レオノワ選手の「日本冒険記」・続き





ブログ主様の了解を頂き、レオノワ選手の記事の続きを掲載します。eco様、ありがとうございます。


               <日本冒険記>アリョーナ・レオノワ(下) 

かき氷のところは“Shave ice”と英語で書かれていて
ロシア語サイトをあちこち見ても“какигори (kakigori)”なので
ロシアではまだまだ知られていない「日本食」のようです^^


移動の翌日、私たちは地元のお寺の見学に向かいました。約2時間の散策。でも、私にいちばん深い印象をもたらしたのはお寺の美しさじゃないんです。もちろんそこは信じられないような場所だったんですが。散策も終わりに近づき、もう敷地から出ようとしているときに小中学生ぐらいの子どもたちのグループに遭遇して、そこでビックリ体験をしたんです。

子どもたちがマオ・アサダを見つけたとたん、「マオ、マオ」と叫びながら我先にと彼女の方へ突進して行って。サインをせがむ子や、ただ(手を伸ばして)さわろうとする子…彼女がどれほど人気があるかすぐにわかりました。文字どおり日本の隅々までなんですね!

散策の後はみんなでトレーニングに行きました。氷を試すためです。そしてリハーサルの後は、氷を“試食する”機会が訪れました。「かき氷」という名前のデザートをごちそうになったんです。見た目はとても変てこ。大きなデザート用のグラスに、薄く薄く削られた氷が入っていて、てっぺんに好きな味のシロップをかけるんです。食べてみたらとても美味しくて。時にはこんな変わったデザートをちょっと楽しむのも、目先が変わって良いかもしれません。

日光公演について言えるのはただひとつ。お客さんが名古屋に負けず劣らず温かかったことです。全公演が熱狂のうちに過ぎました。

そして、新しい街、新しい印象。大阪です。ここは日本で2番目に大きな街で、会場も前の2つの街に比べてはるかに大きかったです。大阪の第1日目は半日オフだったので、トレーニングが終わると、私とアデリナと彼女のコーチ、エレーナ・ゲルマノヴナ・ブイアノワとでショッピングに出かけました。中心街で夜遅くまで過ごしたんですよ。もちろん新しい(服や靴など)を買って楽しみました。

次の2日間はまるまるショーで忙しかったんですが、うち1日は私の記憶に永遠に残るでしょう。実は、各公演の第1部終了後に、主催者がリンクに何か小さなスタンドのようなものとイスを置いて、そこにスケーターが座ってインタビューを受けるということをしていました。

そこで、私とアデリナが最後の大阪公演のゲストとして指名されたんです。いわゆるお口直しとして。質問の内容は事前に知らされていて、私たちは一晩かけて準備しました。だって、単に英語で話したり友だちとお喋りをするのと、こんなにたくさんのお客さんの目の前でインタビューに答えるのとはまったく別物ですから。でも、結局トークショーはぜんぜん怖くなかったです。むしろ気に入ったぐらい。

千秋楽も成功に終わって、主催者が私たちをレストランへ連れて行ってくれました。ホテルに着くと、カメラやプレゼントを持ったファンたちが待ち受けていました。夕食の後はみんなお互いに別れの挨拶をして、新しいシーズンの成功を祈り合いました。

ところで、今回の日本のショーでは、試合でほとんど交流のなかった選手たちと親しくなる機会を持てました。たとえば、メリル・デイヴィスはとてもかわいくて人懐っこいとわかりました。そう、たくさんのメンバーと友だちになったんです。そしてアメリカへ戻って、ニコライ・アレクサンドロヴィチとプログラム作りをしました。

さて、謎めいてきたところで、私の日本冒険記を終わりたいと思います。皆さまには興味深く読んで頂けたでしょうか。今度はもうすぐモスクワへ行きます。あっという間に月曜日が来ればいいのに。ロシアがとても恋しいです。

 (終)



片割月の感想。
レオノワ選手にはルポライターとしての才能を感じます。長くて高質な文章を(おそらく)サラサラと書いてしまうのは尋常ではありません。

「マオ、マオ・日本の隅々まで」か(#^.^#)。
恐らく、レオノワさんは現在のロシアにおける女子シングル選手の人気と比べて、真央選手の国民的人気ぶりの凄さを目の当たりに見たことでしょう。きっと、羨ましいと思ったでしょうね。

コーチとソトニコワ選手と三人でのショッピングは、あまり具体的には書かれていませんが、夜遅くまで、とありますので、さぞかし楽しかったことでしょう。やはり、女の子は何はなくともショッピングですよね(´∀`*)

>メリル・デイヴィスはとてもかわいくて人懐っこいとわかりました

スケーター同士の親密な交流こそ、貴重な財産ですよね。皆さん、これがアイスショーに参加する楽しみの一つなのでしょうね。

かき氷をWikiで調べたら、何と!清少納言の「枕草子」にも登場しているではありませんか!清女ファンの私としてはウカツだったわ。

今は家庭用のかき氷機があるので、私も夏は自宅で「氷あずき」を時々味わっています。喫茶店やおまんじゅう屋さんのかき氷は、氷がやたらと細かく薄く削られているのが多く、口にしたとたんに溶けてしまいます。これじゃダメなんですよ。もっと荒くてジャリジャリしていないと本物のかき氷とは言えません!!



関連記事
スポンサーサイト

2012.08.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ロシア人選手達・ロシアネタ



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR