タチアナ・フレイド女史のコラムをどう思うか?

         「Figure skating is not dying, but it needs to think bigger」
      フィギュアスケートは死にかけてなどいない。が、もっと大きな見方をすべきである
                                 ……タチアナ・フレイド

figureskating-online記事はここです。

      Figure skating is not dying, but it needs to think bigger

The ISU World Figure Skating Championships 2013 marked the exciting end of the pre-Olympic season, followed by millions of people around the globe and ten thousands of fans at the arena. Canada once again was a great host, in spite of the somewhat unfortunate choice of London, Ontario for the event.

The choice of the smaller arena (which sat 6,650 people) prompted some mostly U.S. media to continue their same old story about the end of figure skating and their whining about the demise of the 6.0 judging system. Sorry, you are just stuck in the past.

Some media and commentators go on and on about nobody understanding the scoring system, but I think it is just them who don’t get it. The judging system has been introduced almost ten years ago (in 2003) and it is as simple as it gets: scores for elements and program components are added up and the one with the highest score wins. Is it a perfect judging system? No. There can’t be a perfect system in a judged sport, just because there are humans who judge and humans are not perfect. The broad agreement among athletes and coaches these days is that this system is better than the old 6.0 system.

Are there controversial results? Yes, and there always were and there always will be. To be honest, this is part of what makes figure skating interesting to many people. They can discuss results endlessly. How boring it would be if everybody agrees all the time! You can argue about whether Patrick Chan deserved to win Worlds in London or Denis Ten. You can’t argue much about results in athletics. Again, figure skating is a judged sport and some subjectivity always will be involved.

Another point of the “figure skating is dying” party is that the ISU judging system has killed the individuality of the sport and this is driving the fans away. Peoples’ memories are so short. Looking back, I can name a lot of memorable programs from 2003 and earlier but I can also name a lot of them after. There always were, are and will be athletes, coaches and choreographers who create extraordinary programs and performances. We won’t remember so many outstanding programs or performances from most of the lower ranked skaters, no matter which judging system is in place – just because there aren’t that many. There are masterpieces of programs but they are rare. This is the nature of masterpieces.

The next point of the “figure skating is dying” faction is about what TV shows or doesn’t show. Some of these writers tend to forget that the world doesn’t only consist of the USA. CBC in Canada had very good ratings for their broadcasts from Worlds, especially when it was live. Japan, Korea, Russia and others have excellent ratings when they show skating, again, especially when it is live. More and more people are following internet live streams when they are available. People want to decide what they are watching and when they are watching. View on demand is the tool of the future.

Some sports are paying for their TV time, others, like Judo, are usually not shown on TV but completely rely on the internet and get their viewership. The role of TV is decreasing. This writer doesn’t possess a TV since 1989. At that time, that was highly unusual, but nowadays it doesn’t really cause surprised reactions anymore.

Now let’s go back to the lamented lack of audience. Worlds in London was very well attended. According to a Skate Canada press release, at total of 62,000 people were counted from March 11-17.The building experienced sell-outs on both Saturday sessions, as well as near sell-outs on Thursday, Friday and the closing gala exhibition on Sunday. That’s a fact, no matter what some media wrote. Events in many other countries are also very well attended, especially in Asia and in Russia.

Still, I think it would have been better to hold the World Championships 2013 in a bigger city and in a bigger arena. You will fill it with proper marketing and reasonable ticket prices. My prime example is the World Championships 2008 in Gothenburg, Sweden. Sweden didn’t have a medal contender, skating is not the top sport in Sweden whose last World Championship medal dates back to 1937. Yet, the stadium was full and the atmosphere was great. With a clever marketing strategy and an attractive host city, the Swedes attracted a lot of spectators.

For many fans, the location is an important factor in their decision if they want to travel to an event or not. Are there enough and decent hotels at reasonable prices? What about sightseeing, shopping, dining, accessibility and ticket prices? I read and heard from fans who decided not to come to London for Worlds this year, because it was too expensive, inconvenient or even because of lack of hotel space. I know people who had to stay far away and needed a rental car or expensive cab rides to get to and from the arena. So, please don’t hide a prime event such as the World Championship in some drab (sorry, London) city, even if you get financial support from the local government.

Not only Gothenburg was a very successful event with a very good attendance, even Los Angeles (2009), the country where “figure skating is dying”. Yes, there are also events that are poorly attended, Skate America comes to mind. In some cases, I believe this is a home-made problem. Don’t go into areas with little or no tradition and interest in figure skating (Ontario, California). Skate America, of course is not Worlds and here you have to attract especially the locals to fill the arena.

And many people recall with a shudder the “fridge of Bern”, the 2011 European Championships held in a freezing ice rink. People want to be entertained, they don’t want to sit for hours in a non-heated arena with some Swiss army blankets. This is just unacceptable. Luckily, this most likely won’t happen again as a rule was changed and the rink must be heated.

Figure skating is not dying, it is very much alive, but it needs to think big and be self confident as it is one of the most attractive sports, combining athletic ability, artistry, music, performance, and yes, glamour and personalities.

Tatjana Flade


A子「なーんだ。これってISUサイドに立つ提灯記事ね。」
P介「そうか?フィギュアを前向きに捉えた良記事と思うけどな。」
A子「採点や判定を批判する意見が盛んになると、必ずこういう火消し役が出て来るのよね。」
P介「待った。フレイド女史は批判をするな、とは言っていないよ。批判する前に、もっと新採点法を勉強して理解すべきではないか、と言っているだけなんだよ。」
A子「そんなの綺麗事過ぎるわ。ロシアのミーシン、タラソワ、ブイアノワ等のベテランコーチ達が凄い採点批判やジャッジ批判をしているのをP介さんは知らないの?」
P介「あ、いや、知らない訳ではないが…」
A子「フレイドさんって、報道人よね。フィギュアを専門にコラムを書いているようだけど、元フィギュアスケーター?ミーシンさん達はフィギュアの専門家、大御所よ。」
P介「それはそうかもしれんが…」
A子「フレイド女史は、ミーシンさん達に対して、you are just stuck in the past.I think it is just them who don’t get it. と言えるのかしら?」
P介「ウム……」
A子「(勝ち誇って)ほらネ。」
P介「ウウム。。しかしね、ミーシン氏など、なかなか強かだ。字面通り、言葉通りに受け止めると危険だと思うよ。彼等だって自分の教え子が可愛いだろうし、北米への対抗意識もあるだろう。牽制球を投げている側面もある。そう一筋縄では行かないよ」
A子「アレッ?P介さんは日頃『人のコメントや報道記事をあまり裏読み、深読みするのは危険だよ』って、私に言っていなかったかしら?」
P介「裏読みするな、と、言葉通りに受け止めるな、とは意味合いが違うよ。裏読みは危険だが、言葉通りに受け止めることにも慎重でありたいだけなんだ。メディアに問題があることは君も俺も意見が一致しているわけだし」

A子「it is as simple as it getsも変ね。新採点法が非常に複雑なことは、万人が認めているのに」
P介「あ、そこは俺も君に同感だ。simpleはいくらなんでも言い過ぎだろうな」
A子「やっぱり、フレイド女史はジャッジ批判・採点批判・新採点法批判を抑え込みたいだけなのよ。」
P介「そうじゃない。ルールをよく勉強もしなメディアやコメンテーターが無責任な採点批判をすることにフレイドさんは反対しているだけなんだよ。デニス・テン選手にも金メダルを出すべき、などと言うのは結局はチャン選手だけではなくテン選手に対しても失礼な話しだよ。いや、新採点法の下で戦っている全てのスケーターにもだ」
A子「それって、政権政党の幹部がメディアに対して言うセリフにソックリね。メディアが政権批判をすると、『メディアは勉強不足だ。いい加減で偏向した報道で国民を惑わせいる!』と、逆にメディアを批判する幹部さんに。」
P介「やれやれ。政治は関係無い。今はフィギュアの話しをしているんだよ。」
A子「でも、同じことでしょ。『おかしいものは、おかしい』、とドンドン発言すべきだわ。田村岳斗さんだってこの前、判定批判を強く主張されていたわ。それに、『素人は口を出すな』は己の利を守ろうとする玄人や権威者側の常套句よ。」
P介「素人は口出しするな、は俺だって賛成はしないさ。批判を止めることは誰も出来やしない。フレイドさんはそんな事言ってないだろう。それが裏読みだと言うんだ。不勉強な者がいい加減な批判を展開すれば、やがてそれが誇大化される。酷いのは『コケても加点が貰える〇〇選手』とかのデタラメなネタを拡げたり、それを信じる者もいる。やがてそれが、ジャッジは八百長だの陰謀だのフィギュアは死んだのと過激化するのさ。」
A子「あ、そこは私もちょっと言い過ぎたわね。でも現代は情報公開の時代よ。ジャッジだけしか採点法の意味が分からず、特に演技構成点の評価は灰色のベールで覆われてファンには謎。ISUがもっと広くファンに対し新採点法の理解を深めるガイダンスを公開すべきよ。フレイド女史はそのことにも触れて欲しかったわ。」
P介「それは、俺も賛成だ。もしかするとフレイドさんは他のコラムでその問題にもコメントをしているかもしれないが。」
A子「大会の開催にあたって、もっと観客を集める方法を工夫したらどうかとのフレイド女史の意見は賛成だわ。フィギュアスケートへの強い愛を感じるわね。」
P介「俺の君に対する強い愛は感じてくれないのかい?ところで、腹が減ったな。美味しい焼肉でも食べに行かないか?」
A子「ごめん。私これから約束が入っているの。じゃあね。」
P介「チェッ!また逃げられた。」


【フィギュアにおける陰謀論・補足】
1.世の中に「陰謀」があるのは事実だが、これまで破綻した陰謀論が数多くあったことも事実だ。一応、仮説の形態をとる陰謀論は実験や観測、事実やデータの収集・分析により誤りが立証されない限りは生き続ける。
2.しかし、フィギュアスケートにおける陰謀論は「八百長ありき」の結論が先に来る。結論から原因を演繹するので、「不可解な高得点の謎」が容易に説明出来る。つまり、「こうすれば不可解な高得点の謎は解明出来る」という欲望・妄想が陰謀論の土壌となっているのだ。
3.裏を取ることも出来ない、真偽が曖昧な「ジャンク情報」を積み上げて、恐るべき自信を持って語るのが陰謀論の特徴である。
4.陰謀論者は大手メディアが報道しない「真実」を知っているそうだ。それはネット上にあるそうだ。ISUや連盟組織の奧で行われる会議の中身や具体的なやり取りまで、ネットに引きこもるオタクが知っているというのだから凄い。透視術や千里眼の持ち主が陰謀論者にはいるらしい。あるいは、「全能感」の働きが活発化し、「私はジャッジよりも確かな目と判断力を持っている」と信じて疑わぬ人が陰謀論者にはいるらしい。
5.「もしかしたら、採点操作がされているのか?」「意図的に点数が下げられた可能性がある」等、「もしかすると」、「…かもしれない」、「…の可能性がある」が、いつしか、「そうであるに違いない」、「…である」と断定され、既成事実へとゾンビ化して行くのも陰謀論の特徴である。
6.ゾンビ化された陰謀論を信じ、正義の御旗を振り、「敵」を設定し、過激化したファンが暴れるから大変である。この場合、正義とは自分が応援する特定選手とそのファンの側にあり、ISUやジャッジ、ライバル選手とそのファンが悪の側にされる。
7.ネット上に溢れる情報は玉石混淆だが、情報弱者は自分の都合の良いネタを集め、不都合なものは無視する。こうしてジャンク情報のごった煮は陰謀論者の胃の中に全て回収される。
8.真偽不明な事柄や、裏の取れないネタは半信半疑として扱い、確かな情報が得られない限りは「私には分かりません」とするのが、正常な判断力を持つ大人の思考回路であるが、陰謀論的思考回路を持つ人には通用しない。


関連記事
スポンサーサイト

2013.04.06 | | コメント(47) | トラックバック(0) | 陰謀論関連



コメント

acceptable

お気に入りの選手の熱い演技を観戦できればベルンのアリーナでも構いません!

2013/04/07 (日) 02:36:51 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

フィギュアスケートは、TESがフィギュア点、PCSがスケート点


● フィギュアスケートは、基本的に「スピード」と「正確さ」に対して点が出る。

① 形の正確さ(トレースやフォーム)はTES、スケート技術やスピードはPCSで評価されている。
② エレメンツの基礎点は、スピード維持の難しさによって決まる。
③ よって、難度の高いことをすればするほどスピード維持は困難になる。
④ そのため、スピードがあって難度の高いプログラムほどPCSのベースが高い。
⑤ 実際の演技の完成度によって、PCSはそのベースから足したり引いたりする。

これ以外は枝葉末節です。(きっぱり)
ちなみに、ISUに聞いたわけではありません。私の独断と偏見です。(きっぱり)

・・・・・それにしても、A子とP介って、なかなか意味深ですな。

2013/04/07 (日) 12:20:32 | URL | ドロンパ@Q太郎とP子は兄妹 #DNU.zdFw [ 編集 ]

たまには…

片割月様、皆様、こんにちは。

数日前、村主千香さんが珍しくフィギュアコメンテーターとしてうれしくなるコメントをしていました。

高橋選手のすごさに「体幹の強さ」を挙げていましたね~(#^.^#)

ステップで説明されてましたが、「体幹」はSSやPCSの評価でかなり重要な部分だと思われますのでそういう見方をどんどんマスコミで発信していただきた~い、と思いました。

なんか期待しないでみた動画だったのに(タイトルが大輔選手の好みのタイプとかなんとか)良い収穫でした。

2013/04/07 (日) 12:41:25 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

またおじゃまします。

「分かりやすいルールにするべき」という意見をネット上でよく見かけますが、私としてはマニアックな部分もあってこそのスポーツも「あり」なんじゃないかな、と思うので…

フィギュアスケートのいろいろな魅力(つまり広義の意味でのSS)を(私を含め)素人にもっと伝えてほしい~と思うわけで…

マニア向けフィギュア番組、放送してくれないかな~(深夜枠でもいいから。むしろその方が良いかも…)と熱望しているのですが…ムリかな?

2013/04/07 (日) 12:51:07 | URL | 藍色 #- [ 編集 ]

フレイド女史のコメントに一票

片割月様

フレイド氏の見方に賛同です。

フィギアは死にかかっているのではなく、大国であるべき米国やロシアにスターがいなくて盛り上がりに欠けているだけだと思います。今回の世界選手権が米国で放送されなかったのは、TV視聴率を稼げるスターがいないために、スポンサーがつかなかったのだと思います。日本のように30%の視聴率が期待できれば当然スポンサーは引き手あまたのはずです。日本でも浅田選手や高橋選手がいなくなったとき、果たして今の人気が続くかどうか、、世界的フィギア人気の復活は米露のスター待ちだと思います。
これはフィギアだけでなく、ゴルフでも、タイガー・ウッズ選手が例のスキャンダルで出場しなかった時期は、まったくさびしいものでした。米国はテニスも男子選手がいなくてさびしい限りです。
スーパーッスターのいないスポーツは盛り上がりに欠けます。

新ルールについては、このボードの皆さんのようにジャッジ並の知識がなくても、新ルールでの
楽しみ方をTV解説者の皆さんが、お茶の間ジャッジのレベルで、どこをどう見るのか説明してくれれば、十分に楽しめると思います。私はその程度ですが、以前の主観による採点より判定が明快だと思っています。身びいきかもしれませんが私はCBCのトレイシーとカートの説明で十分楽しめる様になりました。(CTVは盛り上げようとやたら変な修字句を叫ぶだけでだめです。フジみたい?笑)

前にも書いたと思いますが、そのカートが、新ルールで滑って :

6.0にどっぷりつかって育った世代には、どうしても新ルールには抵抗があったが、実際に自分で滑ってみて、プログラム中、まったく息を抜くところがなく、ジャンプ、スピン、スパイラル、フットワーク、つなぎ、、、一挙手、一投足がすべてジャッジされる。、いかによくできたルールだということが改めてよくわかった。このルールのおかげで新時代の素晴らしい選手が育っていくことだろう、、、といたコメントをしています。

最初のころは確かに演技が画一的でパーソナリティーが欠けていましたが、最近の男子はエキサイティングです。 女子も3Aと3+3をあわせて跳ぶような選手が出てくるようになって、表彰台フィニッシュにはそれが必須、ということになればプログラムの組み方も変わってくるでしょうから面白くなると思うのですが。
浅田選手の3Aの判定が比較的甘かったのは3A奨励の兆し?。  



2013/04/07 (日) 12:54:53 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Kan-kan 様

<浅田選手の3Aの判定が比較的甘かったのは3A奨励の兆し?。>

原則として、特定選手だけ、あるいは特定エレメンツだけ、判定が甘い、ということは起こらないはずです。一人に甘い場合は全員に甘いはず。

SPの3Aは両足だったのでマイナスのGOEにして欲しかったですが、ジャッジはリアルタイムで見えなかったのかな、と思うことにしました。

また、FSの3Aは、思い切り両足で、左足に直ぐにステップアウトしており、降りた時の回転が怪しかったように見えました。浅田選手のFSのジャンプには、他にもいくつかグレーゾーンのジャンプがあったように見えました。

コストナー選手のSPとFSの3-3も回転不足のように見えましたし、村上選手のSPの3Fもグレーゾーンのように見えました。特にコストナー選手の3-3の認定については疑問を投げ掛けている人が多かったです。

私も判定には不満ですが、今大会はジュニアの大会と違って、回転不足の判定が甘めのパネルだったのかな、と納得することにしました。ジュニアに示しがつかないので、厳しくして欲しかったとは思っています。

オリンピックのような興行的に大切で、普段、フィギュアスケートを見ない人が多く見る大会でも、判定は全体に甘くなりそうな気がしていますが、さてどうなることやら。

2013/04/07 (日) 16:18:05 | URL | 雪 #3v9IlUEY [ 編集 ]

Re: acceptable

コンチェルト様、こんばんは。

> お気に入りの選手の熱い演技を観戦できればベルンのアリーナでも構いません!

それは言えてます(^_^)ノ

2013/04/07 (日) 22:07:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

雪さんへ

コストナー選手のSPの3-3と浅田選手のFSの3Aは、どちらも同じ形でのツーフットで回転不足をとってもおかしくは無いと思います。
浅田選手のSPの3Aとコストナー選手のFSの3-3は問題の無い範囲だと思います。
特に3Aのツーフットは、右足の角度自体は完全に4分の3回転の位置で、左足がついたのは、右側にエッジが傾きすぎたためにタッチしたように見えます。

2013/04/07 (日) 22:34:04 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

Re: フィギュアスケートは、TESがフィギュア点、PCSがスケート点

スピードに、加速、もあるかな。

最初、M子にと思ったけど、よしたわ。マゾと間違われるし^^;

A子…荒川、浅田、安藤、明子、アデリーナ、アシュリー、アリッサ、アリョーナ等々。。

2013/04/07 (日) 22:39:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

A子とP介

K子とBゾウでしょう(笑)

2013/04/07 (日) 22:44:49 | URL | barutantomozou #- [ 編集 ]

技術の高度化と公平性を求めれば、ルールは複雑化する

藍色様、こんばんは。

村主千香さん情報、ありがとうございます^^

ひと口に「体幹」と言いましても、なかなか理解は難しいですね^^;

バランス感覚とか、軸がブレないとか、色々な意味合いがありそうです。

日曜深夜、テレ朝の「getsports」は、割合とマニアックな場合がありますね。

前回の五輪シーズン、ライサチェク選手のスピン強化の模様を伝える企画はマニアックでした。

2013/04/07 (日) 22:48:43 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

初めまして

今晩は、初めまして。
五十嵐文男さんが現役だった頃から観戦している者です。伊藤みどりさんがコンパルソリー課題で∞図形を辿っているのを見た記憶もあります。
ただ、実は生まれつき耳が聞こえず、フィギュアスケートの醍醐味と言われる音楽と演技のケミストリーについては何も理解出来ず、無音のフィギュアスケートしか知らない者です。それで話が噛み合わないこともあるかもしれませんが、何ぞご了承下さいませ。
本題に入ります。ネット世論ではキムユナ選手についていわゆる陰謀論が飛び交っていますね。私も恥ずかしながら毒されかかっていたのですが、彼らが日本選手の村上選手まで槍玉にあげたのを見て、彼らはおかしいぞと気付き離れたのですが、今一番好きな日本選手である浅田真央のファンブログの多くが程度の差こそあれ陰謀論に毒されているのを残念に思っています(もちろんそうでないファンブログもありますが、少数派のように見えます)。
そしてキム選手のロンドン選手権での演技にショックを受け、キム選手の演技をニュートラルな視点で見ている論調をネットで探しているうちに、ここへ辿り着きました。ネットではジャンプ構成がジュニア並みだの、クネクネしているだけだの、罵詈雑言を浴びられているキム選手ですが、私は「カミソリのような演技だ…」と唸ってしまいました。特にジャンプの切れ味!確かに3Loは外していますが、全ての跳んだジャンプが離氷から着氷まで淀みなく、弧が大きく、速く、スムーズに流れているという超一級品。スケーティングも何度か見返しているうちに決して「スカスカ」と言われるようなものではないと思いました。キム選手に関するネット世論は余りにも恣意的なものだと気付き、改めて扇動されることの恐ろしさに身震いしました。
浅田選手のジャンプやスケーティングは彼女単体の演技を見ている限り、あの圧倒的な華やスター性によって素晴らしいものだと思いがちですが、キム選手やコストナー選手と比べてみると、皆様がおっしゃる通り、いくらかスピードやエッジコントロールが見劣りすることに気付きます。バンクーバーの後、基礎の見直しに踏み切ったのは、彼女の競技者としての本能がそうさせたのかもしれませんね。キム選手との20点差という結果に憤り、あるいは悲観する声が巷に出ましたが、私としてはやっとキム選手の背中が見えて来たと前向きに捉えても間違いではないと思うのです。いきなり長文になって失礼致しました。これからも閲覧、勉強させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

2013/04/07 (日) 23:04:55 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

体幹バランス


>数日前、村主千香さんが珍しくフィギュアコメンテーターとしてうれしくなるコメントをしていました。<

>高橋選手のすごさに「体幹の強さ」を挙げていましたね~<

まず、発言者が村主千香さんという段階で、すでに「素人レベルのただの感想」です。
村主千香さんは、キムヨナ選手がなぜ高得点を取れるのかわからない、とご自分でおっしゃっているのですから、ジャッジと同じレベルの評価眼を持っていないことを明言しています。
「ジャッジが何をどのような基準で評価しているか、大まかに理解している素人ファン」
未満だと言えましょう。
高橋ファンが多いことを見越して、迎合しているだけかもしれませんが。
舞さんだって肩書上は「フィギュアコメンテーター」ですから、ジャッジの資格を持っていない以上、経験者でも素人より上という根拠にはなりません。

ファンが 主 観 的 に 「すごい」と考えるのは自由ですが、「採点」という観点でジャッジにどこまで評価されているかというのとは別です。

高橋選手は、体幹バランスを取るのが難しいムーブメントを入れて片足で滑ると、素人目にもてきめんにスピードが落ちています。(きっぱり)
これは、高橋選手の片足スケーティングを見れば一目瞭然です。
チャン選手のPCSと差がある理由、あるいは羽生選手のPCSと(ファンが望むほどの)大きな差がつかない理由はまさにここから来ていると思います。

TESは「フィギュア点」ですから、スピードが落ちても評価には影響しないでしょう。
ただし、TESで高く評価されていても、体幹バランスを大きく崩した状態でスピードを維持できなければ、PCSに加算されることはないでしょう。
この典型例が、ミーシャ・ジー選手のステップだと思います。

【追記】
上の書き方だと高橋選手のステップがイマイチみたいですね。すみません。
他の選手にない強みも書いておかないと。
高橋選手のステップの良さは、体幹バランスではなく(片足スケーティングを見る限りトップ選手の中では普通)

・右、左と踏み変えていくときのつなぎ目の滑らかさ
・これを、リズムが変幻自在に変わるような超難曲にも合わせることができる

私がしつこく(?)ウィルソンSPを称賛するのは、これを「競技で」見せられるプログラムを実現させたからです。

2013/04/07 (日) 23:10:51 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

PCS:減速には減点,加速には加点

>スピードに、加速、もあるかな。<

もちろんです!!
大変よくできました。(花マル)

2013/04/07 (日) 23:15:37 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: フレイド女史のコメントに一票

Kan-kan様、こんばんは。

>米国はテニスも男子選手がいなくてさびしい限りです。

ジミー・コナーズ、ジョン・マッケンロー、とかいましたね^^

>スーパーッスターのいないスポーツは盛り上がりに欠けます。

実力+人柄+容姿の3拍子が揃わないとダメだから大変だ。

>浅田選手の3Aの判定が比較的甘かったのは3A奨励の兆し?

さあ、それはどうかしらね(^。^;)

2013/04/07 (日) 23:16:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: A子とP介

> K子とBゾウでしょう(笑)

ワロタ(-^〇^-)

2013/04/08 (月) 00:17:01 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 初めまして

TAO様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

>実は生まれつき耳が聞こえず

そうでしたか。私はあまりそうしたご事情に囚われずに、

他の皆さんと同様、TAO様とコメントを楽しく交わしたいと思います^^

>彼らが日本選手の村上選手まで槍玉にあげたのを見て、彼らはおかしいぞと気付き離れたのです

なるほど、分かるような気がしますね。

私は2008全日本のフリー演技で、村主章枝選手の得点が浅田選手を上回ったとたん、
彼等が村主選手を槍玉にあげたのを見て、「うわあ~」と思い始めました(^。^;)

>私としてはやっとキム選手の背中が見えて来たと前向きに捉えても間違いではないと思うのです。

同感です^^

事実、浅田選手はショート、フリー、合わせて4つのジャンプミスで20点くらい損していますしね。

>私は「カミソリのような演技だ…」と唸ってしまいました。

そうですね。ジャンプの切れ味も鋭いですし、

ステップやターンでのエッジワークもカミソリのような切れ味がありますよね。

またお時間がございましたら、いつでもお越し下さいね(^_^)ノ

2013/04/08 (月) 00:38:38 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: PCS:減速には減点,加速には加点

> >スピードに、加速、もあるかな。<
>
> もちろんです!!
> 大変よくできました。(花マル)


うわーい、ヤッター!v(=^0^=)v

2013/04/08 (月) 00:40:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:Re:初めまして 

TAO様
はじめまして。

>全ての跳んだジャンプが離氷から着氷まで淀みなく、弧が大きく、速く、スムーズに流れているという超一級品。

カートが、ジャンプがパーフェクトに決まったときどんな感じかというと、と言って、同じようなことを言っています。
「スピードをあげていって、あれこれ結果を考えず、前向きの気持ちで踏み切り、跳んだジャンプのアーチと飛距離が自然の理、アインシュタインの理論にかなったようなジャンプだと、着氷は飛行機が音もなく滑るようにランディングしたときのような感覚」
ヨナ選手はこのメカニズムに自信を持っているからジャンプが安定しているそうです。



2013/04/08 (月) 00:40:32 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

ビアンケッティ女史

ビアンケッティさんは、厳格派として知られてはいますが、採点に関しての価値観で現ISUとは、採点手法で妥協出来なかったということでしょう。
6点制はそのままで、その中見は現ルールとかなり近いものだったことは、ご紹介のHPのプロフィールでも触れています。
彼女が参画したWSFは北米を中心としたもので、当時の日本スケート連盟の久永会長は
どちらかというと、WSFよりだったように思えます。
現行ルールの採用に関しての抗議文書の存在にそれを感じます。
当時は現実問題として、裏取引があった観がするのは否定出来ません。

そこでの説明理由として芸術性がもてはやされたのだと考えます。

それは現行ルール採択の序文に、ジャッジが「私はこう見た」と言う主張に対して「その見方はおかしいのではないの?」と言う基準が明確に文章化されていなかったと言う点に尽きるといえます。

その部分を、一定の基準枠をつくることから現行ルールがスタートしているので、その点に関しての批判はされていないと思います。

批判をしているのはビアンケッティさんが「良い」または「悪い」と判断する価値観とのずれの部分でしかないでしょう。

6点制時代の芸術点に関して、芸術性の観点での評価は幾分かは影響があったと思います。
それは同程度の質の演技の場合にのみ、最終的な順位決めをする要素となった可能性は、私はあると思っています。

この点はドロンパさんとは見方を別にする部分です。

2013/04/08 (月) 18:16:40 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Sonia Bianchetti 氏の書いたものはどこまで信用できるか?


>Still, his placement and the marks he was awarded in the PC, in my opinion, are definitely not acceptable. How could he be placed ahead of Javier Fernandez and Yuzuru Hanyu, who executed flawless programs of a very high technical and artistic standard?<

【事実の歪曲】
フェルナンデス選手も羽生選手も、大きなミスが複数ある。
2人とも flawless programs からは程遠かった。

【ミスリードを誘発】
チャン選手が勝った理由を he was awarded in the PC としている。

総合のTES順位は
① テン 50.81+87.76
② チャン 52.70+82.13
③ アーロン 43.56+85.86
④ 羽生 36.12+89.05
⑤ レイノルズ 47.69+77.04
⑥ フェルナンデス 40.20+83.00
⑦ 無良 36.17 + 84.50 = 120.67
⑧ リーベルス 38.87 + 78.92 = 117.79
⑨ ロゴジン 36.14 + 81.03 = 117.17
⑩ ブジェジナ 43.92 + 70.17 = 114.09
⑪ 高橋 41.50 + 70.36 = 111.86

・チャン選手のTES順序は2位。点差も、PCSに助けられたというほどではない。
・PCSのおかげで表彰台に乗ったのは、むしろBianchetti氏が絶賛するフェルナンデス選手。
フェルナンデス選手は今回パンクが目立った。
パンクは、TESのダメージは大きいが、PCSのダメージはそれほどでもない。
まさに浅田選手のNHK杯FSと同じパターン。
今回、フェルナンデス選手が優勝しなかったから目立たなかっただけ。


barutantomozou様

>それは同程度の質の演技の場合にのみ、最終的な順位決めをする要素となった可能性は、私はあると思っています。
この点はドロンパさんとは見方を別にする部分です。<

え?? 私も、
「同程度の質の演技の場合にのみ、最終的な順位決めをする要素となった」
と思っていますよ。
6.0点制は刻み目が粗いので、同点以外に付けようがない場合が発生しうるから、
というのが理由ですが。

2013/04/08 (月) 19:12:56 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re:体幹バランス

ドロンパさんへ

>>高橋選手のすごさに「体幹の強さ」を挙げていましたね~<

>まず、発言者が村主千香さんという段階で、すでに「素人レベルのただの感想」です。
>高橋選手のステップの良さは、体幹バランスではなく(片足スケーティングを見る限りトップ選手の中では普通)

全く同感ですわ。

村主知香さんはファンに迎合するタイプでしょうね。
この人や舞さんの解説は専門家レベルとはとても言えないです。

さて、高橋選手がクワドの確率が悪い理由として
正に体幹トレーニングはじめクワドに必要な筋トレ、大腿四頭筋のね、を怠っているからだと前々から思ってました。
あと回転軸スピードがやや遅いかな?省エネジャンプを試みようとして体をギュッと締めるの忘れてるじゃないかな?

P・チャンのトレーニング風景をyoutube動画で見たけど、高橋選手がもし同様のことをやってたらきっと映像で取り上げてるから、多分やってないでしょう。

クワド飛ぶために体重落としてるとしたら最悪。筋肉も落ちますよ。←ここは脳内妄想なので悪しからず。

2013/04/08 (月) 20:43:48 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

コメントありがとうございます

片割月 様
コメントをどうもありがとうございました。過去からさかのぼって読んでいるところですが、「浅田真央選手の矛と盾」というエントリーでの、皆様との陰謀論についてのやりとり、興味深く読ませて頂きました。皆様、とてもお詳しいので勉強になりますね。片割月さんも和歌がお好きですか。私は日本古代史が好きで、若い時には奈良へよく行ったものです。折口信夫の「死者の書」が、私のお気に入りです。今後もどうぞよろしくお願いします。

Kan-Kan 様
コメントをどうもありがとうございました。カートがそういうことを言っていたのですか。質の高いジャンプというのはやはり、物理の法則にもかなったものなのかもしれませんね。キム選手のジャンプも、何というか余分な力みが感じられないんですよね。あるブログで「浅田真央のジャンプは離氷から着氷まで緊張感が乏しい」という言及を目にして、まだ修正途中だからかもしれませんが、浅田選手のジャンプには切れ味が乏しいと感じ続けていた理由が分かったような気がします。ソチまで形になってくれればいいのですが…

2013/04/08 (月) 21:09:23 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

Re:体幹バランス

ドロンパ様

こんばんは。初めまして。

>・右、左と踏み変えていくときのつなぎ目の滑らかさ
・これを、リズムが変幻自在に変わるような超難曲にも合わせることができる

私がしつこく(?)ウィルソンSPを称賛するのは、これを「競技で」見せられるプログラムを実現させたからです。

私もあのSP絶賛です。

私は高橋選手のファンですが、(ほんとはエマw)
周囲ではウィルソンプロはよりカメプロのほうが評判がいいので。
あのSPは高橋大輔の持ち味を最大限に引き出してくれているのにな~と思いつつ、口をもごもごさせておりました。
ドロンパさんのコメントにはいつも「ふむふむ」とうなずきながら拝見させていただいております。
OPのフリーはウィルソンにと思ったりしています。実は2012-13にはフリーを依頼するのかなとおもったのにしなかったので・・。

2013/04/08 (月) 23:02:28 | URL | 諸行無常 #W1cL0Dl. [ 編集 ]

Re: コメントありがとうございます

TAO様。

>私は日本古代史が好きで、若い時には奈良へよく行ったものです。折口信夫の「死者の書」が、私のお気に入りです。

私も古代史(邪馬台国~天平時代)が大好きで、奈良や飛鳥は私にとっては「聖地」みたいな感じです^^
その次に平安時代が好きですので、京都は「準聖地」ってところでしょうか。

フィギュアスケートだけではなく、こうしたお話しも出来れば良いですね(#^.^#)

2013/04/09 (火) 01:56:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:Re: 体幹バランス


コロン様、諸行無常様

ご賛同いただき恐縮です。

村主知香さんの「体幹コメント」に、田村さんの二枚舌記事と同じ香りがして、不快指数が一気に上がりました。

高橋選手のステップなら、
他 に い く ら で も 褒 め る と こ ろ が あ る だ ろ う
に、なぜ、どうして体幹。
体幹バランスは、体の重心の位置とブレードの位置で決まるはずなのに、
「多数決で勝てば、リンゴは木から落ちずにクワドを跳んで、流れるように着氷する」
とでも思っているんでしょうか。

それとも、
「ないです、ないです、ここもないです」
に傷ついた高橋ファンが、
「村主知香さんも褒めてる! 岡部さんの指摘は、やっぱり振付けが悪かっただけなんだ」
と、喜ぶとでも思っているんでしょうか。

いくら熱狂的な浅田ファンでも、まともな思考力の持ち主なら、
「真央ちゃんのすごさは、助走のスピードとジャンプの飛距離」
と言われたら、
「馬鹿にするな!」
と思うでしょう。
もちろん、ずっと下位の選手に比べればその通りかもしれませんが、浅田選手をソチの優勝候補として扱うのなら、キムヨナ選手やコストナー選手と比較して「すごい」と言うのでなければ褒めたことにはなりません。

同様に、高橋選手をソチの優勝候補として扱うのなら、チャン選手やフェルナンデス選手と比較して「すごい」と言うのでなければ褒めたことにはなりません。
チャン選手とフェルナンデス選手の体幹バランス・強さは抜群で、高橋選手はこの2人と比べればはっきりと見劣りがします。羽生選手は体がまだ完成していないので保留。
(私が振付師としてのモロゾフを否定しないのは、フェルナンデス選手に酔いどれステップを振付けた慧眼を評価するからです)
それとも村主知香さんは、「下位の選手と比べればすごい」という意味でそう言ったんでしょうかね?

きっと浅田選手のファンは、この手の提灯コメントに何年も振り回され続けてきたんだろうなあ、と改めて思いました。(浅田選手本人が振り回されたわけではないと思う)

私は、高橋選手がポーズを取っただけで頭の中で音楽が鳴り出す末期症状のファンよりも、高橋選手の武器と弱点をよっぽど理解しているつもりですし、どうしたらチャン選手に勝てるか、いろいろアイデアもあるのですが、聞かれても言いません。(笑)

ただ、私は高橋選手とアモディオ選手のリズム感を非常に高く評価しており、あの2人に曲を選んでいるのがモロゾフかと思うと、タカハシとアモディオの無駄遣いぶりに歯ぎしりが出ます。
選曲・編曲だけは何とかならないかと、チクチク嫌みを書いているわけです。

以前にも書きましたが、私は振付師ウィルソンよりも、彼の編曲家 Hugo Chouinard に注目していました。(カメレンゴ氏の振付もChouinard氏が編曲しています)
http://www.studiounisons.com/zoneunisons/mainen.asp
(音量注意)
高橋選手にとって、リズム感が両刃の剣になる(高難度ジャンプを跳ぶのに、曲のリズムが邪魔になる)ことは知っていましたが、あのような斬新な解決方法(クワドと3Aを跳ぶ前半部分は、リズムがあってないような音楽を使う)があるとは!!
と、Chouinard氏の天才に舌を巻いたのが昨季のSPでした。

ウィルソンはさすがにChouinard氏を発掘しただけのことはあって、彼の編曲センスを自分の振付に取り入れるのは誰よりも上手いと思いますが、チャン選手や羽生選手のリズム感では、あの編曲家の才能を極限までは使えないと思うのです。
もちろん、チャン選手も羽生選手も、リズム感は普通にあると思いますが、Chouinard氏の才能を極限まで使えるレベルではないでしょう。
(フェルナンデス選手にはひそかに期待)

>周囲ではウィルソンプロはよりカメプロのほうが評判がいいので。<

・・・・・わかってないですよね~~。
オバちゃんが手拍子を合わせられる程度の曲で滑っていたのでは、高橋選手は絶対に勝てません。(きっぱり)

2013/04/09 (火) 05:53:30 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

フィギュアって

なんか特殊ですよね。。。

ルールもろくに理解せずにお祭り騒ぎの時期だけわらわら出てくるニワカファンを他の競技のファンは嫌うものですがフィギュアだとなぜこの点数かをろくに検証せず陰謀陰謀というファン(?)がマジョリティ(だと思えるほどに声がでかい)だなんて。

不思議です。

選手たちは複雑なルールの中でやれることを精一杯やって切磋琢磨しているのにファンがわからないから簡素なルールにしろなんてちゃんちゃらおかしいと思います(`´)

浅田選手の悲劇は愛国の象徴のようにされてしまったことでしょうね、ご本人は愛国とかなんとか微塵も考えずにひたすら目標に向かっているだけだと思うんですけど(.. )

2013/04/09 (火) 14:55:36 | URL | (`・ω・) #- [ 編集 ]

片割月様、皆様こんばんは。

うわぁ。村主さんコメントに反響が…。
やっぱりドロンパさまキビシ~、ですね。
ただ、私もドロンパ様の意見にほとんど賛同派ですよ(^-^)

マゾか?って言われそうですけど。
基本私は真央ファンですけど、彼女のことを崇め奉るファン(同時に他のスケーターをたたく)を見ると気持ち悪くなっちゃって、バルタン様やドロンパ様の手厳しい意見の方が落ち着く(腑に落ちる)んですよね。

さてさて、話は村主さんコメントに戻って

>「下位の選手と比べればすごい」という意味でそう言ったんでしょうかね?

たぶん、そうだと思います。その辺が「甘い」見方なんでしょうね。
ただ、「情熱的な演技」がすばらしいとか「表現力が抜きんでてる」とか言わなかっただけ少しはマシなコメントかな?と思いました。そこでパトリックとかの例も挙げればなお良いのでしょうけど…それを言っちゃうと(もごもご)いろいろ反響があるのかな…

ちなみに私もPCSに「芸術的要素」が影響することは限りなく少ないと思っている派です。エッセンス・スパイス程度には多少あるかな~くらいに感じてます。

パトリックの技術と比べられちゃ~(もごもごもごもご)ってかんじですけど。
高橋選手っていろいろと戦略をねって努力しているタイプと見受けられ…
応援したくなっちゃうタイプですね~。ただ高橋選手って人間らしいところ?があって、いい結果の後に若干油断してしまうタイプに見えます。(本人もそういうことをコメントしてた気がする)
国別では進化した姿を見せてくれるかな~?ウィルソンプロ、私はツボです。もう一度新しいプログラムみたいな~。

またいろいろ教えてください。<m(__)m>

2013/04/09 (火) 20:19:42 | URL | 藍色 #mQop/nM. [ 編集 ]

愛国の象徴

>浅田選手の悲劇は愛国の象徴

トリノ五輪当時、ヤフー掲示板にいましたが、
かなり荒川さん叩かれてましたよ。
曰く「真央が取る筈だった金メダル」「棚ぼた金メダル」などなど。
荒川批判がなぜ執拗に続いたのか、愛国では説明つかないのではないでしょうか。
キムヨナ選手との絡みで愛国の象徴となったのはもっと後だと思います。

2013/04/09 (火) 20:29:14 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

Re: フィギュアって

(`・ω・) 様。

コメントされた内容、私はかなり共感します^^

フィギュアスケート特殊な採点競技だからこそ、不思議な魅力がありますね。

またお越しになられるよう(歓迎します)であれば、

出来れば絵文字ではなく、素敵なお名前をお願いしますね(^ー^;)

2013/04/10 (水) 00:13:59 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

知りたい・・・

ドロンパ様

>どうしたらチャン選手に勝てるか、いろいろアイデアもあるのですが、聞かれても言いません。(笑)

聞かれても言いませんと言われても聞きたい(笑)。

2013/04/10 (水) 00:28:12 | URL | 諸行無常 #m84aBXLc [ 編集 ]

村主さんの提灯コメント


>>「下位の選手と比べればすごい」という意味でそう言ったんでしょうかね?
たぶん、そうだと思います。その辺が「甘い」見方なんでしょうね。<

むむう~~~。
これは、個人的な思い入れのまったくない私でさえ、
「高橋選手はいつから優勝候補じゃなくなったのさ??
優勝候補なら優勝候補と比べなさいよ!」
と思うくらいですから、高橋ファンはムカついてもいいと思いますけどね~。
高橋選手自身が「勝ちたい」と言っているのですし。

2013/04/10 (水) 08:29:30 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

諸行無常様

それはヒミツです。(^^)

・・・と、勿体をつけるほどのアイデアじゃなく、ただの素人考えですが、なにしろ 激 辛 なので、高橋ファンには受け入れ難いかと思いまして。

というわけで、中辛のSPだけ。

SPはウィルソンプロを再び使い、その分、ジャンプの立て直しとFSに注力したらどうでしょう?
高得点を取れるのは保証済みだし、何よりジャンプが跳びやすそうです。
ジャンプが3本とも前半なので、コンボを少し後ろにずらして後半ジャンプにすると、もう少し点が出るでしょう。
ステップもルール変更に合わせて少し変え、スピンもレベル4に揃えます。
この手直しにモロゾフは口出し無用。ウィルソンに依頼します。必要なら編曲も手直し。
同じプログラムを使い回すのは高橋選手の主義に反するかもしれませんが、月光を持ち越すよりはいいでしょう。
ウィルソン・Chouinardのコンビと言えども、あんな手品のような作品を毎回作れるわけではありませんし、五輪で勝つためには「五輪に出ること」が絶対条件ですから、背に腹は代えられませんし。

2013/04/10 (水) 08:35:54 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ドロンパ様、お答えくださりありがとう

ドロンパ様

お返事ありがとうございます。

OPシーズンはSPがFPのどちらかをウイルソンにと私は切望しているのです。
ウィルソンが「やっと来てくれた」というくらい、彼の頭の中にはダイスケに滑らせたいPGがあるんじゃないかって思いました。なので2012-13でFPも依頼してみてほしかったんです。感触を試してほしかった。
SPを再びウイルソンプロにしてFPに注力するというのはありですね。

FPのほうですが、大ちゃんの先日のフレンズ+での発言を聞くと「オペラ座・・」にこだわりが出てきているみたいです。曲がしっくりくるんじゃないでしょうか?思い入れがあるのかも。
いっそのことオペラ座をウイルソンにリメイクしてもらうってのはどうでしょうね?
頼みづらいかなぁ~。

変える変えると発言しつつ、ふた開けてみたらPGの使い回ししてるかもしれない。
という淡い期待感を持っています。

私は劇甘な大輔ファンでないので、何ぼ好きでも駄目なものはダメ出ししますw
激辛も大歓迎です。
ドロンパさんの辛口は愛を感じますから。

2013/04/10 (水) 21:26:44 | URL | 諸行無常 #m84aBXLc [ 編集 ]

大ちゃんにウィルソン大賛成

ドロンパさま 諸行無常さま

「大ちゃんにウィルソンプロを」に一票!!できればフリーでお願いしたい
ただ、こちらでは、モロの月光はペケな意見が多いみたいですが、あれはあれで、モロ渾身の爆発プロで、さすがに大ちゃんの得意分野を熟知した久々のシングルでのスマッシュヒットと思うけどな…まあ、時間切れで未完だが…
とくに三楽章の三度上がり五度下がるの反復上昇早弾き箇所にあのステップは生唾ゴックンもの…なんだが、惜しいことに幾らなんでもな音ハメで…
多分既存の音源を使ってやったんだろうけど、あの鬼ツイズル多用のステップを生かすなら、バレエピアニストとかに依頼して音源を別取りすべきだと強く思うわ…。
それくらい激しく繊細な大ちゃんならではのすごわざステップだよあれは。
そういえば、大ちゃんと真央ちゃんは得意技と苦手技が重なってるような…。
二人ともループターンツイズルターンが大変素晴らしく、トゥループジャンプが意外に苦手(笑)。
大ちゃん、トゥループについて、「苦手なんですよ…なくなればいいのにッ…でもみんなやってるから…」(フジ「グラジオラスの轍」より)とか、オイオイってなこと呟いてたしな~。
わ…携帯だともう字数制限

2013/04/10 (水) 23:35:41 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

続き

ところで、ループやツイズルを入れたがる振り付け師はアイスダンス出身者が多いですね…ウィルソン、タラソワ、モロゾフ…
だけど、シングル選手にそれが得意な人って極めて少ない…
もちろんクルクル回り続けるだけじゃなくて、細かなエッジワークとの組み合わせのバリエーションが大ちゃんとかは無限大と思えるくらい(褒めすぎか)あって、頸と肩を振り回しながらやってくれるグルーヴがたまらんわ…以前、田村岳斗が「脳みそ揺らしながらよくできるな~と思う」というようなことを大ちゃんについて言ってたけど、あれは体幹とは関係無いんですかね?

大ちゃんの体幹上位五本指くらいには入れてあげて欲スィ…

大ちゃんにはモロゾフとウィルソンの二股でお願いしたいと密かに願う回転ターンフェチのシジでござんす…。

2013/04/11 (木) 00:11:02 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

激辛・・・


>激辛も大歓迎です。 <

げ、激辛のほうは、国別対抗戦を見た後で、頭にドイツ製の鍋をかぶってから、言わせていただくかもしれません・・・・・

2013/04/11 (木) 01:06:34 | URL | 暴君ハバネロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

シジフォス様


>以前、田村岳斗が「脳みそ揺らしながらよくできるな~と思う」というようなことを大ちゃんについて言ってたけど、あれは体幹とは関係無いんですかね?<

関係ありますよ!

>大ちゃんの体幹上位五本指くらいには入れてあげて欲スィ…<

入ってますよ当然!

でも、高橋選手が「上位五本指」で満足するとは思えません。(きっぱり)

2013/04/11 (木) 01:19:47 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: タイトルなし

藍色様、こんばんは。

高橋選手とチャン選手の技術差はほとんど無いと私は思っています。

高橋選手の課題は4Tです!極論すればこれだけです!

4Tの安定度、

羽生>無良>>>織田・高橋・小塚、、、ということろでしょうか。

2013/04/11 (木) 04:32:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 愛国の象徴

コロン様、こんばんは。

>トリノ五輪当時、ヤフー掲示板にいましたが、 かなり荒川さん叩かれてましたよ。

それ以上に、安藤美姫選手が相当に叩かれていましたね^^;

当るを幸い、全てをなぎ倒して行く…これが「浅田真央原理主義者的ファン」の特徴でしょうね。

2013/04/11 (木) 04:36:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

スピー怒原理主義


>高橋選手とチャン選手の技術差はほとんど無いと私は思っています。<

スポーツなんだから、スピードの差は技術の差ですよ。(きっぱり)

2013/04/11 (木) 09:34:51 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ドロンパさん

いつもなるほどな~と深く頷くことが多く、参考にさせてもらっております。

私がフィギュアスケートに惹かれる理由は「スポーツ」だからですが、ジャンプの入りのスピードはもちろん、コントロールされたジャンプの着氷、その後ターンして逆方向にさりげなく向きを変え、ステップで繋げる技術など、自分が少しづつわかるようになってきて、今は動画を見るのが楽しくて仕方ありません。

ルールを知るのも大切ですし、どういった技術がフィギュアスケートで評価されているのかなど、知れば知るほど奥が深いスポーツです。

ドロンパさんの「きっぱり解説」をどこかの動画職人さんが作らないかしら~とひそかに思っております。

2013/04/11 (木) 11:18:43 | URL | ごんちゃん♪ #- [ 編集 ]

Re: 愛国の象徴

片割月さま

トリノの頃、ヤフー掲示板デビューでした。
トリノの荒川金で興奮して参加してたら、まあ見事に荒川さん叩かれてました。
安藤さんは惨敗したのでバッシングは分からないでもないですが、荒川さんは金メダルだったのに、何故叩かれるのか当時全く分かりませんでした。
日の丸をあげた彼女は絶賛されるはずなのに。。。

>「浅田真央原理主義者的ファン」

原理主義的ファンが荒川さんを叩いてたのでしょうかしら?荒川さんが銀や銅なら、あれほど叩かれなかったのかな?
表では荒川フィーバーだったけど、作用反作用の法則?でネットでは荒川サゲしてバランスとってたのかなあ?(何のこっちゃ??)

ともあれ、群衆心理や、世間様感情って、不思議ですね。
昔を蒸し返してすみませんね<(_ _)>
浅田真央原理主義的ファンの存在が、私のフィギュア観戦のネックでしたね。。選手自身には関係ないのですが、無視できないほど大きな存在でした。マジョリティーに参加できない自分を寂しく思いながらフィギュア観戦してます。

2013/04/11 (木) 15:39:25 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

コロンさんへ

ということは私が「たなぼた批判」に対して反論をしていたころも読まれていたということですね。
あの当時は、浅田ファンだけでなくスルツカヤファンもいたり、恩田ファンもいたりしているので、一概に「マオタ」とはいいづらかったのですけどね。
安藤選手批判も同じで、選手に求める理想像の好みの違いだとは思っていましたが、なぜか演技批判よりもゴシップねたのような批判が多いのに激怒していましたけどね。

2013/04/11 (木) 17:09:27 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

バルタンさまへ

ええ、よく知っています^^;
バルタンさま、ヤフー掲示板でご活躍でしたね。今もいるんですか?あそこ変わりましたよね。

当時、とてもフィギュアに詳しい方が、執拗に「真央から盗んだ金メダル」とか言ってましたよね。
あの方やその他の人達が本当に浅田ファンだったのか今となっては知りようがないですが…
スルツカヤファンだった男の方も覚えています。荒川金直後ぐらいに「スルにとらせたかった」と堂々と書いておられたので驚きましたよ。

その後のシーズン、荒川さんが解説者になった時も酷かったです。荒川さんのクールな解説に真央ファンが激怒、その他コメンテーターやらにも大激怒して、みんなで番組・スポンサーに抗議しようと大騒動でしたね。あれは真央ファンですよね?本当に酷かったと思います。
私なんかちょっとでも反論すると「在日」「工作員」と罵倒されてましたよ。

当時荒川トピ常駐してた男の方の真央衣装に対する失言をキッカケに、皆で彼を村八分にしてしまいました。執拗にヤフー掲示板からいなくなるまで、です。あれは酷かった。

「熱いファンは暴徒化する」を目の当たりにみた当時でした。
真央ファンにはいい人もいるでしょうけど、半数はとんでもない人たちの集団だと当時思いましたよ。違うんですか?

2013/04/11 (木) 17:32:36 | URL | コロン #G91RSZjw [ 編集 ]

コロンさんへ

当時は、2chと掲示板で少し技術的に詳しい話をする人がいると、疑いもせずに信じる人が多かったですからね。

けれども良く良く読んでいくと、矛盾することが多くて、結局「真央上げ他選手下げ」に都合よく使っていたのが私は悲しかったですね。
本来なら、技術に詳しい人が正しく教えるべきなのに、そうではない。
昔から長く見ていて良く覚えているのはわかっても、私とは評価しているポイントがまったく違うことに愕然としました。
ま~わからなくもなかったのですけどね。
伊藤さんが3Aを武器にしてはいても、体型から来る見栄えの点での優雅さでは、手が短いのがつくづく不利だなと思っていたのですが、そのなかった部分を備えた選手として、過大な期待を抱くオールドファンが熱狂するのはわかるのですが、それが暴走しすぎてあらぬ方向へと迷走をしているようには思っていました。
その迷走が陰謀論へとつながっていくわけなんですけどね。

そういう行動の多くは、やはり『マオタ』といわれる人たちだったとは思います。

掲示板では、私がかなりやりあったので、そういう投稿はかなり減ったと自負はしていますけどね。

「はさみのおじちゃんが出た~~。みんなしばらく、し~~~」となってましたから。(笑)

2013/04/11 (木) 23:03:01 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: Re: 愛国の象徴

コロン様、こんばんは。

解説者としてデビューした頃の荒川さんは、安藤選手には甘く、浅田選手に冷たい、
という印象を与えていたと思います。

自分を姉と慕ってくれる安藤選手に多少は感情移入するのは、ひとりの人間としては分かりますが、

解説者としてはどうなのよ?って意見はあっても不思議ではなかったかと。

>マジョリティーに参加できない自分を寂しく思いながらフィギュア観戦してます。

付和雷同のマジョリティーより、誇り高きマイノリティーの方がカッコイイですよ(^_^)ノ

2013/04/12 (金) 23:40:21 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR