GPSスケートアメリカ始まる!羽生選手が凄いことを!





GPSスケートアメリカ・男子SP結果
1 Yuzuru HANYU   JPN 95.07  51.71  43.36  8.64  8.36  8.89  8.68  8.79
2 Takahiko KOZUKA JPN 85.32  45.57  39.75  8.04  7.71  8.14  7.93  7.93
3 Jeremy ABBOTT   USA 77.71  37.81  40.90  8.11  7.93  8.07  8.36  8.43
4 Tatsuki MACHIDA  JPN 75.78  38.65  37.13  7.39  7.25  7.46  7.46  7.57


羽生選手、ぶったまげたわ~。豪快な演技はどこが「パリの散歩道」じゃい!、むしろ、「パリの歓楽街」じゃんか(-^〇^-)
マスコミはいつもの通り「ショートで世界最高得点!」と煽っていますが、ルールが変わっているから意味無いです。それは羽生選手が冷静に知っています。

そうですか。SSは8.64点で8.04点の小塚選手より、もはや上ですか。フム。。
分からないことは分からないと。で、変に勝手解釈をしても無意味ですわ。単に私が勉強不足なだけでしょう。

今こそ、荒川さんの言う「期待されている選手が期待通りにやればPCS評価は上がる」が実に説得力を持ちます。

「フィギュアスケート2012~2013シーズンガイド」の記事でオーサーコーチが「(トレイシー女史は)スケーティング技術を主に見ていますが、それだけではなく、彼女は言葉で言い表すのは難しい特別な指導の才能があるんです。ヨナの時は、それが素晴らしい結果を出したわけだし、フェルナンデスも1シーズンで見違えるようにスケーティングが上達した。ユズルはまだはじめてで短期間ですが、学ぼうとする意欲がすごく高い」と語っていました。

どうやら、カナダCBCのテレビ解説でも有名な元アイスダンサー、トレイシー女史は優れたアシスタントコーチなようです。

確かに羽生選手のスケーティングは滑らかさを増し、どことなく「味」が出てきたように見えます。見せ方、アピールの仕方も上手くなっていと思います。

小塚選手の「栄光への脱出」は、壮大な音楽と大きい滑りがマッチングした素敵なプログラムと思います。私の好みからすれば羽生選手の「パリの散歩道」よりも魅力を覚えます(#^.^#)

ジャンプが戻って来ましたね!これなれば安心ぞ!

それだけじゃなく、途中、いくつも「決めポーズ」が入っていて、これが実に自然で違和感がない。あれだけ嬉しそうに拳を握って表現する小塚選手は初めて見ました。佐藤コーチももっと喜びを出しておくんなさい(^。^;)

それにしても解説の佐野氏「4回転が決まると、プログラムが変わる訳ではないが、滑りの『入魂度』が変わるので(PCS)評価が上がる」と。『入魂度』、ガッハッハ、面白い表現だあ。

なるほど!4回転が決まる決まらないは、直接はPCS採点と関係ないが、決まると『入魂度』が変わるか。

フィギュア界全体における人気度は、男子が女子を凌駕しつつあるように見えますが、どうでっしゃろ?




関連記事
スポンサーサイト

2012.10.21 | | コメント(30) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

私、暫く回転不足の定義のお勉強でひきこもり状態だったんですけど、あの羽生さんの直前に難しいターンを入れての3Aは感動した!
なんかとんでもない選手になりそうな予感。

やっぱり一流選手はナルシストでないといかんな。

2012/10/21 (日) 11:27:01 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

きれじろう様、こんにちは。

> 私、暫く回転不足の定義のお勉強でひきこもり状態だったんですけど、あの羽生さんの直前に難しいターンを入れての3Aは感動した!
> なんかとんでもない選手になりそうな予感。

いや、まったく!!

これで日本男子は「安心」して見ていられるわ。女子は。。不安だらけ(^。^;)

「回転不足の定義」の学習成果をご披露して頂けませんでしょうか?(^^♪

> やっぱり一流選手はナルシストでないといかんな。

なるほど、それも一理あるかも。

だけど、あちきはナルシスト派よりもストイックな方が好きだなあ(#^.^#)

真央選手のように。

安藤選手も自分に正直過ぎるくらいなストイック派なんですよ~ん!(^Д^)


ところで、アンコウ様がずっと更新が無いですね。どうしたのでしょう?

真央選手の新プログラムが披露されたと言うのに。

お忙しいのかな?お元気だと良いのですが。。

2012/10/21 (日) 12:16:30 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

おっしゃるとおり、ルールが毎年変わってるから「歴代最高得点」って意味ないですよね。
ただ、初戦でまだ本人も反省点があると言っている演技にこんな点数出しちゃうジャッジって一体・・?
ジャンプ以外はとても普通だったと思うんですけど。
少なくとも小塚選手と10点も差がひらくというのは理解できないですね。

確かに男子が女子を凌駕してるように私も思いますね。羽生くんの快進撃で男子の人気はこれからも安定しそう。
女子はマスコミが一時期、佳菜子ちゃんを天才と持ち上げて過剰に報道してたときがありましたが、あれでかえってフィギュアファンの反感を買っちゃってあっけなく失敗しましたよね。
私自身、浅田選手・安藤選手の演技を見たいから女子フィギュアを見てるって感じなんですよね。今シーズンも安藤選手はお休みというなんとも寂しいことになっちゃいましたが、浅田選手は試合に出続けてくれてるのでついつい見ちゃいます。EXでも素晴らしい演技を毎回見せてくれるし、今期のメリーポピンズなんて浅田真央にしかできない「可愛らしい大人」って感じで幸せをたくさんもらってます。

2012/10/21 (日) 12:46:58 | URL | さおり #- [ 編集 ]

>「回転不足の定義」の学習成果をご披露して頂けませんでしょうか?(^^♪

アンコウさんのブログで「ジャッジはおかしい。回転不足検証動画をもう一度じっくり見てほしい」とのお言葉をいただいて、ニコ動にあったので真面目に検証して、なおかついろんなところで確認作業をして、最終確認はまだだけど、こんな感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1)着氷時の判定基準

(1)踏み切った地点と着氷地点を結んだ仮想ラインが基準。(簡単に言えば「ジャンプの進行方向」。コンビネーション等の2ndジャンプも同じ基準)
(2)テクニカルハンドブックに記載されている、「1/4の基準」(UR)、「1/2の基準」(DG)を元に、
A,着氷時の身体全体の方向
B,ごまかしジャンプか否か(グリ降りにも係らずそのように見せない、ツーフットにも係らず、一瞬だけ 等)
を、目視によって「選手のスケーティング動作全て」及び「氷のしぶき」や「トレース痕のカーブ(急なCの字)」を凝視することで総合的に判断している。(微妙なケースにおいては映像を併用)

2)離氷時(所謂プレロテ、正確にはチートジャンプ)の判定基準

(1)踏み切った地点と着氷地点を結んだ仮想ラインが基準。(コンビネーション等の2ndジャンプも同じ基準)
(2)ルールでは「明らかに前向き、もしくはアクセルジャンプの場合後ろ向き」とだけ明記されており、厳密な角度ではなく、「身体全体の方向」を見ている。

3)上記1)か2)のいずれか、あるいは両方に抵触したらURあるいはDG。

という運用ルールになっている。


※補足事項

1)着氷

実は、着氷時のブレード角度「90度」「180度」で分度器で計るようにきっちり判断している、というのはファンの間に誤って流布している誤解で、テクニカルハンドブックに「厳密なブレード角度で判定せよ」とは書かれていない。
実際、単純に「着氷時の90度というブレード角度だけ」で見れば、競技会ごとに、例えばURの場合「概ね、ブレードの着氷角度90度を超えて100度程度までは認定している」ケースも多い。


2)離氷

離氷時の場合、単純に「180度」という角度だけで見れば、進行方向後ろ向きで飛ぶジャンプ(=アクセル以外)の場合、進行方向後ろ向きを0度として、「概ね、離氷前に180度以上回ってしまった」らダウングレード、それ以内なら問題なしとしているようで、判定ではノーマル速度で見て明らかではない限りはダウングレードされず、映像によるスロー再生は行わない。
つまり、着氷時と違い、それほど厳密には見ていない。

なお、通常ジャッジは、
①TO(テクニカル・オフィシャル)のミーティング、ジャッジ全体のジャッジス・ミーティングを定期的に実施
②競技会に指名されたテクニカルコントローラー(3名)が事前に意識合わせを実施(この②が、単体の競技会では一貫性があるのに、競技会ごとに微妙な違いが生じる理由。)
③競技終了後にも、アフターミーティングを実施、さらに、レフリーやテクニカルコントローラーは署名だけでなく、報告書も作成する。
このサイクルの上で、それぞれの競技会において判定する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういう感じであれば判定結果に矛盾が無いですわ。

結局、キムヨナ選手だけ優遇されてるというのは大ウソで、数人の選手を真面目にキャプチャーして検証してみたら、浅田さんだろうが誰であろうがだいたい10度程度「着氷時のブレード角度」が足りなくても認定されてるケースが多いんです。
この10度程度のズレは、元スケーターの方は「事前の技術判定員の意識合わせによる」とのこと。で、バルタンさん、ghotiさん、私は、「分度器で計るように正確なモン、人間には無理。」
確かに人間て、訓練すればとんでもない能力を身につけるけど、ここら辺の事実は現時点では不明だす。

最終結果が出たらまたお知らせしますわ。

ちなみに、アンコウさんは3年間ずーっと全ての人に真摯にコメントを返してきましたからね。暫くお休みしたほうがいいでしょう。

10/21 18:22 追記
上記運用ルール定義に「スケーターズフェイバー」の要素が抜けてました。引き続きお勉強タイムです。

2012/10/21 (日) 13:10:03 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

補足

えーと、さらに補足。

『【エコ回避版】ゆっくり解説1;キムヨナの回転不足判定』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11629186

『【分度器検証】回転不足の測り方【浅田アンチ涙目】』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10752246

回転不足検証動画なるものは、この2つを主に検証しました。

結果が以下。

まず、動画作成者の主張する定義。
「ジャンプの進行方向」ではなく「ブレード角度」を基準とした解釈を元に、踏み切り前のブレード角度を基準線として、着氷時のブレード角度が「90度に足りているか否か」を厳密に確認して判断。

進行方向を否定する理由は
>踏み切りのブレードの方向とジャンプの軌道がほぼ一致する単独のトウジャンプやコンボの1stトウジャンプは判定可能だが、2ndトウジャンプやエッジジャンプのようなプレロテ(氷上回転)をカウント出来ないから

これがそもそも誤り。
なぜなら、動画作成者の考えるルール『そのもの』では、どんなジャンプであろうとプレロテを「カウント出来ないから」。(この点は後ほど動画内にて「不当なダウングレード」と断じているレイチェルフラット選手の回転不足検証にて記述します。)

ジャンプは全部で3種類。

①3トウループ

「トウを突く直前のエッジの角度をジャンプの起点とする」という解釈で、当然ですがこれは離氷の瞬間ではありません。離氷の瞬間ヨナ選手はジャンプの進行方向に対して上半身がほぼ横向きになっています。(動画作成者の主張される起点では、進行方向に対して後ろ向き。)
いずれも動画作成した方が回転不足判定の基準点と定義しておられる右足のブレード角度が、ジャンプの進行方向を12時(0時)として11時から11時30分くらいになっています。これでは足りているジャンプも回転不足になってしまいます。
検証動画作成者は、この解釈で「キムヨナ選手は足りていないのに認定されている。不当だ。」と非難しておられます。

この3トウループで、1件だけ具体的に取り上げます。

・レイチェルフラット選手 2009 WTT FP 3F+3T<の2nd 3T

この2nd 3Tを「不当なダウングレード」と断じておられますが、結論から言うと、ダウングレードされても文句は言えない、としか言えません。
というのも、着氷は確かに回転が足りていますが、問題は離氷の瞬間で、完全に前を向いた状態どころか、進行方向の逆向きを0度として、180度を超えて200度あたりで離氷しています。つまり、実質2回転ちょっとしか回っていません。
これは進行方向が丁度画面奥向きで、且つ全身が映っている演技中の映像をキャプチャーしてみると良く分かります。

「動画作成者のルール『そのもの』ではプレロテをカウント出来ない」と書きましたが、その理由は、「トウを突く直前のエッジの角度をジャンプの起点とする」という、「離氷の瞬間とは全く関係ないところを起点としているため」です。(実際、動画作成者は見逃している。)

②3アクセル

現行ルールと動画作成者の考えておられる判断基準で、最も結果がかけ離れたものになるのがこの3Aです。

・浅田さん 2008年 NHK杯 FP 3A<

検証動画の解説では「エッジの角度が方向と一致する」と明言しておられますが、一致しているのは「ジャンプ」の進行方向ではなく、「助走」の進行方向です。
また、ジャンプの進行方向を12時(0時)として、離氷の瞬間のブレード角度が2時くらいになっています。
つまり、検証動画作成者の方の定義では毎回「60度から70度近くも現行ルールより甘く採点される」ことになり、これでは殆どの回転不足が認定されてしまいます。
従って、実際の結果と大きく乖離して当然、ということになります。

③3ルッツ

回転不足の判定基準を離氷時のブレード角度としていますが、その右足のブレードが丁度ジャンプの進行方向とほぼ合致しているので結果として進行方向になっているように見えます。
検証動画が扱っているジャンプの中で、これだけが唯一現行ルールと進行方向に限り、ほぼ共通の判断基準です。

確かに厳密に確認すると、挙げておられるキムヨナ選手の3Lzはギリギリで90度に収まっていないようにも見えます。
但し、動画作成者は、あまりサンプリングを行っていないと思われます。
なぜなら先に記載した通り、キムヨナ選手に限らず、90度以内に収まっていなくても認定されているケースは結構あるからです。

2012/10/21 (日) 13:30:20 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

きれじろうさまへ

こんばんは、片割月さま。ご無沙汰しております‥。

えー、すいません‥、こちらにコメントしていいものか悩むのですが、
実は私、きれじろう様のファンなんです。
コチラでのきれじろう様のコメントを、いつも楽しみにしているんです。(^^ゞ

バルタン様のブログやコチラのブログできれじろう様のコメントを読んでいると、
非常に冷静かつ的確、偏りのない明快な文章に、非常に感銘を受けています。

私自身はフィギュアを語る上で、細かい分析やルール解釈などはしておらず、
また、フィギュアを主に感性で見ているので、自分のブログでは片割月様のような記事や
コメントを書くことはほとんどありませんので、きれじろう様とはあまり接点がないのが残念です。

ちなみにきれじろう様って、ご自分のブログやサイトをお持ちでいらっしゃいますか?
もしお持ちでしたら、アドレスを教えて頂ければと思います。

ぜひぜひ、お邪魔させて頂きたいです!!(≧∇≦)/



2012/10/21 (日) 23:22:59 | URL | カオル #dZ0Kv/8. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

さおり様、こんばんは。

>10点も差がひらくというのは理解できない

そうですね。。
ただ、技術点の約7点差は分かるように思います。
演技構成点の約3点差、ここがジャッジの目と私達、一般のファンの目との違いなのかも。
ここは、荒川さん流の解釈で行くしか無いかな^^;

そもそも、村上佳菜子選手は何も罪は無いのに、
マスコミの煽りにウンザリした一部のフィギュアファンから少々八つ当たり的に批判されて、
ちょっと可哀想ですね。
ところで、最近の村上選手、EXを見ると、とても良い演技していると思います。

>浅田選手・安藤選手の演技を見たいから女子フィギュアを見てるって感じ

分かるわ!
何のかんの言っても、結局、そうなんですよね。私も似たような感じだわ(#^.^#)
後は、ロシアのソトニコワ選手、ポリーナ・シェルペン選手、
そして、アメリカのグレイシー・ゴールド選手にとても惹きつけられます。

タラソワさんが真央選手に振りつけたEXはどれも好きですが、
ニコルさん振り付けのメリー・ポピンズは、一番真央選手の個性に合った、素敵なプログラムと思います。
世界選手権で三度目の女王に輝き、メリー・ポピンズをカナダの観衆の前で演じるのを夢見ています(´∀`*)

2012/10/22 (月) 00:22:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 補足

きれじろう様、詳細で整然とした「回転不足」論文、ありがとうございました。

とても啓発されました(#^.^#)

さっそく、メモメモ。

熱意にはただ頭が下がりますm(_ _)m

私も以前に多少は調べたことがありますが、くたびれちゃって、中途で挫折しました^^;
だから、「回ってる、回ってない」論争には私は参加出来ません。
訓練された技術役員3人で判定したんだから、それでええやんか、で終わり(^。^;)

きれじろう様もバルタン様もghoti様もそれぞれ研究熱心ですよね。。。。

2012/10/22 (月) 00:36:47 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: きれじろうさまへ

カオル様、お久しぶりどす。

カオル様がきれじろう様のファンだったとは、

ご本人もさぞ、嬉しいことでしょうね(´∀`*)

普段だと、きれじろう様はアンコウ様の「浅田真央夢日記」ブログで活躍されていたようですが、

このところ、お疲れモードなのか、更新が途絶えているので、ちょっと残念です。

2012/10/22 (月) 01:02:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

カオルさん

げええ!恐縮っす。

>ちなみにきれじろう様って、ご自分のブログやサイトをお持ちでいらっしゃいますか?

実はですね・・・持ってないんです。
一時期どうしようかなぁ、やろうかなぁ、と迷ったことがあるんですが、今年の3月にアンコウさんの「浅田真央ファン夢日記」で私ネタの長文を発表してもらったときに、コメントが怒涛のように押し寄せ、それで思いました。

「俺には無理だわ。」

全てに返答してたらどう考えても仕事に支障が出そうだし、 私は割と偏執狂な性格なので、ブログに没頭するあまりかみさんに捨てられるかもしれないし。

すみません。



片割月さん

>ご本人もさぞ、嬉しいことでしょうね(´∀`*)

はっきり言って嬉しい。
でも、本気でフィギュアのルール覚えようとしたらケッコー大変ですわ。
今回元スケーターの方からアドバイスを受けつつお勉強中なんですけど、やっぱり自分でやったことが無く、理屈に走らざるをえないからなかなかイメージ出来ないんですよ。

回転不足が理解出来たら、次の目標はエッジエラーだな。あれもアンコウさんブログで話題になったしなー。

2012/10/22 (月) 19:40:49 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

エッジエラーは、回転不足よりも単純に見えるけど、

念の為ですが、きれじろう様はカオル様のブログはご存知ですね?


>次の目標はエッジエラー

それだけ、ああでもないこうでもない、と、どうにでも言い繕うことが出来るものかも。

私は、例えば、ルッツの場合、ジャンプの際の身体の軸が右側に傾いたら、もうダメかな、と見ています。

もっとも、これはテレビ映像で選手の真後ろから映している場合でないとダメですが(^。^;)

ジャパンオープンで見た映像では、真央選手は軸が明らかに右側に傾いていました。

2012/10/22 (月) 22:18:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

>カオル様のブログはご存知ですね?

すみません、知らんかった・・・。
でも、今拝見させていただいたんですけど、フィギュアスケートはこう楽しむべきだ!の王道を行くようなブログですね。

これからはコメントさせていただいちゃおうかなぁ。

>エッジエラーは、回転不足よりも単純に見えるけど、

あのですねー、アンコウさんブログで

>e判定になるとGOEで減点されますが、キムヨナ選手だけはフリップジャンプがあきらかなエッジエラーでも(検証動画あっがてます!)e判定すらつかなかったこと・・・
>どうぞ分かりやすく説明して下さい。

という挑発的な感じで質問を受けたことがありまして、その後、以前こちらのブログにも書いたんですけど、キムヨナ選手もeとか!とか沢山ついてんじゃねーか、というところまで調べてその後止まってました。
なので、ちゃんと定義をお勉強したかったんです。

2012/10/22 (月) 23:00:39 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>これからはコメントさせていただいちゃおうかなぁ。

この言葉の後ろに(´∀`*)(^^♪v(=^0^=)v\(^^@)/が透けて見えまする(^Д^)

なお、カオル様は中々魅力的なれば、

入れ込み過ぎて、奥様のご機嫌を損うこと無きよう、ご用心(-^〇^-)


>キムヨナ選手だけはフリップジャンプがあきらかなエッジエラーでも

質問する前に、「奴ら」の方がこれを先に証明するべきだよね。

技術役員よりも自分の目の方が上だと思う位、自信タップリなんだろうからね。


自論は既成事実のように語り、相手にそれを突きつけ、証明せよとは、余りにも理不尽でありんす。

2012/10/22 (月) 23:28:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

最近感じること

お久しぶりです。皆様のコメント読んでいるだけで満足~って感じになってしまい、コメントできずに時はどんどん過ぎておりました…。(ただのなまけものかも…私もきれじろう様を見習って学びモードになろうとしていましたが、怠け癖がわざわいして…学びの道は進みません…うぅ、だ~)

話はちょっと変わりまして、スケートアメリカで本格的に今シーズンもついに幕開け!と思い、片割月様と初めてお会いしたあちらのブログへおじゃまして他の方々の率直な意見を覘いてみたら、う~~~気分が悪くなって、こちらに避難してきました。あぁ、やはりこれからはあちらでは管理人様に甘えて動画だけ拝見しようかしら…と考え込んでしまいました。

スレ違いですが、ジャパンオープンの真央選手の演技、私も片割月様と同じような感想でした。初見は割とほっとしたという感想(または物足りなさを少し感じたかな)、2回、3回と見る度、おぉこれはすごい濃厚なプログラムかも…随所に工夫がみられる等々うれしくなりました。
ただ、心配な箇所もあり。ひとつは回転不足ですね。(偶然、話題になってますね)シーズンが進むにつれ、こちらにおじゃましてもっと真央選手のプログラムについては語りたいです。

そういえば私はルッツを見るとき、膝あたりに注目してます。左足の膝です。離氷時に特徴が。特に安藤選手・ヨナ選手等々、ルッツ得意な方は外側に折れ曲がるような気がする。気のせいかな…。

2012/10/22 (月) 23:46:39 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

Re: 最近感じること

藍色様、お久しぶりです(#^.^#)

フフフ、負けずにあちらでも藍色様らしい元気でバリバリなコメントをして下さいな。
場合によっては、蹴飛ばしたれ!
オット、煽ってはいけませぬ(^^ゞ

もちろん、こちらの方はいつでもお待ちしていますんで(´∀`*)

真央選手のジャンプを気にし出すとキリが無いですね(^。^;)
ただ、10月という早い時期に、愛の夢よりも難しいプログラムで、
ジャンプを何とかまとめた意味は小さくないかと。
過去、ジャパンオープンではジャンプが悲惨でしたからね。

>ルッツ得意な方は外側に折れ曲がるような気がする

フムム。なるほど。
ルッツが上手い選手の踏切時、その辺も意識して見てみようっと(^<^)

2012/10/23 (火) 00:07:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

火の鳥

スケートアメリカは男女とも予想外の選手が一人表彰台に上がりました。

アイスダンスとペアと女子のフリーはまだ見ていませんが、男子シングルはショート、フリーともにやっと動画で見ました。

実は私にとっての最大の衝撃は羽生選手ではなく、町田選手のショートとフリーでした。
特に「火の鳥」。中野選手やライサチェク選手の「火の鳥」はピンときませんでしたが、これは素晴らしい!まさに鳥ですよ鳥。
サムライのショープログラムの時から只者ではないと思っていましたが、ここまでやってくれるとは。

バルタンさんがおっしゃっていた「テーマの追求」とはこういうことでしたか。
私はバレエや舞台芸術についての知識は全くといっていいほどありませんが、町田選手の演技のおかげで、真央選手の「白鳥の湖」に対するハードルも上がってしまいましたね……。ちょっとやそっとでは満足できないかも(汗)。

2012/10/23 (火) 00:35:03 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]

>なお、カオル様は中々魅力的なれば、
>入れ込み過ぎて、奥様のご機嫌を損うこと無きよう、ご用心(-^〇^-)

はひ。節度を持ってコメントさせていただきます。

>質問する前に、「奴ら」の方がこれを先に証明するべきだよね。
>技術役員よりも自分の目の方が上だと思う位、自信タップリなんだろうからね。
>自論は既成事実のように語り、相手にそれを突きつけ、証明せよとは、余りにも理不尽でありんす。

ほんと、そーだよなー。
何の恥ずかしげもなく「悪魔の証明」を要求する人たちってある意味すごい。

2012/10/23 (火) 01:04:26 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: 火の鳥

>町田選手の演技のおかげで、真央選手の「白鳥の湖」に対するハードルも上がってしまいましたね……

オイオイッ!

町田選手の演技の素晴らしさは分かりますが、そこから話しが「白鳥」にリンクしますか^^;

フーム。バルタン流、テーマの追求ネ。

片割月流、テーマの追求は、佐々木彰生選手の「忍者」や、シュルタイス選手が五輪で見せた「宇宙人」プログラムに、見事に具現化されていると申しましょうか。

あ、マズイ。これだと真央選手の「白鳥の湖」に対するハードルが余計に高くなりそうだ(^。^;)

やっぱり、あちきは、頭部戦線異常あり、かな(^^ゞ

2012/10/23 (火) 01:20:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

テーマの追求

町田選手の入場から退場までずっと火の鳥を演じ続けていました。
演技の中でもジャンプに入る前から降りた後、スピンの最中などステップやつなぎ以外の部分でも、随所にはばたきを感じさせる動作を続けていました。

そして最後の、いかにも灰の中から飛び上がるかのような手の動き、幾多の選手が「火の鳥」を演じてきましたが、今回の町田選手の振り付けほど私のイメージにかなう振り付けはありません。

ジャンプが無くても、いや、むしろジャンプの無い方がもっとよいのではとさえ感じさせるプログラムに久々に出会いました。

もちろんこれに4回転が加わると、いっそう見栄えのするプログラムとなる事は間違いが無いでしょう。


入退場のときから同じような雰囲気を見せたのが、ワグナー選手。

こちらは、役柄に入り込むというよりも、「私が全米チャンピオンよ」と言いたげな登場の仕方。

自信の無さを全く感じさせない、しかもその感じのままノーミスで演じきる。

こちらもロシェットの「サムソンとデリラ」(安藤ファンとしては悔しいけれどロシェットの方がインパクトの強い振り付け)を完全に拭い去るようなプロ。


私が一番大事にするのがこの、「これまでには見た事が無いなー」という斬新さ、そこに惹かれます。

それが良く使われる曲であればあるほど、クラシックの場合はそのハードルは高くなります。

不思議と映画音楽の場合は、オリジナルの映画の雰囲気をどこまで再現しているかの方がポイントが高くなるのです。

選曲の難しさはそういう所にも在る気がしますね。

シュルタイスは別次元の表現だとは思うのですけどね。

EXだったら最高に受けると思える演技を競技の場でする。不思議なニョロニョロ君。

2012/10/23 (火) 01:40:49 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

きれじろう様へ2

こんばんは。

片割月さま、すっとぼけたコメントにもかかわらず、丁寧な説明、痛み入りますm(__)m

そして、きれじろう様も、リコメありがとうございます。

そっか‥、きれじろう様はブログをお待ちじゃないんですね。
うーん、残念です‥。。

でも、教えて頂いたアンコウ様のブログを少し拝見しました。
うわさの3月の記事に100以上のコメントが付いているのを見て、「こりゃあ~、大変だ!!」と
率直に感じました(^_^;)

ちなみにフィギュアについてのコメントもそうですが、以前の片割月さまの記事で、
共産党員(だったかな?)の逸話を書いてらした時の、コメントも面白かったです(≧∇≦)/

>なお、カオル様は中々魅力的なれば、
>入れ込み過ぎて、奥様のご機嫌を損うこと無きよう、ご用心(-^〇^-)

あ‥あのぉ~、どこから突っ込んだらいいのか分からないくらい、突っ込み所が満載です!(爆)

でも、きれじろう様さえ差しつかえなかったら、私のブログにも絡んで下さい!(^^ゞ

ただし、フィギュアについても、他の記事についても、基本は「萌え」記事なので、
自信を持って絡んで頂けるような記事がないのが、なんですけど‥ね。
しかも私のフィギュアの見る割合って、男子70%、アイスダンス20%、女子&ペアが10%くらい
という片寄った見方をしているもので、女子ファンの方だとものスゴク絡みにくいかも‥。(-_-;)

アンコウさまのブログの、他の記事も読んでみますね。
お勧めの記事ってありますか?

2012/10/23 (火) 20:40:17 | URL | カオル #dZ0Kv/8. [ 編集 ]

Re: きれじろう様へ2

そうだ!

あちきもまだカオル様のブログに「絡みに?」行ったことがないので、

いずれ、一度、お邪魔しなくっちゃ(#^.^#)

きれじろう様の「監視?」も兼ねて(ΦωΦ)フフフ…

2012/10/23 (火) 22:57:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

カオルさま

>うわさの3月の記事に100以上のコメントが付いているのを見て、「こりゃあ~、大変だ!!」と
>率直に感じました(^_^;)

あの記事は有名な陰謀論ブログの方々から「頭がお花畑」「採点恭順者」「地雷を踏んだ」などなど、ありとあらゆる罵詈雑言を書かれ、敵認定された記念すべき記事でございます。
記事そのものよりそっちのほうが面白かった(笑)。

と言っても、直接アンコウさんブログに、私に対する反論として書きこんでくれなかったのはちょっと残念でした。

>ちなみにフィギュアについてのコメントもそうですが、以前の片割月さまの記事で、
>共産党員(だったかな?)の逸話を書いてらした時の、コメントも面白かったです(≧∇≦)/

あー、あれ。そうですか。有難うございます。
あの記事、私的には、片割月さんとの議論で、途中からお互いに論点がずれまくっていったのが面白かったっす。後から読み返してそう思った。

>あ‥あのぉ~、どこから突っ込んだらいいのか分からないくらい、突っ込み所が満載です!(爆)

片割月さんのおかげで、もはやカオルさんブログの自己紹介のお写真が女王様に見えてる私。

>でも、きれじろう様さえ差しつかえなかったら、私のブログにも絡んで下さい!(^^ゞ

絡ませていただきます!

>ただし、フィギュアについても、他の記事についても、基本は「萌え」記事なので、
>自信を持って絡んで頂けるような記事がないのが、なんですけど‥ね。

フィギュアに理屈は不要なんだぁ!とも思います。アンコウさんブログでは理屈ばっかりこねてるけど。私。


>アンコウさまのブログの、他の記事も読んでみますね。
>お勧めの記事ってありますか?

うーん・・・理屈抜きで純粋に楽しんでおられるカオルさんにとってどうでしょう?
どちらかというとフィギュアに疑問を感じている方、ルールを知りたい方向けで、そういう方々からしたらアンコウさんブログはどんな記事でも文句なく面白い!あと、浅田さんへの愛に溢れてる。

アンコウさんブログは2010年後半あたりからずっと住みついてたので、ありとあらゆるところにコメントしてるなぁ。俺。神無月さんもそうですけど。


2012/10/23 (火) 23:05:09 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

片割月さんへ 補足

>町田選手の演技の素晴らしさは分かりますが、そこから話しが「白鳥」にリンクしますか^^;

おっと失礼、言葉足らずでしたので補足致します。

王道曲というものは、勝負曲でもありますが、歴代の選手が使う曲ゆえに、自分のイメージをきちんと表現できないと埋もれてしまう可能性が大きいと思います。
観客はもちろん、たくさんのプログラムを見てきているジャッジなら、なおさら厳しい視点で採点することとなるでしょう。この点はバルタンさんも同じようなことをおっしゃっていますね。
町田選手の「火の鳥」は、上位陣の選手と比べると技術的なものは見劣りしてしまいますが、自分のイメージをきちんと形にしていたのでその点を大きく評価したいです。王道曲ですが、決して過去の歴代選手のプログラムに埋もれていないと私は感じました。

真央選手の「白鳥の湖」も王道曲。プレシーズンに「これぞ浅田真央!」というものを見せてジャッジ評価を高めなければ、オリンピックシーズンは厳しい戦いになるでしょう。
だから自分のイメージをきちんと表現して欲しいなと思います。
樋口先生の「意外性のある繋ぎ」を入れてみてはどうかという提案は、点数狙いという意味だけではなく、インパクトを残すのに効果的だからというのもあると思います。

ちなみに、昨シーズンのショートプログラムの「シェヘラザード」。これも王道曲でした。
「ジュニアっぽい」「ソトニコワの使いまわし」「軽い」という意見もありますが、私は選曲については評価したいです。安藤選手やキム・ヨナ選手が使った音源とはまったく違う可愛らしい音源。おとぎ話とかファンタジーとかディズニーっぽい世界観は真央選手ならでは。(もちろん異論反論は認めます)
NHK杯の演技は素敵だったけれど、いろいろあってシーズン終盤にはすっかり薄味になってしまったのが残念でした。

2012/10/24 (水) 00:26:31 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]

Re: 片割月さんへ 補足

そう言えば、町田選手も両手のひらを、チョイチョイと、水払いをしていましたね(^<^)

>王道曲というものは…埋もれてしまう可能性が…

異議無し。正論でありんす。

>観客はもちろん…なおさら厳しい視点で採点することと…

ウ~ン(と考えたフリしてみる)、ジャパンオープンで得たPCSの68点台という高評価をどう見るか?
GPSではひょっとして、ドスンと評価が落ちる危険もあるや否や。

やはりPCSは技術的比重と、当日の演技の完遂度による賞与的側面が大きいのでしょうか?
羽生選手の高評価も、そう考えるとまだ理解し易くなりますが。

ワグナー選手の新フリー、サムデリは、昨季のブラック・スワン程には(あるいはロシェット程には)インパクトや個性が見られないように感じますが、PCSは昨季より高いんですよね。。。

PCSについてのジャッジの価値観、判断基準がよく分からず、途方に暮れます(-_-;)

>樋口先生の「意外性のある繋ぎ」を…

同感です。ハッとさせるもの、ドキッとさせるものが欲しいですね。

>自分のイメージをきちんと表現

印象でしかありませんが、確かに、真央選手の「白鳥」にはもう一声、何かが欲しいと私も思います。

もう一皮、剥けて欲しいような。。。

単純に言うと、優雅さ、流麗さの中にもパワーとキメを、かな。

シェへラは、「神無月論」に異論も無い代わりに、積極的に賛同、という感じでもない、ってとこかしら。

理由は単純で、わたし、あの編曲がどうにも苦手、というだけのことです(^。^;)

タラソワさんの振付ですが、シーズン途中で、ロシアに行って、手直し・修正は行われていたのかな?

シュニトケのタンゴも、シェヘラも、やっていないような感じがします。事実は分かりませんが。

ニコルさんの方は、途中で手直しがあり、報道もありましたね。

金銭的には真央選手は問題無いと思うので、ロシアに行って、白鳥も手直し、修正はして欲しいですね。

2012/10/24 (水) 01:38:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: テーマの追求

>「これまでには見た事が無いなー」という斬新さ

これ、もちろん、私にも分かりますよ。

もう一つ、人に感動を呼び起こす概念に「洗練性」があります。

音楽で言えば、モーツァルトがその典型です。

彼の音楽はさほど「これまで聞いたこと無いなあ」という「斬新性」は感じません。

当時の音楽のイディオム(ハイドン兄弟やバッハの子供達など)でほぼ書かれているという感じです。

この点では、斬新性があったベートーヴェンやドビュッシーやワグナーとは異なります。

その代わり、どこを取っても、自然で、作為が無く、繊細で、流麗な美しさなどがあります。

大げさな身振り手振りもなく、誇張もなく、特別「感動させましょう」的味付けもなく、保守的で、

ありふれているようでいて、あっさりしているようでいて、しかし、何度も聴いていると、

ジワジワと味わいが出てくる性質のものです。

真央選手のタイプは、洗練性に向いている感じがします。


その一方で、人をアッと言わせるような、これまででは想像し得ないような選曲、振り付けで、

猛烈で濃厚な情念のこもった演技をして欲しいという気持ちも強くあります。

時には大げさでわざとらしく見えてもいい、チョイトばかり「臭く」なってもいい。

そいう言う意味でも「蝶々夫人」や「シンドラーのリスト」をボツにしたことは、とても残念でした。

フィギュアの世界では「洗練性」よりも「斬新性」の方が受けるかもしれませんね。

なお、ワグナー選手のサムデリについては、神無月様へのレス中に私の感想を書きました。

2012/10/24 (水) 01:58:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

すんませーん。とっくに回転不足の話終わっちゃってるんですけど、元スケーターの方の最終確認とれましたので一応報告ですー。

「きれじろうの文章で正しい。でもチートジャンプにURは無くてDGだけだよ。」だそーです。
・・・・・要は正しくなかったってことなんだけど。この1点が。

2012/10/24 (水) 23:18:41 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

PCS

スケアメ男子、女子ともに各要素別順位表をアップしました。

基礎点、GOE、PCS、PCS各要素(おまけ女子のみSSジャッジ分布表あり)

考察の資料としてお使いください。

結構面白い結果が出ていますよ。やっぱりジャッジはよく見ているというのが実感ですね。

2012/10/24 (水) 23:26:14 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

わざわざ訂正のお知らせ、ありがとうございます。

フムフム。

「チートジャンプ」という言葉はダウングレードするジャンプに適用するわけですね。

でも、偉いなあ。元スケーター様にちゃんと確認を取るなんて。

しかも、その間、チャ~ンと、カオル様のブログにお邪魔虫もしているわ(^Д^)

2012/10/24 (水) 23:26:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

サムデリ

インパクトは「ブラックスワン」ほどではないですね。

ブラックスワンの手の動きの原型は、当方ブログのワグナーの成長の歴史で紹介している画像で確認が出来ます。

今シーズンのプログラムのよさは中盤のスピンに象徴されると思います。

とにかくスピンの時間が長い上に、バリエーションが豊富。
もう一つは、まるでシズニーにでも教えてもらったのかと思うほど、スピンの回転速度が変化する点です。

特に、ビールマンスピンの回転速度が速くなりましたね。

ソトニコワは別格ですけど。

スピンだけの対決なら、シズニーとジャンとソトニコワが見てみたい。

望む種目別選手権(笑)

2012/10/25 (木) 00:13:18 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

日本選手の弱点はスピンでは

と、以前から思っていました。

スピンで観客から大いに拍手を貰える日本選手、いないですね。


スイスは歴史的に名スピナーを何人も生み出した国。

これは、個人の才能だけでは有り得ないことです。

きっと、何か特別な指導法、ノウハウがあるんじゃないかしら?

今季、連盟はスケーティングの特別指導をメリチャリにお願いしました。

次はスピンの特別指導をランビ様に頼んで欲しいわ~!!

もちろん、ソチ五輪の前にですよ。

2012/10/25 (木) 00:29:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR