レオノワ選手の「日本冒険記」





ブログ主様の了解を得て、下記の記事を転載いたします。eko様、ありがとうございます。


2012年8月16日・R-Sport アリョーナ・レオノワのブログ「日本冒険記」


…世界フィギュア準優勝のアリョーナ・レオノワが日本のショー「ザ・アイス」に参加した。今回のエントリーでは日本のいくつかの街を訪れた際の印象を語る…。

ファンの皆さん、そしてサイトの読者の皆さん、こんにちは!
日本で行われた「ザ・アイス」という素晴らしいショーに参加してきました。2週間の間、大騒ぎだったんですが、その楽しい道中を詳しくお話する時間がやっと取れました。

前回のエントリーで、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・モロゾフコーチと3つのショープログラムを作った話をしたのを覚えていますか?いま秘密を打ち明ける時が来ました。1つ目のエキシビション・ナンバーは、お客さんに喜んでもらえたプログラムですが、シンプルに「DJガール」という名前です。ジャズにヒップホップの要素が入った音楽スタイルです。ヘッドホンをつけて、酔っぱらったような感じで、派手な衣装で滑ります。

一見とてもありふれたナンバーです。特別なものは何もなくて、そこに立って、そこでダンスするだけ。でも集中(緊張)度で言うと、ジャンプは2つしか入っていませんが、私にとって実はフリープログラムと同じなんです。全力で、必要な全エモーションで滑るときは特にそう。個人的にはこのプログラムをとても気に入ってます。私の好きな活発なスタイルです。

2つ目のダンスの話に移りましょう。激情のダンス、タンゴです。ずっと前から自分のプログラムにこういうスタイルのものがあればいいのにと思っていました。そこで、ニコライ・アレクサンドロヴィチ・モロゾフを説得したんですが、せめてエキシビションナンバーをこのジャンルで作ってほしいとお願いしたわけです。しかも、ここが面白いんですけど、まずプログラムを作って、その後で音楽を探したんです。

結局2つの違うテンポのメロディーからなるバックミュージックを選びました。前半はゆったりしていますが、同時に情熱的で、けっこうドラマチック。私はまるでパートナーと滑っているかのように演じています。エモーションを顔の表情に出しているんです。ちなみに音楽はとても有名な「オブリビオン」で、しかもヴォーカル入り。歌手のミルバがフランス語で歌っています。声と歌い方から彼女が愛について歌っていることは明らかです。どうやら片思いみたい。

プログラムの後半は、同じく有名な「タンゴ・アモーレ」のテーマを演じます。ここで私は言うまでもなく、そういう控えめでロマンチックな女性から、いわば略奪者に変わります。女吸血鬼にね。このプログラム後半のアクセントは、私の膝にあります。文字通りの意味です。というのは、膝を付いたり、膝で滑ったりしないといけない部分がたくさんあるんです。だから怪我をしないようにシリコンのクッションを当てることになりました。

もうひとつ、3つ目のダンスも作りましたが、これについてはお話しないことにします。日本のショーでも滑っていないし、秘密のままにさせてくださいね。それよりも、私たちが行ったそれぞれの街でいちばん記憶に残っている場面の話をする方がいいと思います。

最初の街は名古屋でした。ここでのいちばんの思い出はリハーサルです。第1回目の練習のとき、ショーのオープニングで私とパートナーを組むのはジェフリー・バトルだと知りました。私たちはサルサを覚えて、そしてジェフと踊ったんですけど、率直に言ってすごく楽しかったです。ショーにはグループナンバーもあって、例えば私たち女子選手はビヨンセが歌うとても美しい「アヴェ・マリア」の曲で滑りました。

フィナーレでも全員がグループ分けされました。私はアデリナ・ソトニコワ、ミライ・ナガス、カナコ・ムラカミと一緒に滑りました。映画「バーレスク」の音楽に乗せて盛り上がったんですよ。しかも、とても露出の多い衣装で。網タイツに、フリル付きのショートパンツに、スパンコールのトップス。でも実はこの衣装、とても変わっていると感じたのは私とアデリナだけでした。そんなファッションの人を街なかでたくさん見かけました。日本ではこういう格好をするのは普通だと考えられてるんですね。

それから、1日2回の公演も私にとって新しい経験でした。もちろん、へとへとになりましたけど、それでも私は気に入りました。ポジティブな感情がありあまるぐらいで!名古屋の昼公演ではヘッドホンのナンバーを滑りました。観客の皆さんはとても気に入ってくれた様子でした。でも、夜公演でタンゴを踊ると、お客さんたちがありえないぐらい熱狂してくれたんです。文字どおりキャーキャー言って!日本のファンの拍手や歓声は、母国は別として、他の国とは比べられないぐらいです。そう、主催者側が残りのすべての公演でタンゴを滑るよう依頼してきたんです。

さて、名古屋公演について他にお話しすることといえば…会場に空席がなく、すべてが素晴らしく順調に終わったことです。夜はみんなとカラオケに行きました。私たちは気がすむまで思い切り歌いました。そして翌日、次の公演地である日光へ向かいました。約5時間の道のりです。まず電車に乗って、それからバスで行きました。

この街では、旅館の建っている場所をものすごく気に入りました。もう玄関で、ここは何か天国のようなところだと分かって。その考えは間違っていませんでした。本当に驚くべき場所でした。旅館の入り口では着物を着た女性たちが出迎えてくれたし、自分の部屋へ入ったとたん、私は「メモリーズ・オブ・ゲイシャ(SAYURI)」の映画を思い出したんですよ。部屋は日本式に清潔にされていました。何より一番びっくりしたのは、柔らかいマットレスの上に羽ぶとんを掛けて、床に寝るということ。

間もなく、私たちが連れてこられたのは温泉旅館なのだと説明されました。そう、源泉も、サウナも、マッサージもあるんです。旅館の従業員の皆さんが文字どおり何から何までお世話をしてくれます。食事にはみんなが着物を着て、木製のスリッパを履いて集まっていました。要するに、すべてがあるべきように(※これぞ日本という感じに?)なっているんです。

(つづく)


片割月の感想。


快進撃を続ける恐ロシアのアマゾネス軍団にあって、21才のレオノワ選手は後輩達を牽引する姉御。

生き生きとした文章からは彼女の日本公演における様々な発見や喜びがストレートに伝わって来ます。

モロゾフ振り付けの「タンゴ」からは、レオノワ選手の貫禄を感じます。小柄な身体から放射する、信じられない程のエネルギーとパワー。

このような演技は日本人選手にはあまり見られないものではないでしょうか?このプログラムが拍手喝采で人気を博したというのも、分かるような気がします。

さらに、日光では日本伝統の旅館に泊まった模様で、一つ一つの発見に喜々とする彼女の旺盛な好奇心と、しかと綴ることの出来る確かな観察力、そして表現力を感じます。

読んでいて、私も旅館にいるような幸せな気持ちになってしまいました。

「木製のスリッパ」って、下駄のことでしょうか。

レオノワ選手の「日本冒険記」は彼女の活気に満ちた演技と重なる名文です。



関連記事
スポンサーサイト

2012.08.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ロシア人選手達・ロシアネタ



コメント

拙訳を使っていただきありがとうございます!

レオノワ選手のブログは更新頻度がけっこう高く、しかもいつも長文(試合や休暇の話がとても詳しく書かれています)なので、「本当に自分で書いてるの?口述筆記じゃなく?」みたいなことをよく聞かれるそうです。ぜんぶ自分で書いていると答えると、「じゃぁ、将来はジャーナリストになったらどう?」と言われるとか。
彼女のロシア語は本当に生き生きとしていて楽しく、それが私の素人翻訳を介しても伝わったようで、とても嬉しいです。

「木製のスリッパ」と訳したのは、下駄か、木製サンダル(古い旅館によくありますよね)みたいなものかな?と思っています。

2012/08/27 (月) 00:38:04 | URL | eco #5zymrDnI [ 編集 ]

Re: タイトルなし

eco様、こちらこそありがとうございます。

>将来はジャーナリストになったらどう?

彼女はきっと一流のスポーツ記者になれるでしょうね。

>彼女のロシア語は本当に生き生きとしていて楽しく、それが私の素人翻訳を介しても伝わった

eco様の日本語訳も上手いと思いますよ!!

ロシアの人達はスピーチも文章も上手い人が多いみたいですね。

やはり、数多の文豪を生み出した国というか民族的特性なのでしょうか。

>木製サンダル

あ、たぶん、これですね(#^.^#)

2012/08/27 (月) 23:28:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR