安藤美姫選手は大丈夫なの?




「幸せになりたい…」安藤美姫が鬱状態? 現役続行表明もメンタルに不安 7月6日・メンズサイゾー

世界女王に輝いた後、昨季は競技を休んでいた女子フィギュアスケートの安藤美姫(24)。休息を取っていた一年間の間、親密だったニコライ・モロゾフコーチとの関係が破綻したとの報もあったが、実際、今年の春には契約をいったん解除したと言われている。再びコーチ契約を結ぶのかどうかは今のところ不明だが、ここ数日にわたって、安藤は自身のTwitterアカウントで意味深なつぶやきを繰り返している。

 7月2日、彼女は「I need the light in my life...I don't know what to do... I feel I am in lost...」と発言。要約すると、「人生には光(輝き)が必要だが、自分は今どうしたらいいのか分からず見失っている」という内容だ。これに対して、彼女と同じくモロゾフコーチに指導を受けたスケーターの村上大介が反応し、「君は強い女の子だよ!!」とリプライを飛ばして励ますも、安藤は「いつまで強くならなければいけないの? 自分自身を殺して強くなろうと耐えてきた…でも私は幸せになりたい」と返答。村上は励ましの言葉をかけ続けるが、「私はときどき、自分の個人的な生活(プライベート)を殺していると思うの」「今の私の置かれた立場では私自身の人生を生きられない」などと安藤はネガティブな姿勢を崩さない。

翌3日には「I born to die」と一言。直訳すれば「死ぬために生まれてきた」、だ。4日に「Hard and hurts」、辛くて痛い、と短い言葉で心情を吐露して更新は途絶えている。彼女のアカウントをフォローするファンたちは当然これを心配しており、「美姫、そんなこと言わないで」「愛するために生まれてきたんだよ」「元気出してね」「don't worry,be happy」と声をかけているが、反応はない。

6月末にはスイスで、イケメンスケーターとして日本でも人気のステファン・ランビエール(27)から振り付け指導を受け、ツーショット写真をアップするなどして元気な姿を見せていた安藤。ステファンのFacebookにも同様にツーショット写真が掲載され、「すわ、新恋人か?」と憶測を走らせるファンもいたようだ。
そして不穏なTwitter投稿の渦中にあった今月4日、東京都内で「次世代の憧れとなる個人や団体の女性」に贈られるという「ロレアル エトワール賞」の授賞式に出席した安藤は、今季、競技生活へ復帰すると明言。「GPシリーズ2戦は、いろいろ考えて、いろいろ悩んで、出ると決めた」と、11月に開催される中国杯とフランス杯への出場を発表した。この公式発表により、彼女が吹っ切れていたらいいのだが……。

「モロゾフコーチとの関係が良好でなくなったことが、メンタルに響いているのでは……。今季、SPの振り付けはステファンに依頼しているが、フリーの方はまだ“ひみつ”とのこと。彼女はモロゾフに深い信頼を置いていましたから、新しいコーチに乗り換えてもそう簡単にうまくいかないことは彼女自身わかっていると思いますし、やはりモロゾフにお願いすることになるのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

10代の頃は精神的に安定せず、パパラッチにも悩まされた安藤。彼女は良くも悪くも「普通の魅力的な女の子」だった。トリノ五輪での惨敗を経て、自分に自信を持ちアスリートとしても一回り成長したように見えたが、モロゾフとの路上大ゲンカが目撃され破局がささやかれ始めた昨秋の「ジャパン・オープン」では、新プログラムを披露したものの7つのジャンプすべてを綺麗にまとめることができず精彩を欠いた。プライベートでの不調が演技に影響を及ぼすのは致し方ないことであり、誰も彼女に「スケートに人生を捧げてプライベートは犠牲にしろ」など強制する権利はない。しかし現役続行を表明した以上、少なくとも彼女を支えるスタッフやスポンサーのためにも競技に全力を傾けることが必要となるだろう。まだ迷いを抱えているならば、自らを見つめ直す猶予期間をもう少し取らせてもらってもいいのではないだろうか。

「それは許されませんよ。韓国のキム・ヨナも現役復帰を発表しましたし、これ以上休めば体力的にも技術的にも本格復帰は遠退くだけ。それに今季のグランプリシリーズに出場するという契約に彼女はもうサインしてしまった」(前同)

だが、彼女は4月に受けたインタビューで「まだまだ試合に向けての気持ち・目標が見えて来なくて……ちょっと苦戦中」「サインを求められた際には、あまり考える時間がなかった」と、グランプリシリーズ出場契約に関する正直な心境を明かしていた。本調子でない状態で競技生活を再開しても、いい結果を残せなければマスコミにはまた叩かれるであろうことは想像に難くなく、本人も承知しているだろう。だからこそプレッシャーと闘い、苦悩しているのかもしれない。あと4カ月程度でシーズンの幕が開ける。安藤はそれまでに気持ちを整えることができるだろうか。


もしかすると、以下の内容も関係しているのか?



安藤美姫、モロゾフ氏とのコーチ関係解消 読売新聞7月7日(土)

日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア部長は7日、2007、11年の世界選手権女王の安藤美姫(トヨタ自動車)が、これまで師事したニコライ・モロゾフ氏とコーチ関係を解消していたことを明らかにした。

後任は未定という。


安藤美姫ファンとして、とても残念に思う。


安藤選手はよく知っているハズでしょう?
ネット上に公開されているTwitterのつぶやきが人の耳目を集めるであろうこと、こうしたつぶやきが批判を招くであろうこと、心無いバッシングを呼び起こすであること、余計な憶測(大抵は良くない方に解釈される)を齎すこと、ファンをいたずらに心配させ、あるいは、失望させるであろうことも。。。

英語で書くというのもどこか気障というか、イヤラシイと感じさせる。しかも、余計に誤解を招く危険がある。

過去、心無い沢山の手紙に人一倍傷ついて来た選手が、自ら再びそれを招くような行為をするのは、如何なる心境のなせる技だろうか?私には類推が不可能だ。悩みを打ち明ける身内や友人が居ないとは思えない。

今のところ、メディアの記事は彼女に対し同情的なのは幸いと思う。

今回の件では私は失望組である。いつまでもグダグダとした内容を垂れ流すことにウンザリしている。情けなくなる。嫌なら見なければ良い、という考え方もあるが、ファンであれば見たくなるのが当たり前だ。

個人的な悩みや愚痴を語るのは良い。話すことで半分くらいは悩みや苦しみが解消するから。しかし、それは公開の場ですることではないと思う。しかも、安藤選手は日本女子フィギュア陣を代表する立場に居るのだ。

もう分かったから。いつまでもそんなに悩み、苦しみもがくなら、復帰は止めればいい。こんな安藤選手の姿は見たくない。GPSの「誓約書」にサインをしたと言っても、取り消す口実くらい、何とでもなろう。

そして、本人が心から楽しめるアイスショーを本職とするプロスケーターとして歩むことを宣言して欲しい。ファンはそれでも十分に嬉しいことなのだ。



関連記事
スポンサーサイト

2012.07.08 | | コメント(14) | トラックバック(0) | 日本人選手達



コメント

安藤さんらしいな(笑)

>今回の件では私は失望組である。いつまでもグダグダとした内容を垂れ流すことにウンザリしている。情けなくなる。嫌なら見なければ良い、という考え方もあるが、ファンであれば見たくなるのが当たり前だ。<

こういう見方の人が多いから

>「私はときどき、自分の個人的な生活(プライベート)を殺していると思うの」「今の私の置かれた立場では私自身の人生を生きられない」などと安藤はネガティブな姿勢を崩さない。<

こういう発言につながると思うのだけどね。ツイッターで漏らすのはそういう表向きには吐露できない部分を吐き出す場のはずだから、こういうところで愚痴を吐き出さなければ、ストレスのたまる性格だと思う。

この部分が浅田さんとは対照的であり、その部分の好みでファンが分かれるのだと思う。

優等生的に必死に愚痴を言わずに耐える人を好むか、愚痴を言うことで発散しながら歩む人か。

周りの求めるものはわかっていても、当の本人にすれば「なら代わりにやってよ」と思いたくなる部分は必ずある。

そういう気持ちは仕事柄、常に思うので非常に理解できる。

自分たちは、肩代わりする能力もないのに、自分たちの理想とする形だけを押し付ける。

「そう思うのなら。お前がわしの代わりをしろ。」といいたくなるのを我慢するのはつらいものだ。

2012/07/08 (日) 09:49:59 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 安藤さんらしいな(笑)

バルタン様、こんばんは。

>安藤さんらしいな

はい。然り、ごもっともです。

最初は「また始まったな。でも、無理もないよね」くらいに思っていましたが。。。

ここまで来ますと…度を越しているように感じてしまいます。

>ツイッターで漏らすのはそういう表向きには吐露できない部分を吐き出す場のはずだから

ここの論旨ですが、矛盾していませんか?

不特定多数の人間が見れるツイッターは「表向き」の場ではないでしょうか?

>優等生的に必死に愚痴を言わずに耐える人を好むか、愚痴を言うことで発散しながら歩む人か。

イエ、そういうことではなく、安藤選手がこのような愚痴をいつまでも流し続けることで、また世の非難を浴び、深く傷つく事になりはしないかと、私は恐れているの。

まあ、私がここで心配したところで、どうにもなりませんけど。

たまに愚痴を言うのは良いのです。私だって、今ここで安藤選手への愚痴を垂らしています(^。^;)

ただ、自分の好きな選手がカッコ悪い事を延々と続けているのは堪らないです。

>自分たちは、肩代わりする能力もないのに、自分たちの理想とする形だけを押し付ける

別に私は理想など押し付けているつもりはありませんが…。

安藤さん、分かったから、もうこれ以上は止めて欲しい、と思うだけの話しです。

2012/07/08 (日) 22:35:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

(笑)

>自分たちは、肩代わりする能力もないのに、自分たちの理想とする形だけを押し付ける

↑ これは私の仕事上の愚痴(笑)


>不特定多数の人間が見れるツイッターは「表向き」の場ではないでしょうか?<

この部分に関しては、私と片割月さんとのツイッターというものに対する価値観の違いなんだと思う。
ネットで初めに、個人の情報発信として始まったのが、ホームページであり、そこから簡便性を求めて、ブログやツイッターが生まれてきた。

けれどもホームページやブログと違い、ツイッターはあくまでも即時性の消費情報だと捉えている。
ホームページやブログは、情報の発信元としての責任を求められるけれども、ツイッターはその部分を緩和しようとして生まれたものだと捉えている。

だから、安藤さんのような愚痴の発散の場として見ているから、一過性のものとしてしか捉えていない。

日常生活でも、「言わなきゃ良かったー」と後悔するようなことを言う事もある。

もっともそういう点で、情報発信ということに関して、「同じことを繰り返しているな~~」とは思うけど、それって普通の人の行動でも良くあることだと思うけどね。

「三つ子の魂百まで」とは良く言ったものだよ。(笑)

2012/07/08 (日) 23:51:05 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: (笑)

>これは私の仕事上の愚痴(笑)

これまでのコメントから察しますに、バルタン様もお仕事でかなり深刻?な不満がありそうですね(^。^;)

まあ、会社や上司に対し、不満の無いビジネスマンはいませんからね。私もそうですが(^^ゞ

同じように不満を持つ研修生に私が常に伝えていることは、

「相手のやり方や考え方を変えることは極めて困難。しかし、自分のやり方や考え方を変えることは出来る。何かに行き詰ったら、相手より自分が変わる努力を続けていれば、解決の糸口が見つかる可能性が高い」です。

ツイッターに対する価値観…なるほど!そういう理屈や解釈もありましたか。

たとえ即時性、一過性のつぶやき、であっても、記録は残ってしまいますからね。。。


>「三つ子の魂百まで」とは良く言ったものだよ。(笑)

「朱に交われば赤くなる」とも言います(^0^)/

もって生まれた性格はなかなか変わらないものですが、行動習慣や考え方を変えることはいくらでも出来ます。

私などは、例えば、フィギュアスケートに対する考え方は2年前とはかなり変わりました(笑)

2012/07/09 (月) 00:23:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

失礼します。

はじめまして。彼女は例のツイートの後http://www.youtube.com/watch?v=PvJA1nGgP4I&feature=relatedインタビューにこう答えています。この映像以前につぶやいたものを記事にするマスコミに悪意を感じます。コーチとの師弟関係解消も、去年にはもうわかっていたこと。それを今更持ち出して、いかにも、モロゾフ関係で落ち込んでいるような印象操作のやりかたには、心底腹が立ちます。そして、それを鵜呑みにしている下衆な人たちにも。

今年で25歳。彼女にとっては人生の岐路にあるんだと思います。誰しも思い悩む時期。アスリートというだけで、無責任に批判する人たちって自分はよほど立派な人生を歩んできたんでしょうね。

2012/07/09 (月) 07:04:05 | URL | いち #iTjQ6kIY [ 編集 ]

Re:失礼します。

いちさん はじめまして

動画の紹介、ありがとうございます。
いちさんの気持ち、お察しします。

マスコミは個々の事実を(意図=方針のもとに)編集して報道します。
ですから、Tweet行為については、支持します(Tweetの内容について、私は意見を持ちません)。

Tweetするという行為は、マスコミに媒介されない、本人の意思表示です。そういうこと(様々な心模様、本心であるとは限りません)を吐露してみたいという衝動だと、思うからです。(安藤選手の場合は測りかねますが、少なくとも私の場合はそうです)

>アスリートというだけで、無責任に批判する人たちって自分はよほど立派な人生を歩んできたんでしょうね。

人の心は鏡の如し。と申します。もしかしたら、安藤選手の発信内容(と行為)に、自分の心を見たのかもしれません。

2012/07/09 (月) 09:09:52 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 失礼します。

いち様、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

いち様のコメントですが、私の今回の記事内容についてのご批判であれば、甘んじて受けるしかありません。

書かれた内容はごもっともなことで、私は反論など出来ません。

しかも、そのようなご意見や批判も当然あるであろうことは、承知の上で書きましたので。

>自分はよほど立派な人生を歩んできたんでしょうね。

すみません。私の発言などは、フィギュア界から見れば蚊帳の外でしかありません(^。^;)

少しだけ弁解させて頂きますと、これはアンチとしての批判ではなくファンとしての私の正直な感想です。

海千山千のマスコミの悪意など、何十年も前から変わらぬこと。

それを誰よりも身にしみて知っているハズの安藤選手が…との歯がゆい思いから、少々批判といいますか、

私のボヤキを書いたのです。

2012/07/09 (月) 22:33:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

そのツイートについてのただの印象記
(オリジナルを見てませんし、動画も見てません。)

ツイートは、自分に向かってのものかもしれませんし、不特定多数に心情をのぞかせたものかもしれませんが、私は、当然、特定の誰かを想定して書いていると察するのですが、どうでしょう? ・・・つまり、仮想的に人前で誰かを詰っている感覚です。

自分に向けて、あるいは不特定多数に対して、という心情が、自分としてピンとこなかったので、失礼して野次馬させていただきました。

たとえば、仲のよい友人が人まで取り乱していたら「やめとけ」といいたくなる心情はごもっともです。

・・・ 的外れの節は、ご容赦を。

2012/07/10 (火) 03:55:00 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

TINAと呼ばれる説得論法

片割月さん おはようございます。

>自分たちは、肩代わりする能力もないのに、自分たちの理想とする形だけを押し付ける
情報班より業務連絡。いい話やね!ってことで貼っておきます。デモと対案出せ論法についての小沢健二の文章。http://lucian.uchicago.edu/blogs/atomicage/2012/07/12/fridaysintokyo-ozawakenji/

類する話として、これも良かったので貼っておきます。『ブレードランナー』(フィリップ・K・ディック)。「(世界はいくつもあるのだから)戦うのではなく逃げるのだ」(坂口恭平)/【坂口恭平②:田村淳のNews CLUB 12年7月9日】http://www.youtube.com/watch?v=l7lG3ptc4RU#t=2m5s

日本的な作法 〈任せて文句を言う作法〉 & 〈空気に縛られる作法〉
あるべき作法 〈引き受けて考える作法〉 & 〈合理を尊重する作法〉 宮台真司
http://www.deguchi-hiroshi.com/taidan/taidan8/taidan8_7.html



私はというと、会社務めしてたとき、後輩から、辞めちまえとか文句ばかり言われてた。ホントにそう思ったので、会社を辞めました。送別会の時、その後輩がまさかホントに辞めるとは思ってなかったって言ってた(´▽`*)アハハ

私は「できのわるいもの」を寛容、できれば歓待http://ow.ly/ccXmX する社会がいいな\(^o^)/いじめの構造。排除の構造。/いじめについて (内田樹の研究室)http://blog.tatsuru.com/2012/07/12_1033.php

2012/07/13 (金) 08:32:23 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: TINAと呼ばれる説得論法

ghoti様、こんばんは。

>デモと対案出せ論法

これ、ケースバイケースだと思います。何事も「対案出せ」ではないし、さりとて、対案を出さずに反対するだけなら誰だって簡単に言える、という場合もありますね。

使えば人類を終わりにしてしまう核兵器については、反対・根絶に対案など必要無いと思います。

しかし、急進的原発反対や原発再稼働反対については今、ここで、現実の迫った生活がありますので「それに代わる電力エネルギーは今どうするのか?」という対案は必要と思います。
(電力は有り余っているのに電力会社がこれを「人質」にして脅迫している、との意見には私は慎重派です)

私は漸次的原発の脱却を図りつつも、当面は原発の使用・併用はやむを得ないと考えています。

>「できのわるいもの」を寛容、できれば歓待

同感です。

2割・6割・2割の法則でしたっけ?

どの組織や集団にも、優秀な人材は2割、普通が6割、できのわるいのが2割、存在すると(^。^;)

できのわるい2割がいる「御陰?」で、残りの8割の意味が出てくる訳でして(-^〇^-)

いつの時代にもイジメはありますし、無能な教師がいます。

大津市のイジメと自殺の事件は悲惨ですが、ここで大切なことは、この事例であたかも日本全体がそうであるかのような大げさなメディアの論調、学者の尤もらしい解説に惑わされないことだと私は思っています。
(別に内田氏の論文がどうのこうの、ということではなくて。誤解無きよう(汗))

>後輩から、辞めちまえとか文句ばかり言われてた

ふ~ん。。。こういうの珍しくないですか?

普通は会社や上司・先輩から言われるものですが(-_-;)

で、上司に辞表を叩きつけて辞めた、と自慢する人がいますけどね。私のことだったりして(^<^)

2012/07/14 (土) 00:47:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

2*Re: TINAと呼ばれる説得論法

>大津市のイジメと自殺の事件は悲惨ですが、ここで大切なことは、この事例であたかも日本全体がそうであるかのような大げさなメディアの論調、学者の尤もらしい解説に惑わされないことだと私は思っています。(別に内田氏の論文がどうのこうの、ということではなくて。誤解無きよう(汗))
私もそう思います。いじめに限らず未解決のものについては正解はありません。従って、誤解については世の中すべて誤解ですのでその辺りはわきまえておるつもりであります。人間のやることですから一律な答えはないと思います。個人の問題は社会と個人の対策が必要でしょう。

ということで、情報班のお仕事として、いじめについて、様々な視点。ということでとりあえず貼っておきます。ご興味があればご覧くださいませ。

内藤朝雄http://d.hatena.ne.jp/essa/20070108/p1 内田樹http://blog.tatsuru.com/2012/07/13_1032.php 宮台真司http://www.youtube.com/watch?v=eZL3pR0bwzc 大西宏http://blogos.com/article/42975/

>で、上司に辞表を叩きつけて辞めた、と自慢する人がいますけどね。私のことだったりして(^<^)
おう、武勇伝、素晴らしい\(^o^)/私は平社員の経験しかありませんが、気持は総理大臣(←後輩が言ってったのね)でしたので、仕事ができなかったら辞めるしかないわけです(^_-)-☆

2012/07/14 (土) 02:16:39 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 2*Re: TINAと呼ばれる説得論法

ghoti様、こんばんは。
色々な方面のいじめ論、ありがとうございます。

私は

1、如何なるいじめも=100%悪である、との認識に立つこと。

2、教師も大人もいじめられた側に100%味方すること。

これに尽きると考えています。

いじめ=強者(一人でも複数でも)による弱者(肉体的・精神的に)をいたぶる行為です。

一人の強い子(肉体的にも精神的にも)が複数の子からいたぶられても「いじめ」にならない。

よく、いじめられる側にも問題がある、いじめたくなる理由がある、

などと言う人がいますが、コレ自体がいじめの擁護に繋がりかねないものでナンセンスと思います。

また、曽我綾子氏のように「いじめられる側がもっと強くなれ!」と叱咤する人がいますが、

この主張は大人向けであれば私も分りますが、子供にはナンセンスと思います。

2012/07/15 (日) 00:18:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

難しい問題だと思うが(笑)

1、如何なるいじめも=100%悪である、との認識に立つこと。

2、教師も大人もいじめられた側に100%味方すること。


↑ この手法は、逆の意味でのいじめを生み出す可能性がある。

加害者と被害者の立場の逆転を生み出す。

必要以上の加担は、避けるべきというのが私の見方だけどね。
いつの間にか記事の内容とは離れてしまってるけどね。(笑)

あくまでも問題は当事者間の中で終結をさせるべきで、徒党を組んで加害者を批判するというのは、よほどのことでない限りは自重すべきだろう。

犯罪性があったのかどうか、この手の問題は昔から不良学生と呼ばれる存在はいて、常に発生している。

羊の皮をかぶった狼はどこにでもいる。
問題は、その場を管理するはずの教員がどこまで手出しが出来るのかという点に尽きる。

教員の体格的な問題や、親の職業的な問題(断定は出来ないけれども、この部分の要素はかなり大きい。暴力的な親の子供は暴力的になる傾向はある)など複雑な要素があって手出しがままならない事も考えられる。

教師自らが教師の権威を下げてきたという事実もあるが、教師の権威を落としてきたのはモンスターペアレンツの存在も否定しがたい。

警官と違い、自らが武装して優位な立場に立てるのではなく、社会的概念として尊敬を与えられ神聖化されなければ、独立した自我を持つ発達途上の青少年の指導など出来るはずがない。

2012/07/15 (日) 02:35:08 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 難しい問題だと思うが(笑)

バルタン様、おはようございます。

私の言葉が足らなかったのでしょう、少々誤解があるようです(苦笑)

私の主張はあくまで当事者の「担任教師の立場」を想定したものです。

従いまして、
>徒党を組んで加害者を批判する

は、私の頭にはありませんし、今メディアやネット上で騒々しくやっているような過激な加害者晒し、加害者叩き、の如き論調に与するものではありません。


今回のいじめ事件は、昔の学園ドラマの常套手段「アホ息子と父親のPTA会長の倣岸ぶり」と「ここは皆さん、どうか、穏便に、穏便に願います」と事なかれ主義に徹する校長…そんなものを思い出しました。
案外、学園ドラマは物事の本質を浮き彫りにしていたのかも(笑)

学校が当事者の「担任教師」を庇いまくる構図は、私もささやかながら経験しています(笑)
(過去の記事にアップしたように)

一つだけ大きく違うのは「正義感に溢れる」若い教師の存在が希薄なことでしょうか。

2012/07/15 (日) 10:10:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR