雅びの世界と官能の世界を行き来するフォーレの音楽






曲名:夢のあとに
作曲:ガブリエル・フォーレ(1845~1924)
作年:1865年頃

高校時代、初めてこの曲を聴きました。ラジオからこの曲が流れた時、何と美しくて雅びな音楽だろう!と思いました。まるで平安王朝の雅びにも通じる繊細な抒情詩だと。それでいてどこか官能的な趣もあります。

ピアノの伴奏がいささか単純過ぎる感じもしますが、捨てがたい味わいがあります。

雅びと官能が交叉する抒情詩…これがフォーレの特長かもしれません。

原曲は歌曲ですが、チェロやヴァイオリン等、様々な編曲で演奏されます。特にチェロとなれば、男子ならアボット選手か小塚選手に。女子であればコストナー選手でしょうか。

原曲の歌曲版。
名ソプラノ、キリ・テ・カナワさんの歌で。動画はここです

「夢のあとに」・歌詞(CDジャケットの和訳より)
 君の姿に うっとりとした眠りのなかで、
 私は幸福を夢見ていた 燃え上がる蜃気楼のように、
 君の瞳はさらにやさしく 君の声は澄み切ってよく響いた。
 君は輝いていた あけぼのに照らし出された空のように。
 君は私を呼び 私は地上を離れて、
 君といっしょに逃げて行った 光の方へ、
 空は私たちのためにわずかに雲間を開いてくれた。
 その時かいま見た未知の輝き 神の閃光よ。

 だが何ということだ、このみすぼらしい夢の目覚めよ!
 私はおまえを呼ぶ、おお夜よ、返しておくれ、おまえが織り上げたあのいつわりを、
 戻って来い、戻って来ておくれ、輝かしい人よ、   
 戻って来ておくれ、おお、神秘なる夜よ!




曲名:ヴァイオリン・ソナタ第1番イ長調より第一楽章
作年:1876年

こちらは大人の清楚さと抑制の効いた官能、とでも言いましょうか。ピアノとヴァイオリンが細やかに絡みつき、互いに愛撫でもしているような秘めやかさ。同じロマン派のヴァイオリン・ソナタでもブラームスやフランクともかなり違った味わいがあります。

シズニー選手、コルピ選手に似合いそうだ。



関連記事
スポンサーサイト

2013.04.24 | | コメント(23) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

安藤さん

片割月様

こんばんは。
フォーレの夢のあと、素敵な曲ですね。
私はクラシックは聴くには聞きますが曲だけきいてこれはだれのなにとかすぐに出てくるほど詳しいわけではないので、いつもこちらのブログ記事とコメントされる方々の詳しさに感心しております。

私はこの曲を聴いて「安藤さん」が浮かびました。
雅と官能の同居ってまさに安藤さんの印象そのもののような気がします。

2013/04/25 (木) 00:23:22 | URL | 諸行無常 #m84aBXLc [ 編集 ]

フランスの音

片割月様
こんばんは。

>特にチェロとなれば、男子ならアボット選手か小塚選手に。女子であればコストナー選手でしょうか。<
全面的に賛同デス^^
(ちなみに上記3選手にチャン選手、浅田選手を加えると『私のお気に入りTop5』になります#^^#
まだまだ浅いフィギュアファンなんですけどネ)
えへへ…。同じ感覚の方がいることがわかると嬉しいものですね。


>雅びと官能が交叉する抒情詩…これがフォーレの特長かもしれません。<
仰りたい事、なんとなくわかる気がします。
それにしても片割月様の言葉のチョイス、いいですね。

フォーレの作品、(多くを知っている訳ではありませんが)一度心臓を掴まれるとギュッと離さない魅力があるように感じます。抑えられながらも時々漏れ出た生の感情をぶつけられているような…。

私はフォーレといえばJulian Lloyd Webberの演奏する「elegie」という曲です。この動画を最初に見た時に、曲に一目惚れしてしまいました。
http://www.youtube.com/watch?v=NhTqkl_RjTs
一目惚れの影響は絶大でして、他の演者で素晴らしい演奏はあると思うのですが、最終的にはこの動画に戻ってきてしまいます^^;

雅な音楽からは少し離れてしまいますが…。記事中の「夢のあとに」Stjepan Hauserバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=uVfDg4t6wZs
Stjepan Hauserから放出されるフェロモン的な何かが過剰でそれが気になると笑いそうにもなるのですが…。
若干濃すぎて胸につかえそうにもなりつつ、でもやっぱり魅力的…かな。(フランスの音楽なら過剰もまた良し、と思いますし)
普段カラカラな生活なので潤いたい時は彼の動画見てます(笑)

2013/04/25 (木) 05:49:08 | URL | アルデバラン #GRY3yc6E [ 編集 ]

フォーレとヘヴィメタルとカート振付SP

あまりにも場違いな動画を貼って良いものか迷いましたが・・・
まあ、片割月様なら面白がってくださることでしょう。

私の知る限り、一番ぶっ飛んだアレンジの、フォーレのパヴァーヌ@ヘヴィメタル
重金属の世界と官能の世界を行き来しているかどうかは不明。

ttp://www.youtube.com/watch?v=wtu5OLCjsA0

2013/04/25 (木) 10:42:15 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

スゼーの歌唱

片割月さま

原田光子著『クララ・シューマン』、面白かった!
クララが指摘した「音楽は教養と人格が核」を、評伝で示したような本でした。
よい本を紹介してくださって、本当にありがとうございました。
19世紀の作曲家が綺羅星のごとく登場し、登場した曲を再度聴きたくなったり、ワーグナー派とブラームス派の対立については『ジャン・クリストフ』を再読したくなったり…
名著・名曲は後をひき、「知的・精神的波(インパクト)を拡げ」(Derrida)ますね。…
クララについての詳しい感想は、後で書かせていただきますか?
(当方、今「くだらない」仕事にかまけなければならない 涙)。

「夢のあと(Apres un reve)」(後の仏語もアクサン省略)を含めフォーレの歌曲といえば、当方においてはジェラール・スゼー(Gerard Souzay)です。
http://www.youtu be.com/watch?v=qRrdWhKuwQ4
音質は良くありませんが…どうでしょうか? 
スゼーは哲学の学位(教養)も持ち、知的解釈とともに同時に官能のポールも示す歌唱です。
どのスケーターに相応しいか…?…わかりませんが…

2013/04/25 (木) 11:29:50 | URL | coucou #HYiaVYZ. [ 編集 ]

再度

スゼーの歌唱の動画(うまくリンクしないので)
再度貼り付けます。
http://www.youtu be.com/watch?v=qRrdWhKuwQ4

2013/04/25 (木) 11:35:16 | URL | coucou #HYiaVYZ. [ 編集 ]

キリ・テ・カナワについて

私は彼女の歌を生で聴いたことがあるのですが・・・、
とにかく、声量が全く足りません。
上手い下手以前の問題でした。
CDだと、声量の差はうまく調整してあるのだということがよくわかりました。
年齢のために声量が衰えたのか、最初からそうだったのかは分かりませんが。

CDなどで、マイクを通した音になってしまったとき、一番わからないのが声量の差でしょう。
生の舞台では、声量の差で完全に負けてしまった場合、いかに技術が素晴らしくても全く説得力がない、という典型的な例ではないかと思います。

2013/04/25 (木) 18:31:37 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

再三度

スゼーの動画、うまくリンクしないようです。
youtubeの検索で、「Gerard Souzay Apres un reve Gabriel Faure」をコピペすれば、トップに出てきます。
またボードレールの詩・デュパルク(Duparc)の歌曲「旅へのいざないL'invitation au voyage」のスゼーの歌唱も是非!!!
スゼーはオペラを歌いませんでした。
オペラと歌曲の歌手は、別カテゴリーと考えたほうがよいようです。両方ができた歌手は、シュワルツコップくらいとも言われます(もちろん、当方は生は知りません)

蝶々夫人で、日本人のタイトルロールといっても、東敦子さんしか思い浮かびません。youtubeで「Madama Butterfly Atsuko Azuma」を。彼女の歌曲はにも手を出しましたが???でした(晩年、といっても50代のコンサート。声質よりも、解釈や声の使い方がオペラ的でした)。 

2013/04/25 (木) 19:53:01 | URL | coucou #HYiaVYZ. [ 編集 ]

音量

>CDだと、声量の差はうまく調整してあるのだということがよくわかりました。

・・・ですね。私の場合、時々がっかりするのがバイオリンのコンチェルト。ソロにオーケストラがかぶってしまう。私がいつも後ろ隅に居るからいけないのかも。または、指揮者による音量の調整が不適切なのかも。

ちゃんとソロがたってる演奏もあるから、居場所のせいだけではないと思いますけど。
アンコールで一人で弾いているときなどは、なかなか見事なんですけどね。

2013/04/26 (金) 00:20:42 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

Re: 安藤さん

> 私はこの曲を聴いて「安藤さん」が浮かびました。
> 雅と官能の同居ってまさに安藤さんの印象そのもののような気がします。

なるほど!

安藤選手は雅び、リリック系からドラマティック、セクシャル、グロテスク系まで、
守備範囲が広いタイプだと思います^^


2013/04/26 (金) 00:44:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: フランスの音

>えへへ…。同じ感覚の方がいることがわかると嬉しいものですね。

ウン、それは言えてます!(^_^)ノ

が、あまり大きな声では言えませんが、
違った感覚の方にバッサリと斬られる?のも、快感だったりして。Mか私は(-^〇^-)

>抑えられながらも時々漏れ出た生の感情をぶつけられているような…。

アルデバラン様の方こそ、言葉のチョイスがいいですよ(´▽`)

>Julian Lloyd Webberの演奏する「elegie」

いやあ、心をえぐられるような、情緒纏綿たる演奏ですね。


Stjepan Hauserバージョン…なるほど、思い入れたっぷり、アルデバラン様の好みの演奏でしょうか^^

>普段カラカラな生活なので

私は仕事柄、人前で話すことが多いので、声がカラカラ、そして、財布の中身もカラカラです(^。^;)

2013/04/26 (金) 01:44:32 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: フォーレとヘヴィメタルとカート振付SP

ああ、ヘヴィメタでもメタボでも、何でも持って来い(n‘∀‘)η

ウン?演奏よりも砂が目に入りそうで、そっちの方が気になって仕方ないわ(^Д^)



2013/04/26 (金) 01:56:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スゼーの歌唱

>原田光子著『クララ・シューマン』、面白かった!

オオッ、それは良かったですね^^

ついでですが、長く絶版だった「クララ・シューマン、ヨハネス・ブラームス 友情の書簡」(原田光子編訳)
が、みすず書房から新たに出版されましたね。
お値段が高いのが困りますが、私は若い頃に友人から借りて読んだきりだったので、(素晴らしい内容!)
思い切って買いました(^。^;)

>『ジャン・クリストフ』を再読したくなったり…

名作ですよね。
私は2年前に再読しましたよ^^。最初に読んだのは高校2年の時でした。
で、あんなに感激したハズなのに、再び読んでみたら、ほとんど内容を忘れていた^^;
あれ?こんなシーンがあったかなあと(^^ゞ

coucou様はフランス語の原文で読まれるんですよね。凄いなあ。。。

私もスゼーさんを愛聴していましたよ^^
フォーレもドビュッシーもラヴェルも。

確かに、オペラ歌手と歌曲の歌手とは違う面もあるかもしれませんね。

ワーグナー歌手など、概して歌曲向きではないかも。

モーツァルトを得意とする歌手はオペラも歌曲も大丈夫。

エディト・マティスさんとか、ペーター・シャライヤーさんとか。

2013/04/26 (金) 02:17:20 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: キリ・テ・カナワについて

ウーム。

私は彼女の歌を生で聴いたことがないので、何とも(^。^;)

この人こそ、歌曲向きかも。

CDで聴く限り、オペラはともかく、「オーベルニュの歌」などもとても良いですけどね。

2013/04/26 (金) 02:42:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 音量

>時々がっかりするのがバイオリンのコンチェルト。ソロにオーケストラがかぶってしまう

分かります。バイオリンのコンチェルトを生で聴くのは得策?ではないかも(^。^;)

モーツァルトのように小編成、室内的なモノであればバランスも良いんですよね。

2013/04/26 (金) 02:50:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

>モーツァルトのように小編成、室内的なモノであればバランスも良いんですよね。

そう思います。
で、昨日、室内管弦楽団が伴奏するブラームスのコンチェルトを聴きに行ってきました。
ブラームスのコンチェルトのファンとして、是非ともバランスのいい構成でということで。
・・・これはよかったです。

本題に戻ってフォーレですが、これまでアンテナにひっかかったことがありません。
月姫様はフランスものに感度が高いんですね。
参考にさせていただきます。

2013/04/26 (金) 14:48:23 | URL | #- [ 編集 ]

オセアニアの風

子供時代、キリ・テ・カナワの録音を繰り返し聴いていました。

CD出始めの頃、母親が買ってくれた名曲選集に入っていたのです。

当時「歌の翼に」を聴き、子供心に、こんなに美しいものはないと感じました。

楽曲に感動したのか、声に感動したのか、技術、それとも人柄にだったのか、わからないのですが。

2013/04/27 (土) 16:07:08 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

あの~、お名前が。。。(^。^;)

>昨日、室内管弦楽団が伴奏するブラームスのコンチェルトを聴きに行ってきました。

ほお~、どのコンチェルトかしら?ヴァイオリンでしょうか?

>月姫様はフランスものに感度が高いんですね。

「月姫」など勿体ない^^; 「月子」くらいでよろしいかと。

2013/04/28 (日) 23:09:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 「官能の世界」の決定的な男女差と、ローリーの男子プロ

ドロンパ様。

どちらかと言えば芸術肌のタラソワさんに対し、
ローリーは職人肌だから、何とかするでしょう。
私としてはローリーには、
ジャンプに課題のある高橋選手がジャンプをし易い振り付けにしてくれればそれでもOKです^^

2008~2009シーズンのタラソワ振り付けを、世界選手権だか四大陸の前にライサチェクとローリーとで、
「手直しした」と聞いた覚えがあるけど、ショート過フリーか、どっちらだったか。。。

話は違うけど、ドイツのロックバンドがドイツ語でガチ歌っている曲で、
何かお薦めなものはありますか?

2013/04/28 (日) 23:26:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: オセアニアの風

コンチェルト様。

> 当時「歌の翼に」を聴き、子供心に、こんなに美しいものはないと感じました。

メンデルスゾーンですね!(#^.^#)

> 楽曲に感動したのか、声に感動したのか、技術、それとも人柄にだったのか、わからないのですが。

最後の人柄はともあれ、最初の3つはどれも言えてるように思いますよ^^

2013/04/28 (日) 23:39:21 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

>ドイツのロックバンドがドイツ語でガチ歌っている曲で、
何かお薦めなものはありますか? <

フィギュアスケートで使う前提ですか?
使えそうにない曲なら、すらすらと出てきますが。

Rammstein などいかがでしょう。


2013/04/29 (月) 00:35:20 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

名無しで失礼しました

いつもデフォルトで入ってるはずの名前がきえてました。失礼いたしました。

バイオリン協奏曲の話でありました。

ところで・・
>ドイツのロックバンドがドイツ語でガチ歌っている曲で
「ガチ歌う」というのは新語ですか?

[Die Aerzte]とかはロック?パンク?
・・・「13」では、CDジャケットに、日本提灯の写真が使われているので、おもしろがった友人からもらったものがあります。

みなさまよい連休を!

2013/04/29 (月) 01:08:58 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: 「官能の世界」の決定的な男女差と、ローリーの男子プロ

ドロンパ様、レス遅くなりまして、すみません。

ガチドイツのロック、ありがとうございます。

フムフム。なかなかガチンガチン、ゴツゴツなロック、とでも言いましょうか。

言葉の響きの為か、英語と比べると、流麗さが不足する代わりに、立体感があります。

ベートーヴェンの交響曲7番の第四楽章だって、二拍目にアクセントのあるアフタービートだから、
ベンちゃんも荒々しいロックみたいなものだ(^Д^)

2013/05/07 (火) 00:45:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 名無しで失礼しました

MILLAN様は連休はどこか旅でもされましたか?

私は母の実家に行ったり、仕事やら野暮用が重なり、旅はできませんでした(T_T)

2013/05/07 (火) 01:13:43 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR