フィギュアスケートの新ルール・追加事項




ISU総会の決定事項の追加。

原文のリンクはここ

世界選手権の予選は来シーズンから廃止と決まる。ただしISUチャンピオンシップスへの出場には技術点のミニマムスコアを要することは継続。

ヨーロッパ選手権および四大陸選手権
男子 SP:25.00 LP:45.00
女子 SP:20.00 LP:36.00
ペア SP:20.00 LP:36:00
アイスダンス SD:18.00 FD:28.00

世界ジュニア選手権
男子 SP:25.00 LP:40.00
女子 SP:20.00 LP:35.00
ペア SP:20.00 LP:30.00
アイスダンス SP:17.00 FD:27.00

世界選手権
男子 SP:35.00 LP:65.00
女子 SP:28.00 LP:48.00
ペア SP:28.00 LP:45.00
アイスダンス SD:29.00 FD:39.00

なお、SPとLPの技術点のミニマムスコアは、それぞれ個別にクリアーされること。例えば、女子の場合、SPとLPの合計で76点以上になっても、SPかLPのいずれかのスコアがクリアーしていなければ不可。

また、SPとLPのミニマムスコアは同一大会でのクリアーとは限らず、それぞれ別個の大会でも可…らしい。


世界選手権の出場条件となる技術点のミニマムスコアは異常に高いと言える。ちなみに、2012世界選手権女子シングルの結果を見ると、SPの技術点で28点以上を出した選手はわずかに11名しかいません!!LPは12名である。

ここで疑問がいくつか出てくる。

まず、世界選手権女子シングルの出場枠が2名の国において、仮にミニマムスコアをクリアーしている選手が居なかったらどうなるのだろうか?出場は0名?

次に、国内選手権で優勝した選手であっても、彼女がミニマムスコアの未達者とすると世界選手権には出場出来ず、ミニマムスコアをクリアーしている2位以下の選手に出場権が与えられることになるのだろうか?

ミニマムスコアは過去に一度でも達成していれば、半永久的に有効なのだろうか?それとも、同一シーズン中の実績のみが採用されるのだろうか?

日本のように3枠があっても一人が未達の場合、実際は2枠となる…とすれば、余った一人分の枠は他の国に譲ることになるのだろうか?

ミニマムスコアをクリアーした選手が少なければ、女子シングルのエントリー選手が10人以下となることも有り得る。それでも構わないのだろうか?

世界選手権の出場選手の数を減らすことが狙いの一つだろうか?経費削減か。

昨季からGPSの出場枠が減った。もしも世界選手権の出場枠が実質的に減れば、選手達が主要な国際大会に出る貴重なチャンスを奪うばかりで、フィギュアの衰退に繋がる危険はないのか?


ミニマムスコアに関する細則の公表、報道が望まれます。



関連記事
スポンサーサイト

2012.06.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ルール・採点・技術関連



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR