浅田真央・SP「アイ・ガット・リズム」は素敵だ






浅田真央・SP「アイ・ガット・リズム」
解説者「マオ・アサド」だと(^<^)


だいぶ前になるが、日経新聞「小泉今日子 30年の軌跡」という長いインタビュー記事の中で、彼女は面白いコメントを残している。

「…みなさんがよく私の代表曲に挙げてくださる『なんてったってアイドル』なんて本当に歌うのがイヤでしたから。『またオトナが悪ふざけしてるよ』って(笑)。
ただ、客観的に見て『この曲を歌えるのは私だけだろう』っていう自信はあったし、そういう周囲の期待を感じてはいた。だから歌う。なんかいつもそういう感じなんです。自分が主観と客観の2つに分裂していて、同時にまるで違うことを考えている。そして、その時々に応じて、どちらかの声に答えたり、その真ん中を探ったりする。それは今も変わりませんね…。」

「なんてったってアイドル」は「アイドル歌手」を逆手に取った実に上手い演出だったと思う。この妙手は見事に当り、大いにヒットした。

我らが真央選手も日本フィギュア界の国民的アイドルであろう。幸い彼女は「本当にこのプログラムを演じるのがイヤでした」ということはなさそうだ。

しかし、トリプルアクセルについては「そういう周囲の期待を感じてはいた」であろうし、常に結果を出すこと、つまり、勝たなければならない、という重圧を感じているであろう。スター選手の宿命だ。

時々「真央選手の表現は子供っぽい」(言いたい奴には言わせておけ!)との批判を頂戴することもあるが、故意か偶然か「メリー・ポピンズ」はまさに「子供っぽさ」を逆手に取ったようなプログラムと思える。ただし、英語で言えば「childish」ではなく「childlike」が相応しいと思うが。

さて、新ショートプログラム「アイ・ガット・リズム」である。「メリー・ポピンズ」同様、おどけて明るい音楽・プログラムだ。

私は真央選手のショートプログラムには明るい音楽が良いと思っていたので、一度見て、直ぐに私は気に入った。

恐らく、真央選手は「客観的に見て『この音楽・プログラムを演じられるのは私だけだろう』っていう自信はあった」と思う。ジュニアの選手はともかく、二十歳を越えたトップスケーターで真央選手ほどこのようなプログラムがフィットする人は見当たらない。その意味でも、これは真央選手の個性を再確認させるようなプログラムと思う。

真央ファンの100人中100人は、15才の時に演じた「カルメン」を思い出す。あの頃はただ無心に楽しく明るく、素質の高さそのままで演じていたと思う。

しかし、あれから7年が経ち、22才の今は単純に無邪気には演じることは難しい。ここでは、明るくおどけた表現しようと意識して演じているのである。従って、これが作為的ではなく自然な演技としてファンが楽しめるなら、ほぼ成功と言えよう。

ステップワークはタラソワ氏の「白鳥の湖」ほど複雑なステップを踏んではいないようだ。その代わり、よりスムーズで流麗な味わいがある。しかも、飛んで跳ねるような躍動感という点も最近には無かった特長だ。

ガーシュイン作曲「アイ・ガット・リズム」は、シンコペーションが多用された複雑なリズムを刻む。これに合わせて滑り、ステップを踏むのは大変なことだと思う。

ファンの間ではよく「タラソワさんの鬼ステップで真央選手は鍛えられた」と語られる。しかし、ローリー・ニコル氏のステップは一見、タラソワ氏のそれに比べて易しいように見えるが、実際はそうでは無いと思う。

「月の光」で見せたサーキュラーステップも難しいターンの連続だった。ニコル氏もなかなかどうして真央選手に「難題」を突きつけて妥協は無い。

さらに、過去、タラソワ氏の振り付けたどのステップシークエンスより、ニコル氏の振り付けたステップワークの方が技術役員やジャッジから高い評価を受けていることを忘れてはいけない。

今季の中国大会ではレベル4に加点が+1.60点ある。これは他のどの選手よりも高い評価である。ルールは異なれど、同じステップの名手と言われるコストナー選手でさえ、加点+1.60は昨季の最終戦「国別対抗戦」でようやく獲得しただけだ。

ちなみに、真央選手が最高の評価を受けたステップシークエンスは、2009年度「国別対抗戦」のショートプログラム「月の光」で獲得したレベル4に加点+1.80点であることを付け加えておこう。

※ジャンプだけですね。気になるのは。吉岡元フィギュア強化部長の「浅田選手はバネが不足しているのかもしれない」とのコメントが、いつまでも背後霊のように付き纏って唸らせられています(~_~;)


関連記事
スポンサーサイト

2012.11.16 | | コメント(41) | トラックバック(0) | 浅田真央



コメント

片割月様、こんにちは。
私も「バネ」について心配で心配で…という感じだったのですが、最近ちょっと私の気持ちの中で「希望」が生まれてきました。

というのは、明らかに2011年世界選手権の頃痩せてしまって(私生活での心配ごともありましたし、スケートにおいても頭がごちゃごちゃだったようで)、バネがなくなったような気がします。今思えば。
その後、2011/2012シーズンではことごとくエッジ系のジャンプの調子が悪く、苦手のサルコウ、さらにが得意のループでさえGOEがもらえず…もちろん3アクセルもなかなか決まらず…

ところが、今季サルコウとループの調子が戻ってきている気がしますし、スケーティングも力強さが出てきたたと佐藤コーチも話していました。(あくまでまだ完成形ではなく、途中のようですが)

そういう意味で、来シーズン間に合うか微妙なところですが、いい方向に進んでいるのではないかと「期待」を持てるようになりました。フリップ等々のトゥ系のジャンプもタイミング次第で良くなっていくのでは…とと期待しています。

私、「月の光」大好きなんです。もし、3Aも3-3もなくてもあのプログラムは好きです。私の印象ではフットワークがよかったんですよね。やはりステップが一番の要因かも。

私も子供っぽいのがダメっていうのは短絡的だと思いますね。数年前までは勘違いしてましたが、スケーティング能力がPCSの根幹だと気づいてからは、「そんなのカンケーねぇ」(古っ)って吹っ切れてます。スケーティング等々が成熟していれば、コケティッシュ?な演技もジャッジ受けすると思います。

2012/11/17 (土) 12:52:47 | URL | 藍色 #mQop/nM. [ 編集 ]

追記です

こんばんは。
コケティッシュって日本人の使い方とフランス語の意味って違うんですね。
先程調べたらびっくりしました。セクシーとかなまめかしいとか…。
私はキュートっていうか、かわいらしいという意味で使いました。

2012/11/17 (土) 18:01:21 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

こんばんは。

藍色様、こんばんは。

そうですね。
今期は、ループ、サルコウ、のエッジ系ジャンプは安定していますね。
特に、ループは昨季よりも高さも、助走時のスムースさもあると思います。

逆に、フリップ、トゥループが不安定というか、回転にキレが今ひとつ足りない感じです。

なかなか上手く揃わないものですね。焦れったいですが。。

佐藤コーチ…確か、練習時には出来ている事(ジャンプ、スケーティング)が、

試合でまだ十分に発揮出来ていない…。

とかのコメントがありましたね。

メンタル面の問題なのでしょうか。。

藍色様も「月の光」がお好きなんですね(#^.^#)

そういえば、3Aを跳ぶ為に、当初にあった振り付け、

コーナーでステップをクルックルッとキュートに踏む箇所がカットされてました。
あそこの振り付け、好きだったんですよ。

今季のショートで唯一の「疵」は、冒頭の2Aまでの長い助走。

あれは、牛刀で鶏を割くがごとくです。

2A用に短い助走にして、もっと振り付けを入れ、

ワグナー選手のように、2Aの後にバレエジャンプを入れるとか、

色々、工夫の余地があると思うんですよね。。。

生一本な真央選手は、こうした二股膏薬を貼るようやり方は、好きじゃないのかもしれません。


※はい。コケティッシュのこと、おっしゃるニュアンス、分かります(^_^)ノ

2012/11/17 (土) 20:07:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

俺もアイガットリズム好きだぁ!

>これが作為的ではなく自然な演技としてファンが楽しめるなら、ほぼ成功と言えよう。

もうオリンピックまでそんなに時間は無いので、今は自分の持っている長所を生かして点数に反映できるプログラムで良いんじゃないですかね。ソチ以後に新たなことにチャレンジすればいいわけで。

>今季のショートで唯一の「疵」は、冒頭の2Aまでの長い助走。

私も2Aの割には冗長だなぁなんて思っていますが、あれっていつでもそのまま3Aを跳べることを想定してるんじゃないかなぁ。
ショートで3Aを一切跳ぶつもりがなければ片割月さんのおっしゃる通りですね。

なんとも悩ましい。

2012/11/17 (土) 20:38:27 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

マオ・ガット・リズム

こんにちは。

浅田真央選手からリズムが溢れだしてくるような、観ている方も楽しくなっちゃう、そんなステキなプログラムですよね♪
音感の良さ、そしてそれを表現するだけの技術がある、このようなプログラムは観ていて本当にココチヨイです!思わず何度もリピート視聴。くりかえ~す、このマオリズム~♪(違)

> 真央ファンの100人中100人は、15才の時に演じた「カルメン」を思い出す。

ああ、曲調などから「カルメン」よりも「セイ・ヘイ・キッズ」を思い出したワタクシは100人の中に入れず、残念!貰った座布団も没収か!?(笑)

> ニコル氏の振り付けたステップワークの方が技術役員やジャッジから高い評価を受け

この辺りはタチアナ・ローリー両氏の相乗効果によるもので、結果的にローリーのプログラムで評価を得ている傾向にある、と言う捉え方をしています。勿論、SPやFSの違いとか、ステップ構成的にディフィカルト要素がどれだけあるのかとか、演技者が実際の予定要素をどれだけこなした上での評価なのか、色んな面での要因はあるでしょうけど、ね。
(タチアナ初振付だった07日米対抗SPラベンダー、当時基準でSlSt4 GOE+1.40取っており、これが礎になっているのかな、という印象が強かったりしておりまする。このプログラムのインパクトが強くて、今でもリピート視聴ハンパないですわ(^-^;)

そして、相乗効果を、キチンと相乗効果に出来る浅田真央選手の技量にもアッパレ!なのでありんす♪
両氏の異なる雰囲気のプログラムを、見事ものにしていて自分のものにしている、と。

そしてそして、NHK杯ではどのような演技を魅せていただけるのか、非常に楽しみでっす♪(^-^)/

2012/11/17 (土) 20:47:37 | URL | HIDEchan #OPbYgG.Q [ 編集 ]

Re: タイトルなし

きれじろう様、こんばんは。

うわぁ、きれじろう様もお好きですか(#^.^#)

>今は自分の持っている長所を生かして点数に反映できるプログラムで

同感です。

とにかく、ジャンプが安定しないことにはネ。

ショートでミスったら、試合終了って感じがします。

さりとて、演技構成点で高く評価されてメダル獲得、っていうの、何となくイマイチだし。。。

昨季のシェヘラザードと同様、3A用の助走軌道だから、ああいうことになるんでしょうね。

2012/11/17 (土) 22:21:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: マオ・ガット・リズム

HIDEchan様、こんばんは。

>マオ・ガット・リズム
>マオリズム~♪

こういう言葉のジャブ技がポンポン飛び出るところが、関西系の粋なノリの良さでしょうか?(^^♪

わちきは、江戸ッ子でありんすが、こういうの大好きでござりんすよ。

座布団3枚、エエィ、シャラクセェ~、10枚持って行け!!

タラソワ&ニコルの相乗効果、ヘイ、合点いたしやした。

>07日米対抗SPラベンダー、当時基準でSlSt4 GOE+1.40

おおッ、これが出るとは、HIDEchanはん、真央にそうとう惚れているね?(^Д^)

NHK杯、待ち遠しいですね。

オネエ、こと、豊の部屋もネ。

2012/11/17 (土) 22:33:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

>昨季のシェヘラザードと同様、3A用の助走軌道だから、ああいうことになるんでしょうね。

こういうところが、佐藤さんのコーチとしての素晴らしさなんじゃないかな、と私は考えています。
一部日本スケ連幹部の「3Aに拘るな」と浅田さんの「3Aを跳びたい」という欲求を上手くバランスとってるなぁということで。
ああすることで、浅田さんに対して「本当に跳びたければいつでも出来るのよ」という感じで、浅田さんの性格を理解したうえで、そのモチベーションの維持とスキルアップの両立を図ってるのかなぁと想像しています。

俺も佐藤さんのような深謀遠慮な人になりてえぜ。

2012/11/17 (土) 22:44:11 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>モチベーションの維持とスキルアップの両立を図ってるのか

これは鋭い指摘かもしれませんね。

ウ~ン、さすが、きれじろう様(^_^)ノ

>俺も佐藤さんのような深謀遠慮な人になりてえぜ

なるほど、管理職の要諦でありんすな。

浅慮大胆とは大違いですね。

2012/11/17 (土) 23:24:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

座布団10枚

こんにちは。

言葉遊びは好きな方で普段からこんな感じでごじゃりまする(^-^;。
座布団10枚!ヤッタ―、ハワイ旅行だ~!(自費で(笑)。

> おおッ、これが出るとは、HIDEchanはん、真央にそうとう惚れているね?(^Д^)

本ブログとは別にフィギュア関連に特化した別ブログもありまして、少々それっぽい感を醸し出しておりまする(苦笑)。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hidechan_project

豊の部屋、NHKでありながらあのまったりグダグダ感が楽しいですね♪(笑)
NHK杯は地上波とBS、両方視聴できるととっても楽しめますからねぇ♪

そう言えば、今年の進行役は誰になるのかなぁ?
今回は競技実況には刈屋アナの名前はなく、久々に鳥海アナになるのかもしれません。

2012/11/17 (土) 23:43:20 | URL | HIDEchan #OPbYgG.Q [ 編集 ]

>管理職の要諦でありんすな。

会社組織なんかで「やって当たり前だ」という人に限って欠けているのが、「人の理解」。
「やって当たり前」という方向に「人を仕向けさせること」こそ管理職の役割なのにそれを理解していない。

まあ、そういう人は大概部下から陰でバカにされていますけど。

そういった意味で佐藤さんは管理職の素晴らしいロールモデルだと思います。

それと、浅田さんの演技冒頭の冗長な流れからの2Aは、恐らく浅田さんのモチベーションを維持する聖域みたいなもので、もし、そこに例えばオリンピック時のヨナ選手のようなバッククロスなどの繋ぎを入れた時が、浅田さんが本当に3Aへのこだわりを捨てた時、ということになるのではないでしょうか。

2012/11/17 (土) 23:50:11 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: 座布団10枚

なるほど、本家ブログ以外に、芦屋に別荘ブログをお持ちでござりましたか^^
ハマっていますね(#^.^#)

オネエのお部屋ですから、
グダグダ感というか、ユルユル感というか、ヌルヌル感というか、摩訶不思議なコーナーですわ。

刈屋氏は、私は以前に書いたことがありますが、ちょっと喋り過ぎ傾向でしたね。
昨季の解説では、演技途中で採点の一部を暴露して、ドッチラケでしたわ。
そろそろ、交代でもよろしいかと。

もしかして、カナダのオズモンド選手が急きょ、エントリーするのか?と、囁かれているようですね。

2012/11/18 (日) 00:12:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>「やって当たり前だ」という人に限って欠けているのが、「人の理解」。

以前、新人として勤めていた会社に厳しくて口の悪い上司がいまして、

「君達は、まだまだ役たたずなんだ。いわば、ゴミみたいなもんだ、文句言う前にそのことをわきまえろ」

なんて言われましたよ。

「オノレ!」とムラムラ殺意を覚えましたが、アレは部下をワザと怒らせて、

発奮させようとする意図があったようです。

その代わり、良い仕事をすると、大いに持ち上げて。

誉めるべきは誉め、悪いと烈火の如く叱るというのも、「人を理解」していないと出来ないかも。



ショートもそうですが、
やはり、白鳥の湖は、2番目のジャンプの軌道が、3A用にもなっているので、長いんでしょうね。

2012/11/18 (日) 00:25:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

>誉めるべきは誉め、悪いと烈火の如く叱るというのも、「人を理解」していないと出来ないかも。

あー、そうですね。そう思います。でもそういうのって入社して数年たたないと理解出来ない(笑)。
少なくとも私はそーでした。「ああ、あの時はこういう理由だったんだ」ということで。

ガミガミいう人でも、信頼されている人は日頃のコミュニケーションがしっかりとれていますな。
そこで個人個人の特性を把握する。そのうえでガミガミ言う。で、褒めるときは褒める。

ああいう人たちってしっかり考えてるんですよねー。

そーいえば、話が変わるけど、一時期、「ヨナ選手は漕ぎ漕ぎでスピード出している、美しくない」って言説が結構ネットであったんだけど、あれって冒頭の3-3の前のバッククロスのこと言ってんのかな?だとしたら見当違いもはなはだしいんですけど。
どうも良く分からん。

2012/11/18 (日) 00:49:41 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

浅田選手の特徴

元々エッジ系ジャンプが得意で、その際たるものが3Aだといえるでしょう。
これに比べるトゥ系ジャンプは苦手に見えます。

身体の関節の柔軟性が、災いして、トゥを立てた後の支点とする力がトゥ系ジャンプを得意とする選手に比べると弱いように見えます。

これがタイミングで跳ぶ浅田選手の特徴だと思っています。
そして、それが滞空時間のムラにつながり、回転不足になりやすい原因だと分析しています。

曲の解釈を要求される音楽では、それを表現しようとして、身体の反応が遅れがちになるように見えます。

SPのようなリズムに乗るだけの音楽の方が、浅田選手のジャンプにはタイミングを取る意味では合っているといえると考えています。

エモーションが自然とにじみ出るタイプではない、テクニック重視型のスケーターには良く見られる傾向だと私はにらんでいるのですけどね。

フランスの男子選手、エラジ・バルデなども同じ傾向だと思えます。
ことさらに格調の高い音楽を選択せず、気楽に滑れる曲、乗りで滑れる曲こそ個性を発揮できる。

ちなみに、フランス杯を見てヨシ・ヘルゲソンの表現力に進歩が見られました。シルク・ド・ソレイユをモチーフにした事は、彼女の衣装感覚や化粧感覚にマッチしている気がします。

彼女自身の個性を見つけ出したように思えます。若干コストナーを意識している部分を感じますけどね。

ジャンプが安定してくれば、今シーズン、スケートの伸びがよくなった事を考えるとソチのトップ10入りが目の前に迫った来ているように見えます。

ヘルゲソン姉妹は今後の要注目株です。

2012/11/18 (日) 11:09:09 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

NHK杯

こんにちは。

> 摩訶不思議なコーナー

座席の配置や座り位置の近さとか、独特ですよね~(笑)。
競技が終了してエキシビション出番前に行うので、出演選手の皆さんも割とリラックスした雰囲気でお話を訊けたりしますものね。

今回のNHK杯、一部BS放送になりますが、ようやく副音声会場音声のみの放送を行うようです。
民放系BS/CSでは既に行われていたので、NHK杯でもこの音声選択が視聴側で行えるのは嬉しい限りです。
ただ、だからと言って実況解説が疎かになるのはご勘弁、ですけどネ。

> もしかして、カナダのオズモンド選手が急きょ、エントリーするのか?と、囁かれているようですね。

ああ、アリッサ・シズニー選手が欠場になりましたからね(涙)。
ケイトリン・オズモンド選手がNHK杯に出場となると、GPファイナル出場争いが俄然、激しくなりますね。
激しいと言えば、男子シングルも同様ですもの、ネ(^-^;。

2012/11/18 (日) 12:22:04 | URL | HIDEchan #OPbYgG.Q [ 編集 ]

アリッサシズニーさん欠場かぁ・・・残念だなぁ。

そのほんの少し触れただけでも壊れてしまいそうな、とても儚げなイメージと、「僕をそのブレードで切り刻んでくださいっ!」と本当にうっかり叫んでしまいそうになるほどの美しいスピンのギャップに萌える人なんだけどなぁ。

2012/11/18 (日) 15:27:33 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> そーいえば、話が変わるけど、一時期、「ヨナ選手は漕ぎ漕ぎでスピード出している、美しくない」って言説が結構ネットであったんだけど、あれって冒頭の3-3の前のバッククロスのこと言ってんのかな?だとしたら見当違いもはなはだしいんですけど。
> どうも良く分からん。

あれは、フリー演技でヨナさんがバッククロスで漕いだ数が、真央選手が漕いだ数よりずっと多いと、
言うお話しですね。それだけヨナさんはスピードを出すのが下手であり、繋ぎも薄いと言いたかった模様。
そのヨナさんが真央選手よりPCS(特にSSとTR)の評価が上というのは変だ、という根拠にしていた模様です。

どうやって数えたのか、数え方は正しかったのかが不明ですし、
真央選手はフォアで漕ぐことも多いので、一概に何とも言えないと思います。
それに、SSやTRの評価は漕ぐ数の多少だけで決まるものではないでしょうし。

2012/11/18 (日) 17:38:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 浅田選手の特徴

フムム。

私はエッジ系とトゥ系の区分けよりも、単純に、ジャンプの種類によって得手不得手があると思ったけどな。

得手…アクセル、フリップ(嘗てはルッツも)、ループ
不得手…サルコウ、※トゥループ
不得手…コンビネーションンジャンプ(これが一番の課題か)

※単独の3Tはほぼ跳べていた。コンボのセカンドで跳ぶのが不得手なのです。

ただし、身体が大きくなるにつれて、フリップに高さか回転のキレがやや不足しがち。
ループは、良かったり、危なかったり。しかし、単独はほぼOK。

真央選手は竹とんぼのように細い軸から、タイミングで「ヒョイ」と跳ぶので、距離が出ないです。

>エモーションが自然とにじみ出るタイプではない、

まあ、そうですね。バルタン流に言えば、素材の良さで、概して立ち振る舞いが綺麗なので得していますね。

私が期待する壮大でドラマティックなクラシック音楽で演じるのは、まだ先になりそうです。。クスン。。

ヨシ子さんはどうも苦手。お姉さんの方が好きでありいす。そう、顔で判断しておりますえ(^Д^)

2012/11/18 (日) 17:57:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: NHK杯

今晩は。

> 座席の配置や座り位置の近さとか、独特ですよね~(笑)。
> 競技が終了してエキシビション出番前に行うので、出演選手の皆さんも割とリラックスした雰囲気でお話を訊けたりしますものね。

ご覧になったと思いますが、カタリナ・ビットさんを真ん中に、オネエと刈屋氏が両側に座った時は、
オネエがビットさんに触るので、ハラハラしたわ。ビットさんも四十を超えて熟成したのか、
一緒に笑いまくっていましたね。

>
> 今回のNHK杯、一部BS放送になりますが、ようやく副音声会場音声のみの放送を行うようです。
> 民放系BS/CSでは既に行われていたので、NHK杯でもこの音声選択が視聴側で行えるのは嬉しい限りです。
> ただ、だからと言って実況解説が疎かになるのはご勘弁、ですけどネ。

HIDEchan様は実況無しの方が好きですか?

私は実況解説は嫌いじゃないんですよ~。

あの悪評高き「塩アナ」のポエムだって、楽しむ方です(^Д^)
彼だって一生懸命、ネタを考えてやっているんだから、あまり非難したら可哀想だわ。

> ああ、アリッサ・シズニー選手が欠場になりましたからね(涙)。
> ケイトリン・オズモンド選手がNHK杯に出場となると、GPファイナル出場争いが俄然、激しくなりますね。
> 激しいと言えば、男子シングルも同様ですもの、ネ(^-^;。

オッ、シズニー選手も好きなんですね。面食いか。

同じ大会で、高橋選手と羽生選手の演技構成点がどう評価されるか、これも楽しみだわ。

日本女子は若手がイマイチ伸び悩み傾向ですが、ここで今井遥選手には是非、ビシッと決めて欲しいわ。

2012/11/18 (日) 18:14:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし


>そのほんの少し触れただけでも壊れてしまいそうな、とても儚げなイメージと、「僕をそのブレードで切り刻んでくださいっ!」と本当にうっかり叫んでしまいそうになるほどの美しいスピンのギャップに萌える人なんだけどなぁ。

けッ!マゾ的にポエムってるな。

どこに触れたいんだか(^▽^)

ムチと縄もご用意してもらいなさい(-^〇^-)

2012/11/18 (日) 18:18:07 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

他にもいると思うけど

>ジュニアの選手はともかく、二十歳を越えたトップスケーターで真央選手ほどこのようなプログラムがフィットする人は見当たらない。<

第一候補 レオノワ
第二候補 フラット
第三候補 コストナー

2012/11/18 (日) 21:24:33 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 他にもいると思うけど

> >ジュニアの選手はともかく、二十歳を越えたトップスケーターで真央選手ほどこのようなプログラムがフィットする人は見当たらない。<
>
> 第一候補 レオノワ…小柄だからキュートに演じられるでしょうけど、ステップワークに難がある選手ではリズムの軽快さが相当に損なわれるであろう。不可。

> 第二候補 フラット…不可。ゆったりとしたブルースなら可。企業の社長クラスは喜ぶ。

> 第三候補 コストナーl…フットワーク的には可。しかし、childlikeではなく男好きするアダルトな雰囲気となるので、真央選手とは全く別の世界になります。

残念でした)^o^(

2012/11/18 (日) 21:57:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

わざわざすんません。

>フリー演技でヨナさんがバッククロスで漕いだ数が、真央選手が漕いだ数よりずっと多いと、言うお話し

ふーん・・・改めて見てみたんだけど、何を根拠にしてるのか確かにさっぱりわからんなぁ。

そもそもヨナ選手が割と多用しているバッククロスって

「上半身が遠心力で外側に引っ張られないよう、上半身は円の内側を向き、腰もやや内側を向かせる。進行方向の肩を斜め後ろの上方に引いて顔も進行方向を向く。強い遠心力に負けない姿勢で、スピードを出してパワーを見せるのに向いている」

というもんで漕ぎが多いってそもそもお門違いなんじゃ、という気がするんですけど。

>どうやって数えたのか、数え方は正しかったのかが不明ですし、
>真央選手はフォアで漕ぐことも多いので、一概に何とも言えないと思います。
>それに、SSやTRの評価は漕ぐ数の多少だけで決まるものではないでしょうし。

いや、ほんとそのとーりです。
お騒がせしました。

お手数おかけしてすんません。

2012/11/18 (日) 22:23:20 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

全日本ジュニアも興味深い

こんにちは。

> カタリナ・ビットさんを真ん中に、オネエと刈屋氏が両側に座った時は

2008年NHK杯30回記念の特別ゲストでしたよね。カタリナ・ビットさんがとても饒舌で驚いたのを覚えています。これまた楽しいひと時でした♪

> 実況解説

会場音のみ音声の選択肢がある状況で、現行レベルの実況解説なら、あえて選ぶことはないですね。
選択肢がない、または別途あとから会場音のみの放送がある、と言う状況ならば、その場限りと言うことで「楽しむ」ことも可能、なのかもしれませんが。事実、プロ野球中継の副音声でのワイワイガヤガヤ中継は、それなりの楽しみ方をしていますので。

> あの悪評高き「塩アナ」のポエムだって、楽しむ方です(^Д^)

その境地に至れるのはある意味ウラヤマシイ限りです(苦笑)。
お気に入りの演技に関しては、あとから何十回何百回とリピート視聴することを考えると、やはりキツイものがありんすわ(^-^;。何回「あんなことやこんなこともできちゃう真央ちゃん」聞かされなアカンねん!(苦笑)

> オッ、シズニー選手も好きなんですね。面食いか。

麺も食いますがマック(MAC)も食います。Miki Alissa Carolinaのほにゃらら三人娘(何)。
アリッサ・シズニー選手はアイスショーでアリッサ席、じゃなくてアリーナ席目の前でLSpを観ましたが、ホント素晴らしかったです♪あれ観てホレないほうがオカシイヨ~!

> 日本女子は若手がイマイチ伸び悩み傾向ですが

本日まで、全日本ジュニアが開催されていましたが、結構スゴイことになっていたようですよ。
Twitterからの現地情報ですけども、7トリプルで表彰台のれない選手もいたそうな(驚)。
女子ジュニアに関しては宮原知子選手がかなり抜きん出ている状況です。まだ14歳、関西勢の期待の星です♪

最終結果がまだ更新されていませんが参考に(いつ更新されるかな?)。

[参考] 第81回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
http://www.jsfresults.com/National/2012-2013/fs_j/national_jr/index.htm

2012/11/18 (日) 22:25:35 | URL | HIDEchan #OPbYgG.Q [ 編集 ]

浅田選手と同じの必要性はないよ

要はこの選曲で、選手の個性を引き出せる世界を作れるかどうかが主眼。

レオノワはこの曲の軽快感にぴったり。
ステップワークは彼女に向いたものに変えるのだから、浅田選手と同じ振り付けプログラムである必要性はない。

フラットも同じ理由。

コストナーは全く別の世界を演じてくれるはず。


3人に共通しているのはリズムを捕まえるのが上手な選手たちだという点。

浅田選手の演じているものが最良のものであるはずもないし、それぞれの選手によって違う世界が見えるはず。

そこを否定していたら、フィギュアの世界は狭くなると思うけどね。

2012/11/18 (日) 22:30:01 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会

スミマセン。
投稿後に更新ありました(汗)。
競技結果、プロトコルPDFも確認できます。

[参考] 第81回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会
http://www.jsfresults.com/National/2012-2013/fs_j/national_jr/index.htm

この中から何人がシニアで活躍できるのか、楽しみにしたいです♪

2012/11/18 (日) 22:31:57 | URL | HIDEchan #OPbYgG.Q [ 編集 ]

補足(蛇足?)

振り付けを全く同じにする必要性はないと思うし、この振り付けが「アイ・ガット・リズム」という曲を表現する振り付けとして完全なものとも思えない。

それは一つには、2Aの入り方に象徴される。

これが他の選手ならば、あそこまで長い助走は取らないだろうからもっと軽快感が出せるはず。

そういう部分が浅田選手のプログラムの中での振り付けとしての欠点部分だと感じている。

3Aの選択の余地を残すために、やや冗漫な感じを受ける部分が無いとはいえない。

そういう点ではこのプログラムは浅田専用といえるだろうけれども、曲のイメージをその点において完全に表現できているとは思えない。

3Aが無ければ、もっと自然な助走からの2Aに成るだろうからもっとよくなるはずだし、他の選手が滑るとなるとその選択肢が無いから、それこそ村上選手のような構成もありえる。

曲想を表現するという点において、浅田選手の演技が最上のものとは言いがたいと思うけどね。

浅田選手に向いている曲であり、振り付けであるとは言えてもね。

2012/11/18 (日) 22:47:48 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

長洲未来版

http://www.youtube.com/watch?v=Y4N8k8DGdCw

10代が滑るとこうなるという典型的な見本に思える。

トランジションがあまり無く、ジャンプ主体の演技構成。

2012/11/18 (日) 23:08:37 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> お手数おかけしてすんません。

イエイエ。お安い御用ですよ(^_^)ノ

2012/11/18 (日) 23:21:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全日本ジュニアも興味深い

>何回「あんなことやこんなこともできちゃう真央ちゃん」聞かされなアカンねん!

オヤ、意外とナイーブでありいすな(^Д^)

> 麺も食いますがマック(MAC)も食います。Miki Alissa Carolinaのほにゃらら三人娘(何)。
> アリッサ・シズニー選手はアイスショーでアリッサ席、じゃなくてアリーナ席目の前でLSpを観ましたが、ホント素晴らしかったです♪あれ観てホレないほうがオカシイヨ~!

フム。親爺ギャク炸裂でござんすな。レイバックね。どこを見ていたことやら(-^〇^-)

全日本ジュニアですね!!
確かに、宮原知子選手は期待大ですね。ただ、低空ジャンプがこの先、どうなるかやや不安かな。。。
大庭選手、最近、メキメキと力をつけてきた本郷選手(この子、スタイルが抜群。顔はイマイチだけど)、
有力な若手はいますね。ただ、恐ロシアの凄まじさを見ちゃうと、どうしてもね。
贅沢な要求かな(^。^;)

日本スケート連盟、いつまでたっても更新が遅いのよ(;`O´)o

2012/11/18 (日) 23:31:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 浅田選手と同じの必要性はないよ

> 浅田選手の演じているものが最良のものであるはずもないし、それぞれの選手によって違う世界が見えるはず
> そこを否定していたら、フィギュアの世界は狭くなると思うけどね。

チョッ、畳み掛けて来たでありんすな。理屈オタクの因業ジジイめ!

ほんならこと、分かっとるわい!(○`ε´○)

私は、ニコルさんがアレンジしたこの振り付け・編曲を前提にしているからなの。

3人の選手がこれと全く同じ内容では違和感あるわ。
それぞれに相応しいアレンジがあるでしょうね。

2012/11/18 (日) 23:42:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 全日本フィギュアスケートジュニア選手権大会

あ、ホントだ。

宮原選手の3Lzと3Fのキレイな跳び分け、感動的ですね。

2Aー3Tは鉄板ね。

このまま体型変化があっても、うまく育って欲しいわ。。

加藤選手、久びさに良い演技したのね。宮原選手と同年のライバルなのよね。

私、野辺山合宿で、彼女達の生演技見たことあるのよ<(`^´)>

2012/11/18 (日) 23:48:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

波状攻撃(笑)

長洲選手の振り付けもニコルさんだべ(笑)

2012/11/18 (日) 23:51:04 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 補足(蛇足?)

私も基本的にバルタン説に同感です。

ただ、きれじろう様の説もなかなか穿った感じがして捨てがたいわ。

さりとて、2Aと3A、二股かけた2通りの振り付けを演じ分けるのは、

真央選手の気質から見て、難しいのでしょう。

しかし、今のプログラム構成でも、

ノーミスで回転不足もなく、GOEにマイナスの無い演技をすれば、十分戦えると思うけどな。

五輪でメダルを取る為には、3-3か3Aがどうしても必要ですね。

2012/11/18 (日) 23:56:01 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 長洲未来版

> http://www.youtube.com/watch?v=Y4N8k8DGdCw
> 10代が滑るとこうなるという典型的な見本に思える。
> トランジションがあまり無く、ジャンプ主体の演技構成。

そうですね。私も何度かこの演技を見たけど、

これはこれでケレン味がなく、スッキリとした良い演技と思うわ。

長洲未来選手、ザワツキー選手と共にNHK杯の台風の目になりそうね。

真央選手も鈴木選手も、楽勝とは行かないな。



2012/11/18 (日) 23:59:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 波状攻撃(笑)

> 長洲選手の振り付けもニコルさんだべ(笑)

出たな。ドヤ顔バルタン親爺がv-8

2012/11/19 (月) 00:08:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

こんばんは。
全然トピずれなんですが…
日曜日に横浜国際マラソンがありましてシドニー金メダリストの高橋さんが解説されてました。
テレビ実況すべて見ていたわけではなく、ちらっと見ただけなのですが…
非常に共感した?心動かされた?コメントがありまして。
世界選手権の選考もあり自重・牽制?している日本人選手をみて、「ご自身だったらどうするか」という問いかけに「このレースや世選のことだけを考えればそうなってしまうかもしれないけど、今後のこと、その先のオリンピック等を考えれば、飛び出す勇気も必要かも…」とかなんとか言ってたんですよねぇ。
飛び出すことによって後半ブレーキがかかるかもしれないけど、そういう経験をしておくこと、その場合自分がどういう対応をするのか等々
ロンドン五輪をみて再認識したことは、レースでどのような走りをするかは大事…だけれど、スタートラインに立った時点でそれまでやってきたこと、どういうレースを積んできたかが非常に大切で…
自信をもって大事なレースをむかえることができるか…うんぬん
そんなようなことを言ってました。あいまいな記憶なのでもしかしたらニュアンス違うかもしれません。すみません。

ただこのコメントを聞いて、フィギュアスケートでオーサーコーチも似たようなこと言ってたなぁと思い…
ヨナ選手に安定したレースを重ねることの大事さ、というか
採点競技だからこそなおさらジャッジに対するアピールもあるわけで
しかもオリンピックSPで目の前で真央選手の素晴らしい演技及び得点を見たにもかかわらず「自分だったらもっとできる」という自信をもっていたと後でインタビューで答えていましたね。
ああ、それか。自分の今までやってきたこと(練習、競技会等)への自信、そしてその評価(結果)も積み重ねてきた自信。だったのですね。あらためて考えさせられました。

今、真央選手が日々取り組んでいること、もがき模索していること、どんなにつらい状況でも競技会に出続けたことがいつか実を結ぶ…かなうといいな、と今日も想いつのらせました。センチメンタル?真面目にしみじみしてしまいました。

2012/11/21 (水) 00:00:19 | URL | 藍色 #mQop/nM. [ 編集 ]

そういえば、キス&クラでの佐藤コーチと真央選手、自然な感じになりましたね。
真央選手もリラックスした感じだし…コミュニケーションが上手くいっている証拠ですね。
私は真央選手、日本人コーチが合っているような気がします。真央選手は繊細だし、自分の考えをしっかり持っているタイプだから、コミュニケーションを深くとるには日本語がいいんじゃないかなぁ。最近の真央選手を見ていると佐藤コーチの考えを少しずつ消化しつつあるな…と感じました。

2012/11/21 (水) 00:37:55 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

藍色様、こんばんは。

トビずれ、大いに結構ですよ(#^.^#)

女子マラソンか。。

あんなに強かった日本女子マラソン界の「栄華」も、今は昔、春の夜の夢のごとし、ですね。

これも盛者必衰の理りか。日本女子フィギュアもいずれその時が来るのかな。

とか、私もあらぬことを考えちゃいました(^。^;)

>飛び出す勇気も必要かも…

というか、飛び出すだけの実力が無いのかもしれませんね。

NHKのスポ魂、で羽生選手の特集をやっていましたね。ご覧になったと思いますが。

なかなか内容がありました。スケーティングスキルに関するところとか。

あれを見ると、オーサーコーチとトレイシー女史(スケーティングは彼女が中心で指導しているそうです)

の優れた指導力と見識が伺えますね。

もちろん、他の一線級のコーチも基本的には大体同じだと思いますが。

ただ、指導方法やポリシーには、コーチによって違いもあるのでしょうね。

佐藤コーチの指導は、スケーティングの基本、フットワーク、スピンなど、

よくぞ、あの真央選手をもう一度、鍛え直してくれたと思います。

ただし、ジャンプは。。。どうなんでしょうね。これだけが不安材料です。

しかし、ここまで来たら、佐藤コーチを信じるしか無いですね。

2012/11/21 (水) 00:39:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>キス&クラでの佐藤コーチと真央選手、自然な感じになりましたね

そうですね。三年目にして、ようやく、というところでしょうか。

「三年目の浮気」とならず、何よりですわ(-^〇^-)

>日本人コーチが合っているような気がします

そんな感じはありますね。

ただ、ここは、色々と意見があるところかと思います。

私個人は、もう少し、海外、それもロシアではなく北米系のコーチの指導を受けたら、

と思っていたことがありました。

しかし、今さら、アレコレ言っても仕方ないわね。ここまで来たら。

2012/11/21 (水) 00:47:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR