田村岳斗氏の「テクニカルパネル判定批判」をどう思うか?(追記+α)





田村岳斗氏の「華麗なる舞」・March 7, 2013 8:26 PM / フィギュアスケート 12/13シーズン

          「世界ジュニアの女子シングル テクニカルパネル判定について」

世界ジュニアが行われていたイタリアから帰って来ました。この大会の女子シングルについては、日本の選手たちも含めてスケーターたちは素晴らしいパフォーマンスをみせてくれました。しかし、テクニカルパネルの判定に対しては、よくあんな判定ができたものだと、怒りを感じてしまいました。時間をかけてビデオ判定までして、テクニカルパネルは一体何を見ていたのか! という気持ちです。

今大会の女子シングルは、スコアも全体的にロースコアで、お客さんにとっても違和感がある大会だったのではないでしょうか。選手の出来とスコアがあまりにも噛み合わず、ブーイングが起きたのも事実です。2002年のソルトレイクシティ五輪で採点の不正があって以来、現在のジャッジングシステムになったのですが、今回のような判定が繰り返されるようであれば、スケーターはもちろん見ている方たちも納得がいかないような競技になってしまうかもしれません。男子で多くの選手が4回転に挑まなくなってしまった時があったように、女子も3アクセルや3回転+3回転にチャレンジしにくくなってしまうのでは?と危惧したくなるほどでした。テクニカルパネルの判定によって、勝った選手、負けた選手双方にとって後味の悪い盛り上がらない試合だと思いました。今回の世界ジュニアは、あの判定によって、女子シングルの技術の進歩を妨げ、選手のモチベーションを大きく下げるものだったと僕は思います。

回転不足判定、ダウングレード判定には、「全てのはっきりとしない場合には、テクニカルパネルはスケーターの利益になるように務めるべきである。」とありますが、今回の大会ではその理念は感じられませんでした。選手は0.1、0.01スコアを上げるために、いろいろな努力を積み重ねています。ショートプログラムからこうした判定が出ていたので、フリー当日の公式練習で多くの選手たちは着氷後の跡を何度も確認して、ちょっと異常な雰囲気でした。終わってしまった結果については何を言っても始まらないのですが、この結果を受けて、偉大な先輩スケーターがそうだったように、選手はこの悔しさと怒りをエネルギーに変えて新しいスタートを切ってさらに向上していくしかありません。

帰国してすぐに、今回の世界ジュニアで現地に行っていた日本の関係者の方たちに「もう一度映像を見てください。」とお願いしたところ「宮原のフリーの1本目のルッツはしっかりアウトエッジで踏み切れている。「e」がつくのは確かに判定がおかしいと思う」と言ってもらいました。「それ以外の回転不足に関してはグレーゾーンだと思う」とも言っていました。先に書いたルール「全てのはっきりしない...」の観点からすれば「グレーゾーン=はっきりしない」です。少なくともルッツの判定に関しては、見ている方にも不当だと認識してもらいました。今さらISUに抗議はできなくても意見する方向で行動すると約束してもらいました。今回のような判定が繰り返されないよう、強化部や僕たちコーチは大切な自国の選手を守るために気持ちを一つにして、なんらかの対応や行動をとる必要があると僕は思っています。よい演技によい判定、よい結果がでる、フィギュアスケートを愛する人が望む本来フィギュアスケートがあるべき姿になってほしいと思い、あえてここで言わせてもらいました。
(引用終わり)

宮原知子選手のフリー演技→動画はここです。

データとして、2013、2012、2011、の3回の世界ジュニアにおける女子フリースケーティングで、各24人の選手が受けた「<<」「<」「e」の数を列記しました。

もちろん、選手も異なれば審判も異なる大会のプロトコルを単純に比較してアレコレと断じるのはナンセンスと理解していますが、ある程度の目安・参考にはなると思います。

2013年
「<<」…12
「<」…34
「e」…22

2012年
「<<」…2
「<」…11
「e」…12

2011年
「<<」…5
「<」…27
「e」…12

こうして並べますと、今回が厳しい判定傾向にあったと言えるのではないでしょうか。逆に、2012年は甘かったのではないかとの見方も可能ですが。

宮原知子選手はフリーで跳んだ3回転ジャンプ7本のうち、冒頭の3Lzを除く6本に回転不足を取られています。しかも、エッジエラーはご丁寧にも、3Lz2本と3F1本の全てで取られていますので、結論として宮原選手は成功した3回転ジャンプは一つもなかったことになります。

また、ショートプログラムでも3本の3回転ジャンプ全てが回転不足判定(3Lzはエッジエラー)を受けるという凄まじさでした。

私の知る限り、これだけ徹底して3回転ジャンプのほぼ全てに回転不足を取られ、しかも、跳んだ3Lz3本と3F1本全てにエッジエラーを取られた例を他で見たことがありません。

過去に、2011年のイタリア大会で宮原選手はショートで2つ、フリーで5つの回転不足を取られたことがありますが、エッジエラーは一つもありませんでした(ショートでは3Lzが2Lzだったが)。従って、今回の判定は宮原選手には最悪の結果でした。

言葉は悪いですが「テクニカルパネルは宮原選手のジャンプはダメとの引導を渡した」かのように思うほどです。目を覆いたくなるような「<」と「e」の連打。惨い。

これで宮原選手の心が折れてしまわないか、ちょっと心配になるほどです。もちろん、奮起するものと期待していますが。

田村 岳斗さんのコラムはいつも読んでいますが、今回はやや感情的になっていますね。宮原選手の例を見ればその気持ちも分かります。田村氏は「もし俺が宮原選手のコーチだったら」くらいの思い、感情移入もあったのではないかと思いますし、それもまた分かるような気がします。

Jスポの投稿欄を見ても彼の意見に賛同するファンが多いようですが、私はかなり疑問に思いました。

「全てのはっきりとしない場合には、テクニカルパネルはスケーターの利益になるように務めるべきである。」…これはその通りですし、これが事実であれば、今回の判定に疑問を呈する田村氏の主張は正しいと思います。

しかし、田村氏の言う「現地に行っていた日本の関係者の方たち」が誰を指すのか不明です。少なくとも審判ではなさそうです。責任ある立場で判定・ジャッジする人と、そうではない立場の人とでは、判定の信憑性という点でどうなのでしょうか?

しかも、宮原選手の映像だけを見せているとすれば、公平を欠くと思います。(宮原選手のコーチをしている)田村氏から直接意見を求められた「自国の関係者」が宮原選手のジャンプに厳しい判定や意見を述べるでしょうか?少なくとも24人の選手全員の判定についてどうなのかを聞かなければ、データとしての説得力も公平性もありません。

一般論ですが、仮に甘めの判定と辛目の判定とあるならば、私は岡崎真さんを中心とした今回のテクニカルパネルによる辛目の方を支持します。

そのポイントは、果たしてどちらの方がジュニア選手達の今後の成長に利するかどうかです。それは、この大会の勝敗・点数云々よりも大事なことではないかと思うのです。

仮に、甘めの判定によって、今回の宮原選手の受けた「<」や「e」の数が半減したとして、それがフィギュアスケーターとしての彼女の将来にとって、果たして良かったのかどうかは、一概には言えないと思います。

むしろ、シニアになってから厳しい判定を受ける事の方が打撃が大きいし、立て直しも大変だと思いますがどうでしょう。

素人目にも宮原選手のジャンプは非常な低空飛行であり、回転不足と常に隣り合わせと思います。回転不足を取られずとも、現行ルールではGOEの加点が見込めないジャンプです。このままシニアで通用するとは思えません。

なお、田村氏は「2002年のソルトレイクシティ五輪で採点の不正があって以来…」と決めつけてますが、これは真偽不明のまま幕引きになったものです(不正の疑いは強いが)。

最後に、田村氏の「今回のような判定が繰り返されないよう、強化部や僕たちコーチは大切な自国の選手を守るために気持ちを一つにして、なんらかの対応や行動をとる必要があると僕は思っています。」について。

これは、つまり「テクニカルパネルは不公平な判定を、日本人選手に非常に厳しい判定をした。しかるに、ロシア、アメリカ等の選手達にはそれほど厳しくは判定していない。いわゆるミスや誤審とは違う」と解釈するのが自然です。

これはネットで闊歩する陰謀論者が「良く言ってくれた!」と、手を叩いて喜ぶ爆弾コメントです。先日の浅田舞さんの「(ヨナ選手を)審査員が好きなんですかね?」に匹敵するか、それ以上のものだと思います。

まさに「日本の関係者の方たち」による相次ぐ審査批判に、陰謀論者は色めき立ち、勇気を得た思いでしょう。「ISUによる日本叩き、日本潰し」との陰謀論は一部ファンの間でこれまで以上の力を得ることでしょう。

既に、「これは来る世界選手権における浅田選手を中心とする日本人選手潰しの序曲だ」「今度はいよいよロシア上げの陰謀が進む」と見なすファンが騒いでいます。

フィギュア専門誌での丁寧なルール解説でファンにも知られている、テクニカルスペシャリストの岡崎真氏に対しては、さほど強い非難は無く、むしろ、テクニカルコントローラーを担当したドイツのクリック氏に非難の目が集中しているようです。

色々と田村氏のコラムに批判的なことを書きましたが、彼の「なんらかの対応や行動をとる必要がある」との主張は、意味があると思います。

スポーツ界での「誤審」「不正」は珍しいことではありません。そんな中で、「日本はおとなしい。お人好しで抗議も出来ない」との批判はずっと言われて来たことです。

しかし、昨夏のロンドン五輪では、男子体操で内村選手のあん馬に採点の問題があり、コーチが抗議をしたことにより訂正された例がありました。

また、卓球では海外選手によるラケットラバーの不正使用と、それを徹底的に調査しない国際卓球連盟に対する抗議として、水谷隼選手が国際大会への不出場を宣言しました。

フィギュアスケートに関してはあまりこうしたお話は聞きません。フィギュアスケートに限って審判の「誤審」は全く無いとか、「不正」は一切ありません、とは断言出来ないハズです。だからと言って、真偽不明のことを「陰謀だ、不正だ!」と決め付け、特定選手やジャッジを非難するのは論外ですが。

その意味では、田村氏の主張には「日本も『金持ちケンカせず』ではなく、言うべきは声を出して言おう」との変化の潮流を見ますし、私はそれ自体は良いことだと思います。少なくとも悪いことではない。

日本のフィギュア関係者はジャッジも含め、フィギュア専門誌上でも、ブログ上でも、こうした問題について大いに論議をして欲しいですね。ファンの期待や要望に答える意味でも。あるいは、ルールやジャッジへの誤解を少しでも解く為にも。

とにかく、「大人しい、礼儀正しい、文句は言わない」は日本人の美点かもしれませんが、過ぎたるは及ばざるが如し、です。自己主張は大切だよ。


読者からのご指摘により、田村氏は宮原選手のコーチをしていると知りました。これは私の恥ずかしい不明でした。

ただし、これにより、私の意見そのものは変わるものではありません。むしろ、田村氏が「身内として」の思いから強い主張を述べていることで、判定批判には説得力を欠くことになったと思います。

追記。

田村氏は判定の何に対して怒っているのか?
1.誤審・不当…回っているのに「<」とした。正しい踏み切りを「e」とした。
2.厳し過ぎる…グレーゾーンがことごとく選手の不利益な判定になった。
3.不公平だ…宮原選手、又は日本人選手に厳し過ぎる。

田村氏は「不当」という言葉を使用しているので、「1」は確実にあります。
さらに「グレーゾーン」という言葉を何度も使用しているので、「2」もあります。

さすがに「不公平」とは言っていませんが、宮原選手の例のみを挙げていることや、「強化部や僕たちコーチは大切な自国の選手を守るために…」との言葉からは、田村氏の意図とは別に、読み手に「日本人選手に厳し過ぎる不公平判定に田村氏は抗議する」との拡大解釈を生みます。

おそらく限られた量の文章では田村氏の意図は完全には伝わらないでしょう。田村氏も反響の大きさに驚いているのでは?あたかも自分がジャッジ批判の急先鋒であるかのように祭り上げられるとすれば、それは不本意でしょう。 それゆえ、このテーマでの続編を希望するものです。

田村氏は審判を信頼しているからこそ怒っている。審判を不正・八百長呼ばわりするファンの怒りとは根本的に異なる。

出来うることなら、今回のテクニカルスペシャリストを務めた岡崎真氏との対談形式であれば最高です。おそらくお知り合いなのでしょうし。

ISUや日本スケート連盟はこうした対談には慎重・消極的なのでしょうか?嫌がるものなのでしょうか?規制があるのでしょうか?「審判が何か言うと誤解を招く?」…既にイヤってほど誤解を招いていますよ(苦笑)。

それに、こう言っては何ですが、韓国人のISUジャッジはメディアで好き放題言っていますけどね。あれは許されるのでしょうか?

もっとオープンにして欲しいものです。黙して語らぬのを良いことに、何かと一方的に悪役にされる審判にしてみれば「言いたいこと、言い分」がたくさんあるハズです。ファンも審判の説明はずっと切望していることです。

記者・ライターによる「伝聞」「要約」ではダメです。審判の生声でなければ。

元選手、コーチ、テレビ解説者、ファンから一方的に批判されボコボコにされる審判に対し、私は同情的です。もちろん、どんな世界でも、人をジャッジする立場の人は、嫌われるものですが。

だからこそ、審判に「私達の言い分」を自由に語る機会をISUも日本スケート連盟も与えて欲しいものです。田村岳斗様、岡崎氏との対談を!
(私の希望をJスポの田村氏コラムの投稿欄に書きました)

Jスポで女子のSPとFSを見た。解説の神崎氏(テクニカルスペシャリスト)と小林アナが今大会の判定基準が厳し目であると言っていましたね。

厳しいなりに一貫しているので、ある意味、素人目にも「回転不足判定」は分かり易かった。簡単に言うと、ジャンプのランディングが「グリンコ降り」したらほぼ回転不足判定を取られるのだ。

例えば、フリー最終滑走のアメリカ代表シーザリオ選手の場合、私が「3Loと3Sは回転不足だろう」と思ったら、やはり実際の判定もそうでした。ロシア代表のラジオノワ選手は冒頭のコンボのセカンドジャンプのトゥループがグリンコ降り気味だったので、「これは回転不足」と思ったら、やはり取られていました。分かり易い。

つまり、宮原選手だけが厳しく取られたとは思えませんでした。また、テクニカルパネルだけが厳しいとも言えないのではないか。ジャッジも今大会は辛目だったように思えました。

例えば、宮原選手の回転不足ジャンプに関し、2Aー3Tを除いて、ジャッジがGOEでほぼマイナス評価しているのを見ると、やはり、回転不足と見たのではないでしょうか。

ただし、「ジュニアの女子にそこまで厳しくやることはないだろう」という意見はあるでしょうね。有力選手は誰もがパーソナルベストを大きく下回っていたようです。


関連記事
スポンサーサイト

2013.03.08 | | コメント(122) | トラックバック(0) | ルール・採点・技術関連



コメント

筋肉ばかり鍛えていたのでは参謀になれない

もう全面的に賛成です。
付け加えることなし。

>しかも、宮原選手の映像だけを見せているとすれば、公平を欠くと思います。田村氏から直接意見を求められた「自国の関係者」が宮原選手に厳しい判定や意見を述べるでしょうか?少なくとも24人の選手全員の判定についてどうなのかを聞かなければ、データとしての説得力も公平性もありません。<

・自分の意見に賛成してくれそうな人に同意を求める。
・その「同意」をもって自分の主張の「根拠」とする。

これ↓とレベルが変わりません。

小学生 「○○を買ってよ! みんな持ってるよ!!」
その親 「みんなって、誰と誰よ? みんなが死んだらお前も死ぬんかい!」


>これは、つまり「テクニカルパネルは不公平な判定を、日本人選手に非常に厳しい判定をした。しかるに、ロシア、アメリカ等の選手達にはそれほど厳しくは判定していない。いわゆるミスや誤審とは違う」と解釈するのが自然です。<

ほんとに。
「ルールを作成するにあたって、ロビー活動をガンガンやる」
のと
「すでに決定しているルールを曲げて採点してもらう(不正を行う)」
との違いを理解していない。

力(多数決や政治力)でねじ伏せて勝つべき事柄と、
論理(合理性や根拠、証拠)でねじ伏せて勝つべき事柄
の違いを全く解ってないですね。

このガッカリ感は、舞さんの問題発言の時以上のものがあります。


某オペラ評論家が、
「スポーツは擬似戦争」
と書いていましたが、芸術を何に擬していたかをここに書くのは差し控えます。

2013/03/08 (金) 09:18:00 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

お久しぶりです。

昨日の夜に田村さんのコラムを読んでから、ドロンパさん同様、ガッカリ感しかありません。

ところで田村さんて宮原さんのコーチをしてませんでしたっけ?


2013/03/08 (金) 10:23:22 | URL | ごんちゃん♪ #- [ 編集 ]

>田村氏は「もし俺が宮原選手のコーチだったら」くらいの思い、感情移入もあったのではないかと思いますし

田村さんは宮原選手を教えているコーチですよ。
宮原選手の関係者、100%当事者としてのコメントであって、彼のこの文章はそれ以上でもそれ以下でもないのではないでしょうか。
陰謀論者に利用されるのは気の毒だと思います。

2013/03/08 (金) 10:53:27 | URL | yuki #SFo5/nok [ 編集 ]

Re: 筋肉ばかり鍛えていたのでは参謀になれない

ドロンパ様、こんにちは。

珍しく?全面的賛成、ありがとうございます。

>筋肉ばかり鍛えていたのでは参謀になれない

いつものことながら、辛辣でござんすな(^。^;)

田村氏が宮原選手のコーチをしていたとは知らず、恥を晒しましたわ(-_-;)

そして、がっかりもしました。な~んだ、そういうことだったのか、と。

田村氏の身内としての強い思いは理解するにしましても、

これではとても合理性も説得力もありませんよね。。。

コメンテーターとして、今少しの冷静さが欲しかったです。

>芸術を何に擬していたかをここに書くのは差し控えます。

これ、いずれどこかで、ご披露願います^^

2013/03/08 (金) 11:20:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: お久しぶりです。

ごんちゃん♪様、こんにちは。

ああ、やっぱり。ガッカリされましたか。。。

> ところで田村さんて宮原さんのコーチをしてませんでしたっけ?

ご指摘、ありがとうございます。恥(-_-;)

さっそく、訂正を入れました。

で、ますますガッカリしましたわ。。。

2013/03/08 (金) 11:22:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

初めまして

yuki様、初めまして^^

ご指摘ありがとうございます。

お恥ずかしい限りです。さっそく訂正を入れました。

>100%当事者としてのコメントであって、彼のこの文章はそれ以上でもそれ以下でもないのではないでしょうか。

田村氏の「身内」としての心情は理解しますが、

一部のファンの間では「100%当事者としてのコメント」とは受け取られず、

「公平無私な正義のコメント」としてもてはやされるでしょうね。

>陰謀論者に利用されるのは気の毒だと思います。

おっしゃる通り、気の毒だとは思います。

しかし、田村氏にはコメンテーターとして、今少しの冷静さが欲しかったと、残念に思っています。

2013/03/08 (金) 11:33:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

辛目の判定

片割月様

皆さん今日はお休みですか? 午前中から千客万来ですね、 

>一般論ですが、仮に甘めの判定と辛目の判定とあるならば、私は岡部真さんを中心とした今回のテクニカルパネルによる辛目の方を支持します

まったく同感。
 
米国のチェサりオ選手の点数が思ったより伸びなかったのを見てこの大会のジャンプの採点基準が厳しいことがわかりました。宮原選手も確かに怪しげな降り方が多いですね。
ジュニアの時から正しいエッジ使い、グリ降りは減点になることをしっかり教えるべきでジュニアイだからといって甘くする必要はまったくなく、それがISUの方針であれば健全なことだと思います。
しっかり跳んでいる選手もいるわけですから、そのほうがむしろ公平というものです。


2013/03/08 (金) 12:14:31 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 辛目の判定

Kan-kan様、こんにちは。

>皆さん今日はお休みですか? 
はい。私はお休みです。自宅待機といったところ。
仕事柄、3月末~4月中旬までは繁忙期ですが、今は割合とヒマ?でして(^。^;)
収入に響くなあ(T_T)

>午前中から千客万来ですね、 

ガハハ。。大げさなんだから(^Д^)

>ジュニアの時から正しいエッジ使い、グリ降りは減点になることをしっかり教えるべきでジュニアイだからといって甘くする必要はまったくなく

シニアの少なからぬ選手達が「回転不足」や「エッジエラー」で苦労している事実を見れば、
ジュニアのうちにしっかり矯正した方が良いと思います。

>しっかり跳んでいる選手もいるわけですから、そのほうがむしろ公平というものです。

激しく同意。

判定は厳しくても、減点幅は以前よりも小さくなっていますしね。

田村氏は「身内の選手」が関わっていない時に主張すれば、まだ説得力があったのに。

2013/03/08 (金) 12:38:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ソルトレイクシティ五輪

片割月様
こんにちは。
最近は片割月様の記事や皆様の様々な意見を読みながら、拙いコメントをする勇気も無く読み手に専念していました。
懐かしいソルトレイクシティ五輪の話しに、久しぶりにお邪魔させて頂きました。

>なお、田村氏は「2002年のソルトレイクシティ五輪で採点の不正があって以来…」と決めつけてますが、これは真偽不明のまま幕引きになったものです(不正の疑いは強いが)。

ロシアのベレズナヤ&シハルリドゼ組とカナダのサレー&ベルティエ組の事ですね。
私もテレビ観戦していましたが、その時は北米のフィギュア関係者やマスコミの論調をそのまま流していた日本のテレビや新聞の影響で、不正があったように思ってしまいました。
演技はロシアのベレズナヤ&シハルリドゼ組の方が良かったように記憶しています。

2組共に金メダルと言う玉虫色の決着で、表彰台のベレズナヤ&シハルリドゼ組の敗者の様な複雑そうな表情が印象的でした。
あの時、男性のシハルリドゼが1回、ジャンプのステップアウトをしなければ、ロシアの優勝で幕が下りていたでしょうし、6点満点の採点方法が続いていたかもしれません。
難度の高いベレズナヤ&シハルリドゼ組の演技での1回のミスと難度はやや落ちるけどノーミスで滑ったサレー&ベルティエ組の勢いのある演技。
あの不正疑惑で新しい採点方法に移行しましたが、皮肉な事ですがあの試合を今の採点方法で採点するとロシア組の勝利ではないかと思っています。

実際に不正があったのかは分かりませんが、ある意味、ヒステリックな北米の国民やマスメディアの介入があって、不正があったと思いこまされた部分はあると思います。
不正の存在を認めたフランスのジャッジ、ルグーニュは「圧力は存在せず、自分はロシア組の優勝を確信している」と表明しています。
もしかしたら不正の企てはあったかもしれませんが、あの試合においては結果的に不正の介入の余地はなかったのではないかと…そう思っています。

本題からズレたコメントで済みません。

2013/03/08 (金) 12:53:22 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

選手は前をむくしかない

片割月様、こんにちは。

実は、私は世界ジュニアを見てなんだこりゃと思った一人です。宮原選手なんて見た目フリーはノーミスですから、キスクラ見て一緒に泣きそうになってしまいました。宮原選手のフリップは、すごく難しい入り方で転倒してないのに、一人だけ−3付けてるジャッジがいる、なぜだ?などなどもやもやした大会ではありました。
ただ素人の私が思うことと、コーチの田村さんがコラムで書かれることは別のことで、ここに書かなくてもと残念な気持ちになりましたよ。
私は選手サイドはどんな判定になろうとも次は文句なしのジャンプを跳ぼう、その努力をしていこうという姿勢でいて欲しいと思います。
それでないとジャッジに不信感を持ったまま血の滲むような練習と向き合えないと思うからです。
もう少し田村さんには冷静になって欲しいです。

2013/03/08 (金) 13:00:20 | URL | ぱた #- [ 編集 ]

Re:ソルトレイクシティ五輪 

なみ様  片割月様

割り込んですみません。カナダのことなのでここは黙っていられない! 笑 


>実際に不正があったのかは分かりませんが、

あれ~、日本ではそんな見方なんですか?
あの時はロシアのジャッジが持ちかけて、フランスのジャッジと組んで互いの国の選手(フランスはアイスダンスのチームだったと思います))に有利になるように裏取引をしたんです。
運悪く?カナダ組みがノーミスで滑ったためにファンが騒ぎ出し、そのうちに良心の呵責に耐えかねたフランスのジャッジが裏取引のあったことを認めたのですよ。その後フランスのフェデレーションのプレッシャーがあったようで撤回しましたが、このジャッジとフランスのフェデレーションのトップはその後3年間と2006年のオリンピックは
フィギアスケートに出入り禁止の処分を受けています。
このときはオリンピック競技としてこの先続けるかどうか問題になったぐらいです。スポーツの改革を迫られて、特にアイスダンスは昔からロシアの陰謀がささやかれていたので、トレイシーを先頭に、たくさんのアイスダンサーを含め改革に向けて動いたのです。それで、それまでのはっきりとした基準のない見た目の印象に頼ることなく、各くエレメントごとにポイントを設定して、テクニカルパネルで技術を判定するなど、できるだけ公平な判定になるようなシステムに変えたのです。
そのためにトレイシーは一時期、アメリカとカナダのTVの解説をはずされたことがありました。

荒川選手以来、日本はタラソワ先生のロシアは善、トレイシー(浅田選手のルッツのエッジを指摘する、けしからんやつ)&オーサー(キム・ヨナ選手のコーチ)は悪 という図式ですが ロシアって結構悪だったんですよ。

部分的に間違っているかもしれませんが、大筋あたっているはずです。

2013/03/08 (金) 13:40:11 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

KanKan様
コメント有難うございます。

日本はアメリカ寄りの報道で、ロシア=悪、カナダ=善の報道だったと思います。
記憶があやふやですが…。
私も当時はそう思っていましたが、だんだんとカナダ組が本当は金だったのかな?と疑問に思いました。
カナダ組はスピードや勢いがありましたが、ロシア組の方が難易度が高く全体的に質が良かったと思います。
1つの軽いミスをどう捉えるかですが、あのミスが他の要素を無視してメダルの色を変えるほどのものだったのか、私には判断できません。
だから不正があったのか分かりませんがと書きました。
また、不正の企てはあったのかもしれませんと書きました。

でも、実際は不正があったかどうかは藪の中ではないでしょうか?
だから2組に金メダルと言う前代未聞の解決で事を収めたのでは…。
不正にかかわったとされたフランスのジャッジは五輪会場で相当感情的に糾弾されたようですし、1度は不正を認めましたがあとで撤回してたと思います。

2013/03/08 (金) 15:05:05 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re:ソールとレイク シティー五輪

なみ様

確かにどちらが勝ってもおかしくないほどの大接戦でしたがマスコミだけでなく、カナダの解説者は当然としてもスコット・ハミルトンなども ”This is wrong!" とコメントしたほどです。
得点も5.9と5.8の攻防で大接戦だっただけに、不正をしたジャッジは、周りからいくら詰問されようとも不正さえしていなければ、たじろぐ必要はなかったと思いますが、、。
不正は彼女の判断ではなく、フランスのフェデレーションからの指示でしたことですから、それを認めてはフランスのフェデレーションの立場がありませんのでその後、書面にサインをさせられて?撤回しましたが、結局はフランスフェデレーションのトップとそのジャッジは処分を受けたわけです。
何もしていないのに不名誉な扱いを受けたのなら当然訴訟をして身の潔白を主張するはずです。 

2013/03/08 (金) 15:37:08 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

KanKan様

KanKan様の言われる通りかもしれませんが、不正な企てがあった事と不正が実際にあった事は違います。

彼女が実際にどう判断してロシア組を1位にしたのか…田村明子さんの著書「氷上の光と影」の中でこの不正事件を取り上げていますが、「彼女は情緒不安定なところがあり、レフリーミーティングでも、感情的になって涙を見せたりすることがたまにある」と日本人ジャッジの言葉を紹介していました。
精神的に弱い女性であり、強い圧力に耐え切れないタイプだと思います。
その圧力がフランス連盟からかもしれないし、北米関係者やマスコミからかもしれないし、あるいは両方からかもしれませんね。

2013/03/08 (金) 16:13:37 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

そんなにガッカリですか?

片割月さまこんにちは。
記事やコメント欄を見ていて疑問に思ったので、質問させてくださいませ。

こちらのブログの方々は何故こんなにも「陰謀論者に発言が利用される」ことを危惧していらっしゃるのでしょうか?
私は日本のネット上で不正疑惑や差別的な中傷を撒き散らしている人たちが、現実世界に何か影響を及ぼせるとは思えません。
また、関係者がどう説明したところで、たぶん彼らには話は通じません。自分の主張と違う意見は全て工作ということにしてしまいます。これはスケートに限らずどのジャンルでも反応は同じです。だから、ああいう人たちがどう騒ごうと、どうでもいいです。
(採点がよくわからない人に向けて、もっと公式の解りやすい説明があればいいとは思いますけど、それはまた別の問題でしょう)
少なくとも、スケート関係者が陰謀論者の動向に配慮してあげる必要は全然無いと思うのですが…

新参者なので、ズレた意見でしたらごめんなさい。
ここの常連さまは冷静で大人な雰囲気なので、なぜそんなちゃんとした方々が陰謀なんぞを気にするのか、とても不思議に感じました。何か理由やいきさつがあれば、教えてくださるとありがたいです。


話を記事に戻しますと、私は今回の田村さんのコメントは、宮原選手のコーチとしてこの程度は言いたくなるだろう、と納得しています。
身内として率直に怒っていて好感を持ちました。

というか、オーサーコーチがヨナ選手のロングエッジ判定に講義したり、ロシアのコーチ陣も自分の生徒の点数に納得がいかないとジャッジ批判のコメントを出したりしているので、基本的にフィギュアスケートのコーチは身内贔屓・自国贔屓な発言をして良いものなんだと思っていました。
判定に疑問があった部分について連盟を通じて確認なり抗議なりをする、というのも真っ当だと思いますし。

それを、陰謀論者が悪用するかもしれないから冷静に、というのは、なんだか本末転倒に感じてしまいます。

2013/03/08 (金) 18:12:05 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

今の所は

何ともいい難い。
土日で放送があるから、その映像を元に判断する予定。
全日本を見てて、いずれは日本のジュニアの女子選手はこうなる事は予想はしていたけどね。
少しばかり、田村氏は贔屓目がありすぎるのじゃないのかな?
というよりも日本スケ連が次世代のランキング上げに、奔走しているような気もする。
ロシア、アメリカ、カナダの同世代の若手のジャンプと良く見比べるべきだとは思うけどね~~。
あの身長で、あのくらいしか高さがでないのであれば、先々不安が残ると思うから、個人的には宮原選手に対する評価は低いのだけどね。


2013/03/08 (金) 19:04:56 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

ソルトレイクの衝撃

なみ様、KanKan様、こんばんは。

お二人のやり取りを拝見し、ソルトレイクの衝撃が今もフィギュアスケートに影を落としているんだなと、
改めて思いました。

それと、マスコミがギャースカギャースカ騒ぎすぎましたね。

ソルトレイクの反省と教訓から生まれた新採点法だけに、

二度とあのようなスキャンダラスな揉め事は起こして欲しくないですね。

今度やったら、たとえウィンタースポーツの華と呼ばれるフィギュアであっても、

視聴率を稼げるフィギュアであっても、五輪からは排除されるでしょう。

2013/03/08 (金) 21:28:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 選手は前をむくしかない

ぱた様、こんばんは。

>それでないとジャッジに不信感を持ったまま血の滲むような練習と向き合えないと思うからです。

はい。ここですよね。

田村氏が宮原選手に向け、今回の判定について、コラムのようなことを語ったとすれば、

彼女はどう思うでしょうね?

先生は私を庇ってくれた、と喜ぶでしょうか?

それとも、じゃあ、私はどうすればいいの?と困惑するでしょうか?

田村氏にすれば、自分の指導が技術審判によって「否定された」くらいの衝撃があったのかもしれません。

仮にそうだとすれば、それはパーソナルな感情ですよね。。。

2013/03/08 (金) 21:35:17 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: そんなにガッカリですか?

うめきゅー様、こんばんは。

>私は日本のネット上で不正疑惑や差別的な中傷を撒き散らしている人たちが、現実世界に何か影響を及ぼせるとは思えません。

う~ん、そうでしょうか?

現実に、彼等が連盟に働きかけたり、

ヨナ選手の演技を賞賛した某政治家や元アナウンサーのブログを炎上させたり等、

現実世界に影響を及ぼしていますよ。

また、人が楽しくフィギュアを語っている所に、選手を誹謗するコメントを入れるのも、

相手を工作員だの在日だのと、差別的コメントをするのも、だいたい、彼等の仕業でしょう。

それでなくてもネットのフリーな言論空間に制約・規制を儲けようとしている政治の存在があります。

中傷・誹謗、そして、ガセネタやデマをあたかも真実であるかのようにまき散らす事態がエスカレートすれば、

まさに、飛んで火に入る夏の虫、政治による法規制の生贄になりかねません。

そうなれば、私達は今のように自由なネットでの楽しみ方が出来なくなるかもしれません。

従って、私はそうした「陰謀論者」に対する憤慨を隠しません。ただ、それだけのことです。

>身内として率直に怒っていて好感を持ちました

ここは人それぞれ感想はあるでしょうし、私はそれを否定しません。

ただ、私は好感は覚えず、残念に思うだけですが。

仮りにもフィギュアスケートの専門家がコラムという公的な場が与えられているにもかかわらず、

自身のパーソナルな感情から技術審判を悪者扱いする主張にガッカリします。

田村氏が自分とは直接関わりの無い選手の判定で、あそこまで怒りを露にするなら、

まだ、それなりに説得力があったと思います。

オーサーコーチのあの言動や、特に、ロシアのコーチ達によるジャッジ批判などは、

ああいうのもあってよいと思います。読む分には面白いですね。

しかし、極めて政治的な匂いがしていますので、あまり言葉通りには受け止めていません。

そこには人間味はあっても、発言自体にはフィギュアの発展の為とは必ずしも断定出来ず、

利己的な空気を強烈に感じます。

2013/03/08 (金) 22:01:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

なんともいやはや

なかなか深いテーマですねぇ。

今回の田村さんの発言は、どうも今までネットを徘徊した経験から言うと、プラスにはならないように思います。
フィギュアはマイナースポーツで、どうしてもネットからの情報収集が主になります。

そして、うめきゅーさん(ごぶさたっす。)の言及されている「もっと公式の解りやすい説明があれば」が実現する見込みはまだまだ先です。
一方でネットでは発言の意図が曲げられて拡散されていく。

陰謀論者は思考力に問題があって、それは周りの家族で何とかしてくれ、という話です。

しかし、陰謀論者の発言がバカバカしい内容かどうかを判断するために必要なのはルールの理解ですが、そのルールという「判断基準」が周知されていないのです。
従って、陰謀論者の言説は一概に「どうでもいい」とは言えないと私は思っています。

そして、その影響を受けるのは「ルールが分からないけれども特定の選手を応援している人々」です。
「公式の分かりやすい説明」を担うべき専門家が、今回の田村さんのように「感情を排除した第三者の視点」を欠いた発言をしてしまうようでは「ルールが分からない」人たちはネガティブイメージを抱くでしょう。

それと、今回は「全体的に」厳しかったようですが、一方で「ジュニアには正確な技術をマスターしてほしいので厳しくとる」という側面は無いのでしょうか?
それこそ、そこからどうマネージするかはコーチの力量の問題であり、公式の場でネガティブイメージを拡散させるような発言は正直「いい加減にしてよ」と思います。

・・・・・しかし、元選手は「採点される側」だから客観的視点というのは難しいのかなぁ。
勿論、田村さんのお気持ちは分かりますが、「ファンの裾野を広げるには何が必要か」ということを考えてほしいものです。

2013/03/08 (金) 22:01:58 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: 今の所は

バルタン様、こんばんは。

>少しばかり、田村氏は贔屓目がありすぎるのじゃないのかな?

人間ですから、多少の贔屓目は許されると思います。

特に、自分が指導している選手ともなれば。

しかし、今回の内容は、ちょっと度を超えているように感じました。

田村明子氏が高橋大輔ファン目線になってしまったことを批判したことがありますが、

田村氏もファンへの水先案内人としての立場を忘れてしまったかのような内容です。

それにしても、「ジャンプ」が看板だった日本女子が、今や米露から完全に遅れてしまった感があります。

宮原選手は資質的には素晴らしいものがあると思います。

スピンもステップも表現性も。

ただ、あのジャンプのままではシニアで戦うにはちょっと苦しいかな。

もしかすると、田村氏もそれを知っているからこそ、焦っているのかもしれませんね。

そうした焦りが技術審判への八つ当たり的コメントになったのかも。

2013/03/08 (金) 22:09:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

気持ちはわかりますが

片割月様

確かに田村さんの気持ちもわかりますけどね。人間ですから。
宮原さんだけでなく、ロシアの三人もフリップにeがついていましたし、PCSも低かったですし、厳しく判定しようとする意志は感じました。岡崎さんの愛か?

しかしなにもJスポのコラムで言わなくても。隠れて腹を立てればいいのに。
宮原選手のプラスにはならないと思います。
点数が出ないことをジャッジのせいにしていたら、アスリートとしての成長はないですから。
へこまないで、ぜひ見返して欲しいと思います。

2013/03/08 (金) 22:41:34 | URL | ぱた #- [ 編集 ]

Re: なんともいやはや

きれじろう様、こんばんは。

そうですね!

陰謀論者による「知ったかぶりルール解説&解釈」や「俺こそがマトモなジャッジ&俺の採点」は、

フィギュアスケート観戦には百害あって一利無し、でしょうね。

これを信じてしまうファンが多いことも問題です。

>今回は「全体的に」厳しかったようですが、一方で「ジュニアには正確な技術をマスターしてほしいので厳しくとる」という側面は無いのでしょうか?

確か、元スケーターさんも力説していらしたと記憶していますが、

まさに、厳しく思える判定・採点であっても、それは決してイジメやエコヒイキでやっているのではなく、

「そのような着氷をしていると危険ですよ」「まだ正しいルッツになっていません。頑張れ」といった、

指導的側面があると。私もそう思います。ましてや、ジュニアであればなおのこと。

田村氏には、コラムに「続編」をお願いしたいです(#^.^#)

賛否両論あれど、あれだけ大きな反響を呼びましたからね。

フィギュアスケートでは選手やコーチが必ずしもルールに精通しているとは限らないとか。

だから、しばしば自国のジャッジやテクニカルスペシャリストの助言を得ているようですね。

以前の記事で触れましたが、トップスケーターである浅田真央選手ですら、そうだったみたいですし。

>うめきゅーさんの言及されている「もっと公式の解りやすい説明があれば

これはファンのほとんど全ての人の切望するところですね。。。。

2013/03/08 (金) 22:51:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 気持ちはわかりますが

ぱた様。

田村氏は「全体的に判定が厳し過ぎる」と怒っているよりも、

「宮原選手への判定が不公平だ」と怒っているように読み取れちゃいますね。。。

被害意識が出ているような。。

自分の応援している選手への厳しい判定に対し、ファンが抱く感情と似ているような気もしちゃいます^^;

2013/03/08 (金) 23:13:49 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

クラッシャーハマコー

片割月様へ

最近仕事が忙しくて、ジュニア選手の演技を見るのは諦めました。シニアの世界選手権も録画鑑賞になる予定。ライブストリーミングは無理だー。

>それにしても、「ジャンプ」が看板だった日本女子が、今や米露から完全に遅れてしまった感があります。

今回の宮原選手の演技は見られていませんが、来るべき時がきてしまったという感じ。
庄司選手も昨シーズンくらいから回転不足を厳しくとられるようになりましたしね……。

追伸。動画でフリーの演技見ました。
動画はコマ送りできないので、よく分かりませんが、体型変化に差しかかったら、ジャンプが壊滅してしまうかも……。
2011年の全日本選手権で彼女の演技を現地で見ましたが、「ちんまりしたジャンプだな」という印象でした。

宮原選手のコーチ、濱田さんについて。ネットの一部では「クラッシャーハマコー」の異名で有名。ジュニア選手がことごとく駄目になるとか何とか……。さて、宮原選手はどうなるか?

そんなこんなで。
今回の田村さんの発言を読んで思ったこと。
ヤマト、気持ちは分かるよ。でもね。文句を言う暇があるなら宮原選手のジャンプを改造しなさい。改造するなら今のうちよ。

で、さらに一言。
「なんだかんだ言っても女子はやっぱり愛知よね」(※東日本選手のファンの方ごめんなさい)

日本女子を救うのは、やはり愛知っ子とか愛知拠点の選手のような気がします。

2013/03/08 (金) 23:24:21 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

うめきゅー様


>私は今回の田村さんのコメントは、宮原選手のコーチとしてこの程度は言いたくなるだろう、と納得しています。
身内として率直に怒っていて好感を持ちました。<

文句を言うのは一向に構わないんですよ。
問題は、「不正や陰謀を示唆した」ことです。

2002年のソルトレイクシティ五輪の事件は、
「関 係 者 が 実 際 に 処 罰 さ れ た」 のですから、
「不 正 は あ っ た」 のです。

Kan-kan様がおっしゃる通り、

>何もしていないのに不名誉な扱いを受けたのなら当然訴訟をして身の潔白を主張するはずです。<

「処罰を受け入れた」以上、
「1度は不正を認めたけれど後で撤回した」
のは、実刑判決が確定して服役中の犯人が
「俺は殺ってねえ」
と言うのと同じです。

だから、2002年のソルトレイクシティ五輪を持ち出したということは、すなわち
「不正や陰謀を示唆した」ことになります。


>少なくとも、スケート関係者が陰謀論者の動向に配慮してあげる必要は全然無いと思うのですが…<

他の方々も書いていらっしゃますが、これまでの流れを見る限り、スケート関係者が陰謀論者を野放しにしていると、フィギュアスケートの衰退にますます拍車がかかるであろうことは間違いなさそうです。
それなのに、野放しどころかエサを投げ与えているので、馬鹿じゃないかと思うわけです。

2013/03/08 (金) 23:25:32 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

なみ様


>KanKan様の言われる通りかもしれませんが、不正な企てがあった事と不正が実際にあった事は違います。<

おっしゃる通りなんですが、「不正な企て」は「不正」です。

「ロシアとフランスが不正を企てた」ことと「採点の結果が不正だったかどうか」はきっちり分けて考えなくてはなりませんが、
「結果的に不正の介入の余地はなかった」
からと言って、「不正な企て=不正」の罪がなくなるわけではないんですよ。
だからこそ、関係者は現実に処罰され、処罰を受け入れた以上「不正はあった」のです。

「どちらのペアが優勝すべきだったか」というのは、「不正の有無」とは別の問題ですし、
「不正があった」ということに関しては、Kan-kan様のおっしゃるとおり、

す で に 「不 正 は あ っ た」 と 決 着 が つ い て い ま す。


ちなみに私は、当時の採点でもロシアのペアが優勝で問題なかったと思います。

2013/03/08 (金) 23:28:41 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

不正の企てと不正

ドロンパ様
こんばんは。

コメント有難うございます。

私も不正の企ては不正と同じだと分かっています。
処罰されたのだから、不正の計画自体はあったと考えるのが適切ですね。

ただ、不正の企ては言語道断ですが、選手達は難度を落としてミスなく滑れば金メダルとは思っていないから、出来るだけの高難度の演技に挑戦してミスをしてしまったと思うので、偽りの金メダリストの様な扱いをされた事が気の毒に思いました。

今回、改めて二組の演技を見直しましたが、ベレズナヤ&シハルリドゼ組の方がより素晴らしかったです。
不正の企てとは別に、事態収拾の為にサレー&ベルティエ組に追加で金メダルを与えたことが正しかったのか正直分かりません。

2013/03/09 (土) 00:19:32 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re:不正の企てと不正

ソールトレイク五輪のスキャンダルの見方は
日本と北米では随分温度差があることが解りました。これはひとつにはペアやアイスダンスが盛んな北米やヨーロッパと、そうでない日本という状況も関連があると思います。アイスダンスは昔から疑惑の判定の種目で、皮肉った見方をすればそれがひとつの「売り物」のスキャンダラスな種目でした。
ですから陰謀の証拠が挙がったとき、ここぞとばかりに大騒ぎになったのだと思います。多くのアイスダンサーが改革に積極的に参加したのもそういう長い苦渋の歴史があったからだと思います。 

2013/03/09 (土) 00:40:21 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

2つ目の金メダルは不要だし邪道だと思います


>不正の企てとは別に、事態収拾の為にサレー&ベルティエ組に追加で金メダルを与えたことが正しかったのか正直分かりません。<

これに関しては、私は論外だったと思いますよ。
世界中に馬鹿を晒した事件だったと言えるでしょう。

「ジャッジが不正をはたらいた」
ことと
「採点が不正だった」
ことは全然別なのですから。

2013/03/09 (土) 00:44:18 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

>片割月さま

お返事ありがとうございます。

陰謀論者に関して、

連盟にルール改正を希望する署名活動は、ルールを理解していない時点で専門家には全く通用しないと私は考えています。
実は私も、バンクーバー直後にFPUを覗いたことがあるのですが、証拠も無いまま不正だ買収だと、話が通じないのでアホらしくなってすぐ帰りました。
あれが連盟に影響を与えることは無いでしょう。

また、ブログを炎上させたり中傷コメントなどは、匿名のネット上だけで暴れているもので、現実とは違うと思っていました。
ネットにはネットでしか自己主張できない変な人がいるから、まともに取り合っても疲れるから無視しとこう的な…これは私が麻痺しているのかも;
片割月さんのほうが、捉え方が真っ直ぐですね。


田村さんのコラムについては、コーチは競技においては完全に当事者ですからね…自分とこの選手第一だったり、利己的でも仕方ない、と私は思ってしまいます。
特に今回は判定に泣かされた直後で悔しかったでしょうし。

ただ、今回の田村さんの記事が、公平さを欠くものだったのは確かなので、ガッカリする方がいるのも当然ですね;
そこは私もわかります。

2013/03/09 (土) 01:06:51 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

クラッシャーハマコーなので…

なんだか盛況ですね。

田村さん、投下してくれましたね(笑。

今回の田村さんの気持ちはわかります。自分がかかわってきた選手ですから。ただね、やっぱり贔屓目が入ってるかな~?(仕方ないけど)

私も佳菜子嬢以降のジュニア選手が今一つ育ってきていない(男子もだけど)ので宮原さんに期待したい気持ちはあります。

でもね。贔屓目で見てもやっぱりジャンプ、低いですよね。
国内大会だと甘くみてくれても、国際試合だと容赦がない。グランプリファイナルも5位でした。
身長も低いし細いから筋力もあまりなくて、高いジャンプが跳べないのかもしれませんが。

あと、クラッシャーハマコーのところの選手っていうのも気になります。TVで「何時間練習しても疲れた顔しない」「怪我をしにくい身体」ってハマコーが話しているのを聞いて「いいかげん、止めろよっ怪我のもとだよ」って言いたくなりました。
本当ならもっとハマコーに関してはいっぱい言いたいことがありますが、宮原選手とは関係がないのでやめておきます(汗。

2013/03/09 (土) 01:23:33 | URL | エキセントリックBBA #88quNIEs [ 編集 ]

きれじろう様

覚えていてくださって嬉しいです(^-^)

ルールがわからないファンが陰謀論者の影響を受けてしまう、との指摘にハッとしました。
それは確かに困りますね。

しかし、コメントを色々と拝見して、今回の田村さんの記事に問題があるのは解りましたが、私はやはり、現役選手のコーチが公平な視点で採点を語るのは心情的に難しい気がいたします。
ルールの周知は連盟や審判資格のある方に、もう少し頑張ってほしいです。

2013/03/09 (土) 01:52:47 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

ドロンパ様

レスありがとうございます。

>文句を言うのは一向に構わないんですよ。
問題は、「不正や陰謀を示唆した」ことです。


うーん、私はソルトレークの名前を出したことが不正の示唆にあたる、というふうには読んでいませんでした。
単に新採点導入への説明かと。
その後の、納得できない競技になってしまう云々には文脈がつながっていないように思います。
見た目と点数が違いすぎるという、「新採点ならではの」厳しい採点への不満を表すために導入経緯をちょろっと出しただけで、不正を想起させるとは思いませんでした。

ソルトレーク五輪はおっしゃる通り、不正がありましたね。
しかし、その名前を出すこと自体が不正の示唆に繋がる、というのは、私にはよくわかりません。

もちろん、ファンの間でそういう共通認識があるなら、まずいことを言ったと思いますが。


陰謀論者は私が思っているより有害だったようですね。
見るだけでも気分が悪いので、あまり考えていませんでしたが、今回は勉強になりました。

2013/03/09 (土) 02:59:10 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

順位点

そういえばソールトレイクの頃は各ジャッジのつける順位点で最終順位が決まったんでしたね。
そのために女子には大どんでん返しがあった。

あの方式だと裏取引もやりやすい?
特にペアの二組は得点がほとんど5.9、5.8 で接近していましたから、単純に言うと、1位にしたいほうを5.9、もう一方を5.8にしても不正といわれる筋合いはない。芸術点はジャッジの主観だし。おまえんところのあの選手を押すから、うちのこの選手をよろしくね 、ってことがありえたでしょうね。
 
そう考えると今のほうが公平ですね。。 

2013/03/09 (土) 05:00:35 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

スケーターズ・フェイバー

2009年のテクニカルハンドブックの
In all doubtful cases the Technical Panel should act to the benefit of the skater
とあります。
田村氏の根拠はこの文章なのですが、私自身は果たしてこの考えが正しいのか?という疑問があります。

競技である以上、順位をつける事が要求されます。
この時に、何でもかんでも、「疑わしきは選手の利益に」とするとそれを逆手にとって利用する事が生まれる可能性は非常に高くなります。

そうなると公平な採点かという点で疑問が生まれます。

あくまでも情状酌量の部分であって、その部分の扱いを大きくする事は、正確に演じる技術を持つ選手からすると、逆に「あのレベルで、私と同じ点数だと言うのは納得が行かないわ」という反感を買うことにつながります。

今回の、田村氏の憤りが、エッジ判定に対してなのであれば、もっと具体的に検証を行ってから批判をすべきでしょう。

回転不足判定に関しても同じですが、世界ジュニアで優勝したり上位に来る選手が必ずしも順調な成長を遂げるとは限りません。

どの国の選手の指導陣も「今回は良い評価をもらえた」とか「今回は良い評価をもらえなかった」とか言う気持ちは必ず生まれます。

フレンズプラスを見る限りではその点では、田村氏は、まだ指導者としての考えというよりは、選手側に近い感覚に思えます。

丁度、二宮氏との対談で荒川さんが、選手時代の採点への不満を「ボタンをすだけなら猫でもできる」と言う言葉で現したのと同じだと思います。

ただ違うのは、選手を指導している立場としては、今回の発言はあまりにも思慮に欠けるといえます。

田村氏の考える判定基準をもう少し具体的に説明が無いと、その真意が理解は出来ません。

どの部分までの動作でエッジエラーを見るべきか見て欲しいのか?

それぞれの指導者で、その基準がばらばらだと思われます。

田村氏には今回の事を契機に、そういう部分の曖昧さを無くすための資料を作って欲しいと思います。

指導者の方が、自らそういう具体的な判断基準として欲しいと考えている部分を、第三者にも目で見てわかる形にしていくことしか、運用部分の曖昧さを無くす事は出来ません。

スケーターズ・フェイバーは、救済措置でしかなく、選手や指導者がそこにすがる事は順位を競うスポーツではなくなると言う可能性が高いといえます。

グレーゾーンの存在はなるべく小さくすることがルール運用の適正化につながることであり、目先の勝利にこだわりすぎて、グレーゾーンの適用を拡大する事は、競技自体としての健全性を損なうことにつながります。

その部分で、今回の田村氏の発言は、問題が根深いことを示すものだといえます。

フィギュアスケートの世界で、各国の思惑(というよりも技の理想の形に対する価値観の違い、判断基準の違い)がいまだに、大きな誤差がある事を示すものだといえます。

体操の田中理恵選手が鶴見選手の後塵を拝してきながらも、20を過ぎてからその才能を開花させたように、早熟なるがゆえに、ややもすれば指導者は欠点に目をつぶりがちになることがある事を田村氏にはもっと理解をして欲しいと思います。

田村氏には、星一轍になってもらわないと困るのですけどね~~。

2013/03/09 (土) 09:32:32 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

「大切な自国の選手を守るために」を読み落としていますよ。


うめきゅー様

>強化部や僕たちコーチは大切な自国の選手を守るために気持ちを一つにして、なんらかの対応や行動をとる必要があると僕は思っています。<

ここでわざわざ「大切な自国の選手を守るために」と書いてあるでしょう?

不正を示唆していないのであれば、
「大 切 な 自 国 の 選 手 を 守 る」
が唐突に出てくるのは、それこそ文脈がつながりませんよ。

「見た目と点数が違いすぎるという、「新採点ならではの」厳しい採点への不満」
ということだけであれば、不当に厳しい採点を受けたのは
「自国の大切な選手」
だけではなく、他の国籍の選手たちも同じなのですから、この書き方は変です。

「ほかの国籍の選手は、こんなに厳しく採点されなかった」
と思っているからこそ、こういう書き方になるんでしょう。

つまり、要は自分の教え子が厳しい評価を受けたことに対する、客観性・普遍性を欠いた保護者的不満にすぎないものを、あたかも客観的・普遍的な見解であるかのように書いているから、論理が破綻してボロが出るんですよ。

2013/03/09 (土) 10:22:43 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

第2の伊藤みどりが現れたらどうするの? 田村さん。


それに、これは本題とは離れますが、田村さんは、もしも日本に第2の伊藤みどりが現れたとしても同じことを言うのでしょうか?
伊藤みどりさんは回転不足やエッジエラーとは無縁でしたし、苦手なジャンプもありませんでしたから、ジャンプの採点が厳しければ厳しいほど一人勝ちになることでしょう。

もしも宮原選手の下に、13歳の伊藤みどりさんが控えていたとしたら、

「強化部や僕たちコーチは大切な自国の選手を守るために気持ちを一つにして」

などと言われたら
ケッ!
と思いませんか?

田村さんの意見はそれくらい、客観性にも普遍性にも欠けています。(きっぱり)

2013/03/09 (土) 10:51:57 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ホッとしました

はじめまして
田村さんのブログを拝見してあちゃーと気落ちして、
想像はできましたが怒濤のコメントを見て予測通りとはいえ何とも言えない気持ちになりましたが(私もコメントしましたが完全に埋もれてしまった...)
ここのブログを見てコメントを見て自分と同じ気持ちの人々もまだこんなにいるのにホッとしました。ありがとうございます。
(とはいえ私はまたもう少し違う意見というかわからない部分もありますが、それでも大半は同意します)

あんな事態を田村先生が想定していなかったとすれば
本当に自分の立場も、それによってさらされる選手の困惑も理解していなさすぎたとガッカリするしかありません。
あのコメントを自分の思った通りの反応と感じてはいないはずだし、彼はこれからも公の場で発言することは多々あるだろうと思われる人なので、これを経て自分の発言の重みをもう少し考えてこれから発言されることを祈っています。

2013/03/09 (土) 11:21:38 | URL | bujino #i4cbuYz2 [ 編集 ]

本郷選手もいるのだけれどね

>田村さんは、もしも日本に第2の伊藤みどりが現れたとしても同じことを言うのでしょうか?

そ れ だ !

あと、今回の田村氏の発言を本郷選手のコーチの長久保さんはどう受け止めているんでしょうね……。
荒川静香・本田武史を輩出した長久保コーチ。ジャンプについての理想は高いはずです。

2013/03/09 (土) 12:11:37 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

Re: クラッシャーハマコー

神無月様、こんにちは。

>最近仕事が忙しくて、ジュニア選手の演技を見るのは諦め…

お仕事が忙しいのは素晴らしいことです。大いに特別手当、残業代?を稼ぎなさいませ(^_^)ノ

>クラッシャーハマコー

ヒドイね。誰がそんなあだ名をつけたんだ!?(^。^;)

ジャンプの改造は大変でしょうね。。。

豪快なジャンプをする佐藤未生選手はどうしたんだろう?怪我でもあったのかな。

>日本女子を救うのは、やはり愛知っ子とか愛知拠点の選手のような気がします。

良き伝統は伝統として…テヤンデェ!そろそろ江戸ッ子が活躍してくれないと!

2013/03/09 (土) 12:40:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

「勝った選手」にとって「後味の悪い試合」??


>テクニカルパネルの判定によって、勝った選手、負けた選手双方にとって後味の悪い盛り上がらない試合だと思いました。<

勝った選手がなぜ、「後味の悪い」思いをする必要があるのでしょう?
採点がどれほど厳しくても、不正がなかったのであれば、少しも後味なんて悪くないはず。
この発言も、不正を示唆しているとしか言いようがないですね。
これは勝った選手たちに対する侮辱です。

実際に不正があったのかどうか、私は知りません。

でも、ジャッジの不正を主張するなら、ソルトレイク五輪のときのように「動かぬ証拠」を押さえてからでないと、説得力はありません。
上のほうにも書きましたが、身内の同意を「根拠」に挙げるなんて小学生レベルです。

メダルを手にした選手たちは、
「今まで怪しいジャンプで高得点をもらってきた選手たちが正しい判定を受けたおかげで、やっとまともな評価を受けることができた」
と思って、物凄くスッキリしているかもしれませんよ?


>女子も3アクセルや3回転+3回転にチャレンジしにくくなってしまうのでは?と危惧したくなるほどでした。<

「きっちり跳べる」選手にとっては、そんなことは全然ないです。(断言)
「きっちり跳べる」選手にとっては、判定は厳しければ厳しいほどありがたいはずですから。(断言)

第2のみどりなら、
「これで思いっきり差をつけることができる!よっしゃー!♪」
と、高難度ジャンプをやる気満々になることでしょう。

2013/03/09 (土) 15:50:10 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

第2のみどり

ドロンパ様
こんにちは。

相変わらずきっぱりとした意見で流石だと思います。
でも、第2のみどりはそうそう現れませんよ。
当時、男子のトップ選手がみどりが女子で良かったと言った位のジャンプの天才です。
長いフィギュアの歴史の中でも女子ではダントツ、これから彼女と同等、あるいは超える選手が現れるかは神のみぞ知ると思っています。

また、きっちり飛べる選手が評価されるべきだと思いますが、高難度のジャンプを挑戦する環境作りも大事ではないでしょうか?
以前はトップ選手が高難度ジャンプや3-3に挑戦するのは当たり前でしたが、リスクが大きくなり過ぎて飛ばなくなってしまったのも事実です。(ルールが変更され3-3を飛ぶ選手が増えましたし、真央選手の様に挑戦自体に燃える選手がいて、3Aも幻のジャンプになっていないのは幸いです。)
安藤選手や真央選手もジャンプの回転不足やエッジエラーを取られ、得意だったジャンプをプログラムから外した事もありました。
真央選手のジャンプ構成がバンクーバーの頃、歪になった一因です。
だからこそジュニアの頃からきちんとしたジャンプを飛ぶよう指導する事は大切ですし、完成度を上げる事は必須です。
ただ、その過程において、ただでさえ難しいジャンプの判定微妙な回転不足、エッジエラーなどを取りまくって減点っていうのもどうなのかなと思います。(これも以前の様にがっちり減点は無くなって、挑戦しやすくなったのは良かったと思います。)
きっちり飛べる事は大事ですが、挑戦する気持ちを後押しする事も大事です。
もちろん、きちんと飛べる選手はその分評価して加点する事で公平であるべきだと思います。

真央選手の苦闘を思うとコーチや関係者はルールを熟知し、ジュニアの頃からきちんと指導すべきだとは思います。
また、田村さんの意見に賛同という事では無く、以前の様に高難度ジャンプをバンバン飛ぶ試合を見たいな~と単純に思ったので…横スレして済みません。

2013/03/09 (土) 19:56:55 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

うめきゅー様、こんばんは。

田村岳斗氏が日頃から、判定や採点に対して批判的コメントをしばしば語っているのであれば、
今回のケースも受け入れやすかったかもしれませんね(^。^;)

もちろん、コーチとて人間ですから、自分の教え子の演技があそこまで厳しく判定されれば、

怒りを覚えるのも無理もないとは思います。

ただ、コーチが声に出して主張し、疑問は疑問として言う、抗議すべきは抗議する、
という考え方は良いと思います。
日本人はこれまで、控え目過ぎて、こういう言動が無さ過ぎましたから。

2013/03/09 (土) 21:59:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: クラッシャーハマコーなので…

エキセントリック様、こんばんは。

田村氏のコラムの投稿欄が凄い勢いで伸びているようです。はい。

>クラッシャーハマコーのところの選手っていうのも気になります

フーム。。

私は「クラッシャーハマコー」について、ほとんど知らないので、参ったわ(^^ゞ

「ハマコー」なら多少は知っていましたが^^;

宮原選手のジャンプ、Jスポで目を皿にして見たけど、

やはり、今のままではちょっとキツイんじゃないでしょうかね。。。

2013/03/09 (土) 22:05:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スケーターズ・フェイバー

バルタン様、こんばんは。

なるほど、つまり、「スケーターズ・フェイバー」にコーチが甘えていては、選手の成長によろしくないと!

キチンとジャンプをしている選手の利益はどうなるんだ!?も分かるような気がします。

なんだか、少年法を巡る論議の骨子と似かよっているような(^。^;)


>体操の田中理恵選手が鶴見選手の後塵を拝してきながらも、20を過ぎてからその才能を開花させた

そう言えば、怪我があったとはいえ、鶴見選手、ここ最近は伸び悩みな印象がありましたね。

以前、何かの記事にあったけど、難度を落として完成度を重視とか、真央流ではなくヨナ流で行くとかあって。

ヨナさんの真似はダメだよ。アレは、ヨナさんにしか出来ないこと(-^〇^-)

>星一轍になってもらわないと困る

ああ、ぶん殴って、卓袱台、ひっくり返すってヤツね。体罰容認論者の好きそうな(ーー゛)

2013/03/09 (土) 22:21:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 第2の伊藤みどりが現れたらどうするの? 田村さん。

ドロンパ様。

田村岳斗さん、かなり動揺していますね。焦っているんじゃないかしら^^;

たぶん、宮原選手のジャンプの指導は彼がメインでしょうから責任も感じているでしょうし。

2013/03/09 (土) 22:29:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ドロンパ様

>「大切な自国の選手を守るために」


これも不正の示唆とは断言できないと思います。

エッジエラー、回転不足について、今回の世界ジュニアでは全員に厳しめの判定でした。

おそらく、テクニカルが「グレーゾーンの中の認定ライン」を、より厳格な位置に引いたものと予想します。
その結果、宮原選手のジャンプは全てアウトになってしまった。もっとしっかり回っている海外の選手は、厳しいラインでも認定を勝ち取ることができた。
この場合、審判は公平に厳しかったわけですから、不正・不公平はありません。

しかし、審判の裁量でそこまで厳しくするのはスケーターズフェイバーに則っておらず不当ではないか?と言うことはできるし、今の日本女子のジャンプだと認定ラインは厳しくない方が助かるので、自国選手の点数を守ることにもなるでしょう。

そのような解釈もできると思います。

私はこのコラムを不正の示唆として読むのは、なんか違うというか、たぶん田村さんにそこまでの意図はないだろうって意識が先に来てしまうんですね。
しかし、ドロンパ様、また片割月様が本記事でおっしゃっているように、不正の示唆とも読める表現なのは分かりました。

これは田村さんのコラム自体が
>保護者的不満にすぎないものを、あたかも客観的・普遍的な見解であるかのように書いているから、論理が破綻してボロが出る<
状態で、まとまりがないので、読み手によって受け取り方が違うんでしょうね。


しかし本当に、高難度ジャンプを正確に跳べる女子が日本から出てきてくれませんかねぇ。
もし宮原選手がそうなってくれれば田村先生の矛盾は解決ですね。言うは易し、ですけど。
コラムはコラムとして、そこはきっちりルール対応を考えてくださるものと期待します。

2013/03/09 (土) 22:33:09 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

そもそもジュニアの試合の位置づけってなんだ?

なみさんの問いかけはすごく興味深いですね。

これは、そもそも何が公平なのか、という問題に繋がります。

私が採点方式に興味も持ち始めた2006年、NBCの放送でトリノ五輪FP前の公式練習の動画を見ました。

その時荒川さんの美しいジャンプと他の選手のジャンプを見て、私は不公平だと思いました。
当時はGOE積極加点前なので、質に著しい違いがあったとしても点数は大して変わらず、「美しいフォームで回転不足もなく正確に跳べる選手に対しては著しく不公平なルール」だったということです。


バンクーバー五輪後、ネットには「不公平だ!」という言説で溢れましたが、私からすると「じゃあ、あなた方にとっての公平って何?」ということになります。
まあ、陰謀論者の言う「不公平」とは、彼らがそもそもルールを理解しないまま不公平だと「思い込んでいる」だけで、全く中身の無い主張なんですが。

高難度ジャンプへの挑戦という「興行としての面白さ」に対してはバンクーバー五輪の教訓を受けて、中間点の導入やSOVの変更等が実施されています。
「公平さ」と「興行としての面白さ」のバランス、これを無視して論じても、あまり意味はないでしょう。

そもそも興行(観客動員、視聴率)という意味では、ジュニアの比重はシニアに対して「著しく」低いと思いますが、そこに「興行としての」高難度ジャンプがそれほど重要なのでしょうか?

また、田村さんが槍玉に挙げたのは、このジュニアの試合であり、「シニアに上がるにあたってより正確にジャンプを跳んでほしい」という意図を無視して、今回の主張のような近視眼的な事を本気で考えているとしたら、これはフィギュアスケートに係る当事者としては相当メンタルに問題があると思います。

先にも書きましたが、結果を今後にどう反映させるかがコーチの仕事であり、今後ジュニアの選手が高難度ジャンプに挑むにせよ、もし我々には見えない課題を放置するとしたら、バンクーバー時の浅田さんと同じ轍を踏む可能性だってあります。

また、少なくともフィギュアに係る当事者であれば、田村さんも時折参加しているアイスショーをビジネスモデルとして成立させるために何が必要かを考えてほしいものです。

本音を書くと、今回の田村さんの発言は論外です。

2013/03/09 (土) 22:33:25 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: ホッとしました

bujino様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

>田村さんのブログを拝見してあちゃーと気落ちして

ああ、そうだったんですか!

bujino様のようなご意見は、あそこでは少数派ですね^^;

「良く言ってくれた!スカっとした。悪のジャッジに勇気ある発言!」とか、祭り上げられて、

田村氏はどんな心境でしょうね。。。(田村氏の主旨とは違うでしょ)

普段の田村氏のコラムやテレビで拝見する雰囲気から見て、

今回の怒りっぷりは、意外でしたね。相当に頭に来たようで。。。

田村氏もコメント欄は見ているでしょうから、改めてコメントをなさって欲しいですね。

2013/03/09 (土) 22:40:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

新しい記事がアップされています。

早速、一番乗りで私の意見とブログの宣伝をしてきました(笑)

2013/03/09 (土) 22:53:50 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

バルタントモゾウさまへ

本題からそれちゃいますが。

バルタントモゾウ様、あそこで個人ブロクの宣伝をするのはどうかと思いますよ。おまけに、そのことを得意げにここで報告とは。
バルタントモゾウさまのブログは、個人的には大変ためになるものと思って以前より拝読させていただいておりましたが(黒猫さん関連のポストには少々閉口してもおりましたが笑)、かといって、世界で活躍するレベルの選手を担当しているコーチに対して「さあ見てくれ」と宣伝するのは、ちょっとね。

2013/03/10 (日) 00:52:11 | URL | S #zchO9ZSM [ 編集 ]

「勝った選手」にとってなぜ「後味の悪い試合」なのかを誰も説明できない


結局、勝った選手に対する侮辱とも言えるこの一文↓の真意を誰も説明していませんね。

>テクニカルパネルの判定によって、勝った選手、負けた選手双方にとって後味の悪い盛り上がらない試合だと思いました。<

勝った選手がこれを読んだら、さぞ不愉快なことでしょう。
「勝った選手」にとってなぜ「後味の悪い試合」なのか、田村さんにぜひ問い質したいものです。

2013/03/10 (日) 01:02:51 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

第2の伊藤みどりは単なる例えです

なみ様

第2の伊藤みどりは単なる例えですよ。

第2の伊藤みどりでなくても、きっちり跳べる選手たちは難しいジャンプにどんどん挑戦していますよ。
田村さんは「宮原選手が」、陰謀論者は「浅田選手が」認定されないことを面白くないだけでしょう。

実際、これだけ厳しい判定でも、今回の世界ジュニアのFS上位8人のスコアを見ると、5人が3-3を認定されています。(うち2人がハーフループを挟んだ難しいコンボ)
今のルールや今回の採点でも、高難度ジャンプに挑戦するには十分ではないでしょうか?

演技の流れが中断してしまうような詰まるジャンプや、ハエの止まりそうな怪しいジャンプは、名前だけ「高難度」でも見ていて全然興奮しません。

2013/03/10 (日) 01:20:02 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

高難度ジャンプ

きたじろう様
こんばんは。

コメント有難うございます。


>高難度ジャンプへの挑戦という「興行としての面白さ」

確かにフィギュアスケートでコンパルソリーが無くなったのは、観て面白くないからです。
でも、高難度ジャンプは興行的に面白いだけでは無く、より難しい技に挑戦するのはスポーツとして当たり前な事では無いかと思います。
興行的面白さを優先するのだったら、エキシビションの方が制約が無く面白いとも言えます。


>そもそも興行(観客動員、視聴率)という意味では、ジュニアの比重はシニアに対して「著しく」低いと思いますが、そこに「興行としての」高難度ジャンプがそれほど重要なのでしょうか?

シニアになってからいきなり高難度ジャンプに挑戦するのは至難の業です。
真央選手のジャンプの見直しは、新しいジャンプを取得するより難しいと言われていましたが、身体が小さく軽いジュニアだから高難度ジャンプの取得も可能だと思います。
鈴木選手の様に20代後半になって3-3を飛べるようになるのは、奇跡に近いのではないでしょうか?
彼女の身体能力の高さと努力の賜物だと思います。


>「シニアに上がるにあたってより正確にジャンプを跳んでほしい」という意図

難度を落として正確なジャンプを跳んだ方が得点に繋がるとしたら、難度を落とすべきなのでしょうか?
でも、低難度ジャンプばかりでは、シニアで通用しない可能性もあります。
高難度のジャンプをより正確に飛ぶが正しい答えでしょうが、そこに至るまで未完成な部分をどう評価するかですね。
より正確なジャンプを飛ぶよう促す為あえて厳しくするか、挑戦の過程としてグレーゾーンは出来るだけ認めるべきか難しい問題です。


公平、不公平については更に難しいですね。
例えばジャンプ、中間点の導入等によって改善されましたが、基礎点の高い高難度ジャンプでもグレーゾーンの回転不足で減点された場合、それよりも難度の低いジャンプをきちんと飛べた方が加点をもらえてはるかに得点が高くなる場合もありました。
高難度ジャンプの難しさを考慮せず不公平だとも言えますしきちんと飛べたジャンプを評価して公平だとも言えます。
毎年ルールが変わるのは、競技としてより良いものにしようとISUも試行錯誤しているのでしょうから現時点のルールや運営が公平だとは言い切れません。
でも、今のルールの中で戦っていくしかないというのも現実です。

田村さんの発言についてはもう少し考えさせてください。

2013/03/10 (日) 01:26:22 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re: バルタントモゾウさまへ

S様。

挨拶も無く、いきなり人のブログでそのような投稿するS様も、ちょっとね。どうかと思いますよ。

バルタン様のブログに直に投稿されるべきでしょう。



2013/03/10 (日) 01:44:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

S #zchO9ZSM へ

少なくとも田村氏は私のような分析をした上での批判ではないでしょう。

あのようなコラムで発言する以上、私のような素人でもやっているような分析もせずに言うこと自体がおかしいと思いますよ。

あれは田村氏あてのものです。
少なくともフィギュアの素人でもこれだけの分析をやっているという事を理解はしてもらわないといけないからです。

単に元高名な選手だったからというだけでジャッジ批判をするのは、失礼でしかないということです。
彼の立場であのような発言をするのは「不正がある」とまでは言わなくても「意図的操作がある」という事を意味します。

田村氏は選手を指導する立場なのですから、少なくとも私くらいの分析をきちんとした上で言うべきです。
他のスポーツなら、きちんと細かく検証した上でしか批判的な発言はしませんよ。

ああいう分析をきちんとしているのか?という問いかけも含んでいます。
エッジのエラーの判定基準にしても回転不足の判定基準にしても定量化はされていません。
ジャッジ批判をするのなら、指導的立場にある人物なら、そういう基準の定量化に向けて当然すべき事をしてから発言すべきだと言うことです。

選手としての実績は、私は採点の能力には関係しないと考えています。
名選手必ずしも名審判ではないということです。それは伊藤みどりさんが安藤さんの4Sを見抜けなかったことに現れています。

2013/03/10 (日) 01:46:25 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

片割月さまへ:大変失礼いたしました

バルタントモゾウ様自身のブログには3月末まで更新できない旨が書かれている反面、
こちらのブログには常に足しげくコメントを残されていたので、
こちらにコメントする方がすぐ伝わるのかと思い、コメントしてしまいました。
片割月さまには、大変失礼いたしました。心よりおわび申し上げます。何とぞ御容赦ください。

2013/03/10 (日) 01:57:19 | URL | S #zchO9ZSM [ 編集 ]

Re: 片割月さまへ:大変失礼いたしました

S様、良く分かりました^^

私のブログでよろしければ、いつでもお越し下さい。


2013/03/10 (日) 02:12:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

高難度ジャンプ

ドロンパ様。

第2の伊藤みどり、第2の安藤美姫、第2の浅田真央、第2の太田由希奈の出現を切望しているのは私かもしれませんね。

>陰謀論者は「浅田選手が」挑戦できないことを面白くないだけでしょう。

浅田選手は挑戦しています。
まだ、完全ではありませんが、バンクーバー時よりも質の良いジャンプも飛べています。
陰謀論者が全て浅田選手のファンだと決めつけるのもどうかと思いますよ。
浅田ファンは絶対数は多いから陰謀論者の数も多くなりますが、ヨナファン、鈴木ファン、今井ファン、村上ファン、高橋ファン、羽生ファン…選手の数だけ陰謀論者もいます。


>演技の流れが中断してしまうような詰まるジャンプや、ハエの止まりそうな怪しいジャンプは、名前だけ「高難度」でも見ていて全然興奮しません。

私も質の悪いジャンプは減点すべきだと思います。
ただ、あと一歩あるいは専門家でも判断に苦しむようなジャンプについてどんどん減点する事が選手の挑戦の妨げにならないか危惧しました。
難度の高くないジャンプならきちんと飛べてる選手が難度の高いジャンプをきちんと飛べるとは限りません。
浅田選手の2Aはきちんと飛べるジャンプです。
でも、以前の3Aでは回転不足を取られ、2Aより低い得点しかもらえない事が多かったです。
安藤選手が4回転を封印したように浅田選手も3Aを封印してもおかしくなかったですが、浅田選手はジャンプの矯正に挑戦し、先日の四大陸ではショートで成功しました。
でも、心が折れてしまう選手もいるかもしれません。
ルール改正で中間点等を導入し、高難度ジャンプへ挑戦し易くしたのは、高難度ジャンプを避ける選手が増えたからだと思います。

ただ、宮原選手の場合は、低空飛行をどうにかすべきだとは思います。

2013/03/10 (日) 02:41:31 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

ジャンプの査定基準

皆さんそれぞれの見解があって興味深いです。

私はいつも北米(主にカナダの)の解説を聞いていますが、カートやトレイシーは、回転不足に関しては「転倒してもいいから回りきること」を常に強調しています。ということは羽生選手もこの指導を受けているはずだし、キム・ヨナ選手、転んでも高得点のキム・ヨナ得点も理解しやすい。
回りきれば転倒のー1はあっても基礎点は獲得できる - これに基づいたルール設定になっていれば、コーチもそれを理解してジャンプの指導に当たるべきではないでしょうか。 実際にこのルールのおかげで男子も果敢に4回転に挑戦するようになり、いまや4回転は当たり前の時代になりました。そう考えれば転倒ー1は高難度ジャンプに挑戦するのにいいインセンティブだと思います。 女子の3Aは女子にとっては大技でも男子と同じ得点ですからもう少し何かインセンティブがないと3Aを跳ぼうとする人は出てこないでしょうね。3A+2Tより3Lz+3Tのほうが成功率が高く高得点が得られるようであれば女子にとって3Aは決してスーパージャンプではない。 
回転不足を厳しくすると難しいジャンプに挑戦しようとしなくなる、という見方をする人が多いようですが致命的なミスに見える転倒も実はー1だという頭の切り替えも必要だと思います。

やはり基本は「正しいエッジ使いできっちり跳ぶ」ことにおかないと、グレイエリア(あいまいな部分)をさらにゆるく、あいまいに解釈しようとすれば必ず公平・不公平の論議を呼び、それが延いては陰謀説の温床になるのではないでしょうか。

ついでに:
田村コーチのBlog の投稿者にも見られる コーチを 〇〇先生と呼ぶ人。 選手はそう呼ぶかもしれませんが、、 オーサー先生? キモイ! (投稿者の中におられたらゴメンナサイ。あれっ?片割月様がそうだったら私は即出入り禁止ですね ) 

2013/03/10 (日) 03:14:52 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

なみさんへ

>難度を落として正確なジャンプを跳んだ方が得点に繋がるとしたら、難度を落とすべきなのでしょうか?

多分、ここがなみさんと私で最も考え方の異なる部分で、コンパルソリーの廃止以降、どういう経緯で今のルールになったかはなみさんもご存じでしょうけれども、新採点方式とはなんぞや、まで突き詰めなければならない話なのでしょう。

2006年のトリノ五輪直後の五十嵐さんのコメント

・新採点は評価されるポイントとミスをすることの怖さを知る必要がある。新採点方式では、完成していないものはプログラムに入れるな、と言っている。だから勝つためにはまず完成させることが必要だ。
・同時にクオリティを上げろ、とも言っている。スケーティングスキルを初めとする全ての技術のクオリティを上げなさいということ。
・日本の選手の場合、ジャンプが跳べたところで完成したと言っている。でもそうじゃない。降りるのは当たり前で、その中で出来の良い悪いがある。


私の考えは、新採点方式のコンセプトからすれば今回のやり方が間違いだとは思わないし、

>でも、低難度ジャンプばかりでは、シニアで通用しない可能性もあります。

ここは、コーチの指導力の問題、ということです。

まあ、今回のなみさんと私の見解の相違はこの新採点方式のコンセプトに係る話で、難しいですね。

2013/03/10 (日) 08:33:16 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

なみ様


>浅田選手は挑戦しています。<

知っていますとも。
にもかかわらず陰謀論者は
「浅田選手は不公平なルールやジャッジのおかげで高難度ジャンプに挑戦できない」
とわめき続けてきたのですよ。
(なみ様のように解釈する人がいるかもしれないと思い、コメントの投稿直後に↑の表現に訂正しましたが、なみ様の投稿とすれ違ってしまったようですね。でも、言いたいことは同じです)


>浅田ファンは絶対数は多いから陰謀論者の数も多くなりますが、ヨナファン、鈴木ファン、今井ファン、村上ファン、高橋ファン、羽生ファン…選手の数だけ陰謀論者もいます。<

私は男子選手を中心に見ているのですが、ブログや動画のコメント欄に陰謀論をまき散らしているのは、不思議なことに「浅田ファン」を名乗る人が異常に多いのです。
それは、「浅田ファンは絶対数は多いから陰謀論者の数も多い」という割合をはるかに超えています。
浅田選手と勝負する可能性のない男子選手のブログや動画のコメント欄まで、なぜ彼らが荒らしていくのか興味があったので、

・どの選手のファンを自称しているか
・陰謀論を信じているかどうか、それを布教しているかどうか

について調べてみたのですが、
「浅田選手のファンを自称している」というのと
「陰謀論を信じている(詳しくない人たちに布教活動をしている)」
の二つには、実に驚くべき強い正の相関関係がありました。
ちなみに、ここで言う「正の相関関係」は文学的な意味ではなく、統計学的な意味です。

なみ様も、お時間の余裕のある時に、ブログランキングの類を上から順に片端から覗いてみて、上記について統計を取ってみると、実に面白い発見があると思いますよ。

2013/03/10 (日) 09:32:43 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

完成度

おはようございます。

きれじろう様
まず、名前を間違えて済みません。
何時もはコピーして間違えない様気を付けているのですが、夜中に書いていてうかりしてしまいました。
大変失礼な事をしてしまいました。申し訳ありません。

>まあ、今回のなみさんと私の見解の相違はこの新採点方式のコンセプトに係る話で、難しいですね。

本当に難しい問題です。
今のルールに照らし合わせたら今回の厳しい判定が問題ないと分かっていますが、回転不足で減点されるより難度を落として確実性を上げる選手が増えたことがけしてISUの目指す方向で無かったのも、中間点等の導入から推測出来ます。
練習で飛べても試合で成功するとは限らないと聞いたことがあります。
その朝まで飛べなかったジャンプが、試合で成功した例もあります。
試合によって認められたり認められなかったりするジャンプは、完成度としては低くないと思います。
結局は試合で飛べて初めて完成すると思うので、グレーゾーンのジャンプを失敗と言い切ってしまうのは厳しいと思いました。
でも、新採点法を充分理解しているかと言われれば心許ないのできれじろう様の見解の方が正しいのかもしれません。

Kan-kan様のコメントにある>「転倒してもいいから回りきること」は1番違和感のあるルールです。
回りきっていても転倒すれば演技は中断するし見栄えも悪いです。
回りきって転倒しないジャンプが質の良いジャンプで転倒しても良いから回りきるって言うのはルールには合っていてもおかしいと思います。
また、「回りきって転倒」も器用な日本人選手にとっては難しいジャンプかもしれないですね。
ルールはルールと言われればそれまでですが…。


皆さんの意見を聞いて、ヨナ選手がオーサーコーチに付いたのは、私が思う以上に成功だったのだと分かりました。
新採点法について、私の場合は一ファンとしてあーだこーだ言っていますが、選手やコーチ、関係者には切実な問題です。
日本スケート連盟は、もっと対策を講じるべきだと、今さらですが思いました。

2013/03/10 (日) 09:53:46 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

なみさんへ

>回りきっていても転倒すれば演技は中断するし見栄えも悪いです。
回りきって転倒しないジャンプが質の良いジャンプで転倒しても良いから回りきるって言うのはルールには合っていてもおかしいと思います。 <

技術とは何かという事を考えてください。
今回の宮原選手の場合、チートテイクオフを取られても仕方が無いくらいの位置で飛び上がっています。
そして着氷も前向きです。
これは、空中での回転数が実質は2回転しかないことを示します。

2回転半回っている選手と2回転しか回っていない選手はいくら着氷が見た目でミスが無い様に見えても、その技術の差は歴然としています。

体操の跳馬でも、着手した手が離れる前に体がひねり出していると減点対象です。

技術の差とは、どれだけ空中で回転したかを示すのです。

それに加えて回転の最後で、きちんと着地の姿勢を確保するゆとりがある事が怪我から身を守ることにも成ります。

余裕のない回転数では、いずれは大きな怪我の元になります。

回転が足りない原因が何かを考え、その対応を行う事が怪我を防ぐことに成ります。
「これくらいいいじゃない」という甘やかす事は、却って大怪我をして選手寿命を縮めることにもなります。
ジャッジの評価にはそういう面の注意喚起の意味も含んでいると私は考えています。

2013/03/10 (日) 10:30:31 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re;完成度

なみ様

>「転倒してもいいから回りきること」は1番違和感のあるルールです。

日本のTV解説ではそんなこといいませんよね。
私もそう思っていました。だからこそ頭の切り替えが必要だと思います。


>日本スケート連盟は、もっと対策を講じるべきだと、

これはバンクーバーオリンピックの時、明らかにその差が出ました。ですから新ルール、採点方にのっとってトレイニングをしプログラムを組んだキム・ヨナサイドは浅田選手の3Aはまったく怖くなかったし絶対の自信を持っていました。米国のTV解説者も同じ見方をしていました。  

2013/03/10 (日) 10:36:53 | URL | Kan- #E0/upmTg [ 編集 ]

陰謀論者

ドロンパ様
おはようございます。

>浅田選手と勝負する可能性のない男子選手のブログや動画のコメント欄まで、なぜ彼らが荒らしていくのか興味があったので、

フィギュアブログを浅田選手のファンブログに限らず覘いていくと、男子は高橋選手、羽生選手を応援しているけど女子は浅田選手あるいは浅田選手を含めた女子選手全員というブログ主さんが多いので、浅田選手のファンも覗いているのかもしれません。
中には熱狂過ぎる方々が…。
普通の浅田ファンは、女子、男子限らず日本人選手全員を応援していますので、浅田ファン=陰謀論者又は他選手攻撃者と思わないで頂ければ幸いです。
ただ、男子を主に見ているドロンパ様なら現在高橋選手ファンと羽生選手ファンとの間のバトルも知っていますよね。
高橋選手ファンの一部熱狂的な方々に陰謀論者が増殖しています。

また、私はヨナ選手のファンブログをたまに覘きますが、浅田選手が優勝した時陰謀論をコメントしているのは、ヨナファン、鈴木ファン、今井ファンを自称する方々です。
今井選手の方が浅田選手よりずっと上なのにスポンサーの力で浅田選手が優勝したとか…今井選手は素晴らしい選手で好きですが、選手としてはまだこれからの選手です。


いろいろなファンブログを覘いて最近気になったのですが、浅田選手のファンに限らず、陰謀論者までなくても採点不信派が多いですね。
関係者さえ熟知していない新採点法、一般のフィギュアファンはもっと違和感を感じています。
ドロンパ様や皆さんは「もっと勉強しろ」の一言でしょうが…。

>なみ様も、お時間の余裕のある時に、ブログランキングの類を上から順に片端から覗いてみて、上記について統計を取ってみると、実に面白い発見があると思いますよ。

統計を取るのは苦手なので出来るかどうか…確約は出来ませんが時間がある時に挑戦してみます。

2013/03/10 (日) 10:39:51 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re:陰謀論者

なみ様 ドロンパ様


>中には熱狂過ぎる方々が…。

なみ様は随分やさしい見方ですね。笑
私はもっと辛らつです。 気絶しないでくださいね。

陰謀説を信じ込んで、なぜ浅田選手はこうもいじめ続けられなければいけないのかとマジに思っているようなファンを私は「浅田教新興宗教の熱心な信者」だと思うことにしました。本当にそうだと信じている(ということが解りました)ので他が何を言おうとまったく受け付けない。Lutzのエッジの間違いは、浅田選手が悪いのではなく、それを"執拗”に指摘し続けたトレイシーが悪い。そのために真央ちゃんはLutzをはずさなければならなくなった! となる。理論もへったくれもない。最初のうちは、面白半分でそんなことを書いていると思っていましたがそうじゃないんですね。そういうファンには何を言っても無駄だとわかりました。 高橋選手のファンにもその傾向があると思います。
 



 

2013/03/10 (日) 10:57:27 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

barutantomozou 様

おはようございます。

試合ごとに認めたり認めなかったたり、一貫性の無い判定はどうかと思いますが、宮原選手のジャンプについてはbarutantomozou様の言われる通りなのでしょう。
ただ、転倒ジャンプについては転倒は転倒だと思うのです。
>回転の最後で、きちんと着地の姿勢を確保するゆとりがある事が怪我から身を守ることにも成ります。
ゆとりをもって降りてこられるのならそうそう転倒しないと思います。

>回転が足りない原因が何かを考え、その対応を行う事が怪我を防ぐことに成ります。
確かにそうですね。
浅田選手はじめ日本人選手は器用で、回転が足りなくても上手く降りてきてしまい転倒しないとも聞いたことがあります。
怪我の心配もですが、回転不足が心配です。

2013/03/10 (日) 10:57:32 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Kan-kan様

おはようございます。

度を越した陰謀論者の存在は知っています。
「浅田教新興宗教の熱心な信者」は言いえて妙ですね。
彼女、あるいは彼の存在が浅田選手嫌いを増やしているようなので、浅田ファンとしては心苦しいし残念です。

浅田選手のファンだけでは無く他選手のファンもそうですが、他選手やファンへの攻撃だけは辞めてもらいたいと思っています。


>新ルール、採点方にのっとってトレイニングをしたキム・ヨナサイドは浅田選手の3Aはまったく怖くなかったし絶対の自信を持っていました。米国のTV解説者も同じ見方をしていました。  

バンクーバー後、困難な矯正や基礎の見直しに着手したのは、回り道しましたがソチの為には正解でしたね。
バンクーバーの翌年、簡単なジャンプも転倒していた浅田選手が痛々しくまた、そんな姿を曝しながら試合に出続けた浅田選手を尊敬し応援したいと思いました。

ただ、回り道はしないに越したことはありません。
日本スケート連盟は早急にルール対策を講じて、コーチや関係者に徹底させるべきです。
その為の署名なら直ぐに署名したいです。

2013/03/10 (日) 11:25:00 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

権限の問題

なみさん

>日本スケート連盟は早急にルール対策を講じて、コーチや関係者に徹底させるべきです。

バンクーバーまでの浅田さん陣営の動きを見ていると、そもそも日本スケ連にどの程度の権限があるか、という問題もあるような気がします。

特に、当時、選手強化の為の収益を浅田さんに多く依存していた状況で、「浅田さん陣営がどこまで日本スケ連の言うことを真面目に聞く気があったのか?」というのも私は気になっていました。
浅田さんのバンクーバー直後のインタビューを読んで愕然としましたが(というか「やっぱりそうか」でしたが)、GOEの傾向を全然理解していなかったのも、その象徴ではないでしょうか。

つまり、例え日本スケ連側に対策を講じる意思があったとしても、選手側に聞く気が無ければ駄目だ、ということです。

それと、あの当時、城田さんの権限が外されて、日本スケ連自体が烏合の衆になったような印象もありました。

それでもバンクーバー直前に、あまりのひどさに鈴木さんのコーチの長久保さんを無理やり駆り出して矯正に当たらせましたけどね。


2013/03/10 (日) 12:15:46 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re:権限の問題

きれじろう様

オリンピック前は「タラソワ先生」がコーチだったはずですが、遠距離コ-チだったんでしょうか。そうですよね、まさか日本にはいなかった。
"陰謀説”のおかげで難を逃れた感がありますがタラソワコーチの指導方針にも責任があったのではないかと私は思っています。日本ではタラソワ先生様様ですが、もちろん偉大なコーチですが 当時は新ルールの時勢に乗り遅れていたのではないかと思います。

2013/03/10 (日) 12:43:17 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

長久保コーチ

長久保コーチの浅田選手へのアドバイスは、長久保コーチ自身が見兼ねて助言したとインタビューに答えていたように思いますが真相は違いますか?
子供の時から知っている選手が苦しんでいるのを見過ごせないと…その件でも鈴木選手のファンの一部から良く思われていませんね。

浅田選手については、陣営が独善的で聞く耳を持たなかったのか分かりませんが、陣営自体の戦略はヨナ陣営に大きく水をあけられていましたね。
誰か頼りになる策士がいれば力は5分5分、才能だけで言えば浅田選手の方が上かもしれないので、バンクーバーのメダルの色は違っていたかもしれません。
でも、良く銀メダルを取れたとも思います。

今は佐藤コーチが付いていますし、浅田選手自身ようやく佐藤コーチの意図を理解し信頼を寄せていますので心配していません。
心配なのは、浅田選手の次代の選手達です。
浅田選手の様な回り道はして欲しくないと思います。

2013/03/10 (日) 12:45:24 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re: ジャンプの査定基準

Kan-kan様、こんにちは。

>カートやトレイシーは、回転不足に関しては「転倒してもいいから回りきること」を常に強調 

私の想像に過ぎませんが、これは「転倒を恐れていたら回転不足から脱却出来ないよ」
くらいの意味合いがあるのではないでしょうか。

特に女子は転倒は怖いでしょう。GPFでのワグナー選手の転倒を見るとゾッとします。

それに、転倒は減点ー1点とGOEでー3がつき、しかもPCSにもマイナス影響を及ぼしますので、
どう考えてもアンダーローテの方がマシだからです。ダウングレードはダメですけどね^^;

4回転は基礎点が非常に高いので転倒でも「歩留まり」があるからチャレンジする甲斐がありますね。

>3A+2Tより3Lz+3Tのほうが成功率が高く高得点が得られる

これは数字上もリスクの点からも、おっしゃる通りです。

ただ、女子における3Aの意義は、ショートプログラムでは圧倒的有利がありますし、

フリーでは2Aを1回で済ませられ、3-3の意義が増しますので、得点源としては非常に大きいと思います。

だから、浅田選手のジャンプ構成はSP、FS合せて、他のトップ選手よりも基礎点が10点も高いです。
(まあ、全部成功すれば、ですが^^;)

コーチを「先生」「様」「さん」のいずれで呼ぼうが、私にはこだわりはありませんよ^^

もちろん、コーチから教えを受けてもいない人が「先生」と呼ぶのはちょっと違和感がありますね。

あのコラムの投稿欄では、直接、田村氏に語りかける形だから、
「先生」という呼び方も不自然ではないと思います。

少し次元が異なりますが、大人の男性が「僕は」と言うのは私は好きじゃありません(-^〇^-)

2013/03/10 (日) 12:46:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Kan-kanさんへ

>オリンピック前は「タラソワ先生」がコーチだったはずですが、遠距離コ-チだったんでしょうか。そうですよね、まさか日本にはいなかった。
>タラソワコーチのの指導方針にも責任があったのではないかと私は思っています。日本ではタラソワ先生様様ですが、もちろん偉大なコーチですが 当時は新ルールの時勢に乗り遅れていたのではないかと思います。


そもそも私は浅田さん陣営がタラソワさんをコーチにする、と聞いた時、「え?なんで?」でした。
おっしゃる通り、荒川さんの金メダル獲得プロセスから、タラソワさんが新採点を理解しているとはとても思えなかったからです。

それに、本当に「遠距離コーチ」状態で浅田さんがタラソワさんの元でロシアに長期滞在という話は聞きませんでした。

しかも、タラソワさんからジャンプコーチをつけるよう指示されていたにも係らず、浅田さん陣営はつけませんでした。
ジャンプについても正確性が求められていたことは明らかだったのにもかかわらず。

正直な話、浅田さんがバンクーバーで銀メダルをとれたのはむしろすごいことで、ブレーンに恵まれない中で、よくあそこまで出来たな、というのが正直な感想です。

2013/03/10 (日) 12:55:18 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

なみさんへ

>長久保コーチの浅田選手へのアドバイスは、長久保コーチ自身が見兼ねて助言したとインタビューに答えていたように思いますが真相は違いますか?

事実は分かりません。そうかもしれないし、そうでないかもしれない。
インタビューでどこまで本当のことを言うか、という話ですし。特にあの頃は浅田さんの一部ファンが最も暴走していた時期ですから。


>心配なのは、浅田選手の次代の選手達です。

荒川さんのケースでもそうですが、結局選手本人、あるいはコーチがジャッジとどのようなコミュニケーションをとれるかの問題でしょう。

実際、荒川さんはスピンのレベルを上げるために、ジャッジに確認してバックエントランスを取り入れ成果を上げています。

日本スケ連がどこまで干渉するべきかは難しい問題です。

>誰か頼りになる策士がいれば力は5分5分、才能だけで言えば浅田選手の方が上かもしれないので、バンクーバーのメダルの色は違っていたかもしれません。

ほんと、そーですよ!孫子の兵法にある「敵(ルール)を知り己を知れば百戦危うからず」です。敵を知れば敵を味方にだって出来る。浅田さんはそれだけの才能があるんですから。

2013/03/10 (日) 13:09:34 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: Re: ジャンプの査定基準

片割月様

相変わらず大盛況ですね。 大ヒット作品。

>私の想像に過ぎませんが、これは「転倒を恐れていたら回転不足から脱却出来ないよ」
くらいの意味合いがあるのではないでしょうか。

いや、転倒の恐怖といった意味合いは少ないと思います。転倒による減点を怖れるな、と意味合いだと思います。

>ショートプログラムでは圧倒的有利がありますし

確かに。3A + 3+3 + 3 なら男子並みの得点がでる。 浅田選手には不可能じゃないですね。    

>もちろん、コーチから教えを受けてもいない人が「先生」と呼ぶのはちょっと違和感がありますね、

そこなんです。

2013/03/10 (日) 13:34:14 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: Re: Re: ジャンプの査定基準

Kan-kan様。

>転倒による減点を怖れるな、と意味合い

あ、なるほど。

しかし、転倒による色々なマイナスを考えると、恐れるな、と言われてもなかなか難しいわね^^;

2013/03/10 (日) 14:17:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

荒川さん

きれじろう様

>実際、荒川さんはスピンのレベルを上げるために、ジャッジに確認してバックエントランスを取り入れ成果を上げています。

荒川さんは日本人選手には珍しい自分をしっかり持った選手でした。
彼女と同じことを若い選手に求めるのは酷かもしれません。

荒川さんは若い時から期待されましたが、長野オリンピックの時は早熟ゆえに何かに倦んでる様な、怒っているような表情が印象的な子供でした。
あの時、連盟から必要以上の干渉や圧力を受けていたのかもしれませんね。

>日本スケ連がどこまで干渉するべきかは難しい問題です。

少なくとも選手の指導に携わる人達は、連盟と協力してルールを熟知し、国際連盟の意図を探るべきですね。
韓国は一点豪華主義で後任は育っていませんが、ヨナ選手については強力なバックアップをしていると思います。

kankan様

横スレ済みません。

>オリンピック前は「タラソワ先生」がコーチだったはずですが、遠距離コ-チだったんでしょうか。そうですよね、まさか日本にはいなかった。

タラソワさんはご主人の病気もあってロシアを離れられず、真央選手は今思えばお母様の事があり日本を拠点にし、遠距離指導でした。
大事な試合の時だけは来て、あとはタラソワさんのお弟子さんの様な金髪の若い女性が付いていました。
バンクーバー前も一人で黙々とジャンプの練習をしていて、見兼ねて長久保コーチが助言等をしてくれたと聞いています。
ジャンプコーチを付けるようにとの指示を無視したのが本当なら、真央選手は陣営に恵まれなさ過ぎ…いらぬ苦労をした事になります。

2013/03/10 (日) 14:27:23 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re:Re: Re: Re: ジャンプの査定基準

片割月様 (変換確認、よし!) 

北米はまもなくサマータイムに入ります。
Spring forward. Fall back. と覚えますから
春は午前2時に時計を1時間進めます。ですから今週の日曜日は23時間しかありません。1時間損した感じです。サスカチュワン州だけサマータイム(Summer Daylight Saving time)を適用しません。 日本で言ったら、長野県だけ適用しませんといったところ。不思議な国ですね。
 

>しかし、転倒による色々なマイナスを考えると、恐れるな、と言われてもなかなか難しいわね

そこなんだと思います。「転倒」って、ブサイクで惨めったらしいので心理的プレッシャーは大きいけど転んでもちゃんと回っていれば基礎点がもらえて減点はマイナス1だよ、ってことを言いたいみたいです。



 

2013/03/10 (日) 14:46:32 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

なみさん

>荒川さんは日本人選手には珍しい自分をしっかり持った選手でした。
彼女と同じことを若い選手に求めるのは酷かもしれません。

だからこそブレーンが大切だ、ということです。
当時彼らが採点の変化をどう捉えていたか分かりませんが、もし採点傾向を理解せず、「なんでだ、理不尽だ」と思っていたとしたら最低です。


>あの時、連盟から必要以上の干渉や圧力を受けていたのかもしれませんね。

滅茶苦茶だったらしいですよ。強化合宿でそれぞれのコーチが勝手なことを言って、Aさんが指導する横でBさんが反対の事を言い、Bさんの言うことを聞くとAさんが「なぜ私の言うことを聞けない!」だったそうです。

だからこそ、その後その経験をフィードバックして、世界で戦える選手を多数輩出出来るようになったのです。


>少なくとも選手の指導に携わる人達は、連盟と協力してルールを熟知し、国際連盟の意図を探るべきですね。

これについてはどの程度実践しているんでしょうね。当時の浅田さんのブレーンがひどすぎただけで、それほど危惧すべきものでもないと私は考えています。
今後留意すべきは

・可能性は低いかもしれませんが、ジャンプの判定を着氷時の他に、踏み切り時の厳格化まで行うか

ぐらいかなぁ?私が思い浮かぶのは。

2013/03/10 (日) 14:51:21 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

ご無沙汰です。

片割月さま、こんにちは。
こちらの皆さんのコメントを読むとほっとします^^。書き込みはしませんが、リンク先の皆さまのところも時折行き来して、興味深く読ませていただいてます。

「見た目と点数の乖離」は、一部の方たちがよく言うことですが、そもそもフィギュアは素人の見た目と真の難度は必ずしも一致しない。
ヨナ選手のことを「顔芸だけのグダグダ、止まってうっふんで高得点」、チャン選手を「スピードだけ、転びまくって高得点」と言ってはばからない人も多数いるくらいですから。
バンクーバー後にさすがにまずいと感じたのか、小塚お父さんとか、村主さんとか、何人かの人が「点数の説明」を試みたことがありましたよね。「魂を売った」のひと言で撃沈させられていましたが・・・。
今、田村さんのブログで彼の主張に批判的な人を「素人が専門家に対して偉そうに」と叩いているようですが、自分たちがさんざん専門家を叩いてきたことは、すでに忘れてしまったのでしょうか^^。

私も今回のコラムにはがっくりきた一人です。
上記のような経過があり、一部ファンには聞く耳持たない採点への不満が溜まっているっていることを、当然田村さんはご存知だと思います。
今回のやり方は自分の主張にそれを利用しようとしている、と言われても仕方ないのではないでしょうかね。
岡崎さんとコンタクトを取り抗議する、あるいは説明を聞く、という手順の後で、自分なりの考えを述べるのならまだしも。。。

2013/03/10 (日) 16:21:56 | URL | バジル #- [ 編集 ]

きれじろうさんへ

>それでもバンクーバー直前に、あまりのひどさに鈴木さんのコーチの長久保さんを無理やり駆り出して矯正に当たらせましたけどね。

少なくとも浅田サイドの情報では、見かねた長久保コーチが助言をしたということになっています。

あと、岡崎真コーチと河野コーチの助言を受けていますよ。

ソースは「浅田真央 さらなる高みへ」。

このあたりは、ネットのいい加減な情報を参考にしない方がよろしいかと思います。
浅田選手や長久保コーチのことをとにかく悪く言う人がネット上にはかなりの数存在するでしょうから。

私は、バンクーバーオリンピックシーズンの真央選手のジャンプは、全日本選手権の前後に日本人のテクニカルコーチが突貫工事で作り上げたものだと理解しています。彼らはきっと、表舞台に出てくることはないでしょう。陰ながら真央選手を支えた彼らに私は敬意を表したいですね。

ところで、岡崎真さんは、ジュニア選手権の渦中の人ですね。私は岡崎氏を支持しますけれど。

2013/03/10 (日) 17:27:19 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

神無月さんへ

おお、情報有難うございます。

曖昧な記憶を断定的に書いたのは失敗だったなぁ。

ちなみに私も岡崎さんを支持します。


追記。

なみさんへ

不正確な情報を断定的に書いちゃいました。すんません。とりあえず、その次のコメントで事実かどうか分からないと断定を避けた表現をしたので、それで許してくらはい。(←言い訳。)

2013/03/10 (日) 18:26:39 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

なみ様


>韓国は一点豪華主義で後任は育っていませんが、ヨナ選手については強力なバックアップをしていると思います。 <

すみません、挙げ足取りではないのですが、、、

韓国はひと昔前の日本で、若手の育成はこれからだと思うので一点豪華主義で後輩の育成をしていないのはちょっと???ですm(__)m
男子やジュニア世代の選手も居て、育成していますので、、、m(__)m
JGPSのメダリストやファイナリストクラスなら、ヨナ選手以降も居るんですよ。

歴史が浅い分、日本やアメリカ・ロシアみたいにコンスタントに強い選手が現れないだけです。

ヨナ選手がソチに出る目的の一つが、後輩に経験を積ませる為との事ですが、連盟側としても次の五輪を見据えての事でしょうし。一点豪華主義でヨナ選手以外の育成をしていないのであれば、わざわざソチに出て、前回金メダリストが散々な成績でイメージダウンするのは避けたいのでは?と思うのです。

つい、日本と同じ感覚で考えてしまいがちになりますが、国の事情は様々ですからね。

ここに食いついてしまったのは、韓国男子のキム・ジンソ選手が好きなのです(笑)若いし荒削りですが、3A持ちだし安定してきたら楽しみな存在になりそうですよ。男子もジュニアも育成はしている事をお見知り置き頂きたくコメントさせて頂きましたm(__)m

2013/03/10 (日) 19:47:24 | URL | スケヲタ鉄子 #mQop/nM. [ 編集 ]

きれじろう様

全然気にしていませんし、私は時々ズルをしてあやふやな記憶で書いていたりします。
出来るだけ、情報確認はしているのですが、見つからない事もあるので…。

荒川さんの長野五輪の情報有難うございます。
不機嫌そうなイメージが残っていましたが、そういう裏事情があったのですね。

あの後、しばらくして低迷、もう辞めてしまうのではと思いましたが、ソルトレイク五輪の代表を逃した次の年のプログラムは、ショートの白鳥の湖、フリーのタイタニック共に素敵なプロで、その頃か前年(記憶があやふやです。)から強い荒川静香が復活したと思います。

ちょっと懐かしくなりました。
ちなみに、村主さんとの長い死闘もその頃からですね。


スケヲタ鉄子様

気に障られたのなら、御免なさい。
後輩を育てていないでは無く、育っていないと思ったので・・・。
もちろん、ジュニアで表彰台に登った選手がいる事は知っていますが、シニアではまだまだです。
世界的な選手が出てきた時、そのスポーツは一挙に花開き次の世代が育つ事が多いと思います。
伊藤みどり後、次々と新しい才能が花開いた日本フィギュア界の様に…。


韓国は、途中からヨナ選手の国内試合を免除して、国際試合に専念させましたが、他選手の成長の為にはマイナスだったと思っています。
伊藤みどりが国内に敵なしで全日本で8連勝した時も、国内試合で勝たないと代表には選ばれませんでした。
年に1回でもトップ選手と同じ舞台に立つ事が出来れば、絶対にプラスになります。

そういう意味では、今回、国内試合にヨナ選手が出た事は良かったと思います。
これまで、ヨナ選手の勝利を優先していましたが、未来のポストヨナを育てる事に本腰を入れたとしたら、これから強い選手が育っていくと思います。
キム・ジンソ選手も楽しみですね。

ヨナ選手の復帰やソチ挑戦は、ヨナ選手が休養に入ってからも次代の選手が上手く育たなかったからではないかと思っていますが、実際はどうなのでしょうね?

一点豪華主義の言葉は不適切だったかもしれませんね。
韓国の場合、国があまり大きくない分、1つに資金や人材を集中させ、大きく育てるやり方で成功しているというイメージがあります。
サムスンはその代表ですね。

2013/03/10 (日) 21:21:20 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re: ご無沙汰です。

バジル様、お久しぶりです^^

>書き込みはしませんが、リンク先の皆さまのところも時折行き来して、興味深く読ませていただいてます。

そうだったんだ!ずっと、どうされているのか気にしていましたよ。

でも、時々はひと言でも良いので、コメントをして下さいな(#^.^#)

>「魂を売った」のひと言で撃沈

まさに、専門家がちょっとでも説明すると、たちまち「弁慶の立ち往生」のごとく、

四方八方から攻撃の矢を受けますね。

以前、バルジ様のおっしゃった「ことごとく討ち死に」という表現は、けだし、名言です。
(時々、使わせて貰っています)

今回の田村氏の例は、それとは全く逆の展開になりました。

<「素人が専門家に対して偉そうに」と叩いているようですが、自分たちがさんざん専門家を叩いてきたことは、すでに忘れてしまったのでしょうか^^。>

いやあ、鋭いご指摘!さすがバルジ様です(^_^)ノ

岡崎真さんにだって、言い分があるでしょうにね。。。

知名度という点で、田村氏の影響力は小さくないですね。

さりとて、ご本人の意図とは別に、あのように「ヒーロー扱い」されるのは不本意と思うのですが。

だからこそ、田村氏にはテクニカルパネル側の言い分にも触れて欲しいものですね。

2013/03/10 (日) 21:24:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: Re: Re: ジャンプの査定基準

Kan-kan様。

>片割月様 (変換確認、よし!)  

ウム。良い心がけである。誉めてつかわす(^Д^)

>北米はまもなくサマータイムに入ります。

エッ、もうですか!?

日本ではサマータイムの適用は慎重ですね。

経営者や管理職側に1時間分をサービス残業に悪用されるのがオチですから。

まだ明るいのにもう帰るのか!なんてね。

>ブサイクで惨めったらしいので心理的プレッシャーは大きい

そう言えば、2011全日本選手権のフリーで、高橋大輔選手が3回転倒しました。

バックステージで高橋選手が「3回もコケた。ミットモネェ~!」とか言っていましたね(^<^)

2013/03/10 (日) 21:32:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

なみ様

なみ様

ご丁寧なお返事ありがとうございますm(__)m

気は悪くないのですが、もしキム・ジンソ選手をご存知無ければ「ちゃんと男子も育ってるんですよー!」と言いたかっただけですm(__)m
男ヨナと言う程ではないかもしれないけど、順調に育てば次の五輪が楽しみな存在なんですよ。

>世界的な選手が出てきた時、そのスポーツは一挙に花開き次の世代が育つ事が多いと思います。
伊藤みどり後、次々と新しい才能が花開いた日本フィギュア界の様に…。 <

中国の話になりますが、陳露選手が引退してから、クーシン・ジャン選手がワールドで入賞に至るまでに時間が掛かりました。中国女子が2枠獲得したのは16年ぶりだそうです。陳露の時代から、数多くの選手がいましたが、クーシンやジジュンの時代に結びつくまでに、長い時間がかかっています。

日本の事情は、なみ様の方が詳しいかもしれませんが、伊藤みどりさん以降、荒川さんや村主さんと繋がるまでにも何年かは時間は掛かっていると思うのですがいかがでしょう?

ヨナ選手に憧れてスケートを始めて〜となるには、時間が掛かるのではないでしょうか?5歳で始めたとしても、10年くらいは掛かるのでは。今、韓国は競技人口が増え始めたばかりなんじゃないかな?と思っています。

ポスト・ヨナとまではいかないけど、シニア国際レベルで活躍する選手が出るまでは、中国くらい時間が掛かるのでは?と思っていますが、2018年の五輪に向けて連盟も必死になるでしょうね(^^)

ここからは関係ない話ですが。

なみ様の最初の方の投稿は、ヨナ選手に対して凄く棘のある書き方だなぁと思っていましたが、ここの常連様達とのやり取りを経て、その棘が抜けて来たように感じます(^^)まだ、ヨナ選手に対してネガティブな感情は拭えないかもしれませんが。以前のなみ様になら意見しなかったと思います。元が優しくて真っ直ぐな性格の方なんだろうなと今回のやり取りで感じました(^^)

2013/03/11 (月) 04:21:35 | URL | スケヲタ鉄子 #mQop/nM. [ 編集 ]

フィギュアの歴史

スケヲタ鉄子 様
おはようございます。

まず、>元が優しくて真っ直ぐな性格の方なんだろうなと今回のやり取りで感じました(^^)

有難うございます。
そう言って頂けるのが恥ずかしいぐらい曲がった性格ですが、私が真央さんを好きなように他の選手を応援しているファンがいると心掛けるようにはしています。
でも、時々はヨナさん、嫌い。が滲み出てしまって…ヨナさんファンの人、申し訳ありません。

>伊藤みどりさん以降、荒川さんや村主さんと繋がるまでにも何年かは時間は掛かっていると思うのですがいかがでしょう?

佐藤有香さんがいますよ。
みどりさんが銀メダルを取ったリレハンメルの翌年の幕張での世界選手権で優勝、この時2位だったフランスの黒人選手ボナリーさんが採点に抗議して、なかなか表彰台に上がらなかったのを覚えています。
彼女の方がジャンプは凄かったのですが、滑りや全体の質は有香さんの方が上、でも黒人だから差別された思いが強かったみたいです。
同時期には八木沼さんもいますね。
綺麗なスケーターでしたが、演技は上の2人と比べると少し落ちました。でも、全日本の銀メダル、銅メダリストです(五輪14位世界選手権11位が最高です)。
その後、横谷花絵さん、井上玲奈さん、小岩井久美子さんが期待されましたが、世界と戦うには弱かったです(世界選手権で10位、13位、16位、冬季五輪では井上さんが18位)1995/96のシーズンにみどりさんが復帰、そのシーズンだけで引退(今考えると長野の枠取りだったのかな?)しましたが、その翌年は村主さんが全日本優勝、その翌年は荒川さんの優勝と言う2人のライバルの戦いが始まります。
今の黄金時代から考えると低迷とも言えますが、けっこう頑張ってませんか?
やはり、一流の選手と同じ舞台に立てて、目標が身近にあるという事もプラスだったと勝手に考えています。
だから、韓国のヨナさんだけ特別扱いに厳しい見方になってしまいましたが、キム・ジンソ選手が活躍すれば男子も強くなってくるでしょうね。

中国の場合は、陳露あとはペアが強くなりましたね。
最近まで、オリンピック、世界選手権の表彰台の常連でした。
ここにきて、男女シングルが躍進してますから日本もうかうかしていられませんね。

2013/03/11 (月) 10:45:47 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

なみ様、スケヲタ鉄子様


私もスケヲタ鉄子様同様、なみ様は素直で学習意欲の高い方だろうと思いました。
私が熱心な浅田ファンに意見することは滅多にありませんから、なみ様でなく他の方であればこのような形で意見することはなかったと思います。
(僭越な物言いですが、私のほうが間違いなく年上だと思いますので、どうぞお許しを)

>普通の浅田ファンは、女子、男子限らず日本人選手全員を応援していますので、浅田ファン=陰謀論者又は他選手攻撃者と思わないで頂ければ幸いです。<

もちろんですとも。
「カルト信者のような浅田ファンはごく一部である」
というのと
「日本における陰謀論者の大半は浅田ファンを自称している」
というのは両方とも事実ですが、全然別の話です。
私がそんなことを混同するなどと、見くびっていただいては困りますね~。(^^)ノ


それから、田村さんのJスポのコラムのコメント欄をご覧になったうえで、もう一度片割月様の記事「真央選手が舞さんを叱った?」のコメント欄をご覧になることを勧めします。

私が陰謀論者について「日本対韓国が問題なのではない」と繰り返し書いた理由が、今ならご理解いただけると思います。
ジュニア世界選手権の女子で表彰台を独占したのはロシアの選手たちです。

なみ様が「007の様なストーリー」という感想をお書きになった私のシナリオですが、私は逆に、組織を運営する側がこの程度の戦略を持っていないということに危機感を感じます。
この程度の戦略を描けない経営陣に引き入られた企業は、倒産して社員が路頭に迷うことになりかねませんし、これが軍隊なら、無能な総司令部は兵士を無駄死にさせてしまいます。

私が「筋肉ばかり鍛えている」と辛らつなことを書いたのは、日本のスケート関係者のやっていることがあまりにも稚拙だと思うからです。

2013/03/11 (月) 10:53:11 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

なみ様


スケヲタ鉄子様のおっしゃるのはあくまでも世界レベルの話ですから、全日本の成績を持ち出すのは根拠になりませんよ。
韓国だって、国内選手権のメダリストは日本と同じ数だけ毎年誕生しているわけですからね。
八木沼さんたちをワールドメダリストたちと同列に語るのは無理があるでしょう。

佐藤優香さんがワールドで優勝してから、村主さんがメダルを取るまでに8年かかっています。年齢も8歳差です。
その間はワールドメダルなし。
五輪のメダルももちろんなし。

「日本と比べて韓国は、キムヨナ選手の後が育っていない」

と結論付けるためには、キムヨナ選手より一回りくらい若い、10代前半の選手たちの今後の活躍を見てからでないと判断できません。

2013/03/11 (月) 11:43:40 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ドロンパ様へ

こんにちは。

先のコメントにゆっくりお返事しようと思いましたが、あとのコメントに先にお返事します。

確かに八木沼さんの国内試合の成績は関係ありませんが、みどりさんや有香さんに比べるとちょっと寂しいものがあるので、国内的には頑張っていた事を書きましたが必要ありませんね。
世界選手権と五輪の成績も書いています。
八木沼さん以外荒川さんまでは世界選手権の成績です。(荒川、村主選手については書くまでも無いと思いましたので…)


有香さん以外で入賞にもう一歩の所まで近づいた選手はいましたが、メダルに絡む選手はいませんね。
伊藤みどりさんの現役後半に佐藤有香さんがいた事だけ書けば良かったと反省しています。

書くに当たり、全日本を調べたら懐かしい名前が出てきたもので、筆が滑りました。


>キムヨナ選手より一回りくらい若い、10代前半の選手たちの今後の活躍を見てからでないと判断できません。

有香さんから考えたらそうですが、みどりさんから考えたら有香さんがいます。

2013/03/11 (月) 13:57:58 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

ドロンパ様へ 2

前後しますが、
>私もスケヲタ鉄子様同様、なみ様は素直で学習意欲の高い方だろうと思いました。

有難うございます。
でも、黄砂とPM2.5と杉花粉が舞うどんよりとした晴れ(?)の天気が嵐にならないか心配です。
↑言って頂けるような者ではないですから…でも、嬉しいです。

>私がそんなことを混同するなどと、見くびっていただいては困りますね~。(^^)ノ

見くびるなんて…怖くて出来ません(笑)

最初は、真央さん自身に対しても厳しい目を向けているのかと思いましたが、今は誤解していたのだと分かりました。

真央選手を応援している人の中には、好き過ぎて周りが見えなかったり、他の選手やファンを攻撃する事が真央選手を守る事と勘違いしている人がいるのは事実です。
長い間、真央選手が不当な扱いを受けていると信じている人もいます。
本来互角の勝負をしていくと思ったヨナ選手との差が、ある時期から埋められない位開いたのが納得できなかったのだと思います。
私自身もそういう部分はありました。
今は、いろいろな意見を聞いて、才能の差では無く戦略の差だと分かり、また、真央選手がこの2年間努力してきた事が実になりつつあって、冷静に判断できるようになりました。


田村さんのコラム欄はまだ見ていませんが、すごい事になっているのは想像出来ます。
私は、コーチが声を出すのは良い事だと思っています。
言わなくても分かるなんて、日本の中でしか通用しません。
ただ、それをコラムに発表して、陰謀論や採点不信を煽る必要は無かったと思います。
選手を守るためにどう行動するのが一番効果的か…これも戦略ですね。


>無能な総司令部は兵士を無駄死にさせてしまいます。

「無能な上司は敵より怖い」。

選手の努力に胡坐掻いてのっかてるという日本スケート連盟への批判もありますね。
今の日本フィギュアの人気を支えているのは、高橋、浅田、鈴木以下略の選手達の頑張りです。
報われるように、不利益を被らない様にサポートしていってもらいたい。
その為には何をすべきか?

日本の場合、現場の一人々は優秀で頑張ってるけど、組織になると硬直化して、厳しい言い方をすると無用の長物になってしまうものがあるような…日本スケ連はあって良かった組織でいて欲しいです。


時間もあいた事ですし、片割月様のコラム欄のドロンパ様のコラムも読み直してみますね。


2013/03/11 (月) 16:38:39 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

なみ様 2


>最初は、真央さん自身に対しても厳しい目を向けているのかと思いましたが、今は誤解していたのだと分かりました。<

誤解じゃありません。今も厳しい目を向けています。(笑)
私は筋金入りのスピード教(?)信者ですので、バンクーバーまでの浅田選手は正直言ってあまり評価していなかったし興味もありませんでしたが(もともと女子には男子ほど興味がないです。スピードが遅いので。)、佐藤コーチに師事してからは、滑りにだんだん疾走感が出てきたと思います。

私は、ジャンプの際にスピードが落ちる演技をかなり低く評価しています。
私にとって、演技の完成度というのはスピードが最優先なのです。それで、
「ジャンプのスピード、特に、着氷した足のスピード」
には以前から注目していたのですが、それを基準に見ていると、回転不足判定やGOEについて不満に感じることは少なくなりますよ。(判定が甘いと思うことは多々ありましたが)
だからおそらく、ジャンプのルールは私の価値観に近い基準で作成されていて、そのおかげで採点に対するストレスが少ないのでしょう。

※ 過去記事のコメントですが、片割月様のを中心にお読みになるのをお勧めします。

2013/03/11 (月) 21:42:42 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

なみ様 (フィギュアスケートの歴史)



それから、フィギュアスケートの歴史について、スケヲタ鉄子様がおっしゃっているのは以下の点だと思います。

まず、フィギュアスケートの歴史という点で、伊藤みどりさんや佐藤優香さんはキムヨナ選手とは全然立場が違います。
(最初からこれを書くべきでしたね。すみません)

日本のフィギュアスケートの歴史の中で、最初の世界的な女子選手というなら渡辺絵美さんでしょう。
テレビで試合が見られるようになったのもその頃からで、私がフィギュアスケートを見始めたのも渡辺絵美さんの現役時代からです。
(残念ながら、佐野さんは男子だったせいか、渡辺絵美さんに比べると取り上げられることが少なかったと思います)

日本人が国際試合に出るようになってから渡辺絵美さんがワールドでメダルを取るまでに何十年もかかり、渡辺絵美さんから伊藤みどりさんまでさらに10年かかっているわけです。

>世界的な選手が出てきた時、そのスポーツは一挙に花開き次の世代が育つ事が多いと思います。
伊藤みどり後、次々と新しい才能が花開いた日本フィギュア界の様に…。<

つまり、何が言いたかったのかというと、
・最初の「世界的な選手」が登場してから次々に2番目、3番目が出てくるのはむしろ例外で、2番目の世界的な選手が出るまでに通常は10年単位で時間がかかる。
・なぜなら、その国で2番目の世界的な選手というのは、1番目の世界的な選手の活躍を見てスケートを始めた子供たちの中から出るのが普通だから。
・キムヨナ選手の活躍からまだ10年もたっていないので、2番目がまだ育っていないのはむしろ当たり前。

>韓国の場合、国があまり大きくない分、1つに資金や人材を集中させ、大きく育てるやり方で成功しているというイメージがあります。<

↑これが本当かどうか私は知りませんが、少なくとも
「キムヨナ選手の次の選手がまだ出てこない理由」
としてはちょっと考えられない、ということです。

スケヲタ鉄子様がおっしゃりたかったのは、そういうことではないかと。
(スケヲタ鉄子様、違っていたらご指摘ください)

2013/03/11 (月) 21:50:30 | URL | ドロンパ@10万23歳 #DNU.zdFw [ 編集 ]

なみ様・ドロンパ様

私の言葉が足りず、なみ様に上手く伝わらず、ドロンパ様に補足いただいた形になりましたm(__)m
ドロンパ様ありがとうございます。まさにそれが言いたかったのです。

ドロンパ様の仰る通り、世界レベルでのスケーターと言う話で、ヨナ選手がでてまだ5年も経っていない中で次の世代が育っていないは早合点かな?と思ったんですよ。

佐藤有香さん!偉大なレジェンドスケーターの事がスッポリ抜けておりましたm(__)m

もちろん、佐藤有香さんを知らないなんて訳では無いですし(うっかり忘れていただけです)井上玲奈さんのシングル時代や八木沼さんが居たのはなんとなくでしか把握していなかったので楽しく読ませて頂きましたよ。改めて、なみ様に教えて頂き大変勉強になりました!ありがとうございます。

そう考えたら、コンスタントにトップレベルのスケーターを輩出出来る国って、ロシアとアメリカくらいでしょうか。ひと昔前のロシアも冬の時代でしたしね。長い歴史と競技人口の多さでしょうか。しかし、入れ替わりが激しくもありますよね。

韓国は2018年に間に合うような逸材が居たらラッキー、連盟もそのつもりで育成するでしょうが、ヨナ選手の次の世代が花開くまたは育つのはもっと先でしょう。

ちなみに、私は特別ヨナ選手のファンではありませんが、ルールの無知や誤解による陰謀論、国籍での誹謗中傷やイチャモン、ヨナにならどんな罵詈雑言も許される雰囲気etc...をネットで見る度ウンザリし、逆にヨナ選手を見守ってやろうじゃないか!と言う気持ちで見ています(^^) 実際、あの凄まじいプレッシャーの中でよく金メダルを取れたなと感心していますし、後輩達を五輪に連れて行きたくて復帰なんてかっこいいですよね。

好き嫌いは誰でもあるので気にしないのですが、いい大人がある事ない事で汚い言葉を吐くのは断固許せません。

※記事のコメント欄を間違えて投稿してしまいましたm(__)m

2013/03/12 (火) 00:03:58 | URL | スケヲタ鉄子 #mQop/nM. [ 編集 ]

スピード

ドロンパ様
こんばんは。


私が真央ファンだから、他の人も真央ファンであるべきなどと驕った考えはありませんので、真央さんの演技がお気に召さなくても仕方ないと思っています。
正直、私も100%良いと思っている分けでは無いのです。
もっと出来るはずという思いはあります。
それでも、真央さんの演技を見たいし、真央さんでないと心躍らないのです。

スピードを重視されるなら、鈴木さんの今季のフリー「O」は好きなプロではないですか?
気持ちが乗って滑っている時は、スピード感のある素晴らしい演技で、本当に魅了されます。

真央さんのスピードについては、佐藤コーチに付くまで意識していなかったようなのでまだまだですが、スピードと全体の質を上げる事を今やっていますので、来季はもっと改善してくると期待しています。


日本の女子フィギュアにとって、渡辺絵美さんの存在は忘れていけないですね。
>伊藤みどりさん以降、荒川さんや村主さんと繋がるまでにも何年かは時間は掛かっていると思うのですがいかがでしょう?
とスケヲタ鉄子様のコメントにあったので、みどりさん以降を書きましたが彼女の1979年の世界選手権の銅メダルが日本女子初のメダルですね。
渡辺絵美さんの引退(1980年)の翌年の全日本で伊藤みどりさんが3位に入っています。
伊藤みどりさんは渡辺絵美さんに憧れていたそうですが、絵美さん引退の年にみどりさんが全日本ジュニアを制し、翌年全日本の3位ですからちょうど入れ替わりになります。

>・キムヨナ選手の活躍からまだ10年もたっていないので、2番目がまだ育っていないのはむしろ当たり前。

ヨナ選手が韓国選手権で優勝してから11年目になります。

ヨナ選手は、韓国の環境が整ってなかったのでカナダを拠点にしていました。
それ自体は賢明な選択だと思います。
ただ、みどりさんが渡辺絵美さんに憧れたように、真央さんがみどりさんに憧れたように、安藤さんが荒川さんに憧れたように、多くの韓国の少女たちがヨナ選手に憧れてフィギュアに打ち込んでいる時、年に1回でも同じ氷上に立ててたら得るものが大きかったのではないかと思いました。
世界選手権まで充分時間もありますし、それほどの負担にはならなかったのでは…他の国内選手権でも、トップ選手は怪我等の理由が無いと出場していると思いますし、アメリカの様にそこで表彰台に上がる事が代表の要件になっているところもあります。
休養前のヨナ選手や韓国のフィギュア関係者はヨナ選手の優勝の事しか考えてない様に感じました。
でも、それは私の偏見かもしれませんね。
私がそう感じていたからといって、軽率に書くものでは無かったかもしれません。
そこは反省します。

ただ、日本のフィギュア女子はドロンパ様の思っているより選手の流れが途切れていないと思います。
村主さんや荒川さんが世界レベルになるのに少し時間が掛かりましたから、メダル争いに再び参戦できるまでには時間が開いています。
でも、佐藤さんの引退の翌々年にみどりさんの復帰、その翌年に村主さん、荒川さんが全日本の表彰台に上がっています。
国内の選手権の表彰台では駄目だと言われたらそれまでですが…。





2013/03/12 (火) 00:16:39 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

過去のメダリスト一覧

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou/31272950.html?type=folderlist

開催国の有利性というタイトルで3連続の記事となっております。

2013/03/12 (火) 00:24:58 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

スケヲタ鉄子様

こんばんは。

コメントありがとうございます。

ヨナさんの事については、少しドロンパ様宛のコメントで書きましたが、もう少し補足したいと思いますので、明日改めてコメントさせて頂きます。

2013/03/12 (火) 00:27:41 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

総司令部の戦略と選手側の戦略


>伊藤みどりさんは渡辺絵美さんに憧れていたそうですが、絵美さん引退の年にみどりさんが全日本ジュニアを制し、翌年全日本の3位ですからちょうど入れ替わりになります。<

今年の韓国選手権の銀と銅はまだ中学生のようですし、銅メダルの選手はノービスらしいので、彼らが今後どうなるかは10年後を見てみないと何とも言えません。
第2の伊藤みどりはそう簡単に出ないと思いますけどね。

>年に1回でも同じ氷上に立ててたら得るものが大きかったのではないかと思いました。<

これはまさに戦略の部分です。
これについては、いろいろな価値観があってしかるべきだと思いますし、選手側の希望が最優先されるべきでしょう。

試合の間隔が開きすぎないほうが良い選手もいるし、プログラムの手直しに注力したい選手もいます。
中には、リフレッシュのために休暇を取ってスキー(!)をしたいなどという、とんでもない選手さえいます。
(世界選手権の直前にスキーなんて、日本のスケ連なら絶対に許さないでしょうね)

>休養前のヨナ選手や韓国のフィギュア関係者はヨナ選手の優勝の事しか考えてない様に感じました。<

韓国のフィギュア関係者のことは置いておくとして、少なくとも選手本人が自分の優勝よりも後輩の育成を優先させるなんてふざけた話です。
負担になるかならないかは選手側の判断を尊重すべきで、外野がとやかく言うことではありません。

例えば、フェルナンデス選手は国内選に出ましたが、FSにクワドを1回しか入れていません。
http://www.fedhielo.com/images/resultados/camesp2012/CESP2012_SeniorMasculino_FS_Scores.pdf
動画をご覧になればわかりますが、最初から1回しか跳ばない予定だったのです。
これを批判する意見は今のところ見たことがないです。
この時のフェルナンデス選手は疲労が相当に蓄積している状態でしたし、ユーロとワールドのスペイン初のメダルがかかっているのだから国内選は免除してやればいいのに、という声もかなりありました。
結局、フェルナンデス選手はユーロFSでクワドを3回跳んで優勝しましたから、
「国内戦はクワド1回で体力温存と怪我防止」
の作戦は見事に成功したわけです。

それに対して高橋選手は、年が明けてからSPを一から作り直すのであれば、四大陸は絶対にパスすべきでしたし、どうしても四大陸に出なければならないのなら、新しいSPは全日本が終わったら直ちに取りかかるべきでした。
あれで怪我でもしていたら、一体誰が責任を取るつもりだったのでしょう?

戦略の差、というのはまさにこういうことです。

2013/03/12 (火) 09:22:15 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re:総司令部の戦略と選手側の戦略

ドロンパ様  なみ様

いよいよ始まりますね。

>第2の伊藤みどりはそう簡単に出ないと思いますけどね

出ないでしょうね。彼女のジャンプはリンクのボードを越すほど高かったし飛距離もすばらしかった。練習で3A+3Tを軽々と跳ぶのをどこかで見ました。

>戦略の差、というのはまさにこういうことです。

羽入選手が4大陸で演技にアクセント、メリハリをつけようとしているのが解りました。そのためにジャンプのタイミングがずれたのではないかと見ていますが
今回、どんな風に仕上がっているか楽しみです。


>韓国のフィギュア関係者のことは置いておくとして、少なくとも選手本人が自分の優勝よりも後輩の育成を優先させるなんてふざけた話です。

ヨナ選手の今大会出場はオリンピックの枠取りが視野に入っているでしょうね。プルシェンコ選手はそれでかり出されたと思いますが、やっぱり若手の伸び盛りの選手と比べると、勢い、しなやかさに年齢を感じませんか。それで怪我も多い。 

2013/03/12 (火) 10:02:31 | URL | kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

日本フィギュアと韓国フィギュア

スケヲタ鉄子様
おはようございます。

今回の私のコメントに対するスケヲタ鉄子様とドロンパ様のコメントを読んで、言葉の難しさとか怖さについて考えさせられました。
何気なく書いた一文にスケヲタ鉄子様のコメントがあり、それに対して書いたコメントにドロンパ様が補足のコメントを入れ、私自身慌てて日本の女子フィギュアの歴史について勉強し直しました。
それ自体、楽しい時間でした。

ドロンパ様のコメントでも書きましたが、渡辺絵美さんの後、直ぐに伊藤みどりさんが出てきた事は正直忘れていました。
佐藤有香さんのあとの横谷花絵さんはポストみどりとして期待され、長野五輪代表の有力候補でしたが村主さん、荒川さんの台頭で果たせず引退、最近コーチされてる姿をテレビで見て懐かしかったです。
また、長々と書いてしまいそうですのでこの件はここまでとして、全日本の表彰台に上った選手を眺めるだけでも楽しめました。
こんなことが無いと調べなかったと思うので、良い機会を得たと感謝しています。

スケヲタ鉄子様の言いたかったことは分かっています。
私は、次代の育成にトップ選手と同じ空気を吸う事が大事だと考え、その為の機会が韓国の場合少なかったのではないかと思って書きましたが、それは私の考えで一般論とは違うのかもしれませんね。
バンクーバーのヨナ選手の金メダルは平昌五輪の招致とセットになっていて、韓国の悲願だったと思います。
その為にオリンピックまでは彼女を全力サポートしていたと思いますし、次代の育成は少し疎かになり、本腰を入れたのはバンクーバー後ではないかと思います。
ヨナ後を見据え育成に力を入れているでしょうから、これから新しい力が出てくるのでしょう。

私のヨナさんに対する複雑な感情は、以前の私のコメントを読んで分かっていると思いますが、私もあのプレッシャーの中でノーミスの演技をし、金メダルを取った精神力の強さは称賛します。
また、彼女の実力は認めていますし、ジュニア並みのジャンプなどと言うつもりは毛頭ありません。
これはヨナさん側の問題では無く、真央さん側が対応すべきだったのですが、もっと新採点法を熟知し適切な戦略のたてられるブレーンが真央さん側にいたら、ヨナ対真央の一進一退の攻防が見れたと思うし、陰謀論もここまで広まらなかったと思います。
なによりフィギュア史上に残る名勝負が見れたはず、その点は残念です。

ヨナ2世がどこで出てくるか分かりませんが、中国の李子君選手も将来性大ですし、日本も鈴木選手、安藤選手、真央選手後の人材育成をもう一度考えないといけない状況かもしれません。
願わくば、絵美さん後にみどりさんが、みどりさん後に有香さんが、有香さん後に村主さん、荒川さんそして恩田さんが、荒川さんの後に安藤さん、中野さん、太田さん、鈴木さん、真央さんが現れたように、村上さん以外にも誰か新しい力が台頭してくれないかと期待しています。

2013/03/12 (火) 10:39:29 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

ドロンパ様

おはようございます。

>少なくとも選手本人が自分の優勝よりも後輩の育成を優先させるなんてふざけた話です。

次代の育成の観点から書きましたが、選手個人としてはそうですね。
フィギュア先進国では特別扱いしない国は多いですが、韓国は韓国のやり方がある…です。
選手育成の方を重視すればトップ選手から若手まで一堂に戦う国内大会は大事な一戦ですが、選手の負担を考えるとドロンパ様の言う通りなのかも…。
日本の場合、荒川さんがトリノの代表に選ばれた時の条件が全日本出場でしたし、恩田さんがGPファイナル出場でソルトレイクシティ五輪代表に内定した時も全日本には出場していました。安藤さんのトリノ代表もそうでした。
日本は国内大会を重視していますので、怪我以外は考慮されませんが、ドロンパ様に掛かると「戦略が無さ過ぎ」で一蹴りでしょうね。


>でも、それは私の偏見かもしれませんね。
私がそう感じていたからといって、軽率に書くものでは無かったかもしれません。
そこは反省します。

反省しています。





2013/03/12 (火) 11:25:53 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

kan-kan様
こんにちは。

本当にいよいよですね。
ヨナさんも鈴木さんも村上さんも高橋さん達男子も続々とカナダに到着しているのに真央さんの姿が…毎回ぎりぎりに入るのが真央さん流なんですが、到着するまで間に合うのかとドキドキします。

全選手が持てる力を発揮して素晴らしい戦いを魅せて欲しいですね。

>彼女のジャンプはリンクのボードを越すほど高かったし

1991年の世界選手権で本当に超えちゃいましたね。
カメラ席に飛び込んだのだから正確には違いますが、高さ的にはボード越えです。
直前練習でアメリカの若手選手と衝突してわき腹を痛めた事で動揺していたのかもしれませんが、フィギュア史に残る珍事でした。
みどりさんの苦手なコンパルソリーが廃止された年で優勝候補の筆頭だったのに総合4位、すごくがっかりしたのを覚えています。

>今回、どんな風に仕上がっているか楽しみです。

勢いのある選手は失敗も糧に出来ると思うし、アイスホッケーとの兼用リンクの狭さも慣れているようなので期待して良いのでは…心配なのは高橋選手ですが、彼の場合ベテランだし大きな失敗の後は素晴らしい演技を魅せてくれるので、こちらも期待しています。
無良君もメダルは難しいかもしれないけど、ダイナミックなジャンプに期待です。

>ヨナ選手の今大会出場はオリンピックの枠取りが視野

第一の目的は枠取りだと思います。
彼女が優勝あるいは2位だと韓国3枠、正直もったいないと思うけど若手の成長には大きいでしょうね。
真央さんも白鳥の構成を変えて、最初に3Aを飛ぶそうです。
2人の直接対決は楽しみですが、胃が痛いのも事実です。

>プルシェンコ選手はそれでかり出されたと思いますが

引退前のプルシェンコさんは負ける気がしない絶対王者でした。
今でも凄過ぎ…でも、身体はボロボロでしょう。
ロシア男子も次代として期待されたガチンスキー選手がちょっと低迷してますね。
今回の世界選手権は男子1枠ですが、確かマキシムコフトン選手が代表に選ばれました。
タラソワさんの愛弟子でジュニア上がりの選手、ロシア選手権では表彰台に上がっていませんし、選考の時に揉めた記憶があります。


それにしても、みじかくまとめる才能が皆無なのを自覚しました。

明後日には男子のショートが始まりますね。
kan-kan様はカナダ在住と記憶していますが(間違っていたら済みません。)時間差無く応援できるのではないですか?

2013/03/12 (火) 12:42:20 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

いよいよ

なみ様

>時間差無く応援できるのではないですか?


そうなんですが、みんなの関心はどうなんだろう。 皆ホッケーの結果に一喜一憂していますので。

オーサー一家は皆そろって車で出かけるでしょうね、きっと。 会場のロンドンまで車で2時間ぐらいです。

あのピンクのスエットのカナダのフィギア親衛隊のおばちゃんたちがいるでしょう。あの人たちずっと追っかけで大きな大会だと海外まで出かけています。
その一人に出会ったことがありますが、「私はピンクのスエッとは着ません」と(きっぱり) 笑
あの人たち、お金持ちのおばちゃんたちみたいですよ。 

2013/03/12 (火) 13:20:27 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

ロンドン

>みんなの関心はどうなんだろう。 皆ホッケーの結果に一喜一憂していますので。

カナダではフィギュアは人気無いんですか?
チャン選手と言う男子金メダル候補筆頭がいるのに…でも、以前スポンサーが付いてくれないみたいな話しをしてましたね。
中国代表だったらもっとバックアップしてくれたのにって…間違ってたらごめんなさい。ちょっとうろ覚えです。


カナダはライブ放送ですか?
日本のフジは今あってる試合も録画放送して顰蹙買いました。
PCで結果知ってテレビ放送観ると言う、安心だけどドキドキ感の無いフィギュア観戦でした。


>あのピンクのスエットのカナダのフィギア親衛隊のおばちゃんたちがいるでしょう。あの人たちずっと追っかけで大きな大会だと海外まで出かけています。

あのおば様たちですね。
…羨ましい。

さっき覘いた真央選手のファンブログ主さんも今日カナダに向かうそうです。
貧乏人の私は、分相応にテレビで応援します。


2013/03/12 (火) 14:02:09 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

初めまして。

初めまして。
blog主(片割月)さまを始め皆さまのコメントを興味深く拝見しております。
私も、フェアな見地に基づかず明確な根拠の無い批判を正当化したがる人々(こちらで言う陰謀論者集団)がずっと嫌で、こちらや同主旨のblogにようやく出会うことができ、それこそ“我が意を得たり”という気分です。

ところで・・・
伊藤みどりさんのお話が時々出てきますが、揚げ足を取る意味ではなく正確にご理解いただきたいため、長くなりますが書かせてください。

1991年世界選手権ミュンヘン大会についてです。
OP(現SP)前の6分間練習でみどりさんと激突したのはフランスのレティシア・ユベール選手(現ISU技術審判員)で、みどりさんは脇腹を強打しただけでなく、相手のブレードが左の靴に突き刺さるというアクシデントに見舞われました。厚めにテーピングしていたため、演技後に靴を脱いだ映像ではバンデージが貫通を防いでくれたようにみえますが、鉛筆と同じ位の直径の穴をみれば内部への影響は計り知れません。
そしてOPが始まり、冒頭の3Lz-2Tを降りたと思ったところでカメラピット飛び込み、です。そのエリアだけフェンスが広くあいているためどの選手も気をつけてはいたようですが、みどりさんの場合確かに、精神的動揺もあったかもしれません。
ただジャンプ自体は非常に質が高かっただけに残念でした。
それでも、リカバリの早さは本当に驚愕もの。とにかく
「きちんと滑りきらなければ五輪の3枠が取れない」
その責任がのしかかっていたことは紛れもない事実です。
(一緒に出場していたのは八木沼、浅沼両選手)
コンパルソリ廃止によってみどりさんはそれまで以上に国内外から金メダル最有力候補としてみられ、諸外国は文字通り
「打倒 伊藤みどり」
で対策を練ってきていたのです。3Lz-3Tや3Aを降りる選手もでてきていました。

・・・みどりさんのファンを公言しているマツコ・デラックスさんの番組でもあたかも笑い事のような扱いをされていたので無理もないのかも知れませんが、カメラピット飛び込みにいたる経緯や彼女の置かれた状況を思えば、正直“珍事”で片付ける気には到底なれません・・・

演技が終わり挨拶の後、キス&クライではなくカメラピットに向かい、詫びるようにカメラを撫で、自分が激突したことで破損したフェンスの欠片を氷上から拾い上げていました。

その後は現地の医師に抱えられ、病院に直行。ドープチェックがあるため痛み止めも飲めず、その夜は殆ど眠れなかったようです。多くの場合、怪我をした直後よりも就寝の頃になって影響が顕著になってきます。メディアに囲まれた医師のインタビューでも、FP出場に手放しで太鼓判を押せる状態とは言えないのがわかりました。

そして翌日のFP。
(直前練習ではきれいな3Aをきめていたそうですが)
序盤の左足踏み切りの三回転Lz、A、Fは悉くクリーンに決まりません。時折、そんな振り付けではないのに脇腹に手をやりながら、それでも真摯に演技を続け・・・
中盤スローパートのスプレッドイーグル*3Lo、そして終盤の3T-3T、2Aの美しさは、忘れられません。翌年の五輪FPの“演技開始後3分10秒の3A ”と同等です、私には。

本当に、長々と失礼致しました。

2013/03/12 (火) 18:19:21 | URL | y-k #E8N1oXVw [ 編集 ]

アイスホッケー

アイススケートで映画化されているのはアイスホッケーの方が多いですね。

ポール・ニューマン主演の「スラップショット」1977年

私も札幌OPから高校を卒業するくらいまでは、フィギュアよりもアイスホッケーの試合の方が楽しみでした。
当時は国内リーグもさかんで、国土開発、王子製紙、西武鉄道、雪印等々NHKで良く放送していましたね~~。

2013/03/12 (火) 20:18:47 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

伊藤みどりさん

y-kさん
こんばんは。

コメントを見て、慌ててこの文章を書いています。
不快な思いをさせてしまったのなら、本当に申し訳ありません。
悪意では無くみどりさんの並外れた高いジャンプのエピソードとして軽い感じで書いたのですが、からかう様なニュアンスも確かにありますね。
意図しなかったとはいえ、みどりさんを笑いものにしたようで今更ながら慌てています。

私は、みどりさんが天才少女として出てきた時からファンでした。
初めて世界選手権で優勝した時のビデオは、何十回と繰り返し見ています。
あの試合も若い選手とぶつかった事、試合が始まって高くジャンプした時カメラ席に飛び込んでしまった事、直ぐに戻って演技を続けた事、演技後、カメラクルーに謝罪に行った事、全て覚えています。

大好きな選手の事をコメントして、それで誰かを傷つけたとしたら、すごく心が痛いです。

謝罪してばかりの様な気もしますが、それだけ熟考せずにコメントしているのでしょうね。
反省して、これから気を付けます。

2013/03/12 (火) 22:22:55 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Re: 初めまして。

y-k様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

>我が意を得たり

フフフ。私もこういう(古めかしい?)表現を時々する方で、親近感を抱きますわ(^<^)

ともあれ、共感頂き、嬉しく思います。

1991年世界選手権ミュンヘン大会の伊藤みどりさんのこと。

私も諸映像は何度も見ましたが、y-k様のよく纏まったご説明であのシーンやそれに伴うエピソードが、

再び鮮明に蘇りました。

あれには、腹も立ち、心配もし、そして、涙が出るほど感動もしましたね。。。

>フランスのレティシア・ユベール選手

陰謀論じゃないけど、故意に狙いすましてやったとの説もありますね。

杉田氏でしたか?「あの選手は問題のある人で…」くらいのことを言っていましたよね。。

あれが今のようなネット時代だったら、それこそ「ヨナ騒動」どころじゃ済まないわね(^。^;)

>長々と失礼致しました。

イエイエ、長文でも一行文でも問題ありません。

いつでもお越し下さいね^^

2013/03/12 (火) 22:29:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

問題のあった人

アメリカの女子選手(笑)
多くは語らず。

2013/03/12 (火) 22:52:53 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

早速のレスをありがとうございます!

なみ さま
却ってお気を遣わせてしまったようで恐縮です。
こちらこそ申し訳ありません。
改めまして、これからもよろしくお願い致します。

そういえば、連覇のかかったハリファックス大会もカナダで、ホッケー用の若干狭いリンクでしたね。少し窮屈そうに演技していましたが、あの年のみどりさんも素敵でした。
終盤の3T-3Tの時、最前列でイスからズリ落ちてしまったオジサンが居ましたが、あの方今どうしていらっしゃるんでしょう(笑)。


片割月さま
改めまして、これからもよろしくお願い致します。

そうそう、杉田さんが仰ってました。TBSがNEWS23を拡大して衛星中継していて。

私、昨今の“転倒せずに降りさえすればいい”とでも言いたげなテキトージャンプが、実は嫌いです。
だからこそ、選手の皆さんには基本を忠実に守って美しいジャンプを身につけるよう頑張って欲しいです。

みどりさんはジャンプをただポンポン跳ぶかのように思われがちですが、根底にあるのは基本に忠実だということですし、そこに高さや飛距離といった付加価値と共に、トランジション、音楽を自分のものにして滑って(表現して)いるか、というような別の必須項目もきちんと兼ね備えていたから凄かったのだと思います。彼女がジャンプの低年齢化を呼んだとも言われますが、お手本にするポイントがずれているんじゃないの、と心の中でツッコミをいれることもしばしばです。

2013/03/13 (水) 00:56:06 | URL | y-k #E8N1oXVw [ 編集 ]

Re: 早速のレスをありがとうございます!

y-k様。

>転倒せずに降りさえすればいい”とでも言いたげなテキトージャンプ

それは厳密に言えば「降りた」とは言わないんでしょうね。。。

>彼女がジャンプの低年齢化を呼んだとも言われますが

ははあ。みどりさんは体操界のコマネチみたいなものかしらね。
(コマネチの演技は現役では見たことがありませんが^^;)

コマネチの影響で女子体操の低年齢化を呼んだとか、どこかで聞いたことがあります。

そう、二人とも基本に忠実だったんでしょうね。

そうでなければあれだけの難しいジャンプや回転技を完璧に決めることは出来なかったでしょうね。

2013/03/13 (水) 01:43:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コマネチといえば

片割月さんはコマ(・人・)

2013/03/13 (水) 01:57:56 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

低年齢化

y-k様 片割月様

私も、みど礼賛派で、日本での評価が低いのを残念に思っています。あの切れのいいジャンプは
回転というよりまさにジャンプでした。

>彼女がジャンプの低年齢化を呼んだとも言われますが

そうかも知れませんね。ただあの頃は規定もあったし順位点で順位が決められていたので、若い選手の急な台頭はなくあまり問題視されなかった。
年齢低下が問題になった?のはタラ・リピンスキー選手からではないでしょうか。その後年齢制限が導入された。
個人的にはその頃から女子選手のジャンプのスケールが小さくなってジャンプから回転になってしまったような気がします。
カートが昨年秋、日本でのコンペティションで新しい採点法で初めて滑ってみて、今はすべての要素を採点されるので、それにあわせた込み入ったプログラム構成になっており、まったくどこも気を抜くところがない。今の新ルールで育ったスケーターのほうがトータルで優れている、といっていました。私もそう思います。ですから、体形の利を生かしたジャンプが武器の若い選手は急に勝てなくなった。それを考えれば新しい採点法は評価されるべきだと思います。  

2013/03/13 (水) 04:14:44 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

y-k様
おはようございます。

温かいお返事、有難うございます。

あの試合についての文章を読んで、知っている事もあり、知らない事もありました。
五輪の枠取りの事などあの時は考えていませんでしたが、そんなプレッシャーも感じながら演技していたのだと思うと今更ながらに涙が出てきました。
あの時は本当に優勝を堅く信じていたので、あの信じられないようなアクシデントが重なって表彰台を逃した事で落胆しましたが、そんな事柄も含めて伊藤みどりという選手が大好きです。
(あんな状態で、あれだけの演技が出来たのは、みどりさんだからとも思っています。)
だから、軽い気持ちで珍事と書いてしまいましたが、心無い言葉でした。
伊藤みどりという偉大な選手に対する想いや知識は、y-k様の足元にも及びませんが、こちらこそよろしくお願いします。


>終盤の3T-3Tの時、最前列でイスからズリ落ちてしまったオジサンが居ましたが、あの方今どうしていらっしゃるんでしょう(笑)。

残念ながらオジサンの印象は…みどりさんが滑ると外国の人が湧いていたのは覚えています。
カルガリー五輪の時は、優勝したヴィット選手より人気で、演技終了前から観客のスタンディング・オベーションを受けていましたね。
すごく嬉しかったのを覚えています。
フリー3位、総合5位、でも、当時5位はエキシビションに出れなかったのが特別枠で出て、また歓声を浴びていましたね。
余りの人気に、ヴィット選手がみどりさんの事をゴムマリと言ったとか噂が出ましたが、真偽は分かりません。

引退した後、みどりさんの演技が見たくてビデオやDVDを探し回りましたが、今は動画で簡単に見れるので、良い時代になったな~と思っています。

2013/03/13 (水) 11:16:49 | URL | なみ #GUa5ypF. [ 編集 ]

Kan-kanさま、なみ さま。

レスをありがとうございます。
Kan-kanさま、改めましてよろしくお願い致します。

アルベール=ビル五輪後、本腰を入れて選手を育てようと“野辺山”が始まったわけですよね。以降、いつの時代も若く非凡な才能が集まるようになってきた・・・

その時点で“若いうちからポンポン跳ばせる”のもいいけれどその前に、若いからこそきちんとした基礎を身につけさせる必要があると思います。フィギュアスケートは元々エッジワークの競技であり、その根本は時代が経過しても変わらないはずです。コンパルソリがあった時代の選手たちには、間違ったエッジでジャンプを跳ぶということ自体あり得なかったですから。

みどりさんのカルガリー五輪。
SPから2Lo-3Loだの、Lzとみせかけてひょいと身体を反転させ、腰に手を当て2Aだの、FPでは2A-1/2Lo-3Sだの、やりたい放題で楽しそうで(笑)。
ヴィットさんの言葉は、
 「殿方も多くいらっしゃるのだし、運動会(ゴム鞠がはねる姿)より女性の華をご覧になりたいのじゃなくて?」
のようなニュアンスじゃなかったでしょうか(間違えていたら申し訳ありません)。
当時としては彼女のコスチュームは、かなり思い切った(つまり露出度が高い)ものでしたから、それをメディアに指摘されての返答だったと思います。
・・・女性から観てもすごく綺麗でしたよ、ヴィットさん。

2013/03/13 (水) 18:36:50 | URL | y-k #E8N1oXVw [ 編集 ]

はおああ

y-kさん

はじめまして。
ネットを徘徊していると「日本人てこんなに単細胞だったっけ?」と溜息が出ることが多い中、y-kさんの冷静な筆致に癒されますわ。

これからもコメントしてください。

ブログ主でない私が言うのもなんですけど。

2013/03/13 (水) 20:26:32 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: コマネチといえば

> 片割月さんはコマ(・人・)


ン? 何のこっちゃ。

どうせ、ロクでもないことなんでしょう(ーー゛)

2013/03/13 (水) 21:52:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: はおああ

きれじろう様。

おっしゃる通り!\(^^@)/


2013/03/13 (水) 22:44:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

きれじろう さま。

こちらこそ、初めまして。
こんな単純人間にもったいないお言葉、ありがとうございます。

私のほうこそ、個人的な好みもほど良く加味しつつフェアに物事をみて&考えていらして、対等な大人同士として意見を交わしていらっしゃる皆さまにネット上とは言えお目にかかることができ、ホッとしているところです。

改めまして、よろしくお願い致します。

2013/03/14 (木) 17:50:11 | URL | y-k #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR