時事アレコレ





脱原発団体、首相と面会後に批判 「面会はパフォーマンス」 (2012年8月22日・福井新聞)

脱原発を求めて官邸前抗議行動を呼び掛けている市民団体の代表メンバーらは22日、野田佳彦首相との面会後、記者会見し「面会はパフォーマンス」と切り捨てた。
スポークスマン役のミサオ・レッドウルフさんは「国民の8割は脱原発を求めているのに、国会議員には反映されず、間接民主制は機能していない。最近ようやく同調してくれる議員が出てきた」と抗議行動の意義を強調した。
だが「面会時間は五輪選手と比べると相当短く、パフォーマンス。政局絡みの可能性もある。われわれの要求も首相の心に響かなかった」と憤った。

そもそも野田総理は市民団体と会うべきではなかった。例外も例外、特例も特例で総理が会っても、結局はこういう結果となることは目に見えていた。

市民団体とか市民運動家というのは、当局に文句つけるのが商売。特例で面会を受け入れたことへの感謝の気持ちなど微塵も無い(総理が自ら面会など自民党政権では夢想だにできないことだ)。こうした鼻につく独善的な態度も、脱・反原発運動が必ずしも全国民的な支持をうけない又は批判的に受け止められる原因と思う。「心に響かない」ワケは相手の問題とは限らず、自分達の問題もあるだろうとは、考えないのか。


しかも、代表のMisao Redwolfとやらは、ツイッターで「反対運動で動いたりデモや抗議に参加している仲間がその過労や心労のせいで病気になったり死んだりしたら、ぬくぬくと高給とって原発推進しているあんたらを殺すからね」と書くような人物。


で、家にこんなチラシが。

日頃より東京電力の電気をお使いいただき、誠にありがとうございます。弊社福島第一原子力発電所の事故から一年以上経過しておりますが、今なお、皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます。
さて、弊社は、火力発電の燃料費等の大幅な増加にともない、電気料金の値上げを経済産業大臣に申請し国の査定を受けておりましたが、平均8.46%の値上げにて認可をいただき、平成24年9月1日から実施させていただくこととなりました。お客さまに多大なご負担をお願いいたしますことを重ねて深くお詫び申し上げます。
弊社は、新たな経営陣のもと、さらなる経営合理化を徹底するとともに、お客さまからの様々なご意見・ご指摘を真摯に受け止め、経営や業務を変革してまいります。
今後も、電気の安定供給に全力で努めてまいりますので、何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

嬉しいわ。泣ける。値上がり分のツケは市民団体・市民運動家に回して欲しいわ。

市民運動家や左翼はしばしば「正義」をかざすが、その正義たるものは唯一絶対ではなく、人により、立場により、その数だけ正義があるものだ。脱・反原発で会社経営が傾く、職を失う、命の危険に晒される、電気料金の値上げに泣かされる、そういった人々にとっては正義どころか悪かもしれないのだ。

たかが電気と言うのであれば、自ら率先して電気の消費を大幅カットしてもらいたい。冷暖房はもちろん止めて、団扇と囲炉裏にするとかね。ポットも無用。テレビもやめて、新聞のみで。そうすれば国民的支持は大幅に増すと思う。



竹島問題で佐藤優氏が語った下記の主旨には私も同感。

…政府は、『竹島の日』を定め、竹島問題に対する国民の理解と関心を一層深め、竹島返還運動を全国的に展開すべきである。」というような内容を盛り込めばいいと思う。

そして、衆議院と参議院が「竹島返還に関する決議」を採択したら、それぞれの院が韓国に代表団を派遣し、韓国の大統領、国会議長に決議文の韓国語訳を渡すのだ。韓国が代表団の受け入れを拒否する場合、国際的に韓国は孤立する。

積極的な外交攻勢を政府、国会が一体となってかけなくてはならない。情けないことに、どうも国会議員の大多数は、日本国首相の親書が送り返されることが持つ深刻さをよくわかっていないようだ。今は内輪揉めをしてういるときではない。韓国の横暴な対応に、国家と国民が一体になって反撃しなくてはならない。(2012年8月22日)

日韓通貨スワップ協定も見直すでしょう。一部の右翼のように韓国側の挑発に乗って金切り声を張り上げることなく、粛々と対抗策を打てば良いと思う。極めて慎重に構えるべき相手は中国だ。

それにしても韓国政府はアホだと思う。日韓関係が悪化して喜ぶのは誰か少しは考えたらどうか。アンタラもアメリカ軍が守ってくれると思って、アチコチでケンカ売っているのだろうね。


大阪の有頂天市長は益々エスカレートしている模様。今度は従軍慰安婦問題について偉そうに曰わったとか。
地方自治体の首長に何でもマイクを向けるマスコミが煽る。
以前、有頂天市長が野田総理を「誉めた」との報道があった。呆れた。アンタさ、何様かい?市長が総理を誉めるって、アンタは総理の上の位の人間か?コイツの自惚れ振りは底なしだ。

テレビ・マスコミが育てた政治家が地方でどんな政策を実施しようが私にはどうでもいいが、有頂天氏は国政に打って出るから無関心ではいられぬ。

有頂天氏と野暮天右翼政治家がくっつけば、国政は阿修羅と化すであろう。


関連記事
スポンサーサイト

2012.08.23 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 政治・社会



コメント

佐藤優氏に賛成

゛竹島の日゛を定めて、国民の理解を深める案は大賛成ですね。

粛々と冷静な対応を進める傍らで、国民の一般レベルでは、本気の喧嘩をしてもいいと思いますね…

有頂天市長はあちらこちらから引く手数多らしい…

一回やらせてみてはいかがでっしゃろ。
片割月様にしたら、No way ですわね(^_^)v

2012/08/23 (木) 23:34:31 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

Re: 佐藤優氏に賛成

はぴらき様、こんばんは。

>粛々と冷静な対応を進める

はい、それとは別に、相手の挑発に乗らず、「日本はいつでも話し合い・外交の用意がある」ことは強調した方が良いでしょうね。あちらは子供、日本は大人の国だと世界に知らしめる為にも。

>国民の一般レベルでは、本気の喧嘩をしてもいい

ウムム。。。はぴらき様は元気でんな(^。^;)


>一回やらせてみてはいかがでっしゃろ。

もちろん、選挙の結果次第だけど。。。私は有頂天氏は民主党と同じパターンになると予想。
あれだけ偉そうに国会議員や官僚を批判すれば、敵が増えるばかりでキツイでしょう。

民主党だって、最初は「政治主導、改革・改革」と、鼻息が荒かったけどね。
国政は地方行政とは大きく異なり、とても難しいのでしょう。

2012/08/24 (金) 22:31:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

おらが村

地方行政と国政との違いは、おらが村の範囲が広くなること。

広くなるだけ価値観の多様性が大きくなる。

国政にしても同じで、そのレベルが上に行くだけ。

A国の気候や地方性にすれば、「これがよい」 と思われることが、B国では全く逆になることがままある。
現実にそこにすまないと体感できないことの方が多いということだろうね。

人間の想像力は、自分の身の回りから類推することが基本だから、そういう意味での限界が存在する。

そのギャップをどれだけ縮めることが出来るかが、国政能力の基本だろうね。

全体としての利益と個人としての利益が相反するときに、どれだけ知性でその矛盾を納得させることが出来るか。


この部分の説明をうまく出来る人でなければ、国政は無理だろうな。

その点に関しては橋下さんは、私には若干の不安が残るね。

2012/08/25 (土) 05:31:17 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: おらが村

バルタン様、おはようございます。

バルタン様のおっしゃる主旨に同感です。

有頂天市長は、政敵や官僚、マスコミ、そして飽きっぽい国民に叩き潰されるだろうと思っています。

彼等はこう思っているでしょう。

「国政の経験が皆無なのに、偉そうに我等を無能扱いし、大言壮語しやがって!」と。

賞味期限、耐用年数は極めて短いものと予想します。

2012/08/25 (土) 10:32:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

東京電力の値上げ

公共料金は政府の認可性となっている。

出来ればこういう値上げの時には、その理由を事細かに金額として明示して理解を求めるのが筋だと思うが、現実にはそこまでの対応はなされていない。

原発の稼動減少に伴い、火力発電等の代替施設の運用に伴う費用の増加分がどの程度なのか?

エネルギー政策は、原油価格や円相場との関連抜きに費用想定は出来ない。

ならば、値上げに際しての、そういう面での費用の高騰がどの程度見込まれるのかを明示し、世界情勢が変われば即座に値下げするという案も盛り込むべきである。

ところが一度上がった物はなかなか値下がりしないという悪弊が過去から現在に至るまで存在している。

その理由の一部にはその企業で働く人たちの、給与水準を下げる事は生活水準を下げることにつながるからで、ここでも個人の利益が優先した論理が幅を利かせている。


本来ならばそういう公共料金として、給与面では公待遇を受けているのだから、人事院勧告の対象からはずすべきではないだろう。

そしてそれを行うのは公務員で作る団体だけではなく、日本経済連の中からも同じような査定を行いその両者の中間を取るというような政策も必要だろう。

わが身を守った上での負担依頼では、多くの国民には納得がいかない部分があることを忘れてはいけない。


消費税に対する反発と同じものが公共料金に対しても存在することを、公共事業者は今一度心すべきだろう。

世の中の企業のほとんどが簡単には値上がりをすることが出来ないという事実をしっかりと認識して欲しいものだ。

2012/08/25 (土) 11:40:56 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 東京電力の値上げ

>世の中の企業のほとんどが簡単には値上がりをすることが出来ないという事実をしっかりと認識して欲しい

これ、よく分かりますよ。

私もビジネス界の端くれにいて、多くの中小経営者や大企業の管理職とお話しする機会も多いから。

消費税アップや諸増税による「値上げ」、電気代の値上げに耐えられ無い企業は多い。

ある程度は商品の値上げをせざるを得ないでしょう。

結局は、国民の財布を直撃することになる。

反・脱・原発に熱心な運動家は、裕福な人が多いのかな?

私のように、しょっちゅうピーピー言っている人間にはキツイ話しです。

やはり、コスプレ女教師でバイトするしか食べて行けないかも(-^〇^-)

2012/08/25 (土) 12:29:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

〇〇様。こちらこそ初めまして(#^.^#)

大変参考になるお話しをいろいろと、ありがとうございます。

情報が錯綜する中、私達がどのような判断をするか、とても難しいことです。

少なくとも、片方だけの言い分を聞いて沙汰するのはダメですね。

その意味では、今回のお話は貴重でした。

またいつでもお越しくださいね^^

2013/02/23 (土) 22:44:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR