スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



絶滅寸前の女性言葉をどう思うか





映画「青い山脈」(1949年)


映画のあらすじ:戦後の田舎町を舞台にして、若い人たちの民主主義志向と昔ながらの封建主義との争いを、コミカルに描く。原節子は東京からこの町の女子校に赴任して来た英語の教師役。町の若者や生徒達が彼女を民主主義の女神のように持ち上げて、地元のボスや事無かれ主義の教師と戦う。

いわゆる「学園ドラマ・青春ドラマ」の原型・プロトタイプとでも言うべきストーリーで、登場人物は類型的でリアリティーに乏しく、内容は他愛ないもの。凛々しいお嬢様風の教師役は原節子には役不足と思った。つまり、他の平凡な女優でもこなせる軽目の役柄でしかない。

しかし、戦後、新しい価値観の下で生きてゆく若い人達の新鮮な息吹きと開放感は良く伝わっていると思います。現代の閉塞的な社会情勢の中に生きている私から見れば、それが羨ましい。

未舗装の道路。丸傘に電球の古い街灯。古い型の自転車。原節子の古めかしい髪型と地味な服装。バンカラな学生帽。大らかで幼稚っぽいけど親しみを感じる主題歌。いかにも昭和ですね。セリフに使われる「幸福になれる」とか「観察」とかも、今ではこのような場面で使わない固い表現です。

ところで、上の動画で原節子のセリフの言葉使いに注目。
「率直な良い方だと思っておりますわ」
「ご自分のご用件を真っ直ぐにおっしゃることですわ」

いやゆる「テヨダワことば」です。明治時代の女学生や若い女性の間で流行した言葉で、(驚くべきことに)当初は下品とされたが、やがて中流以上の家庭の女性が使う言葉とされたらしい。

梅はまだ咲かなくッテヨ
アラもう咲いたノヨ
アラもう咲いテヨ
桜の花はまだ咲かないんだワ

「テヨダワことば」は昭和二十年代くらいまでは珍しくなかったらしいですが、この中で今も普通に使われるのは「ノヨ」くらいか。言い回しにより「ワ」が時々使われるくらい。他は意図的に気取って見せて言うくらいか。

女言葉は今では「ヨ」「ネ」「ノ」「ヨネ」が多いと思いますが、今は男性でも使うケースは少なくないようです。

「テヨダワことば」の「上品な?女言葉」が絶滅の危機に瀕していることを憂う人はもはや居ないようですが、憧れる中高年男性はまだいるようです。

日常口語に男女差が無くなるのは良いことだろうか?それとも悪いことだろうか?一概には言えそうもありません。

しかし、専門家の研究によれば、女性に「女らしさ」「女性らしい言葉使い」を強要して来たのは、男性と良妻賢母型の保守的な上流階級の女性の一部だったことは間違いないようです。

そう考えると、言葉使いに男女差が無くなるのは少なくとも悪いことではない…というのが私の意見。

現在は女性がビジネスの最前線で活躍している影響か、「デスマスことば」が普及し、これで言葉使いの男女差が無くなったのだと思います。

「女らしさ」について、江戸時代の寛政の改革で有名な老中の松平定信が綴った、女性への「教訓」があると知った。

「女はすべて文盲なるをよしとす。女の才あるは大いに害をなす。決して学問などはいらぬものにて、かな本よむほどならばそれにて事たるべし。武芸はなおさらさすべからず。女はただ内にくとくど(グズグズの意)して日をくらすもの故、馬鹿なるが女の智なり」

松平定信という男は救いようのない愚か者だったに違いない。プンスカプン(`Δ´)!こんな男はロクな仕事は出来なかったでしょうね。近年、贈収賄で有名な田沼意次の評価が見直され、逆に、名老中と言われた松平定信の評価が下落したのも、無理もないです。

ところで、式亭三馬「浮世風呂」に次のような会話が出てくる。

「うっちゃっておきやァがれ。おちゃっぴいめ」
「いらざるおせわだ。構やァがんな。目腐れめェ」
「なんだ。このガキめェ。また吠えてうしやアがったか。見たくでもねへ。どど、どいつが打ったァ。うぬも又、うぬだは」

江戸一般庶民の女性の会話です。言葉使いに男女差がほとんど無い!イイですねエ、しつけ無用の庶民の言葉。生活の匂いがプンプン漂って来ます(^<^)

参考文献「女のことばの文化史」(学陽書房)


関連記事
スポンサーサイト

2013.01.22 | | コメント(28) | トラックバック(0) | 歴史・文化



コメント

てやんでえ!!

べらぼうめ~~。

おのこはおのこらしゅう、女子は女子らしゅうのどこがわるいんじゃ~~。

おのこに子供は産めん。
この超えられないちがいがあるから、おのことおなごとは、ちがいがあってとうぜんなのじゃ~~。

2013/01/22 (火) 21:03:48 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

威嚇に使えるかも

片割月様、こんばんは。いつも教養あふれる記事を拝読し、我が身の不勉強を嘆いております。子供生まれてから、すっかり本を読まなくなり。。。

「テヨダワことば」とはちと違うかもしれませんが、「~ですわよ」といった(今や上品ぶった)言い回しは、礼儀もへったくれもないような相手を威嚇するのに有効と感じています。

態度の悪いタクシー運転手さん、公衆マナーを知らない子供連れなどに不意に投げつけると、きょとんとして金縛りにあったように動けなくなります。

本当のところはどう思われているか考えると、あまり多用できる技ではありませんが、一種の異次元ワープ効果があるのは確かかと。

ちなみに、私自身は「男女に差なんかない」という教育を骨の髄までされ、それを実践した世代ですが、娘たちには「やっぱり男と女は違うから(同じことをしても違う評価を受けることに注意しなさい)」と言ってしまいます。(*^_^*)

2013/01/22 (火) 23:00:22 | URL | jit2 #BRxSFJLQ [ 編集 ]

 女性と男性で、物理的(生理的)に違いがあるのは、他でも書いたとおりで、なんでも同じようにするのがいいとするのは疑問。

 しかし、なにが「らしい」かは、まあ人の勝手。
 「・・・と思っておりますわ」なんて言葉で女性に御利益があれば、使う人もふえるでしょうが。(オッサンとしては、御利益をもたらしたい気分をそそられなくもないが)

 女と男というカテゴリー分けでの「らしさ」の追求には、きょうび、ちょっと無理があるような。別のカテゴリー分け、たとえば「日本人らしさ」「ビジネスマンらしさ」等々が出てくると思う。

2013/01/22 (火) 23:08:13 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

出ると思っていましたよ、この話題

片割月さま、おはようございます。

>女はすべて文盲なるをよしとす。女の才あるは大いに害をなす。決して学問などはいらぬものにて、かな本よむほどならばそれにて事たるべし。<

ははは、救いようのない愚か者ですね~。
紫式部よりも評価の高い日本人小説家など、存在しないというのに。


ほとんどの女性はウサイン・ボルトと自分の差を「個人差」などとは思っていないでしょうが、100mを走るのに15秒もかかるような男性にとやかく言われると、

ケッ!

と思うのも宜なるかな。

同様に、ほとんどの女性はアインシュタインと自分の差を「個人差」などとは思っていないでしょうが、(以下略)

2013/01/23 (水) 09:07:38 | URL | ドロンパ #- [ 編集 ]

Re: てやんでえ!!

> べらぼうめ~~。
> おのこはおのこらしゅう、女子は女子らしゅうのどこがわるいんじゃ~~。
> おのこに子供は産めん。
> この超えられないちがいがあるから、おのことおなごとは、ちがいがあってとうぜんなのじゃ~~。


気の毒に。
まだ、某ブログでのドタバタ議論による疲労が取れず、脳に一時的にシビレをきたしたのだろう(-^〇^-)

2013/01/23 (水) 23:40:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 威嚇に使えるかも

jit2様、こんばんは。

>「~ですわよ」といった(今や上品ぶった)言い回しは、礼儀もへったくれもないような相手を威嚇するのに有効と感じています。

同感!(^Д^)

なお、ありんす言葉を使いますと、なおのこと、相手を威嚇するのに有効でありんす(-^〇^-)

威嚇とは逆ですが、

京都の若い女性が東京で京都弁を使うと、東京のアホ男は皆、メロメロになり、

どんな横着男も、たちまち、べんり君アッシー君、になるそうです。

>私自身は「男女に差なんかない」という教育を骨の髄までされ、それを実践した世代ですが

我が同志よ!!(^_^)ノ

>男と女は違うから(同じことをしても違う評価を受けることに注意しなさい)

わかります!

バルタン様のように旧態依然とした男女観に固執する男性がまだまだ生息していますから、

世渡り上、女の子には対応力が必要ですよね(^。^)

2013/01/24 (木) 00:13:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

だめだめだよーん

男女間における性別に起因する能力差がある事は医学的に実証されてるよー。

多くの男性の得意とするもの。
多くの女性の得意とするもの。

ただし、男女とも、そういうパターンにはまらない特異例が存在はする。

そこで、過信する人は思う。

「私だけは特別よ」

けれども本当に特別な人はめったにいない。
男女間の性差を否定したがる人ほど、そういう点で組織的な仕組みに対して不満を持っているとはいえる。

それを納得させるためには普通の女性では認められないから、女性でありながら男性化をする傾向が高くなる。

けれども本質は女性だから、男女間の性差がある事の話題になると過剰に反応して「そんな事は無い」と否定に走ることになる傾向が強い。

2013/01/24 (木) 00:29:17 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

MILLAN様、こんばんは。

どこかの「進歩史観?」流の書き方をすれば、

古代からの長きに渡る、男尊女卑の時代の中、あの「三従」という言葉に象徴されるように、

支配階級やそれに属する男性が女性を自分の都合に良いよう「女らしさ」というカテで縛り付け、

女性を抑圧して来たのです。

また、一部の女性はそうした男性に思想同化して、彼等を喜ばせるべく、

進んで「女らしさ」の教育に、セッセと奉仕してきたのでしょう。

しかしながら、「男らしさ」を求める女性もまた多く存在する以上、

どっちもどっちじゃないか?と言われても、返す言葉はござりんせん^^;

2013/01/24 (木) 00:35:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 出ると思っていましたよ、この話題

ドロンパ様、こんばんは。

>紫式部よりも評価の高い日本人小説家など、存在しないというのに。

おお、!ドロンパ様は、いとあてなる女御の趣きの香りぞありける^^

>ほとんどの女性はアインシュタインと自分の差を「個人差」などとは思っていないでしょうが

オホホホ(^O^)!

おっしゃること、良く分かるような気がいたしますワ。

2013/01/24 (木) 00:58:06 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: だめだめだよーんはダメだよ~ん

オッ、真剣になっているな^^

> 男女間における性別に起因する能力差がある事は医学的に実証されてるよー。

誰が「医学上の能力差」を否定しました?


> 男女間の性差を否定したがる人ほど、そういう点で組織的な仕組みに対して不満を持っているとはいえる。

例えば、給与体系や人事考課における差別待遇と医学的能力差とは関係ないのでは?


> それを納得させるためには普通の女性では認められないから、女性でありながら男性化をする傾向が高くなる

しかし、男性でありながら女性化をする傾向も高くなっているとの説もありますが。


> けれども本質は女性だから、男女間の性差がある事の話題になると過剰に反応して「そんな事は無い」と否定に走ることになる傾向が強い。

けれども本質は古くて長き「男尊女卑」的マインドに侵されて来た男性も同じように過剰に反応して、

「男女差がないなんて事は無い」と否定に走る傾向が強い。

2013/01/24 (木) 01:14:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

事実だから仕方が無い

「男女差がないなんて事は無い」

>例えば、給与体系や人事考課における差別待遇と医学的能力差とは関係ないのでは? <

本当にこれを求めるのなら「生理休暇」を廃止すべきだよ。

男女間による性差がある事を認めた上での措置なんだから。

男女平等を言うのなら全てを平等にしないと嘘だよ。
労働基準法上の女性の就業時間に関して、男子と違い規制がかかるのは、家事をする時間を与えるために生まれている。
そういうものも、本来は撤廃しないといけない。
でもそうすると今度は男性も家事をしないといけなくなる。それは困る男性のほうが多いから規制は撤廃されない。
相互利益の下で成立している部分もある。
結婚しても食事を別々に取ったり、炊事洗濯を分担して全家庭が行うようになれば、女性の就業時間規制は必要なくなる。
もっとも性犯罪から守ると言う観点も無きにしも非ずなので、上記の件だけで撤廃できるかは心もとない。


都合の良い所だけ男女平等を主張するのが多すぎるの。

この考えの暴走したのがどこかの団体の考え方。

2013/01/24 (木) 01:29:16 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

片割月さま、はじめまして。

いつも楽しく読ませていただいています。
今回、我が浅ましき所業を思い出し、ついつい書き込みをさせていただきます。
数年前、某バレエを観に行った時に隣席の、なにやら分厚いクラシック音楽のカタログを手にした女性が「まったくもう、なんでこんなくだらないものをこの私が観なくっちゃいけないのかしら。低劣・悪趣味」という空気を大発散して座っていたのですね。やだなー、と思っているうちに開幕になったんですが、オケが最初の音を出した瞬間、ささやき声ではあるものの「下手ー!」と叫んだんですよ。へ?なにこの人、と思っていたら数分後、またもや「下手くそー!」と叫んでいました。
わたくし怒髪天を突きまして・・・きっ、とそちらに向き直り「静かにしていただけませんこと?」と(ささやき)怒鳴ってしまいました(汗・・・「エースをねらえ!」育ちがもろに出てしまったようです)。
その後女性は静かになり、2幕になったら消えうせておりました。す、すりゃ威嚇の効果があったのでせうか(ちなみに私も和歌好きフィギュア好きのバレエ好きです)。
そして横レスで申し訳ありません・・・バルタン様(はじめまして、ブログをいつも拝見しております)、あのう、「おのこ」でよろしいのでございましょうか?
 おのこ:「下男」の意味あり
やはりここは「愛人」「夫」でもある「をとこ」がよろしかろうかと^^
無礼千万な長文を、なにとぞご容赦願わしゅう・・・

2013/01/24 (木) 02:11:41 | URL | みこ #at4FAJyM [ 編集 ]

Re: 事実だから仕方が無い

>本当にこれを求めるのなら「生理休暇」を廃止すべきだよ。
>男女間による性差がある事を認めた上での措置なんだから。

そういう考え方をする男性や経営者がいるために、

女性の中には生理休暇を取らないで、身体に鞭打って働く人が多いという現実があること、ご存知でしょうか?

そして、そこまで頑張っても女性が男性並みに待遇されない例が珍しくないのです。

それと、男女平等と男女同権と二つの概念がありまして、

私は男女平等は当り前と思いますが、男女同権とは必ずしも考えません。

男女の医学上の性差によるもの、すなわち「生理休暇」は女性の権利です。
逆に、腕力を必要とされる作業に関しては、男性がする方が女性がするより遥に効率が高いですから、
そこに「能力給」の差があったとしても、その男性の権利に文句を言う女性はいないでしょう。
それは男女同権とは言えませんが、男女平等とは関係ありません。

各家庭のあり方により、家事や子育てについて、役割が男性か女性かはケースバイケースの問題であって、
男女差別や男女平等問題とは次元が異なります。

事情により、女性が一家の大黒柱となって働くケース(珍しくない)で、
果たして、どこまで男性並みの給与や人事考課があるか…ここに差があれば、立派な男女差別です。

男女平等は法的に認められる基本的概念です。

選挙権・被選挙権について、男女に思考力・判断力の差があるから、平等はおかしい、

などと公言する政治家がいれば、論外です。

2013/01/24 (木) 02:31:06 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 片割月さま、はじめまして。

みこ様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

ギャッボン!!

そんな女性がいたとは驚きです。

>わたくし怒髪天を突きまして

フフ。何だかその時の光景が目に浮かぶようです^^

>「静かにしていただけませんこと?」

ここで「ゆかしき女性的言葉使い」が出たわけですね(^。^)

私ならどうしたかなあ。。。汗

私がコンサートで迷惑した例と言えば、隣の男性が白河夜船となり、
グーグー鼾を始め、それがモーツァルトのアンダンテの音楽が静かに流れる中で見事な効果を発揮。
私がトントンと肩を叩いたら、その男性はハッとして目覚め、苦笑いしたので、私も苦笑いしました。

>す、すりゃ威嚇の効果があったのでせうか

せうか(*´∀`*)

>私も和歌好きフィギュア好きのバレエ好きです

趣味が似ていますね^^


バレエは公演で一度だけ鑑賞したくらいで、あまり良く分かりませんが^^;

お時間があれば、いつでもお気軽にコメントして下さいね(^<^)

2013/01/24 (木) 02:48:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

例えば、給与体系や人事考課における差別待遇と医学的能力差とは関係ないのでは?

>給与体系や人事考課における差別待遇と医学的能力差とは関係ないのでは? <

まず給与体系に関しては技能を元に時間給で計算するのというのが通常の賃金計算の基本です。
時間単価が賃金単価の基礎だから、本来は仕事に従事した時間が、賃金に比例する。
日給月給まではこの考え方。
完全固定給や歩合給の場合は少し事情が異なるので、ここでは論点にはしません。

「生理休暇」と「有給休暇」との発生の思想的背景が異なるので、有給扱いとなるかなら無いかは労使間によっての取り決めになります。

http://www.roukihou.com/roukihou068.htm

有給休暇にしても生理休暇にしても、望ましい形としては人事考課の査定に入れるべきでは無いけれども、給与というのは仕事の実績に応じて決められるものですから、生理休暇や有給休暇で休む日数が多ければ、査定に響いたとしても、そのこと自体は違法となりません。
企業活動にどれだけ従事し貢献したかが査定の大きな柱となる基準だからです。

なお、皆勤手当てを奨励するのは、有給休暇の取得を妨げるので違法とみなす労基職員もおります。

http://blog.livedoor.jp/sronomoto/archives/51284010.html

ここで女性だから男性だからという性の違いだけでの給与差別は違法です。

けれども、男性中心の職場であれば、必然的にそういう男性に優位な能力が中心となるので、男性の給与が高くなります。
このあたりは職業分野によって給与算定の考え方が変わるので、一概に男性が高いとか女性が低いとかもいえないと思います。
基本的には慣習的に決められたり、他の同業他社との兼ね合いで決めていたりするケースも多く、必ずしも会社の経営実情に合わせて決められているとはいえません。

男女同権とは、男女平等に有する権利であり、それは何なのかであって、これは日本国憲法で第三章で定められているものがそれにあたると考えます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E5%A5%B3%E3%81%AE%E8%B3%83%E9%87%91%E5%B7%AE

男女平等という場合、通常は男女同権と同義語になります。

少し堅い話になったかな?
土木管理技術者の試験は、労働基準法他法令問題も重要視されているのです。

医学的能力差に基づいて、適正な職場配置を考えるのが経営者の務め。
経営者の下で働かされる中間管理職の勤めでもありますね~~。

>女性の中には生理休暇を取らないで、身体に鞭打って働く人が多いという現実があること、ご存知でしょうか? <

私のお袋がまさにそうでしたよ。

県議に担ぎ出されそうになって、「出馬するなら離婚する」と親父が反対したので、断ったそうですけどね。
土井さん全盛の頃の社会党でしたけどね。

2013/01/24 (木) 03:58:24 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

女性言葉に関しては

失くすべきだとは思いませんね。

これは、古典文学が選考だった親父の影響もありますけどね。
平安時代の文学、特に源氏物語を中心に、当時の書物にでてくる植物に興味を抱き、植物図鑑まで発行した親父にいわせると、女性言葉(宮中言葉)こそ日本の文学の基礎だと言うのが自論でしたから。
ちなみに宮崎県は、宮中言葉から派生したと思われる方言が数多く残っていることから、平家の落ち武者が宮崎に逃げて生き延びたと思われるそうです。

みこさんあて

そのころは、「おのこ」という意味は下男とか召使の意味もありましたけどね。

「おなご」(女子)に対しての「おのこ」(男の子)の方が慣用的だとは思います。

2013/01/24 (木) 04:09:47 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

お望みは?

 また浅はかな考えでタイプしはじめてます。

 片割月さんは、女らしい、男らしいというカテゴリー分けがキライなのかと思いましたが、そうでもないんですね。 女らしい、男らしいという枠組みの中で、男らしい、のほうに属したい?

 女と男の区別と、社会的役割の区別が単純に一致していた時代ではなくなったので、「~らしい」というのも多様化してくると思うんだけど。
 彼女は、ビジネスパーソンらしいね、といわれることを目指しては?

 男女の格差が不満なら、いったん日本を離れて、たとえば米国とかでチャレンジするのもいいと思いますよ。
 しがらみとの格闘でエネルギーを使っていては、才能がもったいないです。

2013/01/24 (木) 05:55:08 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

松平定信氏 訓

 今、そんなこと言ったら、お話になりませんが、当時の社会では、至極まっとうだったんだと思いますよ。

 なので、愚か者呼ばわりはあたらないと思う次第。 先見の明が無かったというなら、あたってるかも。

2013/01/24 (木) 06:03:31 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

あのさー

なんかここで空気読まない書きこみするけどさー、夫婦円満の秘訣は「相手を自分色に染めること」だと思ってんのよ。俺。

でもさー、今やかみさん染まりすぎちゃってさぁ、なんか失敗すると「う●こ ぴゅー!」とか「おし●こ ぴゅー!」とか平気で言うんだぜ。

たまには女性言葉を言え!ちくしょー!

2013/01/24 (木) 23:52:13 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

わははは

なんか、男性人の投稿は、段々と嫁に対するだんなの不満の捌け口と化してきているような。(笑)

これでは男尊女卑を否定できんな~~。(笑)

2013/01/25 (金) 01:13:10 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

今週は体力勝負ですな

片割月様、こんにちは。今週は、全米選手権に欧州選手権と怒濤の放映攻勢で、録画予約だけで、既に疲れました。。。年には勝てません。

さて、男女差の議論でふと思い出したのですが、以前お話した米国のポッドキャストで、西海岸のおばさん二人が、羽生選手のビールマンスピンを、「男のくせにきもい」と(^^;)。

ステレオタイプというのは、レッテル貼りと同じで、相手を貶めたいときにもよく使われるような。。。

2013/01/25 (金) 12:49:27 | URL | jit2 #BRxSFJLQ [ 編集 ]

Re: 例えば、給与体系や人事考課における差別待遇と医学的能力差とは関係ないのでは?

バルタン様、詳しいコメント、ありがとうございました。

色々とありますね^^;

これはなかなか奥深いテーマなので、また機会を見て取り上げたいと思います(^<^)

2013/01/26 (土) 01:27:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 女性言葉に関しては

>女性言葉(宮中言葉)こそ日本の文学の基礎だと言うのが自論

お父上様には恐縮ですが、女性言葉(宮中言葉)、

つまり、(王朝貴族の)男女の話す言葉に性差があったかどうかは専門家の間で決着がついていないようです。

私が参考文献で挙げた著者は、性差はなかったのではないかとの説を取っています。

2013/01/26 (土) 01:35:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

わはは

だから自論なのよ(笑)

2013/01/26 (土) 01:40:35 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: お望みは?

>いったん日本を離れて、たとえば米国とかでチャレンジするのも

MILLAN様はアメリカでお仕事をされたご経験があるんですか?


私は残念ながら飛行機がダメなので、難しいです。

飛行機に乗れるようになったとしても、アメリカよりはイギリスかニュージーランドのがいいな。

アメリカは好きじゃないので。

2013/01/26 (土) 01:40:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 松平定信氏 訓

もちろん、MILLAN様のおっしゃる通りですよ(^<^)

あれは、私の「エキセントリック?」な言い回しです^^;

半分はホンネですが。

2013/01/26 (土) 01:42:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: あのさー

> なんかここで空気読まない書きこみするけどさー、夫婦円満の秘訣は「相手を自分色に染めること」だと思ってんのよ。俺。
>
> でもさー、今やかみさん染まりすぎちゃってさぁ、なんか失敗すると「う●こ ぴゅー!」とか「おし●こ ぴゅー!」とか平気で言うんだぜ。
>
> たまには女性言葉を言え!ちくしょー!


「そんなことより、亭主はもっと稼げ~~!」って言われたりして(^Д^)

2013/01/26 (土) 02:11:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 今週は体力勝負ですな

jit2様、こんばんは。

>録画予約だけで、既に疲れました

同感!(^。^;)

年には負けていません。年齢は忘れ、いまだに30才くらいのつもりで私はおりますノヨ。

>羽生選手のビールマンスピンを、「男のくせにきもい」

ワロタ(^Д^)

女が「撮り鉄」をやり、電車の運転士をやれば、「女のくせにきもい」

2013/01/26 (土) 03:03:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。