織田信成選手が久びさに。。




Nebelhorn-Trophy 2012 織田信成選手・ショートプログラム



            合計点 技術点 演技構成点
Nobunari ODA JPN  79.64  42.86  37.78


膝の怪我によりずっと見ることが出来なかった織田選手だけど、久し振りの大会、その初戦にしては中々の出来ではないでしょうか?

4Tは転倒したけど、見た目にもしっかりと回り切っているし、スピンは全てレベル4とルールへの対応も抜かりは無いようです。

ステップワークはどこか堅くてぎこちなさを感じるけど、全体的にはリンク全体を大きく使い、体も大きく動かしているので見ていて快い演技と思います。

そして、3AにはGOEが見事+2点という高評価!ジャンプ前のやや長目の助走と構えはイマイチだけど、着氷後にスムースなスパイラル的所作を見せるジャンプは織田選手ならではの美しさ!

私は2009GPFで、織田選手のジャンプを「かぶりつき席」で見ることが出来ましたが、ホント、惚れ惚れとする美しいランディングです。

他の男子選手だとランディング時に「ドスン!」と地響きが強いのですが、織田選手はスゥーッと流れるのです。

荒川静香さんの分類法だと、織田選手は決してアーティストには入らないでしょうね。しかし、彼のジャンプはアートの域に入っていると思います。

アートとか芸術は、本人の努力とは別の次元に存在するものよ。※

物事は複眼的、多価値観的、多様体で観ないとダメよね。

それと、織田選手のスケーティングは高橋選手や小塚選手ほど話題に上がったり、解説者が誉め称えるのをあまり聞かないけど、素晴らしいじゃないですか。

ショートもフリーもローリー・ニコルさが振り付けた模様。

ショートの音楽は何かは知りませんが、大らかでケレン味が無く、織田選手に合っていると思います。衣装のヒラヒラは…ま、いいでしょう(-^〇^-)

フリー演技が楽しみ。そして、今シーズンの活躍も。p(*^-^*)q がんばっ♪

※パトリック・チャン選手こそ、高橋大輔選手とはまた少し別の意味で、アーティストでありアスリートでもあり、あるいは、そのような在り来りな分類では語れない、無類のスケーターと思います。


関連記事
スポンサーサイト

2012.09.28 | | コメント(14) | トラックバック(0) | 日本人選手達



コメント

芸術と芸術的

私の中での使い分け。

芸術は総合的な完成度を持って完結しているもの。

芸術的は部分的には非常に優れた完成度を持つもの。

織田選手のジャンプは「アートの域」というよりも「巧みの域」という方が私的には合点が行くのだが(笑)

「芸術」ではないが、「芸術的な技」だとは思うけどね。

「アーティスト」であっても、「アート」の域に達するものを創造できる者は限られているという見方をしているから、「アーティスト」という言葉を多用するのは気にならないけれども、「アート」という言葉を多用するのは気になるのよね~~。(笑)


「アート」を創り出そうとしている人は全て「アーティスト」というのが私の中の定義。

2012/09/28 (金) 23:35:52 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

どこのテレビ局?

フィギュアの取り方を心得てるな~~。

無駄なアップも無く、選手の体全体が余すところ無く写されている。

ジャンプの切れなどを比較するには、こういう映像でないとね~~。昔のNHKのようだわ。

日本のテレビ局も少しは見習え、と言いたいね~~。

2012/09/28 (金) 23:42:07 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

本人の努力とは別の次元

片割月さん こんばんは

織田選手の3Aの着氷はホント見事ですね。スバラシイの一言に尽きます\(^o^)/
個人的には、2:47ハーフルッツ+ランジ、3:10マズルカがお気に入り(笑)

>アートとか芸術は、本人の努力とは別の次元に存在するものよ。※

>物事は複眼的、多価値観的、多様体で観ないとダメよね。


御意。さっきNHKスペシャル|水玉の女王草間彌生の全力疾走
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/0928/を見ててそう思いました。草間さんは「私の絵は平和のシンボル。私の絵が単なる絵だったら誰も見に来てくれないわよ」と言ってました。本人の意図を離れて別の次元のものとなり得たからこそ芸術になったのだと思う。本人も後でそれに気づかされる。また、今読んでいる「現代文明を考える―芸術と技術」の著者が芸術を三段階に分けて語っています。なるほどと思いました。初期の段階は「私を見て!」。次の段階は「あなたに見せたいものがある」。そして最後の段階は・・・。
一部コピーを貼っておきます。ご参考まで。
http://dl.dropbox.com/u/410340/books/arttec4041.jpeg
http://dl.dropbox.com/u/410340/books/arttec4243.jpeg

2012/09/28 (金) 23:44:51 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 芸術と芸術的

バルタン様、こんばんは。

>「アートの域」というよりも「巧みの域」という方が私的には合点が行くのだが

ファッファッファ(-^〇^-)

巧みの域から一つ突き抜けたものが感じられたらアートの域ですよ(^<^)

ただし、バルタン様の言う「芸術的な技」は私がここで言うアートの域と似たニュアンスよ。

織田選手のジャンプは上手さの中に比類なき美しさがあるじゃない。

>「アート」を創り出そうとしている人は全て「アーティスト」というのが私の中の定義

なるほど!一理あります。

逆に、「アート」を創り出そうと特に意識していない人でも作品にアートが感じられれば「アーティスト」というのが私の定義。

いずれにしても、作者当人が自称したら、ドッチラケますが。

2012/09/29 (土) 00:44:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: どこのテレビ局?

オーベルストドルフ(ドイツ)だから、ドイツのテレビ局かも。

オーソドックスで堅実な撮り方はドイツらしい?

2012/09/29 (土) 00:49:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 本人の努力とは別の次元

ghoti様、こんばんは。

興味深い情報、ありがとうございます。

芸術とか美とかは、人により、時代により様々ですね。

ってことは、やっぱり、芸術に普遍性は無いってことになるかな(^。^;)

>2:47ハーフルッツ+ランジ、3:10マズルカがお気に入り

要するに、織田選手のスケーティング、フットワークが素晴らしいということですね(#^.^#)

2012/09/29 (土) 00:56:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

芸術の普遍性

>芸術とか美とかは、人により、時代により様々ですね。
>ってことは、やっぱり、芸術に普遍性は無いってことになるかな(^。^;)

そうですね。人間の心の中にあるものですからね。時代や場所を超えた絶対的という意味での普遍性はないのでしょうね。ただ、極めて個人的なものであっても、他の人がそれを共有出来るという意味で普遍性はあると思います。芸術作品がドーナツの身の部分であるなら芸術はその穴ということになるのでしょうか。穴だけ取り出して示せといわれてもそりゃ無理でっせ旦那(笑)。

織田選手のスケーティングはエッジが深く滑りがよいですね。やはり膝の柔らかさでしょうかね。ハーフジャンプは単なる私の好み(笑)。でも、小刻みな動き(は綺麗ですが、ふんだんに使ってない)という意味でステップワークは、あまり得意じゃなさそう(に見える)。

追記2012.09.29/1:53
というか、フィギュアスケート本来のスケーティング。(トウによるステップワークではなく)エッジワーク指向?まあ、曲目によるのでしょうけど。(^_^;)

2012/09/29 (土) 01:33:19 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

この映像の優れている点

1台のセンターのカメラだけで選手の動きを確実に捉えている。

これは選手のプログラムがどういう図形で滑っていくかを事前に勉強していないと、1台のカメラで選手の体全体を収める事は出来ない。

このカメラワークは凄い。

日本のテレビ局はいろんなアングルからの映像をとろうとして、ジャッジの眼線とは違う映像が多すぎるが、この映像はおそらくジャッジ席の後ろか前で取ったものだろう。

可能性としては、多分に前のような気はするけど。

見ている場所で、同じプログラムでも受ける印象がかなり変わってくる。

リプレイ映像にいろんなアングルを使うのは、採点の妥当性を検証するには必要だけれども、基本はジャッジ席から見た映像をベースにしなければ、採点疑惑は解消しないのだろうな。


ISUが、そういう部分でのテレビ映像の取り方に関しては注文をつけるべきだとは思うけどね。

2012/09/29 (土) 12:57:51 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

織田選手の曲

Music Short Program / Short Dance as of season 2012/2013
The New Moon in the Old Arm's Moon
Music Free Skating / Free Dance as of season 2012/2013
The Sorcerer's Apprentice by Paul Dukas

ISUホームページ掲載のもの

2012/09/29 (土) 13:26:52 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 芸術の普遍性

>極めて個人的なものであっても、他の人がそれを共有出来るという意味で普遍性はあると思います

そうそう!ここですね(#^.^#)

以前に私も述べたように記憶してますが、作品が個人的であればあるほど、

むしろ、普遍性に近づいて行くのが芸術かもしれません。


織田選手のスケーティングは、滑らかさ、伸びやかさ、スピード感に持ち味があるように思います。

2012/09/30 (日) 02:04:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: この映像の優れている点

>1台のセンターのカメラだけで選手の動きを確実に捉えている。

もしかすると、テレビ局による撮影ではなく、

フィギュア関係者か、フィギュア好きのアマチュアカメラマンによるビデオ撮影の可能性もあるのでは?

テレビ局はマルチカメラが普通で、一台だけ、ってあまり聞いたことが無いので。

証明係が不在のような、やや暗めの映像も、そんな感じを受けます。

しかし、バルタン様のご指摘通り、良い位置からの実に上手いカメラワークですね。

>基本はジャッジ席から見た映像をベースに

賛成です。

2012/09/30 (日) 02:15:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 織田選手の曲

バルタン様、選曲情報、ありがとうございます。

知らない曲だわ。有名なのかな(^。^;)

2012/09/30 (日) 02:17:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

2*Re:芸術の普遍性

以前に私も述べたように記憶してますが、作品が個人的であればあるほど、

むしろ、普遍性に近づいて行くのが芸術かもしれません。

御意。古今東西、個別(ローカル)と普遍(グローバル)の問題は、永遠のテーマかもしれないですよね。自然科学が誰が何時何処であれ所定の手続きを踏めば再現可能な客観的事実の普遍性 を追求するものなら、芸術は(本人の自覚の有無にかかわらず)個人的な回路を通して発見(あるいは創造)される主観的価値の普遍性(たとえば、エゴでもイドでもスーパーエゴでもない何か。あるいはアートマンに対するブラフマン芸術の普遍性=アートマン、科学の普遍性=ブラフマンみたいな)なのかもしれませんね。このあたりに関して、興味深かった記事を貼っておきます。よろしかったらお時間のあるときにでもそうぞ。

美術解剖学 唯脳論2.0 「対話篇」 評論家は言うけれど芸術家は芸術してますとかいわない。
http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/mkpc/2006/05/-20.html
美術解剖学 荒川修作 芸術家と言われることを嫌い、自らを表現者と呼ぶ。
http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/mkpc/2006/05/post-80.html
個別と普遍  モーツァルトの話とか出てきます
http://nozawashinichi.sakura.ne.jp/mkpc/2005/12/post-97.html
T.S.エリオットについてその7 「聖なる森」の詩論
http://tourikadan.com/tetugaku/eliot7.htm

2012/09/30 (日) 03:57:39 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 2*Re:芸術の普遍性

ghoti様、こんばんは。

>芸術家は芸術してますとかいわない
>芸術家と言われることを嫌い、自らを表現者と呼ぶ。

これらは、我が意を得たり、ですね(#^.^#)

浅田真央選手の新フリーは「スワン・レイク」と判明した模様。

昨季の「シェヘラ」に続き、またしても、私が希望しないベタな選曲で来ました(~_~;)

私はタラソワさんとは気が合わないわ。

まさか、シェヘラのように、2009年度にソトニコワ選手に使用した「スワン・レイク」、

これの使い回しじゃないでしょうね(○`ε´○)

2012/10/01 (月) 00:54:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR