浅田真央選手「白鳥の湖」・再考





①10月7日・サンスポから抜粋。

…2010年バンクーバー五輪当時のコーチ、タチアナ・タラソワ氏が「3回転半は完璧になってから」とくぎを刺して振り付けた演技構成という。「3回転半は例年の半分以下に抑えて練習している」と“代名詞”の束縛から解かれ、真央の表情は明るい。「シーズン後半で入れることができたらいい」と見通しを語った…

②浅田選手談「白鳥の湖は難しいプログラムです」

③ジャパン・オープンでの演技構成点が68.07点という非常な高得点だった。

以上の情報から、何度もこの演技を見、さらには「鐘」と「愛の夢(2011~2012版)」と見比べました。以下は私の素人目ですし、認識の誤りがあるかもしれませんが、ファンとしての(僭越ですが)率直な意見です。

結論から申し上げますと、「白鳥の湖」は過去のフリープログラムよりも遥かに密度の濃い、優れたプログラムと思います。名作になる予感もします。

第一に、各エレメンツ(スピンやジャンプ)から次のジャンプまでの助走時間が短くなっているようです。2Aー3T予定の箇所は「愛の夢」では22秒くらいを要していますが、「白鳥」では18秒程度です。

第二に、2Aー3Tを除き、6つのジャンプに入る前の繋ぎに細かいステップやターンが必ず入っています。丁度それはショートプログラムにおける、「ステップからのジャンプ」のように、です。

これは「愛の夢」と見比べると明瞭です。こちらはジャンプ前にはほとんど繋ぎらしきものが無いかほんの僅かです。その分だけ流麗さを醸し出してはいますが。

推測ですが、ローリー・ニコルさんは「なるべく(見直し中の)ジャンプの負担にならない」ように敢えて配慮したのかもしれません。

第三に、これまでのフリープログラムでは、最初のジャンプが必ず3Aを予定した関係上、ここと中盤以降の2Aー3Tでの助走時間が長く、また、さほどの振り付けもありませんでした。

「白鳥」では最初のジャンプを3Loにしたことで、助走時間がグっと短くなりました。その分だけ全体の振り付け・繋ぎが濃くなったのだと思います。

第四に、真央選手の進境が著しいスケーティングの技の魅力が最大限に発揮出来るよう、ステップシークエンス~コレオグラフィックシークエンスを最後に持って来ました。これにより演技が盛り上がると共に、ジャッジへの強いアピール、デモンストレーションにもなっていると思います。

今季の「白鳥の湖」では、私の予想ではたぶん、3Aは跳ばないと思います。真央選手に6年間に渡って振り付けをし、コーチもして来たタラソワさんの「釘刺し」は、真央選手にかなり効いているのではないでしょうか。

以上のことから、演技構成点で非常に高い評価を受けたのは、地元だからとか、インフレ採点だからとかではなくて、良プログラムと高質な演技全体をジャッジが認めたのだと思うようになりました。

欲を言えば、ステップワークでもっとディープエッジを利かせて鋭く力強いカーブを描いて欲しいと思うし、各ジャンプのランディング直後の振り付け・繋ぎがあればもっと素晴らしいと思います。ターンを入れるとか、フリーレッグを高く上げてスパイラル風に流すとか、ほとんど何もしていないように見えます。もっとも、これが出来たらパトリック・チャン選手も高橋大輔選手も真っ青になるかも(^。^;)

今回のジャンプでは転倒やステップアウトのような目立ったミスはありませんでした。何とかまとめました。しかし、上記のことを鑑みますと、これは「愛の夢」でジャンプを「何とかまとめた」ことよりも、ずっと素晴らしいことかもしれません。真央選手が自ら好スタートを切れたと言っていたのも分かるような気がします。

なお、真央選手はまだ「白鳥」と「黒鳥」との演技分けが不十分とか、表現の深みが足りない、バレエ的要素が不足、という意見もあるようです。しかし、上記の実質的な要素に比べれば表現面はそれほど問題にはならないように思います。もちろん、ファンとしては「もっと情熱的に」「もっとメリハリと間を」「もっと繊細さを」と求めたくなるのは分かりますけどね。

それに、真央選手の各ジャンプがもっと完璧に決まれば、演技全体の印象もかなり変わって来るでしょうし。

また、7つのジャンプ中、後半が2つだけでは厳しいのではないか、との懸念もありますが、これは微修正で何とでもなると思います。

しかし、現行のジャンプ構成でも、ほぼノーミスであれば130点は軽く超えそうです。これは世界選手権での優勝ラインに達しています。

諸刃の刃であった3Aを「封印」したこどで、他のジャンプやプログラム全体に練習と意識を集中すれば、「白鳥の湖」の完成度はかなり期待出来ると思います。その時、これは真央選手の一番の名作になるのです。

※以前の記事で私は、真央選手はタラソワさんとは離れた方が良いのでは、と書いたことがありましたが、これは私の不勉強でした。しかし、反省の意味も込め、あの記事はそのまま「晒しあげ(^。^;)」にしておきます。



関連記事
スポンサーサイト

2012.10.16 | | コメント(40) | トラックバック(0) | 浅田真央



コメント

悪いプログラムではない

技術構成としては、非常に優れたプログラム。

だからこそ表現面にもっと力を注がなければならないということなんだけどね~~。

わたしは、そういう意図もあると思っているんだけどね。

3Aを入れないことでゆとりが出来る分と、滑りが伸びるようになった分、演技するゆとりが生まれてこないといけない。

そこまでの力は持っている選手のはず。

もっと題材に興味を持って欲しいと思うのだけどね。インタビューからそういう部分の感じ取れる言葉が他の選手に比べて少なすぎ。

ジェフリー・バトルとか高橋大輔なんかのインタビューに比べて、題材について語る事が少なすぎるのよね~~。

そういう部分に熱を持って発言できるようにならないと、どんな良いプログラムでも意味を成さないと思うのよね。

やっぱりフィギュアスケートは体操と違って、演技というよりは作品だと思うのでね。

2012/10/16 (火) 22:28:36 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 悪いプログラムではない

バルタン様のおっしゃる事、よっく分かりますよ。

以前の記事で似たような事を私も書いていますので。

>3Aを入れないことでゆとりが出来る分と、滑りが伸びるようになった分、演技するゆとりが生まれてこないといけない。

そうですね。JOの演技からどこまで完成度を高められるのか注目しています。

>インタビューからそういう部分の感じ取れる言葉が他の選手に比べて少なすぎ

題材や表現について語ることが少ないのは、あらぬ誤解を避けるべく意図的にそうしているのか、

語るだけの意思や情熱に欠けているのか、それとも両方の理由なのか。。

真央選手より年下の村上佳菜子選手や羽生選手はその点に関し、多くを語るように思います。

彼等からは、根っからの表現好き、お芝居好き、という熱意が伝わって来ますね。

村上選手、羽生選手は、役者のように身振り手振りが多い。表情も含め、感情表現も大きい。

先日のフィンランディア杯のフリー演技後、羽生選手はリンクに「寝そべった」とて、

これを批判するファンがいました。

おそらく、疲労の余りだと思いますが、少々オーバーな雰囲気は感じます。

というよりも、意識してか無意識か、チョイトばかり「やってみせた」感を覚えます。

それは、2シーズン前のGPSで、村上選手が演技後にリンクサイドでコケたことがありました。

私にはその時のこととダブって見えました。少々、ワザとらしく見えます。

もちろん、非難することではなく、表現好きで芝居好きなタイプは多かれ少なかれ、

こういうキャラがあると思うからです。

私達の周りにも似たタイプは沢山います。

その点、真央選手、小塚選手、織田選手、今井遥選手、は違うタイプと感じます。

表現、という点に関しては、後者のスケーター達は奥手、晩期熟成タイプでしょうか(-^〇^-)

ソチ五輪で終わりにしないで、次の五輪まで現役を続けて欲しいです。

2012/10/17 (水) 00:45:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

たぶんソチでは

満足しないだろうな~~。

村主さんと荒川さん。この二人の選手時代を見ると、競技を長く続けそうなのが荒川さんでショーに早く転向するのが村主さんだろうと思っていたら、現実はその逆になるとはね~~。

必ずしも競技中の演技だけでは、どちらのタイプかというのは見分けにくい部分がある。

アイスショーもいろんな形があるから、ショースケーターのタイプもいろいろ必要とされる。

試験の結果よりも試験の緊張感が好きで試験を受ける人もいる。

このタイプの特徴的な人が資格マニアと呼ばれる人たちだ。

最近浅田選手はそのタイプに見えてきた。

2012/10/17 (水) 22:04:26 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

競技であるからこそ割り切る

真央選手のポテンシャルを見込んで、今回のプログラムは物足りないとかあれこれ注文付けたくなる気持ちは分かります。
もちろん私も不満はありますが、以前も書いたように、最終的な評価はシーズンが終わるまで待ちたいですね。

「白鳥の湖」は王道中の王道。バレエファンもスケヲタも期待はどんどん膨らむばかり。真央ちゃん、大変な選曲をしちまったな。だからこそ、シーズンの最後には「演技」ではなく「作品」として仕上げて欲しいとは思うけれど。
しかし、一方では、オリンピックまでの限られた時間で取捨選択をしなければいけないとなると、芸術面の追及はほどほどでいいかなとも思います。
真央選手には、技術野郎のパトリック・チャン選手のように高いPCSを叩き出して欲しいですな。皆さんご承知の通り、芸術性とPCSは必ずしも連動するわけではないのですから。

以前、高橋大輔選手の自伝「STEP!STEP!STEP!」を読みました。2010-2011シーズンの話ですが、グランプリシリーズではフリーの曲の解釈を考え過ぎてうまく乗り切れなかった。結局自分が感じるままに滑った方が気持ち良いしうまくいくとの結論に至ったとのこと。それを実感したのが全日本選手権だったそうです。
競技では、あまり芸術性を深く追求しすぎると“どつぼ”にはまってしまう恐れもある。
「芸術性を重視するのはソチ五輪の後でいいんでない?」と考えるファンは少数なのかな。
メダルを目指すなら、皆から批判されようと、ある程度芸術性は捨ててもいいと私は思っていますよ。ただ、タチアナ先生がそのあたりどのようにお考えになっているか大変気になるところではあります。
まあ、今の真央選手が何を目指しているのか、分かりにくいのが一番歯がゆいところなんですけどね。(何か変わったことを発言すると、ファンもアンチも大騒ぎするのでうかつなことは発言できませんし)

2012/10/17 (水) 23:00:50 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]

Re: たぶんソチでは

>満足しないだろうな~~。

そう、満足して欲しくないですね。

たとえ、金メダルが取れたとしても!!

技術面では、鈴木明子選手のように、25才過ぎて3-3を身に付けたスケーターがいますし、

表現面では、荒川さんのように、無表情と言われていたのが25才過ぎてエモーショナルな演技をするようになっていったスケーターもいます。

真央選手は幸い、スタミナや体力面ではタフな方だと思うので、結構、息の長い現役選手として十分にやれそうに思います。

2012/10/17 (水) 23:24:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 競技であるからこそ割り切る

神無月様、こんばんは。

いやあ、ご趣旨、概ね同感ですわん(#^.^#)

私が語れていない点、言葉足らずな点、思慮不足な点を補って頂いた感じで、嬉しいです。

>今の真央選手が何を目指しているのか

おそらく、3Aも3-3も棚上げして、このプログラムの完成度に意識を集中するのではないでしょうか。

つまり、戦い方としてはGOEとPCSをしっかりと取れる演技を目指しているのではないかと。

ネット上で「浅田真央のカロリーナ・コストナー化」と表現していた人がいましたが、

ある意味、ポイントをズバリ言い当てているように思います。

素人好みから玄人好みの戦い方を目指していると。

真央選手はこの数年、PCSは頭打ちの感がありましたし、

ジャンプの見直しの動機に「もっとGOEが取れるジャンプを」があったと思います。

タチアナさんの白鳥の湖は「仮面」「鐘」よりも、繋ぎの濃い、また、ジャッジ受けの良いプログラムになっていると思います。

考えようによっては、3Aも3-3も無いプログラムだからこそ、「点数重視」のプログラムであるような。

そして、見た目は芸術至上主義的なプログラムですが、むしろ技術至上主義的プログラムであるようにも。

私個人は、真央選手とチャン選手はタイプ的に似ている面もあるスケーター同士と見ていますので、

是非とも、女性版「技術野郎のパトリック・チャン選手」を目指して欲しいですわ(´∀`*)

2012/10/17 (水) 23:44:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さんへ

今年はプレシーズンだからこそ、わたしは作品としての完成に力を注いで欲しいのですよ。

バンクーバーのときの「鐘」の時に、その選曲のあまりの戦略のなさに嘆いたのですが、今回はオリンピックシーズンに選ぶのではなく、プレシーズンに選んだという点は、戦略的には重要だと思っています。

ここで芸術性の高さを極めると来シーズンの戦術ははるかに楽になると予想するからです。

そのためにも仕草の一つを取っても「これが浅田だ」といえる大人の仕草を身につけて欲しいのですけどね。

コストナーやワグナーやシズニーなどそういう面での特徴的な仕草というものがありますが、浅田選手にはそういうものが見当たらないのですよ。

どこと無く漂う雰囲気が、同じような動作なのに与える印象が違う。

クラシックバレエの名プリマのような動きを真似る事は到底出来ないのだからこそ、物まねでない仕草を生んで欲しいのですけどね。

2012/10/18 (木) 00:13:19 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 片割月さんへ

> そのためにも仕草の一つを取っても「これが浅田だ」といえる大人の仕草を身につけて欲しいのですけどね。

その点から言いますと、真央選手は「大人の仕草」よりも、「コミカルな仕草」の方が、

ひょっとして、彼女の個性を引き出すような気がします。

バルタン様も推奨するように、メリー・ポピンズはある意味、真央選手ならではのプログラムですよね。

これ、他の現役選手では、真央選手ほど上手くやれる人をちょっと思いつきません。

それはちょうど、織田選手にとっての「チャップリン」のように。

2008シーズンの「シング、シング、シング」のコミカルさも良かったですけどね。


>どこと無く漂う雰囲気が、同じような動作なのに与える印象が違う。

鳥繋がりで、久し振りにヨナ選手の「あげひばり」を見ましたが、

この頃から既に「どこと無く漂う雰囲気が…」がありましたね。

デヴィッド・ウィルソンに鍛えられたのも良かったのでしょうが、こういう方面ではヨナ選手は早熟でした。

2012/10/18 (木) 00:57:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ジャンプのGOE

片割月さん おはようございます

>片割月 says..."Re: 競技であるからこそ割り切る"
ジャンプの見直しの動機に「もっとGOEが取れるジャンプを」があったと思います。

御意。浅田選手の弱点は表現力(確かにポール・ド・ブラや試合における表情作りは弱いですがそれは表現の一部)ではなく、一にも二にも ジャンプのGOE。バンクーバー五輪。浅田選手の敗因は ジャンプのGOEなんですね。

比較映像とプロトコルを貼っておきます。

SP http://www.nicovideo.jp/watch/sm9832487
FS http://www.nicovideo.jp/watch/sm10023984

SP  
キムヨナ 78.50(44.70+33.80)    真央 73.78(41.50+32.28) 
           
3Lz+3T 10.00  2.00  12.00      3A+2T 9.50  0.60 10.10
3F    5.50  1.20  6.70       3F    5.50  0.20  5.70
2A    3.50  1.60  5.10       2A    3.50  1.60  5.10
     19.00 4.80 23.80            18.50 2.40 20.90

LSp4   2.70  0.80 3.50      LSp4   2.70  0.70 3.40
FSSp4  3.00  0.50 3.50      FSSp4  3.00  0.50 3.50
CCoSp4 3.50  1.00 4.50      CCoSp4 3.50  0.50 4.00
       9.20 2.30 11.50           9.20 1.70 10.90

SpSq4  3.40  2.00 5.40      SpSq4  3.40  2.00 5.40
SlSt3  3.30  0.70 4.00       SlSt3   3.30  1.00 4.30
      6.70  2.70 9.40            6.70  3.00 9.70 

TES  34.90 9.80 44.70     TES   34.40 7.10 41.50
PCS          33.80     PCS           32.28
============   ============
合計          78.50     合計          73.78


FS
キムヨナ 150.06(78.30+71.76)   真央131.72(64.68+67.04)

3Lz+3T  10.00  2.00 12.00     3A       8.20  0.80 9.00
3F      5.50  1.80 7.30     3A+2T     9.50  0.20 9.70
2A+2T+2Lo 6.30  1.40 7.70     3F+2Lo    7.00  0.60 7.60
2A+3T    7.50  2.00 9.50     3Lo       5.50x 0.60 6.10
3S      4.95x  1.40 6.35     3F<+2Lo+2Lo 5.17x -0.48 4.69
3Lz      6.60 x 2.00 8.60     1T        0.44x 0.00 0.44
2A      3.85 x 1.40 5.25     2A        3.85x 1.00 4.85
        44.70 12.00 56.70            39.66 2.72 42.38

FCoSp4  3.00  0.80 3.80       FSSp4  3.00  0.80 3.80
FSSp4   3.00 0.60 3.60       FCoSp4 3.00  0.80 3.80
CCoSp4  3.50  1.00 4.50       CCoSp4 3.50  0.80 4.30
       9.50  2.40 11.90            9.50 2.40 11.90

SpSq4  3.40  2.00 5.40        SpSq4  3.40  2.60  6.00
SlSt3   3.30  1.00 4.30        SlSt3   3.30  1.10 4.40
       6.70 3.00 9.70              6.70 3.70 10.40

TES   60.90 17.40 78.30      TES   55.86 8.82 64.68
PCS            71.76      PCS           67.04
=============   =============
合計           150.06      合計          131.72

data source
http://www.isuresults.com/results/owg2010/index.htm


改めてタラソワのプロは濃密ですね。キムヨナが (ジャンプの)完成美(GOE)なら浅田真央は極限美(難度and/or濃度)かと。それでいま改善しているのは流れのあるジャンプ。入りの間は良くなった(片割月さん指摘のようにステップを入れるなど工夫も見られます)がスピード(加速感)はイマイチだと思います。これが3回転ジャンプが回転不足気味になる一因かと。以下独り言→入りの軌跡(もっと曲線)も含めて加速感を上げることは踏切のタイミング体得が難しくこれはソチまで間に合わないと予想します。だから今のままなのかな!?←独り言終了。

追記2012.10.18/11:09 極限美(難度and/or濃度)の象徴例
2008-2009ルール改正。フリーの要素でスピンが4つから3つに一つ減ったとき、浮いた15秒をキムヨナはポーズ(一時休止)など体力回復(GOEの追求)に使い、浅田真央はステップ(芸術性の追求)に使いました。
追記終了。

しかし、今回のJOのPCS(全体に高めでしたが、ワグナーを上回っています)が示すように、 ジャンプのGOEの改善が目的であったスケーティングの向上はもともと高かったPCSをさらに上げる効果もあったと思われます。

あと、浅田真央の特徴ということでいえば、(とくにタラソワプロに言えることですが)最初から最後まで(観てる方も)息つく暇を与えない構成と、何といっても攻めて攻めて責めまくる怒涛のステップです。これぞ極限美(難度and/or濃度)てな感じ(笑)

追記2012.10.18/08:14
それから、すすりのブログさん(ありがとうございます<m(__)m>)という方が、タラソワの世界というテーマで書かれている記事が秀逸だったので貼っておきます。選手の個性に応じて演出が違うという記述は納得です。[フィギュアスケート タラソワコーチ]http://ameblo.jp/susuri/theme1-10016657631.html

追記2012.18/11:35タラソワプロの特徴を物語るエピソードをフィギュアスケートdays<Vol.03>2007.05より
岡崎真のゼロからおぼえる新採点講座「Transitions」の項で、どの選手も評価されにくい傾向があると指摘。この項目の理想的な選手としてファデーエフを挙げたあと、高橋選手を挙げています。少し前の高橋大輔選手が、やはりものすごくトランジションのレベルの高いプログラムを滑っていました。彼がまだタチアナタラソワコーチの下にいた頃のプログラムですね。ただ、あまりにもつなぎの部分が難しすぎて、その頃の彼もまた、ジャンプで自滅しがちだった。http://dl.dropbox.com/u/410340/books/days03p84.jpeg追記終了

追記2012.10.18/09:42
>片割月 says... "Re: たぶんソチでは"
真央選手は幸い、スタミナや体力面ではタフな方だと思うので、結構、息の長い現役選手として十分にやれそうに思います。
御意。経済的にも大丈夫そうやし(笑)それより何より彼女の潜在能力は大きすぎるので、完成することはなく進化し続けるのでしょう(他の選手も然り。ただ彼女の場合はそれが顕著かと)。二十歳を過ぎて尚ジャンプの修正、浅田選手はフィギュアスケート界のサグラダ・ファミリアです\(^^@)/

2012/10/18 (木) 05:12:59 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

わたしはやはりPCSの差だね

TESの差のほとんどの部分が、ジャンプのミスから生まれたもの。

コンビネーションジャンプは、もとからセカンドジャンプの質が3Aに比べて付き出し的な感じがあったから、高く評価はされにくいものだった。

SPのTESの差は、基礎点の差にGOEの差が加わったもの。それはジャンプだけではない。
ジャンプのみを磨いても当時のキム・ヨナに勝つ事は難しかった。

FS PCS
KIM Yu-Na Mao Asada
SS   9.05 8.55
TL  8.60 7.85
PE   9.15 8.50
CC   8.95 8.45
IP   9.10 8.55

ジャンプに自信のある選手が、ジャンプをミスったときにそれは致命傷となる。

昔からフィギュアはジャンプは水ものといわれており、ジャンプに自信の無い選手はスピンやスパイラルや踊りの部分の表現力に力を入れてきた。

結果として、ジャンプ技術を高く評価されている選手が、本番の場でミスって、ジャンプ以外を磨いてきた選手の前に幾度と無く涙を飲んできている。

同じジャンプのミスの数なら、よりひどいミスをした方が負ける。
勝負を分けるのは失敗のしづらい部分で、より確実に点数を得たものとなる事が多い。

成功確率の高いものの精度をまずは上げる。

点数の取りこぼしをしない。 まるでセンター試験の高得点獲得のための戦略と同じ。

日本人は伊藤みどりの存在のもあって、ジャンプの難度に沸くが、アメリカはスピンに沸く。
カナダはステップに沸く。

伊藤みどりがジャンプに力を注いだのも、芸術的要素では不利だと思っていたからだし、芸術的要素が少ない選手は女子シングルでは勝ちにくいというのは、過去の歴史が証明している。

もっともコンパルの時代は、コンパルの優位性が圧倒的だったのではあるけどね。

2012/10/18 (木) 16:20:36 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: ジャンプのGOE

ghoti様、こんばんは。

>浅田選手の敗因は ジャンプのGOEなんですね。

改めて、五輪の時のデータを列記して頂き、ありがとうございます。
あの当時、プロトコルの数字を見て、何回、ため息をついたことでしょう。。。

敗因はジャンプミス+GOEの差、そして、やはり、PCSの差でしょうね。
2008GPFから真央選手のPCSは(それまでは上回っていたのが)ヨナ選手をいつも下回るようになりました。
この差は、縮まるどころか、開いて行ったのですよね。。。
当時、私はその理由が全く謎でした。(今は全て分かった、ということではないですが)

ジャンプの助走時又はランディング直後における繋ぎが、どれくらい当該ジャンプのGOEにプラス影響するのでしょうね。
ひょっとして、あくまでジャンプそのものの質がGOEのほとんどを決めるような気もしますが。。。

つまり、助走時及びランディング直後の繋ぎは、GOEよりもPCSにプラス影響するんじゃないでしょうか。

「すすりのブログさん」のご紹介、ありがとうございます。
かなり熱心なファンですね。最近、更新がないようですが。

>あまりにもつなぎの部分が難しすぎて、その頃の彼もまた、ジャンプで自滅しがちだった

タラソワさん振付の「剣の舞」なんか、そうだったような。
あれには高橋選手、かなり苦戦していましたね。
もっとも、こうした苦労があったからこそ、今の高橋選手があるのだと思います。

ただ、「仮面」や「鐘」では、ステップの箇所はとっても「濃密」ですが、
各エレメンツ間の繋ぎは、それほど濃くも無いように思えます。

3Aを2回入れた為、プログラムの前半は薄い感じがして、全体のバランスを欠いていると思いました。
あくまで、「白鳥の湖」と比較してですけど(^。^;)

2012/10/18 (木) 21:15:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

二重計算

>つまり、助走時及びランディング直後の繋ぎは、GOEよりもPCSにプラス影響するんじゃないでしょうか。 <

GOEにもPCSにも影響していると私は考えている。

だから両者の演技の点差の開きが予想以上に離れたと考えている。

大方の人が実際の点差の開きはあの半分くらいだと思うだろう。

ルール上、この部分を厳格に切り離して採点をする形にはなっていない。

双方に影響を与えていたと考えるのならあの点差も納得がいくと思えるが?

2012/10/18 (木) 21:31:38 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: わたしはやはりPCSの差だね

バルタン様、こんばんは。

確かに、ジャンプとそのGOEに関しては、水ものな面が強くありますね。
しかし、真央選手のジャンプは成功してもGOEが+1点を越えるケースは少ないです。
ヨナ、ロシェット、コストナーの各選手の方が(成功したジャンプでは)明らかにGOEは上です。

PCSは「水もの」な面は弱く、明らかな「格付け」ですね。
ジャッジはまるでムーディーズみたいな格付け会社だな(-^〇^-)

五輪当時、PCSはヨナ>ロシェット>真央、がほぼ明確でした。

この差がトップスケーター同士の熾烈な争いでは、案外と物を言うのは間違いないですね。

男子シングルの「巷説」にある「四回転を跳ばないとPCSは上がらず、下がることもある」は、
女子の場合には当て嵌りませんね。つまり、あの「巷説」は間違いと。

「アーティスティック・インプレッション」→「プレゼンテイション」→「演技構成点」への推移は、

主に「表現力とその芸術性」から「表現力とその技術性」に徐々に比重が推移していった歴史でしょうか?

「白鳥の湖」が高い評価を受けた要因は「高い表現力とその芸術性」というりも、

「高い技術性」と「プログラムのウェルバランス性」の方に比重を感じますが。

2012/10/18 (木) 21:37:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 二重計算

ウーム、二重計算になりますか。

ぐぬぬぬ。。。

まあ、「これはPCS行き」「それはGOE行き」と交通整理することは難しいですよね。

そうだとすれば、どうしても長い助走と薄い繋ぎの中で跳ぶ真央選手の3Aは、

決まれば得点は高いですが、犠牲も少なくないと。。

女子に男子並みに3Aを短い助走で跳ぶというのは、かなり厳しいでしょうね。

伊藤みどりさんでさえ、助走はかなり長かったし。

3Aも3-3も跳ばないとすれば、ショートでは3つのジャンプの内、

2つを後半に跳ぶ作戦は有力かも。これは十分に可能でしょう。

2012/10/18 (木) 21:48:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

自画自賛

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/31252619.html?type=folderlist

2010ワールドの後の分析。
タラソワの動きはこの時から想定内の事。

この頃の記事は今読んでも面白いわ~~。
最近努力してないな~~。

2012/10/18 (木) 22:05:42 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

天野氏のことば

一部の人からひどく嫌われている天野真氏ですが、興味深い言葉を紹介します。
「結局はフィギュアスケートというのは、滑るからこそ美しいもの。氷の上できれいなポーズをとってみせることではありません。その美しさを表現するのに、必ず滑りの質が伴わなくてはいけないものなのです」※「氷上の光と影」より

まさに現行ルールを象徴するかのような言葉。もちろんスケーティングスキルが伴わなくても思い切りのいい演技をして評価される選手もいるけれど、基本的にジャッジはこのような考え方なんでしょうね。
やはり点数が出やすい振り付けというのはあると思います。
個人的にはロシア陣営よりも北米陣営の方が、点数が出るプログラムを作れる傾向にあると思うんですね。ロシアは北米と比べると、あまりスケーティングを見せようという気持ちがない。

過去のタラソワプログラムは、スケーティングスキルを見せるという点ではジャッジの好みに合わないプログラムだったような印象です。
ところが今シーズンはどうしたのでしょう。私は白鳥の湖を見た時、「えっ!これローリー作品じゃないの?」と感じました。ルールに詳しい優秀なアシスタントでも採用したのでしょうか?もちろん真央選手のスケーティング技術の向上あっての点数でもありますが、それだけではないような気がします。

2012/10/18 (木) 23:11:44 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]

Re: 自画自賛

ヤフーはアバター廃止ですか?

好きだからって、よりによってワグナー嬢の画像を貼るか!?

いやん、気色悪いですわ(-^〇^-)

モロゾフかオーサーの画像でも貼ったレ!(@^▽^@)

2012/10/18 (木) 23:42:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 天野氏のことば

神無月様、こんばんは。

田村明子氏「氷上の光と影」にあった天野氏の言葉ですね?

私もその本は読みましたが、全然覚えていないわ^^;

あの頃は、一般のフィギュアファンの多くは、スケーティングの良し悪しにはあまり関心も無く、

そして、理解も無く、ジャンプにばかり目が行っていたように思います。

私はその典型です(^。^;)

私がスケーティングに関心を持つようになったのは、2009国別対抗戦でチャン選手の演技を見たのがキッカケ。

>ロシア陣営よりも北米陣営の方が、点数が出るプログラムを作れる傾向にあると思うんです

理由の一つは、もしかして、

ジャッジの「傾向と対策」の為の、情報収集力と(変な意味でなく)ロビー活動が、

ロシアより北米陣の方が上手いというのもあるのかな?

それと、ロシア国内選手権では高難度ジャンプにボーナス点を加える採点方式を取っているくらいだから、

どうしても、ジャンプ重視になるのでしょうか?

タラソワさんやミーシンさんのコメントからも、そんな印象を受けます。
(もっとも、この方々は結構したたかですから、額面通りに受け止め過ぎてもダメかも。北米との怨念も)

>私は白鳥の湖を見た時、「えっ!これローリー作品じゃないの?」と感じました。

そうですね。私も会場で見た時に、そんな印象を受けました。記事にも書いたかな。

でも、やや薄味な「愛の夢」と比べると、やはり、「白鳥の湖」は振り付け、繋ぎが濃いと思います。


>ルールに詳しい優秀なアシスタントでも採用したのでしょうか?

あ、なるほど!これは気がつかなかった(^。^;)

私はこの2年間、タラソワさんの高年齢、世界選手権への不可解なコメント、そして真央選手の振り付けから、

かなり不安を抱いていましたが…もしかすると、神無月様の推察が当たっているかも。

ソチ五輪がありますし、プーチン閣下、そしてロシア連盟以下、フィギュア王国の誇りにかけて、名誉挽回と、

優れたスタッフを各方面から結集し、指導体制を強力にしているでしょうね。

2012/10/19 (金) 00:12:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

2*Re: ジャンプのGOE

片割月さん おはようございます

敗因はジャンプミス+GOEの差、そして、やはり、PCSの差でしょうね。
2008GPFから真央選手のPCSは(それまでは上回っていたのが)ヨナ選手をいつも下回るようになりました。
この差は、縮まるどころか、開いて行ったのですよね。。。
当時、私はその理由が全く謎でした。(今は全て分かった、ということではないですが)


鋭い指摘。ここがターニングポイントでしたね。特に私が注目したのは、SPの3F3Loの判定。セカンドのDG判定は正しかったと思いますが、浅田選手はショックだったと推察します。このあと調子を崩します。ご参考ttp://nahte.blog132.fc2.com/blog-entry-23.html#TurningPoint

以後、浅田選手のPCSがキム・ヨナのそれを下回ったというのは、片割月さんの指摘で初めて知ったのですが、(ジャンプの)失敗の差でしょうね。そういえば荒川静香さんのPCSへのコメントにもありましたね。素人的にはこの説明で納得してます(^_-)ttp://www.ninomiyasports.com/sc/modules/bulletin/article.php?storyid=4400
PCSの基礎にあるのはスケーティングだと思いますが、(ある意味その結果ともいえる)失敗の有無はPCSの判定に影響すると思います。人間の心の目とはそういうもんだと思っています。

ジャンプの助走時又はランディング直後における繋ぎが、どれくらい当該ジャンプのGOEにプラス影響するのでしょうね。
ひょっとして、あくまでジャンプそのものの質がGOEのほとんどを決めるような気もしますが。。。


ジャンプのGOEは評価項目の合算ですが、流れのあるジャンプ(しっかり回りきっての着氷が必要条件だと思う)に関する項目が支配的な気がします。繋ぎは評価の一項目に過ぎないのに、ジャンプの成否(したがってGOE全体)に大きく影響する。このハイリスクローリターンの非対称性がスポーツの醍醐味のひとつでもあります。難度の高いジャンプ で、繋ぎの質とジャンプ自体の質を両立する選手のみが真のジャンパーと定義すれば、そういう選手はなかなかいないですよね。

つまり、助走時及びランディング直後の繋ぎは、GOEよりもPCSにプラス影響するんじゃないでしょうか。
どっちに属するのかってのはありますが…。私もそう思います。まさに「Transitions」ですね。http://dl.dropbox.com/u/410340/books/days03p84.jpeg ただ(大技の)ジャンプを失敗した時にはその効果も台無しになってしまうのが辛いところですね。蛇足ですが、チャン選手のようにスケーティングがスバ抜けていいと2A一個失敗したくらいでは影響はわからないくらいです(2012WCのFS)。あくまでもPCSの基礎はスケーティングですね。演技力(芸術性の一要素)ではないですね。芸術性と技術性は相互補完の関係にあると思います。

【おまけ】繋ぎの簡素化の例
・「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」 冒頭の3F3Loの前のツイズルの有無
 (ジャンプのGOEには評価という意味で直接影響しませんが間接的に影響はあるのでしょうね)
 スケカナ有りhttp://www.youtube.com/watch?v=HD_4LR7yRvc#t=40s
 ファイナル無しhttp://www.youtube.com/watch?v=Xs5EGzkfl7c
・前奏曲「鐘」 3Tの後、2Aの前のイーグルの有無
 無し(四大陸)http://www.youtube.com/watch?v=sTSCiEB6vxo#t=2m46s
 有り(バ五輪)http://www.youtube.com/watch?v=5y5mcxHe9Qc#t=3m33s

2012/10/19 (金) 06:20:07 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 2*Re: ジャンプのGOE

ghoti様、こんばんは。

結局、2年間、ジャンプを見直して来た成果はまだ明確には出ていないような気がしますね。
これが一番、気がかりですわ('_')
3Aは非常に厳しい状態みたいだしo(TヘTo) くぅ


そこで、樋口氏のコメント、タイムリーですね。

ジャンプ後の繋ぎが無い、と彼も言っています。

私が前に指摘した通りですわん<(`^´)>

紹介下さった動画、参照してみますね(#^.^#)

ありがとうございました。

2012/10/20 (土) 00:29:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

私、浅田選手は表現力と芸術性はもう十分あると思うんですよ。実際、鐘の演技を絶賛してたのは芸術家の方達が多かったし、私自身も鐘の演技は見るたび自分も頑張らなきゃって思えるんですよ。
これまでの浅田選手の演技も大好きですし。

ただ、1つ気になるのがジャンプなんですよ。3回転3回転と2A3Tを試合で決めれるように精度を高めていってほしいんですよね。もう過ぎ去ったことを言っても仕方ないですが、バンクーバー後に一からジャンプなどを見直してた時期には、3Aを外して他のジャンプの確実性を上げてほしかったですね。
ジャンプが跳べなくなるかもしれないリスクを背負って一から見直してここまでできるのは浅田選手だからこそだったと思いますし、本当に凄いことだというのは分かるんですが、やっぱりジャンプが決まらないことには厳しいと思うんですよね。
ジャッジが回転不足を取ったり、加点を付けてくれなかったとしても、ジャンプの種類をたくさん持っててそれを試合で発揮できたら強いと思うんですよ。

今のジャンプ構成は少し弱い気がします。
3T3Tも練習して、後半に入れるとか色々と考えてほしいなー。もっと戦略を練らないと厳しいと思います。


浅田選手ほどのスケーターにはスケ連ももっとバックアップしてほしいなーって思います。佐藤コーチに全て任せるんじゃなくてジャンプのコーチとかスピンを見てくれる方とかそれぞれ分担して指導してくれてもいいのにって勝手ながら思ってしまいますね。

2012/10/21 (日) 02:59:23 | URL | さおり #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さおり様、初めまして。
コメント、ありがとうございます。

はい。真央選手の演技は流麗でエレガント。私は大好きですよ。
アレコレと突っ込みを入れたがるヒネた応援もしていますが(^。^;)

>鐘の演技を絶賛してたのは芸術家の方達が多かった

そうそう。ピアニストやダンサー等、真央選手の美しさや音楽性を褒め称えていましたね!

ジャンプの精度について、さおり様のご意見に概ね同感です。

>今のジャンプ構成は少し弱い気がします。

その典型が、7つの内、5つが演技後半という、異例な構成になっていることですね。

ただし、こういう考え方もあるかもしれません。

今、タラソワさんや樋口先生から真央選手に対し、3Aに慎重さを求められています。

その代わり、白鳥の湖はこれまで以上に繋ぎ(トランジッション)の濃い内容になっていますね。

さらに、ジャンプのランディング直後にも、ターン等の繋ぎを入れた方が更に良いとのアドバイスも。

これはどういう意味があるか?

私はこう思います。

3Aは元々成功の確率が良くない。しかも、他の要素を犠牲にする面もある。
イチカバチカの3A頼みで無いと優勝出来ないような作戦を改め、
3Aも3-3も無しでも勝てる位の、密度の濃い演技をしたらどうか、と。
その上で、3Aがしっかりと跳べるようになれば、鬼に金棒ではないかと。

以上が、タラソワさん、樋口先生の意図ではないかと。

>スケ連ももっとバックアップしてほしいなーって思います。

お気持ちは良く分かります。

ただ、佐藤コーチ、久美子コーチ、そしてアシスタントの小林れい子氏など、
複数のスタッフ体制で取り組んではいるように見えますが、どうなんでしょうね。

ファンの思いは複雑でして、連盟にもっとバックアップして欲しいとも思うし、

さりとて、あまり介入されるのはゴメンよ、との思いもあります。

連盟の立場に立って考えると、選手との距離感が難しいわね^^;

2012/10/21 (日) 10:38:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

PCSの変移

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/30009632.html

参考資料でございまする。

2012/10/21 (日) 18:37:08 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

二重計算2

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/29945952.html

片割月さんは、ここは見てもらいましたか?
旧採点法と新採点法の点差の開きに対しての感覚のずれがどこから生まれているのかを考察したものです。

この当時のデーターが入ったHDDが読み込みが出来なくなったので、新しいデーターの付け加えや分析が面倒なのが痛い。

2012/10/21 (日) 18:52:51 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: PCSの変移

> http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/30009632.html
>
> 参考資料でございまする。


左様か。

大儀であった。

酒を用意してある。

ゆるりといたすがよい。

ところで、書類の左上にある毛唐女は、何としたことぞ。

貴殿はいつから尊皇攘夷から開国派に宗旨替えしたのかの?

はよう、尾張藩主の愛娘、美姫と取り替えよ。

このこと、しかと申し付けたぞ。

2012/10/22 (月) 00:48:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 二重計算2

> http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/29945952.html
>
> 片割月さんは、ここは見てもらいましたか?
> 旧採点法と新採点法の点差の開きに対しての感覚のずれがどこから生まれているのかを考察したものです。

イエ、まだでありんす(^。^;)

今、お座敷にお呼ばれで、野球拳で盛り上がっているゆえ

お客はんがお帰りになりんした後、

酔いが醒めてから、じっくりと読ませて貰うでありんす。

ありがとう(=^0^=)

2012/10/22 (月) 00:56:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

これならどうじゃ

(V)o\o(V) フォッフォッフォ

2012/10/22 (月) 18:56:20 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

これならどうじゃ

(V)o\o(V) フォッフォッフォ

2012/10/22 (月) 18:56:20 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: これならどうじゃ

> (V)o\o(V) フォッフォッフォ

ウム。佐藤老師とな。

苦しゅうない。余は満足じゃ。

これからも忠義に励むが良いぞ(-^〇^-)


2012/10/22 (月) 22:09:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ところでお代官様

資料には目を通していただけたのでしょうか?

せっかくのお代官様のお言葉の裏付け資料なのですが(笑)

特に2シーズン間の変動量の選手ごとの比較は優れたものだと、拙者は自負しておりまする。(笑)

2012/10/22 (月) 22:51:56 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: ところでお代官様

> 資料には目を通していただけたのでしょうか?
>
> せっかくのお代官様のお言葉の裏付け資料なのですが(笑)
>
> 特に2シーズン間の変動量の選手ごとの比較は優れたものだと、拙者は自負しておりまする。(笑)


あいや、しばらく。

そこもと、拙者をそうせかすでない。

古人曰く、急がば回れ、と申してな(←意味不明)

ただ今、検分仕る。しばし、待たれよ。

それより、二重計算の方で拙者は難儀しておるのじゃ。

>キム・ヨナ選手のSPの点数に対してのかさ上げが、
>TESに対してGOEの半分として4.25点
>PCSについて各エレメントに0.5点ずつあったとして2.5点 これに係数0.8をかけると2.0点
と仮定して換算してみます。

もうここで既に、拙者の拙劣な頭脳では合点が参らぬ。

即、退散いたした次第(^。^;)

2012/10/22 (月) 23:18:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ところでお代官様

> 資料には目を通していただけたのでしょうか?
>
> せっかくのお代官様のお言葉の裏付け資料なのですが(笑)
>
> 特に2シーズン間の変動量の選手ごとの比較は優れたものだと、拙者は自負しておりまする。(笑)


昨夜、さっそくお主のブログに参上し、検分いたした。

ウム。バルタン村の大庄屋、でかした!

表、グラフ、色分けとも見事な出来じゃ。数値の推移が一目瞭然。

データは言葉以上に見る者に訴えるものよの。

拙者、大いに気に入った。

褒美として、名字帯刀を許してつかわす(^ム^)

村の年貢も軽くしようぞ。村の三役人にはお主から伝えよ。

2012/10/23 (火) 23:08:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

バンクーバー五輪でのキムヨナ選手のGOE比較は女子ではなく
男子上位選手達と比較するべき案件だと思われます。
彼女のGOEはジャンプを含めて、なんと17.40

この数字は、男子王者ライサチェク、プルシェンコ、高橋選手以上の驚嘆すべき高いGOEですので
浅田選手を始め、女子選手ではとても比較対象になり得ないと思います。
男子以上のGOEを貰える女子といえば、伊藤みどり選手を思い出しますが
GOEの数字だけをみると、キムヨナ選手は伊藤みどり選手をゆうに越えたジャンパーであり
ビット選手を越えた優れた表現力の持ち主、伝説級のスケーターになるようですね。
むしろ、ジャンプ1つ少ない男子よりも優れた選手、数字だけを見れば、それがキムヨナ選手になります。

2012/10/24 (水) 18:09:07 | URL | noriko #- [ 編集 ]

ちょっと違うと思うけどね

GOEを男子と比較するというのは、男子の試合に出たのならわかるけどね。

例えば記録競技でも、陸上の男子の100mの記録と女子の100mの記録は違う。

だけど、女子の優勝者の記録を男子の試合結果と比較する事はしないよね。

女子の中で、たとえ、2位の選手との差が1秒だったとしても、1位は1位、2位は2位というのは女子の仲だけの順位でしかない。

2位との差が大きく違うからといって男子の記録と比較するということなんかしないよね。

それはなぜかと言うと、女子と男子では筋力自体が違うし、筋肉の数値も違うというのが生理学的にも証明されているからで、男子と女子とを比べても意味が無い。

特にフィギュアの場合は、女子は女子、男子は男子の中での評価の部分は必ず存在している。

男女ともに同じものさしで評価していると思える部分も無い事も無いけれど、(スピン)それ以外は、やはり男女別のものさしと考える方が合理的と思えるね。


男子のジャンプの滞空時間と女子のジャンプの滞空時間を同じジャンプで比べると良くわかると思う。

女子のトップクラスは、男子のトップクラス並みの数値を持つ選手もいるけれども、それはほんの3,4人。

男子のワールドトップ6からトップ16くらいまでと同じ位の数値。

当然4回転を成功させる確率の高い選手らと比べると落ちる。

もし男子と比べたいのなら他の女子選手も同じように比べてみたときに、GOEで加点がつきそうな選手がどれだけいるのかを検証するべきでしょうね。

私の過去の検証から言えば、女子を男子と同じレベルでGOEをつけたなら、ほとんどの選手がーになります。


HDDの故障のせいで検証データーがブログに載せているものだけしか、証明できないのが非常につらいところなんだけどね

2012/10/24 (水) 20:04:30 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

noriko様、コメントありがとうございます。

う~ん、おっしゃる意味は分かる気もしますが、

男子と女子を比較するのは、どうなんでしょうね。

例えば、私が観戦した真央選手は2009国別対抗戦のショートにおいて、

2AにGOE+2.00が付いています。もちろん、真央選手が跳んだ最も綺麗な2Aの一つでしたが。

男子トップ選手が2Aを跳んでも、滅多にない高いGOEです。

また、2008NHK杯フリーでは、最初の3AにGOE+1.60が付いています。

これも、男子トップ選手でもそんなに出るような数値ではないですね。

だから、点数を出し過ぎだ、と言いたいのではもちろんありません。

このように見て行くと、ヨナ選手が綺麗に決めたジャンプに高いGOEが付いても不思議ではないと思います。

それと、あくまで、男子は男子、女子は女子でGOEを見ていく方が間違いが無いように思います。

もちろん、私は専門家ではないんで、私の意見が正しいかどうか、確証はありませんが(^。^;)

2012/10/24 (水) 22:05:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ちょっと違うと思うけどね


男子と女子のGOE、元スケーターさんとか、専門家はどう言っているんでしょうね。

ジャンプだけではなく、スピン、ステップシークエンスも含め。

ステップシークエンスだって、男子トップ選手を見た後で、女子トップ選手を見ると、

スピードが遅い、ターンの切れ味が鈍い、って見えてしまうことがあります。

だからと言って、女子のステップシークエンスにおけるGOEがカスカスということもないですね。

やはり、男子は男子基準で、女子は女子基準で、と見るべきなんでしょう。

ただし、ISUのルールには、私の知る限り、明記されていないようですが。

2012/10/24 (水) 22:18:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

混浴

片割月さん おはようございます

男子と女子のGOE、元スケーターさんとか、専門家はどう言っているんでしょうね。

以前、(発端は違いますが)同じような疑問が話題になったことがあります。その時の元スケーターさんの見解です。ご参考まで。ちなみに私も元スケーターさんバルタンさん片割月さんの見解と同様です。(バンクーバー五輪当時はキム・ヨナ選手3Lz3T浅田選手3AのGOEを男子選手と比べたことはありますが、今では意味はなかったなと思っています(^_^;))

http://openaxel.blog14.fc2.com/blog-entry-213.html#comment4337
男子並みの基準で評価されるのか? と、私が聞かれれば、NOと答えます。
そんなルールはどこにも書かれていません。

   (中略)

男女の能力差は考慮しないのか? という疑問なら、男女はそれぞれ別のカテゴリーなので、女子は女子の経験上の質の範囲。 男子は男子の経験上の質の範囲。と、私なら答えます。(もちろん私はジャッジ資格者ではないですが、ジャッジなら、同様な感じで答えるような気がします) 

能力差を勘案しなければならない項目に限り、要は男子ならこれぐらいなら標準的。 女子ならこのぐらいが標準的。

と、言うような、ジャッジ毎の、質の判断をする評価基準範囲を各自が持ってるという事です。

2012/10/25 (木) 07:49:25 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

古くて新しい疑問

ではありますね。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1237701792

手前味噌になるけれども(ここのところ自画自賛が多いわ。(V)o\o(V) フォッフォッフォ)、このテーマでヤフー知恵袋でベストアンサーに選ばれているのですが、今でもほとんどの見方はここにあるアンサーに大別されるのでしょうね。

2012/10/25 (木) 21:54:03 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 混浴

ghoti様、私が知りたかった情報、すぐに教えてくれて、ありがとうございます!!

やはり、推測した通りなんですね。

女子選手のジャンプを男子並みに審査されたら、GOEはカスカスになるでしょうね。

また、スピンやステップでは、男子には無い女子ならではの柔軟性や優美さもありますしね。


混浴って言うから、あちきはghoti様が温泉にでも行ってウヒウヒしたのかと思ったわ(^Д^)

2012/10/26 (金) 00:54:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 古くて新しい疑問

バルタン村の友造殿、お疲れ様でござる。

バルタン村特製の手前味噌は、ダシが効いて美味であるな。


>結局は女子は女子の中での相対比較

例により「相対比較」というのがちょっと引っ掛かるけどネ(^<^)

元スケーターさんならGOEもPCSと同じく「認定評価」と言うのでは?

もしも相対比較であれば、B大会で得たGOE+2点と同じくらい立派なジャンプを、

トップスケーターが集まるA大会で跳んだとしても、GOE+0.7点ということも有り得るわけで?(^。^;)

2012/10/26 (金) 01:07:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR