スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ネットと愛国とは





ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて (g2book)
(2012/04/18)
安田 浩一

商品詳細を見る



「在特会」とは「在日特権を許さない市民の会」のことである。特権とは「特定の者だけに認められた優越的な権利」である。それでは在日特権、すなわち「在日外国人だけに認められた優越的な権利」とは何か? 彼らが「許さじ」として挙げているのは「特別永住資格」「朝鮮学校補助金交付」「生活保護優遇」「通名制度」などである。

 著者の安田氏は「まったく賛同できないが,百歩譲って,仮にこの4つを,在特会が主張するとおり『在日特権だけに認められた優越的な権利』であるとして」も,「これら4つの『特権』のどの部分を憎悪しているのか」,それ「ほどまでにに忌むべきものなの」か「どうしても分からない」と首をかしげている。

私なら自分の心に本音で問う。オマエは特権で「優遇された」在日韓国・朝鮮人が本当に羨ましいか?在日は優雅な生活でバカンスを楽しんでいるのか?なろうことなら、日本人ではなく「在日」に生まれたかったと本当に思うか?

答えは「NO」だ。いや、殆どの日本人は在日に生まれ変わりたいと思うまい。何故かは言うまでもあるまい。

その「羨ましい存在」「恵まれた存在」とは真反対な在日を彼等は何故にここまで激しく攻撃し、憎むのだろうか?


この本から感じるのは、在特会はとにかく「朝鮮系」が嫌いでしかたない。そのエネルギーは凄まじい。例えば「パチンコ店をみれば『日本人から金を奪うな』と看板を蹴り上げる」「焼き肉店のまえを通りすぎるさいには〈キムチ臭い〉と鼻をつまむ」「朝鮮人は出て行け。半島に帰れ…」

安田氏が取材した在特会のメンバー達だが、恐ろしいほど「普通の人」「穏やかな人」「普通のサラリーマン・OL」が多いのだ。しかも、ネット上の書き込み等から彼等の活動は始まっている。ネット上によく見られる、韓国人や在日韓国・朝鮮人へのレイシズムに満ちた罵りや、著しいゼノフォビアの心証風景は「私達の隣の人達の姿」である。街宣車に乗り、戦闘服に身を包み、コワモテで騒ぐ従来の右翼のイメージとはここが大きな違いだろう。

直接「在日」から被害を受けたのなら、彼等の動機もまだ理解出来る。何がここまで彼等を動かすのだろうか?

「漠然とした不安や不満」「誰かに向けざるを得ない漠然とした怒りや無力感」…これらが何かのキッカケで「身近にいる弱者」に向かうか、遠くの強大な権力に向うかの違い、とは良く言われる所だが、こうした如何にも穿った評論家的な見方だけで説明が尽くせるものではない。

彼等のデモ活動も、フジテレビへのデモも、反・脱原発デモも、もしかすると、ほんの少しのネジの掛け違いでどちらに向うかが決まるのかもしれない。

私は一度、芝公園で行われた反・脱原発デモに参加したことがある。いずれのデモにも共通するのは「世の中に対する激しい怒り」と思う。こうした活動は始めようとして始められるものではないし、止めようとして止められるものではない。

北朝鮮による拉致問題に始まり、竹島問題等により、日本人の韓国・北朝鮮に対する悪印象・嫌悪感は増すばかりである。在特会にとっては「追い風」であろう。

また、折り悪しく、キム・ヨナ選手がこうした時期に登場し、日本で最も人気の高い浅田選手を凌ぐ強さを発揮した。例の韓国嫌いや在日嫌いの連中がこれに乗じて跳梁跋扈している。彼女がソチ五輪を目指すとの発表に、今からウンザリしているフィギュアファンは少なくない。
ウンザリしているのはヨナ嫌いの人もそうでない人も同じなのだが…。

所で、在特会もフジテレへの抗議デモを企画した人達も、日の丸を掲げて歩く。日の丸と君が代と愛国心は共通のキーワードなようだ。それに続く言葉は当然「反日」「売国」…。

君が代と国旗掲揚を強制し、違反者をビシビシ処罰する維新の会が「国民の支持と期待を受ける」のも無理もない。



安田氏が著書の中で次の格言を挙げている。

「18世紀のイギリスの文学者、サミュエル・ジョンソンは『愛国心は卑怯者の最後の隠れ家である』という有名な警句を残した。だが、本当にそうなのか。在特会を見ている限りにおいて、愛国心とは寂しき者たちの最後の拠り所ではないかと感じてもしまうのだ」

安田氏に倣い、私は次の言葉を引用しよう。「右翼」が英雄視する三島由紀夫の言葉である。私はとても共鳴している。

…実は私は「愛国心」といふ言葉があまり好きではない。 何となく「愛妻家」といふ言葉に似た、背中のゾッとするやうな感じをおぼえる。この、好かない、といふ意味は、 一部の神経質な人たちが愛国心といふ言葉から感じる政治的アレルギーの症状とは、また少しちがつてゐる。 ただ何となく虫が好かず、さういふ言葉には、できることならソッポを向いてゐたいのである。

この言葉には官製のにほひがする。また、言葉としての由緒ややさしさがない。どことなく押しつけがましい。 反感を買ふのももつともだと思はれるものが、その底に揺曳してゐる。 では、どういふ言葉が好きなのかときかれると、去就に迷ふのである。愛国心の「愛」の字が私はきらひである。 自分がのがれやうもなく国の内部にゐて、国の一員であるにもかかはらず、その国といふものを向う側に 対象に置いて、わざわざそれを愛するといふのが、わざとらしくてきらひである。

中略…ふたたび愛国心の問題にかへると、愛国心は国境を以て閉ざされた愛が、「愛」といふ言葉で普遍的な擬装を してゐて、それがただちに人類愛につながつたり、アメリカ人もフランス人も日本人も愛国心においては 変りがない、といふ風に大ざつぱに普遍化されたりする。

これはどうもをかしい。もし愛国心が国境のところで終るものならば、それぞれの国の愛国心は、人類普遍の 感情に基づくものではなくて、辛うじて類推で結びつくものだと言はなくてはならぬ。アメリカ人の愛国心と 日本人の愛国心が全く同種のものならば、何だつて日米戦争が起つたのであらう。「愛国心」といふ言葉は、 この種の陥穽を含んでゐる。

中略… 日本のやうな国には、愛国心などといふ言葉はそぐはないのではないか。すつかり藤猛にお株をとられてしまつたが、 「大和魂」で十分ではないか…。

三島由紀夫「愛国心」より


公務員や公立学校の職員に限らず、近い将来、私立学校にも強制をする法律が出来るのではないか、との想像は決してマンガレベルの妄想ではあるまい。

国が躍起になって「愛国心」を強要した時代、庶民が決して良い思いをしなかったのが過去の歴史ではなかったか。


関連記事
スポンサーサイト

2012.07.07 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

心の拠り所。ナショナリズムとパトリシズム

片割月さん おはようございます

いや、全く同感です\(^o^)/

「愛」とは日々の生活の中で育まれ自然発生的に生まれる親密な感情だと思うんですね。だから、三島由紀夫が、

自分がのがれやうもなく国の内部にゐて、国の一員であるにもかかはらず、その国といふものを向う側に 対象に置いて、わざわざそれを愛するといふのが、わざとらしくてきらひである。

の気持ちは、すごく良くわります。「愛」という感情は、国という抽象的(あるいは人工的、便宜的、儀礼的)なものには決して向けられるものではないし、(だからそうするのかもしれませんが)「国家への愛」を強制(あるいは教育)するなどもってのほかです。

人間の生命とは不思議なもので、自分のために生きて自分のためだけに死ぬほど人間は強くない。(三島由紀夫)http://www.youtube.com/watch?v=aSmjpzm10sw#t=6m30 

というように、人間は生きていくための拠り所を必要とするのだと思います。拠り所が何かは人様々。三島由紀夫のようにスケールは大きくありませんが、私だったら本(あるいはネット)を読むことであったりフィギュアスケートを観ることであったりします。でもこれは、他人から強制されたものではなく、気がついたらやっていたもの。

人間がもし身近なところに生きる拠り所を失ったとき、何を拠り所として生きるのでしょうか!?

それが、安田氏が指摘した、
在特会を見ている限りにおいて、愛国心とは寂しき者たちの最後の拠り所ではないかと感じてもしまうのだ
なのだと思った。

追記2012.07.08/9:20 参考リンク
・⑪ 加藤 典洋 「ナショナリズムとパトリシズム」 その1 : 敷居学
http://hirakoue.exblog.jp/3193560/
・今、“かっこいい” ビジネスパーソンとは第3回 引き受ける力 宮台真司
http://www.business-plus.net/business/1003/114601.shtml
三島由紀夫が徴兵制や愛国教育 (例えば国旗国歌強制) に反対したのも同じです。彼によれば、強制は 「優等生病」 や 「一番病」 のエゴイズムを生み出すのです。

2012/07/08 (日) 08:59:35 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 心の拠り所。ナショナリズムとパトリシズム

ghoti様、こんばんは。

情報、ありがとうございます。

起立して歌わないと処罰される国は、中国や北朝鮮くらいでしょうか。

ウヨが最も嫌う国と同じような法律を作る政治家を、ウヨが支持するこの怪奇現象。

小田嶋隆氏が「日の丸弁当にも起立しないとイケナイようになるか?」と皮肉っていたのが痛快。

ウヨから反日・売国と罵倒される人間が大手を振っていられる国こそが真の自由と民主主義でしょうね(#^.^#)

2012/07/08 (日) 22:14:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ネトウヨ=単純に頭が悪い

>ウヨが最も嫌う国と同じような法律を作る政治家を、ウヨが支持するこの怪奇現象。
単純に頭が悪いのでしょう。その例として、貼っておきます。
頭の悪いネトウヨに応える冨永愛が男前だったの件(笑)私も暇人(^_-)-☆

ネトウヨhttp://twitter.com/lonlywild1999/status/221822851219595264
冨永愛http://twitter.com/Ai_Tominaga/status/221825399204749312

>ウヨから反日・売国と罵倒される人間が大手を振っていられる国こそが真の自由と民主主義でしょうね
御意。小沢一郎を貶めてるようじゃ日本(検察・マスコミなどの)自由民主主義はまだまだね。(そう言う意味では無罪判決にした裁判官はえらい)
私は小沢一郎支持です。
達増岩手県知事が民主離党表明 小沢新党に合流
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/07/2012070901001363.htm
『小沢一郎の「自由」』 達増 拓也
http://blog.livedoor.jp/tenmei2asobu-jinji0tukusi/archives/2257746.html

2012/07/09 (月) 18:48:01 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: ネトウヨ=単純に頭が悪い

ghoti様、こんばんは。

富永愛さん、素晴らしいですね\(^^@)/

ネットウヨというか、ただケンカを売りに来る輩は、

想像力(又は寛容の心)が不足している例が少なくないと思います。

ハワイ、アメリカ本土、ブラジル等、駐在の日本人や日系人が沢山暮らしています。

彼等がもしも「オメエら、ジャップは日本に帰れ!」と地元の「ウヨ」から言われたら?

こんな想像力も日本のウヨには欠如しているのでしょう。


小沢さんネ。。。

大阪維新の会とも連携を模索してるとか。。。プルータス、お前もか、です(苦笑)

維新の会に近づくような政治家や政党は私にとっては「圏外」です(^。^;)

2012/07/09 (月) 22:50:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。