田村明子氏のコラムを残念に思う






          キム・ヨナの競技復帰 Text by 田村 明子(Jスポコラムより) 


(引用開始)正直に言うと、ここまで調整をしてきているとは思わなかった。2年ぶりに世界選手権に現れたキム・ヨナは、SP、フリーを通してほぼノーミス。唯一、SPのフリップに不正エッジ判定がついた以外、完ぺきな演技を見せた。

「競技に戻ってきたのは、スケートを愛しているから。もちろん、日々のトレーニングに戻ることは楽ではなかった。でも一度目標を達成してしまっているので、プレッシャーはない。楽しみながら滑りました」

優勝記者会見で、キムはそう語った。韓国メディアの数も多く、次々と質問は彼女に集中する。だが嫌そうな顔も見せることなく、淡々と通訳を通して質問に答え続けた。

毎シーズン、普通の選手たちはGPシリーズなどから出場し、調整をしてピークに持っていく。私たち報道陣も、ファンたちも、選手たちが1試合ごとにプログラムの完成度を上げていき、調子を上げていくのを一緒になって見守ってきた。

そんな中で2年間休暇を取っていた選手がいきなり登場して、こつこつと実績を積み重ねてきた他の選手たちを追い越し、軽々と金メダルをさらっていくというのは、正直に言えば何とも複雑な気持ちだった。

だがロンドン世界選手権で見せたアスリートとしてのキムの強さは、否定しようのない見事な復帰だった。ほとんどの女子がもっとも簡単な3トウループの3+3コンビネーションで四苦八苦しているというのに、なんでもないかのように3ルッツ+3トウループを軽々と決めた。フリーでは、まったく失敗しそうな気配がなく、ものすごい集中力を彼女から感じた。

唯一難をつけるなら、個人的な感想ながら、彼女のプログラムが何も心に残らなかったことだろうか。SP「吸血鬼のキス」フリー「レ・ミゼラブル」ともによく構成のできたプログラムであることは間違いない。だが彼女の演技を通して、強さ、巧さは十分に感じたものの、それ以上に心に訴えかけるものを感じることはできなかった。その意味において、ジャンプへの気前良いGOEの加点は納得できるが、フリーでは5コンポーネンツに9点台が並んだことには少し驚いた。

ただやはり2年ぶりの世界選手権という大舞台への復帰でありながら、これほどまでに完成度の高い演技を堂々と見せたことに対するご褒美、という意味合いもあったのに違いない。今回の世界選手権では、浅田もコストナーも技術的にベストな演技ではなかった。いよいよ五輪の勝負となる来季、この3人がベストな演技をしたときに、どのような評価がくだされるのかぜひ見てみたいと思う。(引用終わり)


もしもこのコラムを、「ヨナ選手を好まぬ浅田ファンブロガーの書いた文章です」と紹介されたら、私は信じたかもしれません。

昨年、私は「ほとんど高橋大輔ファン目線(チャン選手のアンチ)になってしまったかのような」田村明子氏のコラムに疑問を覚えた旨を書いたことがあります。

今回のコラムは、またしても…申し訳ないですが、私が赤色をつけた箇所は…これが長年に渡りフィギュアスケートを取材して来た方の書く内容でしょうか?

「普通の選手たちはGPシリーズなどから出場し」…ここからして変です。普通の選手たちは国内の各地区予選から出場するのではありませんか?GPシリーズに出られる選手はむしろ例外的存在です。

「2年間休暇を取っていた選手がいきなり登場して」…ヨナ選手に失礼だと思います。いきなり登場して「軽々と」トップレベルのフィギュアスケートが出来るのでしょうか?休暇もあったかもしれませんが、この間、ずっと厳しい練習を続けて来たハズです。

田村氏は「2年間休暇を取っていた」安藤美姫選手が「いきなり登場」し、主要大会で優勝したら同じことを書きますか?前回のバンクーバー五輪のシーズン、「3年間休暇を取っていた」プルシェンコ選手が「いきなり登場」して欧州選手権で優勝し、五輪で銀メダルを取ったのはどうだったのでしょうか?

浅田選手は2週間休暇を取っただけで、ジャンプがままならなくなったそうです。フィギュアスケートがそんな甘いものではないことは、長年取材して来た田村氏なら良く存じ寄りと思うのですが。

「もっとも簡単な3トウループの3+3コンビネーション」…これも一部の特定選手のファンが、ライバル選手たちを揶揄して言うセリフを思い起こします。確かに3Lzー3Tや3Fー3Loよりは難度は下がりますが、難しいコンビネーションンジャンプに変わりは無いと思います。それを「もっとも簡単な」とバッサリやられては、苦労して取り組んでいる選手たちには身も蓋もありません。

これがフィギュアスケートに無知な報道人や唯の素人ファンが言うのであればまだ分かりますが、田村氏は多くのスケーターたちの近辺で取材をして、彼等や彼女等が懸命に練習する姿や、泣いたり笑ったり怒ったり喜んだりする姿をつぶさに見て来たのではないでしょうか。

「心に訴えかけるものを感じることはできなかった」「5コンポーネンツに9点台が並んだことには少し驚いた」…これです。パトリック・チャン選手の演技に対し、アンチが放つ「負け惜しみセリフ」とソックリ同じです。

心に訴えかけるものがない、はともかく、それをPCSの高さへの「驚き」とリンクさせるのは稚拙。ファンの受ける感動とPCS評価とは直接関係が無いことくらい、私達でも理解していることです。

仮にヨナ選手のPCSが過大評価と言いたいのであれば、根拠をきちんと挙げて語れば良いのです。英語が達者な田村氏はなぜ国際ジャッジに直接取材なさらないのでしょうか?相手が固く口を閉ざしても、何とか聞き出すのがプロでは?それも為さらず「何とも複雑な気持ちだった」「少し驚いた」程度の内容では残念です。

「ご褒美という意味合いもあったのに違いない」…ここまで来ると抱腹絶倒です。

「少し驚いた」は「少し意外な高得点と思った」くらいの疑問の意味でしょうね。それがいつのまにか「違いない」との「事実」に変化しています。これは陰謀論の思考回路に近づく危険な兆候です。

これがネット上では、「あの田村氏もヨナ選手のPCSはご褒美採点と批判していた」「やはり、八百長か」と拡がって行くのです。

それに、「ご褒美」を言うなら、GPシリーズ、GPF、四大陸or欧州選手権を経て世界選手権に出場した選手達こそ、ISU国際審判から見れば「皆勤賞のご褒美」に値するのではないでしょうか。高橋大輔選手や鈴木明子選手のように大きな怪我や病気を克服してリンクに戻って来た選手たちへの「ご褒美」はどうなります?

ひょっとすると田村氏は普通に書いたのでは面白くなかろうと考え、ネット上に多い特定選手のファンにウケるよう、少し文章表現をセンセーショナル風に味付けサービスをしたのでしょうか?仮にそうだとしても共感出来ませんが。

私は田村明子氏の著作はいくつも読んで来ました。意見は色々とありますが、楽しく読みました。田村氏にはフィギュア専門の報道人としての期待は小さくありません。フィギュアファンへの影響力もかなりあると思います。それだからこそ、取材力を生かした良コラムをお願いするものです。


関連記事
スポンサーサイト

2013.04.02 | | コメント(140) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

「心に訴えかけるものがない」・・・あちゃー(>_<)
ジャッジの点数は出てるけど「私」の心には響かない=八百長 って方向に世間は誘導されて行くのでは?

とても専門家とは思えない!悲しいですよ(T_T)

2013/04/02 (火) 23:04:29 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

その答えは


>個人的な感想ながら、彼女のプログラムが何も心に残らなかったことだろうか。<

それは、田村氏の心がザルだからです。

2013/04/02 (火) 23:05:29 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

こんばんは。
ご紹介のコラムは今初めて読ませていただきましたが、確かに残念なコラムですね。
「心に残らない」とか「訴えかけるものを感じることはできなかった」という個人的な感想から繋げて、
その意味においてPCSの高さについて「少し驚いた」と書いてしまっては
もうただの素人ファンのブログ記事そのままですよね。
極めつけが「ご褒美、という意味合いもあったのに違いない」、
これではもう「はぁそうですか」としか言えません。
ルール、特にPCSの採点方法に関して背景的知識の全くない素人が言う事ならまだ分かりますが、
片割月様がご指摘のように、20年近くフィギュアスケートの取材をされている、
ファンへの影響力も大きいと思われる立場のライターさんが書かれた記事だと思うと、
あまりの物足りなさと同時に、
ある意味でフィギュアスケートファンをなめたところがあるようにも思えてしまいます。
ただ他のスポーツでもこういったただの感想レベル&誤解を受けるような偏った見方のスポーツコラムというのは往々にしてあるものではありますね。

2013/04/02 (火) 23:24:59 | URL | 末摘花 #nIIL6BxI [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コロン様、こんばんは。

おっしゃる通りですよね。

とてもプロの書いたコラムとは思えません。

悲しいといいますか、呆れるといいますか(;´Д`)

2013/04/02 (火) 23:32:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

もう何から何まで同意でございます。

ほんと最近の田村さんは劣化の一途ですね。昔からひと癖ある方ではありましたが、それでもかつてのコラムは読みどころもいっぱいあったのに。それが今回の文章なんて、よくこれでお金貰ってるな~って感じです。それともJスポのコラムのギャラがよっぽど安いんでしょうかね。だからこんな素人ブログからコピペしてきて適当に繋ぎ合わせたような文章なんでしょうか。

特に復帰云々の箇所に関して、今季田村さんも好きなジョニーがあれほど苦しんでいたことについてはどう思っているんでしょうかね。あれこそが復帰の難しさじゃないですか。それともジョニーにとっては大変なこともヨナだけは苦もなくやってのけたと思っているのでしょうかね。田村さんにとって選手の才能と努力ってなんなんでしょう。

2013/04/02 (火) 23:32:45 | URL | バンビーナ #b2.I9V5E [ 編集 ]

Re: その答えは

ドロンパ様、こんばんは。

>それは、田村氏の心がザルだからです。

ザルは勿体ないです。

200円で売っているプラスティック製の穴あきボウルです。

2013/04/02 (火) 23:34:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

その答えは

夜店の金魚すくいの網です。
ファンと言う水につかりすぎて、紙が破れて、金魚の掬えなくなった、骨だけが残った網です。

2013/04/02 (火) 23:43:22 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

妥当性

んじゃ、田村氏はどのくらいのPCSなら納得だったのか…?
まあ、ヨナ本人もフリー得点に関しては、肩をすくめて「出過ぎ」と言ったくらいだから(耳を疑ったよ)、合計140点代の前半くらいがおさまりのいいところなのかもしれませんね…。
田村氏にはジャンヨナバルジャンが見えなかったのか…ドロンパさんの仰るように心がザルだな…w

2013/04/02 (火) 23:47:00 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

あ・・穴あき(^^;)

片割月様、こんばんわ。
睦月改め諸行無常です。
先日コメントさせていただいたのですが、普段使ってる名前で投稿させていただくことにいたしました。

で、私が思っていることは片割月様が記事内で発言されているので、あえて重複しません。私も同様のことを思い、感じました。

にしても、穴あきのボウルとは、ばっさりと切り捨てるあたり、大好きです(ぽわん)

2013/04/02 (火) 23:59:37 | URL | 諸行無常 #m84aBXLc [ 編集 ]

パーフェクトプログラム

>取材力を生かした良コラムをお願いするものです。

それは期待できませんね。
「パーフェクトプログラム」の時から感じていましたが、バンクーバー五輪、女子については印象論を書き綴るのみで、テクニカル面の素晴らしさはほとんど語らずでした。
当時私は、ヨナ選手がなぜあれほどの高得点を出したのか、答えを知りたくて読んだのですが、あまりにやる気のない文章に肩すかしをくらいました。また、ロシェット選手の点数について「同情点」のようなことを書いていたのはいかがなものかと。

男子については、インマンメールのことにかなり頁を割き、また高橋大輔選手の音楽の音量が絞られたのではないかなど、「北米の陰謀」を匂わせるようなことを書いていました。

単なる北米嫌いかと思っていましたが、バーチュ・モイヤー組が好きな所を見ると、田村さん自身が、ご自身が嫌う北米メディアと同じ穴のムジナだというだけのことかもしれません。センセーショナルな話題が大好きなだけなのかも。

しかし、このやる気のない文章、3年前と変わっていないね。プレシーズンなのに。田村さん、女子シングルは実はあまり興味ないのかも……。

2013/04/03 (水) 00:43:00 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

女子SPのルール改正


>ヨナ選手がなぜあれほどの高得点を出したのか、<

五輪シーズンの浅田選手のSPは、

・当時、浅田選手がキムヨナ選手にTESで大きなアドバンテージがあるのは3A。
・ところが、「2Aは必須」というルールが足枷となり、SPでは3Aで大きな差を付けることができない。
・仮に女子も男子と同様、SPで2Aの代わりに3Aを跳ぶことができたなら、PCSの差を埋めるジャンプ構成を組むことができ、SPも互角になるはずだった。

バンクーバー五輪後の女子SPのルール改正は、
「女子の技術レベルが上がれば、女子のルールは男子のルールに追随する」
という種類のものだと思います。
(女子のルール改正は、基本的に男子の後追い)


ボイタノやオーサーが五輪のSPに3Aを入れたのが1988年、その時のジャンプ構成が
2F、3A-2Lo、2Aでした。
(たしかその頃のSPは、2A、2F、2Loを含むコンボ、が必須だったと思います)

90年代になっても2A必須のルールは残ったので、男子トップ選手はSPでアクセルを2回(3Aコンボと2A)跳んでいました。
私は、ジャンプが3回しかないSPで、なぜ前向きのジャンプを2度も跳ばなくてはならないのか不思議で、ルールに興味を持ったのはこのころだったと記憶しています。

1999年ワールド後に男子SPのルールが改正され、SPにも4回転を入れられるようになりましたが、このルール改正は、注目された「SPの4回転」よりも、
「2Aの代わりに3Aでも良くなった」ことのほうが、意義が大きかったと思います。
ジャンプ3回のうち2回がアクセルというのは、非常にバランスが悪いからです。

男子のルール改正は10年以上かかったことになりますが、このルール改正はどこからも批判が出なかったので、男子の前例に沿って女子でも同じ要望が出れば、すんなり通ったのではないでしょうか。

だから、もしも浅田選手がバンクーバーでSPにも3Aを入れる戦術を取るなら、
・遅くともトリノ五輪の前後から、バンクーバーに向けてルール改正を働きかける
・そのためには、浅田選手がSPにアクセルを2回入れて、「ルールの不備」をアピールしておかなくてはならない

「女子の技術レベルが上がったので、男子のルールに追随する」
という性質のルール改正なので、すんなり通っただろうと思いますが、それでも、五輪シーズンになってからSPに3Aを入れたのでは遅いのです。

今、「不公平なルールを改正すべき!」と言っている人たちは、
「バンクーバー五輪に間に合うよう、女子のSPルール改正を!」
という運動はしなかったのだろうか? と思います。

五輪後のSPルール改正は浅田選手に有利、と言われていますが、どちらかというと、
「女子のSPルール改正が遅れたため、SPに3Aを入れられる浅田選手が損をしていた」
というのが公平な見方でしょう。


※ ちなみに、五輪で浅田選手のSPの演技直後、得点を待つ間に、ハインリヒ氏が
「3A-2Tに対する得点が不十分だ」
というのに対し、シャンベルガー氏は
「いや、それは十分だ、問題なのは『2A必須』のルールのほうだ。
これがなければアサダはSPでも互角に戦えるが、このルールのせいでSPではキムヨナに勝てないだろう。
FSのルールなら3Aの効き目がある」
と予想しています。

現在ネットで見られる五輪SPのドイツ語解説は他にもありますが、独ユーロでないほうは、日本の民放並にくだらないです。

2013/04/03 (水) 10:50:33 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

パーフェクトプログラム

神無月様 ドロンパ様

>ヨナ選手がなぜあれほどの高得点を出したのか、<

>五輪シーズンの浅田選手のSPは、

・当時、浅田選手がキムヨナ選手にTESで大きなアドバンテージがあるのは3A。
・ところが、「2Aは必須」というルールが足枷となり、SPでは3Aで大きな差を付けることができない。

このときは新ルールの解釈で日本は完全に遅れをとっていましたね。ですから、ヨナ陣営も、アメリカの解説者も、プログラム構成、スケーティング技術から見てヨナ選手圧倒的優位と見ていました。日本のスケート連盟がそうだから、ファンは
’なぜ高得点?”"陰謀” ということになった
し、今でもチャン選手がなぜいつも高得点なのか理解できないでしょうね

ヨナ選手の復帰 : 2年間競技には出ていないもののアイスショーは続けていましたので、復帰に向けて本格的に取り組めばさほど難しくはなかったでしょうね。カートも世界選のまえに、彼女の場合は”試合感’”勝負勘’が戻っているかが問題で技術的には心配ないといっていました。

2013/04/03 (水) 12:05:20 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

こんにちは。お久しぶりです。いつも楽しく拝見させていただいてます。

私もこの田村さんのコラム読んでブログ書いたばっかりなので、わーいシンクロとちょっと嬉しくなりました。まったく同感です。

田村さんペトレンコファンだというお話だったので応援してるんですけど、このコラムはちょっと残念でした。

優勝会見の様子にも言及しているので現場にいらっしゃったんだと思いますが、会場で生で見たにしては臨場感のあまり感じられないコラムですね。どうしちゃったんでしょう?

私も田村さんに期待してる読者の一人としてもうちょっと頑張って欲しいですね。じゃないと次は立ち読みで済ませちゃうぞ。笑

2013/04/03 (水) 13:46:01 | URL | mamakuma #ttjqW.G2 [ 編集 ]

なら私は「プラスティック製の穴あきボウル」でいいです。。。

私はそれほど残念なコラムだとは思いません。
所感を述べているだけのようには感じましたが。
キム・ヨナ選手のことを上げまくる某ライターの記事に比べれば、ずいぶんとマシです。

キム・ヨナ選手の演技を評価することが私には出来ません。
何も心に残らなかった、というのも同意です。
彼女のプログラムは何をやっても同じ。
音楽が違うだけです。
ステップもないし、スピンもブレぶれ。
見所があるのはジャンプぐらいですが、そのジャンプもあれだけGOEがつくのは疑問です。
スピードは凄いですけれど、その分ものすごく漕いでいるのでプログラム全体としては美しくない。
姿勢も良くない。
シニア1年目の「ロクサーヌ」と「あげひばり」には感動しましたが、その次の年以降は構成も演技も一緒。
はっきりいってつまらないです。

大体、GOEで10点以上も点差がつくなんて、競技として破綻しています。
基礎点の意味がない。
PCS10点満点を付けたジャッジには呆れてものが言えません。
これ以上伸びしろがない、ということで、ヨナ選手にもちょっと失礼だとすら思いますよ。

出てきた点数に無理に理由をつけて納得させようとする、ISUやテレビの解説者を含む各媒体。
表立ってルール批判、ジャッジ批判をすることはタブーとされているから、こういった記事になったのではないかな、と邪推してしまいますね。
妄想と言われればそれまでですけれど。


私は以前は熱心なフィギュアスケートファンでしたが、ルールの整合性を考えるのがばからしくなって以来、点数について考えるのをやめました。
PCSが素人から見て分かりにくくなっていること自体が問題だとも思います。


フィギュアに関しては意見が合わなそうなので、記事は読んでもコメントすることは控えていたのですが、今回は「どの選手も公平に、というスタンスが行き過ぎてヨナ選手アゲになってるのでは?」と感じ、ついコメントしてしまいました。

お気を悪くされたらすみませんm(__)m

2013/04/03 (水) 14:12:16 | URL | ゆきめ #- [ 編集 ]

お門違い

ご自分の目が節穴なのを自慢されても。。
それが名もない匿名ネット住人ならまだしも
フィギュア報道の専門家なら失格の烙印を押されても仕方ないのでは?
優勝者にケチをつけるのが彼らの仕事なんでしょうか。。

採点競技と、一個人の感動と、別物なのに「心に響かない」を堂々と宣言して、何か得るものがあるのでしょうか?

PCSは感動点ではありませんよね。

本当にこのような風潮は嘆かわしいです。。。。

2013/04/03 (水) 14:33:56 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

こんにちは!
ワールドが終わってからどちらのブログもコメント欄も賑やかで見て周ることが楽しみです。
Youtubeやニコニコ動画のコメント、Twitterや2chどこも沸きかえってますね♪
冷静に分析して意見を述べる方々と感情論で責める方々とがどこまで言い合っても分かり合えない様子に不毛だなあ、お疲れ様だなあと(-_-;)
色々見て分かったことは日本において浅田真央ほど愛されている女性アスリートってなかなかいなくて、キムヨナほど嫌われている女性アスリートってのもなかなかいないっていうこと!!これ多分韓国では逆なんでしょうなヽ( ̄▽ ̄)ノ

ま~個人的には役者が揃って五輪シーズン俄然楽しみです。
ミキティにも万全で復帰してもらいたいものです。
各選手のパーフェクトプログラムが見られたら、もうこの競技は見納めでいいかなあと思ってるんですがね…


2013/04/03 (水) 16:34:50 | URL | アース #- [ 編集 ]

>ほとんどの女子がもっとも簡単な3トウループの3+3コンビネーションで四苦八苦しているというのに、なんでもないかのように3ルッツ+3トウループを軽々と決めた。

この文脈は金のジャンプをほめてるんですよ…

Jsportsは朝鮮日報ではないので意見の多様性は尊重されるべきだと思います。ここは言論の自由がある日本ですから。

2013/04/03 (水) 16:42:31 | URL | サム #- [ 編集 ]

頭もザルですな


ペトレンコの時代からフィギュアスケートを見ているのに、

>だが彼女の演技を通して、強さ、巧さは十分に感じたものの、それ以上に心に訴えかけるものを感じることはできなかった。その意味において、ジャンプへの気前良いGOEの加点は納得できるが、フリーでは5コンポーネンツに9点台が並んだことには少し驚いた。<

などと書いているようでは、心だけでなく、頭もザルなんでしょう。

2013/04/03 (水) 17:07:51 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

私もザルで結構です

(引用)「キム・ヨナ選手のことを上げまくる某ライターの記事に比べれば、ずいぶんとマシです」

私もその通りだと思います

確かに「心に響かない」うんぬんは、専門記者のくせに、印象批評かよ、といえなくもないですが
それでいえば、キムよなアゲまくり某ライターの記事はもっとすごい印象批評もりもりでしたし、

本当の意味で専門家のはずの日本スケート連盟関係者(城田某)も、大人っぽいとか、子供っぽいとか、よくわからん基準で勝敗予想を論じていましたよね。

だから、そもそもフィギュアスケートってその程度のもんなんじゃないの、ともいえる。

ところが、こちらのブログは、ヨナを褒めている記事は俎上に上げず、
少しでもヨナを下げると、がっかりだ、ザルだって。

ちょっと公平なブログとは、思えないんですけどお。
ブログってそもそも公平である必要はないっちゃないですが。公平っていわなかきゃ別に、難癖つける気はないので、そこんとこよろしくお願いします。


2013/04/03 (水) 17:48:43 | URL | くみ #- [ 編集 ]

田村さんの二面性

ドロンパさん、kan-kanさんへ

レスありがとうございます。
いえ、要点はそこではなくてですね。私のコメントでテーマがぶれてしまって申し訳ありません。

私が一番申し上げたかったのは、田村さんが一番輝くのは、北米とロシアの対立構造を語っている時だろうなということです。これを書かせたら、たぶん彼女の右に出るライターはいないでしょうね。一方で、女子シングルのコラムはつまらないなと感じます。私は、野口さんのコラムの方が好きです。

片割月さんへ

この記事をご覧ください。Number Webの記事ですが同じライターが書いたとは思えない記事です。
http://number.bunshun.jp/articles/-/357473

田村さんって二面性があるわね。コウモリ野郎?

追伸。
Number Webの記事も合わせて読めば、
田 村 さ ん が 最 も 感 動 し た の は コ ス ト ナ ー 選 手 の演技。
だということがよく分かると思います。

>ひたすら純粋に、ひたむきに自分の向上を目指して進み続けるピュアな浅田真央。
>圧巻の運動能力と意志の強さを感じさせるキム・ヨナ。
>そして、氷の上の芸術家であるカロリナ・コストナー。

田村さんは別にヨナ選手の演技をけなしているわけではありません。読者層に合わせてライターが記事を書き分けるということはよくあるとは思いますが、Jスポーツの記事は誤解の元ではないでしょうか。たまたまそうなったのか、確信犯なのか、どちらなのかは分かりませんが、一部分のみピックアップするJスポーツのコラムは、私は「嫌らしいねえ」と感じました。

2013/04/03 (水) 19:01:07 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

感動と採点は別。

田村さんに限らず、青島さんや宇都宮さんにも言えますが、プロのライターなのに個人の感情を挟みすぎです。なぜ勝ったかが分からないのを調べるのがライターでしょうに。仰る通り、現地の関係者に取材するなど出来るでしょうに。

PCS=感動点と勘違いしてる方々が多いですね(~_~;)スポーツなんだから、スポーツの技術に対してのPCSなのですが。感情や感動で採点している訳では無いから、自分が感動しないから点数がおかしいなんて言うなら、エキシビションだけ見てろといいたいです(笑)

ゆきめさん

>大体、GOEで10点以上も点差がつくなんて、競技として破綻しています。

どのような計算をされたか分かりませんが、もし単純についたGOEを足し算したとしたなら、ワールドフリーのコストナーもGOEで10点以上稼いでいますよ。

>PCS10点満点を付けたジャッジには呆れてものが言えません。

アイスダンスのバーチュ・モイヤー組、デイビス・ホワイト組には10点満点沢山ついていますが、ジャッジ達は彼らにはこれ以上伸びしろがないと判断されたのでしょうか?彼らには失礼なのですか?

http://www.isuresults.com/results/wc2013/wc2013_IceDance_FD_Scores.pdf

特定選手だけでフィギュアスケートをやってる訳ではないのですけど(~_~;)そこを抜け出さないと、いくらルールを勉強しても納得出来ないでしょう。感情から抜け出さないと。感動と採点は別です。

2013/04/03 (水) 19:13:09 | URL | スケヲタ鉄子 #RXtWfVJQ [ 編集 ]

神無月様

こちらこそ、申し訳ありません。
思い出したことを書いているうちに、どんどん要点からずれてしまい、なんだかまるで神無月様のコメントに長々と反論しているように見えてしまうだろうと自覚はしていたのですが、情報として何かのお役に立てば良いかと思い、そのまま投稿してしまいました。^^;

Number Webの記事、読みましたよ。同じ人が書いたとは思えないですね。
「多くの人は、自分の見たいものしか見ない」
という法則にのっとって、
「自分の書いた記事は、どうせザルの底には残らない」
と思っているのか???
少なくとも、比較・検証・分析する人向けには書いていないんでしょう。

2013/04/03 (水) 19:39:39 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

田村さんもねぇ

結局、今のフィギュアスケートを商売道具にするだけか、それとも一人でも多く継続してファンになってもらえるようにするにはどうすればいいか考えるかの違いかなぁ、と最近の田村さんの文章を見ると思います。

経緯を考えたら、「質」を重要視しているのは明らかだし、では、質を計るものは何かといえば、TESで言えばGOEであることは明らかなわけで。

少なくとも「ルール周知」と「「現在のルールに至る経緯や背景」「なにが高難度なのか。またそれがなぜ高難度なのか」をファンに伝えることが最も重要な課題であるはずなのに、ジャンプを褒めつつ、つまらん「個人的感想(強度のバイアス込み)」を加える。

ファンに影響力のあるライターがあのレベルじゃあね。さすがに萎える。

2013/04/03 (水) 19:59:01 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

横レス

横から失礼。

時々本音、時々建前 ではないですか?
きちんと理性を保てて書ける時と、
感情に任せて書く時があるのでは?

今季世界最高得点でワールド優勝した選手の「ここが凄い」をふつーに書けんものなのでしょうか??
「唯一難をつけるなら」って何故難をつける?つけなきゃダメなの?

・・・需要かな?ヨナさげして欲しい需要。

先日のテレ東の舞さんのヨナの点数云々といい、
アンチヨ派が勢いづく田村氏のコラムですね。

どんなに高得点でも「私の心に訴えてくるものがない」
と言っちゃえば、話は終わりですよ、ジ・エンド。フィギュアの観戦記ではないですよね。

2013/04/03 (水) 20:08:01 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

私もがっかりです。
もし田村さんが本気で書いているのであれば、ライターとして「能力なし」
何か意図があるのであれば、人間として「根性わるい」と思ってしまいました。
自分の言葉の影響力…分かっているのかな?素人ではなくプロのライターという自覚はどこへ?

ルールの問題点を指摘するのであれば、皆さんも指摘されている通り(もう解決済みですが)SPの2A必須とか、FPの2A3回までOKとかの改正等々が現実的ですよね。
感動云々…とかスポーツ技術からかけ離れたところにPCSの根幹をもっていくと話になりません。
あ~マスコミの主流はいつまでこういう状況が続くのかな~。

2013/04/03 (水) 20:12:08 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

嘆かわしいですわ

コロンさん

>時々本音、時々建前 ではないですか?
きちんと理性を保てて書ける時と、
感情に任せて書く時があるのでは?

そうかもしれませんね。

問題は、今のフィギュアに不信感を抱いている人の中は、ネガティブ意見の方を重要視してしまう可能性が高いということでしょう。

ルールが良く分からない中で、自分で深く考える必要が無くとも理解しやすい陰謀論を読んでバイアスがかかっている人は特にそうです。

例え両方読んでいたとしても「こっちが田村さんの本音で真実なのね」という具合に。

>・・・需要かな?ヨナさげして欲しい需要。

それはあるかもしれませんね。マスコミから見たら「これで食いつく奴が沢山出てくるぜ」でしょうから。

まあ、商売ってことですかね。
何とも嘆かわしいです。

2013/04/03 (水) 20:29:47 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

田村さんコラム

片割月様こんばんは。先日はお返事ありがとうございました。
二度目のコメント失礼します。

田村さんコラム色々なところで話題になってるみたいですね。
Numberの方の田村さんの記事とだいぶ印象が違ったのでうん?違う田村さん??あれ?同じ?と混乱しました(^^;;


個人的には、ヨナさんスケートを楽しんでいることが以前よりも感じられて嬉しかったし、すごい頑張ったんだろうなぁとほっこりしたので、
特に唯一難癖つけるなら以降、同意できませんが一体どっちがほんとの田村さんなんでしょう(^^;;書いてあること自体はそんなに変わらない気もしますがだいぶ印象違いますね。

それにもし点数に納得いってないのなら、ご褒美とか書く前にジャッジにばんばん取材してそれを伝えてくれたらいいのにー!です。
点数に不満はありませんがPCSは難しいので
ジャッジがどういう所を高く評価しているのかジャッジ自身から聞けると有益ですし。


個人的にはフィギュアスケートのコラムだと野口さんのコラムが選手への愛を感じられて一番好きです(^^)


この記事とは関係ないのですが
浅田選手ソチの演技が集大成になれば、と話しているみたいですね。
安藤さんヨナさんコストナーさんあっこさんがいなくなってしまうのでも寂しすぎて嫌だよー!寂しいよー!と思っているのに、浅田選手まで!?となると、もう一体どうしたら・゜・(ノД`)・゜・。なので集大成の意味については考えないようにしている今日この頃です。

内容がずれて収拾がつかなくなってきたので
この辺りで失礼します。
またお邪魔させていただきます(^^)


2013/04/03 (水) 21:04:36 | URL | カルミア #n7ZeMpaE [ 編集 ]

Re: タイトルなし

末摘花様、こんばんは。

>ある意味でフィギュアスケートファンをなめたところがあるようにも思えてしまいます。

同感です。

Jスポのコラムですから、比較的熱心なフィギュアファンが読むでしょうに、これでは。。。

原稿料、タダで書いているわけでもないでしょうに(^。^;)

2013/04/03 (水) 21:04:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

バンビーナ様、こんばんは。

>こんな素人ブログからコピペしてきて適当に繋ぎ合わせたような

ブハッ、なかなか辛辣ですね^^

>よくこれでお金貰ってるな~って感じです

フフフ。末摘花様へのレスに書いたのですが、バンビーナ様も私と同じことを(^。^)

ジョニーファンの田村氏が超順調復帰したヨナ選手をやっかんで、あのような駄文を書いたかな^^;

2013/04/03 (水) 21:15:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: その答えは

> 夜店の金魚すくいの網です。
> ファンと言う水につかりすぎて、紙が破れて、金魚の掬えなくなった、骨だけが残った網です。

バルタン様にしては、出来の良い修辞ね。

子供の頃、何回やっても一疋もすくえず、そうとう悔しい思いをしたんだろうね(^Д^)

2013/04/03 (水) 21:32:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

罪深い

numberとこれほど違うのは、もしかしたら編集サイドに則った結果なのかもしれません。
とはいえ、ソルトレイクスキャンダル時の北米メディアの煽りっぷりやジャッジ批判を繰り返すコメンテーターを戒めていた田村氏が、分かっていながら同じことをするのであればそれは罪深いことです。
ソルトレイク後北米選手が負ける度に八百長があるかのような印象を与える報道を繰り返した結果ファンは離れ人気が急降下をたどっていった。自らの首を絞めた。と自著に書いてるんですから。
日本も北米のフィギュアバブル崩壊の後追いをしてもかまわないと思ってるんでしょうか。

五十嵐文男「私はルールブックを隅から隅まで読んでいます。でもジャッジミーティングに参加しているわけではない。どのようなところを特に注意して評価しているのかという、話し合いに参加したわけではないのです。そんなことも知らずにジャッジの採点を非難するのは凄く無責任な行為だと私は思います。」
(田村明子著「氷上の光と影」より抜粋)

2013/04/03 (水) 21:35:19 | URL | ぺんぺん #NkOZRVVI [ 編集 ]

Re: 妥当性

シジ子姉。

>肩をすくめて「出過ぎ」と言ったくらいだから(耳を疑ったよ)

あれ、本当に「出過ぎ」と言ったんかいな?それこそ、我が耳を疑います(^Д^)

確か、ショートの時は、採点が辛いとか、文句たれてなかった?

こういうこと言うから、余計に嫌われるんだな。

正直、と言えば正直なんだろうけど。

2013/04/03 (水) 21:35:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

アースさま

>色々見て分かったことは日本において浅田真央ほど愛されている女性アスリートってなかなかいなくて、キムヨナほど嫌われている女性アスリートってのもなかなかいないっていうこと!!これ多分韓国では逆なんでしょうなヽ( ̄▽ ̄)ノ

ああ、それはノイジーマイノリティが騒いでるだけです。
多くの日本人に真央さんが愛されていることに異論はありませんが、外国人選手であるヨナさんの人気も結構あるのですよ。

最近行われたアスリートイメージ調査。
http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/report/20130327_7189.html
「華やかな」アスリートは、1位に浅田真央、2位にキム・ヨナ。

バンクーバー五輪後の調査はもっと凄いですよ。
http://www.hakuhodody-media.co.jp/newsrelease/report/20100311_1569.html
・イメージ総合ランキング4位にキム・ヨナ
・「勢いを感じる」アスリート2位にキム・ヨナ
・「バンクーバー冬季五輪大会で感動した海外アスリート」の1位にキム・ヨナ
・「CM に出演して欲しい海外アスリート」1位にキム・ヨナ


読売新聞「日韓共同世論調査」
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6100/koumoku/20100417.htm
Q 次にあげる韓国(日本)の芸能人やスポーツ選手の中で、あなたが親しみを感じて
  いる人がいれば、3人まで選んで下さい。
 <日本の選択肢>               <韓国の選択肢>
 答 1.イ・スンヨプ 李承燁     21     答 1.浅田真央      43
   2.キム・テギュン 金泰均    7       2.安藤美姫      18
   3.アン・ジョンファン 安貞桓  7       3.イチロー      18
   4.キム・ヨナ 金妍児      50       4.松井秀喜      4
   5.イ・ビョンホン        14       5.木村拓哉      8
   6.ペ・ヨンジュン        18       6.草彅剛       3
   7.イ・ヨンエ 李英愛      7       7.上野樹里      2
   8.チェ・ジウ          17       8.綾瀬はるか     1
   9.チョー・ヨンピル       4       9.中島美嘉      1
   10.東方神起           16       10.中山美穂      1
   11.BoA            17       11.オダギリジョー   5
   12.その他の人          1       12.その他の人     1
   13.とくにない          22       13.とくにない     37
   14.答えない           2       14.答えない      9

数字は%ですが合計が100%を超えるのは複数回答可のためです。
五輪後ということも大きいですが、日本側の親しみを感じる韓国の有名人1位はヨナさん、
韓国側の親しみを感じる日本の有名人1位は真央さんです。

2013/04/03 (水) 21:40:41 | URL | ぺんぺん #NkOZRVVI [ 編集 ]

Re: あ・・穴あき(^^;)

諸行無常様、こんばんは。

ウーム、何やら平家物語の世界に入って行くような。

ここは、源氏物語もあれば、平家物語もあると(^_^)ノ

>穴あきのボウルとは、ばっさりと切り捨てる

ブハッ、あれは一種の言葉遊びでありんす(^。^;)

誰かの演技を見て、心に残るか残らないかは、人それぞれでありんすから。

2013/04/03 (水) 21:41:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: パーフェクトプログラム

神無月様、こんばんは。

ムム。。期待してもダメですかね。。

ジャッジに取材して、某ジャッジは「〇〇〇」と語っていた、くらい書けないもんでしょうか(-_-;)

それでも、私はテクニカルなことだけではなく、アレコレ裏話的、三面記事的なものも好きなものですから、

田村氏の著作が出れば買います。

センセーショナルな話題が大好きなら、それも有りですが、

今回のコラムは、それも含めて駄作ですね。

>田村さん、女子シングルは実はあまり興味ないのかも……。

あ、なるほど!それもあるか。

男子やアイスダンスの方が好きなのかな。

2013/04/03 (水) 21:51:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 女子SPのルール改正

ドロンパ様、こんばんは。

ショートプログラムのジャンプ構成の変遷の歴史、とても読み応えがありました。

田村氏のコラムより遥かに内容がありますね(^<^)

残念ながら原稿料は無料とさせて頂きますが。

>バンクーバー五輪に間に合うよう、女子のSPルール改正を!

ウウン、これは難しかったでしょうね。

何故なら、2008~2009シーズンまで浅田選手はショートで3Fー3Loを跳んでいましたし、

2009世界選手権では成功もしています。

それが、2009年4月の国別対抗戦で突然、3Aー2Tに切り替え、成功させました。

しかし、浅田選手がリスクの高すぎるショートでの3Aー2Tを五輪シーズンも本気で続けるかどうか、

ファンも半信半疑だったのではないでしょうか。

もちろん、その時点で、2Aを2Aor3Aのルールに変えれば、との声も上がっていましたけどね。。。

独ユーロの解説、踏み込みのある内容で、レベルが高いですね。

そのようなドイツが…なかなか強い選手がシングルに出てきませんね。

ドイツのフィギュア人気はどうなんでしょう?

スピードスケートやスキー競技に圧倒されている?

2013/04/03 (水) 22:13:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

mamakuma様、お久しぶりです(#^.^#)

>会場で生で見たにしては臨場感のあまり感じられないコラムですね。どうしちゃったんでしょう?

大手新聞ではない、Jスポサイトのコラムでは、やる気が出ないのでしょうか?

原稿料も安いだろうし(^Д^)

手を抜いたか。それとも、これが田村氏の通常レベルなのでしょうか。

>じゃないと次は立ち読みで済ませちゃうぞ。笑

ガッハッハ。ジュンク堂書店なら、堂々と「座り読み」が出来ますね(^<^)

2013/04/03 (水) 22:21:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

インマンメールとプルシェンコ選手

ドロンパさんへ
いえ、大変勉強になりました。ありがとうございます。

私が田村さんに疑問・不信感を持ったのは、バンクーバー五輪男子シングルについて「このメール騒ぎがなければ、あるいは今回の五輪の舞台が北米でなければ、プルシェンコはおそらく五輪2連覇を果たしていただろうと、私は思う。」と書いていたからです。
私は、インマンメールが存在しなくても、プルシェンコ選手の五輪連覇はなかったと思います。
田村さんの視点は強烈なバイアスがかかっているなと感じました。
http://number.bunshun.jp/articles/-/13503

私が「田村さんも北米メディアと同じよね」と書いたのはそういうことでございます。

※真央ファンの私としては、この田村さんのコラムでローリーがやり玉に挙げられているのが不愉快でした。当時は「ローリーは汚いから、真央はローリーと手を切って!」という人が続出してウンザリしました。
来シーズンはいよいよソチ五輪です。「ロシアが開催地だからカナダ寄りのローリーはいらない」と言いだす人が出てこないかとヒヤヒヤしたものです。真央選手がローリーと手を切らなくて本当に良かったと思います。

2013/04/03 (水) 22:21:27 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

Re:Re: 妥当性

片割月さま
横から失礼します。

私は韓国語は分かりませんが、インタビューでもこう答えてるようです。
-フリースケーティングで高得点を予想したか?
「私ができる最善の努力を尽くしたし、実戦でも100%を尽くしたので良い点数が出てくるだろうと期待した。
だけど、このように高い点数が出てくるだろうとは予想できなかった」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=107&oid=117&aid=0002316084

別の大会の演技直後のインタビューでも同様のことを言っていた記憶があります。(いつの試合だったかすぐには思い出せません…すみません)

>正直、と言えば正直なんだろうけど。

はい、その通りだと思います。
ヨナさんが想定していた得点より低ければ低い、高ければ高いと言う。
調子を聞かれても、○○は大丈夫だけど××に関しては心配している等ハッキリ言う。(そしてその自己分析はかなり当たっている)

私は海外アスリートが言いいたい事をハッキリ言うのは普通のことだと認識していますので、それを叩く理由が分かりません。

2013/04/03 (水) 22:48:17 | URL | ぺんぺん #NkOZRVVI [ 編集 ]

Re: なら私は「プラスティック製の穴あきボウル」でいいです。。。

ゆきめ様、こんばんは。

> お気を悪くされたらすみませんm(__)m

イエイエ、反対意見も歓迎します^^

その代わり、私もゆきめ様に反論を書きますので、お気を悪くされたらすみませんm(_ _)m

>所感を述べているだけのようには感じましたが。

そうです。で、その所感に対し、私は批判的意見を述べたのです。

>キム・ヨナ選手のことを上げまくる某ライターの記事に比べれば、ずいぶんとマシです。

たぶん、青嶋氏のことですね。

「ずいぶんとマシ」かどうかは、大いに疑問ですが、ここでの主旨ではないので、取り上げません。

また、ゆきめ様が個人的にヨナ選手に持つ感想や意見についても、主旨とは異なりますので、取り上げません。

フィギュアの採点問題についても、ここでは取り上げません。

>何も心に残らなかった、というのも同意です。

もしもあのコラムが単なる一人のフィギュアファンが書いたものであれば、問題にしません。

そもそも、誰かの演技を見て、何を感じようが、何も感じなかろうが、人それぞれだからです。

従いまして、ゆきめ様が何も心に残らないとしても、とやかく言う筋合いでもありませんし、

「プラスティック製の穴あきボウル」でも「ザル」でもありません。

例えば、ある小説なり映画を見て感激した。ところが、友人は「何も心に残らなかったわ」と言う。

これは、逆もあるわけで、私が「この小説は名作と評価されているけど、何も心に残らなかった」と、

そういう例はいくつもあります。名画でも、名曲でも。

しかし、田村氏は報道人として長年フィギュアを取材し、何冊もの本も出して来たお方です。

それがかかるコラムを書く。

仮に、ヨナ選手の演技に何も心に残らない、は良しとしましょうか。

田村氏は他の女子スケーターの誰かの演技、浅田真央、コストナー、ワグナー、鈴木明子、村上佳菜子、
レオノワ、オズモンド、ソトニコワ、トゥクタミシェワ、キーラ・コルピ、ゴールド等。。。

田村氏は彼女等の誰かの演技について、今回も以前にも、

「何も心に残らなかった」と明快に言い切ったのを見たことがありません。
(まったくゼロではないかもしれませんが)

田村氏が常日頃から選手の演技に好き嫌いが多々あって、これまでも「心に何も残らず」と、

たびたび書いていたのであれば、まだ分かります。

そうではないので、今回の内容は、悪意か維持の悪さを私は強く感じました。

また、「心に何も残らず」自体も、不自然です。

全体的に好きではないにせよ、部分的には演技・表現性の良い箇所も、美点を見いだせるはずです。

得意一流のスケーターが金メダルを取ったような演技であれば、どこか心に感じる箇所があるはずです。

多数の人にフィギュアスケートの魅力を案内する立場にある田村氏のような報道人であれば、

そのようなコラムが書けるのに、そうしないのは、非常に不自然です。

コラム全体としては、まるでヨナ選手が「不当に」金メダルを奪って行ったかのような悪意すら感じます。

報道人の書くコラムとしては、問題を感じます。

>「どの選手も公平に、というスタンスが行き過ぎてヨナ選手アゲになってるのでは?」と感じ

田村氏のような立場にある人間に「公平性」を求めるのは当然ではないですか?

さもなれば、田村氏は「私は報道人ではありますが、ヨナ選手とチャン選手の演技は好きではありません」、

「私は高橋大輔とカロリーナ・コストナーが大好きです」「よって、公平無私には書けません」と、

最初から自分の趣味を読者に明快に示すべきでしょう。

2013/04/03 (水) 23:13:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: お門違い

コロン様、こんばんは。

はい。

何と言いましょうか、まあ、優勝者に多少はケチをつけてもいいですが、

今回のはちょっと酷いと思いますね(-_-;)

>PCSは感動点ではありませんよね。

いたずらに読者に疑惑を抱かせるような、無責任さすら覚えます。

2013/04/03 (水) 23:21:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アース様、こんばんは。

>日本において浅田真央ほど愛されている女性アスリートってなかなかいなくて

同意。私も真央選手のキャラも、演技も好きですよ^^

>キムヨナほど嫌われている女性アスリートってのもなかなかいないっていうこと!!

ネット上ではそうでしょうが、実際の所は分かりませんね。

なお、好き嫌いと実力とは関係ありませんけどね。

>ミキティにも万全で復帰してもらいたいものです。

これはもう、、心待ちにしていますよ。

>各選手のパーフェクトプログラムが見られたら、もうこの競技は見納めでいいかなあと思ってるんですがね

私の場合は、浅田選手が現役を続行してくれれば、ずっとフィギュアの愛好者でいます。

2013/04/03 (水) 23:32:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

神無月様


>私は、インマンメールが存在しなくても、プルシェンコ選手の五輪連覇はなかったと思います。 <

私もそう思います。(きっぱり)

>田村さんの視点は強烈なバイアスがかかっているなと感じました。 <

定点観測しかできない脳みそで一般論を語るとこうなってしまうんです。
外国語を学習する最大の効用は、全く異なる視点からの光景を見る、ということにあるはずなんですけどね。
あるいは、田村さんは読者をなめてかかっているのかもしれませんが。

私も、浅田選手にはローリープロのほうが合うと思います。
それにしても、どうしてこんなに男子プロと違うのかしら?
ローリー自身の「男を見る目」が少女時代と今とであまり変わっていないのかもしれません。
タラソワさんは百戦錬磨な印象ですが。
浅田選手との相性も、そのあたりにあったりして。

2013/04/03 (水) 23:36:30 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

サム様、こんばんは。

>この文脈は金のジャンプをほめてるんですよ…

はい。もちろん、それは理解しています。

ただ、あのような褒め方は私にはとても共感出来ません。

>Jsportsは朝鮮日報ではないので意見の多様性は尊重されるべきだと思います。ここは言論の自由がある日本ですから。

意見の多様性も言論の自由も承知の上で私は問題にしています。

批判をしたからとて、それらと抵触することにはならないと思います。

それに、私が田村氏のコラムで問題にしているのは、意見の多様性以前の事柄でもあります。

2013/04/03 (水) 23:41:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 私もザルで結構です

くみ様、こんばんは。

私がゆきめ様宛に書いたコメントをご参照下さい。

>こちらのブログは、ヨナを褒めている記事は俎上に上げず、
>少しでもヨナを下げると、がっかりだ

これですが。。。以下の論理と同じですね。

「在特会」の排外主義やヘイトスピートの酷さを批判すると、

「韓国人が日本人にどれだけ酷いこと言っているかは批判しないで、在特会だけ批判するのは不公平だ!」

と言う人の論理と。


私は自分の意見が公平でございます。一切偏りはございません、

などと信じて疑わぬほど、オメデタイとは思っていません。

スケーターの好みもあります。プログラム毎の好みもあります。

しかし、好き嫌いとは関係なく、どのスケーターにも出来るだけ均しく敬意は払いたい、と思っています。

難しいことですけどね。

>難癖つける

批判や反対意見は良いのですが、難癖はお断りします(^。^;)

2013/04/03 (水) 23:57:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

返信

スケオタ鉄子様へ

人様のコメント欄で意見の応酬をするのは気が咎めるのですが、疑問符で書かれているので書かせていただきます。

PCS=感動点と勘違いしてる方々が多いですね(~_~;)スポーツなんだから、スポーツの技術に対してのPCSなのですが。感情や感動で採点している訳では無いから、自分が感動しないから点数がおかしいなんて言うなら、エキシビションだけ見てろといいたいです(笑)

>そういうことをいっているわけではありません。PCSは素人にもある程度納得のいく点数を付け求められたら説明出来るようにしておくべきだといっているのです。自分が感動しないから、文句を言っているわけではありません。PCS、私はヨナ選手が銀河点を出した2009年の世界フィギュアスケート選手権までは不承不承ながらもまだ納得できていました。

コストナー選手のGOEもおかしいと思いますよ。フリーを観て一番最初に思ったのは「これで銀メダルなんだ……」でした。
ヨナ選手もコストナー選手も、選手に罪はないと思います。おかしいのはルールとジャッジです。

アイスダンスは詳しくないのでなんともいえないのですが(メリ&チャリは大好きです)、まだ若いカップル(キャリアはともかく)に10点満点を出すのは今後のことを考えると如何なものかと思います。伸びしろがあるから余計にこれからどうするんだ、という感じです。

逆にお伺いしますが、キム・ヨナ選手の得点(主にPCS)について整合性のとれた説明が出来ますか?「ジャッジが出した点数だから」という理由以外に。とりわけ銀メダルだったトリノワールドについてご意見をお伺いしたいものです。

片割月様へ
論点が少しずれてしまっていましたね。すみません。公平性という点では田村氏のコラムはまずかったと思います。ただ、
「全体的に好きではないにせよ、部分的には演技・表現性の良い箇所も、美点を見いだせるはずです。
得意一流のスケーターが金メダルを取ったような演技であれば、どこか心に感じる箇所があるはずです。」
これはそう感じなかったのだから仕方ないのかな、という気はしますが。
う~ん、難しいですね。

2013/04/04 (木) 00:03:51 | URL | ゆきめ #- [ 編集 ]

Re: 田村さんの二面性

神無月様、Number Webの記事の件、ありがとうございます。

元スケーター、コーチ、その他のフィギュア関係者は、

「書くこと」の専門家ではありませんので、言葉足らずな面があったり、

原稿の推敲が行き届かなかったり、編集者任せになっていたとしても、やむを得ない面もありますね。

しかし、田村氏はプロの報道人ですから、あのようなJスポコラムは全く感心出来ません。

2013/04/04 (木) 00:04:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 感動と採点は別。

スケヲタ鉄子様、こんばんは。

>田村さんに限らず、青島さんや宇都宮さんにも言えますが、プロのライターなのに個人の感情を挟みすぎです。

それは言えるかもしれませんね。

この中では、青嶋氏は特にアクが強くて胃がもたれそうになります^^;

その代わりに、青嶋氏は他のライターさんがあまり触れないことも書きますから、そこは評価しています。

田村氏は一部の読者にフィギュアをミスリードさせる危険があります。

フィギュアを専門に取材して来た報道人として、如何なものか。

2013/04/04 (木) 00:13:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 田村さんもねぇ

きれじろう様、こんばんは。

>ファンに影響力のあるライターがあのレベルじゃあね。さすがに萎える。

「ISUや連盟は説明を!」に続いて、またまた、あの電波君達との共通点を発見!

そう、彼等もフィギュア関係者のコラムを読んでは「呆れたり」「萎えたり」しています(^Д^)

「電波」も「ハサミ」も使いようかもしれません、ナンチャッテね。

あちらが強力な「電波」なら、

こちらはまだ発見されていない「重力波」くらいの弱さですか(^。^;)

2013/04/04 (木) 00:23:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

藍色様、こんばんは。

>人間として「根性わるい」と思ってしまいました。

フィギュアを取り上げた記事やコラムを書いているのは、

ほとんどが女性のライター・記者なんですよね(^。^;)

「だから女性は…」って、男尊女卑ヤローに言われないよう、田村氏も頑張って欲しいわ。

男性のライターや記者は、やはり、プロ野球とかサッカーとか、そっちなんでしょうね。

2013/04/04 (木) 00:29:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ソールトレイクのスキャンダル

皆様へ

このボードでも時々言及されるソールトレイクのスキャンダル。日本では「北米メディアの騒ぎすぎ」という見方が圧倒的の様ですね。私は北米にいてまったくそうは思わず、いろいろ言われてきたISUの浄化のいい機会だと思っているぐらいです。それについてアーギューするつもりはありませんが、ニュースの伝え方、受け止め方は状況、環境により随分違うものだと改めて思います。

北米のフィギア人気の衰えはスター選手不在が大きな要因だと思います。日本でも浅田選手、高橋選手のカルト的スターがいなくなった時、果たして今の人気が続くかどうか、、、、 

2013/04/04 (木) 00:45:52 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 田村さんコラム

カルミア様、こんばんは。

>個人的にはフィギュアスケートのコラムだと野口さんのコラムが選手への愛を感じられて一番好きです(^^)

そうですよね。共感出来ます^^

それに野口さんは、フィギュアの水先案内人としての立場を貫いていると思います。

野口さん自身がフィギュアスケートをかなり練習しているので、そうしたことも背景にあるかもしれませんね。

浅田選手のことですが。。。

前にもどなたか宛に書きましたが、

私はソチ五輪の結果の如何を問わず、現役を続ける予感がしています。

もちろん、どこかで1シーズン休養をとるかもしれませんが。

平昌五輪の時は27才、まだまだ、大丈夫でしょう。

浅田選手は現役として息の長いタイプと思うんですよね。

体力もありタフだし。試合で滑るのは好きみたいだし。

もちろん、願望が入っていますけどね^^

2013/04/04 (木) 00:52:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

真央&ヨナ人気は

ぺんぺん様、調査情報、ありがとうございます。

特に、博報堂によるアスリートイメージ調査は面白かったです^^

3位の高橋選手は分かりますが、4位に村上佳菜子選手が入っているとは、失礼ながら、少し意外でした^^;

四大陸、世界選手権、と、活躍が反映されたのでしょうね。

浅田真央の後継者、とか煽るマスコミも悪いのですが、

一時、村上選手は心無い人からかなり中傷・誹謗されて気の毒でしたから、

今回のイメージ調査の結果を嬉しく思います。

2013/04/04 (木) 01:11:54 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ゆきめさんへ

>逆にお伺いしますが、キム・ヨナ選手の得点(主にPCS)について整合性のとれた説明が出来ますか?「ジャッジが出した点数だから」という理由以外に。とりわけ銀メダルだったトリノワールドについてご意見をお伺いしたいものです。 <

この様な疑問をお持ちの方は当ブログにおいでください。

図表入りで解説してあります。

2013/04/04 (木) 01:18:10 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

(V)o¥o(V) フォッフォッフォ

>「電波」も「ハサミ」も使いようかもしれません、ナンチャッテね。

あちらが強力な「電波」なら、

こちらはまだ発見されていない「重力波」くらいの弱さですか(^。^;) <

ハサミのおじちゃんが出た~~~。

強力なハサミで電波を細切れにしてくれるわ~~~。

()o¥o() ジャキジャキ (V)o¥o(V)

2013/04/04 (木) 01:23:39 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

北米VSロシア

kan-kanさんへ

ソルトレイクオリンピック当時は、私はペア競技に全く興味がなかったので、あの事件は対岸の火事でさしたる興味もありませんでした。ライトなスケートファンでしたので。
ソルトレイクのいきさつを知ったのは田村さんの「氷上の光と影」を読んでからです。北米在住のライターがあのように書くのでその通りなのだろうなと。

ただ、バンクーバーの時の記事を読んで、私は田村さんのことが分からなくなりました。田村さんは強烈なロシアびいきなのではないか?それともただ読者を煽っているだけなのか?と。
まあ、北米メディアにどこまで責任があるのかは分かりませんけれどね。面白おかしく煽りたてたのは確かでしょう。それが原因で北米のフィギュアスケート人気がなくなったかどうかは微妙なところですね。

日本のネット上のスケートファンは、「ロシアはかわいそう。点数が下げられた」「カナダは黒い。カナダ上げだ!」という見方をする人もいます。
個人的には、日本の一部のスケートファンの間で「黒いカナダ」のイメージが形成されたのは、田村さんにもかなり責任があると思います。
一時は、「バンクーバーの真央とヨナ対決は、実はロシアと北米の代理戦争だった!」と言う人がいたくらいです。

2013/04/04 (木) 01:26:15 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

Re:北米VSロシア

神無月様

>ソルトレイクオリンピック当時は、私はペア競技に全く興味がなかったので

そうですよね。 日本はペアやアイスダンスは男女シングルのように気を入れて見ないですよね。
だから対岸の火事ですんだと思います。
これが日本と韓国の選手間での男子か女子の判定だとしたら、「そうね、よく見れば韓国のほうが上ね」というわけには行かなかったはずです。もともとずっとロシアが牛耳っていた種目で判定の疑惑が"売り物の”ともいえる種目でしたから、このときぞとばかりにメディアも、(一部の選手も)取り上げたのだと思います。

>個人的には、日本の一部のスケートファンの間で「黒いカナダ」のイメージが形成されたのは、田村さんにもかなり責任があると思います。

いつも日本と北米ではこの問題に関して温度差がありすぎる、日本はロシアびいきが多いと不思議に思っていましたが、今回このスレッドで田村氏がそういう記事(本)を書かれていたことがわかって、なるほどと、その温度差を納得しました。

北米のフィギア人気はソルトレークの後数年は、特にアイスショーは大人気でしたよ。ロシアのペアも人気がありました。
その後ですね、スター選手がいなくなって人気が落ち込んでしまったのは。だから日本でも浅田選手、高橋選手のメガスターがいなくなったとき今のブームが続くかどうか、、どうでしょうか

2013/04/04 (木) 01:49:23 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

片割月様(女子SPのルール改正②)

>残念ながら原稿料は無料とさせて頂きますが。 <

はははは、片割月様と神無月様が褒めてくださったので、それで十分でございます。
原稿料をいただけるとなると、悪魔に魂を売ったり、カルト信者に魂を売ったりしたくなるかもしれませんしね。

>もちろん、その時点で、2Aを2Aor3Aのルールに変えれば、との声も上がっていましたけどね。。。<

アルベールビル五輪シーズンの伊藤さんのSPもアクセルが2本(3Aコンボと2A)でしたから、99年に男子SPのルールが変更された際、女子SPのルールも一緒に変えることは実は可能だったんです。

ルール改正時点で跳べる選手がいなくても、将来の可能性を見越して、ルールだけ先に整備しておけば良かったんですよ。
誰も跳べない4Aにも、ちゃんと基礎点が定められているわけですから。

あるいは、浅田選手がジュニアのうちに、伊藤さんの前例を持ち出してルールの不備(SPにアクセルが2本)を主張し、ルール改正を始動させておくことも可能だったと思います。

ISUも日本スケ連も、SPに3Aを入れられる女子選手が再び出てくるとは思っていなかったんでしょう。
先のことはわからないとはいえ、戦略と呼ぶのもためらわれるような行き当たりばったりの采配が目立ちますね。

ドイツには戦略家はいても駒がないのでは、と推測しています。


>「だから女性は…」って、男尊女卑ヤローに言われないよう、田村氏も頑張って欲しいわ。<

ヤローじゃないけど壁に向かって言いました。スンマセン。
いえ、私は、女々しい脳みそが苦手なだけです。
男のくせに脳みそが女々しいヤローもゴマンといますけどね。
脳みそが女々しいと、どんなにマッチョでも全然男に見えませんけどね。
・・・・・思いっきり話がそれました。
重ね重ねお詫び申し上げます。

2013/04/04 (木) 06:32:51 | URL | ヌカミソではなく女が苦手なドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

初めまして

初めてコメント致します。ずっとロムさせていただいておりました。

ブログ、そしてみなさまのコメント、興味深く読ませていただきました。

確かに、スケヲタのブログ読んでるんじゃないんだからさぁ・・・・と言いたくなるような記事でしたね。
ソルトレイク・スキャンダルの1つのきっかけは、グラウンド・ゼロの翌年だった、ということにもあると思っています。確かにあの頃の空気は異常でした。田村さんは元々ソヴィエト・ロシアへの肩入れが強かった方ですが、現地でマスメディアの北米ナショナリズム異様な高まりとロシアへの拒否反応を肌身でお感じになって、それがトラウマのようになって尾を引いてらっしゃるのかな、と思うことがあります。

ただ、上でもおっしゃっている方がいるように、「PCSは感動点ではない」ということはフィギュアスケートを語るものとしてははっきりさせておいていただきたいと思います。

勝利者よりも敗北者の方がより多くの感動を与えることはままあります。これはいかなるスポーツでも同じです。
タイムや点数で表されるものであっても、「惜しくも敗れた」選手やチームの方に心を寄せる方が多いのと同じことだと思います。
けれども、田村さんのような方がそれを書き流してしまっては立場上まずいのではないか、と思います。
「自分はこのような感想を持ったが、点数としてはこうなる。」という書き方ならばいいと思うのですが。

実は自分は昔からの男子オタク、ロシアオタクですので、できる限りの情報を集めるようにしていますが、はっきり言いまして、ロシアは新採点システムへの対応が遅れていると思います。これはソ連崩壊による人材流出が大きいでしょう。2000年前後からずっと続いていたJWの男子シングル表彰台からろしあん男子が姿を消し、中央に田中君、そしてその両脇にロシア系のロゴジン(加)、マヨロフ(彼の父はヤグディンの最初のコーチ)がいたことでつくづくそれを思いました。
北米在住のロシア人指導者は数多くいます。そういった人々がソチ五輪を控え収集をかけられたのに何故ロシアに戻らなかったのか。
北米在住のジャーナリストである彼女であれば、そのへんはいくらでも取材ができると思いますが、なぜそこに触れないのか。(亡国の陰謀!ということになってしまうのでしょうか(笑)

そして、プルシェンコに関してもそうですが、彼女はバンクーバーに向けて復帰したランビエールに関してはこういったヨナと同じような否定的な書き方はしていなかったと思います。
国としての五輪出場権を得るために最終予選会であったカレンダーコンペのネーベルホルン杯に出場しダントツで優勝し(この際、ランビには現役当時とほとんど変わらないPCSが出ていました)、ナショナル、ユーロ、五輪、という経過をたどっています。

そういえば、ブログ主さま、上でちょっとドイツの話題が出ていますが、バンクーバーでのリンデマン引退以降、ちょっと上に出てこない感のあるドイツですが、この五輪予選となるネーベルホルン杯、ヨナが復帰戦として選んだNRW杯、と歴史のあるカレンダーコンペはいくつも行われていますし、女子ではサラ・ヘッケン(今季は怪我が残念でした)、男子では今年ワールドで自己最高の成績を上げたペーター・リーベルス、と注目選手はたくさんいますよ。ただ、GPSの人数削減で自国枠を持っていない欧州圏の選手はなかなかISUのポイントを稼ぐのが難しくなってしまいましたね。

ちょっと本筋からずれてしまうかもしれませんがお許しください。
SPでのジャンプについて。

SPは、ジャンプを始めスピン・ステップといった基礎技術を競うものです。ですから、ジャンプは「コンビネーションジャンプ」「ステップからの単独ジャンプ」「アクセルジャンプ」となっています。男女とも選手の技術の上昇によって、規定は変わってきました。カルガリー当時はたしか2年ごとにセカンドがTとLoに変えられていたと思います。ファーストは2回転以上、種類は自由)
こちらが上位男子のSPリストですが、コチン(ソ連)とワイリー(米)がファーストに3Lzを用いています。
http://www.youtube.com/watch?v=Lk_IXnlbd1U&list=PL3E5149868E1B25C8
なぜこういう入れ方をしてあるか、というとこの3種のジャンプエレメンツはフリープログラムを作る上で必須であり、フィギュアスケートのジャンプの基礎技術とも言えるものだからです。特にアクセルジャンプは唯一前向きに踏み切るジャンプである、ということもあり、FSの中でも必ず1つは入れなくてはならない規定が今でもあります。
そして、SPという分野の性質上、そのカテゴリーの中で多くの選手のこなせるもの(今で言うならBVに差がつきにくいもの)でなければなりません。なぜなら、限られた種類の技術の中で、いかに質が高いものができるか、を競うのがSPであるからです。ですから現在でも、同点だった場合、TESが高いほうが上位となります(FSは逆)

男子のSPのクワド投入がこれほど時間を要したのは、こういった経緯があるのです。長野五輪前後には、ワールド最終グループに残れる人数くらいの選手がクワドを降りられるようになっていました(ストイコ、ウルマノフ、ヤグディン、クーリック、ワイス、ゲーブル、プルシェンコなど)。
当時は許可されたエレメンツの中で自己のできる最高のもの、というのが不文律のようになっていました。
ですから、ソルトレイクシーズンのチェンジャン・リー(李成江、今のジジュンちゃんのコーチ)のSPのジャンプ構成は「St4T、3A-3T、2A」となっていました。なぜなら、チェンジャンはLzジャンプが非常に不得意だったからです。
今の点数制でしたら、また違った組み方になっていたことでしょうね。

人様のブログにお邪魔して長々と書いてすみませんm(_)m

2013/04/04 (木) 07:34:51 | URL | Dora Quadski #u3MRTyDc [ 編集 ]

ぺんぺん様
調査の情報ありがとうございました。
興味深く拝見しました。
こういう調査の対象者はTVでやってればフィギュアを見るっていう程度の人が殆どでしょうからこの結果は納得できます。
実際自分の周りもTV放送があった翌日だけ浅田真央綺麗ね~、キムヨナ上手ね~はいこの話題終わりって感じです。熱くスケートを語る人など皆無です。陰謀論はおろか得点の出方がおかしいなんていう疑問のかけらすら聞いたことがありません。
そして片割月様同様、私も村上選手の華やかなアスリートの4位ランクインを私も喜ばしく思います。
シニアデビュー年には確かに彼女は随分な叩かれようでした。でもこれもネット上だけのことのような気がしますね。
面白いなと思うのはネットフィギュアファンの間では村上選手より今井遥選手の方が人気を集めていることです。これは今井選手がまだ浅田選手を脅かすような存在ではないからという見方もできますが、彼女の持つ浮世離れ感からきてるものなのかなあと私は感じています。
フィギュアファンは女性ファンっていうかおばさんファンが非常に多いですよね。その層の心をつかむのはイマドキの女の子ではなく浮世離れ感だったり可憐さだったりでちょっとそこらへんにはいない娘さんであることは大きな要素だと思うのです。今井選手を宇宙人と評する人もいるようですからまさに!ですかね。私はおばさんに片足をつっこんでますが両選手どちらも大好きです☆ここでついでながら今井選手ガルデナ杯銀メダルおめでとう!!

片割月様
>ネット上ではそうでしょうが、実際の所は分かりませんね。
ネット上の評判と実際の評判は分けて考えねばなりませんね。

>なお、好き嫌いと実力とは関係ありませんけどね。
仰るとおりです。

>私の場合は、浅田選手が現役を続行してくれれば、ずっとフィギュアの愛好者でいます。
この言葉は失礼ながら少し驚きを持って読みました。片割月様がそこまでの浅田選手好きであったとは!
私は浅田選手はソチで3Aを含むプログラムを満足して滑ることができたならメダルが何色でも現役を終えるだろうなと思ってます。
彼女が現役を続行するということはソチが不満足な演技で終わるってことなのでその様を見ることは忍びないなあってことで・・まあ引退は寂しいことですがね。

私は女子好きでほぼ女子しか見ないファンです。とりわけ日本女子が好きです。ソチシーズンで鈴木選手と安藤選手が引退を表明、浅田、村上選手も演技次第では引退っぽいですからこの華やかなる黄金期を見届けたらもう満足かなあと思います。TVでやってたら見る程度のファンに戻りたいです。(ああ~枠が足りないんだっけ。これ代表漏れする人がいるってちょっと今は考えたくないな・・)

2013/04/04 (木) 13:12:20 | URL | アース #vdA3aT7k [ 編集 ]

<ヨナ選手もコストナー選手も、選手に罪はないと思います。おかしいのはルールとジャッジです。 >

私もルールとジャッジングはおかしいと思う所はたくさんあります。ただ、完璧な組織なんて存在しません。発展途上のシステムに対して、田村氏のような専門的な書き手は、「現行ルールでの解釈」+「今後への建設的な提言」をすることで、無意味な選手批判に向かわないようにすべきではないかと思っています。

ヨナ選手のトリノワールドを取り上げて批判する人は多いですが、浅田選手のニースワールドや2012年NHK杯でも、基礎点、GOEの低さや見た目の印象(感動度)に対して、PCSが高過ぎるというスケートファンからの批判はありました。2013年の四大陸大会でも、サルコウ以外の全てのジャンプにマイナスのGOEが付いて、ボロボロの出来だった高橋大輔選手が、完璧ではないものの、まずまずの出来だったように見えた無良選手よりもフリーで高い順位になっています。こういう例はいくらでもあり、特定選手ばかりが恩恵をこうむっている訳ではありません。ルールやジャッジングに起因する問題だと思われ、しかしながら、陰謀に基づくものとも思えません。田村氏のような立場の方ならば、こうした疑問にこたえるような取材ができるはずだと考えます。

次に、ヨナ選手のPCSやGOEですが、揚げひばりやロクサーヌの頃の演技と比べると、「質」が圧倒的に上がっていると思います。

スケーティングスキルは元々優れてはいましたが、とても上達しました。スケーティングスキルは、PCSの採点の一要素です。ジャンプの質も、物凄いスピードから流れの中で跳び、前後に振り付けが入っているので、ジャンプが表現の一部になっています。

揚げひばりの頃は、爪先や膝裏が伸びないことが、私は、かなり気になっていましたが、キム選手比で改善しました。プログラムも、「死の舞踏」は、一つひとつの音を表現した名作だったと思います。一つひとつ欠点を埋めて行き、質を高めて行った結果、得点の上昇に結びついたのではないかと考えます。

スケーティングスキルやステップは、私見では、キム選手よりもコストナー選手の方が良いですし、ジャンプはゴールド選手も決まった時は素晴らしい、ポジションはソトニコワ選手が素晴らしい、スピンはナガス選手やシズニー選手の方が良いなど、一つひとつ見て行くと、キム選手よりも部分的に優れている選手は多いですが、それを総合的に安定してみせることができるかといえばそうではなく、総合力と質の高さが強さの秘密ではないかと考えます。




























アイスダンスは詳しくないのでなんともいえないのですが(メリ&チャリは大好きです)、まだ若いカップル(キャリアはともかく)に10点満点を出すのは今後のことを考えると如何なものかと思います。伸びしろがあるから余計にこれからどうするんだ、という感じです。

逆にお伺いしますが、キム・ヨナ選手の得点(主にPCS)について整合性のとれた説明が出来ますか?「ジャッジが出した点数だから」という理由以外に。とりわけ銀メダルだったトリノワールドについてご意見をお伺いしたいものです。

2013/04/04 (木) 13:19:25 | URL | ゆきめ様へ #- [ 編集 ]

ゆきめさま

ゆきめさま

仰るトリノワールドについては、五輪では8-9点台付いているPCSが7-8点台。7.00点をつけているジャッジも居てきっちり下げられている部分は下げられており、いくら五輪女王とてあの演技では厳しく見られるなと言うのが私の感想です。

もしかすると「転んだのに点数が高い!」と言いたいのかもしれませんが、フリーについて言うと大きな得点源である3lz3Tと3F、後半の3Lzをきっちり決めてるんですよね。スピン・ステップもレベル4。(GOE+ではありますが彼女にしては少ない)ミスした3Sと抜けたアクセルは致命的な大失点ではありません。スケートアメリカでは大きな得点源である部分でのミスがあり点数が伸びなかったのです。

スケートアメリカフリーのプロトコル
http://www.isuresults.com/results/gpusa09/gpusa09_Ladies_FS_Scores.pdf

トリノワールドのプロトコル
http://www.isuresults.com/results/wc2010/wc10_Ladies_FS_Scores.pdf

2009-2010シーズンのヨナ選手の成績
http://deep-edge.net/segd.php?c=2&s=2009&e=&Nat=KOR&id=7232

改めて見たら、PCSの変動激しいですね。TESで伸びない時はPCSも渋い(彼女比で) シーズンを通して、TESが伸びない時はPCSも下がる。元々のPCSの高さはトップ選手全員に言えるし、TESでは伸びずPCSが高く上位なんて例は彼女に限った話ではありません。やる気がないとか関係なく、単純に選手の元々のスキルに対してのもの。

>10点満点を出すのは今後のことを考えると如何なものかと思います。伸びしろがあるから余計にこれからどうするんだ、という感じです<

ジャッジって毎回変わりますよね?ワールドで10点付いたからとと言って、そのジャッジが次回もパネルに入るかも、10点を付けるとも限りません。その試合では最高の出来と評価しただけで、その評価が続く訳ではない。ミスをしたら下がる。選手のプログラムもルールも毎シーズン変わりますからね。アイスダンスにしても、今回とは違うジャッジにも10点をつけてもらえるよう努力出来ますし、9.25の評価を10点にあげる努力も出来ます。伸びしろがない烙印なんてジャッジにも選手にも失礼な考え方かなと思います。

2013/04/04 (木) 13:32:42 | URL | スケヲタ鉄子 #mQop/nM. [ 編集 ]

失礼致しました

2つ上の投稿は、私、雪によるものです。

「名前」の欄にタイトルを書いてしまった上、名前を書き忘れました。更に、ゆきめ様の文章をコピペした文章の一部で本文中では引用しなかった部分を消すのを忘れてしまい、大きな空白が出来てしまいました。

私の不注意で、人様のブログをよごしてしまいまして、大変申し訳ございません。片割月様、ゆきめ様、皆様に、深くお詫び申し上げます。

2013/04/04 (木) 13:36:49 | URL | 雪 #- [ 編集 ]

ゆきめ様へ2

またまた脱線しますが、もう少しお付き合い頂けたら幸いですm(__)m



http://www.skatingjapan.or.jp/image_data/fck/file/Figure_ISU_Communication/communication1724J_Single&pair-2.pdf

GOEがおかしいと言われているので、上がGOEのガイドラインです。そしてワールドのプロトコルを下位からご覧下さい。

順位が上になればなる程、GOEを高く取れています。それがトップ選手だと思うのです。ジャッジの適当なイメージではなく、ガイドラインに沿ったものです。とりあえず降りただけの汚いジャンプと、美しく降りたジャンプが同じ点数である方が競技の破綻を招くのではないでしょうか?

汚かろうと「飛んで、回って、飛んで、飛んで、ステップ、回って」とエレメンツをこなしてます!な選手と、エレメンツ間に流れがあり美しくまとめる事の出来る選手の差。曲に合わせてメリハリを付ける、スピンの速度を合わせる、曲のハイライトに合わせてエレメンツを実行出来るetc...ワールドでも下位の選手が曲に追われてあっぷあっぷしてる演技と、コストナーのミスがあっても余裕の演技とは違うと思いますし。

テレビではアングルが違うし、競技の肝であるスピード感が伝わらない。ですから、私はテレビで見る時は「競技はテレビの上で起きているんじゃない!氷の上で起きているんだ!」と思いながら見ています(笑)

長々と脱線してしまい、申し訳ありませんm(__)m これらを踏まえた上で、選手の演技の好みが出るのは仕方がないと思いますが、いくつかの誤解が解けたら更に楽しめるようになるのでは?と思いましたm(__)m GOEを沢山つけてもらう、10点台をつけてもらうのは選手の目標だし努力している部分なんです。

2013/04/04 (木) 13:37:49 | URL | スケヲタ鉄子 #mQop/nM. [ 編集 ]

雪さま

コメンとの一番下の 編集 をクリックして編集できますよ。

2013/04/04 (木) 13:44:24 | URL | #- [ 編集 ]

脱線ばかりですみませんm(__)m

片割月様・ドロンパ様

>そのようなドイツが…なかなか強い選手がシングルに出てきませんね。ドイツのフィギュア人気はどうなんでしょう?<

ドルトムントワールドメダリストで、現コーチのステファン・リンデマン氏のインタビューかな?で、リンクは沢山あるけどフィギュアスケートの環境は余り良くないと読んだ記憶がありますm(__)m

Nathalie WEINZIERL選手が面白い存在ですよ。(←ヴァインツィアール?ドイツ人の名前の読み方がイマイチ分かりませんm(__)m)

WEINZIERL選手はルッツ・フリップの飛びわけが出来るし(物議を醸したジュニアワールドでeがつかなかった数少ない選手)2A3Tも入るし5種トリプル構成。スケーティングは荒削りな印象ですが、若いのでソチ以降ユーロのダークホースになるのでは?と見ています(*^_^*) 今シーズンは成績も安定し大舞台も経験しました。

>ドイツには戦略家はいても駒がないのでは、と推測しています。 <

WEINZIERL選手はじめ、日本から移籍したジュニア選手も何人かいますし、これから盛り上がるといいなぁと思いながら眺めております(*^_^*)

ぺんぺん様

>私は海外アスリートが言いいたい事をハッキリ言うのは普通のことだと認識していますので、それを叩く理由が分かりません。 <

日本では言い訳と自己分析の区別がつかないのかなぁと思ったりします(~_~;) 必要以上にアスリートを聖人君子化する傾向にあるのかもしれません。

2013/04/04 (木) 13:53:45 | URL | スケヲタ鉄子 #mQop/nM. [ 編集 ]

編集できませんでした

ご教示ありがとうございます。編集を試みましたが、私のパソコンからは編集できませんでした。申し訳ございません。ご容赦頂きますよう御願い申し上げます。

2013/04/04 (木) 14:07:28 | URL | 雪 #- [ 編集 ]

Dora Quadski様

>カルガリー当時はたしか2年ごとにセカンドがTとLoに変えられていたと思います。<

そうでしたか!どうもありがとうございました。
上のコメントの際、当時のSPのジャンプ規定の変遷を年表のようにまとめた資料がないかと探したのですが見つからず、記憶を頼りに書いていたので、大変助かります。
直近のルールは公式資料を簡単にネットで見ることができますが、当時の公式な資料というのはネットに上がっているのでしょうか?

それから、当時私は
「ジャンプには6種類あって、アクセルだけは前向きに踏み切る」
くらいのことしか知らなかったのですが、
「当時のSPルールで最高難度のジャンプ構成にすると、3本のうち2本がアクセルという、素人目にもバランスの悪いジャンプ構成になってしまう」
という問題が、関係者の間でどう認識されていたのか気になりますが、そのあたりの経緯はご存知でしょうか?

ボイタノもオーサーも、サラエボのときはファーストジャンプをルッツにしていたはずなので、
「3Aを跳んだのに、なんで2Aも跳ばなくちゃいけないの???」
と不思議に思ったのは、おそらくそれより後でカルガリーの前後だったように記憶しています。

伊藤みどりさんのSPも男子と同じジャンプ構成だったのに、女子のSPルールだけが据え置かれたのは、ルール改正時に伊藤さんが引退していて、SPで3Aを跳べる選手がいなかったからでしょうか?
SPに3Aを入れられる女子が再び出てくると考えなかったのであれば、痛恨の取りこぼしですね。

また、これらのことを踏まえて考えると、今季の男子のジャンプ構成で一番の衝撃は、「1試合にクワド5本」ではなく、「SPにクワド2本」だったのではないかと思います。
ゲーブル選手の「FSにクワド3本」もすごかったですが、「SPにクワド2本」は、まさに「新時代のジャンプ構成」だったのではないでしょうか。


2013/04/04 (木) 14:13:26 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ああそうだ~もう1つ書かせてください。長々とすみません・・
四大陸選手権の時女子フリーのついでにアイスダンスを観戦しましたが近くにいた二人組の方が私と逆でアイスダンスが大本命で物凄い熱意で見てらっしゃったのです。
私はアイスダンスに全然詳しくないので演技を見つつ二人の語る感想や評価に有難く耳を傾けていました。
そして皆さんご存知の通りテッサ&スコット組がテッサの足の痙攣の為に中断するというトラブルがありましたよね。
これは点数低いのだろうなあとぼんやり思ってましたが案外と高得点が出てへ~っそういうもんなのねと、まあその直前のメリル&チャーリー組の演技があまりに素晴らしすぎて、その得点とあまり変わらなかったんで、二組の見た目の演技の対比でちょっと驚いてしまったというド素人の感想です。
しかしそのアイスダンスファンのお二人が猛烈に怒りだしてカナダの陰謀論めいたことまで語りだしたのでこれには本当に驚きました。アイスダンスにもあったのね!陰謀論!って感じで・・
苦笑いするしかなかったです。
ネットで調べる気力もないのでアイスダンスの陰謀論の出回り具合がどの程度のものか分かりませんが。
すみません。誰にも話す人がいないのでついついあの時の衝撃を緩和させたく書いてしまいました。
気分を害される方がいたらごめんなさい。お目汚しお許しください。

2013/04/04 (木) 14:20:09 | URL | アース #vdA3aT7k [ 編集 ]

ソルトレイクスキャンダルと9/11と田村氏のトラウマ

Dora Quadski様

う~ん、9/11に関連ですか、、ロシアへの拒絶反応? 根底にはそれがあったんですかね~。
私はカナダにいましが、政治的にはそんなムードではなかったと思いますが。

>そういった人々がソチ五輪を控え収集をかけられたのに何故ロシアに戻らなかったのか。

これについても私は単純にお金と自由だと思っていますがほかに理由がありそうですか。
米国にはフィギアスケートのほかバレーボール、体操などにもロシア、中国、東ヨーロッパからのコーチが大勢います。水泳は米国のシステムが優れているので逆に外国選手が(日本選手の多くも)大勢米国にきてトレイニングしていますよね。

2013/04/04 (木) 14:54:42 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

スケヲタ鉄子様


WEINZIERL選手の名前は、ヴァインツィエールまたはヴァインツィエルが、ドイツ語の発音に近いと思います。
Wikiではヴァインツィアールになっているようですね。
ジュニアの女子選手はまったく守備範囲外でした。
情報をありがとうございました。

2013/04/04 (木) 15:19:53 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

スケオタ鉄子さんへ

さすがにお目が高い。
WEINZIERL選手は今後の注目株の選手ですね。
サラ・ヘッケン選手が怪我でシーズンを棒に振ったのが痛いですね~~。
個人的に好きな選手なのですけどね。
アメリカの若手なら
Kiri Baga*
Ashley Cain
Samantha Cesario
Yasmin Siraj*
Courtney Hicks
*印が私のピョンヤンでの注目株

ドロンパさんへ
フリップと、ルッツの飛び分けの出来る選手で、彼女の名前を挙げていたのに、もう忘れたのね。
ったく~~~。

2013/04/04 (木) 16:50:32 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

雪さんへ

投稿前にパスワードを入れておかないと、あとでの編集は出来ないと思います。

私はいつも入れないですけどね。わははは。
間違えたら訂正コメントをいれてあれば充分ですよ。

とブログ主のように振舞うトモゾウであった。
(ちびマル子ちゃんのナレーションでお読みください。)

2013/04/04 (木) 16:54:36 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

辛亥革命1911年


>ドロンパさんへ
フリップと、ルッツの飛び分けの出来る選手で、彼女の名前を挙げていたのに、もう忘れたのね。<

名前は覚えていますとも!
ジュニア女子の演技にはそれほど注目していなかったというだけです。

名前を忘れたとか、名前を間違えたとかを、常習犯のバルタン様に指摘されるとは!
プンプン。

2013/04/04 (木) 18:09:03 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

barutantomozou さま

あの~差し出がましいかと思うんですが一応・・
>*印が私のピョンヤンでの注目株
ピョンヤンではなくピョンチャンではないかと
もしかして北朝鮮で何かあるのでしたら私の無知をお許しくださいませ。。

2013/04/04 (木) 19:22:37 | URL | アース #vdA3aT7k [ 編集 ]

アースさんへ

平昌オリンピックでしたね。

平壌も平昌も行くこと無いもんで。
ま~、私のコメントはこの手の間違いは良くあるので、脳内変換してくんなまし。

すぐ開き直るのです。<(`^´)>エッヘン

2013/04/04 (木) 19:34:27 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: (V)o¥o(V) フォッフォッフォ

()o¥o() ジャキジャキ (V)o¥o(V)様。

エビガニは食用には味がイマイチとか。

確かに、喰えねェ~(^Д^)

エビガニおじちゃんから、伊勢海老おじちゃんに早くご出世なされますよう。

2013/04/04 (木) 21:54:01 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 片割月様(女子SPのルール改正②)

ドロンパ様、こんばんは。

なるほど、日本スケート連盟には先を読める人材がいなかったか。

将棋の棋士を理事にお招きしたらどうかしらね。

ビジネスの世界もそうですが、先を見越した戦略は、難しいですよね(^。^;)

どうしても、「その場主義」みたいにバタバタ、ジタバタするばっかりで。。

>ドイツには戦略家はいても駒がない

ウ~ン、それは、駒ッた。

>脳みそが女々しいと、どんなにマッチョでも全然男に見えませんけどね。

やはり、ドロンパ様の好みは「脳筋」なんだ(^Д^)

タオヤメより、マスラオ、でござんすね。

口をつぼめ、人差し指と親指をゴニョゴニョさせながら、腰をクネクネさせ、

「だってェ~、ワタシィ~、ワカンナインダモン」

と言う女性を見たら、ドロンパ様の頭から角が生えそうね(;゚Д゚)!

2013/04/04 (木) 22:24:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 初めまして

Dora Quadski様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

以前、御ブログを何度か拝見していますが、

フィギュアスケートについての深い考察、凄いなあと思います。

サラ・ヘッケン選手、ペーター・リーベル選手、ああ、確かにおっしゃる通りです^^
出来れば、もう一声、上位に上がって欲しいです。

>人様のブログにお邪魔して長々と書いてすみません

イエ、とんでもありません!

それどころか、実に分かり易く詳細な経緯をご説明下さり、大変ありがたく思いますm(__)m

今後ともよろしくお願いします。

2013/04/04 (木) 22:39:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ソルトレークスキャンダルについて

こんばんは、横レス失礼します。

Dora Quadski様の
>ソルトレイク・スキャンダルの1つのきっかけは、グラウンド・ゼロの翌年だった、ということ<
私もこれは思っていました。
ソルトレーク五輪はアメリカのナショナリズムの高揚・テロとの戦いを正義とする演出に利用される側面がありました。
開会式に貿易センタービルの残骸から出てきた星条旗が掲揚されたことから始まって、アメリカの選手たちも観客も(彼らが自国大好きなことを差し引いても)かなり異様な盛り上がり方だったと思います。
これはアメリカの様子を日本のメディアで見ていての印象なので、カナダのことは全然わかりませんが。
当時はとにかく「アメリカ=正義」というアピールが常にも増してウザ…激しかったです。

また、たしかテロの前年に、アメリカだか国連だったかのイラクの大量破壊兵器の査察を、ロシアの反対で出来なくなってしまったことがあって、アメリカがロシアに怒っているニュースがありました。
そもそも冷戦時代からのソ連VS北米の対立は終わっていないと思います。
実際ロシアが色々と信用できないことをやらかす国だということもあって、北米ではロシア的な価値観や考え方は政治的にも感覚的にも受け入れ難いのではないでしょうか。

私は田村さんの著作は未読ですが、体操でもルール作りで「どういうものを良しと定義するか」とか、審判の派遣について、北米と旧ソ連系の対立は相当激しかったと父から聞いています。
共産圏はとにかく勝つことが最優先で、それに対してアメリカには「共産主義的な考え方やシステムで育てられた選手が優勝するのは、正義の敗北だ」「ソ連が勝つってことはルールが間違ってるってことだ」くらいの反感があったと。

そうした点で、ソルトレークスキャンダルにおいても、北米スポーツ会のロシアに対する元々の反感とか、ロシア=悪という先入観が、メディアに全く影響しなかったとは、私には思えません。

北米とロシアはどっちが正義で悪ってこともなく、どっちも自分たちの都合で動いてるだけだと思っています。
それはそれで仕方ないことと見ていますが、「自分たちが正しい」と世界に認めさせることに関しては北米が断然上手だから、私は採点競技に関してはちょっとロシア贔屓で見てしまいますね。
北米ロシアどっちもそれぞれ演技には良いところがあって好きなんだけど、ロシアのバレエ的な美しい演技が北米に駆逐されて絶滅してしまったら怖いわ、という気持ちがあるので。

おっと、話がそれました。


kan-kan様にお聞きしたいのですが、ペアやダンスの
>もともとずっとロシアが牛耳っていた種目で判定の疑惑が"売り物の”ともいえる種目<
というのは、いつ頃から言われていたのでしょう?
ソルトレークでジャッジ不正が確定してからは騒いでも当然と思いますが、証拠も無いうちからずっとそんなことを言っていたとしたら、それはさすがに不公平じゃないかと思うのですが。

2013/04/04 (木) 22:39:48 | URL | うめきゅー #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アース様、こんばんは。

>この言葉は失礼ながら少し驚きを持って読みました。片割月様がそこまでの浅田選手好きであったとは!

フフフ。私の記事を古い方からお読みになれば、分かりますよ(^_^)ノ

浅田選手はソチで金メダルを取れば引退、

それ以外は、続行と予想していますよ^^

アース様が挙げられた4人のトップ女子選手以外に、第5の女子スケーターが全日本で出てくるかも。

2013/04/04 (木) 22:45:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 失礼致しました

雪様、お気になさらずに。

>私の不注意で、人様のブログをよごして

そんな御大層なブログではござりんせん。

ノープロブレムですよ(^<^)

2013/04/04 (木) 22:49:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 脱線ばかりですみませんm(__)m

スケヲタ鉄子様、こんばんは。

ドイツのフィギュア界の消息、ありがとうございます。

Nathalie WEINZIERL選手ですね。動画を見てみますね^^

2013/04/04 (木) 22:52:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

アース様。

オッ、四大陸を観戦されたんですね。羨ましい限りです。

アイスダンスが本命だとすると、相当年季の入ったフィギュアファンだと思われますが、

そのお二人さんが、カナダの陰謀、などと言っていましたか。タハハハ。。。

「演技の中断」そのものは、PCSにさほどマイナス影響は及ぼさないと思うんですけどね。。。

>気分を害される方がいたらごめんなさい。お目汚しお許しください。

どうぞ気になさらずに!

全然問題ありませんよ^^

2013/04/04 (木) 23:01:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 辛亥革命1911年

> 名前を忘れたとか、名前を間違えたとかを、常習犯のバルタン様に指摘されるとは!
> プンプン。

そりゃ、辛亥革命だわ。ガッハッハ(^Д^)

エビガニおじちゃんに、チョキチョキされないように。

2013/04/04 (木) 23:05:47 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:ソルトレイクについて

うめきゅー様

>ソルトレークでジャッジ不正が確定してからは騒いでも当然と思いますが、証拠も無いうちからずっとそんなことを言っていたとしたら、

そこです。当時は得点を元に順位点がつけられて、その順位点で順位が決まったので、ジャッジ間の裏取引がしやすく、それがうわさされていましたが、証拠がないので何もできないでいました。
それがソルトレイクでフランスジャッジの不正が明らかになったので、ここぞとばかりに改革運動が起こったのです。この動きに参加したのはカナダやルーマニアなどアイスダンスの選手が多かったと思います。

2013/04/04 (木) 23:56:43 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:Re: 片割月様(女子SPのルール改正②)


>口をつぼめ、人差し指と親指をゴニョゴニョさせながら、腰をクネクネさせ、
「だってェ~、ワタシィ~、ワカンナインダモン」
と言う女性を見たら、ドロンパ様の頭から角が生えそうね(;゚Д゚)! <

見るだけなら、別に腹は立ちませんよ!
殿方と同様、そういう女性は観賞用です。(なので、美女限定でお願いします)
クネクネは、スラロームを見物しているつもりで心頭滅却。

2013/04/05 (金) 00:42:15 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

美しい鎖骨をお持ちの片割月さま

鳩胸の私からしたら、うらやましい限りです。

田村さんの著書で最初に読んだのが「氷上の光と影」なんですけれど、あの本の中で一番よく覚えてるのが、有香さんとボナリーのところです。
ジャンプで勝ってても優勝できなかったボナリーが、きちんとしたスケーティング技術を身につけられなかった原因として、プロのコーチでない母親がコーチをしていた点を指摘していました。
そこで触れられていた<専門の知識や技術を持った指導者から教わらないと、ちゃんとした技術が身に付かない云々…>は、後から思うと、浅田選手のその後の状況を言い当てているかのよう。
浅田選手には色んな事情があっての事で、本人的に望んでそんな状況になったわけではなかったんでしょうけども。
この本が出たのは、まだ彼女が王道を歩んでいた頃なので、上に書いたような解釈をするようになるとは想像もしませんでした。
バンクーバーの後、佐藤コーチという大金星を射止めて、ようやく王道に戻ってこれるなとホッとしたのを覚えてます。

あと、些細なことですけど「もっとも簡単な3トウループの3+3コンビネーションで…」のところは、「もっとも簡単」はコンビネーションではなく3トウループにかかってるのかなと私は読みましたよ^^
5種類の中でもっとも簡単なジャンプ、という意味かなと。
これだと3T+3Tを軽く見るようなニュアンスはなくなりませんか?(とはいえ誤解を招くような書き方をする方がいけないんだと思いますけどね)

2013/04/05 (金) 00:45:14 | URL | りんこ #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: 片割月様(女子SPのルール改正②)

> クネクネは、スラロームを見物しているつもりで心頭滅却。

あ、やはり、我慢しているのね(^。^)

2013/04/05 (金) 00:59:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

美しい背中の後ろ姿をお持ちのりんこ様

りんこ様、こんばんは。

> 鳩胸の私からしたら、うらやましい限りです。

すると、りんこ様は背中からヒップにかけて、かなりセクスィ~、なんですね。羨ましい(*´∀`*)

ああ、ボナりーさんですね。。。確かに。

タラソワコーチ(その配下のスタッフも含め)の「功罪」はどうなんでしょうね。

りんこ様のご意見も一理ありそうですが。

私は、真央選手の持って生まれた定めだったのかしらん、と、

エライ昔風の感想が口から出てしまいます(^。^;)

今もタラソワさんの振り付けを継続していることから、

真央選手本人はタラソワさんからコーチを受けて良かったと思っているんでしょうね。

2013/04/05 (金) 01:16:05 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

スケーティングスキル

真央ちゃんとヨナの「スケーティングスキル」は今のところ一長一短と見るべきでは?
ヨナはこの度、久々にステップに沢山の要素を盛り込むことにチャレンジしてきました…アタシャそれが嬉しくて…。
ドイツのお披露目では間に合わなかったけど、世界選手権でレベル4にたどり着けた。GOEも本人の予想以上に付いたんじゃないかな?
でもね、振り付けと音楽に助けられてるけど、ターンを沢山入れるとスピードが半端なく落ちてしまう…ヨナの場合とくに落差が激しいです。この辺はバンクーバー戦略のツケといっていい。
でも、ヨナも理想のスケートに向かって進化しているのが見えるから、これでいいのだ。
一方、真央ちゃんのバンクーバー戦略一番の収穫は、何だかんだ言ってもタラソワ先生の鬼ステップだと思います。仮面以降今まで一貫して鬼ステップ…ローリープロでも基本的にそれは変わらず、佐藤コーチの元でスケーティングの基礎練習を重ねることで、よりシャープに洗練されました。それは他の追随を許さない…張り合えるのはコストナー選手くらい。
タラソワから貰ったものは、スケーター浅田真央としてのアイデンティティーを揺るぎないものとしたと見るべきでは?。
いったん送信します

2013/04/05 (金) 02:55:38 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

スケーティングスキル 続き

勿論、成長期にジャンプコーチ不在だったツケは大きいですけど、支払いはこの三年で着々と進んでます…ソチまでに完済できる…筈です!
ともあれ、バンクーバーの主役達が更に進化してソチに向かいつつあるのは感無量ですね…
あとは、安藤さ~ん
それから未来ちゃんダイエット~

2013/04/05 (金) 03:07:15 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

Kan-kan様へ

>ソルトレイクでフランスジャッジの不正が明らかになったので

そこが日本のスケートファンと北米のスケートファンで見方が大きく分かれるところです。
田村さんは「氷上の光と影」で、フランスジャッジに比較的同情的な見方をしています。なぜなら、競技の後、「なぜカナダを1位に付けなかったのか」と、他のジャッジから執拗に圧力をかけられたのではないか?と書いているからです。
この件については時間ができたらまた書きますね。

2013/04/05 (金) 12:19:29 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

シジフォスさんへ

個人的な来シーズンの希望的観測としては、ゲデ子ちゃんの大ブレークです。
ワールドの体系を見て、それを予感させました。
トリノの時の体系にかなり近づいているからです。
今シーズンはまだ、体系に見合った感覚が戻ってきていないためにジャンプに精彩を書いたのだと思いますが、あの体系を維持する事が出来るなら、必ずや彼女は上位に食い込んでくるでしょう。

問題はフリップジャンプを構成に組んでこれるかでしょう。
トリノデビュー組はソチが、選手生活の大きな区切りとなると思われます。
どの選手も悔いの無いシーズンを過ごせるように願っています。

そして最高の笑顔を全選手がキスアンドクライで見せてくれる事を今から楽しみにしています。

2013/04/05 (金) 12:40:31 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

神無月様

神無月様

>そこが日本のスケートファンと北米のスケートファンで見方が大きく分かれるところです

そこが、あまりの違いが私には非常に不思議でしたが、田村女史がそういう書き方をしておられたということがこのスレッドでわかって、なるほど、その差はここからきているのだということがやっとわかりました。

ソルトレイクの騒動のとき、一番積極的に参加、活動したのはアイスダンスの選手たちだったと思います。

2013/04/05 (金) 12:49:58 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

バルタンさんへ

おお、ゲデ子ちゃんもいた!
彼女もウェイトコントロールに苦労してきただろうけど、完成された体型になりましたね。
今期は後半怪我に泣いたようですが、予後が気になります。
オーサー組、怪我人が多いのはどうしたことか。
優勝候補や表彰台候補を抱えすぎて、オーサー先生の目が行き届かないんじゃ?とか、つい老婆心が…。

ユヅも大丈夫かなあ…。

2013/04/05 (金) 13:33:27 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

技の繋ぎやステップについてご教示お願いします

皆様

ヨナ選手のプログラムに関して、「スカスカ」という形容は、「ジュニア構成」「尻餅加点」と同じ位、テンプレのように出てくるのですが、これって、実際の所、どうなんでしょうか。非常に良く目にする形容なので、もしかして、本質を捉えているのかな、という解釈も出来ますが、ネガキャンのテンプレのように使われている慣用句であるため、かえって信憑性が損なわれているようにも思います。

私は、ステップやターンの難易度について、見分けることができないので、「分からない」と判断を保留にしています。

ISUのビデオを見ると、ボディ・ムーブメントといって頭や体幹を使ったや重心の移動なども動きも、「技の繋ぎ」として認められています。ヨナ選手の場合、音楽に合わせて、途切れなく踊っている印象です。イナバウアーやイーグルなどのMovements In The Field もジャンプの前後に入っている所がありますよね。ジャンプの前に、ステップが入っている所もありますが、その難易度が私には分かりません。結構、難しいことをしているのでしょうか。

技の繋ぎは、「多様性」「複雑性」「難易度」などで見ることになっていたかと思いますが、ヨナ選手の場合、どの程度に位置付けられるのかがよく分かりません。

上位選手の中では、オズモンド選手のプログラムは、技の繋ぎが、極めて複雑なように見えます。

コストナー選手のフリーは、それこそ、一見、技の繋ぎが「スカスカ」のように見えるのですが、玄人目には、ちょっとした繋ぎにも、ディフィカルトターンを入れている、という話を小耳に挟んだことがあるので、これについても、判断を保留にしています。

浅田選手の場合は、所謂、「鬼ステップ」がありますよね。仮面舞踏会でフリーをしていた頃に、Golden Skateにしばしば行っていたのですが、あのプログラムが、密度が濃い!という人と、ステップは濃いけれど、他の部分の技の繋ぎは薄い、という人といて、意見が分かれていました。今の白鳥についても、Golden Skateでの人々の評価は似たような感じで分かれています。

鈴木選手のプログラムについては、ジャンプの前後の技の繋ぎはあまり入っていないのですが、ステップシークエンスのエッジの深さや、スケーティングをディープエッジで、加減速できる能力は、現役でも、コストナー選手の次に凄いんじゃないかなと思っています。

個人的には、ステップシークエンスでは、何をやっているのかはよく分からないものの、コストナー選手のエッジの伸びが最も凄いと思います。

2013/04/05 (金) 13:45:20 | URL | 雪 #- [ 編集 ]

レミゼはスカスカではない(と思う)

雪さま
スケーティングスキルとステップとつなぎの理想的バランスについては、自分も勉強中です。
ジャッジングのかなり重要な部分と思われる割には基準は不明瞭なところも多く、ルールの明確化もしくは具体的な説明がもっと望まれますね。
ヨナ選手のプロが、テンプレのように「スカスカ」とされるのは、バンクーバーシーズンとそのプレシーズンのプロからくる副作用と自分は見ています。特にステップに関してはあの2シーズンのフリーは、おそらく戦略的に要素をギリギリに切り詰めている…当時の、レベル4を取るには余程でないと困難というルール運用を見越して、レベル3でよいとした要素を取りこぼさず、体力も温存する戦略…あげひばりのような盛りだくさんな内容を期待すると肩透かしをくらう…自分がそうでした。
ターンの見極めは難しいですよね…エッジの細かなコントロールの妙を見るのが好きなのですが、未だになかなか見分けができません(汗)
レミゼのステップはあげひばり以来の盛りだくさん内容で個人的に大好きです…ちょいユックリなぶん、何をしているか判りやすいし。
これをスカスカという人は演技を見てないんじゃないかと思いますけどね。

2013/04/05 (金) 16:08:38 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

ご教示ありがとうございます

シジフォス様

ご教示を頂きまして、誠に有難うございます。

成る程、2008-2009年と2009-2010年のプログラムはステップシークエンスのターンをレベル3獲得に必要不可欠な程度に絞っていたけれど、レベル4が取り易くなった今シーズンのステップシークエンスはレベル4構成ということもあり、難しい「揚げひばり」に匹敵する複雑性ということですね。揚雲雀は難しいプログラムだったという分析は、しばしば聞き及んでおります。

「シェヘラザード」は、技の繋ぎや踊っている部分で、ステップはあまりたくさん入っていないような印象を持っていました(代わりにボディームーブメントやスケーティング・ムーヴメントが多い印象)。一方、「死の舞踏」は速い音楽に合わせて足元もステップで細かく刻んだ繋ぎが入っているような印象があります(細かい=難しいではないのかもしれませんが)。

「ボンドガール」は、足元で難しいステップを踏んでいるかどうかは私には見分けられないのですが、演技の流れの中で見ていて詰まらない「間」が無くて、隙の無い作りに見えました。

「ガーシュイン」は、ジャンプの前後に集中的に繋ぎが入っているような印象です。それこそ、テンプレでよく言われる所の「漕ぎ」でガーッと加速して助走した後に、ジャンプの前後をムーブメント・イン・ザ・フィールドあるいはステップで挟んでいました。

今回のレ・ミゼラブルのステップシークエンスは以前のものよりも複雑なんですね。ご教示ありがとうございます。また、ジャンプの一つが2A-3Tから3S-2Tに変わったため、加速するのに必要な助走が減った印象はあります。なお、全選手に当てはまることですが、スパイラルシークエンスが廃止になったので、繋ぎを入れる時間は、バンクーバーの頃よりも増えているはずで、繋ぎが増えたとしたら、それも影響しているかもしれませんね。

ご参考まで、こちらがISUの技の繋ぎのビデオへのリンクです。
Transitions, Linking Footwork and Movement
http://www.youtube.com/watch?v=gJC1rAT0nsE&list=UUYIbzUrsbjQBENtqflPhjAQ

オズモンド選手は、それこそ教科書通りの「繋ぎ」がてんこ盛りのプログラムのように思いました。ジャンプの前後はもちろん、スピンの前後も、表外ジャンプやステップやムーブメント・イン・ザ・フィールドで挟んでいて、より複雑に見えます。彼女の凄い所は、それでもスピードが落ちない所です。パワフルな感じがします。SPは、しっかりと滑り切ることができましたが、フリーでは、転倒が二つありました。もしも技の繋ぎを減らしていたら、跳べていたんじゃないかな、と思いました。繋ぎをたくさん入れることで、プログラムをわざわざ難しくしているので、もしも全部こなせたら、高く評価して上げて欲しいです。

最後に、「繋ぎ」は質か量かという議論もありますよね。鈴木選手のフリーのように、流れで魅せるタイプの曲の場合は、振り付けや繋ぎはシンプルに抑えて、スケーティングのスピード感の変化の付け方で魅せる、という考え方もあります。

浅田選手の「ノクターン」や「幻想即興曲」も、そうしたシンプルな良さがあったような気がします。特に「ノクターン」はシンプルイズベストの好例かと。

コストナー選手は、元々ジャンプの構えが長い選手なので、ヨナ選手やオズモンド選手がやっているように、ジャンプの前に繋ぎを入れるのは、正直、難しいのかも、と思います。ただ、自分に見分ける力がなくて残念ですが、ジャンプの後のちょっとした繋ぎでは、難しいことをサラッとやっているのかもしれないなーとは想像しています。ステップシークエンスについては、歩数は多くないものの、質の高さをはっきりと感じます。

2013/04/05 (金) 17:52:02 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

雪さんへ

コストナー選手が出てきたので、ちょいとばかしFSのスタートのターンにその凄さが現れていると思います。カウンターから間髪を入れずにロッカーへ(LBO→LFO→LBO)とフリーフットの振りだけでサラッとこなす。しかもスピードが落ちない。
ジャンプに関しては2010年までは緊張した表情で飛んでいたのが、2011年から飛ぶ前の表情に笑みが見えるようになりました。
これが今のジャンプの安定性につながってきていると思っています。
日本の3選手はその点は今回のワールドの上位陣の中では、ロシア勢の次に表情が硬かったと思います。
ワグナー選手、ヨナ選手、オズモンド選手、李子君選手はその点で、過度な緊張を感じる事が無かったですね。

2013/04/05 (金) 18:13:30 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

barutantomozou様

ターンのご解説ありがとうございます!
カウンターやロッカーは、解説+スロー再生でやっと見分けられるレベルなので、ご教示頂いて、とてもありがたいです。早速、見てみますね。

仰る通り、コストナー選手は、以前は、緊張した顔で、長ーい構えから跳んでいましたよね(スピードが速過ぎて難しかったのでしょうか?)最近は、ゆとりのある表情で、構えも短くなり、流れの中で滑らかに跳ぶようになった印象です。

2013/04/05 (金) 18:41:05 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

re: スケーティングスキル

<でもね、振り付けと音楽に助けられてるけど、ターンを沢山入れるとスピードが半端なく落ちてしまう…ヨナの場合とくに落差が激しいです。>

これは、つまりディフィカルトターンで加速するのが苦手、という意味でしょうか?

アイスダンサーのトレイシー・ウィルソンに師事していて、レベルや加点も取れているので、ステップも得意なのかと思っていました。

フリーレッグや爪先が綺麗に伸ばせていたら、もう少し見栄えがするのにな、とは思うのですが、あいにく見分ける力が無くて...。

コストナー選手やトマシュ・ベルネル選手のエッジのように思わず見とれてしまうようなことは無いものの、それでも、程々に上手なのかと思っていましたが、どうなんでしょうか。

ただ、スケーティングが凄くなめらかで、スピードがある所は好きです。


ちなみに、浅田選手とキム選手で、よく比較されるスピード問題ですが、一つには、ジャンプを跳ぶのに必要な助走スピードの違いがあるのではないかと、この頃は考えています。

浅田選手は、跳ぶ前に減速する癖があり、それを佐藤コーチが修正中であると理解します。

ヨナ選手は、逆に、スピードを上げないと跳びづらいようにも御見受けします。ジャンプを跳ぶ為には、所謂「漕ぎ」でトップスピードに持って行く必要があるのかなと推測します。

浅田選手は、ノクターンや幻想即興曲の頃は、スピードはあったと思います。特に速くはなかったかもしれないけれど、決して遅くはありませんでした。ところが、ラファエルコーチを離れて、中京で一人で練習するようになってから、徐々に遅くなって行ったように思います。その後、佐藤コーチの下で、スケーティングの基礎をやり直すことになったので、スピードが上がって来るかなと期待していたのですが、なかなか上がらず、どうしてかな、と思っています。

スケーティングの基礎を学び直して、エッジが深くなったのであれば、加速できるような気がするのですが、何故、スピードがでないのか、どうしてなのか、とよく考えます。

一つには、前述のように、ジャンプの前にスピードを出すのが苦手、ということがあり、もう一つは、ステップなどで複雑なターンが入っていて、加速が難しいのかも、と考えたりもしています。ノクターンや幻想即興曲で、スピードがあった理由の一つには、それ以降のプログラムほど複雑なステップが入っていなかったから、というのもあるような気がします。また、一時、痩せてしまったので、パワーが無くて、しっかりと押せないのかな、とも考えます。

2013/04/05 (金) 19:09:13 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

Re: スケーティングスキル

シジ小姉、こんばんは。

>ターンを沢山入れるとスピードが半端なく落ちてしまう…ヨナの場合とくに落差が激しいです。この辺はバンクーバー戦略のツケといっていい。

私は「レ・ミゼラブル」の方しかジックリ見ていないけど、

スピードが落ちたというよりも、

音楽表現上、スピードを落とした、ようにも見えるんですが、どうでしょうね。

それに、スピードを落としてステップを踏むのは、むしろ高度なテクが無いと無残なことになるのかなあと。

一部のノービスやジュニアの選手による、スピードが落ちたステップを見ると、アチャーッて感じですが、

おヨナさんのは少しも破綻が無いように見えましたが。

あたしゃ必ずしも「ジャッジ恭順者?(-^〇^-)」でもないけど、

真央選手のステップとほぼ変わらぬ評価を受けているのも、肯けるの^^;

2013/04/05 (金) 21:23:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

雪さんへ

浅田選手のジャンプにスピードがないのは

>ステップなどで複雑なターンが入っていて、加速が難しいのかも<

というのは当てはまらないと思います。

当ブログで11名の選手のコンビネーションジャンプやシングルジャンプの進入速度を計算していますので一度見に来ていただければと思います。

連続写真にしていますから、事前の動作もある程度わかると思います。

事前のステップが多いのは、ワグナー選手が一番ではないかと思います。
7つの内4個はターンからのジャンプで、その内の3個はかなり数を多く入れて飛んでいます。

3F+2T+2T(スリーターン3回、足換えターン1回)、3S(カウンター1回、スリーターン2回),3F(LFI→LBO→LFI→RFO→RBI、着氷後LBO→LFO)

http://blogs.yahoo.co.jp/barutantomozou

2013/04/05 (金) 21:32:47 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Kan-kan様へ ソルトレイクスキャンダルについて

詳細を書きます。

ソルトレイクスキャンダルは、フランスジャッジが「自分の意志でロシアを1位につけたのではない。フランス連盟のガヤゲ会長からプレッシャーを受けたのだ」と発言したことが発端でした。
しかし、田村さんによると、裏ではジャッジの間で様々な攻防があったそうです。

ペアの競技後、フランスジャッジはホテルのロビーで、イギリスのISU技術委員長(父親は著名なカナダ人のホッケー選手)から、「なぜロシアを1位にしたのか」と執拗に問い詰められたとのこと。
また、競技後のレフェリーミーティングでは、レフェリー(アメリカ人)がジャッジ全員に手紙を渡した。それには、彼自身はカナダを1位につけたこと、そしてロシアを1位にしたジャッジたちは、「不正直だった」と書いてあった。「カナダにつけたジャッジは、公正で正直だった」とその手紙は結んであったとのこと。
※試合終了後のミーティングで、レフェリーが自分と違う順位をつけたジャッジを締め上げることは珍しいことではなかったそうです。
そして、同時多発テロ事件で火が付いたアメリカ人の愛国心。
ジャッジ資格停止処分を受けたフランスジャッジは、フランスに帰国してからは自国のメディアに対して「良心に従ってロシアに投票した。米国では周囲とメディアの圧力から、己を失ってあのような発言をしてしまった」と一貫して主張した。

ざっと要約して書くとこんなところでしょうか。この本を最初に読んだ時は「北米って汚いな」と思いました。ちなみに長野五輪のアイスダンスのボーン&クラーツについても田村さんは北米メディアに批判的な書き方をしています。というか、この本は全体的に北米メディアに批判的なような気がします。

というわけで、私は長年「カナダは黒い」という固定観念を持っていました。
今は、「ロシアもカナダもどっちもどっちじゃね?」という考えに変わりました。フィギュアスケートに詳しくなるにつれ、ロシアサイドも相当なやり手であることを知ったからです。それに、フランス人ジャッジの告白がどこまで真実なのかも証明できませんしね。
確実に言えるのは、ロシアと北米の争いがそれだけ激しかったということだけです。
ISUは、国家間の争いに終止符を打ちたかったのでしょうね。それで今のような採点方式になったのでしょう。

ソルトレイク五輪から10年以上経過しました。ロシアが停滞する反面、日本・韓国・中国などアジア勢が台頭し、フィギュアスケートは新しい時代を迎えました。ロシア選手も北米の著名な振り付け師にプログラムを依頼するようになりました。
真央選手が、ロシアの女帝タラソワとカナダの女帝ローリーの両方に振り付けを依頼しているのも、グローバルの象徴だといえますね。
今は「ロシアだカナダだ」と言う時代ではないような気がするのですが、田村さんはいまだにロシアと北米の対立構造という視点に凝り固まってしまっているような気がします。
ソチオリンピックでは、どんな著作を出すのか気になるところです。

追伸。
バーチュ&モイヤー組がお好みのようですから、北米嫌いは卒業したのかしら?チャン選手に対しては辛らつですれど、これはカナダだからというより、単に自分の好きなスケートスタイルじゃないというだけかな?とにかく癖のあるライターさんです……。

2013/04/05 (金) 22:26:44 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

それはとても信じられない


>ジャッジ資格停止処分を受けたフランスジャッジは、フランスに帰国してからは自国のメディアに対して「良心に従ってロシアに投票した。米国では周囲とメディアの圧力から、己を失ってあのような発言をしてしまった」と一貫して主張した。<

↑これ、フランス人のメンタリティからして、
「プレッシャーによる虚偽自白だったのに、上訴しない」
という選択はちょっと考えられないです。

上訴しないということは100%認めたことになるので、勝てないとわかっていても、裁判費用が捻出できない人でもない限り、名誉に関することだったら絶対に上訴すると思いますよ。
社会的地位のある人ならなおさらです。
「上訴しないということは認めたということ」
という社会ですから。
このあたりは日本とは全然違いますし、騒ぎ立てないことは美徳でも何でもなく、正当な権利を主張しない人間は、
「本当に悪事を働いたので言えないだけ」
とみなされますので。

ライターが自分に好意的な質問をしてくれたので、言ってみただけなのでは?
・・・・・あるいは、ライター自身のバイアスとか。

2013/04/05 (金) 23:07:15 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ヨナのNTTマークを愛す

月小妹
>音楽に合わせてゆっくりと
…自然に見えるように振り付けが工夫してありますね、これぞウィルソンマジック
もちろん、そこいらのジュニアやノービスなんかが足元にも及ばないスケーティングの伸びがあるからこそ可能なのです。
でも、以前からヨナはループターンをなぜかそれほどシャープに回れないんだよね、滑らかなんだけどちょっと遅い
…思うに、ウィルソンはヨナのループターンを昔から愛してきたんじゃなかろうか…世界ジュニアで優勝したプロや、あげひばりではそれがとても効果的に使われてました…前にも書いたけどシジも大好物。
ただ、オーサーにつくようになって、だんだん使用頻度が減っていったのね…ヨナは逆回転ターンが苦手だし、そういうのを省いていったみたい。
今回目を見張ったのは、ステップレベル4目指して苦手な逆回転ターンを真面目に入れたところ…音楽のリタルダンドに合わせるようにユックリと…ヨナの苦手克服へのチャレンジとウィルソンの愛が合わさって究極のターンだったわ…
いったん送信しますね

2013/04/05 (金) 23:08:31 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

ヨナのNTTマーク 続き

だけど、テクニカルとしてなかなか+3は難しい…ホントは+1くらいがいいとこかと思うけれど(音楽がユックリだからといってノロく滑るのはダメ、なのはPチャン見てれば解るし)、今回は+2で良かったね(^u^)
まあ、こういうのもアリと認定されたということで
名付けて「ヨナターン」ナンチッテ
ソチ五輪シーズンも沢山入れるのキボ…

2013/04/05 (金) 23:19:58 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

Re: re: スケーティングスキル

雪様、こんばんは。

参考まで。

Jスポで、ISU技術審判の岡部由起子氏が、ジャンプの前後の繋ぎはPCSにも影響すると言っていました。

私も何となく分かるような気がします。

鈴木明子選手のPCSが「横綱クラス」にアップしない理由の一つは、
彼女のジャンプ前後の繋ぎの薄さ、助走の長さと関係がありそうに思いました。

2013/04/05 (金) 23:42:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ヨナのNTTマークを愛す

シジ小姉。

少なくとも、小姉がヨナループのフェチだということは良く分かりました(´▽`)

私はヨナピボットのフェチでありんす^^

2013/04/05 (金) 23:47:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

演技の中断

片割月様、こんばんは。初めまして。

いつもはシングル選手の話題がほとんどなので、読む専門ですが、アイスダンスの話題には参加させてください!ジャンプの話には興味ないので。

四大陸のテサモエ組の中断ですが、今季から二分以上の中断でも減点じゃなくてPCSから引くように変更になったようですよ。ただもともとPCSがバカ高い(批判じゃないですよ。事実ですから)のでどこを引かれたかよくわからん状態でした。ジュニアのワールドでも上位のカップルにケガによる中断が結構ありました。なんか釈然としないルールですよね・・・

今季はダンスとペアの選手にケガが多発して心配事が多かった。どなたかがISUは正しいフォーム?のジャンプを推奨することで選手のケガなんかを防ぎたい方針、みたいなニュアンスのコメントを残されてましたが、ダンスのリフトこそどうにかしないといつか恐ろしいことになりそうですよね。コレオリフトなぞふやしおって!リフトはもうお腹いっぱい、心配いっぱいです。

流れをぶったぎって失礼しました。これからもブログ楽しみにしてます。

2013/04/05 (金) 23:52:09 | URL | あかねさす #VomMYRPI [ 編集 ]

Re: 演技の中断

あかねさす様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

オオッ、「あかねさす」とは、かつて王家におわした女性万葉歌人を思わすような。

アイスダンスがお好きなんですね^^

私も好きですが、このところアイスダンサーのトピックはお留守気味ですみませんm(_ _)m

>今季から二分以上の中断でも減点じゃなくてPCSから引くように変更になったようですよ。

ゲッ!そ、そうなんですか!?

PCSのどの項目かしら。全てに渡って?

ちょっと、自分でも調べてみよう。

ううん。。何だかシックリ来ないルールだわ(-_-;)

>リフトはもうお腹いっぱい、心配いっぱいです。

同感。私も同じこと、前から感じていました!

リフト。。。益々高度化してリスクも比例して高くなりますよね。。。

>流れをぶったぎって失礼しました

他の方へのレスにも書きましたが、

当方のブログでは、ぶった切ろうが、ズレまくろうが、外しまくろうが、ノー問題ですよ(^_^)ノ

お時間がございましたら、またいつでもお越し下さいね^^

2013/04/06 (土) 00:41:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ソルトレイクスキャンダル 補足

ドロンパさんへ
このフランスジャッジの人間性について藤森美恵子さんの言葉が引用されています。
「ルグーニュは昔から、情緒不安定なところがある人でした。レフェリーミーティングでも、感情的になって涙を見せたりすることはたまにありました」
要するに精神不安定な人ということでしょうか。フランスのガヤゲ会長もよく分からない人だし(ユーロファンからはフランススケート連盟の評判はよろしくない)、田村バイアスもあるでしょうし。何が何だか。
しかし、以下の話を読むと、裁判を起こす気が失せたとしてもおかしくありませんね。

以下は田村さんが取材をしたISUの広報担当者から聞いた話。(注:フランスジャッジとは別の人です)

どうして2個目の金メダルを出したのかという問いについて。
「ではどうすればよかったの?カナダに金メダルを出さなければ、誰かが殺されていたでしょう。ジャッジか、選手か。一番危なかったのはロシアのペアだわ。私たちは関係者の命を守るために2個目の金メダルを出すことにした。あれしか解決方法がなかったの」

「ペアの決勝の翌日、私の携帯電話の番号と、メールアドレスがどこかのファンサイトの掲示板に公開されたの。毎日脅迫電話や脅しのメールがひっきりなしに届いた。本当に怖かったわ。フィギュアスケートはもうこりごり」

「チンクワンタ会長は、あの日ロシアの演技の方が全体的に優れていると思ったと私に語った。でもジャンプ1つをミスしたことだけで、あれほどの騒ぎになってしまった。もっと全体の質を評価するような採点方式が必要だと痛感したんです」

引用終わり。
私は、ジャッジの匿名性に賛成です。名前だけは公表していますけれど、誰がどの点を出したかは分からないようになっていますね。暴徒と化した大衆は恐ろしいったらありゃしないわ。

2013/04/06 (土) 00:42:05 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

Re:Re: 演技の中断

あかねさす様 片割月様

>リフトはもうお腹いっぱい、心配いっぱいです。

>同感。私も同じこと、前から感じていました!

Me three!
体操も最近の大技はきれいというより恐怖を感じます。 バルタンさん、どう思われますか。

2013/04/06 (土) 00:49:58 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Kan-kanさんへ

今の最高難度の技は、ほぼ人間の能力の限界に達していると思います。
床を除く5種目に関して言えば、可能性があるのは降り技ぐらいだと思います。
空中での回転数の増加は縦回転にしても横回転にしても、複合系の技としては、現時点で改良できる限界点に来たと思います。
特に吊り輪と鉄棒は、かなり怪我という点では分水嶺に来ていると思います。
床はまだフロアの弾力性の改良で、高さを人為的に増やす事は出来ると思いますが、そうなるとトランポリンのようになる可能性が懸念されます。
最高難度の技を美しくこなせるレベルには、少々遠い気がしますね。
抱え込みや、膝の緩みなど、完成度よりも技をこなす事が中心になりつつある所に内村選手が出てきてくれてほっとしています。

2013/04/06 (土) 01:12:44 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re:ソルトレイクスキャンダル 補足

神無月様 ドロンパ様

だんだんと解ってきました(笑)
9/11もここで出てくるわけですね。


>、誰かが殺されていたでしょう。ジャッジか、選手か。一番危なかったのはロシアのペアだわ。私たちは関係者の命を守る

これはどうかな~。もちろん中には狂気じみた人もいますが、こういうことに対する受け止め方は北米人の方が冷静でフェアだと思います。ジャッジに対する不満怒りはありましたが、ロシアのペアに対しては同情する人はいても、恨んだりするファンは少なかったと思いますよ。ロシアの両選手ともおとなしいタイプでDIVA のタイプではなかったですから人気もありましたし、彼らに罪があるわけではないーここが大事ーので彼らに対して恨みをぶつける、ということはなかったはず。 こちらにいて時々、こういうところは東洋人より心が広いしフェアだと思うことがあります。アンチヨナ派に見られるような盲目的狂信的なファンは少ないです。 

追記
>チンクワンタ会長は、あの日ロシアの演技の方が全体的に優れていると思ったと私に語った

チンクワンタ会長はスピードスケート・ショートトラック畑の人ですから、ペアの微妙な判定で彼のコメントを引き合いに出し、権威をちらすかせるのは、ライターとして失格だと思います。

2013/04/06 (土) 01:26:54 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

バルタンサンへ

ご回答有難うございます。

本当に、”分水嶺”難度の技が多く鉄棒などは肝を冷やしながら見ています。
床のフロアの弾力性、やはり変わってきていますか。そう思ってみていましたが。

2013/04/06 (土) 05:25:39 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:ソルトレイクスキャンダル 補足


>「ではどうすればよかったの?カナダに金メダルを出さなければ、誰かが殺されていたでしょう。ジャッジか、選手か。一番危なかったのはロシアのペアだわ。私たちは関係者の命を守るために2個目の金メダルを出すことにした。あれしか解決方法がなかったの」<

実はこの本、私も持っています。(笑)

読んだ時から、
?へ~~、そこまで人気のあるスポーツだとは知らなかった。ホントかなあ??
と、眉唾だったのですが、今となっては猛烈に疑わしいですね~~。
自分の欲しい答えを言ってくれそうな人に、誘導尋問(?)をした可能性が相当高いのじゃないでしょうか。
色々と無理がありすぎるし、なにしろ、書いてあること自体が全く信用できないので。

ネット社会では、二枚舌はあっという間にバレるとわかっているにもかかわらず、あれだけ違う2種類の記事を平然と公開できる人ですから、本を売るためだったら何を書くかわかりませんよ。

田村さんは変わった、という意見も耳にしますが、私は、人間の性格の本質にかかわるこういう部分は、そう簡単に変わるものではないと思っています。
そして、一度でもこういうことをやった人間の書いたものは、信憑性の点でデータとして採用しない方針です。
うっかり採用すると、「予想」が当たる確率がてきめんに落ちますしね。
彼女の本は、たぶん2度と買わないな。

2013/04/06 (土) 10:08:17 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ご教示ありがとうございます

barutantomozou 様
詳しいご教示ありがとうございます。ブログ拝見させて頂きました。ワグナー選手がジャンプ前のステップ/ターンが最も多いのですね。確かに彼女のプログラムはとても凝っている印象です。
浅田選手の「繋ぎ」が多いというのは、ノクターンや幻想即興曲の頃と比べて、浅田選手比で増えたという意味で述べました。


片割月様
ジャンプの前後の繋ぎは、ジャンプのGOEに影響するので、審査員が特に重点的に見ているでしょうし、PCSの「技の繋ぎ」を評価する上で、頭に残りやすい部分かもしれないですよね。もちろん、プログラム全体を見て、判断してはいらっしゃるのででしょうが。

鈴木選手のPCSが何故低いのかというのは、Golden Skateでも数えきれない程、議論に上がって来た話題です。凄く踊れていますし、成熟した曲の解釈、そして、観客とのつながりが素晴らしいですよね。また、スケーティングスキルも、エッジが深く、伸びの良い滑りで、スピードの緩急の付け方も素晴らしいです。ステップも評判が高いです。

敢えて欠点を探すとしたら、技の「繋ぎ」、特にジャンプの前後が薄いと評価されているのではないかという推測がなされています。ジャンプの構えは特に長いとは思いません。標準的な準備動作だと思います。ただ、ご指摘のように、前後の繋ぎは少ないですよね。でも、ジャンプがあまり安定していないようなので、質の高いジャンプを確実に降りるということが一番大事かなと思います。また、全体的に、膝裏や爪先がもう少し伸ばせていたらいいな、とは思います。

浅田選手のスケーティングスキルについて、もう少し考えてみました。一流選手ですし、爪先や膝裏が伸び、膝も柔らかく、足捌きも美しいのですが、スケートの「伸び」という点で、コストナー選手と比べると、やや物足りなく感じます。荒川選手、コストナー選手、トマシュ・ベルネル選手のスケーティングは、ヌメヌメと氷に吸い付くようで、一生懸命漕がなくても、グーンと伸び、水鳥のような「伸び」があります。鈴木選手は、爪先やフリーレッグが少し荒く見えてしまうという難はありますが、「伸び」や自由自在に加速減を付ける能力は凄いと思います。浅田選手は、決して「漕いでいる」という感じではないし、昔から言われているように、凄く柔らかい滑りなのですが、あいにく、そういう意味での「伸び」はあまり感じません。

ステップは、フットワークが良く、難しそうなことをやっているというのは凄く伝わって来るのですが、テンポが速く歩数が多いせいもあってか、ディープエッジを見せつけるとか、ステップを踏みながらグーンと伸びて行く、加速して行く、というような感じは、今までの所、あまり感じたことがありません。

2013/04/06 (土) 10:19:53 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

スケヲタ鉄子様、雪様へ

長文のご説明をありがとうございます。

ただ、あのバンクーバーの得点を基準にされましても……。

ルールが完璧でないのは仕方がないとは思いますが、それでもいくらなんでもヨナ選手のトリノワールドは許容範囲外です。

ついでにいうとGOEは±1.0以下にすべきだと思っています。

おそらくスケヲタ鉄子様と私とでは考えが合わず、このまま議論を続けても平行線を辿る一方だと思いますので、これにて意見の交換はやめさせていただきたいと思います。
こちらは片割月様のブログでもありますし。

ご容赦下さいませm(__)m

2013/04/06 (土) 10:54:50 | URL | ゆきめ #- [ 編集 ]

ステップやつなぎの歩数、およびスピード評価について


ステップやつなぎがスカスカかスカスカでないかで意見が食い違うのは、
「ブレードがどのくらい滑っているか」でなく
「足がどのくらい動いているか」「歩数が多いか少ないか」
を見ている人が多いのが一因ではないでしょうか?

議論が全然かみ合っていないというか、前提となるものが揃っていないというか。

紛糾の原因は、「歩数が多ければつなぎ満載、鬼ステップ」と思っている人が多いことにあるような気がします。

それから、スピード評価は、シングルだったらジャンプの前後が最重視されているでしょう。
・まず、エレメンツの数としてジャンプの数が断トツで多い。スピンとステップを合わせたよりも多い。
・速度を保つのが力学的に最も難しいのはジャンプの着氷時。だからおそらく、技術的にも最も難易度が高く、採点でも一番重視されていると思われる。

男子の場合、FSは全部でジャンプが8回ありますから、この前後で毎回減速・失速してしまうと、1度や2度の転倒ではとても追いつきません。

これに近いミスをしてしまったのが、2012年ワールドの高橋選手のFSです。
単独3A以外のほとんどのジャンプで減速・失速がありました。
PCSは芸術点ではなく、スピード点といっても過言ではありませんから、高橋選手のPCSが伸びずに羽生選手のFSよりも低い評価になってしまった最大の原因は、ここにあると思います。

2013/04/06 (土) 11:07:40 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ご教示ありがとうございます

ドロンパ様

<ステップやつなぎがスカスカかスカスカでないかで意見が食い違うのは、
「ブレードがどのくらい滑っているか」でなく
「足がどのくらい動いているか」「歩数が多いか少ないか」
を見ている人が多いのが一因ではないでしょうか? >

ご教示ありがとうございます。

確かに、仰る通り、「繋ぎ」という場合、「繋ぎのステップの歩数」を指して議論されることが多いような気がします。

私自身、ISUのビデオを見るまで、Body Movementsも繋ぎとみなされているとは存じませんでした。Skating Movementsは、流れを生かした繋ぎになりますし、Unlisted Jumpsはアクセントになって面白いですよね。

他には、片割月様のご指摘のジャンプの前後の繋ぎに注目して議論されている印象です。鈴木選手のプログラムはこの部分が薄いので、繋ぎが薄い、という見方や、ヨナ選手のガーシュインはこの部分が非常に充実しているので、繋ぎが多い、とする見方があります。

コストナー選手のボレロは、繋ぎのステップの歩数の多さやジャンプの前後の繋ぎの充実度という観点から見ると、「スカスカ」と評する意見もありますが、barutantomozou様のご教示下さったように、難しいステップを簡単そうにやっているので目立ち難い、という側面もあるのかもしれませんね。

お示しした ISUの「技の繋ぎ」のビデオで、チャン選手の繋ぎが難易度が高い例として出てくるのですが、ディフィカルトターンを普通のモホークやスリーターンであるかのように、すごくサラッとやっていて、歩数的にも、特にたくさん踏んでいるようにも見えないので、私のような素人にはその繋ぎの凄さが伝わりづらい、という齟齬もあると思います。

<それから、スピード評価は、シングルだったらジャンプの前後が最重視されているでしょう。
・まず、エレメンツの数としてジャンプの数が断トツで多い。スピンとステップを合わせたよりも多い。
・速度を保つのが力学的に最も難しいのはジャンプの着氷時。だからおそらく、技術的にも最も難易度が高く、採点でも一番重視されていると思われる。>

そうですね。ジャンプの前後で減速が大きく、それが7回とか8回もあると、全体の印象として、スピードのない時間が長くなってしまいますよね。

高橋選手のニースワールドのPCSは、妥当だったかどうか、かなり議論になりましたが、そのような解釈もあるんですね。


浅田選手は、幻想即興曲の頃までは、ジャンプ前後の減速は見られなかったような気がしています。減速が言われるようになったのは、その後でしょうか。

今回のワールドでは、2A-3Tに行く時に、最もスピードが出ていたような気がします。降りた後の流れはあまり無かったですが、入りのスピードがあるだけでも、かなり印象が違う、と思いました。

ステップシークエンスも、幻想即興曲のステップシークエンスは、「仮面」や「鐘」や「白鳥」のものよりも、もしかしたら中身が簡単で密度が薄かったのかもしれませんが、流れは勝っていたように思います。

2013/04/06 (土) 13:28:52 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

浅田選手の進退

片割月様こんにちは。お返事有難う御座います。

>私はソチ五輪の結果の如何を問わず、現役を続ける予感がしています

そうだとほんと嬉しいです。確かに浅田選手、集大成になればと話されてましたが、はっきりと進退について言及したわけではないですもんね。

ジャンプが安定したら今とはまた違った表現で演技を見せてくれるのでは、と期待しているのでソチ後もぜひ続けて欲しいです。

でもやっぱり優勝したら引退しちゃうのかな。。
優勝はしてほしいけど引退はしてほしくない。。
わがままなファンでごめんなさいー(^_^;)


世界選手権が終わってすっかり来季のことばかり
考えていましたが、来週には国別が始まりますね♪
皆良い形で今シーズンを終われますように\(^o^)/

2013/04/06 (土) 17:17:11 | URL | カルミア #n7ZeMpaE [ 編集 ]

Kan-kan様、ドロンパ様へ

>ネット社会では、二枚舌はあっという間にバレるとわかっているにもかかわらず、あれだけ違う2種類の記事を平然と公開できる人ですから、本を売るためだったら何を書くかわかりませんよ。

結局はそこに尽きますね。バンクーバーの時のNumberの記事と「パーフェクトプログラム」もそうですし(プルシェンコ選手の演技の問題点を指摘することなく、北米批判に徹していました。)今回の世界選手権の記事もそうです。
「氷上の光と影」は、良本だと思っていましたが、やはり、バイアスがかかっていること、センセーショナルな味付けをしているということを計算に入れて読まないと危険な本だと思います。
北米ってそんなに偏狭な所なの~?と思っていましたが、Kan-kanさんのコメントを読みますと、田村さんの過剰な脚色の可能性もありますね(汗)。
というわけで、私も田村さんに今後期待しないでおこう。記事や著作には一応目を通しますけれど。

2013/04/06 (土) 17:28:58 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

理想の足さばき

スカスカ論について…
ドロンパさま
>歩数を見ている人が多いと思われ

そうですね、でもジャッジは、ブレードの滑りとエッジの使い分けを見ているわけで…。
真央ちゃんの鬼ステップがジャッジにも高く評価されるのは、あれだけ細かくステップを刻みながらエッジも細かく使い分けられているからです。
ディープエッジが見えやすいプロは愛の夢かな。
大ちゃん(とモロ)は「月光」でディープエッジをジャッジに見せつける工夫をあーだこーだ言いながら練習していました。
もちろん細かで多彩ななエッジコントロールとスピードが兼ね備わることが理想の足さばきということになります。

つなぎの重要箇所はジャンプ前後…これは確かにヨナのテンプレだ(笑)

2013/04/06 (土) 18:51:52 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

Re 理想の足さばき

<そうですね、でもジャッジは、ブレードの滑りとエッジの使い分けを見ているわけで…。
真央ちゃんの鬼ステップがジャッジにも高く評価されるのは、あれだけ細かくステップを刻みながらエッジも細かく使い分けられているからです。
ディープエッジが見えやすいプロは愛の夢かな。 >

「愛の夢」の片足のターンの連続、なめらかで好きです。ニコル氏のプログラムのステップシークエンスの方が、タラソワ氏のステップシークエンスよりも、ゆとりと流れがあるように見えます。


<もちろん細かで多彩ななエッジコントロールとスピードが兼ね備わることが理想の足さばきということになります。>

そうでしょうね。

2013/04/06 (土) 20:30:30 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

PCSのどの項目から?

片割月様、お返事ありがとうございます!名前はその紫にほふ、人妻の方からとりました。

リフトは嫌いじゃないんですが、やっぱり怖いですよね。シングルよりダンスとペアが好きなのは男と女の化学反応みたいな演技を感じられるからです。リフトじゃなくて滑り、踊りでこれが感じられればサイコーなんですが。

それからソルトレイクスキャンダルの話題ですか、フリーのことばっかり言われますが、サレーたちはショートの最後のポーズて転倒しましたよね?それはどうなったんだ、つう感じですよね。ステッピングアウトごときでガタガタ言うなら転倒は大問題じゃないのかな?わたしがカナダの二人の演技で覚えてるのはサレーのわき汗くらいですね。グレーの衣装は汗じみが目立つ。

2013/04/06 (土) 22:39:01 | URL | あかねさす #Y0WVcIKo [ 編集 ]

さっきのコメント

なんか、全然タイトルと違うこと書いちゃいました 
どの項目から引かれたか、選手サイドにはフィードバックがあるのかなー、と書きたかったんです・・・

2013/04/06 (土) 22:45:19 | URL | あかねさす #Y0WVcIKo [ 編集 ]

Re: Re:Re: 演技の中断

Kan-kan様、こんばんは。 

> Me three!

次は、Me twenty-four!って言うんでしょ?(´▽`)

2013/04/06 (土) 23:49:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ご教示ありがとうございます

雪様、こんばんは。

ああ、やはり、鈴木選手のPCSについて、皆さん同じような意見があるんですね。。

あとは、謎です(^。^)

>荒川選手、コストナー選手、トマシュ・ベルネル選手のスケーティングは、ヌメヌメ

なるほど、ヌメヌメか。

以前、書いたことがありますが、

高橋大輔選手は、ヌルヌル。
小塚選手は、ツルツル。

2013/04/07 (日) 00:04:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スケヲタ鉄子様、雪様へ

ゆきめ様、こんばんは。

> こちらは片割月様のブログでもありますし。

あ、私の方は、全然、問題ありませんよ^^

ケンカや罵倒合戦にならぬ範囲であれば、自由にコメント欄を利用して下さい。

議論は、どちらかが「折れる」「誤りに気がつく」為に行うとは限らず、

むしろ、

お互いの意見の違いが明瞭になることも、意義があると私は思っています。

人と何かを論じ合うことで、自分の意見や思考が整理されて来ることがよくありますが、

これもまた意義のあることです。

もちろん、そういうこととは関係なく、

適当な所で打ち切るのは、人それぞれのペースなりエネルギーがありますので、自由です^^

2013/04/07 (日) 00:13:14 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 浅田選手の進退

カルミア様、こんばんは。

>はっきりと進退について言及したわけではないですもんね。

安藤選手と鈴木選手は表明済。

浅田選手は…五輪が終わるまでコメントを避けるか、「分かりません」で通すかもしれませんね。

下手に前もって言うと、大騒ぎになり、落ち着いて練習が出来なるなるおそれがありますから^^;

>ジャンプが安定したら今とはまた違った表現で演技を見せてくれるのでは、と期待

はい。そうなんですよ!

>優勝はしてほしいけど引退はしてほしくない。。

理想は、優勝して、しかも平昌まで現役続行です^^

最悪は、表彰台を逃し、引退することです。

次善の運命は、

1.優勝して引退する
2.優勝を逃し、平昌まで現役続行

1.か2.か、それが問題だ(^。^)

国別対抗戦、初日のアイスダンス・男女ショート、観戦に行ってきま~す。ワクワク(*´∀`*)

あと5日後か、時の流れは速い(^。^;)

2013/04/07 (日) 00:32:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

PCSは芸術点ではなくスピード点だと思う


>PCSのどの項目から?<
>どの項目から引かれたか、選手サイドにはフィードバックがあるのかなー、と書きたかったんです・・・<

ええと、これは私宛ての質問でしょうか?

ジャンプで減速・失速している場合、SSが減点されていることは間違いないだろうと思いますが、具体的にどの項目から何点引かれているかはわかりません。
後半3項目へのダメージは大きいだろうと思います。

キスクラのカメレンゴ氏の不満そうな表情を見て、
「今までの試合と比べても着氷が特に詰まり気味だったのに、見ていなかったのだろうか?」
と思いました。

選手サイドにフィードバックがあるかどうかもわかりませんが、高橋選手が国別対抗戦ではFSを手直しして、ジャンプがきちんと流れるように変えてきたことを見ても、高橋選手サイドはワールドの敗因をジャンプの失速と考えているのではないかと思いました。
・・・・・ワールド前にやるべきだろう!遅い!! と思いましたが。

それに比べて、戦術の巧みさに感心したのがウィルソン振付のSPです。
四大陸SPもワールドSPもチャン選手とのPCSの差は1点未満、
「冒頭クワドでミス、他はミスなし」
という同じ条件、つまり完成度が同じであれば、チャン選手とほぼ同じPCSをもらえるような振付にしてあるのです。

・プログラム冒頭、クワドと3Aが終わるまでは言わば曲の前奏で、メロディーらしいメロディーはない。
チェンバロふうの楽器をリズム楽器のように使い、打楽器をからめてある。
ジャンプが詰まりがちな高橋選手に十分な助走を取らせ、できるだけ失速しないように組んである。
・クワドと3Aが終わってから、ようやく弦(チェロ?)の旋律が入る。
リズムとテンポが変幻自在に変わる超難曲にピタッと合わせることで、音楽との同調性の高得点を稼ぐ。
曲の盛り上がりにはステップやスピンを当てて、ジャンプははずしている。
もしも着氷で失速してしまっても、「曲の盛り上がりで減速・失速」という事態にならないよう配慮してある。

ウィルソンが考えたのか、天才Chouinard氏が考えたのかはわかりませんが。

モロゾフは来季、確実な方法で勝つためのプログラムを用意できるのでしょうか?

2013/04/07 (日) 00:45:45 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: PCSのどの項目から?

あかねさす様。

>シングルよりダンスとペアが好きなのは男と女の化学反応みたいな演技を感じられるからです

テッサ・バーチュー&スコット・モイヤー組にそれを強く感じます!

イリカツ組も良いのですが、もう少し良く掻き混ぜれば化学反応も発生することでしょう(^ー^;)

私が初日を観戦する国別対抗戦では、彼等より下位のダンサー達が来るようですが、

カナダのアイスダンサーも注目ですね。

逆に、「掘り出し物?」を発見する良い機会ですね(#^.^#)

2013/04/07 (日) 01:22:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

RE:RE:PCSのどの項目から~

ドロンパ様、初めまして。
上のコメントは、ドロンパ様あてではありません。

私が前にコメントした、演技の中断があった時にPCSから引かれるようになったルールについてです。どの項目から引かれたか選手サイドにはフィードバックはあるのなかー、と思って。
ジャンプのこと、いろいろ説明してもらって、すみません。しかし、私は特にジャンプについて興味がないのであまりちゃんと読んでません。

片割月様
わたしもテッサたちはホントに雰囲気作りが上手いですよね。特にスコットがうまい~。スコットはスケーティングといい、ダンスといい、ピカイチだなーと思う。演技中もずっとテッサのこと目で追ってますよね。ツイズルのときとか。しかし、なんかテッサと技術の差が顕著になってきたように感じます。テッサもスケーティングもダンスも現役の中ではもちろんトップですが、今季後半は調子が悪そうに見えました。エッジがグラグラしてるような。ワールドが地元でナーバスだっただけならいいんですが、彼女はケガ持ちなんで心配です。

カルメン、すごく好きなプロなので完成版が見られなくて残念。大人によるセンシャルな演技は大歓迎!

国別、生観戦、羨ましいです。ウィーバー&ポジェもいいカップルですよね。楽しんできてください。

2013/04/07 (日) 23:19:09 | URL | あかねさす #Y0WVcIKo [ 編集 ]

Re: RE:RE:PCSのどの項目から~

あかねさす様、こんばんは。

>スコットはスケーティングといい、ダンスといい、ピカイチだなーと思う

私もそう思うんです^^

スコット選手は芸術肌というか、テンペラントな雰囲気が漂っています。

従いまして、彼は興に乗れば余人の許さぬ凄みを発揮する…そんなタイプかなあと。

そこがまた魅力的です。

>ウィーバー&ポジェもいいカップル

ありがとうございます。メモメモ。

アイスダンスも、テレビで見るのと会場で見るのとでは、大違いですよね。

2013/04/08 (月) 00:51:07 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

ウィーバー&ポジェ

片割月様

>ウィーバー&ポジェもいいカップル
ありがとうございます。メモメモ。

今シーズンは怪我でほとんど欠席でしたが、カナダの2番手ですのでよろしく。 なかなかのイケメンですよ。日本はケヴィンタイプだからダメか?

スコットは Canada's favourite son.
人気があります。  

2013/04/08 (月) 01:22:10 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: ウィーバー&ポジェ

Kan-kan様。

>なかなかのイケメンですよ。

オオッ、益々国別対抗戦が楽しみになって来たわ(^^♪

 

2013/04/09 (火) 00:49:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

タラソワコーチの功罪

片割月さま

前回頂いたお返事から、ずいぶん時間がたってしまいましたが、続きを書かせてください。

タラソワコーチの功罪、というと、確かにコーチなら選手の成績に責任を負うのが当たり前なのでしょうけれど、うーん、色んな意見や批判がありそうですが、タラソワさんはちゃんと浅田選手にマジックをかけてくれたし、十分やってくれたと私は思っています。
タラソワさんのプログラムは、流れを出しにくくて不利な面はありますけど、他の振り付け師にはない華とパンチがありますよね。(あとは浅田選手本人の魅力が開花するかどうかで、タラプロの魅力もまた変わってきそうです。)

タラソワさん就任当時、私は詳しくなかったですが、タラソワは技術を見る人ではない、という意見をネット上で見ましたので、スケート関係者の中にはそんな意見を言う人もいたんじゃないかと想像してます。
でも結局、そこを補うような体制にならなかったのが残念。
技術さえちゃんとしていれば、余計な心配事(浅田選手)や恨み節(こちらはボナリー)を心に抱えることもなく、演技にハンデを負うこともなかっただろうに…

ところで、もしタラソワコーチに付かず、ずっとショートフリー2本ともローリーで行っていたら、どこかで浅田選手のアランフェス(←ローリーお得意の)が見られたかもしれませんね。
ちょっと想像できない感じですけど。

2013/04/09 (火) 01:14:21 | URL | りんこ #- [ 編集 ]

Re: タラソワコーチの功罪

りんこ様、こんばんは。

おっしゃること、よく分かりますよ^^

私も以前のエントリーで「浅田選手はタラソワさんと離れたらどうか?」との意見を述べたくらいです。

「白鳥の湖」を見て、その考えが変わりましたが(^。^;)

アランフェスか。。どうかしらね?ちょっと真央選手の個性とは違うような。。。

2013/04/10 (水) 00:06:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR