名作を見、読む・西部戦線異状なし






西部戦線異状なし (新潮文庫)西部戦線異状なし (新潮文庫)
(1955/09)
レマルク

商品詳細を見る

西部戦線異状なし デジタル・ニューマスター 完全版 [DVD]西部戦線異状なし デジタル・ニューマスター 完全版 [DVD]
(2005/08/25)
リチャード・トーマス、アーネスト・ボーグナイン 他

商品詳細を見る



やっとこさ、ブルーレイを買いました(#^.^#)
テレビがシャープなのでこちらもシャープ。お値段は取り付け代込みで3万両。

レマルクの原作本を四分の一読み進んだ時点で映画の方を見ました。それから本の残り四分の三を読みました。

映画(1930年作!)は原作にかなり忠実に作られています。

いやあ、本も映画も名作だわ!!

「反戦もの」と評されることもあるようです。しかし、本の前書に「この書は訴えでもなければ、告白でもないつもりだ。ただ砲弾は逃れても、なお戦争によって破壊された、ある時代を報告する試みにすぎないだろう」とあるように、普通の反戦ものとはかなり趣きが異なります。

一人の若い兵士の視点から、数十名のドイツ分隊の「日常」が幾つものエピソードを連ねて淡々と、しかし、ドイツ文学らしい思索も時折みせながら、簡潔で平明な文章でリアルに描かれています。

声高に反戦を訴えるのでもなく、悲惨な戦線をお涙頂戴式に描くのでもない。だからこそ、読後、又は映画を見終わった後に、静かな感動がずっと続き、一つ一つのシーンが蘇って来るのだと思いました。

興味深い箇所を一つ。
「…つまり宣戦なんてものは、闘牛と同じように、入場券を出して、音楽をやって、一種の国民的祭典にしろ、という案である。そうして、場内の真中の丸いところには、両方の国の大臣や大将が、海水着に身を固めて、手に手に棒を持って出て来て、打ち合いをさせる。残った者の国が勝ったのだ。こうした方がはるかに簡単で、今ここでやっているように、悪人どもが相戦うよりは、ずっといいという説だ」

そうか!すると、尖閣と竹島では、両方の国の右翼やタカ派政治家達が一ミリも妥協せずとか、戦争も辞さずとか、息巻いているが、彼等にこそ上記の案で、どこかの無人島に集まって貰い、棒を持って来て、打ち合いをやり決着をつけてもらいましょ。

これなれば、一般国民に犠牲は出ないし、軍事経費がドーンと節約出来て、一石二鳥。彼等が「戦死」しても、その代わりになる政治家はいくらでもいますしね。

41l6yN4NUfL__SL500_AA300_.jpg


ところで、映画の主演をしていたこの俳優さん、誰かに似ていると思っていましたが、「ターミネイター2」で敵側の最新型サイボーグ役に扮していた俳優さんと風貌がソックリでした。

「西部戦線異状なし」とは実に良い題名と思います。

私は「頭部戦線異常あり過ぎ」ってとこです(^。^;)


関連記事
スポンサーサイト

2012.10.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 文学



コメント

片割月さま、おはようございます。


この作品、私は原作を読んだことがなく、映画しか見たことがないのですが、最初はドイツ語の吹き替えで、2度目は英語のオリジナルを見ました。
このドイツ語吹き替えが実に秀逸なんですよ。ドイツ語吹き替え製作側の、気合と誇りが感じられます。非常にアリティがあって、オリジナルより良いかもしれません。


そもそも、原題の Im Westen nichts Neues に対して、

日本語のタイトルは「西部戦線異状なし」…直訳とは思えない素晴らしいセンスですが、
(「風と共に去りぬ」のころのアメリカ映画の日本語訳は本当に良かったですね・・・)、

英語のタイトル All Quiet on the Western Front は、意訳にもかかわらず冗長です。

ドイツ語吹き替えを最初に見たせいだとは思いますが、オリジナルは英語のセリフが全体的に間延びして聞こえるんですよ・・・。


結論:戦争映画はドイツ語だと迫力が2割増し。恋愛映画はその逆のようです。ディートリッヒ映画は英語のほうが良いかな。

2012/10/23 (火) 09:21:38 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、こんばんは。

ドイツ語吹き替えとオリジナルの英語の違い。面白いですね。

二つの言語は兄弟みたいなものなのに、どうして英語のセリフが間延びして聞こえるのでしょうね?

漢文を和語で読み下すと間延びするのは分かるのですが(^。^;)

映画を見ていて、ドイツ兵が「サンキュー!」としゃべっているのは、少々可笑しくなります。

「西部戦線異状なし」のセンスは素晴らしいと思いますが、

そもそも、本の和訳は半世紀くらい古いものらしく、

主人公が休暇で実家に戻ったシーンでは、母のことを、

「おっかさん」と訳されていて、大いに笑えました(-^〇^-)

2012/10/23 (火) 22:47:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR