安藤美姫選手の多作が気になる




ブラックスワン
千の風になって
Foolin
I Who Have Nothing
You Must Love Me
Fragile
Over the Rainbow
私のお父さん
タイスの瞑想曲

上記の九つの曲目は2011~2012に発表されたプログラムです。

前から気になっていたんだけど、数が異常ですね。プロスケーターの荒川静香さんですら、ワンシーズンの新作はせいぜい2か3つくらいだったと思います。それ以外は過去のプログラムに少し手を加えて演じています。

どうしてこういうことになったのか?

多作が悪いとは一概に言えません。それぞれのプログラムには安藤選手にはこれまで見られなかった所作があちこちに発見出来ます。多作を通じて新しい表現や技術を模索し習得する意味もあるのでしょう。

トップ選手として長く活躍してきた中での初めての休養ということで、気持ちが解放されて心行くまでアイスショーを楽しんでいる…これも多作の理由かもしれません。

これも推測に過ぎませんが、数多くのプログラムに没頭することで、心の迷いや悩みを忘れたい、というのもあったのかもしれません。フィギュア専門誌や新聞のインタビュー記事やネット上で安藤選手は自分の心の揺れ動きや迷いを割合としゃべってしまう方ですね。

「absoluteskating」のインタビュー記事では「自分の夢はコーチになることで、五輪や世界選手権で金メダルを取りたいとの夢は抱いたことはない」と語っているように、休養中、来季はどうするか、ずっと迷っていたようです。そして、今も。

二つの「タイスの瞑想曲」を比べる。


ヨナ選手のタイスの瞑想曲

安藤選手のタイスの瞑想曲


安藤選手のプログラムには新しい所作があるけど物足りない。やはり、滑り込み不足により演技に彫琢が尽くされていないように見えます。優雅だけどそれ以上のものではないように感じます。

ヨナ選手の演技は一部のコアな真央ファンに散々罵倒されたものですが、今、こうして見ると、十分に魅力のある演技だと思います。特にスピンの時の腕の使い方、畳み方は、肩の柔らかさと見事に融合し魅了させる。

それはそうだ。わずか1曲をシーズン通して磨きあげて来た演技と、9曲の1つを演じているのとでは、どうしても質の違いが素人目にも見えてしまう。

それでなくても、安藤選手は決して身体が柔らかい方ではないし、この方面で抜きん出て器用というわけでもない。単に優雅に演じるというのは、安藤選手の持ち味ではないし。

よほどのコアな安藤ファンでもない限り、9つのプログラム全てに心から感動することはないでしょう。

「タイス」などは「ボレロ」「レクイエム」「ブラックスワン」のような演技から受ける感動には遠い。この3つは安藤選手の必死さ、懸命さ、そして深い情感が迸っている。

もちろん、どのような選択も安藤選手の自由だけど、少なくとも、日本のフィギュアファンは目が肥えて来ています。そろそろ多作も収束して欲しいです。

で、試合モードに気持ちが集中することを心から願っています。

関連記事
スポンサーサイト

2012.06.02 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 日本人選手達



コメント

いいのよ~~

安ドーナツファンとしては、いろんなバリエーションが見れるだけで(笑)

競技会と違ってアイスショーのプロならではだから。

ジャンプの数が少ないのは、やっぱり物足りなさを感じてはしまうけどね。
競技レベルへの回帰という点では、その部分が不安に感じるところではあるけれども、シーズン中でもプログラムの変更をたびたび行ってきた器用な安藤選手だからこそ出来ることだと思う。

その意味では、やっぱり天才なんだと思うな~~。

「ガラスの仮面」でいうなら、実は姫川亜弓なのは安藤さんのほうなのかもしれない。

北島マヤが浅田さんかもしれない。これまで逆の配役に思っていたんだけどね。(笑)

ついでに、月影千草が伊藤みどりだとすると、「紅天女」は3Aに当たる。(笑)


「アラベスク」なら、ノンナではなくライサなのかも?

2012/06/03 (日) 10:07:06 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR