スピンの名手による匠の技を堪能する





ルシンダ・ルー(スイス)この時19才


ナタリー・クリーグ(スイス)この時16才



ルシンダ・ルー選手の最後のコンビネーションスピンの構成。
1. キャメル
2. 変形シット
・チェンジフット
3. パンケーキ
4. バックスクラッチ

ナタリー・クリーグ選手の最後のコンビネーションスピンの構成。
1. ウィンドミル
2. A字
3. パール
4. ビールマン
・ チェンジフット
5. シット
6. I字

これ以上の分析は私には不可能(^。^;)


何回見ても惚れ惚れとして見入ってしまいます。凄すぎて鳥肌が立ちます。
これもまた、フィギュアスケートの醍醐味!!

コンビネーションスピンは種類の豊富さと回転の速さでクリーグ選手が優り、優雅さと独創性ではルー選手が優るか。
それと、ルー選手の最初のレイバックスピンは芸術品!
クリーグ選手のレイバックも高速で凄いけど、美しさでルー選手が優るか。

スピンは力学的に鑑みて、細長い体型の選手の方が有利な感じがしますが、クリーグ選手は失礼ながら西欧人には珍しいズングリとした日本人的体型でこれだけのスピンをするのが凄いと思います。

ルー選手もクリーグ選手もジャンプの方がイマイチなのが惜しかったですね。リレハンメル五輪の時、解説の五十嵐文男さんが「クリーグ選手のようにスピンが上手い人はジャンプも(もっと上手く)跳べるハズなんですけどね」と言っていたのが印象的でした。スピンとジャンプの技術、又はセンスには相関関係があるのでしょうか。

スピンだけでこれだけの拍手喝采を浴びるスケーターは今は稀ですね。辛うじてシズニー選手くらいか。
スイスにはこの二人以外にビールマン選手やランビエール選手のようなスピンの名手がいます。

これだけスピンの名手を輩出するということは、単に選手個人の資質というよりも、スイスにはスピンの隠れた名コーチがいるのか、ほかの国には知られていないスピンの「秘伝」「ノウハウ」があるのでしょうか?
こういうスピンの秘密こそ、野口氏や田村氏が取材して欲しいですね。

ルシンダ・ルー選手は東京で佐藤信夫コーチの指導を受けていたことがあるそうで。また、アルトゥニアンコーチの時代に浅田真央選手にスピンのコーチをしていたこともあるとか。

現行のルールだと果たして二人の名手によるスピンはレベル4+加点たっぷり、になるのでしょうか?
ルールが変わることで新しく開発される技術があれば、失われて行く技術もあるということでしょうか。



関連記事
スポンサーサイト

2012.07.19 | | コメント(7) | トラックバック(0) | ルール・採点・技術関連



コメント

素晴らしい

片割月さん おはようございます

ルシンダ・ルー選手初めてです。素晴らしいの一言に尽きます。紹介ありがとうございます。
まだまだ知らない素晴らしい選手がたくさんいるんだなと。

スピードもすごいですが、何より形がいい。
ただ映像が良くないのか、私の感覚がそうさせるのか、忙しく感じてしまうところがある。

それで思い出したのが太田由希奈さん。
スピン(に限らずスケート全体に言えることですが)形の美しさは天下一品なものがありますが、加えて動の形といいますか、
緩急の絶妙の間合いがあり、この間合いがとっても心地いい。のを思い出しました。

特に好きなのが、この二つ。
Skate Canada 2003 SP ピカソダンス
http://www.youtube.com/watch?v=qVExp2-RXMA
Jr.World Championships 2003 FS トゥーランドット
http://www.youtube.com/watch?v=4uH2JCLUi4s

追記2012.07.20/16:49
それから、マイブームなのが、4人目のポリーナ(バレエですが笑)。
http://www.kira-ku.com/animation/category/id/55390/video/UaO7bS5Ky6M
おまけ。今朝見て感動\(^o^)/
Les Uns et les Autres 愛と哀しみのボレロ」(ニコ動)。隣り合わせた人たちそれぞれの人生の場面場面。出逢い別れそして出逢いまた別れる(悲しみと喜び)の交錯がめまぐるしい。最後の。ジョルジュドンが踊るボレロは圧巻。それを見つめるそれぞれの人たちの顔と顔に様々な思いがよぎる。動画(最後の12分) http://yumetamanet.blog25.fc2.com/blog-entry-65.html

自分(たち)と他人(たち)」はちょっと冷たい感じ「人生いろいろ」だと小泉元首相とか演歌みたいだし、・・・、うう、どんな日本語がいいのだろう。「いわゆるその一つの人生」だと田中角栄だし「あるいはかの人生」どうなんだろう?「互の人生」が無難か・・・。

http://class.kitakama-france.com/index.php?l%27un_l%27autre
l'un と l'autre の間に前置詞ではなく接続詞(et, ou など)が入る
l'un... l'autre... で「一方は... 他方は...」「 あるものは... またあるものは...」←決定

2012/07/20 (金) 06:05:49 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

私にとって Blues For Klook といえば、ウソワ・ズーリン組以外では

ルシンダ・ルーのこれと、
http://www.youtube.com/watch?v=_8VfUTKQkBU

ヤグディンのこれ(振付けはズーリンらしいです)
http://www.youtube.com/watch?v=B8agqj6A2Sw

おかげで高橋選手のプログラムは良くも悪くも
ものすごくまっとうに見えました。

2012/07/20 (金) 15:52:52 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: 素晴らしい

ghoti様、こんばんは。

太田由希奈さんのレイバックスピンは私も何度も見てウットリさせられました(#^.^#)

ドンさんのボレロも生では見たことがありませんが、絶品ですね。

フィギュアのメインディッシュはジャンプやステップワークや表現世界で、スピンはデザートくらいの位置付けですが、ここに登場しているスケーター達のように、スピンがメインディッシュになるって凄いですよね。

バレエのターンも見所の一つですよね。
私は一度だけ吉田都さんの演技を見たことがありますが、ターンが軽やかで浮遊しているかのようでした。

2012/07/20 (金) 22:28:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、こんばんは。

素敵な動画、ありがとうございます。

ルーさんの衣装が。。。(^^)
何か、すっごい、危ない衣装かな(^。^;)
日本の女子スケーターでは考えられないですね。

やはり、スピンがメインディッシュですね。
私が引用した動画の演技より、こちらの方がずっと見応えがしますね。凄すぎます(-_-;)


ヤグ様のBlues For Klookは、高橋大輔選手の記事で私も取り上げていますので、
お時間がありましたら、見てやってくださいなんし(#^.^#)

2012/07/20 (金) 22:52:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ルシンダ・ルーのこの衣装を初めて見たとき、C3POかと思いました。
彼女のパンケーキは花が開くように見えるので、スカートのひらひらがあったほうがよいと思うんですけどね。

ヤグディンのブルースは既出でしたか、失礼しました!

今、その記事を読んできました。
私は、昨季の高橋選手のSPとFSでは、「In The Garden of Souls」のほうが、高橋選手の良さを引き出しているだけでなく、弱点を見せないという点でも優れたプログラムだと思います。

ウィルソン氏、カメレンゴ氏、宮本氏の3者を比べると、高橋選手の魅力や強みに関しては3人とも非常に良くわかっているはずですが、彼の弱点や苦手についての理解度は、まさにこの順番じゃないかと思います。

宮本氏は、「大輔のスケートに弱点や苦手など無い!」というファンの視点で振付けをしてしまっている場合がときにあるように感じます。つまり、「既存のファンには評判が良いけど、新たなファンを獲得することができないプログラム」を作ってしまう場合がある、という意味です。
「音楽なしで滑らせてみたい」という発言にも同じ感想を持ちました。

高橋選手は、音楽の身体表現がトップ選手の中でも非常に優れていて、滑りこなせる楽曲の幅の広さは異端とも言えるほどですが、「音楽あってのフィギュアスケート」という点では実に王道を行っているというのが私の考えです。音楽は高橋選手のもっとも強力な右腕でしょう。
それに対してチャン選手は、音楽なしでも滑りが完結しているように見えるのです。
これは諸刃の剣で、フィギュアスケートにおける音楽の重要性を非常に重くとらえている人にとっては、何を滑っても同じ印象を与えかねません。
ただ、音楽なしでこの2人が滑ったら、チャン選手のほうが圧倒的に見栄えがすると思いますよ。
宮本氏はライバルのことは眼中に無いのかもしれませんが・・・。

2012/07/21 (土) 07:14:49 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

音楽の重要性を非常に重くとらえている人にとっては、

じゃなくて、

音楽の重要性を非常に重くとらえている人に対しては、

ですね。ごめんなさい。

2012/07/21 (土) 15:07:59 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、こんばんは。

>C3POかと思いました。

笑った(-^〇^-)

キャバクラ研究家のghoti様なら「これは、ストリップの金粉ショーだろ」と言うのでは(^Д^)


ドロンパ様の「高橋・チャン対比論序説」には感服いたしました。

高橋選手がミスター・フリースケーティングなら、チャン選手はミスター・フィギュアスケーティング、
とする私の意見に繋がるようにも思いました。

>これは諸刃の剣で、フィギュアスケートにおける音楽の重要性を非常に重くとらえている人にとっては、何を滑っても同じ印象を与えかねません。

フムフム。これは鋭い考察かもしれませんね。

誰がどんな音楽で振り付けても、結局、高橋大輔ワールドになってしまう、と感じることがあります。

2012/07/21 (土) 22:10:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR