真央選手はタラソワさんと離れた方が良い





3月にタラソワさんが脊髄の病気で入院中との情報がありました。そうした中、今週の「女性自身」の記事に「浅田選手から依頼のあった振り付けは出来なくなったので、来季はタラソワさんの薦める他の振付師に頼むことになるだろう」くらいのことが書いてありました。

オマケとして「モロゾフさんが浅田選手の振り付けに興味を示しているらしい。オレなら真央を『復活』させられる」とか(笑)

なんせ、女性誌の記事ですから話半分くらいで良いのですが、病気は事実のようですから、あながちデタラメな与太情報とも思えませんでした。ほかの振付師になる可能性は高いと思います。

仮にこれが全て事実であれば来季はタラソワさんの振り付けによるプログラムは見られないことになります。で、ファンの立場としては、これを「残念。ガッカリ」と見るか、「奇貨」として前向きに捉えるか、です。

浅田ファンの約70%はタラソワファンでもあるでしょう。浅田ファンの「主流派」から叱られるかもしれませんが、「反主流派」の私は「奇貨」として捉えたいです。



主な振付師の年齢(月日で一歳の誤差があるかも)

タチアナ・タラソワ 65才
マリナ・ズエワ 56才
パスカーレ・カメレンゴ 46才
デヴィッド・ウィルソン 45才
ローリー・ニコル 40代後半?
ニコライ・モロゾフ 36才
シェイ=リン・ボーン 36才
セバスチャン・ブリテン 42才
アンジェリカ・クリロワ 38才
宮本賢二 33才 

こうして見ると、振付師としてタラソワさんが年齢的に突出していると分かります。ソチ五輪のシーズンには67才を迎えると思われます。

振付師の「旬」は30代~40代のようです。若くて新進気鋭な30代からベテランの域に達する40代くらいが一番活躍出来るのかもしれません。もちろん、振付師の才能は年齢だけで一概には決められませんね。ズエワさんは56才ですが相変わらず人気が高いようです。

問題は毎年細かく多くの変更のあるルールへの対応、及び採点傾向への対応です。この点では荒川さんの時からタラソワさんには一抹の不安がありました。もちろん、彼女にはスタッフがいるでしょうから対応は可能かもしれません。

しかし、近年、かつてタラソワさんに振り付けを依頼し、指導を受けていた選手が次々と離れていったことは事実です。理由は選手により様々でしょう。推測するに、そこには「ルールへの対応」「やや時勢から遅れたプログラム作り」への不安や不満があったのではないか。

年齢的に老人の域に達し、健康面に優れず、ロシア連盟の重鎮として多忙なタラソワさんとは、真央選手は離れても良いと私は思います。もちろん、真央選手の表現力の開発やステップワークの進化の上で、タラソワさんの貢献は大きかったと思います。それはそれで感謝しきれるものではありません。

ましてや、亡きお母様から手紙で懇願して振り付けを依頼した経緯もあって、真央選手にしてみればタラソワさんとは「縁を切る」ことは難しいでしょう。そうであれば、振り付けはエキシビだけ頼むことにして、試合用プロは他の振付師に依頼したらどうかなと思います。

今は(シングルの)振り付けの主流はロシアよりも北米にあるでしょう。その証拠に、ロシアフィギュア界の長老、ミーシンさんですら、愛弟子の振り付けをカナダ人の振付師、ウィルソンさんに頼むくらいです。

五輪がソチだからと言って、ロシア人振付師に依頼すれば有利とは言えないでしょう。それはどう考えても根拠の薄い俗説と言わざるを得ません。

私個人はタラソワさんのロシア趣味には飽きていたこと、真央選手の「お姫様路線、天女路線」もそろそろ卒業して欲しいと思っていたこと、ソトニコワ選手に使用していた「シェヘラ」を真央選手に使い回したこと、世界選手権の総評で非常に偏った意見を語っていたこと(人間的には魅力的ですが)、以上のことから、ソチで金メダルを目指すからには、タラソワさんから離れた方がベターと思っていました。

個人的願望としては、日本人振付師によるプログラムが見たいです。宮本さんだけではなく、阿部奈々美さん、荒川静香さん、佐藤有香さんもいます。日本人同士であれば綿密なコミュニケーションも取れますし、真央選手の意向を汲んだ「合作」によるプログラムも出来るでしょう。

そして、これまでの真央選手の選曲、音楽の嗜好が変わることを期待するものです。ポップ系や映画音楽、クラシック音楽にしてもベートーヴェンとかラヴェル、マーラー等、これまでに採用されていない作曲家の音楽で演じる真央選手を見たい。

振付師はモロゾフさんの可能性は極めて少ないと思いますが、レオノワ選手やアモディオ選手のような「ストップモーション」ありありのプログラムを真央選手が演じたらどうなるか、見てみたい気もします(苦笑)


関連記事
スポンサーサイト

2012.05.09 | | コメント(3) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

ズエワさんがもう56歳とは・・・!!

タラソワさん、流石に新採点にも少しは馴染んできただろうと思ったらあのワールド後のインタビューで「結局この人は旧採点的な観念から抜け出せてはいなかったんだ」とちょっとがっくりしてしまいました。
いや、あのワールドの高橋選手がチャン選手の上をいくべきだったというのはまあ(感情的には)わからなくもないとして。
(・・・正直、高橋選手はもしワールドのジャッジが国別と一緒でも、ワールドの”ブルース”ではPCSがちょっと上がったくらいで180点は絶対越えなかったと思います・・・しくしく)
「ジュベールが3位で羽生は本当は4位くらいだったと思うわ」というのは正直・・・・でした。
おばちゃん、あの内容でジュベが羽生君より上だったらそれこそ「八百長」で「地元得点」になっちゃうよ・・・。おばちゃんもジュベも大好きだけどさ・・・。
元々教え子が「勝つ」ことに重きを置いているミーシン氏とはスタンスが全く違う方なんですねえ。
(上記の理由でミーシン門下の「振り付け北米進出」には私はあまり驚いていません。元々世界中の選手に”夏季講習”をしたり、ハーネスジャンプ練習法を考案して広めたりと、国内外の交流は意外と多い方ですし。)


浅田選手は・・・どうなんでしょうね。心機一転、色々と振り付け師を変えるのは大いに意義があるとは思いますが。
個人的には是非宮本先生×真央は見てみたいですね。ロシアにこだわるならズエワさんもありかなあ。
ただ彼女は今自分の中の軸が定まっていないように見えるので、あのままだと正直振り付けだけ変えてもなあという気が無きにしも非ず。
こんなこと書いちゃうと石が飛んできそうです(笑

我が愛しの安藤選手の進退はまだ全くわかりませんが、もし現役続行なら宮本先生や久しぶりにウィルソンと組んで試合プロを作ってほしいですね。
正直モロプロはTESは効率よくとれてもPCSはあまり伸びないような気がしますし、何より今のモロゾフにつくのはかなり環境的に厳しいでしょうから。
今の彼女なら、恐らくどんなプロでも彼女らしさを出しながらこなせるはずだと思いますしね。
・・・まあ、でもそこは安藤選手ですから全く読めないのですが(笑)、彼女が”ソチに出たい”という気持ちになってくれるようににファンとしては祈るしかありません。

他に個人的に見たいのは小塚×ナハロ(ついでに衣装担当も変えてくれ)ですかねえ。
もうこうなったら”濃度200%”くらいの「フラメンコ」を滑れば彼は本当に脱皮してくれるんじゃないかと思うのですが。
あとは絶対にないだろうけどチャン×タラソワの”鐘”ばりの超重厚プロはいつか見たいですねえ。
チャン選手のあの技術力なら正直どのプロでもこなせそうですし、滑りこなしたら多分今までに見たことのない物ができあがりそうだ。

2012/05/10 (木) 00:34:22 | URL | Au #- [ 編集 ]

絶対見てみたい

>あとは絶対にないだろうけどチャン×タラソワの”鐘”ばりの超重厚プロはいつか見たいですねえ。
チャン選手のあの技術力なら正直どのプロでもこなせそうですし、滑りこなしたら多分今までに見たことのない物ができあがりそうだ。<

P・チャンによるタラソワ振り付けの「鐘」

2012/05/10 (木) 00:39:15 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: ズエワさんがもう56歳とは・・・!!

Au様、レスが遅れてすみません。

タラソワさんの発言はかつての「教え子」に甘い感じがします。この辺が彼女の人間味を感じて好きなんですけど、「コーチとして、振付師として」の立場を思うと、ちょっとアレだなあ、って思います(苦笑)

>ただ彼女は今自分の中の軸が定まっていないように見えるので、あのままだと正直振り付けだけ変えてもなあという気が無きにしも非ず。

同感です!!ジャンプの軸だけではなく、気持ちの軸、作戦の軸が、ブレているような気がします。

ただ、何かの「キッカケ」があれば、ガラリと変わる可能性があると思うのです。その一つが振付師かなと。

真央選手にはモロゾフのような「毒性」のある振り付けも、もしかして、効き目があるかもと(^。^;)

安藤選手が誰にショートプログラムの振り付けを頼んだのか、気になりますね~(^<^)

ロシェット選手の復帰が安藤選手を少なからず刺激したものと…思いたいですね。

>我が愛しの安藤選手

Au様は「スヌーピィ」ファンだったんですね^^

本人は「ミキティ」と呼ばれるのが好きじゃなくて、「スヌーピィ」がお気に入りのようですね。


表現面において、良くも悪くも、小塚選手も真央選手と似た点があるような気がします。

昨季は、もどかしいって感じで毎回見ていました。

2012/05/12 (土) 21:55:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR