石原慎太郎氏の頭脳





核保有の筋立てを=「抑止力になる」―石原維新代表【12衆院選】2012年11月20日(火)時事通信

日本維新の会の石原慎太郎代表は20日、都内の日本外国特派員協会で講演し、尖閣諸島をめぐり対立する中国への対応に関し「日本は核兵器(保有)に関するシミュレーションぐらいやったらよい。これが一つの抑止力になる」と表明した。外国人記者との質疑応答の中で発言した。

核保有の検討は石原氏の持論だが、先に非核三原則見直しの必要性に言及した維新の橋下徹代表代行(大阪市長)の発言と併せ、事実上の選挙戦が始まった衆院選で論議を呼びそうだ。中国などは「日本右傾化」の主張を強めるとみられる。

石原氏は「軍事的な抑止力を強く持たない限り外交の発言力はない。今の世界で核を保有しない国の発言力、外交力は圧倒的に弱い。北朝鮮は核を開発しているから存在感がある」と指摘。ただ「個人の考えだ」とも語り、維新の安全保障政策とは無関係であることを強調した。


「シミュレーション」…曰く、民主主義である日本国が核兵器保有論議をタブー視するのはイカン、議論は自由だろう。シミュレーションすら否定するのは言論の自由に反する、核アレルギーもたいがいにせよ、など、一見ごもっともな論理を持ち出すのがタカ派右翼を中心とする「核兵器保有論者」の共通点。

だか、彼等の本音はシミュレーションにあらず、核兵器保有ありきがミエミエだ。

日本が核兵器を保有又は作るとは、CTBT(包括的核実験禁止条約)からもNPT(核拡散防止条約)からも脱退して、世界の孤児になることである。

原水爆禁止運動そのものにも問題はあるにせよ、「唯一の被爆国」として世界に核廃絶を訴えてきた日本が、たとえシミュレーションでも核武装を検討しだしたら、世界中から笑いものにされ信用は一気に失墜するであろう。

落ち目とはいえ、仮りにも経済大国であり、先進国の端くれにある日本が核兵器を持つということは、パキスタン、北朝鮮、イランあたりが持つこととは訳が違う。

そもそも、太平洋戦争の「トラウマ」から未だ解放されないアメリカが日本の核兵器保有を許すと思うか?

また、彼等の主張の柱は「日米安保、アメリカの核の傘に頼るな、甘えるな、自立しろ」だから、アメリカの核兵器を購入するとか、米軍基地に核兵器を装備して貰うといった選択肢は無い。つまり、日本国が独自に核兵器を作ることである。で、核実験ですが、日本のどこでやるの?そんな場所、あるの?

石原氏の主張は、軍事力を背景にした恫喝以外に外交の知恵がないという、自分の無能ぶりを語っているようなものではないか。


北朝鮮は核を開発しているから存在感がある?石原氏は北朝鮮のような瀬戸際外交が理想なのか?将軍様と頭脳の程度が同じらしい。

そんなにシミュレーションがやりたいのであれば、「日本王政復古異心の会」で勝手にやるがいい。

しかも、自民党の安倍総裁も核保有論者だから、日本政府が正式にシミュレーションを検討する可能性は無くはない。

ただし、安倍総裁は2007年の首相時代、「いわゆる狭義の意味でも従軍慰安婦問題は無かった」と連呼してアメリカ議会を怒らせ、訪米先でのブッシュ大統領との共同記者会見で自らの発言を謝罪した「ヘタレ」であるから、やらないだろうね。

石原氏も石原氏で、尖閣諸島のうち3島だけを問題にし、同じく個人所有の久場島を対象から外した。何故なら、久場島は米軍の管理下にあって、米軍の「射爆撃場」とされ、米軍の許可無しには日本人が立ち入ることが出来ないからである。

「アメリカにNO!と言えない日本」と非難しながら、ご本尊もNO!と言えない。こういう点でも石原氏の欺瞞、馬脚があらわれていると思う。騙されてはイケナイ。

しかし、こういう石原氏の発言を「良く言った!」と涙を流さんばかりに喜ぶアホやネットウヨが多いようだ。

万が一、日本が核兵器を保有したら、他の国も「じゃあ、オラの国も」とドミノ倒し的現象が起きるかもしれない。それは決して、マンガ的妄想とも言い切れないだろう。

生物学者の池田清彦氏によると、人類はネアンデルタール人、フローレンス人、それにホモ・サピエンスと、少なくとも数万年前までは計三種いたものが、現在は一種だけになっている。それは現生種がほんのわずかしか残っておらず絶滅の危機に瀕しているウマやサイと同様、現代人類もまた、今、絶滅への道を歩んでいるかもしれない、としている。

しかし、現代人類の絶滅は、意外と早く来るかもしれない。


関連記事
スポンサーサイト

2012.11.23 | | コメント(33) | トラックバック(0) | 歴史・文化



コメント

シュミレーションはすべき

実際に持つか持たないかは別として、現実問題として最終的には実力行使する力をどれだけ保有しているかは、外交上の重要なパワーとなる。

国と国との争いは、やくざの縄張り争いと本質は変わらない。

やくざに論理は通じない。あるのは実行力を持つかどうか。

日本が比較的に平和なのは、警察や自衛隊という実行力のある組織が法の名の下でコントロールされているからである。

鶏が先か卵が先かの議論ではあるが、シュミレーションを行うことによって「不退転の決意をいつでも行うぞ」と言うアピールにはなる。

ただし、その場合に経済的な打撃を受ける事は覚悟せねばならず、資源のない日本としてはその供給先を、核兵器保有を検討しても縁が切れないような国を作っておく必要性はある。

この場合、確実にアメリカも中国もロシアも敵に回すことになるから、残りの選択肢はアフリカ、南米、オーストラリアとなるだろう。

輸送手段を考えるとオーストラリアが最適だが、白人中心社会だから日本の希望に沿う事は考えにくい。

南米はアメリカから近いので、積極的になれるとは思えない。

アフリカは戦術的に考えて、輸送経路の遮断を簡単に行われそうなので、現実路線としては難しいが、可能性としてはもっとも高い。

黒柳徹子さんに協力を要請するしかないかもしれない(笑)

2012/11/23 (金) 02:55:15 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: シュミレーションはすべき

バルタン様、こんな真夜中にこんばんは。お互い様か(^Д^)

仕事が終わり、3連休とNHK杯が待つとあって、ウキウキ感でちょいと眠れない夜となりました。

外交のバックには一定の軍事力が不可欠、との論理は、ヤクザを持ち出さなくてもわかりますよ(^。^;)

それは今の日本が持つ自衛隊(とその背後にある在日アメリカ軍)で十分と思います。

日本政府による正式なシュミレーションは百害あって一利なし。ま、九十九害、一利でもいいけど。

百害あることを覚悟している国民は少ないと思います。

百害が出てから後悔するだけ。

どうしてもシュミレーションをやるというのであれば、

野党が独自にやる、民間の軍事オタク、軍事専門家と提携してやる、など、そこでやればいいの。

日本が不退転の決意を示すのは、核兵器廃絶への旗印を掲げ続けることよ<(`^´)>

それを現実主義者達は「理想」と笑うかもしれない。

しかし、人間の歴史は、ある意味、シビアな現実主義と理想主義(理念・道義)のせめぎ合いの歴史でもある。

現実主義ばかりが跋扈して、理想をあだ疎かにする国は、歌を忘れたカナリヤよりも始末が悪い。

2012/11/23 (金) 03:53:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

う~ん`s(・'・;) エートォ...

アメリカの場合、戦術シュミレーションは主にペンタゴン、これにCIAやFBIが場合によって加わる。
アメリカ政府の政治家がシュミレートするわけではない。

日本の場合も、シュミレートは自衛隊や原発関係者や軍事評論家で行えばよい。

政府からの委託として核保有派と非核派との二者にシュミレートを依頼する。

非核派も核を持たないの一点張りではなく、持った場合の実際のリスクを具体的に研究すべきである。

意見の違う両者が同じ条件でシュミレートをする事が大事だということ。

2012/11/23 (金) 04:29:15 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

追記

このシュミレーションを行うに当たって大事な事は、日本の世界に散らばっている外交官が「もし、日本が核を保有することになった時に、貿易関係がどうなるか?」という本音の部分の情報収集が出来ているかどうかが大事になる。

ここがアメリカとの決定的な違いで、その役割をCIAが一部負担しているアメリカと外交官頼みの情報しか持たない日本との違いでもある。

外交官同士の会話は、最終的には政治的配慮があって本音を聞きだす事は、相当親密な人間関係が築けていないと難しいだろう。

そこで盗聴などの情報収集に暗躍する舞台が必要となるが、日本には公的には存在しない。

もしその役を与えるのならやくざが適任だとは思うが(笑)
その代わり二重スパイとなる可能性も非常に高いのが難点だ。

2012/11/23 (金) 04:37:17 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 追記

シュミレーションですが、いったい、具体的にどんな想定をするのかな?

その主眼はやはり中国相手でしょうか。

う~ん、日本が3発や5発の核兵器を持ったからといって、中国が日本を恐れ、首を縮めるのでしょうか?

相手は三桁の数の核兵器を持っていますよ(-_-;)

日本はどんな核兵器の使用・活用が想定されるのかな。

どんな「強気の外交」「瀬戸際外交」が想定出来るのかしら?

2012/11/23 (金) 05:41:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

力と美

片割月さん おはようございます

理想主義者と現実主義者。言葉と行動の乖離が激しいのが理想主義者。理想主義者の戦争には節操がない。それでもあたしは理想主義が好き。石原のような現実主義者?は嫌い。

核や軍隊を持ったところで国民は守ってもらえない。日本の軍隊に守ってもらうより米国の軍隊に守ってもらった方がマシ。なぜなら、裏切られたとき、米国の軍隊なら諦めがつくから…/(-_-)\

何が理想で何が現実かは個人的には難しいところですが、ここでは伊藤貫さんが紹介されている国際政治学の常識?、多極のパワーオブバランスがいいとするのが現実主義、アメリカ一極がいいとするのが理想主義という意味で使いました。

参考 (アングリカンとピューリタンの話とかウエストファリア体制など各体制の話が面白かった)
【伊藤貫】11.4アメリカの自滅と日本の自殺【西部ゼミ】②/3
http://www.youtube.com/watch?v=TWArLmqdex8&feature=youtu.be

2012/11/23 (金) 08:55:03 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

>シュミレーションですが、いったい、具体的にどんな想定をするのかな?
>その主眼はやはり中国相手でしょうか。

想定するのならあらゆることじゃないですかね。米国の戦前のカラープランのように。

>日本が3発や5発の核兵器を持ったからといって、中国が日本を恐れ、首を縮めるのでしょうか?

少なくとも主要都市の多くを破壊出来る数を持てば首を縮めさせる「抑止力」となる可能性は高いと私は考えています。
要は力の均衡ですが。

しかし、実際のところ今まで日本が核兵器保有のシミュレーションをやったことがないかというと実は何度もやっていて、結論は「核を持たない方が良い」なんですが。

そもそも核弾頭を開発できました、だけでは話にならず、その投射手段を考慮しなければなりません。
考えられるのは

1、弾道ミサイル
2、航空機に搭載
3、潜水艦に搭載

の3つですが、1の場合、国内に配備場所が無い。2の場合、防空網の突破が難しい。
となると残る選択肢は3の潜水艦に搭載することですが、秘匿性に優れた原子力潜水艦でなければあまり意味は無い。

ですので、日本が核武装するなら現在の英国のように原子力潜水艦の4隻セットという形になるでしょう。(1隻だけではあまり意味が無い)
これ、開発費、維持運用費にいくらかかるんだ?とんでもねー額になるんじゃなかろーか。

ただ、それ以前の問題として片割月さんのおっしゃるとおり、NPTに加盟しておきながら核武装に乗り出すなんて論外だし、米国だってだまっちゃいない。
つまり、コストの割に失うものが大きすぎる。

結局、米国の核の傘が最も経済的なので、今も続けてるってだけの話。

まあ、センチメンタルを排除した冷静なシミュレーションはどんどんやるべきだと思います。
そして今後もその結論は「核を持たない方が良い」になる可能性が高いでしょう。

2012/11/23 (金) 09:51:12 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: 力と美

ghoti様、おはようございます。

西部ゼミは私も見ていたことあります^^

西部という爺さん、なかなか人間味があって面白い人ですね。

ただ、氏が何を言っているのか、何が言いたいのか、

私には半分も分からない、というか聞き取れないのですよ(^。^;)

日本は先の戦争で負けたツケを今も払わされていますね。

ナチスドイツと組んだのは大チョンボでした。

私個人は、アメリカという国は嫌い。

中国やロシアは嫌いでもあり、好きなところもある。

しかし、そのアメリカと同盟を結び、アメリカに従順でないとやっていけない、

という現実もまた受け入れざるを得ない。そのことにやりきれなさを感じたりします。

昔は非武装中立、今は武装強化中立を目指したいのかな。。。。

2012/11/23 (金) 11:33:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

きれじろう様、おはようございます。

オッ、さすが、バルタン様と同様、プチ軍事オタク?のきれじろう様、詳しいですね(-^〇^-)

中国は国土が広くて日本とは桁違い。人口もそうですが。

日本は東京と大阪に核が落ちれば、それでほぼ終わりでしょう。

しかし、中国はそうは行かないでしょう。

日中戦争の時だって、日本は中国には結局は勝てませんでした。

ましてや、今はお話しにならないかと。

なまじ、数発の核を持てば、むしろ、相手に攻撃の口実を与えるようなものじゃないかしら?

核兵器を持つこと自体がほとんど無理なのだから、

シュミレーションするのも無意味と思うけどなあ。。

それはあたかも、恋人を持つことが出来ない非モテ男が、

せめて、エロ本やアダルト映画で!と「シュミレーション」するかのごとく、

切ないというか、憐れというか、空しいなあ(^Д^)

男の人は、闘争本能というか、戦艦や戦闘機を見て、カッコエエッ!!、

と目を光らせるように、どこか戦争への憧れ、ノスタルジーみたいなのがあるみたいネ。

2012/11/23 (金) 11:51:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

2*Re: 力と美

しかし、そのアメリカと同盟を結び、アメリカに従順でないとやっていけない、

という現実もまた受け入れざるを得ない。そのことにやりきれなさを感じたりします。


そうそう。日本(人)はご主人様がいないとやっていけない国(民)。ご主人さまは中国であったりヨーロッパであったり米国であったり。主人になるより忠猫(←ここ犬でないところが重要)でいた方が楽(をさせてくれる主人なら誰でも良い)だというのを遺伝子的に知っている。(→柄にもなく主人になろうとするとろくな結果にならないのは歴史の示す通り)

あたしゃこれ読んでそう思いましたね。
『日本辺境論』【画像】http://dl.dropbox.com/u/410340/books/frontier40.jpeg
日本人のこの「親しさ」への固執、場の親密性を自分自身のアイデンティティの一貫性よりも優先させる傾向はすでに…

追記13:46
私個人は、アメリカという国は嫌い。
単細胞で文学的に貧困だから!?(^_-)
参考【伊藤貫】11.10アメリカの自滅と日本の自殺Part2【西部ゼミ】②/3
http://www.youtube.com/watch?v=YT5VDHvY-aU#t=2m51s

2012/11/23 (金) 12:46:09 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

シュミレーションは

仮想マスターベーション
石原氏が言いたいのは、表だってシュミレーションをすることすら許されないような雰囲気が国内にある事を嘆いているのであって、氏の保有論が正しいかどうかはまた別問題です。

保有すべきかどうかの選択を国民が考えるための情報提供が政府の仕事でしょう。
あらゆるシチュエーションで想定を行う。

仮想敵国は現在同盟関係にあるものを除外するというような想定だけはしてはいけませんけどね。

「昨日の敵は今日の友」といわれるように、どこが敵対国となるかは正直わかりません。

だからこそシュミレーションが必要だということです。
Aのケースはどうか?Bのケースはどうか?etc

経済面も含めて包括的なシュミレーション、単なる軍事的シュミレーションでは大東亜共栄圏を御旗に第二次大戦へと進んだ旧日本軍と変わりません。

軍備は必ず増大の方向性を持つのは当然です。
常に相手より優位に立つためには、ゴールのない拡張戦略へ足を踏み入れることになります。

ある程度の軍備保有で本当に歯止めが利くのかどうか?

古い装備は廃棄せねばならず、新しい装備を補充しなければならない。
使用しなければ全くの資源の無駄となる。

このジレンマから、武器を使用したくなるのが軍人の避けがたい性の部分だとは思います。

そこを危惧するからこそ軍備に頼りたくないという人が多いと思います。
もう一つの懸念としては、古い装備を廃棄せずに暴力組織への闇での横流しという懸念材料もあります。

これは直接一般市民への悪影響をもたらします。
そういう部分も含めてシビリアンコントロールが本当に可能なのかどうかをシュミレートをしなければなりません。

防衛に関するものはそうでなくともブラックボックス化しやすいのが事実です。
頭ごなしに押さえつけるほど、裏で画策する口実を与えることにもなりかねません。

私はそのほうを危惧しますから、シュミレーションをする事は必要だと思います。

想定している要素が本当に充分なのかどうか。それを検証するためには情報のオープン化が必要です。

ただしこれもゲリラ戦術には悪用される危険性はあるので、全てがオープンに出来るかどうかもまた難しい問題です。

2012/11/23 (金) 12:46:51 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

もう一つの懸念

今のアメリカにとって戦略上も経済上も今後の重要なパートナーとして見ているのは、日本でもロシアでもなく、インドか中国だと思う。
その次にアフリカ諸国だろう。

インフラの整った地域では経済上の利点は探りにくい。そういう面では広大な面積が残るアジアとアフリカ、お膝元の南米は、なかなか御しにくいと言うのを肌身で感じているだろうから、遠方に期待をかけていると思う。

アメリカがいつまでも宗主国として日本を庇護してくれるとは限らないという不安感を、韓国や北朝鮮や中国との問題で痛切に感じているのがトップの政治家たちの偽らざる気持ちではないかと思う。

アメリカはいつでも自分の保身のためには日本を切り捨てるだろうから、その時が来てもあわてないようにする必要性を考えるのは政治家の勤めだと思う。

2012/11/23 (金) 13:29:17 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 2*Re: 力と美

曰く、

長いものには巻かれろ、

寄らば大樹の陰、

尻馬に乗れ、

女にタダ乗りはするな(ghoti様専用)

2012/11/23 (金) 13:50:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: シュミレーションは

つまり、

仮想マスターベーションとしてのシュミレーションは、

領土ナショナリズムにいきり立つ、タカ派ウヨや、戦争ごっこが好きな軍事オタクのガス抜きにもなると。

それはシュミレーションをすることのメリットが、

日本の経済損失、国際的信用の失墜、軍事的緊張の増大などと、

トレードオフが成立するか、でもありますね。

2012/11/23 (金) 13:57:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

4*Re: 力と美

女にタダ乗りはするな(ghoti様専用)

ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

きみはペット - 恋は少女漫画に教わった
http://www.youtube.com/watch?v=7TEGdujcxgU
拙者はこの漫画大好き(^_-)
そういえば、小川彌生さん、フィギュアスケート作品書いてますね。
これでフィギュアスケートに結びついた。もうすぐNHK杯楽しみだ~\(^o^)/

2012/11/23 (金) 14:22:05 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

Re: 4*Re: 力と美

キャハハ☆、ですか。星までついて。

図星だな\_(^◇^)_/

2012/11/23 (金) 14:27:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: もう一つの懸念

確かに、それは言えてるわ。

アメリカの「オフショアー・バランシング戦略」には日本も気を付けねばなりませんね。

フセインのイラクがそれで見事にやられましたね。

アメリカにとっては、北方領土と尖閣は、

今の緊張、危機感が持続する方が良いというのが、本音でしょう。

在日米軍の存在に対する、絶好のアリバイになります。

日本も親日的な国、ベトナム、台湾、インド、ミャンマー、トルコなどと、

より広く親密な経済関係、平和協力関係を築くべきだと思うわ。

2012/11/23 (金) 14:36:07 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

>核兵器を持つこと自体がほとんど無理なのだから、
>シュミレーションするのも無意味と思うけどなあ

核兵器に限らず、今の日本で問題なのは「ありえないんじゃん?」「考えにくいんじゃん?」というだけで、物事をつきつめて考えないことだと私は思ってます。

で、国民全体に理詰めで「出来ない理由」を提示することも出来るのがシミュレーションのメリット。
逆に、本当に未来永劫核武装が不要であるという保証もないし。

私は勝手に想定外を作ってある特定の状況に対して「考えない状態」になってしまうほうが問題だと思うな。

>なまじ、数発の核を持てば、むしろ、相手に攻撃の口実を与えるようなものじゃないかしら?

抑止力とは「攻撃を思いとどまらせること」ですが、核による報復攻撃を恐れて思いとどまらせるのが今回の核ネタでのケース。日本と比較的似たような地理的、経済的条件の英国の原子力潜水艦による運用はまさにそれ。つまり核による恫喝を無効化できるってことです。

>日本は東京と大阪に核が落ちれば、それでほぼ終わりでしょう。

日本の保有するイージス艦に弾道ミサイルを迎撃する機能が付与されつつあるので、話はそれほど単純でもないと思うぞー。

2012/11/23 (金) 15:58:42 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

防衛力とは何か?

>核や軍隊を持ったところで国民は守ってもらえない。<

ghotiさんのコメントを借りて悪いですが、こういう考え方は防衛とは何かを理解していないと感じます。
防衛とは力を発揮することではなく、相手に力を行使させないことです。
傍目には守ってもらえていないように見えても他国からの圧力を感じさせないことこそが防衛の理想です。
核や軍隊は、相手から「攻撃を受けたときの報復手段をこちらも持っているぞ」と見せびらかすことに意味があります。


>日本の軍隊に守ってもらうより米国の軍隊に守ってもらった方がマシ。なぜなら、裏切られたとき、米国の軍隊なら諦めがつくから…/(-_-)\ <

これは沖縄で米軍に好き放題されている人たちから見れば聞き捨てならない言葉でしょうね。
「本土さえ良ければ、そのためには沖縄県民が犠牲になれとでも言うのか」とね。

旅の恥は掻き捨て的な感覚で性犯罪が繰り返される現状は、米軍に守ってもらう必要性について憤慨をする人たちだっています。

自分の子供が米軍の兵士に蹂躙された時に責任を取ってもらえるのか?
少なくとも日本の自衛隊なら日本の法律下の問題にでき日本語が通じるので相手と交渉も出来ますが、米軍ではそれほど単純には行きません。

日本だけでの独立防衛も現実的には不可能ですが、さりとて相手に頼るばかりでは足元を見られるだけになります。

問題は軍備だけでなく資源防衛、食糧防衛、貿易防衛など多岐にわたって問題点を洗い出し、どういうサバイバル方法が模索できるかを探す事がシュミレーションの意義です。

シュミレーションの大切さを知るためには、「桃太郎電鉄」「信長の野望」「三国志」「ときめきメモリアル」をしましょう。(笑)

2012/11/23 (金) 16:52:17 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re:防衛力とは何か?

バルタンさんにレスして恐縮ですが、(拙者の名前を見てしまったので一言だけ)

バルタンさんのおっしゃることもごもっともですが、拙者は別の考え方。

防衛力とは丸腰で何もしないことです。相手が欲しいというのなら好きなだけくれてやる。攻めたいというのならどうぞお好きなように攻めてください。ということです。それが一番安上がり。いまだって米国に占領されているわけですから。戦わないで最初から占領されていれば無駄な犠牲を払わずに済んだのにと思います。だから、これからは戦わないで占領したい国にはどうぞ占領してくださいという。結局、勝つのは賢者ではなく愚者(イワンの馬鹿)なのだお~\(^o^)/

これは沖縄で米軍に好き放題されている人たちから見れば聞き捨てならない言葉でしょうね。
「本土さえ良ければ、そのためには沖縄県民が犠牲になれとでも言うのか」とね。


確かにそういう面もあります。しかし、したい放題してるのは何も米軍の人に限ったことではなく、日本人だってしたい放題する人はするわけです。米軍の犠牲になる人もいれば米軍関連で働いて生活の糧としている人もいる。なにも米軍だけに悪い人がいるわけではないと思います。

2012/11/23 (金) 19:06:31 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

ghotiさんのお考えは昔「先制降伏論」という形で結構ありましたね。

占領されるということは、その前に「攻撃される」という状態が存在するということですから、そこで多くの死傷者が発生します。
バルタンさんが書いているのは「抑止力」で「相手国に攻撃を思いとどまらせること」です。
攻撃され、占領された後のことではないんです。

それに占領された後、米国のような被占領国に対して比較的寛容な国家だったら良いですが、その他の国がそうとは限らないですよ。

23:25追記

>これからは戦わないで占領したい国にはどうぞ占領してください

うーん、私はとてもこの考えを支持できないですし、国民も受け入れるのは難しいのではないでしょうか。これは例えば、私やバルタンさんをもしこの場で議論の末説得出来るかどうか、ということでもあるんですが。

2012/11/23 (金) 19:36:31 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

きれじろうさん おはようございます

ghotiさんのお考えは昔「先制降伏論」という形で結構ありましたね。

おお、いいね\(^o^)/ わっちは近ごろ精力が落ちたせいか非戦論とか大好きになったでござりんす(^_-)

「美」の冒険者ときどき傍観者たまに採点者になるきょうこのごろ。

【片割月さん専用】
アマゾンからギフト券頂いたので、『人はなぜ「美しい」がわかるのか』を注文したでありんす(^_-)

2012/11/24 (土) 14:07:10 | URL | ghoti #/Jidnjo. [ 編集 ]

シュミレーションをシュミレーション

シュミレーションを野党、在野がするのではなく、日本政府の下ですることの、

メリット、デメリット。トレードオフが成り立つか。

これがどうであるか、だけだと私は思います。

シュミレーション以前に、シュミレーションすることの損得を「シュミレーション」する必要があります。


それと、シュミレーションするだけならいいじゃないか、と主張する政治家は石原氏に限らず、

核兵器保有論者であるということ。

つまり、シュミレーションを突破口にして、核兵器保有への世論の高まりを、

誘導、煽動しようとの意図が透けて見える。

だから、超警戒せざるを得ない。

広島市長が石原氏に正式に抗議をしたとの報道がありますが、

当然の反応でしょう。

2012/11/24 (土) 14:21:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

やっぱりそうきますか(笑)

非核論者の反論は
>メリット、デメリット。トレードオフが成り立つか。<
ここに来るのですが、では実際にシュミレーションした場合のリスクをきちんシュミレーションで来ているのか?というのが成立していないのですよ。

いわゆる感情論による憶測部分が多すぎるのです。

現実的な世界情勢を見ると、どの国でもそういう戦略シュミレーションは行っているのが実情です。

シュミレーションをしたからと言って、現実的に経済摩擦や政治摩擦が起こるのは、そういうシュミレーションを行わなくても摩擦が起こる3カ国に過ぎません。

例えばインド、ここも核保有国ですから

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B8%E4%BF%9D%E6%9C%89%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

日本がそういうシュミレーションをしても批判できる立場にありません。

批判ができる立場にあるのは東南アジアの各国です。
しかしこれらの国は、先ごろ領土問題での争いが中国とあることをメディアでも伝えていたように、きちんとした説明を行えば日本の意図を理解し同調してくれる可能性は高いといえます。

日本が行うのは領土の狭い国同士で手をつないで、中国包囲網を作ることです。

どれほど中国に人口が多くても、国境線全てを警戒する事は出来ません。全てを警戒しようとすれば防衛力自体が薄く広く延ばされるので決壊しやすくなります。

日本がすべき事はこれらの小国をまとめる宗主国となることです。

その宗主国として、核を持つべきか持たざるべきかをアジアの各国とともに検討する。

日本一国だけのものとしては、認められなくてもそういう形であれば理解は得られるはずです。
それができれば片割月さんの言うようなリスクは存在しないとも言えます。

元々ジャンパンマネーが強かった時代にOECDなどで、日本に西洋に対する対抗馬として東南アジアの国の半分くらいは親日が多かったのですから、「敵の敵は見方」の論理をきちんと外交で使うようにする。

理想で平和は守れません。

過去、ガンジー首相のいたインドですら核を保有していると言う現実をもっと直視すべきです。

2012/11/24 (土) 15:13:19 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

ただし

上記の考えは過去の大東亜共栄圏とほとんど変わりませんが、ここで重要なのは、日本の政治家に「日本かわいさあまり」の横暴を振舞うようにならないかという懸念が払拭できない点にあります。

宗主国としてのプライドだけが先にたち、本当の意味での「手を取り合って」進んでいけるか。ここが鍵ですね。

http://www.youtube.com/watch?v=hSGuMfv24xA&feature=fvst

2012/11/24 (土) 15:21:38 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: ただし

>上記の考えは過去の大東亜共栄圏とほとんど変わりませんが、ここで重要なのは、日本の政治家に「日本かわいさあまり」の横暴を振舞うようにならないかという懸念が払拭できない点にあります。
>宗主国としてのプライドだけが先にたち、本当の意味での「手を取り合って」進んでいけるか

重要な指摘をされましたね^^

シュミレーションだ、核武装だ、軍事費増大すべきだ、と雄叫びしている政治家、識者が、

どんな歴史観や世界観を持っているか?

過去の戦争を反省するどころか、むしろ、正当化、美化し、

南京事件は無かった、従軍慰安婦はなかった、強制連行は無かった、

東南アジア諸国における旧日本軍による数々の殺戮、強姦、は無かった、

戦争は中国、ソ連のコミュンテルン、東京裁判はアメリカの陰謀だ!罠だったんだ、

日本は防衛の為に、やむを得ない戦争をしたんだ、

と、力説するような人々ではないでしょうか?

これでどうやって、手を取り合えるのでしょう。

それに、唯一、原爆の被害を受けた日本は、他の国とは事情がまったく異なることを忘れずに。

2012/11/24 (土) 18:40:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

なんか論点がぐっちゃんぐっちゃんになってきたので。

・今までのシミュレーションはどうか
過去何度も日本でもシミュレーションを実施していますが、その中でも中曽根元首相(タカ派ですな)が70年代に核武装研究をやって、やっぱり無理だ、となっています。
理由はCTBT、NPT、米国との関係、持つとしても原潜ぐらいで、これまたバカみたいな維持運用費になる。
真面目に考えたら「世界の孤児」になることは明らか。

・核の位置づけ
石原氏の発言の中でも「今の世界で核を保有しない国の発言力、外交力は圧倒的に弱い。北朝鮮は核を開発しているから存在感がある」は正しいとは言えない。
なぜなら通常戦力の存在を無視しているし、フランス(核保有国)とドイツ(非核保有国)の関係はどーよ。
現在、日本の核保有のメリットは日中で有事の際、相手に核の使用をためらわせる以上でも以下でも無い。(NPTなど世界各国との関係は一切無視した場合でも)

だいたい現在発言権が強いのは、どちらかというと通常戦力の規模、経済力、第二次世界大戦の戦勝国という立場の国家だし、核だけフォーカスしても意味は無い。

・現在の軍事
どちらかというと国家間戦争より対テロ対策にシフトしつつある。
実は米国も核削減の方向に舵を切っている。通常戦力の能力がどんどん進歩しているから。

ということで、どんなシミュレーションをしようと、不要という結論にならないほうがおかしくて、逆にどうやったら「核を保有したほうが有利」になるのか教えてほしいぐらいです。いくら核保有論者に有利に改ざんしようにも無理でしょ、これ。

大真面目に核武装しろ、なんて考えるのは中国、韓国憎しのネトウヨぐらいでは?
むしろ、こういう事実を伝えて冷静に議論したほうが余程有益と考えますが、いかがでっしゃろ?

2012/11/24 (土) 21:35:28 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: タイトルなし

きれじろう様、こんばんは。

さすが、ですね。

綺麗にまとめて頂きました(#^.^#)

話は逸れますが、

素朴な意味で「(政府の下で)シミュレーションをしてもいいんじゃない?」というのと、

石原氏が言う「シミュレーションぐらしたらいい」とは、

同じマインドでは私はどうしても考えられないの。

感情論かもしれませんが、感情は無視出来ないですよね。

沖縄県民があれほど米軍に反発を示すのも、感情抜きにしては考えられないですし。

いくらオスプレイは安全です、データもあります、サヨク系メディアのデマです、

と口説いても、それを受け入れられない県民がいます。

2012/11/24 (土) 23:31:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

きれじろうさんへ

シュミレーションの問題点は、その意義ではなく、政治家の資質に疑問がある点でしょうね。

どう見たっておらが大将になったら横暴しまくりになりそうな人物しか見当たらないと言うのが難点でしょう。

ただし、そういう懸念は別にして、本当に核武装が必要なのかどうか?
核を持つことでどの程度の威嚇力があるかでしょうね。

核の使用は、限定核でもわかるように、地球上の環境・生物に対してはメリットは無くデメリットしかありません。

それでもなお使用するのか?という問題は常について回ります。

したがって、核の使用は占領目的ではなく抹殺目的でしか使用ができず、跡地利用は不可能だという点に兵器としての欠点があります。

ならば、真に開発が必要なのは生物兵器のほうですが、これも突然変異などが想定できない部分があり、現実的にはわが身も打撃をこうむる可能性が高いといえます。

ゾンビ映画が好きな方はこの類の可能性については良く知っているでしょう(笑)

核は「死なばもろとも」の覚悟が無ければ現在は無用の長物でしかなく、原発と同じで、廃棄処分に問題を持っています。

この問題が解決されないので、核軍縮が遅々として進まない事実はどの政治家も知っているはずです。
このあたりは、石破さんならどう考えるかを個人的には本音が知りたいところですね。

2012/11/24 (土) 23:35:20 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

>片割月さん

>感情論かもしれませんが、感情は無視出来ないですよね。

これはですねー、どうしようもないでしょう。
これがなんとかなれば今頃日本の一部ネトウヨフィギュアオタの間でもキムヨナは大人気です。

>バルタンさん

>核は「死なばもろとも」の覚悟が無ければ現在は無用の長物でしかなく、原発と同じで、廃棄処分に問題を持っています。

いや、ご説御尤もです。
・今まで核保有国が紛争に係っても使われたのは通常兵器であり、その優劣で勝敗が決まる。
・非核保有国が核保有国に軍事力による争いを挑んだ例は多い
であり、核武装論者の「核武装することで周辺諸国が黙って言うことを聞く」なんてことは歴史を知らなさすぎる、単なる浅知恵でしかないのですから。

おっしゃる通り、事実上核兵器は使えない兵器で、通常兵器を如何に充実出来るかを真剣に考えた方が良いでしょう。核兵器のおかげで通常兵器の配備にしわ寄せがいくのは今の日本にとって百害あって一利なしでしょうね。

2012/11/25 (日) 00:24:27 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

石原氏の本音は

米軍による日本への核持込を公認するための戦術という見方も捨てがたい。

これなら日本自体は核を保有しないので、国会決議の非核三原則のうち一つだけを捨てるだけですむ。

「NOといえる日本」を共著しているけれども、現実的にはアメリカに対抗するつもりなど端からないと思う。

「アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引く」のは今でも変わっていない。

軍事力で世界に抗うには、資源の無い島国では所詮無理がある。

かといって、言いなりにもなりたくはない。まるで新党結成と同じ理屈ではないのかな(笑)

支配力はもてなくても、影響力は持ちたい。彼の真意はその辺にあるように思える。

2012/11/25 (日) 19:32:38 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 石原氏の本音は

フフフ。。。

例えば、石原氏は東京都の米軍横田基地におけるアメリカ側の勝手さをボヤくだけで、

それ以上の「恫喝」も「煽動」も「挑発」もしていません。

何という「弱腰」でしょうか。

まあ、石原氏の「本音」は、

バルタン様のおっしゃるように見透かされ、馬脚をあらわしつつあるようですね。

2012/11/25 (日) 22:31:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

石原はアホ

石原は自分がジジイで筋力もなく怠惰な生活なのに言葉だけは勇ましくて説得力がないですね。
いたずらに中国刺激するような発言をして責任取らずに死んでいくんですから石原家は末代まで永久に呪われるでしょう。

2016/01/31 (日) 07:56:59 | URL | 座敷童 #xHIo1./A [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR