丹羽中国大使の発言は「正常」だ




「日中関係に深刻な危機」=丹羽大使、尖閣購入計画を批判―英紙・時事通信 6月7日(木)

【ロンドン時事】
7日付の英紙フィナンシャル・タイムズは、日本の丹羽宇一郎・中国大使とのインタビュー記事を掲載。丹羽大使はこの中で、東京都の石原慎太郎知事による沖縄県の尖閣諸島購入計画について、「実行に移されれば、日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」と強く批判した。
同大使は「(日中関係改善に向けた)数十年にわたる過去の努力が水泡に帰すのを許すことはできない」と強調。購入計画は法的な問題に直面する可能性があるほか、購入のための事前調査でさえ、外交的には中国側を刺激する恐れがあると懸念を表明した。
丹羽大使はまた、日中関係の危機は両国間の経済関係にも影響を及ぼしかねないと警告した。
 

官房長官、中国大使発言は個人的見解=「職権超えている」と前原氏

藤村修官房長官は7日午後の記者会見で、丹羽宇一郎駐中国大使が英紙のインタビューに対し、東京都による尖閣諸島購入計画を「日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」と批判したことについて、「個人的見解を述べたということで、政府の立場を表明したものでは全くない」と語った。藤村長官は「外務省から注意したと報告を受けている」と説明した。
民主党の前原誠司政調会長は記者会見で「大使がそのような発言をするのは職権を超えている。適切な発言ではない。(丹羽氏の)見識が問われる」と批判した。


丹羽大使の発言に保守派の政治家や論客、ネットウヨ等が大いに業腹を煮やすのは分かるけど、日本政府からの批判はいかにも奇妙であり、面妖だ。

だって、丹羽大使の発言内容は、40年前に日中国交正常化してからずっと自民党政権~民主党政権の一貫した立場と同じじゃない?まさに、この通りでしょう。

都知事による尖閣諸島購入の動きに対して、政府は「余計なことをしてくれた」というのが本音でしょう。領土問題は存在しないのであれば、むしろ、都も国もわざわざ購入する必要はない。そうでなければ自民党政権時代にとっくに購入出来たでしょう。

それでなくても国会議員や地方自治体首長による度重なる「南京事件は無かった」「日中戦争は侵略では無い」発言で中国側を怒らせ、その度に「政府見解とは異なる」と弁明して来た歴史がある。

こうした中で石原氏のパフォーマンスは日本政府こそ業腹を煮やすことであろう。

丹羽大使はそんな政府の立場を代弁したのではないだろうか?

官房長官の「日本政府の立場を表明したものではない」はトンデモない。むしろ「良くぞ言ってくれた!」と讃えてもよいくらいだ。

日本の経済界も丹羽大使の発言に内心では共感しているのではないか。

以上の点から、私は丹羽大使の発言は少しも「異常」ではなく、政府の代理人として「正常」だと弁護するものだ。

これを反日、売国、トンデモ発言と非難するなら、それはこの40年間の日本政府のあり方こそ非難されるべきだと思う。自民党も「丹羽大使を更迭しろ」などとよくもヌケヌケと言えるものだ。

ただし、大使の職権うんぬんはよく分からない。もしかすると、問題は発言内容ではなく、他の国のメディアの取材で発言すること自体が大使の「ボーンヘッド」だったのかもしれない。非難されるとすればその点であろう。しかし、丹羽氏もよほど腹に据えかねていたのであろう。

丹羽大使は伊藤忠商事の会長を務めた人らしい。「両国間の経済関係にも影響を及ぼしかねない」との発言は、付けたしで言っているように書かれているが、案外こちらが一番言いたかったことかもしれない。以前の記事で述べたように、中国は日本の最大の貿易国だから。経済流通の蛇口を閉められたら、先に干上がってしまうのは日本の方だ。

関連記事
スポンサーサイト

2012.06.10 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

日本は変

片割月さん おはようございます

片割月さんの見解に同意です。
丹羽氏じゃないけど「日本は変わった国なんですよ」(^_-)-☆
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120608/plc12060801300001-n1.htm

丹羽氏が謝罪したとかの報道があったあと、続報がない。(丹羽氏は本当に謝罪したのだろうか!?本当に謝罪したのなら、なぜ謝罪するようなことを言ったのか、そんな迂闊な人間は大使の資格なし、だと思う)。丹羽氏が言う「日中関係に極めて深刻な危機をもたらす」の中身が、どんなものであるのかの詳しい説明を求め国民に知らせるのが、メディアの仕事なのに、丹羽氏発言の資格だけを問題にして中身については無視の報道姿勢って、やはり、日本は変わってる(笑)。

追記2012.06.11/07:36
いくら日本政府が領土問題は存在しない(←これも変な話だ)、といったところで、中国政府がそれに同意していない以上、というか、

>だって、丹羽大使の発言内容は、40年前に日中国交正常化してからずっと自民党政権~民主党政権の一貫した立場と同じじゃない?まさに、この通りでしょう。

の指摘通り、尖閣諸島領有権問題は棚上げ状態なのであります。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111223/plc11122300070004-n1.htm

このことを、強調するのが、報道の役割だと思います。

2012/06/11 (月) 06:57:51 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

エロエロ

まあ、エロエロですな(笑)。

追記2012.06.11/15:42
中国ネット界で、蒼井そらは「尖閣」の8倍以上関心を集めている - ニコニコニュース 2012年6月11日(月)9時30分配信 http://bit.ly/KXr4uG

まあ、どこの国もエロエロな人間(私も含めて)がいるざんす(^_-)-☆

「日本が尖閣問題にこだわる6つの理由」-中国紙 2009/03/17(火) 14:15
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0317&f=politics_0317_006.shtml
中国共産党中央党校が発行する新聞「学習時報」は16日、「日本はなぜ尖閣諸島で波風を立てるのか」と題する論説を発表し、「6つの理由」を列挙した。同論説は、尖閣諸島は中国固有の領土との主張に基づき、書かれている。

■尖閣諸島問題 - サーチナ・トピックス

  2月26日の衆議院予算委員会で、麻生首相が「尖閣諸島は日本固有の領土であり、日米安保条約の適用対象」と答弁、中国外交部は同日「強い不満」を表明した。以来、尖閣問題は再燃し、3月末に予定されていた麻生首相の訪中も17日に延期が決定した。

  「学習時報」は、日本が尖閣諸島の権利を主張するため、このような「行動」を採るのは初めてではないと指摘。最近の友好ムードの中で日本が尖閣問題にこだわるのは、6つの要素があると分析した。

1)米国要素 ―― 日本には、この問題に米国を引きずり込もうとする意図がある。

2)国内要素 ―― 支持率が低迷する麻生内閣が、打開策として対外強行手段を採った。

3)野党要素 ―― 国会で質問したのは民主党議員で、麻生政権を窮地に追い込み政権奪取を狙っている。

4)対中外交要素 ―― 最近の日中話し合いムードに不満を持つ右翼勢力が、非本質的議論を起こして対話の主導権を握ろうとしている。

5)日米軍事協力要素 ―― 沖縄海域で行った日米合同軍事演習で、日本には日米同盟の堅牢さと、尖閣諸島が安保条約の範囲内であるとアピールする狙いがある。

6)東南アジア情勢要素 ―― 北朝鮮の核問題など、東南アジア地域の問題解決に向けて、国際的な枠組みが形成されつつあるが、外交の無策ぶりから日本の地位や影響力は低下している。一方米中関係は接近しており、不安と焦りを抱く日本が攻撃的な外交に出た。

  中央党校は、中国共産党の幹部育成機関。同校が発行する新聞は、理論面で強い影響力を持つ。(編集担当:吉田庸子)


追記2012.06.11/16:53
石原都知事「尖閣を購入する」…中国で「まずは米国を追い出せ」 2012/04/18(水) 10:18
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0418&f=politics_0418_009.shtml
中国メディアは17日から18日にかけて、石原慎太郎東京都知事が訪問先の米ワシントンで現地時間16日、都が尖閣諸島を購入する考えを示したことを次々に伝えている。ニュースサイトに寄せられたコメントでは、日本を非難するだけでなく、自国政府の姿勢を“弱腰”と責める意見も目立つ。日中だけの問題ではなく、「米国を駆逐」することで、自国の主張を通せるとの主張もある。

■「尖閣諸島」に関する他の記事 - サーチナ・ハイライト

  「愛国主義」的な論調を“売り物”とするニュースサイト「環球網」には「われわれは戦争を恐れない」、「強力に出撃して島を回収するのみ」など日本に対して強い反発を示す意見が多く寄せられた。しかし「反日コメントで埋め尽くされた」という状態ではない。

  一方で、自国政府の“弱腰”を責める「今の中国は廃物だよ」、「中国は(日本側の措置に対して)何度も、違法、無効と言ってきた。日本は安心しきっているね」、「お前ら(中国政府)のごみ外交のせいだ」などの書き込みが目だつ。

  これまでと異なるのは、尖閣諸島の問題を日中間の懸案としてだけではなく、「世界戦略の一環」とする見方が増えだしたことだ。

  まず、石原都知事の「尖閣諸島買い取り」を、「日本の『あせり』のあらわれ」とする主張がある。日本に「あせり」が見られるようになったのは、「2010年に国内総生産(GDP)が中国に抜かれてからだ」という。

  中国政府はこれまで、尖閣問題について「日本側の主張と措置は不当。自国側は正当」などと繰り返してきた。しかし、「理屈を主張しても無駄」との観点から、「世界は結局、強い国の望むとおりになる」などとする主張が目立つようになった。

  尖閣諸島についても、「日本側の動きに反応する必要はない。米国を(東アジアから)駆逐すれば、尖閣は戻ってくる」と書き込んだ読者もいる。書き込みを全体的にみれば、米国への対抗意識と「力への信仰」が高まっている傾向を読み取ることができる。(編集担当:如月隼人)


追記2012.06.11/19:08
中国の戦略的な怒りに、感情的に反応している日本2012.06.11(月)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35372
結局、怒った方が負け、ってことか!?
ほんとに怒ってるのと怒った振りってのもあるし、難しいですな!

要するに、怒りの制御技術を磨けと(-_-;)

だから政治はここまでやるけれども、ホコリを取るのはあなたの仕事ですよって言わないといけません。そういう仕分けが必要なのに、「おっしゃる通りです。民主党政権になったらホコリを取らせていただきます」みたいなことを言う。すごくよくないですね。

川嶋 怒りに媚びて、政治的に利用する。タチの悪い嘘ですね。

水島 それに怒りっていうのは人を無力化させるんです。自分は力が無い存在だっていう意識を強めるんですよ。だってあいつのせいだと怒るってことは、あいつには改善する力があって、自分にはないのを認めることでしょう?

うんだ、うんだ\(^o^)/

2012/06/11 (月) 16:56:22 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: エロエロ

ghoti様、こんばんは。

蒼井そら?誰それ?…で、調べたらAV系のタレントさんなんですね。

酒井法子もそうですが、中国人の好みにフィットする顔、風貌というのがあるみたいですね。

これは、少なからぬ日本人の女性が韓国の俳優、ヨン様やチャン・グンソクを好むのと同一線上かも。

二人とも、甘口系な顔です。

ちなみに、浅田選手は「今、(色々な意味で)好きな異性は?」と聞かれ

「えとですね。チャン・グンソクさん!」と答えています。

中国人や韓国人は概して「日本人は嫌い」だとしても、日本人の女性に対しては、少し違うイメージを抱いているとの説もあるようです。

つまり、繊細で優しくて慎ましやかなのが日本女性、とのイメージを抱いていると。

ああ、これは私のような女性のことですね\(^o^)/

>水島 それに怒りっていうのは人を無力化させるんです。自分は力が無い存在だっていう意識を強めるんですよ。だってあいつのせいだと怒るってことは、あいつには改善する力があって、自分にはないのを認めることでしょう?

ネット上でいつも怒っているのがネットウヨ、コアな浅田ファン、ですね。

在特会の予備軍が沢山ネット上には存在するようです。

バブル期は、怒りは父や政治権力、大企業に向けらるケースが主流だったのが、

最近は、社会的弱者(少数民族、低所得者等)に向けられる例が増え、侘しいというか、悲しくなります。

まあ、社会主義思想にはそれなりに「正義」や「ロマン」「理想」がありましたが、

今の右回りな人々にはそんなものはなく、ただ、言葉の暴力で叩くのが特徴みたいですね。

2012/06/11 (月) 21:34:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

2*Re: エロエロ

>つまり、繊細で優しくて慎ましやかなのが日本女性、とのイメージを抱いていると。
ああ、これは私のような女性のことですね\(^o^)/

うんだ、うんだ\(^o^)/

2012/06/11 (月) 22:59:41 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 2*Re: エロエロ

よろしい。ようやくお分かりになられましたか(´▽`)

あちきは胸もお尻も小さい柳腰。立ち姿は菖蒲か杜若の如くでござりんす。

綺麗な素足に下駄を履き、カラコロと歩く姿は百合の花の如くでござりんす。

情は篤く、愛は深く、己の利には無欲で、子と老人には利他の心根を持つ優しき大和撫子でござりんす。

2012/06/12 (火) 00:07:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さん、カワユス\(^o^)/

あっ!

2012/06/12 (火) 02:20:49 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

やっぱし

尖閣の領有権なし?=野田首相発言、すぐ訂正 (2012/06/13-10:10)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012061300235
 13日午前の参院予算委員会で、野田佳彦首相が、尖閣諸島をめぐる丹羽宇一郎駐中国大使の発言に関する質疑の中で「尖閣については領有権は存在しない」と2度発言する場面があった。周囲の指摘を受け、すぐに「すみません。領土問題です。領土問題は存在しない」と言い直したが、質問した自民党の山本一太氏は「言葉に気を付けてもらいたい」といさめた。 (2012/06/13-10:10)


>「尖閣については領有権は存在しない」→「すみません。領土問題です。領土問題は存在しない」

言葉のマジック、まさに、霞ヶ関用語ですな\(^o^)/
もっとはっきり、「田中-周会談以来、尖閣は棚上げになっております。」と言えばいいのにね(^_-)-☆

追記2012.06.13/12:34 ご参考までということで貼っておきます。
新しい政策研究会(講師:孫崎享氏) 「安全保障を含む危機管理分科会」 - iwakamiyasumi4 http://ustre.am/:1zzIQ 

2012/06/13 (水) 11:29:10 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR