フィギュアスケートのアレコレ





日本スケート連盟より2013~2014シーズンの強化選手が発表された。

特別強化選手
羽生 結弦 高橋 大輔 
無良 崇人 織田 信成 
小塚 崇彦 町田 樹 

浅田 真央 村上 佳菜子 
鈴木 明子 宮原 知子 

強化選手A
中村 健人 佐々木 彰生
田中 刑事 日野 龍樹
宇野 昌磨

西野 友毬 本郷 理華
加藤 利緒菜 松田 悠良

強化選手B
村上 大介 川原 星
本田 太一 中村 優
山本 草太 山隈 太一朗
石塚 玲雄

庄司 理紗 今井 遥
新田谷 凜 大庭 雅
樋口 新葉 三原 舞依
坂本 花織 紀藤 裕香

アイスダンス特別強化選手
キャシー・リード クリス・リード

ペア強化選手B
髙橋 成美 木原 龍一
(以下略)


ソチ五輪に出られる年齢の宮原選手はシニアデビューなんでしょうね?シーズンベストが24位以内なのでGPS1大会は出場権があります。もう1大会は主催側の招待待ち。課題はあれど、伸び盛りの宮原選手。楽しみです。

前にも触れたことがありますが、ミニマムスコア制やシーズンベスト制には疑問があります。何故なら明らかに不公平だからです。大会によって技術審判の判定に温度差があることは2013世界ジュニア選手権の例でも判明しています。

しかしISUは、異なる大会の異なる審判による採点を「普遍化?」しようとの意図が見受けられます。すなわち、「A大会のPCS58点とB大会のPCS58点は同じ評価」とみなしているわけです。理想はそうなのかもしれませんが。。。

シーズンベストが出ると、キスクラで選手とコーチが手を取り合って喜ぶシーンをよく見ます。これはシーズンベストそのものを喜んだというよりも、自分が納得の行く演技が出来て、実際に採点でも高い評価を受けたことを喜んでいるのだと思うのですが、どうなんでしょうね。

強化選手Aに新顔が何人も(#^.^#)。佐々木選手や中村選手、田中選手にNHK杯出場のチャンスがあるといいですね。宮原選手と同年でライバルの加藤選手や、本郷選手はシニア移行なのでしょうか?

私は加藤選手はグングン伸びて行く予感がしています。彼女のジャンプやスピンなど素人目には「スジが良い」と見るのですが、どうでしょうか?ステップワークや表現技術はイマイチな感じがしますが、これは経験を重ねることで何とでもなると思います。

今井遥選手は強化Bになってしまいましたが、ワールドスタンディング24位以内ですのでGPS1大会は出られます。昨シーズンは故障があったとの噂を聞きますが、頑張って欲しいですね。

怪我があったとかで昨季はあまり活躍が出来ず、強化選手から外れてしまった佐藤未生選手。最近の若手女子には珍しい、豪快な滑りとジャンプが持ち味。私は彼女に注目しています。

女子のソチ五輪代表争いも熾烈になるでしょうね。浅田選手が代表に最も近い位置にあるとは思いますが、力的に他の選手達とさほど大差があるとは思えません。鈴木選手・村上選手に加え、昨全日本3位の宮原選手は伸び盛りですし、安藤美姫選手だって「地力」がありますのでジャンプが決まれば高い評価を受けることは間違い無いでしょう。

代表選考基準はたぶんバンクーバー五輪時と同じなのでしょうが、やはり、全日本の順位でほぼ決まるんでしょうね。私はそれで良いと思っていますが。


国際スケート連盟よりCommunication No. 1790, SINGLE & PAIR SKATING Scale of Values, Levels of Difficultyand Guidelines for marking Grade of Executionが発行された。

①ステップですが、「Two different combinations of 3 difficult turns (rockers, counters, brackets, twizzles, loops) quickly executed with a clear rhythm within the sequence」

「quickly」が外されました。音楽の緩急、リズムの変化に応じてステップワークも遂行されるべきである、との意図をより明瞭にしたということでしょうか?当り前と言えば当り前にも思えます。quicklyがあると「常にquicklyでなければならぬ」と解釈も出来ますから。

②フリップ&ルッツのエッジエラーに対するガイドライン…最終的なGOE の±は制約されないエラーとして「"UNCLEAR EDGE TAKE-OFF F/Lz (no sign)"="-1"」を新たに追加。すなわち、テクニカルパネルの判定に必ずしも囚われずにジャッジパネルは自主的に裁量出来る…この方向がより明瞭になったということでしょうか。

ジャッジの裁量が拡大されて行くことは、採点の精度をアップする上でベターなことなのか否か、私には良く判りません。一つ言えるとすれば、その分だけジャッジの審査能力の向上が強く求められるということです。

GOEでプラスが並ぶ中でー2を出したり、PCSで他のジャッジが7.00点台を出している中で、5.00点台を出したり等、「トンデモ採点」をするジャッジをしばしば目にしますが、大丈夫なんでしょうかね?

今回のルール改訂を受けて、一部のファンが「ヨナルールだ!」と見なしています。曰く、「ステップのルール変更はヨナ選手のノロノロステップを擁護」「エッジエラーに対するジャッジの裁量拡大はヨナ選手の不正フリップを見逃す大義名分」とか主張していて驚きます。

そんじゃあ、「ショートプログラムでの(2Aor3A)や、フリープログラムでの2A3回→2回まで等」は、「真央ルールかよ?」と混ぜっ返したくもなります。ところが、これに対しては、「ISUはあたかも真央ルールを装いつつ、実際は厳罰の判定で回転不足にする陰謀なんだよ」と来ます。いやはや。。。フィギュアスケートのルールがヨナ選手と真央選手の二人の為だけに存在しているかのような誇大妄想と錯覚。

しかし、この手のファンを増やした原因と責任はISUや各国連盟にもあると私は思います。

私は基本的にジャッジを信頼してフィギュアスケートを観戦しています。それはそうだ。ジャッジが信用出来なかったら試合を見る意味がありませんし、全世界の何千何百のスケーターやコーチ達だってジャッジを信頼している中で日々鍛錬しているわけですしね。

ちなみに、私は大相撲は見ません。アレは八百長としか思えないから。相撲取り一人ひとりに対してどうこうはありませんが、8勝7敗式のやり方や、天国と地獄の給与制を見れば、八百長が無い方が不思議。私が相撲取りだったとしても、「星のやり取り」をしたくなりますよ。生活もかかっています。

それはそれとして。。。別に「ジャッジは八百長、陰謀」ではなくても、フィギュアスケートにおける採点が「不透明」と感じるファンが多いことは事実です。

不透明とは、不正とかではなくって、「どうしてこのような判定、採点になるのか、いくらルールを勉強しても、その演技を何回見直しても分からない」という点に尽きます。

コーチや元選手も、色々と解説をしてくれますが、最終的には「ジャッジにしか分かりません」となります。

つまり、採点結果を見て、「きつねにつままれた思い」をするのはファンだけとは限らない、ということですね。

私はこれが芸術界のバレエとかピアノのコンクールであれば、「ジャッジだけが分かっている」状態でも良いと思います。何故なら、芸術は大衆性と相反する場合がしばしばあるからです。万人が分からなくても良い、分かる人が分かれば良い、との「居直り」が可能な世界…それが芸術の世界でもあるからです。

しかしスポーツ競技は違うと思います。ルールを勉強し、何度も競技を見れば誰でもほぼ優劣や勝敗が分かること…つまり、透明性、大衆性の度合い、親和性が高いこと…それがスポーツ競技の要諦と思うからです。

「君ィ、採点競技とはそういうものだよ」ですか?

なるほど。そうかもしれない。しかし、フィギュアスケートの発展を願っているはずのISUや各国の連盟が「採点競技とはそういうもの」で済まし、「分からないのはファンが不勉強だから。ファンには所詮、分からない」ような姿勢をとるのであれば、甚だしい怠慢・傲慢と思います。これでは「ジャッジは八百長、陰謀だあ!」と唱えるファンは減らないですね。

もっと情報の開示への努力をしてくださいまし。これしか「対策」はありません。

「不可解採点?」に接した場合、「もっとルールや技術について勉強し、見る目を養おう」とするよりも、「これは採点ルールとジャッジがオカシイのだ。エコヒイキか不正があるのでは?」と考える方が楽であり、安上がりであり、耳にも快く、陰謀論の落とし穴に嵌る危険があります。

「君ィ、フィギュアスケートは芸術的スポーツだからね」ですか?

確かに芸術的雰囲気はあるかもしれないけど、芸術では全くありません。あくまでスポーツ競技です。フィギュア関係者が「芸術性」を云々すると、あたかも「採点の不透明性」を擁護しているように誤解されますから止した方がよろしいかと存じます(苦笑)。それに、演技構成点は芸術点ではありませんよね。

関連記事
スポンサーサイト

2013.05.07 | | コメント(7) | トラックバック(0) | ルール・採点・技術関連



コメント

加藤選手

片割月様、こんにちは。

私は、宮原選手を含めて今ジュニアの選手の中では、加藤選手がイチオシです。
ジャンプは失敗しないし、スピンはものすごく綺麗ですよね。
何より買っているのは、メンタル面の強さです。落ち着きです。
ゆかりんにそっくりなのも、応援せずにはいられない理由ですが。

ジャッジングについて。

以前、レイチェルフラットのトムコーチに「何故、レイチェルのフリーは五輪でDGをあんなにもらってしまったのか」と、メールで質問をしたことがあります。トムコーチは公開されているブログで説明をしてくださいましたが、結論は「分からない」とのことでした。
選手を指導するコーチとしても分からないことがあり、フラストレーションがたまることもあるとおっしゃっていました。
トムコーチが提案されていた改善案としては、ジャッジが判定に使うのと同じ映像画面を、会場にも付け、みんなが見れるようにするだけでも、改善されるだろうということでした。フットボールでもそれを使っているのだそうです。

ワールドのとき、会場近くの日本食やさんで、山田満知子コーチが関係者と一緒に食事をされていました。そのとき、「ループがねえ、あのときはねえ、とってもらえたんだけどねえ、今回はねえ、どうなるかしら」と、手振り、身振りをしながらしきりに話されていました。
おそらく、村上選手のループについてのお話だと思うのですが、山田コーチであったとしても、試合毎に替わるジャッジングがどうとるか、それは分からないようですね。

2013/05/08 (水) 00:36:22 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

Re: 加藤選手

びっぐあぷる様、こんばんは。

>加藤選手がイチオシです。

おお、そうでしたか(#^.^#)

私の好みではイチオシが佐藤未生選手で、その次が加藤選手かな^^

>ゆかりんにそっくり

そうそう、ホント!

風貌もメンタルの強さも?似ていますよね~~(^<^)

トムコーチ情報、ありがとうございます。

いやあ、びっぐあぷる様はとても行動的ですね。

会場に同じモニター画面を設置する件、賛成です(^_^)ノ

ウーム。村上佳菜子選手のループジャンプは素人目にも微妙な場合がありますしね(^。^;)

アシュリー・ワグナー選手も以前はしばしば回転不足を取られていたけど、

最近は、滅多に取られなくなりました。

村上選手もジャンプが「あと少し」変われば、とても強い選手になるでしょうね。

何といっても、あの豊かな表情と表現性は得難いものがありますし。

2013/05/08 (水) 01:49:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

こんにちは!

こんにちは!
本論とぜ~~んぜん関係ないツッコミかもしれませんが、強化選手は男子・女子で改行されているのかな?強化Aの松田 悠良選手、男子にカテゴライズされちゃってますよ~。

強化選手一覧を見て思うのは、一時の男子と女子の勢いが逆転していることですね。男子選手のほうが強化選手が多い!もちろん、女子も熾烈な争いであることに変わりはありませんが、ここ1~2年の間に男子選手が猛烈に育ってきているということは感じます。テレビ放送の時間も、だんだんと男子が増えてきてますが、来シーズンはもっともっと放送時間を増やして、多くの若手選手を放送してほしいです。
女子選手は、私も佐藤未生選手に大注目、そして加藤選手にも注目してます。宮原選手は今後の体の成長が気になりますが、現在の得点源である高難度ジャンプよりも、彼女の表現が好きですね。世界ジュニアでは、1人だけシニアのような演技力を発揮していたと思います。1シーズン前のタンゴも年に不相応かと思いましたが、とても素敵でしたし、今年のジュリエットには泣かされました。衣装や選曲もセンスがいいので、チームのバックアップ体制も良いのかも。ただ、ベテラン選手(というには村上選手も浅田選手も若いけど)もみな大好きなので、ソチはちょっと待ってほしいよ~というのが本音(笑)。

ルール変更や採点疑惑については私は不勉強で意見できませんが、情報開示には賛成です。私は、出来れば試合後のラウンドテーブルディスカッション(でしたっけ?)を、文書で公開してほしいなと思ってます。これって、ジャッジ同士で採点について話し合ったりしてるんですよね?

「このPCS、あなただけ5点台で他のジャッジは7点台ですよ?ナゼですか?」

「それは、これこれこういう理由から断固として5点台は譲れないと思ったものです」

な~~んていうやりとりが公開されたら、不正なんて誰も思わないと思いますが、出来ないのでしょうか?会議の録音を文字に起こしてWEBで公開するなんて、お金のかかることじゃないと思いますけどね。

テニスの「ホークアイ」みたいに、回転不足判定を映像解析で示せたらすごく面白いでしょうけど、これはどうも、単にラインを超えた超えないというような単純な問題ではないようなので、出来ないでしょうかね。

2013/05/09 (木) 10:28:04 | URL | まる子 #AlmolxDE [ 編集 ]

とあるスポーツファンですが…

不正や誤審の無い競技というのはむしろ珍しいしょう。陸上競技のように選手自身がその場でその身で一等賞をもぎ取る競技では順位こそ操作しようがなくとも一方でドーピングは色々なものが摘発されたりされなかったり。箱の中を行ったり来たりするだけの単純な競技である水泳も、記録が頭打ちになってくると、屁理屈のような泳法規定が新たに盛り込まれたりとか結構ありますし、一見勝敗が明確に見えるサッカーでも1試合のうちに誤審としか思えないPKを何度も取られたり、ゴールを揉み消されたりってことはありますし、近年サッカーの本場欧州では何百件と八百長が摘発されて大騒ぎ。アジアでも審判が追放されたりしています。しかし一方で、では八百長が無くなって競技の人気が維持できるのか?清廉潔白になれば楽しい競技になるのか?では何故プロレスを観る人がいなくならないんだ?と言い出す人がいる。大相撲もきっとそうでしょう。そういった世の中で、得点の上下幅が非常に大きいこのフィギュアスケートというスポーツが懐疑的な目で見られてしまうのは仕方がないのかなと思います。まして、ゴールデンに枠を取って放送するような人気スポーツとなればこれはもう留まることを知らない。そして、ジャッジを信じる側も彼らに対抗するように極端な事を言っているケースが多くある。特にスケートファンを見ると特定の選手を熱狂的に応援する人も、ジャッジを信頼している人も試合の度にいつも言うことが二転三転して馬鹿みたいだなあと思います。両者とも全く同じに見えます。どちらも自分の言い分を押し通したいだけでなく、相手を蹴落として優位に立ちたいのだろうな、と思いますもん…。

2013/05/10 (金) 16:44:01 | URL | そうた #- [ 編集 ]

教えてください

そうたさん

>ジャッジを信頼している人も試合の度にいつも言うことが二転三転して馬鹿みたいだなあと思います。

こういうことを書きこむということは、それなりの覚悟があってのことだと思いますが、二転三転しているという具体例を挙げてください。

私は陰謀論者と直接コミュニケーションをとったことがありますが、彼らは大別すると二つのパターンに分類できます。
①根拠をろくすっぽ確認せず即断する
②情報に対して受け身

あなたの文章を読む限り私には①に該当しているように見えます。
つまりあなたは陰謀論者と思考パターンが同じレベル、ということです。この私の見解を否定したければ、我々を「馬鹿みたい」とする根拠、つまり具体例を教えてください。

2013/05/10 (金) 20:52:26 | URL | きれじろう #EBUSheBA [ 編集 ]

Re: こんにちは!

まる子様、こんばんは。

松田悠良選手の件、ご指摘ありがとうございました。さっそく訂正しました(^^ゞ

>一時の男子と女子の勢いが逆転していることですね。男子選手のほうが強化選手が多い!もちろん、女子も熾烈な争いであることに変わりはありませんが、ここ1~2年の間に男子選手が猛烈に育ってきているということは感じます

そうですね!鋭い。
スケーターの数からすれば女子の方が圧倒的に多いハズなのに、どうしてでしょうね?

宮原選手は音楽のコンセプトをギュッと捉えるのが上手いですよね。これも才能かな?

>ソチはちょっと待ってほしいよ~というのが本音(笑)

はい。それは言える(^_^)ノ

が、将来のことを展望した場合、「若手」が一人選ばれるのも、悪くないかもよ^^

>出来れば試合後のラウンドテーブルディスカッション(でしたっけ?)を、文書で公開してほしいなと思ってます

あ、グッドアイデア!!
まあ、一部伏せたいこともあるでしょうけど、原則、オープンにすればむしろジャッジへの信頼度は
高まると思うけどなあ。。。

>テニスの「ホークアイ」みたいに、回転不足判定を映像解析

今は難しくても、こうした技術は進歩しているから、いずれ可能になると思います。

2013/05/11 (土) 01:20:26 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: とあるスポーツファンですが…

そうた様、こんばんは。

「とあるスポーツファン」とおっしゃる割にはフィギュアファンの動向を良くご存知な様子ですが(^。^;)

私もきれじろう様と同じ見解です。


2013/05/11 (土) 01:54:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR