スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ラヴェルが青く燃える



ラヴェル作曲:水の戯れ(1901年)


またしてもラヴェルを選ぶ。やはり好きなんだな、この人の作風が。
「水の戯れ」の7年後に作曲された「夜のガスパール」の第一曲目が「水の精」。
少し似た楽想である。専門家は後者の方を傑作とするが私は前者の方が好きだし、気がつくとこちらを聞いている。


ラヴェルは後期になるほど小さな空間に多くを詰め込み過ぎる傾向があるように聴こえる。この為、曲によってはややもすると窮屈で息苦しく感じる時がある。「水の戯れ」ではまだそのような密度の濃さはなく、適度なユルユル感が心地よい。ここにはまだロマン派の熱情の残り火が燻っているかのようでもある。とにかくあまり構えて聞く必要のない、リラックス出来る音楽だ。それでいて味わい深い。まさに水が戯れ、湧き出て、岩間に滴るかのような透明感と爽やかさ。

この動画の3:20~3:50の演奏は分散和音のシャワーで音楽が進行する。現代人の耳には何の違和感も無い響きだが、この頃の人々にはこれがエライ斬新的で不協和に聴こえたらしい。

マルタ・アルゲリッチの演奏はサラリとしていて、どこか投げやりというか適当に流しているようにさえ聴こえる。ところがこれこそが「水の戯れ」を演奏する肝なのだと思う。彼女が華やかにデビューした直後にもこの曲の演奏が録音されている。アルゲリッチのようなラテン的でテンペラントな熱い演奏する人が、それとは正反対のタイプのラヴェルを好んで演奏するのは興味深い現象と思う。昔のレコードのジャケットにあったキャッチに「ラヴェルが青く燃える」とあったが、言い得て妙だ。

それにしても太い腕。ピアニストの青柳いづみこさんが語っていたと思うが、素人が想像する以上に「腕力」が必要とか。

関連記事
スポンサーサイト

2011.12.31 | | コメント(6) | 音楽



コメント

ドメニコ・スカルラッティ

> 素人が想像する以上に「腕力」が必要とか。
ピアニストが一日練習するのに必要な体力は、道路工事をする人のと同じくらいだとか言っていた人がいました。
簡単に音が鳴る楽器はよくないそうで、音の出しにくい楽器で練習すべきだとか。うすっぺらい演奏になるらしいです。

ブログを拝見して、興味の対象が広いので驚いています。
文章がすらすらとよどみなく続いているし、本なんか簡単に書けるような感じがします。

スカルラッティのソナタは聴いたことがなかった、というのにはびっくりしました。
彼はソナタをたくさん (5、600曲ぐらい) 作っているし、大ピアニストたちも録音しているので。アルゲリッチの先生のミケランジェリも。
残念ながら私にはラヴェルは、弦楽4重奏曲とツィガーヌぐらいしかぴんときません。ラヴェルの先生のフォーレは好きですが。

ドメニコ・スカルラッティ (父親のアレッサンドロも有名なので) の装飾音符は古臭い感じはしなかったでしょうか?私は聴き過ぎて慣れてしまっているので、聞いてみたい質問なのです。

ト長調のヴァイオリン・ソナタはK.369 ではなく、379のことですか?

2012/02/12 (日) 00:58:34 | URL | mirusekai #- [ 編集 ]

Re: ドメニコ・スカルラッティ

mirusekai様、今晩は。

> ピアニストが一日練習するのに必要な体力は、道路工事をする人のと同じくらいだとか言っていた人がいました。
> 簡単に音が鳴る楽器はよくないそうで、音の出しにくい楽器で練習すべきだとか。うすっぺらい演奏になるらしいです。

そうなんだ!これも初耳です。やはり、色々とよくご存知ですね。


> スカルラッティのソナタは聴いたことがなかった、というのにはびっくりしました。
> 彼はソナタをたくさん (5、600曲ぐらい) 作っているし、大ピアニストたちも録音しているので。アルゲリッチの先生のミケランジェリも。

残念ながら、その名は知りつつも、これまで縁がなかったのです。

> 残念ながら私にはラヴェルは、弦楽4重奏曲とツィガーヌぐらいしかぴんときません。ラヴェルの先生のフォーレは好きですが。

逆にこれは私がびっくりしました。ダフニスとクロエ、ヴァイオリン・ソナタ、晩年の二つのピアノ協奏曲などは特に素晴らしいと思うのですが。しかし、これも好みですから仕方ないですね^^
ダフニスとクロエは私の最も好きな音楽の一つです。昨年の5月には英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団の公演も観賞したくらいです。
フォーレは私も好きですよ。ただし、晩年のものより若い頃の曲の方が私にはしっくり来ますが。

> ドメニコ・スカルラッティ (父親のアレッサンドロも有名なので) の装飾音符は古臭い感じはしなかったでしょうか?私は聴き過ぎて慣れてしまっているので、聞いてみたい質問なのです。

確かに、装飾音符それ自体には時代背景から来るであろう「古臭い感じ」はありますね。しかし、全体の音の調べには古臭さというよりも、新しさすら覚えます。堅苦しさが無く闊達な雰囲気です。
時代は少し下がりますが、同じイタリアの音楽家、ペルゴレージに通じるような哀愁の香りも漂います。


> ト長調のヴァイオリン・ソナタはK.369 ではなく、379のことですか?

失礼しました。はい、379です。ミスタイプでした。
詩情溢れる序奏と、それに続くト短調の第一楽章は何度聴いても飽きません。
もしかすると、ベートーヴェンに影響を与えた曲かもしれない、などと想像もします。

2012/02/12 (日) 01:54:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

リンクよろしくお願いします

片割月 様、

リンクよろしくお願いします。リンクの表示方法は、プラグインの設定でリンク欄を「表示する」にすればできると思います。

K.379 もいい曲ですが、ピアノ・パートの方が目立つヴァイオリン・ソナタですね。片割月さんは、ヴァイオリンの音があまり好きではないのでしょうか?
もっといい曲がモーツァルトにはあると思ってしまいます。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(小澤征爾×村上春樹)という本を最近読みました。
村上春樹が、シベリウス5番が好きなので小澤征爾に指揮してほしいとか言ってましたよ。その部分で、カラヤンはこの曲が得意で、確か3回録音しているとか言っていました。
5番は誰にでもわかる、いい曲だと思いますが…。

片割月はちょっと分かりにくいぐらいの音楽の方が、好みなのかもしれませんね。
ヴィヴァルディが大ブームなったのは、現代音楽に人々が魅力を感じなくなったことが原因ではないかと言う意見がありますが…。
無調音楽の将来性についてのご意見などもお時間があれば伺いたいです。

新しい音楽では、ベリオの『コラーレ』とかクセナキスの『テトラ』が傑作で元気が出ると思いますよ。

missa Pange Lingua をアマチュア合唱団と9年間歌っていた(p.179)という作曲家、森本恭正氏の著書『西洋音楽論』をさっき読み終えたばかりです。
ぶっ飛ぶような内容がいくつも書かれていて、もう何回か読まないと確かなことが言えそうにありません。

2012/02/26 (日) 11:44:10 | URL | mirusekai #- [ 編集 ]

Re: リンクよろしくお願いします

mirusekai様。

ご了承、ありがとうございました。

> K.379 もいい曲ですが、ピアノ・パートの方が目立つヴァイオリン・ソナタですね。片割月さんは、ヴァイオリンの音があまり好きではないのでしょうか?

いえ、決してそのようなことは(笑)
セザール・フランクやラヴェル、ドビュッシーのヴァイオリン・ソナタ等、好きですよ。
もちろん、ヴァイオリン協奏曲も。

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』(小澤征爾×村上春樹)という本を最近読みました。
> 村上春樹が、シベリウス5番が好きなので小澤征爾に指揮してほしいとか言ってましたよ。その部分で、カラヤンはこの曲が得意で、確か3回録音しているとか言っていました。
> 5番は誰にでもわかる、いい曲だと思いますが…。

mirusekai様が以前、おっしゃっていた「縁」の問題なのでしょう。今少し時間が必要なようです。

> 片割月はちょっと分かりにくいぐらいの音楽の方が、好みなのかもしれませんね。
> ヴィヴァルディが大ブームなったのは、現代音楽に人々が魅力を感じなくなったことが原因ではないかと言う意見がありますが…。

そうですか?う~ん、そんな印象を私は与えましたか。。。
言われてみれば、最初は取っ付きにくく思える音楽でも、一歩踏み込んで聴くと思わぬ発見、感動、喜びを感じることがよくありますね。それもまた、音楽を聴く醍醐味の一つかなあと。

しかし、例えば歌謡曲やポップス、ロックやボサノバも好きです。


> 無調音楽の将来性についてのご意見などもお時間があれば伺いたいです。
> 新しい音楽では、ベリオの『コラーレ』とかクセナキスの『テトラ』が傑作で元気が出ると思いますよ。

未知の曲のご紹介、ありがとうございます。
無調音楽の件も含め、これらについて、また後ほど、お話しいたしますね(#^.^#)

> missa Pange Lingua をアマチュア合唱団と9年間歌っていた(p.179)という作曲家、森本恭正氏の著書『西洋音楽論』をさっき読み終えたばかりです。
> ぶっ飛ぶような内容がいくつも書かれていて、もう何回か読まないと確かなことが言えそうにありません。

ぶっ飛ぶような?
まさに、どんな内容か、楽しみにしています(^^♪

2012/02/26 (日) 17:18:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 無調音楽‐改訂版

苦労されたようですね。
でも、もっといい音楽がありますよ、心配ないです。

新しい音楽でピアノ演奏のものでしたら、シュトックハウゼンや、ジョン・ケージの初期のプリペアド・ピアノの作品の方が楽しめるかもしれません。
Nachtmusik管理人のparsifalさんにも言ったのですが、ルトスワフスキのピアノ協奏曲は傑作ではないでしょうか?クリスティアン・ツィマーマンも弾いているし、わかりやすい音楽だと思いますが。終楽章はパッサカリアですから…(!?)。
ピアノ協奏曲のYouTube → http://mirusekai.blog35.fc2.com/blog-entry-868.html
ルトスワフスキが一度だけ来日したとき、京都まで講演を聞きに行きました。
会場全体に向かって、「あなたがたも、やれる (作曲) ものならやってみなさい」とか言ってましたけどね。すごい!
(世界大戦で大変な苦労をされているので、何を言っても許してあげましょう!!)

アバドがウィーン・フィルを指揮して録音したブーレーズの『ノタシオン』の2番もいいと思いました。アバドのベルク作曲 『3つの管弦楽曲』 もすごいです!
12音の組み合わせが苦痛なら、クセナキスの打楽器の独奏曲 『プサッファ』 はどうでしょうか?これも傑作だと思いますが。
『プサッファ』 のYouTube → http://mirusekai.blog35.fc2.com/blog-entry-158.html
雑音音楽なら、目を覚ませてくれるクセナキスの 『ペルセポリス』 があります。これを聴くと、価値観が変わってしまうかもしれません。
(価値観や人生観を変えれば、美意識も変わるのでさようか?)

今、読んでいるバーンスタイン著 『答えのない質問』 (みすず書房) には、ベートーヴェンやシューマン、ショパンなどのロマン派の作曲家たちが勝手なことをやったから、音楽の構造上の明快さや意味の直接性が失われた、というようなことが書かれています。
新しい創造者は、新たな規則を作る自由や新しい形式と構想を案出する自由があり、歴史は自分の霊感にみちた統率力に従うと確信して、新たな美的世界へと先導した。(205ページ)
(久しぶりの再読中で、今のところ、まだ終わりまで読みきっていませんが。)

現代美術家の杉本博司氏は、「芸術は理解されたらおしまいです」 (木村俊介著 『物語論』) と言っているし、何なのでしょうか一体? 
結局、芸術というのは謎に満ちているものなのだということなのでしょうか?
(ただし、バーンスタインはチョムスキーの統語論を使って音楽の構造を説明しようとしているのですが…。)

しかし、構造がわかったとしても、「われわれはなにがよいメロディーを構成しているのかさえ、まったく説明することはできない」(コープランド著 『作曲家から聴衆へ』 53ページ) というのですから、バッハやモーツァルトの制作上の秘訣は謎のままでしょう?

アバドやバーンスタインの演奏だって、だれにも真似できないでしょうし。
(ああ、バーンスタインが指揮するベートーヴェンの序曲レオノーレ第3番!、シューマン交響曲第2番!!
誰か、乗り越えてくれー!)

2012/03/04 (日) 13:42:01 | URL | mirusekai #/p1nTf8Q [ 編集 ]

Re: Re: 無調音楽‐改訂版

mirusekai様、こんにちは。


> Nachtmusik管理人のparsifalさんにも言ったのですが、ルトスワフスキのピアノ協奏曲は傑作ではないでしょうか?クリスティアン・ツィマーマンも弾いているし、わかりやすい音楽だと思いますが。終楽章はパッサカリアですから…(!?)。
> ピアノ協奏曲のYouTube → http://mirusekai.blog35.fc2.com/blog-entry-868.html
> ルトスワフスキが一度だけ来日したとき、京都まで講演を聞きに行きました。
> 会場全体に向かって、「あなたがたも、やれる (作曲) ものならやってみなさい」とか言ってましたけどね。すごい!
> (世界大戦で大変な苦労をされているので、何を言っても許してあげましょう!!)

お恥ずかしい限りですが、実はルトスワフスキのピアノ協奏曲のCDは持っていて、一度聴いたきりです^^;
エサ=ペッカ・サロネン指揮、ロスアンジェルス・フィルハーモニック演奏による日本語解説付きの。
他に交響曲2番や連作歌曲・歌の花と歌のお話などが入っています。

この人の作風は、ケージ的な不確定要素(各パーツの音高のパターンは決められ、タテのアンサンブルはアドリブ等)と確定要素を曲の中で拮抗されるのが特色らいしですね。

まずは、この曲を改めてしっかりと聴かねば(^。^;)

> 現代美術家の杉本博司氏は、「芸術は理解されたらおしまいです」 (木村俊介著 『物語論』) と言っているし、何なのでしょうか一体? 
> 結局、芸術というのは謎に満ちているものなのだということなのでしょうか?
> (ただし、バーンスタインはチョムスキーの統語論を使って音楽の構造を説明しようとしているのですが…。

ご存知かもしれませんが、例えば有名な自由律の句にこんなのがあります。

うしろすがたのしぐれてゆくか   山頭火

せきをしてもひとり        放哉

俳句は第二芸術とする不思議な主張もありますが、これらの句が芸術性を帯びるとすれば、「芸術は理解されたらおしまい」という意味は「様々な解釈の余地があり、解き尽くせない」と言い換えることか出来るかもしれませんね。
芭蕉の、古池や蛙飛び込む水の音、もそうですね。

> アバドやバーンスタインの演奏だって、だれにも真似できないでしょうし。
> (ああ、バーンスタインが指揮するベートーヴェンの序曲レオノーレ第3番!、シューマン交響曲第2番!!
> 誰か、乗り越えてくれー!)

オヤ?いつもは冷静沈着なmirusekai様が叫んでる(-^〇^-)

もしやバーンスタイン指揮、ウィーンフィルのライヴ盤のシューマン交響曲全集?
それなら私も愛聴しています^^
私は3番が一番好きですが。
レオノーレ第3番も以前にレコードで聴いていましたが、今は持っていないわ^^;
バーンスタイン指揮、ニューヨークフィルの演奏は雄大でした。

2012/03/04 (日) 15:29:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。