ロマン派を代表するヴァイオリン曲といえば、これでしょう







曲名:ヴァイオリン・ソナタイ長調・第四楽章
作曲:セザール・フランク(1822~1890)
作年:1886年


ピアノとヴァイオリンの追いかけっこ(カノン)が始まった途端、胸が一杯になります。晴れやかな色調の中にまろやかな哀愁や時には激しい感情の迸りがあります。そして、曲全体を覆う格調の高さはどうでしょう。

ブラームスは大人になってからのお付き合いですが、フランクの方は大学時代に浸ったものです。甘酸っぱい思い出が蘇ります。今でもたまに聴くと、やはり素敵な音楽と思います。

韓国の名バイオリニスト、チョン・キョンファさんの演奏は好きだなあ。情熱と張りがある。さすがにお年を召しましたが、演奏ぶりは変わらない。

オーラスの試合用プログラムとして、キョンファンさんの演奏でおヨナさんが滑ったらさぞかし最高でしょう。


関連記事
スポンサーサイト

2013.04.17 | | コメント(28) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

ロマン派もヘヴィ・メタルもフィギュアスケートも


「スピード」と「超絶技巧」は譲れません。(きっぱり)

ということで、録音が古くて音質は非常に悪いのですが、
Heifetz Franck Sonata 4th Movement
http://www.youtube.com/watch?v=YToTzE0JsH0

チョン・キョンファの演奏は、ところどころ音程がブレるのが、う~ん。

2013/04/17 (水) 22:58:58 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: ロマン派もヘヴィ・メタルもフィギュアスケートも

> 「スピード」と「超絶技巧」は譲れません。(きっぱり)
> ということで、録音が古くて音質は非常に悪いのですが、
> Heifetz Franck Sonata 4th Movement


これも素敵ですが、

> チョン・キョンファの演奏は、ところどころ音程がブレるのが、う~ん。

その「う~ん」も含めて、彼女の演奏は好きなんです(^。^)

子供を産んで、指を怪我したこと、年齢等、何かしら影響したのかも。

私は常に技巧的に完璧なものが好きというわけでもありませんの。

2013/04/17 (水) 23:48:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

モーツァルトのホ短調は?

キョンファさん、福岡でも近々フランクのソナタ演奏してくれるみたい。しかもプログラム前半は「雨の歌」ですよ〜

じゃあオープニングの曲、モーツァルトのホ短調は誰に滑ってもらいます?

2013/04/18 (木) 00:25:05 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

Re: モーツァルトのホ短調は?

コンチェルト様、こんばんは。

> キョンファさん、福岡でも近々フランクのソナタ演奏してくれるみたい。しかもプログラム前半は「雨の歌」ですよ〜

そうなんですか!!そ、それは涎が出そうなプログラムじゃないですか!

満席になるでしょうね。

でも、日韓関係が最悪な時に、キョンファさんは良く来日してくれる気持ちになってくれましたね(^。^;)

まあ、政治と文化交流は別ですけどね^^

う~ん。私は東京だから、いくらなんでも遠すぎる(T_T)

> じゃあオープニングの曲、モーツァルトのホ短調は誰に滑ってもらいます?

ギャッボン!!偶然だなあ。。

実は、モーツァルトのホ短調は近じかエントリーする予定で、動画を選んであったのよ~~(^^♪

誰に滑ってもらうかって?

フフフ。それはお楽しみにね(^_^)ノ

2013/04/18 (木) 00:36:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

いい曲ですね♪

片割月様こんにちは。

とっても素敵な曲ですね。

ドロンパさんのご紹介くださった方も聞いてみましたがあちらには正統派の良さがあって、こちらには艶を感じました。

久しぶりにCDを物色したい曲に出会えたわ~~有難うございます。

キムヨナの流れるような演技が見えてくるようですね。
彼女にはオーケストラが良く似合うと思っていましたが、こういう感じもいいですね。


真央選手や安藤選手の選曲お勧めも、どうぞ宜しくお願いします~


2013/04/18 (木) 11:52:51 | URL | サンゴ #- [ 編集 ]

金メダリストが五輪の勝負プロに使うには、演奏の技術レベルがイマイチ


>その「う~ん」も含めて、彼女の演奏は好きなんです(^。^) <

EXならともかく、これだけ回転不足とエラーの多い演奏を、五輪の勝負プロに持ってくるのはどうかと思いますけどね~。
3:00~のところなんて、椅子から跳び上がりそうになりましたよ。

ちなみに、チョン・キョンファが3:50~のフレースを、テンポを引っ張ることで弾いているのに対し、ハイフェッツは同じフレーズをオクターブで(!)実に簡単そうに弾いてのけています。3:43~
録音が半世紀以上古いものなので、音の艶はしょうがないですけどね。

う~~ん、フジコヘミングの演奏がプロのピアニストのものとして堂々とまかり通っているあいだは、PCSに納得できない人は減らないだろう、と予想してみる。

2013/04/18 (木) 17:21:13 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

東京公演

片割月様
こんにちわ。

>う~ん。私は東京だから、いくらなんでも遠すぎる(T_T)

東京公演もあるみたいですよ↓
http://www.tomin-gekijo.or.jp/lineup/music/2013/06/000153.html
(おせっかいでしたらごめんなさい。もしまだご存知無いようでしたら…)

片割月様は情熱的な音楽がお好きなのですね^^
(スペイン然り)

ドロンパ様ご紹介の方は「(特に低音での)音の抜け感」がないので低音好きの私としてはこちらが好みですw

関係ありませんが、キョンファさんはお綺麗な方ですね。
小柄な方に見えますがその外殻を破りそうなエネルギーあふれる演奏ですね。

2013/04/18 (木) 19:25:32 | URL | アルデバラン #GRY3yc6E [ 編集 ]

チェロはどうでしょう?


ハイフェッツは録音が古すぎるので、音質がひどいのはどうしようもないですね。

バイオリンではイマイチ好きな演奏が見つからなかったので、チェロはどうでしょう。
Franck Violin Sonata (IV) / Yo-Yo Ma
http://www.youtube.com/watch?v=o427YmbXxek

チェロでさえこれだけ正確に弾けるんだから、操作性の高いバイオリンなら、もちっと音程を何とかしてほしいなあ。
とにかく、ソプラノ歌手・バイオリン・エレキギター等、高音楽器の音程はずしは厳禁!!!
破壊力が大きすぎて脳ミソが裏返ります。

2013/04/18 (木) 23:16:31 | URL | ドロンパ #- [ 編集 ]

はじめまして

片割月さん、こんばんわ。以前からよくこちらのブログは読ませて頂いていたのですが、初めてコメントさせていただきます。私はクラシック好きの真央さんファンです。ブラームスが出てきた頃からフランクのソナタも紹介してもらえないかな、なんて思っていたらすぐに紹介があって嬉しいです。でも、私はこの曲って1楽章と4楽章あわせて、真央選手に合うかななんて思ってたのですがどうでしょうか。彼女の浮遊感とこの曲の浮遊感がマッチするのではと思ったんですけど。また、ちょくちょく寄らせて頂きますね。

2013/04/18 (木) 23:34:33 | URL | アリエッタ #- [ 編集 ]

ドロンパさんへ

こんばんは、はじめまして、サンゴと申します。
片割月さんのこのブログを覗くようになって、ドロンパさんのコメントも楽しみに読んでおります。

帰宅してからドロンパさんのお勧めのハイフェッツとチョンキョンファのをエンドレスリピートしていたのですが・・・なんだか同じ曲と思えなくなってきました。合わせているピアノの弾き方も違いますしね。

私にはハイフェッツには真央さんか、コストナーが良く似合う気がしてならないんです。ヨナのイメージがどうしてもわかないというか・・・
でも、チョンにはヨナしか似合わない気がします・・・。


私が好きなのはハイフェッツ。何度も聞くなら、やっぱりハイフェッツだな・・・真央さんで見たいな・・・と思っていたところに、新しいご紹介が・・・。

ヨーヨーマ。
ご紹介有難うございます。
素晴らしい演奏ですね。
そこでお聞きしたいのですが、ドロンパさんはヨーヨーマには誰が似合うと思いますか?

突然すみません。
お時間がある時にちょこっとお願いいたします。

2013/04/19 (金) 00:26:09 | URL | サンゴ #- [ 編集 ]

ヨーヨーマ

サンゴ様

ヨーヨーマには、チェロという楽器の特性からも、女子ならコストナー選手、男子ならアボット選手が合うのではないでしょうか。

2013/04/19 (金) 00:58:20 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

YOYO-MA

ドロンパ様

耳福です。ありがとうございますd^^b

や、やっぱり音程が合ってるって大事だなぁ…(汗)

先程、私紛らわしい書き方(「音の抜け感」)をしてしまいまして
「音の抜け感」とは「スカッという密度の薄い音」のことを言いたかった文章です。

(キョンファさんの演奏はボウイングを速めた際に時々密度の薄い音(音が抜ける)ように私には聞こえるのに対して
Jascha Heifetzさんの方は密度の詰まった音のように感じて、私としてはそちらの方が好み、という意味でした。)

それにしてもYoYo-Maは凄いですね。
低音も高音もしっかり鳴っているのに、低弦なのに、むしろ軽やかな音色ですね。

チェロの音色は女子スケーターの方には向かないんじゃないかなと思っていたのですが、そんなことはなさそうですね。

2013/04/19 (金) 01:07:03 | URL | アルデバラン #GRY3yc6E [ 編集 ]

なるほど! 「ヴァイオリンソナタ」は誤訳だということに気付きました


>合わせているピアノの弾き方も違いますしね。<

むむ!と思って曲のタイトルをチェックしたところ、

Sonate pour violon et piano en la majeur

でした。
日本語訳はどれも「ヴァイオリンソナタ」になっていますが、本来なら、

「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」

と訳すべきですね。
一つ賢くなってホクホク。
サンゴ様、どうもありがとうございました。

ちなみに、なぜ「むむ!」と思ったかというと、最初に聴いたときに、
「いくらハイフェッツでも、伴奏がアルトゥール・ルービンシュタインとは、なんと贅沢な」
と思ったからであります。

原題を見れば、ピアノは全然伴奏ではなく「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」ではありませんか。
ヴァイオリニストと同格のピアニストを持ってこなければ、演奏のバランスが取れませんね、確かに。

2013/04/19 (金) 10:05:52 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

たで喰う虫も好き好き

いいですね、フランクのソナタ!!過去に誰か滑っていたと思います。誰だったでしょう?思い出せません・・・。

私はバイオリンはたくさん聴いているわけではなく、誰の演奏がどうとか詳しくないですが、ハイフェッツとチョン・キョンファ、今聴いてみた感じ、どちらも好きです。もちろんスタイルは全然違うけれど。

キョンファさんの音程の微妙なところ、確信犯じゃないかと思ったりもして。ドロンパさまご指摘の3:50からのフレーズも、キョンファさんのほうが音程の距離感が感じられて、よりドラマチックなので私好みです♪難しくて弾けないからゆっくりやってるようには感じられないですね。
逆にハイフェッツの演奏では、超絶技巧部分よりもむしろ、前半の静かな部分のなんでもないフレーズの閉じ方やデクレッシェンドにぐっと心を持っていかれました。

別エントリーの話題ではありますけど(しかも横入り・・・)、同じようなことをPCSの話でも感じます。リヒテルとアルゲリッチを比べても意味がないと。彼らは両者ともに速くも遅くも弾ける技術を持っていて、その上で自分の表現として速度を選択しているわけです。音楽コンクールの例なら、コンテスタントが指定速度よりゆっくり演奏したとしても、「速く弾ける技術も持っていて、その上でゆっくり弾くことを選択し、それが音楽表現として認められる」ことがあれば、必ずしも落選にはなりません。コンクールの審査員もスケートのジャッジも、この辺の技術を見抜く目を持っていて、「出来ないからゆっくりやっている」と「出来るけれど、あえてゆっくりとやっている」の違いは見抜けるんじゃないかな、と。
ドロンパさまの、スケートはスポーツなので、という趣旨はよく理解していますが、超絶技巧というのはそんなに画一的なものではなく、素人にはわからない様々な超絶技巧が存在しているのでは、というのが私の見方です。

さて、モーツァルトのホ短調、楽しみです♪もしかして、あの方かな~~??

2013/04/19 (金) 10:27:22 | URL | まる子 #AlmolxDE [ 編集 ]

ロマン派だな~

同じ曲に聴こえないくらい表現が違う…ハイフェッツとキョンファさんのヴァイオリン♪
フッとフレーズが消え、ポーンと次のフレーズに移るハイフェッツと、常にうねりながらフレーズが展開するチョンさん
確かにサンゴさんが仰るように、チョンさん節はヨナの専売特許となりそう(笑)
やっぱ出身地域の民俗性(といって良いかどうかだけど)って表現のあり方に影響大だなあと。
馬さんのチェロ大好き~、彼は香港生まれのヨーロッパ育ちでアメリカ在住なコスモポリタン~音色も暖かみがあってフレンドリーで…愛器をタクシーに忘れる天然ぶりも◎

>まる子さん
リヒテル、アルゲリチの例を挙げた当人なので、ちょいレスを…
リヒテル20代の超高速弾きを動画で聴いたことがありますが、確かにテクニックはスゴいですが、あまり素敵な演奏とは思えませんでした…録音状態のせいかもしれませんが、力任せな感じで、アルゲリチの超高速神演奏みたいには気持ちよくない…演奏家のタイプによってベストのテンポってあると感じますね。

2013/04/19 (金) 13:04:33 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

コンクールとコンサートの違い、試合とアイスショーの違い

>音楽コンクールの例なら、コンテスタントが指定速度よりゆっくり演奏したとしても、「速く弾ける技術も持っていて、その上でゆっくり弾くことを選択し、それが音楽表現として認められる」ことがあれば、必ずしも落選にはなりません。<

私が挙げた例は、↓ですが、

>たとえばピアノのコンクールで、リストの難曲を楽譜の指定通りの速さでは弾きこなせないコンテスタントがいたとします。
0.5倍スロースピードならば弾けるとして、仮にコンクールの場でそのように弾いた場合、失格になることはまず間違いありません。<

本当にそんな遅いテンポで弾いてもコンクールで合格した実例というのがあるのでしょうか?
私の書き方からもお分かりのように、私は1~2%のテンポの違いを言っているのではありません。
「スローテンポの指定がある部分」ならまだわからないでもないですが、「リストの難曲」で「速く弾くことを要求されている部分」ではちょっと考えられない気がしますが・・・。

・その曲が指定曲だった場合:
審査側はまさに、その曲を指定通りの速さで弾けるかどうか知りたいために曲を指定したと考えるべきで、0.5倍スロースピードは論外。

・自由曲を楽譜指定よりも極端に遅いテンポで弾いた場合:
曲の選択が可能なのに、なぜ「楽譜指定のテンポ」と「自分の解釈」が食い違う曲をわざわざ選んだのか。
コンテスタントとしては、楽譜指定のテンポと自分の解釈が合っている曲を選ぶべき。

梯剛之氏がショパンコンクールの予選で不合格になった理由も、
「楽譜通りのテンポで弾かなかった」
と審査側から理由を説明されていましたし、コンクールでは、審査員の前で実際に弾いて見せない限り「速く弾ける技術も持っている」ことにはならないでしょう。
梯氏は盲目のハンディキャップのためもあり、テンポが速くて鍵盤の移動距離が大きい曲は技術的に弾けませんでした。「彼独自の曲解釈」という美談が付けられていましたが、実際には技術的に無理だったのです。


>キョンファさんの音程の微妙なところ、確信犯じゃないかと思ったりもして。<

これはあり得ないですね。(断言)
音程をはずしているのが技術的な難所ばかりですし、ピアノとの不協和音がなんとも・・・。
ただしこの場合はコンクールではなくコンサートなので、このような演奏があっても良いと思います。聴衆が納得すればそれで良いのではないでしょうか。

ハイフェッツやヨーヨー・マも、時には確信犯で音をはずすこともありますが、彼らは曲の難所・要所で音程をはずすことはありませんし、伴奏の鍵盤楽器との和音まで計算しつくして音をはずしているところがただ者ではありません。

フィギュアスケートでも、緩急をつけるためにステップやスピンの途中でいったん速度を落とすことはありますが、高難度ジャンプの助走で減速するというのは単なる技術の不足です。
「ステップからのジャンプで、トップスピードではないけれどそのまま跳ぶ」ということはありますが、
「せっかくスピードが出ているのに、わざわざ助走で減速する」というのは、
「そのスピードではジャンプを降りられないから」以外の理由があるでしょうか。

2013/04/19 (金) 19:33:58 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

レスありがとうございます。

ドロンパさま、シジフォスさま、レスありがとうございます。内容がこちらのエントリーのコメント欄には相応しくないかと思い、「ISUジャッジが新採点法について問題提起する (04/13)」のエントリーのコメント欄に投稿いたしました。

う~ん、ドロンパさまには隙がありませんね・・・。対する自分、頭わるすぎ・・・。

2013/04/19 (金) 22:44:48 | URL | まる子 #AlmolxDE [ 編集 ]

成程・・・・・・

ドロンパ様、ご返答有難うございます♪

ヨーヨーマにはコストナーか・・・

成程・・・・・・

そうですね、彼女なら出来ますね、きっと。

納得です・・・そして、ちょっと寂しい・・・。

真央にはやっぱりハイフェッツですね・・・。

片割月様とドロンパ様にご紹介いただいたもの3つの中でハイフェッツが一番好みですが、ヨーヨーマの迫力が、真央じゃない・・・と感じたのが自分でもちょっと解らないほど落ち込んでしまいました。
真央選手の良さ、愛らしさをこの上も無くいとしく思っておりますが・・・


>ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

私こそ全く気付きませんでした(笑)
小さい頃ピアノを習っていたのでピアノの方が先に耳に入ってくるんです。
ルビンシュタインはベートーベンのピアノ曲か、皇帝で持っていた気がします。日曜にでも探してみようかな・・・。


>そのスピードではジャンプを降りられないから

・・・ぐうの音も出ません。
先日の片割月様の感染記でもスピードに触れておられましたね。
真央選手の引退までに生感染したいと思っておりましたが、OP頃に資格試験が控えているので一度も試合を観られないかもしれません。
真央選手の心変わりを祈ってしまいます・・・。


ちなみに高橋選手のベートーベン、私はもういいです。
理由は・・・

曲の切り貼りの仕方がもったいなさ過ぎるから。
好きな曲だったので大変残念です。



2013/04/19 (金) 23:54:19 | URL | サンゴ #- [ 編集 ]

ヴァイオリンとピアノのためソナタ

サンゴ様 ドロンパ様

横から失礼します。

>ヴァイオリンとピアノのためのソナタ

>私こそ全く気付きませんでした(笑)
小さい頃ピアノを習っていたのでピアノの方が先に耳に入ってくるんです

ずっと前に、ギル・シャハムのリサイタルでピアノは妹のオルリ・シャハムだったのですが、当然ギル・シャハムを聴きに来た人が多かったのでコンサート後のトークで、「ピアノが強すぎたと思いますが(確かにそうだった)」の質問に「これはヴァイオリンとピアノのためのソナタですから」とドロンパ風にきっぱり!
あのときのことを思い出しました。

昨日はギル・シャハムでモーツアルトのピアノコンチェルト5番を聴きましたが指揮者や各セクションとの掛け合い、とにかく楽しそうに弾いていたのが印象的でした。

2013/04/20 (土) 01:03:29 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

まる子様


いえいえ、ほんとうに隙のない人間なら議論などに時間を費やさないでしょう。
私にとって、意見の違う方々と侃侃諤諤やるのは将棋かチェスのような面白さがあって、論破されるのも痛快なので、多分死ぬまでやめられません。(笑)

一応、チョン・キョンファのためにも訂正しておくと、この2つ↓

>音程をはずしているのが技術的な難所ばかりですし、<

>技術的難所でことごとくはずしていた<

は全然違いますよ!
技術的な難所でことごとくはずしていたわけではもちろんありませんが、外していたのがどれも要所・難所だったので、確信犯とは到底考えられない、という意味です。
意図的に外すのであれば、「緊張と集中が高まるところ」ではなく、「遊びを入れる余地のあるところ」にするはずですから。

ちなみに、いちいち揚げ足を取るのもどうかと思いますが、私の場合、
0:46のビブラートで椅子から浮きあがり、
2:13~で浮足立ったところで、2:23に再び椅子から浮きあがり、
2:58~あたりからは、椅子の上でジャンプシークエンスを跳んでしまいました。(嘘)
ここでいったん動画を止めましたが、演奏の批判を書く以上は最後まで聴くべきだろうと、シートベルトを締めてからもう一度動画を再生しなおした次第であります。
(2度目は椅子ごとジャンプシークエンスを跳びましたが)

ハイフェッツのほうも、古い録音特有の音の歪みがあるのですが、ピアノの音も同じように歪んでいるので演奏者のせいではないでしょう。
残念ながらハイフェッツの録音は、神がかり的な演奏の時代は音質が悪く、録音状態のマシな晩年のものは、さすがのハイフェッツも若いころほど完璧ではないので、音源探しに苦労します。

2013/04/20 (土) 08:34:37 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

滑りのタイプと楽器と演奏者の相性

サンゴ様

バイオリンはバイオリンの音を出せればよいのであって、チェロの音が出ないからと言って落ち込む必要は全然ないと思いますが、いかがでしょう。

ただ、ハイフェッツは他の追随を許さないスピードと技術的に全く穴がない、というのが浅田選手のイメージではないですね。
ハイフェッツが似合う女子選手は今のところいない、というのが私の意見です。
試合用のプロでは、男子でも似合う選手を思いつきません。

2013/04/20 (土) 09:06:07 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: いい曲ですね♪

サンゴ様、こんばんは。

>久しぶりにCDを物色したい曲に出会えたわ~~

それは良かったですね(#^.^#)

フィギュアスケートファンはクラシック音楽と親和性があるので、

素敵な曲を紹介したりされたりも楽しいですよね。

>真央選手や安藤選手の選曲お勧めも

合点承知の介!!

2013/04/20 (土) 18:30:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 東京公演

アルデバラン様,こんばんは。

わあっ、東京公演の情報、ありがとうございます。

まだチケットはありますね^^

う~む。平日の19時か。。ぐぬう(^。^;)。

お仕事の予定と付け合わせて、何とかしたいなあ。。

>片割月様は情熱的な音楽がお好きなのですね^^

はい。気分にもよりますが、基本的にはそうですね(^。^)

2013/04/20 (土) 20:35:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

アリエッタ様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

「アリエッタ」は素敵なお名前です。
ベートーヴェンの最後のピアノソナタ32番の第二楽章が「アリエッタ」でしたね。

>私はクラシック好きの真央さんファンです

オオッ、共通していますよ^^

>彼女の浮遊感とこの曲の浮遊感がマッチするのでは

分かります!私もそのことはチラッと頭をかすめたのですが。。。

>また、ちょくちょく寄らせて頂きますね。

お時間があるときは、いつでもお越しくださいね。

2013/04/20 (土) 23:22:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

 デビュー当時のイメージしかない私としては、「えっ、この方が?」という感じであります・・・・・・・・・・。

 

2013/04/21 (日) 01:03:06 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

MILLAN様、こんばんは。

>  デビュー当時のイメージしかない私としては、「えっ、この方が?」という感じであります

男性より女性の方が加齢による変化度が大きいかもしれませんね^^;

外国の女優さんの「その後」を見ると、やはり。。。。

 

2013/04/21 (日) 22:18:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

これまた失礼しました・・・

ドロンパさま

これまた謝った引用を大変失礼致しました。キョンファさんにも本当に失礼ですね。
なにぶん、細切れの時間を使って、記憶を頼りにコメントしてしまってるので、以後気をつけます~。

片割月さま

加齢による変化度、男性の場合は髪の毛の印象が大きいです。逆の例ですが、カート・ブラウニングの現役時代の映像を見て「え?!」と思いました。失礼!!(いえ、現在が十分カッコイイので全く問題なしなのです。)

2013/04/22 (月) 10:30:42 | URL | まる子 #AlmolxDE [ 編集 ]

Re: これまた失礼しました・・・

>加齢による変化度、男性の場合は髪の毛の印象が大きいです。

今や男性も鬘と毛染めという手がありますから(^Д^)

まる子様は「加齢による変化度」が小さいのでしょうね^^

2013/04/23 (火) 22:33:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR