脱原発と女性




アメリカの同時多発テロの後、飛行機を利用せずに自動車や鉄道を利用して遠距離に出かける人が増えたと言う。

7人の死者を出した先日のツアーバスの事故から、ツアーバスを利用する客の多くが、バス進行方向の右側の席に座りたがるそうだ。

人間の心理としては当然というべき、危険の回避反応だろう。そこに科学的、データ的根拠が無いにせよ。

日本にある五十基以上の原発が全て停った。あのような大事故があれば、誰だって「脱原発」「反原発」に気持ちが傾くのは当然であろう。世論に敏感な政治家や大手メディアは過去の主張など忘れたかのように、ほぼいっせいに「脱原発」「反原発」に舵を切った。

もはや、原発の再稼働などほぼ不可能に等しい状況にある。地方自治体の首長は、国にとっては、ほとんど実行不可能としか思えない要求を突きつけている。

もちろん、事故発生以来、国や電力会社の酷い対応に辟易している国民の多くが政府や電力会社の「説明」や「見通し」「言い分」を信用しないのも分かる。「陰謀論」じゃないが、「電力不足」や「電気代の値上げ」は国と電力会社がグルになっての「陰謀」「脅迫」だろう、本当は電力は間に合っているだろう、と言う訳だ。

また、それを煽る「専門家?」やマスコミ関係者もいる。


しかし、例えば東京で電力が何とかなっているのは、企業や個人の「涙ぐましい節電努力」があることを忘れてはいけないと思う。東京の銀座でもちょっと裏道に入れば驚くほど「真っ暗」だ。私個人はデパートやパチンコ店における電力消費はまだまだ減らせると思ってはいるが。

ところで、東京は原発による電力供給の割合は全体の23%くらいだったそうだが、大阪は48%だ。普通に考えれば「計画停電」無しに夏を乗り越えることは不可能であろう。東京よりもずっと厳しい電力規制、計画停電が布かれるのは目に見えている。企業にとっては大きな打撃になるだろう。

これも一部の人達は「嘘だ。電力を人質にして再稼働させようとの魂胆に違いない」と言うのだろう。しかし、本当に足りなくなって停電したら、この人達は責任を取るのか?取らないだろう。

政府や電力会社の説明がどこまで「真実」かはどうせ一般の国民には分からない。さりとて「電力は間に合うはずだ」との主張が「真実」かどうかも分からない。それなら私は前者を信じるしかないと思っている。

で、日本女性の「民意、女性意?」の動きだが。。。

今は「脱原発、反原発」と言っている。しかしだ。節電、計画停電、電気代の値上げ、消費税の値上げが襲ってきたらどうなるか?企業向けの電気代値上げは、当然、消費者にしわ寄せが来ることは間違い無いだろう。それでなくても生き残りに喘いでいる企業が商品の値上げ無しに乗り越えられる訳が無い。しかも、税金の値上げ、消費税の値上げまであるのだ。

そして、多数の家庭は決して家計は楽ではないハズだ。貧しい家庭も多い。ところが、政治家やマスコミ関係者」「専門家」「評論家」の人達はずっと裕福だからさほど「痛手」にはならないから、言いたいことを言っている。

電気は止められる、不自由する、家計は苦しくなる…このような事態に直面した時、多くの女性は「原発はいらな~い!」と言い続けるだろうか?

私は、コロリと態度が変わるだろうと予想している。皆、高邁な考えやしかとした未来の見通しなど持っている訳ではないのだ。ただ、目先のことだけしか頭に無い。目先が「安心」か「無事」であれば、後のことなどどうでもいい。

東京を中心に一時期、店頭からトイレットペーパーやティッシュが姿を消した。アレは女性の仕業だ。しかも女性はすぐに周りに「アナタもそうした方がいいわよ」と広めたがる生き物なのだ。これを見ても、如何に女性が愚かであるか分かるだろう。日本で本当にトイレットペーパーが無くなったら、終わりだ。そんなワケないのだが、女性はそうは考えない。噂や風評に敏感に反応する。中には「買いだめ」したことを自慢するアホもいるのだ。

女性は、貧しい家庭の女性ほど、電気の不自由や家計の逼迫に耐えられない。そうなれば「原発の再稼働もやむを得ない」と、コロリと変わる可能性が高いと思う。

「再稼働させないから私はこんなに被害を受けているんだ」と思ったら女性は態度を豹変させる。ましてや、何十年先に実現するのか分からぬ「再生可能エネルギー」のことなど、どうでもいい。「原発止めるなら金をくれ」、ってなもんだ。

現実はそんなもんだ。私だって他の女性と同様、耐えられる自信は無い。


関連記事
スポンサーサイト

2012.05.08 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

民主党を見ればわかる

隠された財源が夢のようにうずもれているかのようなプランを華々しくうちあげて、いざ政権をとって実情を知れば、かこの自らの言葉とは全く整合性の無い政策を取っている。

批判をする側は必ず自分たちにとっての論理に矛盾がある点には目をつぶりたがる。

これは政治も経済も同じこと。

全てを満たせる夢のような世界などは存在しない。

現実は妥協との産物でしかない。

交通事故にあいたくなければ、家から一歩も出ないことだ。

それでも病気で死ぬ可能性もあれば竜巻で死ぬ可能性もある。

全てを100%満たせる安全な世界などあるはずが無い。

野生動物に比べて、はるかに安全性の高い社会を築けているのは、リスクバランスをより低いほうへと舵取りを過去の過ちから学んできただけであって、それでも0にすることなどは出来ない。

企業活動における危険予知安全運動にしても同じこと。0には出来ないが0に限りなく近づける努力をすると言う意識付けが大事なことである。

目的は0を達成することではない。

初めから無理な数値目標を目指しているのではなく、心構えとしての目標であることに早く気づくべきだ。

警察の交通事故0のスローガンなどはその最たる愚例だと私は考える。

2012/05/08 (火) 00:38:28 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 民主党を見ればわかる

全て、おっしゃる通りです。

>いざ政権をとって実情を知れば、かこの自らの言葉とは全く整合性の無い政策を取っている。

これ、仮に維新の会やそのトップが国の政権に就いたとしても、民主党と同じ道を歩むと思いますよ(^。^;)

しかも、ニワカ勉強した素人集団が国会議員になって何が出来るんだろう。

むしろ、共産党が政権に就いた方が、まだマトモにやるかもしれません。ガッハッハ(-^〇^-)

2012/05/08 (火) 01:31:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ご参考までに

私のかみさんの実家が福島の原発から50キロの地点にあります。
で、男も女も会う人会う人みんな言ってることが同じなんです。

「んな、原発やめろっつったってありえねっつーの。電気料金値上げなんてされたらそっちのほうがたまんねーべ?」
「原発で仕事してるひと沢山いるってのに、反対する人はそのこと考えてねーっぺなぁ。仕事のあてどーすんだ?」
「マスコミは綺麗ごとしか言わねえっぺな。」
「まあ、幼い子供がいる親の心配もわかっけどな。」

これ、子供4人(1歳から高校生まで)を持ってる親のセリフ。

リスクとメリットを現場は冷静に考えてます。

で、私、いつも思うんですけど、マスコミでもマスコミに煽られた人でも、原発に反対するのはいいんですけど、「社会常識」として代替案くらいは出してほしいですわ。

>むしろ、共産党が政権に就いた方が、まだマトモにやるかもしれません。

共産党が政権とったら、大企業が全部国外に逃げ出して、下請は軒並み窒息、国内産業壊滅、日本中に失業者があふれるに100票!

2012/05/08 (火) 17:01:36 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>リスクとメリットを現場は冷静に考えてます。

マスコミは原発に反対している「現場」の人々をクローズアップしますね(^。^;)

>共産党が政権とったら、大企業が全部国外に逃げ出して、下請は軒並み窒息、国内産業壊滅

心配ご無用。万が一にも政権を取る可能性は無いですよ(-^〇^-)

でも、野党としては私は一定の評価をしてます。

社民党は…土井さんは風格があったと思いますが、今の党首じゃとてもダメね。

福島さんは大臣になった時だけいかにも大臣っぽい歩き方というか、肩を怒らせて歩いていました。

地位が上がるとああなるんかしらね?笑ったよ。

で、元に戻ると歩き方も元のオバサンっぽい感じに戻りました(^<^)

そういえば、橋下市長も段々と「俺は大臣級の大物だ」的な顔つきというか、大きな態度でメディアに現れるようになりました。本人の中ではすでに政権を取った気でいるのかな?

2012/05/08 (火) 20:24:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

こんばんは。フィギュアのネタに喰いつかず、こういうネタにばかりコメントする私を許してくださいませ。笑。

私は新聞を3紙、夕刊入れると5紙購読してますが、少なくとも新聞に関してはは「脱原発」「反原発」に舵を切ったとはとても思えませんね。紙面の構成、ま、主に記事の配置とか取捨選択ですけど、いまんとこ「ふり」はしてますけど巧妙に誘導してるように思えます。

電力会社のスポンサー力は確かに弱まっているんでしょうけど(だって広告費出せないもんねーw)その代わりに土建屋さんに思いっきりすり寄ってます。そのうち忘れたころに再稼働論を一斉にブチ上げても驚きません。

数紙読み比べてみるとすぐわかりますよ。記事について直接問い合わせてみると尚よくわかります。まぁ、あちらも商売だから。とくに中○新聞なんか、某政治家さんの弟さんがブログでしっかり書いてますから。「嘘は書かないけど世論を作るように誘導はしてるよw」って。びっくり。そのかわりテレビぜんぜんみてないんで、テレビ局がどんな感じなんかはまったくわかりません。あはは。

以前の記事についてコメントしたときにも少し感じたのですが、方割月さんは女性がお嫌い?確かに仰るようなタイプの方が存在することを否定はしませんが、出来る限り誠実に考えようと努力してる女性だって沢山いると思いますよ。

それから「嘘だ。電力を人質にして再稼働させようとの魂胆に違いない」と疑った人たちが、仮に停電になって甚大な被害が出たとしても責任をとる必要はまったくないと思います。責任を取るべきはそういう疑いをもった人たちをきちんと説得できるだけの材料を提出できない国と電力会社です。

2012/05/08 (火) 21:17:12 | URL | mamakuma4gou #ttjqW.G2 [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mamakuma4gou様、お久しぶりです。

大手新聞では「読売」と「日経」は「脱原発」には少し怪しいかもしれませんね。大手とは言えないでしょうけど「東京新聞」は事故当初から一貫して「脱原発」ですので、これはこれで良いと思っています。

テレビは概してどの局も「今のところ」は「脱原発」で国民にゴマをすっているようです(苦笑)

>出来る限り誠実に考えようと努力してる女性だって沢山いると思いますよ。

こういう反論は予想されることですね。私は敢えて分かり易くステレオタイプに語っていますから(笑)

私がこれまで見て来た限りでは、「出来る限り誠実に(政治や社会問題を)考えようと努力している女性」にはあまりお目にかかったことはありません。これと逆の例は嫌っというほど見て来ましたが(^。^;)

子育てや日々の生活のことで頭が一杯という「同情の余地」があるにせよ。

ということで「沢山」いるとはとても思えないのです。

>責任を取るべきはそういう疑いをもった人たちをきちんと説得できるだけの材料を提出できない国と電力会社です。

政治であれ、仕事のことであれ、家庭のことであれ、責任の有る立場の人間と責任の無い立場の人間の発言があれば、私は前者の発言を重んじます。責任の無い人間はそれこそ「無責任」に好きなことが言えますから。

それと、いくら国や電力会社が「説明」しても「説得」や「国民的合意」など有り得ないと思います。

何故なら、はなから「説得される気など無い」からです。初めに「反・脱原発ありき」の人達には何を言っても無理だと思いますよ。再稼働させないことが目的なのですから(それが悪いとかではない)

政治というものは、結局は力関係で決まるだけでしょう。どちらが正しいか誤りかではなく、その時の力関係ですから「論より証拠」ではなく「証拠より論」なのだと私は割り切っています。

今のところは「原発再稼働反対」が強い。しかし、逆転する可能性もあります。そこでは科学的根拠だとかデータとか対策が妥当か、などという問題は二の次です。目先の今の生活に損得がどうなのかだけだと思います。どうせ「原発とか放射線とか、そんな難しい話しはワカンナ~イ」なのですから。特に女性の多くは。

2012/05/08 (火) 22:10:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

計画停電

こちらにも、コメントさせて頂きますー。


乱暴な言い方をすれば「一度、真っ暗にしてしまえ! もしくは全日本計画停電をしてみたまえ!」です。

すぐに原発稼働となるのでは?


勿論、病院やらありますから停電が何時間もあると困ります。高齢者や赤ちゃんが熱中症となって、バッタバッタ倒れてしまうのも困ります。


「原発は動かさない、でも電気は安く提供して欲しい、それも今すぐに!」と言っても現実にはなかなか難しいです。


聞く耳を持たない、と言うのは分かります。聞く気がないからいくら説明したり説得しても平行線なんじゃないでしょうか。


原発で働く人は今肩身が狭いですよね。
危険なのに危機意識がなく安穏としていたのも、私達国民のハズなんですけどねー。
そして、こんな事になるまで、ずーっと原発の恩恵を受けていたのも私達国民なんですよね。

一人一人の節電は勿論大切ですが、それでも地震後は計画停電を行った位ですからねー。
真夏、どうするんでしょうか。

2012/05/08 (火) 22:56:15 | URL | マナト #- [ 編集 ]

Re: 計画停電

マナト様、こんばんは。

>「一度、真っ暗にしてしまえ! もしくは全日本計画停電をしてみたまえ!」

フフ…実は私も同じことを思ったことがあります^^;

もちろん、現実にはあってはならないことですけどね。

文明社会のこの世に100%の安全と100%の安心を保証するのは無理というものでしょう。

今は原発アレルギーが猛烈ですので、視野狭窄になりがちで、どうしても極端に走っていると思います。

いづれは、落ち着く所に落ち着くように思いますが、どうなるでしょうね。

原発といっても、型の古いのもあれば最新式のもありますし、立地条件から大震災に見舞われる可能性が極めて低く、なおかつ必要性の高い原発から再稼働すると思います。

2012/05/09 (水) 00:07:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

説明責任はどこまで必要なのか?

>それから「嘘だ。電力を人質にして再稼働させようとの魂胆に違いない」と疑った人たちが、仮に停電になって甚大な被害が出たとしても責任をとる必要はまったくないと思います。責任を取るべきはそういう疑いをもった人たちをきちんと説得できるだけの材料を提出できない国と電力会社です。<

これは、結構批判する側の論理としてよく使われる論旨ですが、それでは「説明の中身をどこまで理解できているのか?」という点についての努力不足の部分を常に棚上げにしている論理構造でもありますね。

全ての情報がオープンにされていると言うわけではありませんが、オープンにしたところで自分たちの論理展開に都合の良い部分だけを拡大鏡で見るような形の方が多いと言うのが素人の意見であることが多いのです。


素人が考えることなぞ専門家ははなから考慮をしています。けれども現実ロンとして今ある技術で可能なこと不可能なことはいつの時代でも存在しています。

こういう点は政治家と同じで科学者と言うのは先送り体質がないとはいいません。

それは現時点で、未来永劫にわたって100%完全無欠だといえる技術が存在し得ないと言うことを理解しているからです。

科学の進歩は、常に人命と言う貴重な犠牲の下に改善され発展して来ています。

これは戦争による人命の損失も同じことです。

ある特化した目的のために、良かれと思って開発した技術が時として、人の命を蝕むことがある。

これは科学にとっては常に付きまとう問題です。問題は科学技術そのものではなく、その技術を利用して財をなす者の倫理観にかかっているとしかいえません。


現時点での100%の安全性を常に追求するのであれば、科学技術の進歩はないと言うのが非常な現実だと言うことです。

原発反対の方はまずは自らが電化生活から脱皮するか、もしくは自家発電に切り替えてから批判をすべきだと思います。

現実問題として原発から供給される電力を利用せずに、市場に出回る商品を探す方が困難な時代です。


原発を凍結すれば、火力発電他の電力に頼らないとならなくなります。それは1970年代のオイルショックの時代へとさかのぼることにもつながります。

日本がなぜ原発推進国となったのかと言うのは、石油や石炭に比べて外国へ依存する割合が外貨として安くつくという点も一つの理由です。

そして当時は、プルサーマル計画が現実可能なものとして語られていたという世界の科学事情もあります。

そういう点まで考慮に入れた上で、政治判断が適切だったのかどうかと言うのは検証しなければなりません。

今の日本があるのも原発のおかげであると言うことも忘れてはならない事実なのです。

学生時代に、「海中からのウラン抽出」を卒論としていた私には、原発問題を単純には批判できません。

2012/05/14 (月) 22:29:08 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 説明責任はどこまで必要なのか?

>説明責任はどこまで必要なのか?

100%の安全と100%の安心を求める限り、万人が納得するような「説明責任」など不可能と思います。

電車のホームに柵が設けられる例が増えつつあるが、一部は可能でも全国の全てのホームに柵を設けるのは不可能でしょう。しかし、100%の安全を求められたら、どの鉄道会社も潰れるか、大幅な値上げをしなければならなくなるのは明らかでしょう。

今や、日本全国各地における「津波対策」とか「地震対策」の話題がニュースになる。

しかし、千年に一度、五百年に一度の「震災」に備え、莫大なお金を投資する人間はいないだろう。

津波被害において、大防波堤が結果的に災いしたことは、誰も予想が出来ないことだった。

良かれと思った備えそのものが「福」ではなく「災い」になることもある、これも今回の教訓であろう。


どこかで「落としどころ」を見つけるしかないのが、文明社会の宿命と思う。

2012/05/14 (月) 23:30:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR