どちらを信じれば良いのか

世は放射線量と健康被害の問題とTPPの問題で喧々諤々、結論は出ない。

TPPに反対する経済専門家は「国を亡ぼす」「農林業は壊滅」「食糧危機の増大」と叫ぶし、
賛成する専門家は「乗り遅れると経済危機・日本は沈没」と叫ぶ。
進むも地獄・退くも地獄か?
そして、双方が相手側を無能呼ばわりするくらいの非難合戦を続けている。

これだから「経済学者」などという手合いは信用されないのだろう。

放射線量と健康被害の関係もそうである。
年間100ミリシーベルト以下は問題無いとする学者がいれば、
子供20ミリシーベルトでも反対と、涙を流して反対する学者もいる。
少し前に来日したイギリスのウェード・アリソン教授は月間100ミリシーベルトを主張。
そうかと思えば、微量放射線量はむしろ健康に良いとする「ホルミシス効果」を主張する学者もいる。

真実は一つではなかったのか?
どうやら、真実は学者の数だけあるようだ。
しかも、これには「利害・政治」が絡むから余計ややこしくなる。

こうした中、我々「素人」はどのように判断すれば良いのだろうか?
宗教のようにどれかを「信じる」しかないのだろうか。
事実、ゲルマニウムパワーによって美肌が蘇るとする「ゲルマニウム信仰」や、
「ビタミンCは風邪に効く」とする信仰?もある。
いわゆる、元素信仰の類であろう。

私はビジネスウーマンの端くれだからTPP推進の方が身近に感じるし、
放射線量は「データでは健康被害がハッキリしないそうだから100ミリシーベルト以内」
でもいいかと思う。

TPPは進める方向で日本は動くようだが、「そんなに騒ぐほどか」と思う。

大山鳴動してネズミ一匹。






関連記事
スポンサーサイト

2011.12.18 | | コメント(2) | 政治・社会



コメント

この背景は^^

笑うところでいいですねwww

TPPのお考え聞かせていただきやした~~~
流石面白い意見ですな^^

>TPPは進める方向で日本は動くようだが、「そんなに騒ぐほどか」と思う。

大山鳴動してネズミ一匹。

好きです・・・この考え方。


ビタミンCは風邪予防にはなるけど、取り過ぎたら尿から排出されますね。
ビタミンEはアンチエイジングのひとつとして、私も愛用してます^^

2011/12/19 (月) 22:26:51 | URL | はぴらき #- [ 編集 ]

Re: この背景は^^

> ビタミンCは風邪予防にはなるけど、取り過ぎたら尿から排出されますね。
> ビタミンEはアンチエイジングのひとつとして、私も愛用してます^^

さすがは薬の本場、富山のお嬢ざんすね^^
あちきより遥かにこの方面の知識や経験をお持ちのようですね。
こりゃ、ウカツなこと書けないでありんす(^。^;)

私が健康面で意識しているのは、とにかく野菜(特に繊維質のもの)をたくさん食べること、くらいかな。
それと、ひたすら早歩きでのミニハイク。
大震災の時は帰宅難民になり2時間半かけて帰宅しましたが、へっちゃらでした^^
(山登りはちょっと苦手ですが)

2011/12/19 (月) 23:37:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR