしたらどうか?選手の本音は個人タイトルだと思うし、こちらに全力投球出来る体制にした方がベターと思う。コーチも個人戦の調子を見て、団体戦のメンバーを考えることも出来る。

5.選手の負担軽減の為に、団体戦のEXは無しとする。

6.別案。個人戦に出る選手と団体戦に出る選手とは別人とする。レベルは落ちるかもしれないが、その分、なるべく参加国数を増やすシステムの方が良い。ウィンタースポーツ自体、参加国が限られている。そこに団体戦という制約があればなおのこと、間口を狭くする。本来、参加することに意義があるはずの五輪競技としてはマイナー過ぎる。


ファンの間では国別対抗戦への疑問や批判は少なくない。私は基本的に賛成。他の国はどうであれ、日本にとってはペア競技とアイスダンス競技への関心を高める非常に良い機会だから。とにかく試行錯誤しながらやってみれば良いと思う。

関連記事
スポンサーサイト

2012.04.23 | | コメント(6) | トラックバック(1) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

コメントが無いのはさびしいので

オリンピックでの団体戦のルールに関しては、まだ不確定的な要素があると思える。

ISUとしては、現行の個人レベルだけでは、トップクラスの選手が出てこなければ国としての強化費用予算を組んでもらいにくいという、各国の思惑もあるように思える。

スポーツ競技はトップアスリートが存在しないと、その地域での振興はおぼつかないと言う面が存在する。

ISUの狙いとしては、各国の裾野が増えることにあるだろうから、団体戦を作って国としてのバックアップがしやすい環境作りが狙いだと思える。

参加国が6カ国くらいではやはりおぼつかないから、オリンピック競技として定着させるにはせめて12カ国くらいはほしいところだ。

冬季スポーツの盛んな北欧諸国が参加しやすいように、今後ルールの変遷がかなりあると予想される。

体操のように、団体戦を先に行い(現行の個人選をそのまま団体戦とする。出場枠の撤廃が条件)その出場選手の中から、上位12名による個人総合を行う。

こういう形も考えられないことではない。

自己ブログの愚痴。
体操のルールの方が難しいのかな~~。
技の名前と形が一致しないのかもしれないが、採点競技のルール比較としては面白いのにな~~。
体操のジャッジ批判がでにくいのは、専門的な部分でのわかりやすさがフィギュアよりもわかりやすいという部分があるのかもしれないな。

見た目との乖離が少ない採点ルール。

記録競技のように、フォームの美しさよりも、記録が優先するのは、判断基準が明確でよいのだけれども、それでは採点競技の面白さとは別物になるしな~~。

経験者と未経験者とで評価が一致するようにルールを考えるのは難しいな~~。

2012/04/30 (月) 13:32:45 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: コメントが無いのはさびしいので

バルタン様、こんばんは。

ゴールデン・ウィークはいかがお過ごしでしょう?

あちきは仕事が結構入っているので、通常状態?です(笑)

この不景気に仕事が入るのはありがたや(#^.^#)

休みはゴールデン・ウィーク後の楽しみに取って置きます。

あちきの方のブログで専門家のバルタン様に体操の質問させて貰いますが、

体操競技の鉄棒がつまらなくなった印象です。

まず、離れ技のコバチを演じる選手は沢山いても、ゲイロードを演じる選手がさっぱりいなくなりましたね。

同じ難度なようですが、素人目にはコバチよりもゲイロードの方が難しい…というよりも、危険な技に見えます。その分だけ成功させると見栄えがします。

かつて、池谷選手がゲイロードに挑戦しては何度も落下して苦労していたシーンを思い出します。

ゲイロードの難度をコバチより一段階上にすればどうか。

それと、着地技も「ワタナベ?」っていうか、伸身の新月面ばかりで、あの森末選手も演じた3回宙返り降りをする選手もさっぱりいなくなりました。決まると見映えが良いので好きなんですけどね。

これも難度が新月面と同じだからでしょうか。新月面よりも難しい…というよりも、危険な技に見えますね。
これも難度を一段階上げばいいのに。

選手が採用しない、ということは、技の難度・危険度と較べて難度認定が低いということで?

2012/04/30 (月) 22:51:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

体操の場合

難易度の認定はかなり、ゆるゆるです。(笑)

大体2回宙でも、屈伸、伸身、抱え込み、とあっても難度認定は同じです。これも選手によって得手不得手があるので、一概に大きく点差をつけられないという点があるからです。

当方ブログで紹介している、情報誌でも、どういう技が良く使われて、同じ難度でも使われていない技は何かを調べてありますが、こういう調査も次回の難易度設定の下準備です。

フィギュアよりも点数設定がみみっちいので(笑)、計算が面倒くさいですね。

コンピューターが計算してくれるとはいっても、筆算で出来る大きさに変えたらいいのにと個人的には思ってますが、過去に10点満点の電光掲示が出来なくて、1.00と表記されたこともあるので、ひょっとすると電光掲示板メーカーからの差し金かもしれませんね(笑)。


やりにくいのは、前方宙返り系統は難度の割りにきれいに着地するのが難しいということから、減点のリスクを考えると、前方宙系統のひねり技を入れる選手は少ないですね。

それでもその少ないことを逆に利用している選手もきちんといるので、そういう点での差別化のために、この技は上にしてほしいなと思うのは数々ありますよ。

2012/05/01 (火) 00:00:10 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 体操の場合

早々のレス、ありがとうございます。


やはり、そうなんですね。

難易度の認定はゆるゆるですか。

なるほど!
同じ回転技でも、抱え込み、後方、前方、屈伸、伸身とあれば、あまり細密にも出来ないかもしれませんね。

着地の難易度=技の難易度とは限らないですしね。

しかし、そういう大らかなのって好きです(-^〇^-)

フィギュアで言えば、3-3のセカンドに3Loを入れる選手が男子でも滅多にいないという事実は、このコンボの基礎点に問題があるという傍証になりますね。

2012/05/01 (火) 00:47:54 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

お久しぶりでございます

国別が終わってもう一週間以上たつのですね。早いなあ。
ファンはオフシーズンを悶々として過ごすわけですが、選手はすでに来季のプロの振り付けに行ったり、アイスショーに出演したり等ちゃくちゃくと準備をしているわけで、選手にとっての”オフ”期間は実は結構短いんだろうななんて思っています。

さて、オリンピック団体戦に関して様々な意見があり、はっきり言うと反対の声の方が多いと思います。
私はどんな形でやるにしろ将来的にオリンピックに取り入れるのは賛成です。長い目で見ればフィギュアスケートの発展に繋がると思いますので。
しかしながら「ソチ五輪」での開催にはまだまだ時期尚早だと考えています。
理由として、
→まだ「団体戦」の形式をとった試合がまだ2回しか開催されていない
→その「団体戦」自体、選手もファンも、何よりジャッジも”真剣勝負”ではなく”お祭り試合”として捉 えている向きが強い。
→恐らく「トップ選手」を出す事が求められるので代表選手にかなりの負担がかかる。
  (選手層の薄い国では尚更ですね)
が大体のところでしょうか。
実際お祭り試合といえど、世選を終えたばかりの選手にはかなり負担が大きくお疲れ気味の選手が多数いましたし、クリスは足の怪我を抱えてかなりの無理をしながらの出場でした。

こんな状態ではファンや選手から不満の声があがるのは当然ですし、ましてや個人戦の前に開催されるという事です。はっきり言ってやってもソチ1回きりの開催で終わってしまう可能性がかなり高いのではないでしょうか。
1回で終わるのなら正直やる意味は全くないと思うのですが、どうにも各国スケ連の利害(特に日本スケ連・・・)が目につくので。。(私の憶測だったらいいのですが)

と、まあ一スケオタとしては団体と個人の選手が別になるなら、五輪に行ける選手も増えるしなあ・・・と思うのも事実。
特に日本のシングルの選手の層の厚さ(特に男子)を考えちゃうと。。。
うーん、オタというのは実に考えがあさましいです(笑

2012/05/01 (火) 23:43:22 | URL | Au #- [ 編集 ]

Re: お久しぶりでございます

Au様、こんばんは。


いやあ、おっしゃること、いちいちごもっともです(苦笑)

選手の肉体的・精神的負担が非常に大きいフィギュアでは、個人戦と団体戦の両方はかなり無理っぽいわね。

ただし、ノルディック複合もジャンプとクロスカントリーの二種目ですので選手の負担は大きいと思いますが、個人と団体とやってはいますね。

それに、スピードスケートやアルペンスキーでは一人の選手が三つも四つも出たりしていますね。

案外、やってみれば、それほどでもないのかもしれないです。やったことがないので分かりませんが(^。^;)

しかし、団体戦の大会規程はアチコチが未熟ですよね。

今の五輪はアマチュア精神はどこへやら、すっかり商業ペースになってしまいました。

冬季五輪の華(つまりはドル箱)とも言われるフィギュアですから、たぶん、テレビ局やスポンサーも、IOCもISUも、そしてソチ開催国のロシアも乗り気なんでしょうね。。。

各選手達やコーチ達はどう思っているのでしょうね。多くが賛成しているなら良いのですが。。。

やはりレベルダウンしても、団体戦と個人戦は別の選手が出るのが、一番無難かも。
これだったら先に団体戦をやってもいいでしょうね。

2012/05/02 (水) 00:16:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://poppy445.blog.fc2.com/tb.php/126-47ee220b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【国別対抗戦の問題点】

団体戦の強化急げフィギュア国別対抗Vも残る不安産経新聞4月23日(月)7時55分配信2014年ソチ五輪で初採用初の団体戦となった世界国別対抗。世界ランク1位の日本は、圧倒的な強さを見せた

2012/04/23 22:00 | まとめwoネタ速suru

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。