やめとけ、やめとけ!




石原知事、消費税巡る「維新」の重点公約否定 2012年07月13日読売新聞

東京都の石原慎太郎知事は13日の記者会見で、次期衆院選に向けて互いに連携を模索している地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)が、重点公約に位置づける消費税の地方税化について、「無理だと思う」と否定的な見解を示した。

石原知事は「税制を各県や自治体が自分で決めることになったら、日本のように狭小で人口が密集しているところでは、いろんな混乱が起こってくると思う」と語った。

維新の重点公約を巡っては、憲法9条の是非を問う国民投票についても見解が異なっている。


石原都知事、大阪維新の会と手を組むのは、やめときんしゃい!!

有頂天市長は曲がりなりにも脱原発派。一方の都知事は原発推進派で、まったく意見が合いません。

しかも、有頂天氏は(国政の経験がゼロなのに)国会議員はどいつもこいつもアホばっかり、と己をまるで神か正義の側に立ったような「のぼせ上がり」振り。

政策の中身の賛否はともあれ、石原都知事は国政の経験も豊かな政治家。では、あの「オレが、オレが!」の有頂天氏が石原氏のアドバイスや意見に「謙虚に」耳を傾けると思うか?従うと思う?あるわけないでしょう。自分くらい優秀な人間は居ないと思い込んでいる人だから。

石原氏から見れば、有頂天氏など「この若造が!」でしかないはず。手を組むのはやめておいた方が良いと思うけどね。

石原氏は最近、朝日新聞にはエラクご立腹であらせられるご様子。しかし、有頂天氏から受けるであろう「侮辱」はそんなもんじゃないと思うけど。

私の予想(願望も含む)だけど、有頂天氏の「賞味期限」は短いと思う。

関連記事
スポンサーサイト

2012.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR