スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



田村明子氏のコラムの危うさ




「モロゾフが再び高橋大輔の元に──。衝撃のチーム再結成の真相とは?」
(NumberWeb)田村明子=文2012/06/18

「チーム高橋に、新しいコーチが加わりますのでご紹介します」高橋大輔の隣に立っていた日本スケート連盟の小林芳子副強化部長がそう言うと、集まった報道関係者の間をすり抜けて部屋に入ってきたのは、ニコライ・モロゾフだった。「うそー!」どこからか、抑えた囁きが聞こえてきた。すべての関係者にとって、まさに「うそー!」の状況だった。

6月15日、新横浜で開催された「ドリーム・オン・アイス」初日公演の後に行われたこの共同記者会見。ここに同席するためにだけ急遽来日したというモロゾフは、彼らしくもなく緊張した硬い表情をしていた。
「皆さんには、正直にお話ししましょう。ダイスケは、私のお気に入りの生徒でした。あのような形で別れてしまったことを、ずっと残念に思っていました。私の魂は、彼とはまだやるべきことが残っている、とわかっていたのです」

■ニコライ・モロゾフとの離別の事情。

わずか30歳の若さで荒川静香をトリノ五輪金メダルに導いたニコライ・モロゾフは、安藤美姫を2度世界チャンピオンにするなどの実績を持つ。やり手のコーチ、振付師として日本でもすっかり名を知られる存在となった。その彼が、3年間指導してきた高橋大輔との師弟関係を解消することになったのは、2008年春のこと。当時の高橋にとって国内最大のライバルだった織田信成がモロゾフに師事すると発表した後だった。

フィギュアスケートの世界では、コーチの方からスケーターを勧誘することは通常タブー視されている。だが何につけても型破りなモロゾフは、欲しいスケーターに自分からオファーを出すことで知られ、以前から関係者内で批判の声はあった。織田のところにも、移籍を決める1年も前から繰り返し誘いがあったのだという。

■「当時の自分は、あの状況を受け入れる器量がなかった」(高橋)

モロゾフの愛弟子であった高橋にとっては、寝耳に水だった。
「当時の自分は、あの状況を受け入れるだけの器量がなかった、ということです」と高橋は彼らしい謙虚さで、思いを口にした。
「でも問題は、モロゾフが事前に知らせなかったということですよね」と言うと、高橋は少しこまったような表情で苦笑した。
「でも周りが思っていたほど、ショックではなかったんです。彼は“これ”と思ったら、衝動的に動いてしまう人だというのはわかっていたので」

当時のモロゾフは、最後まで自分の非を認めなかった。師弟関係の解消は、高橋のエージェントに不満があったことが原因だと主張。「高橋は自分よりもエージェントを選び、織田を受け入れたときにはすでに関係は切れていた」と、時系列的に無理のある説明を世界中のメディアの前で繰り返していた。

■「ダイスケに嫉妬を感じていたこともあった」(モロゾフ)

だがそのエージェントのI氏のもとに、モロゾフから和解の打診の電話がかかってきたのは昨シーズンの終わりのこと。I氏も驚いたが、高橋にとっても、まったく想定外のことだったという。
「それまで大会でニコライに会えば挨拶はしていました。でも(解消以降)話をしたことは一度もなかったので、本当にびっくりしました」

日本人の感覚で言えば、あれほど派手な別れ方をしておいて、自らまたオファーをしてくるなど、いったいどのような神経をしているのか理解に苦しむところだ。だがこうと思ったら、一般常識などにこだわらず行動を起こしてくるところが、モロゾフという人物の長所であり、短所でもある。

「確かにダイスケに怒りを感じていた時期もあった。彼の成功に、嫉妬を感じていた時期もありました」
会見場で日本人報道陣を前にそう語るモロゾフは、別れた当時「自分なしではダイスケはどこにも行けない」と豪語していた。だがその後、高橋はバンクーバー五輪で銅メダルを獲得し、2010年には世界タイトルを手にしている。
「でも2年ほど前からは、純粋に彼の演技を楽しみながら見るようになった。彼はもともと素晴らしいスケーターだったけれど、今では人々の記憶に残るスケーターにと進化している。私も成長していかないと、彼に太刀打ちできません」

これほど素直で謙虚な言葉をモロゾフから聞いたのは、久しぶりのことである。それほどまでに、彼は高橋を取り戻したかったのだ。

■このタイミングで売り込んできたモロゾフの真意は?

もちろんコーチとして、スケーター高橋大輔に心の底から惚れ込んでいたこともあっただろう。だがシビアな見方をすれば、モロゾフが今このタイミングで高橋に売り込んできたのには、個人の思惑もあったことは間違いない。

フィギュアスケートの世界では、「時の人」は次々と移り変わっていく。勝ちたい選手はモロゾフに行け、と言われたのはもう一昔前の話となった。バンクーバー五輪では、彼の生徒は一人もメダルを取れなかった。そして現在彼が抱えている選手の中に、ソチ五輪金メダリスト候補は一人もいない。

織田は2年でモロゾフの元を離れ、長年彼に師事していた安藤美姫もこれからの競技活動についてはまだ白紙の状態だという。モロゾフが再び五輪金メダリストコーチに返り咲くために、高橋がどうしても欲しかったのだろう。

「彼があなたを必要としていると思ったのですか?それともあなたの方が彼を必要としていたのでしょうか?」会見でそう問うと、モロゾフは一瞬だけ顔をこわばらせたが、すぐに破顔してこう答えた。
「彼も、ぼくを必要としている、と思いたいです」

■以前とは違い、依存のないモロゾフとの新しい関係。

高橋も、それに同意した。「シーズンを終えてから、ゆっくり考えてみました。ニコライのことは、コーチ、振付師として尊敬する気持ちはずっとあった。実は毎年、プログラムの振付師を決めるとき、いつも候補に名前は上がっていた。こちらからまたお願いすることはあるかもしれないとは思っていたんです」

周囲は高橋に気遣って彼の前でモロゾフの名前を出すことすら避けてきたが、本人の中ではそれほどでもなかったのだという。「ロシアというのはかなり特殊な環境。ソチ五輪に向けて、アジア人だけのチームで挑むよりも、ロシア人に参加してもらうことは様々な面で助けになるだろうと思いました」

また同時に、それまでずっと長光歌子コーチと築いてきた安定したトレーニング環境に、モロゾフならあと一押しのスパイスを与えてくれるだろうと思ったという。
「彼はもともと、選手のモチベーションを上げてくれるのがすごくうまいコーチ。この数年間の成長を経て、お互いがそれぞれの期待に応えられるかどうかは、やってみないとわからない。彼との新しい勝負、という気持ちもあります」

だが今度の関係は、以前のように彼に依存するような形にはしない、と高橋は断言した。長光コーチがこれまでのように主任コーチを務め、モロゾフにはあくまでもアドバイザー的な立場で来てもらうという。

■唯一の懸念は、モロゾフに対する最近のジャッジの評価。

お互い五輪の金を狙うという共通の目的のため、再結成を決意した高橋とモロゾフ。だが一つだけ懸念が残っていた。それは、モロゾフに対する最近のISUジャッジたちの評価である。かつては飛ぶ鳥も落とす勢いだったモロゾフだが、このところ彼の作るプログラムは点が伸びていない。それは、今の採点方式が重要視する「トランジション」(技と技の合間のつなぎ)に欠けているためだと言われてきた。

一方、この「トランジション」にかけて右に出るものはいないと言われているのが、ローリー・ニコルというカナダ在住のアメリカ人振付師である。エヴァン・ライサチェックをバンクーバー五輪金へと導き、現世界チャンピオンのパトリック・チャン、カロリナ・コストナーとも、ニコルが長年手塩にかけて振付を指導してきた選手だった。

すでに'90年代からスター振付師と言われてきた実力者だが、彼女の時代は息が長く、まだ当分終わりそうにない。

■今季のプログラム制作は白紙に……。

実は高橋は今夏、このローリー・ニコルに初めて作品を振付けてもらう依頼をしていた。だが状況が変わりニコルとのプログラム制作は白紙に戻ってしまったという。天才パフォーマーと言われる高橋と、本物志向のニコルのコラボがどのようなものになるのか、世界中のスケート関係者は楽しみにしていたはずだった。

「一緒にできることを、楽しみにしていました。でも色々な環境と状況が変わってしまって」と高橋。現時点では、誰にプログラムを依頼するのか未定である。モロゾフに頼むのか、と聞かれると、即座に「いや、今シーズンはおそらくそれはないと思います」と答えた。

6月半ばの現在、早い選手ならばもうプログラム作成を終えている時期である。新たな道を自ら選んだ高橋が、次のシーズンまたどのように進化を遂げるのか。モロゾフの影響力がどのように採点に反映するのだろうか。しっかり見守っていきたい。


かなりの長文である。そのほとんどがコーチと選手の関係を巡るゴシップ的な内容に費やされている。これを面白く読むファンも多いのかもしれない。

例によって、今回の田村氏のコラムもほとんど大輔ファン的視線だ。もちろん、こういうコラムもあって良いのだろうし、否定はしない。

しかし、私は田村氏にはもっとフィギュアスケートそのものに迫るコラムを期待したい。今回の新ルールに関すること、選手達の地道な練習の姿、ジャッジ達の取り組み、厳しいリンク事情に関すること等。

ところで、赤字で示した箇所には問題があると思う。

2011年度と2012年度世界選手権のスコアから、モロゾフの振り付けで演じた安藤選手、レオノワ選手、アモディオ選手の演技構成点のSSとTRをチェックしてみた。

その結果、田村氏が指摘したモロゾフへの懸念は、あまり根拠が無いと思った。

安藤選手のTRは、ショート、フリー共、キム・ヨナ選手に次ぐ2番目に高い評価を受けている。田村氏が「右に出るものはない」とするローリー・ニコルによる振り付けで演じたどの選手よりも高いのである。これだけで彼女の主張は崩壊している。

2012年度の二人の選手のTRだが、ショート、フリーの総得点の順位とほぼ連動して5位以内の高い評価を受けている。特にTRが落ちている、という程の顕著な数値は示していない。

というよりも、そもそも、演技構成点の5項目は、TRもそうだが、SSの評価の高さにほぼ連動しているのである。SSが高ければTRも連動して高い。SSが低くてTRが高い例は寡聞にして知らない。ニコルの振り付けでもだ。

TRの評価の高低は、振り付けにおけるTRの要素の多少によるのか、それとも、演じる選手の力量の問題なのか、ハッキリしない。私は良く分からないが、振り付けの問題よりも、選手の力量の問題の方が遥かに大きいかもしれないのである。

それを「このところ彼の作るプログラムは点が伸びていない」と、断定的に語る田村氏に、やはり、大輔ファン的な視線を感じてしまう。

読者に一定の予断を許すような安易な内容を書き続けるようでは、フィギュアスケートのナビゲーターとしての危うさを感じてしまう。

※モロゾフへの懸念を書くくらいなら、むしろ、タチアナ・タラソワへの懸念を書いたらどうかとさえ思う。嘗て、彼女に振り付けを依頼していた選手達が次々と離れていったのは何故か?タラソワこそ、最新ルールへの対応は大丈夫なのか?コアな真央ファンからの反発を覚悟で書いたらどうか。青嶋氏のように。

関連記事
スポンサーサイト

2012.06.19 | | コメント(4) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

まったく同感です。
田村氏のような立場にある人は、偏向はともかく、事実と乖離したことを書いてはならないと思います。

それにしても、モロゾフが高橋選手に謝罪したことになっていますが、モロゾフが4年前の一体何を悪かったと思っているのか・・・・?
少なくとも、高橋選手という教え子がいながら織田選手を誘ったことを本気で悪かったと思っているのなら、今回のことでアモディオ選手は当時の高橋選手よりもはるかに厳しい立場に立たされるわけですから、支離滅裂です。

そもそも、勝負の世界ですから、人気コーチがライバル関係にある教え子を複数抱えるなんていくらでもあることでしょう?(織田選手がなぜ非難されなくてはならないのか、当時から私にはさっぱり理解できませんでした)
モロゾフは、法律上一人しか選べないことになっているパートナーですら性懲りもなくとっかえひっかえな人物ですから、複数契約になんら制約のないコーチ業で、教え子同士がライバル関係にあることを申し訳ないと思うはずがありません。

また、「アモディオが厳しい立場に立たされた」と書きましたが、それはあくまでも現時点でのことで、2年後はどうなっているかかわかりません。
高橋選手とアモディオ選手の年齢を考えれば、前者が体力的に4回転を跳べなくなり、後者が今のチャン選手以上に4Sの成功率を上げてくることだって十分に考えられます。そうなれば立場は簡単に逆転するでしょう。
モロゾフは、おそらくどちらに転んでも構わないのだろうと思います。

彼の行動は、なにやら与謝野鉄幹と明星の全盛期、多くの才媛たちが彼にとってのナンバーワンを目指して競い合っていた時代を連想させるところがあります。

2012/06/20 (水) 08:38:12 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、こんばんは。

>彼の行動は、なにやら与謝野鉄幹と明星の全盛期、多くの才媛たちが彼にとってのナンバーワンを目指して競い合っていた時代を連想させるところがあります。

ギャッボン!!驚くやら、嬉しいやら(@_@。(#^.^#)

まさか、最後にモロゾフの話しから与謝野鉄幹が飛び出すとは。。。

あちきは与謝野晶子ファンですので、書かれた意味がストンと腑に落ちました(^v^)

ドロンパ様もこういう方面はお好きなんでしょうか?

鉄幹もモロゾフも、才能はあるも、我がままな男でありんすな。

で、女は、えてして、そういう男に弱いってことで(^。^;)

大酒飲みのモロゾフの言葉はまともに受け止めない方がいいかもしれませんね。

ミーシンさんにしても、タラソワさんにしても、ロシア人はレトリックが多く、一筋縄では行かないですね。

人間味があって、面白いですけど。

とにかく、これからですね。

結果を見て、また、モロゾフのことはアレコレ言うわ。

結果が良ければベタ誉めだし、悪ければケチョンケチョンよ(-^〇^-)

2012/06/20 (水) 23:21:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さま、おはようございます。

和歌についてはまったくの門外漢なのですが、与謝野晶子には興味を引かれます。
で、今回のモロゾフの件でまっ先に思い出したのが、渡辺淳一の「君も雛罌粟われも雛罌粟」に描かれた与謝野鉄幹像でした。

一連の報道では、モロゾフの理想はやっぱり高橋選手だったのだ、というニュアンスの記事を多く見かけましたが、私は、モロゾフにとっての藤壺はヤグディンだったと思います。(ヤグディンにとって、モロゾフは振付師というよりも恩師タラソワのアシスタント1号という感じで、ほとんど眼中になかったと思いますが、それも含めて)
モロゾフの教え子の中で誰が紫の上になるのか、ソチで明らかになるでしょう。
モロゾフにしてみれば、アモディオ選手が今回のことで発奮し、高橋選手を追い越してメダルを取るのなら、それはそれで大いに結果を出したことになるのでしょう。
動画でニュースを見ましたが、要するに教え子の中から誰がメダルを取っても大満足、最後に笑うのは俺だ!というのが全身の毛穴から滲み出ているようでした。

ちなみに、「チャイコフスキー・コンクール: ピアニストが聴く現代」、私も思わずニースワールドの後で本棚から引っぱり出して読み返しましたよ!
芸術そのものである音楽のコンクールですら、表現力とは表現技術である、というスタンスを取っているのが印象的でした。
(片割月さまとは読書傾向が重なる部分があるのかもしれませんね)

2012/06/21 (木) 08:41:54 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、こんばんは。

>渡辺淳一の「君も雛罌粟われも雛罌粟」

あ、この本を読まれましたか。
この種の本を読むということは、かなりの文学好きか、渡辺ファンでないと、と思うわ。

私は古本屋で上下巻を買ったまま、後の楽しみにして、まだ読んでいないのですよ~。
近じか、読み終わったら感想をアップしようと思っています。

>モロゾフの教え子の中で誰が紫の上になるのか、ソチで明らかになるでしょう。

フムフム。すると、安藤選手は「空蝉」か「玉鬘」になるのでしょうか(#^.^#)

>全身の毛穴から滲み出ているようでした。

ドロンパ様、面白いわ~(-^〇^-)

特に、あの胸毛の穴から滲み出ていたのかもね。アルコール臭がありそうですが。

モロゾフはまだ若く、男ですので、野心満々も良しとしましょうか。

>「チャイコフスキー・コンクール: ピアニストが聴く現代」

あらま、ホント、読書の嗜好が似ているかもしれないですね(*´∀`*)

2012/06/21 (木) 22:43:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。