ソチ五輪でショパンは…?







作曲:ショパン(1810~1849)
曲名:Étude op.10 nº12 (練習曲ハ短調作品10-12・革命)
作年:1831年

「革命エチュード」…特に左手の激しいアルペッジョからは、ロシア軍によってワルシャワが陥落したとの悲報に衝撃を受けたショパンの慟哭が聴こえる、との解説がありますが、確かな裏付けは無いようです。しかし、そんな伝説が作られるのも分かるような音楽ですね。

真央選手のショートプログラムはショパンの可能性があるので、この曲のような熱情的演技を期待します。安藤選手にも似合いそうです。

が、たとえ伝説であっても、この曲はロシアには当てつけがましい?かな(^。^;)
フランスでチャイコフスキーの大序曲「1812年」、イスラエルでワーグナーの音楽を使うようなものですね。

かつて、ポーランドは何度もロシアに侵略された歴史があるので、今でもポーランド人の中にはロシア嫌いが少なくないとか。

ヴァレンティーナ・リシッツァは最近「売り出し」て来たピアニストのようです。動画で聴く限り、技巧的には一流みたいだし、パワーもそれなりにありそう。ミスタッチも無いようだ。しかし、もう一声、何かが欲しい気もします。


こちらはリヒテル演奏の「革命エチュード」。名演です。動画はここです

まさに、聴く人の心の上におおいかぶさって来る力強い演奏です。曲に込められた魂を外に無理やり引きずり出すようなパワー。

こちらはアルゲリッチ演奏の「英雄ポロネーズ」動画はここです

ミスタッチはあっても、それを帳消しにして尚かつ心躍るような熱演と思います。

「…耳も裂けんばかりの不協和音、無理のある移行、過激な転調、恐ろしくねじくれ曲がった旋律・リズム…こういうものの探求にかけては、ショパンは不屈であり、無尽蔵であるとさえ言いたくなる…」
(ベルリンの音楽評論家、ルートヴィヒ・レルシュターブによる評・1833年)

現代人の私達の耳には概して華麗で美しく響くショパンの音楽も、嘗てはこのような批判をされていたんですね。ただ、私はレルシュターブ氏の意見が全く的外れとも思いません。ショパンのピアノ曲は「人工的」な趣きもします。美しいが精密に作り上げたミニチュア・箱庭的音楽という感じもします。

☆トリビアな知識
「エチュード(etude)」とはフランス語で「勉強」を意味する単語。日本では、主に芸術の世界で使われる。美術の世界では「習作」の意味。絵画・彫刻の為の「下絵」の意味。演劇の世界では即興で演じていく「手稽古」、そして、音楽では「練習曲」の意味である。


関連記事
スポンサーサイト

2013.05.07 | | コメント(13) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

Re: 本題からそれますが、、、

Kan-kan様、こんばんは。

>この動画にポップアップの広告が出ますか。もしご覧になれるとしたら彼が以前にお知らせしたカナダの新進ピアニスト、ヤン・りシェッキで 

ウン?

ごめんさい、何のことか意味が分からないわ(^^ゞ

2013/05/08 (水) 00:01:21 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:Re: 本題からそれますが、、、

片割月様

>ごめんさい、何のことか意味が分からないわ(^^ゞ

多分そうだろうと思っていました。
トップの動画を再生すると途中から カナダの新鋭ピアニストJan Lisiecki の 最新CDの広告(ポップアップ)が出てきますが、それはこちらだけで、日本では出ないでしょうね。  
後で 削除しておきます。 すみません。  

2013/05/08 (水) 00:17:45 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: Re:Re: 本題からそれますが、、、

> 多分そうだろうと思っていました。
> トップの動画を再生すると途中から カナダの新鋭ピアニストJan Lisiecki の 最新CDの広告(ポップアップ)が出てきますが、それはこちらだけで、日本では出ないでしょうね。  

あ、なるほど、そういうことだったんですね^^;

それにしても、動画の広告、鬱陶しいわ(○`ε´○)

広告の効果、あるのかしらね?

2013/05/08 (水) 01:35:22 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

革命エチュード

片割月様、お久しぶりです。

私は実はタラソワさんは、フリーに革命エチュードを持ってくるのではないかと予想してたのですが、早々とショートはノクターンのような曲と出てしまったので、どうかな〜

あの年は怪我などで本人は満足ではなかったかもしれませんが、ヤグディンの革命エチュードは、ウィンターと同じくらい名プログラムだと思います。
なぜか英雄ポロネーズ使う選手いませんね。大好きな曲の一つですが。
音楽のテンポに合わせづらいのでしょうか?

2013/05/08 (水) 12:34:14 | URL | ぱた #- [ 編集 ]

英雄ポロネーズ

「英雄ポロネーズ」といえば、テレビアニメ「タッチ」(あだち充原作マンガ)での、ヒロインのみなみちゃんの新体操シーンがどうしても浮かんでしまう世代です(笑)。

同じように、アイスダンスのウィーバー/ポジェ組の今季のSDは素敵で大好きだったのに、「My favorite things」になると「・・・そうだ、京都いこう~JR東海」なんていうセリフが脳内再生されちゃうし、よく耳にする音楽にはちょっと困った副作用がありますね。

ショパンは(自分が)若い頃にノクターンが大好きで、ノクターンとワルツは全集を買って聴きまくりましたが、最近になってマズルカとバラードの魅力に気づきました。いかにもショパンな音楽だけど、あまり世間一般的に誰でもかれでも知っている、という曲ではないもので、誰か良いプロを滑ってくれたらいいなぁ、と思います。

2013/05/09 (木) 10:46:18 | URL | まる子 #AlmolxDE [ 編集 ]

作品9−2

ベストオブクラシックみたいな選曲はイヤですね。自分が選手だったら(実際は運動オンチですが)ありえません。

過去の選手がなんども使用してる曲を選択するケースも多いですが個人的には信じられません。魅力的な曲は星の数ほどのこされているのに。

さて今年もはや5月、振り付けの時期ですね。片割月選手は来シーズン、フリー、ショートそれぞれどの曲で滑られますか?


2013/05/10 (金) 02:05:47 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

「表現力」は結局「技術力」


彼女の演奏は難所にさしかかると音が濁って不明瞭になってくるので、「もう一声」はつまるところ技術的なものではないでしょうか。

Evgeny Kissin - Chopin Étude No 12 in C minor, Op 10
http://www.youtube.com/watch?v=7u6iXQ5_MCA

あるいは、もっと技術的難易度の高い曲↓なら粗がくっきり出るのでわかりやすいのかも。

Evgeny Kissin La Campanella
http://www.youtube.com/watch?v=M0U73NRSIkw

Valentina Lisitsa Paganini-Liszt La Campanella
http://www.youtube.com/watch?v=MD6xMyuZls0

2人ともなかなか派手にミスをしていますが、音の粒立ちの差はLa Campanella と割れ鐘くらいの違いはありそうです。
個人的には、この曲は4-3同様、若い男性ピアニストでないと最低限の技術的ハードルを越えることは困難ではないかと思っていますが。

おまけ
Ingrid Fujiko Hemming La Campanella (
http://www.youtube.com/watch?v=xNzzF0M5hB0

・・・・・何も言うまい・・・・・。

2013/05/10 (金) 09:24:59 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: 革命エチュード

ぱた様、こんばんは。

>早々とショートはノクターンのような曲と出てしまった

あ、でも、他の報道ではまだどんな音楽になるかは未定とか、

クラシック音楽になるだろうけど、まだ分からないとか、ですよね。

タラソワさん、過去の名プロから選曲する可能性は高いですよね(^。^;)

革命エチュードとは言っても、あのようなアレンジであればロシアは気にしないのね(^<^)

英雄ポロネーズ、どうして使われ無いんでしょうね?

2013/05/11 (土) 00:34:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 英雄ポロネーズ

>テレビアニメ「タッチ」(あだち充原作マンガ)での、ヒロインのみなみちゃんの新体操シーン

し、知らないわ、わちきは。アニメ音痴なのね(^。^;)

>よく耳にする音楽にはちょっと困った副作用がありますね。

まさに、「あるある!」的連想ですね。分かります^^

>最近になってマズルカとバラードの魅力に気づきました

特に、マズルカは何と言いましょうか…ショパンのディープな世界ですね。

マズルカロ短調(作品33の4)など、めちゃ、シブイです。

2013/05/11 (土) 01:30:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 作品9−2

コンチェルト様、こんばんは。

>過去の選手がなんども使用してる曲を選択するケースも多いですが個人的には信じられません。魅力的な曲は星の数ほどのこされているのに。

おっしゃること、分かりますよ^^

ただ、五輪は特別で…過去の実績から鑑みても、

どうしてもベッタベタな名曲、手垢まみれの有名曲を持ってくるのは無理もないかも(^。^;)

>片割月選手は来シーズン、フリー、ショートそれぞれどの曲で滑られますか?

刺激されるなあ、妄想が(^<^)

わたしだったら…ショートは大河ドラマ、「篤姫」のオープニングテーマ曲で、
フリーはテレビドラマ、「jin-仁」のオープニング曲で。
ガッハッハ(-^〇^-)

2013/05/11 (土) 01:44:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 「表現力」は結局「技術力」

ドロンパ様、色々と良き実例をありがとうございます(^ー^;)

> ・・・・・何も言うまい・・・・・。

はい。何をか言わん。言わぬがホトケ、ホットケ、…。。。

ただ、ミスタッチもミスタッチによりけり、時と場合によりけりなんですよね。

近じか、その例をアップするつもりです^^;

あ、言ってしまった/(-_-)\

2013/05/11 (土) 01:48:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

トーシロの ひとりごと

片割月様、ぱた様、皆様のコメントを読んでなるほど~と思いました。

ショパンコンクールに対抗して、チャイコフスキーコンクールを創設した歴史もありますしね。

勝負曲選びの何と難しいこと…。
曲に左右されない絶対的な圧勝なら問題ないのですが
なかなかそうもいきませんしね。芸術点の微妙な争いもあるだろうし。

2013/10/09 (水) 14:13:48 | URL | だんだん #- [ 編集 ]

Re: トーシロの ひとりごと

だんだん様。

当り前ですが、選手が演じ易い曲、好きな曲を選べば良いのしょう。

しかし、ファンの気持ちはまた別なんですよね^^

コンチェルト様のご意見も一理あるかと。

五輪シーズンに、耳にタコが出来るほど、すっかり使い回しされたベタな曲が集まるというのは、

ちょっと、残念と言えば残念な展開です。

もしかすると、観客にウケる曲であればジャッジにも良い影響を与えるだろう、

との思惑もあるのかもしれません。

そうだとすれば、選手にそう思わせる雰囲気が問題と言えるかもしれませんね。

2013/10/11 (金) 01:27:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

最新コメント

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR