真央選手は「白鳥の湖」の何処に3Aを入れるか・予想




女子では真央選手のジャンプ構成をアレコレと考えるのは実に楽しい。四大陸では3Aを入れる可能性が高い。ショートプログラムは明快ですが、フリープログラムでは3Aを何処に入れるか、色々と選択肢があって面白い。

「白鳥の湖」のエレメンツ構成は下記の通り。
3Lo
2A+3T
3F
3Lz
FCCoSp
3S
3Lo+2Lo+2Lo
CCoSp
3F+2Lo
FCSp
StSq
ChSq1

①冒頭の3Loの替りに3Aを入れる。
この場合、苦手な3Sを3Loと入れ替える選択もあるけど、そうすると「全ての3回転ジャンプを跳ぶ」というポリシーを止めることになるので悩ましい。しかし、基礎点では3Loの方が0.9点高い。

冒頭に3Aを入れることによるメリットは、基礎点、3A(8.5点)ー3Lo(5.1点)=3.4点の増加となること。

デメリットは、3Aには長い助走を必要とする為、トランジッションが少し薄くなること。しかも、次の2Aー3Tも助走が長めな為、前半の印象が「跳んで、滑って」となり、演技構成点でマイナス作用に働く可能性があることだ。冒頭の短い助走からの3Loはジャッジに良い印象を与えていると思う。

演技構成点のマイナス分を仮に1.0点とすれば、実質の増加は2.4点となる。高いリスクを冒して2.4点増加をどう考えるか。バカに出来ない増加かもしれないし、大した効果ではないかもしれない。

②2Aー3Tを3Aー2Tと入れ替え。
この場合、セカンドの2Tは他の単独ジャンプに繋げる選択もある。冒頭の3Loか3番目の3Fに。ただし、2Tは2Loにすると予想。

メリットは、基礎点、3Aー2T(9.8点)ー2Aー3T(7.6点)=2.2点。ただし、2Tは他の単独ジャンプに繋げると2Lo(1.6点)だから、増加分は2.5点となる。

元々ここは助走が長いので、3Aを入れてもほとんどプログラムをイジる必要が無いのもメリットと言える。

デメリットは、ようやく成功率が上がった2A-3Tを外すのは勿体ないし、3Tが無くなることで「全ての3回転を跳ぶ」ポリシーが無くなることであろうか。

③苦手の3Lzを諦め、3Aと入れ替え。
あまり可能性は無いかもしれない。3番目のジャンプで3Aはリスクがいかにも高い。しかし、3Lzはエッジエラーがある為、基礎点(6.0点)は実質は5.2点くらいだ。よって、3Aと入れ替えると3.3点の増加となる。

しかし、3Lzと3Aとでは助走の軌道が全く変わるので、プログラムを少なからず変更せざるを得ない。これもデメリットと言えそうだ。

①も②も③も、基礎点の上では3点前後の増加である。3Aの成功率(良くて60%くらいか)を考慮すると、どの選択肢も実に微妙だ。悩ましい。しかし、五輪シーズンには3Aを入れない訳には行かない。今のジャンプ構成と加点の実績ではコストナー選手やヨナ選手を上回るのはちょっと厳しいと思うからだ。


関連記事
スポンサーサイト

2012.12.29 | | コメント(17) | トラックバック(0) | 浅田真央



コメント

入れるのなら

2A+3Tのとこ以外は出来ないね。

後は音楽との流れが合わなくなる。

問題はコンビにするかどうか?

個人的には単独の方がGOEも集中できるので加点が見込める。ランディングラインも3Aのおりからそのまま3Tへとつなぎやすい。

どうしてもコンビにするのなら、いっそのこと1Loを入れたシーケンスとして3Tをつける。

問題点は、つなぎの部分にあわただしさが生まれる可能性がある。

2012/12/29 (土) 01:49:18 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

3A-3T

こんにちは。

以前にもチラッと述べていましたが、既存のプログラム構成から大幅な変更をせず、尚且つ5種トリプルを崩さず、尚且つ3Aを入れて6種トリプルにして、尚且つ3-3も入れられる、「2A-3T→3A-3T」を推しておきます(ニヤリ)。

こうなれば、新たな挑戦として浅田真央選手自身のモチベーションも上がって、モノに出来れば自信にも繋がり、案外近道になるのかもしれません(鬼)。

単独3Aを入れる、と言う選択肢になるともはや大幅な構成変更を考えないと、プログラムのバランス的(PCS)にも基礎点的(TES)にも厳しいかな、と思いますです(^-^;。

この案(3A-3T)は浅田真央選手「なら」と言う期待も込めてで御座います。
あをによし。

2012/12/29 (土) 06:53:13 | URL | HIDEchan #OPbYgG.Q [ 編集 ]

Re: 入れるのなら

バルタン様、こんにちは。

ウム。やはりそうであるか。

あそこの軌道は将来的に3Aを跳ぶ為に用意されたものと、感じてはおりまするが。。。

>ランディングラインも3Aのおりからそのまま3Tへとつなぎやすい。

オッ、嬉しいことを^^

>1Loを入れたシーケンスとして3Tを

これも嬉しくなる構想ですが、シークエンスは真央選手、一度もやったことが無いからどうでしょうね。

2012/12/29 (土) 12:41:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 3A-3T

HIDEchan様、こんにちは。

ああ、やはり②の方ですか^^

伊藤みどりさんが練習で跳んでいた3Aー3T(基礎点、12.6点!)を真央選手が本番で成功したらと、
これ、楽しい想像ですよね(*´∀`*)

これが決まる時は、世界選手権も五輪も完全優勝すること請け合い。

現役を引退するまでに一度でいいから決まるシーンが見たい~~!!

寒空に万朶の桜真央の舞

2012/12/29 (土) 15:54:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

真打の登場は来シーズンか

3A-2Tはないような気がしますが……。五輪シーズンの時「親子ジャンプ」に平松さんが駄目出ししたからね。なんだかんだ言っても結局は単独3Aになるのではないかと予想。
でも、今シーズンのジャンプ構成が来シーズンも継続されることはないでしょう。
たぶん真央ファンの中では少数意見でしょうが、私は3Aよりも3-3を見たいぞー!
まあ、現段階では3Aの方が成功率が高いのでしょうね。
3A、3F-3T、3F-3Loを並行して練習するのは大変そうです。一番成功率が高いのをオリンピックシーズンに投入してくるのでしょうか。
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20121224-OHT1T00189.htm

実は五輪での本命は3-3だったりして。3Aはただの目くらましで、本命はじっくり熟成中だったらいいな(笑)。真央選手としては3Aにこだわりがあるからそれはないか。

2012/12/29 (土) 18:56:07 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]

Re: 真打の登場は来シーズンか

神無月様、こんばんは。

夢想することはアレコレとあれど、現実、当面は単独3Aと私も予想します。

3-3は私も見たいコンボですが、これも現実、3Fー3Tになると予想します。
3Fー3Loは単独3Aよりも回転不足を取られる確率が高いだろうなと推測します。

きちんと、データをとってませんが、
このコンボも過去、あまり成功率は高くなかったと記憶します。

回転不足だけではなく、セカンドがスっぽ抜けることがしばしばあったし、
このジャンプをとっさに、3Fー2Loに切り替えるのは難しいみたいですしね。

セカンドは3Tの方が、一呼吸置けるだけに、とっさに2Tに切り替えやすいのではないかと想像します。

>3Aはただの目くらましで、本命はじっくり熟成中だったらいいな(笑)

オッ!神無月様もそういう夢想を抱くんですね(^Д^)

煩いマスコミの追求に対し、そろそろ真央選手も口三味線やら煙幕を張るくらいになって欲しいですね。

敵を欺く為にはまずは地元日本のマスコミを欺かなければ、ですわ(-^〇^-)

でも、真央選手は実直そうだから、そうした小賢しい手は使わないでしょう(^。^;)

ショートプログラムでは3Aを跳ばずに3Fー3Tを、(フリーでは基礎点上、跳ぶ意味があまりない)
フリープログラムでは3Aを跳ぶのが良さそうに思うなあ(*´∀`*)

2012/12/29 (土) 23:20:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 真打の登場は来シーズンか

ウム(-_☆)キラリ

それが理想形だな。

2012/12/30 (日) 00:37:34 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: Re: 真打の登場は来シーズンか

> ウム(-_☆)キラリ
> それが理想形だな。

そういうこと(^0^)/

2012/12/30 (日) 11:46:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

振り付けの手直し。。。

こんにちは。今日は雨ですね。ネットでニュースを斜め読みしていたら、新年早々、真央ちゃんが振り付け手直しのためにカナダに行く予定、とありました。

ローリー・ニコルさんに会いに行かれると推察しましたが、殿堂入りもされたことだし、ますます素敵なプログラムに仕上げていただきたいです!

向こうにいる間に、フィギュア界の重鎮が集まるパーティか何かに連れて行ってもらって、仲良くなったり、さりげなくアピールしたりする機会があるといいけどな~。真央ちゃんはそういうタイプじゃないか。。。

ジャッジも人間ですから、自分が尊敬している人が目をかけているとか、実際に会って素敵だったとか、そういうのが結構大事だと思ったりします。

3Aについて、ローリー・ニコルさんは、どう思っていらっしゃるのかな?

2012/12/30 (日) 13:11:56 | URL | jit2 #BRxSFJLQ [ 編集 ]

3Lzか3Fがコンスタントに入らないと3A認定は無理

うーん、今の状態で浅田選手の3Aが認定される可能性は非常に低いんじゃないでしょうか。

浅田選手がGOEでほぼ確実に加点がもらえるのは3Lo。
3Fは相当な確率で刺さったり減点されたりしているし、3Lzは今季たしかまだ2回しか入っていないうえ、100%エッジエラーを取られています。
「着実に跳べるのは3Loまでの選手」というのが今の浅田選手に対するジャッジの評価でしょう。

女子ではほかに比較の対象がないので、男子選手の場合で考えたとき、3Lzと3Fの評価がこのような状態で、より難易度の高い3Aが認められている選手の例を思いつきません。
浅田選手だけが3Lzと3Fを飛び越して3Aが認められるとしたら、むしろ不審な感じがします。



補足と訂正

…すっかり忘れていました、ボロノフ選手。エッジジャンプがどちらも苦手。

ただこの選手の場合、4Tが跳べるだけのジャンプの大きさがあるので、
3Lz(…もう長いことお目にかかっていない気がする)や3Fに刺さることはないです。

質の基準をクリアーしていない(踏切エラーや着氷のミス)よりも、
量の基準をクリアーしていない(ジャンプの大きさが足りない:回転不足)
ほうが減点も大きいので、刺さる可能性が一番少ないジャンプにセカンドジャンプをつけるのが結局一番確実と思います。

2012/12/30 (日) 14:41:57 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

夢を見るなら3-3派

>オッ!神無月様もそういう夢想を抱くんですね(^Д^)
女子の3Aの苦難の歴史を見ていると、真央選手に限らず女子選手全体の3Aにシビアな見方にならざるを得ないです。
伊藤みどりさんの身長は145㎝とwikiにありますが、今の選手でいうとジュニア体型ですね。あの体型だからこそバンバン3Aが跳べたような気がします。小柄に見える中野友加里さんは156㎝。
伊藤みどりさんの3Aは体型が違うので参考にならないし、男子の3Aも筋力が違うのであまり参考にならないのではないかな。誰の3Aも参考にはできない真央選手が高い確率で3Aをきちんと回りきれるようになるまでは、膨大な時間を試行錯誤に費やさなければならないと思うのです。素人推測ですけれどね。
だから、どうしても私は3-3に夢を見たくなるんです(汗)。
まあ、四大陸選手権を見てからですね。

3F-3Tの完成度は未知数ですが、来シーズン、ショートプログラムでは3Aを跳ばずに3F-3T 、フリープログラムでは3Aを跳ぶというのは私も良いと思います!
3Aを跳びたいという真央選手のモチベーションを低下させずに点数が取れるジャンプ構成を組むことができれば!
口三味線やら煙幕は、信夫先生にお願いしましょう(笑)

2012/12/30 (日) 18:17:13 | URL | 神無月 #- [ 編集 ]

Re: 振り付けの手直し。。。

jit2様、こんばんは。

>真央ちゃんが振り付け手直しのためにカナダに行く予定

これ、期待できそう!^^

愛の夢も(私の主観ですが)手直しして良くなったですね。

特に、スパイラルシークエンスを最後に持ってきて、その左軸足のまま最後はターンをするという、

難しそうなエンディングがとても効果的だったと思います。

で、振り付けの改良ですが、、、

「アイ・ガット・リズム」の最初の「顔芸?」は私的にはイマイチなので変えて欲しいわ。
あれ、口の悪いアンチが「ひょっとこ」と揶揄しているのを見て、はらわたが煮えくり返ったけど、
全く的外れでも無いかも^^;

それと、ステップシークエンスの振り付けがメリー・ポピンズとソックリなので、ここもちょっと。

あちらで「アピール」ですね。私もそう思います。
何故か、海外のアイスショーにも全く出ないですね。
私が記憶している限りでは、姉妹でカナダに行き、アイスショーで「ノクターン」を演じたのが最後かな?
中国ペアの結婚記念のアイスショーには出ましたが。。。これはちょっと意味合いが異なります。

時々話題になり、その度にコアな真央ファンがムキになって「必要無い」と反論することですが、
英会話力がもう少しあれば、なんですけどね。。。もう、ここまで来たら、仕方ないでしょうね。

ニコルさんも、きっと、早く3Aを跳ぶ真央選手を見たいと思っていることでしょう!!

2012/12/31 (月) 00:52:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 3Lzか3Fがコンスタントに入らないと3A認定は無理

ドロンパ様、こんばんは。

>今の状態で浅田選手の3Aが認定される可能性は非常に低いんじゃないでしょうか。

ウム。それはそうだ。
ただし、真央選手がインタビューで語った内容が誇張ではないとして、全日本での3Aの映像を見る限り、
昨季よりはかなり改善されて来たように見えます。まあ、ファンの欲目もありますが^^;

いずれにしましても、四大陸では一度試して置くことは問題無いでしょう。
ここでダメだったら次の世界選手権は断固「禁3A」でしょうね。
それよりも、今の構成でミスを減らす方が大切だし、これでも勝てる可能性はあるわけですし。

3Lz・3Fと3Aの関係ですが、新採点方式になってから女子では中野さんと真央選手しか跳んだ例がなく、
一概に何とも言えない所じゃないですか?

それに、アクセルジャンプは特殊なジャンプでしょう?

>「着実に跳べるのは3Loまでの選手」というのが今の浅田選手に対するジャッジの評価でしょう。

そのような厳しい視点・言い方からすると「2Aと3Loのみの選手」になりません?
だって、3Sも苦手だし、今季は単独3Tは跳んでいません(^。^;)

>刺さる可能性が一番少ないジャンプにセカンドジャンプをつけるのが結局一番確実

はい。後半、3Loー2Loー2Loにしたのは正解でしたね。
しかし、3Loー3Tの線はどうなんでしょうね?

2012/12/31 (月) 01:15:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 夢を見るなら3-3派

神無月様、こんばんは。

3A…まあ、男子のトップスケーターでさえ、ミスが頻発する大技ですしね(´-`).。oO

比較的最近まで、トゥクタミシェワ選手他、数人が3Aを練習していると聞いて来たけど、
結局、今の所、ロシア若手も含めて、3Aを本番で跳ぶ可能性はほぼゼロですね。

だからこそ、唯一人、コンスタントに3Aを跳んで来た真央選手にもう一度、
という根強い期待があるし、本人もそれがモチベーションを維持する柱の一つですし。

佐藤コーチも「舵取り」が大変だろうなあ。。。

男子が4回転を当然のようにバンバン跳ぶ時代になる一方で、女子は3-3が「上限」状態ですから、
誰か一人、3Aを跳ぶ女子が出て来い!と思いたくもなります。
もっと夢を語れば、安藤選手がもう一度4回転を跳ぶ姿を見たいのですが。。。(^。^;)

>来シーズン、ショートプログラムでは3Aを跳ばずに3F-3T 、フリープログラムでは3Aを跳ぶというのは私も良いと思います!

ご賛同、ありがとうございます(´∀`*)

2012/12/31 (月) 01:33:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月さま、こんにちは。

誤解を招く書き方をしてしまって、申し訳ないです。

男子の例を挙げると、羽生選手の3Fはしばしばエッジエラーになってしまいますが、それは上に書いた「質の基準」をクリアーしていなかったのであって、量の基準をクリアーしていない(ジャンプの大きさが足りない)とは誰も思わないでしょう。

浅田選手の3Sは、苦手とはいえ量の基準は十分クリアーしているし、3Tはセカンドジャンプでも跳べることを見せているので十分です。
ただし3Fは、刺さったり両足着氷になったりしているので、量の基準をクリアーできていないことがしばしばあります。


>3Lz・3Fと3Aの関係ですが、新採点方式になってから女子では中野さんと真央選手しか跳んだ例がなく、
一概に何とも言えない所じゃないですか?

ジャンプの認定基準は女子と男子で違わないと思いますし、女子でも3T・3Sで回転不足を取られてしまう選手が、3Lzや3Fをコンスタントに認定されている例を知らないので、3回転半回らなければならない3Aと3Lz・3Fとの難易度の量的な差(変な日本語ですが)を考えると、厳しいのじゃないかと・・・。
それに、3Lzか3Fをコンスタントに加点付きで決められるようになってからでないと、ジャッジの心証も良くないような気がします。

最近ではファンですらあまり口にしないようですが、私はルッツのエラーを修正する、という王道が結局は一番の近道じゃないかと思っているんです。
セカンド3Tを付けるとしたら、修正後のルッツが一番良いように思います。


うーん、トリノ五輪で安藤選手の4S挑戦を驚きの目で見ていた人間としては、その理由がだんだんわかってくると同時に複雑なものがあります。

2012/12/31 (月) 12:15:37 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ドロンパさんへ

>うーん、トリノ五輪で安藤選手の4S挑戦を驚きの目で見ていた人間としては、その理由がだんだんわかってくると同時に複雑なものがあります。<

ここ、良く分かりますよ~。
トリノの前に回転不足の基準が厳しくなって、安藤選手には不利とメディアが伝えていましたが、それでもメディアやファンはどうしても4Sを挑戦して欲しくなる。
当然、その厳しくなった基準をクリヤーして「どや~~」という感じで「ジャッジに認めさせてやれ」という気持ちではいたのですが、3回転と比べると、やっぱり完成度が足らない。
この部分は伊藤さんの成功ジャンプの時には感じなかった。
その辺りからかな~、ブレードの着氷時に動きに特に注目しだしたのは。
それで、ISUのルールの方向性は「質」を重視なんだと感じるようになったのですよね。
それが荒川さんの「金」に象徴されると思ってました。
着氷時の質の点ではプルシェンコも割りとトゥで転倒を防いでいる気がしてたので、バンクーバーでの金は「4回転を飛んだだけでは無理だろうな」と思っていました。

個人的にはそういう点でライサチェックが優勝したのが、ISUのぶれの無さを感じてうれしく思っていました。

2012/12/31 (月) 13:12:24 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ドロンパ様、明けましておめでとうございます。

あ、なるほど。「質」と「量」の基準の違い、意味が分かりました(^^ゞ

言われてみれば、3Sは着氷すれば回転不足には滅多に取られないですね。。

それは、3Lzが着氷すれば滅多に回転不足にならないのと似て、不思議な現象です。

ルッツとフリップ、エッジの違いで何故なんでしょうね?

こう考えると、3Fー3Tより、いっそのこと、3Lzー3T、というのもアリかも(^。^;)

連盟関係者が触れたように、もしも、真央選手のジャンプの「量の問題」が「バネの不足」にあるとすれば、
3Aはもっと難しかろう、というのは理でありましょうぞ。

ルッツのエッジエラー対策については、練習ではかなり「正しく跳べている」との報道がありましたが、
どうも、試合ではなかなか難しいようですね。うううむ。。。。

2013/01/07 (月) 20:28:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR