フィギュアスケート関連のアレコレ・NHK杯のことなど(補足)




日経新聞にチャン選手についての長いコラムがありました。記事はここです

日経新聞の原真子氏のコラム、「フィギュア男子、チャンが語る『最大のライバル』」は?かなり冷静なスタンスで書かれた興味深いコラムと思いました。

原真子氏は高橋大輔選手のファンであり著作もあります。しかし、最近、大輔ファンに偏った感のある田村明子氏とは異なり、原氏は比較的公平なスタンスで書いていて、好感が持てました。


これによると、チャン選手ではなく、クラールコーチの方から離れる申し出があった模様。フーン。何があったんでしょうね。

それと、ローリー・ニコルさんは勝手に振り付けを変えることを許さないので、不自由を感じていた、というお話しは、どうなんだろう?真央選手は「月の光」の振り付けを、国別対抗戦で3Aを跳ぶ為に少し変えましたけどね。

「芸術家肌が多い競技の中で、選手としては屈指のアーティストながら、現実的な面もあるチャン」、はどうでしょうね。少し意外でした。

私はチャン選手を「屈指のアーティスト」と呼ぶのは躊躇う。「屈指のアスリート」だとは思うけど。もちろん、チャン選手が目指しているのは両者を兼ね備えたスケーターになることでしょう。

最大のライバルとして高橋選手を挙げるのは分かりますが、プルシェンコ選手も挙げたのは少し意外でした。「皇帝」に対する敬意でしょうか(#^.^#)

チャン選手はキムヨナ選手と同様、演技内容や採点について、一部フィギュアファンの攻撃・批判のターゲットとされて来ました。今はチャン選手のファンも増え始め、少し下火になりつつあるようで嬉しいわ。

率直な話し、私はヨナ選手やチャン選手の演技の素晴らしさを毫も認めようとしないフィギュアファンは、フィギュアファンとして認めません!キリッ(`・ω・´)


NHK杯。

日本のファンにとっては話題沸騰、興味が尽きない大会となりました。

男子は、高橋、羽生、フェルナンデス、の3選手の優勝争いで決まりでしょ。個人的興味としては、高橋選手と羽生選手の演技構成点がどう出るかです。

アメリア大会のショートプログラムで、羽生選手の演技構成点、特にSSが小塚選手を上回ったことは、率直な話、私には理解出来ませんでした。仮に演技構成点が過去の実績+当日の演技の出来映え、であれば、なおのことです。

若手選手の生き生きとした演技、新鮮さ、ほぼ完璧な演技内容、期待通りの演技に対してはジャッジは惜しみなく高評価を与える、と理解しますが、やはり、どこか無理矢理に言い聞かせているのが正直なところです。

女子は、浅田、鈴木、両選手による優勝争い、と言いたいところですが、このところ上がり調子なザワツキー、長洲未来、ゲデ子など、彼女達の誰かが二人の間に割って入る可能性もありますね。

しかし、今井遥選手にも奮起して欲しいですね。良いプログラムを持ち、美点がいくらでもある選手なのに、何故かもうひとつ、出て来ないですね。歯がゆい。

それにしましても、フェルナンデス、羽生、ゲデ子と、オーサーコーチは獅子奮迅、大忙し。テレビの露出度は高まりそうですね(-^〇^-)

オーサー組でスケーティング指導を担当しているトレイシー女史も来るのかな?

真央選手が3Aを跳んだ、というニュースがあったけど、こんなん、報じなくてよろしい。ファンにまた余計な期待を持たせるだけ。いい加減にせえやヽ(`Д´)ノ


ニュースで流れた公開練習で、私の勘違いでなければ、真央選手がショートプログラムの冒頭、2Aの前に片足を上げるミニスパイラルを入れているみたいね。

やはり、あそこの長い助走にはトランジッションは必要でしょう。GOEや演技構成点に反映するといいですね。

※アイスダスでは、あのモロゾフの「ゴースト」を演じるロシアのイリカツと、アメリカのメリチャリが楽しみです。圧倒的な運動量で迫るメリチャリは、アイスダンスに馴染みの薄い日本でもウケるわね。

イリカツ、メリチャリか。その内、クシカツ、ママチャリ、ってペアも出てくるかな(^Д^)



関連記事
スポンサーサイト

2012.11.23 | | コメント(10) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

最後の文章

全体の文脈から考えると違和感を覚えるな~~。

誤植か、原さんの表現の間違いの気がする。

「芸術家肌が多い競技の中で、選手としては屈指のアーティストながら、現実的な面もあるチャン」

「芸術家肌が多い競技の中で、選手としては屈指のアスリートながら、現実的な面もあるチャン」

芸術家肌が多いということは夢を追い勝ちで勝負と言う面で徹しきれずに自爆する選手の方が多いという意味に取れる。
けれども、アスリートでも最高難度と言う夢を追いかけて、他の部分で自爆するということもある。


アーティストにしてもアスリートにしても夢を追う部分は同じだけれども、結果を優先して現実的な妥協策を見出すのがアスリート。

言葉の選び方を間違えている気がする。

原さんの持つアーティストの意味が私とは違うものなのだろう。

2012/11/23 (金) 04:23:04 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: 最後の文章

「芸術家肌が多い競技の中で、選手としては屈指のアスリートながら、現実的な面もあるチャン」
              ↓
「「芸術家肌が多い競技の中で、選手としては屈指のアスリートであり、現実的な面もあるチャン」

平凡ですが、これが一番素直に受け止められますね。

原氏が高橋選手をアーティストと呼ぶのと、チャン選手をアーティストと呼ぶのと、

同じ意味で使用しているでしょうから、益々不思議な一文と感じます。

2012/11/23 (金) 04:52:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

小塚選手のスケーティング

最近前ほど伸びを感じなくなったんだけど?
ディープエッジを使っているときは、さすがだとは思わせるのだけど、前ほど滑らかさを感じなくなっている。

本人比で言えば、チャンに追いつくどころか離されている気がする。アボットもやや頭打ち状態に見える。

それに比べると羽生選手の方が本人比での上達がわかるので高く付けやすいのかもしれない。
多少はジャッジの贔屓もあるのかもとは思わないでもないが、それが影響しても0.1くらいのものじゃないのかな?(笑)


正直、小塚君や織田君に比べて性的アピールは羽生君の方が遥に上を行くからな~~。

男が美人に弱いのと同様、女性もハンサムには弱いからな~~(笑)

それは世界の女性のフィギュアファンを見ていると嫌になるくらい感じるからね。(笑)


2012/11/23 (金) 13:18:24 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

初めまして。柳燕(やなぎつばめ)と申します。
スケート関連以外の記事も、コメント含め、興味深く拝見しています。

いよいよNHK杯開幕ですね~(*^_^*)
日本人スケオタにとって、ある意味最も嬉しい大会ですね。(放送の質とういう意味で。。)
全選手の神演技が観られますように(-人-)
(中国杯では見られなかった真央選手のSP新衣装も楽しみです♪)

>真央選手が3Aを跳んだ、というニュースがあったけど、こんなん、報じなくてよろしい。ファンにまた余計な期待を持たせるだけ。いい加減にせえやヽ(`Д´)ノ

これが中国杯の前だったら、松岡さんと実況アナがさぞはしゃいだことでしょう(;-_-)

2012/11/23 (金) 13:26:21 | URL | 柳燕 #- [ 編集 ]

Re: 小塚選手のスケーティング

羽生選手は、どちらかと言えば高橋大輔タイプかもしれませんね。

陶酔系、色気あり系。まあ、美男子だし。

それに、頭も良さそうです(これはスポーツでも大事な資質だ)

その高橋選手をも上回る資質とスター性ありと見ています(私の好みじゃないけど)

その分だけISUや連盟、そしてジャッジ達の期待(応援というのとは異なる)も膨らむ。

小塚選手のスケーティングの伸びについては、どうでしょうね。私には分からないわ。

2012/11/23 (金) 14:08:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

柳燕様、はじめまして。

風流で素敵なお名前ですね(#^.^#)

梅に鶯、柳に燕、でしょうか。

私は姥桜に片割月、でござりんす。

ネット上には名前に無頓着な方も多くて、ヤッツケやら、無粋な名前も多いのですが、

久びさに良いお名前を拝見しました(´∀`*)

>真央選手のSP新衣装も楽しみです♪

そうそう、コレコレですね。

軽快なジャズに合うのは、黒系でしょうか。

しかし、明るくおどけたコンセプトからすると、

パステルカラーのグラデーションもありかな(^^♪

松岡さんは少し暑苦しいけど、あの体育会系のノリ、愛らしくて、どこか憎めないですね。

それと、やっぱり、ショートでは、真央選手、2Aの前にファンスパイラルを入れて、

加点を狙うようです。メリー・ポピンズにもありましたね。

2012/11/23 (金) 14:25:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さま、おはようございます。

●チャン選手のインタビューについて

記事に若干事実と違う部分があるのが気になりました。

・WIKIを見ると過去のコーチ欄にかなりの人数の記載がありますが、チャン選手がコーチを「変えた」のは正式にはこれで2度目です。
子供時代からのコーチは故コルソン氏でしたが、亡くなられてコーチ不在の状態がしばらく続き、ジュニアの選手にコーチがいないという状況を見かねたローリーや天野氏など、コーチが本業ではない人たちが「正式なコーチが見つかるまで」という約束で暫定的に引き受けていたものです。
結局後任はドン・ロウズ氏に決まり、それをクラールコーチに変えたのが1回目、今回が2度目です。

・チャン選手はインタビューで、「中国系の家庭は教育熱心なところが多いけれど、自分の両親はそうではなく、学業は平均点を取っていれば良しとされて、スポーツを思い切りさせてくれた」と言っていますので、「チャン選手の母親が教育熱心」というのはどこから出てきた話なのかなと思いました。たしかそのインタビュー動画は今でも見ることができたはずですが、ちょっと探せませんでした。


●NHK杯について

>アメリア大会のショートプログラムで、羽生選手の演技構成点、特にSSが小塚選手を上回ったことは、率直な話、私には理解出来ませんでした。仮に演技構成点が過去の実績+当日の演技の出来映え、であれば、なおのことです。

↑これは全く同感ですが、今回は、高橋選手の採点のほうに疑問を感じます。
4回転が回転不足になっていないのも釈然としませんし、高橋選手の3Aに加点3をつけていたジャッジがいたのにはあきれました。何をどう評価したら加点3になるのか理解不能です。

2012/11/24 (土) 09:05:15 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、こんにちは。

なるほど。選手とコーチの間にあるストーリーは、傍目には分からないことが多いですね。。。

>4回転が回転不足になっていないのも釈然としません

これは、あちきには何とも言いようが。。
確かに、取られても文句言えない感じもしますね。
この手の微妙なランディングと判定との関係は、たくさんありますね。

>高橋選手の(シェイキーな)3Aに加点3をつけていたジャッジ

考えられる理由。どれか一つ、選ぶこと。

1.そのジャッジは3Aの時によそ見をしていた。しまった!と思いつつも、いつもの高橋選手の素晴らしい3Aを想定して採点した。

2.ボタンを押し間違えた。

3.高橋選手にベタ惚れしていた女性ジャッジが幻覚を見た。

4.買収されていた。

5.日頃、他のジャッジや上層幹部にいじめられていたので、不貞腐れていた。

6.私は難しい入り方とジャンプの大きさを高く評価し、ランディングの乱れは重視しません、とのアピール。

2012/11/24 (土) 13:38:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

御返事ありがとうございました

片割月様、こんばんは。

>風流で素敵なお名前ですね(#^.^#)

梅に鶯、柳に燕、でしょうか。<

ありがとうございます(●^ ^●)ゞ
萩に猪、が近いんですが(´▽`)

>軽快なジャズに合うのは、黒系でしょうか。

しかし、明るくおどけたコンセプトからすると、

パステルカラーのグラデーションもありかな(^^♪ <

SP衣装、今回もカプリースの別衣装でしたね(´・ω ・`)
(だったら黒×ピンクver.のほうがおしゃれなのにぃぃorz)

>松岡さんは少し暑苦しいけど、あの体育会系のノリ、愛らしくて、どこか憎めないですね。

はい(^‐^)
ご自身がトップアスリートだったからか、選手に対して無神経な言動は無いですし。
(ときどき餅つけ(--)ノと思いますが。。)

2012/11/25 (日) 02:28:34 | URL | 柳燕 #- [ 編集 ]

Re: 御返事ありがとうございました

柳燕様、おはようございます。

>萩に猪、が近いんですが

あたしゃ、人参にやせ馬でござりんす。

真央選手、衣装、同じままでしたね(~_~;)

気に入っているのかな。

2012/11/25 (日) 09:05:31 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR