2つの演奏:エンターテイナーかアーティストか




曲名:ピアノ協奏曲ト長調・第三楽章
作曲:モーリス・ラヴェル(1875~1937)
作年:1931年



バーンスタインの弾き振り



チェリビダッケ指揮、ミケランジェリ演奏

バーンスタインによる演奏はミスタッチもありますが、こういう曲ならさして気にもなりません。何より音楽の楽しみ、演奏の楽しみが良く伝わってきます。観衆に対し、「こ難しい理屈は抜きに楽しんでヨ!」と言っているかのようだ。言わばネアカの演奏。

それにしても、こんなに難しくて忙しい曲を演奏しながらよく指揮するヒマがあるものです。手が使えない時は顔で指揮しています(-^〇^-)

片や、一癖もふた癖もありそうな風貌をした二人の大家の組み合わせによる演奏は禅僧の勤行の如きスタイルです。ミケランジェリのピアノ演奏にはミスタッチは見当たらず、澱みの無い高質な音が聴こえて来ます。

こちらは観衆に対し、「神妙に聴き給え。これぞ深遠なる芸術であるゾヨ」と言っているかのようだ。言わばネクラの演奏。

どちらの演奏が良いでしょう?それは、「どちらの演奏なら2万円のチケット代を払って聴きに行く価値があるか?」でもあります。

で、この華やかにして明朗、特急列車のような難曲はアメリカの暴走スケーター、こと、マックス・アーロン選手に是非とも!!

トリビアな知識。
ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調・第三楽章からはゴジラのテーマ音楽にソックリな音型が聞こえて来ます。というよりも、ゴジラのテーマ音楽がこの曲にソックリなんですね。

ゴジラこと、松井秀喜が登場する時に流れていた音楽です。動画はここです


関連記事
スポンサーサイト

2013.05.31 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

どちらの演奏なら2万円

片割月様

2万円も払えませんが払うんだったらミケランジェリですね。 
でもキャンセル常習犯だったそうですね。
オペラ歌手のキャンセルはわかるけど、、、。
パバロッティがよくキャンセルして批判されましたが、あるインタビューで、スカラ座で声がひっくり返ったときのことを、「あの時は無理とわかっていて友人に頼まれて受けてしまった。無理はいけない」 と言っていました。カナダのテナーへプナー(ワグナー歌手の一人)は、リサイタルの途中でやめたこともあります。
ミレッラ・フレーニのリサイタルのチケットを買って楽しみにしていたら、キャンセル、肉声が聞けず残念! オペラ歌手の場合はわがままでなく、仕方ないと思います。 METのオペラ「つばめ」でアンジェラ・ゲオルギューの体調が悪く、その前の二回の公演をキャンセルしていたのですが 始まる前に劇場側が、「本日はそれを押して歌っていただきます」 と挨拶。
やっぱり、安心して聴いていられませんでした。

鬼気迫る、と言う感じではないですが、ラドゥ・ルプーのピアノを聴くたびに感動します。
「神妙に聴きたまえ」というえらそうなところがなく「われ関せず。媚を売るわけでもなく(Lang Langはパフォーマンスが過ぎる)Doing my own business」といった印象で、淡々と、時に口ずさみながら弾いていますが感動します。 

  

2013/05/31 (金) 06:02:09 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

どちらの演奏なら2万円

この演奏の対価として私が支払う上限は、ミケランジェリには100マルク(当時のレートで約7000円)、バーンスタインには30マルク(約2000円)が上限というところです。
バーンスタインは演奏家というよりは作曲家ですねえ、やはり。

2013/05/31 (金) 23:14:16 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

ミケランジェリに1票

上の方も楽しいですけど、やっぱり下の方の方が好きです。
理由は多分・・・ネクラだから?
いえいえ、下のほうがテンポが遅くて曲の変化がきっちりしているので・・・好きですね。
この曲凄いかっこいいなあ~って思わせてくれる、ワクワクします。
上の方は確かに楽しそうですね。疾走感がありますね。

ということで、ネクラに1票!

片割月様はどちらがお好みですか?

2013/06/01 (土) 01:09:20 | URL | サンゴ #- [ 編集 ]

Re: どちらの演奏なら2万円

>払うんだったらミケランジェリですね。

あ、やっぱりそうですか(^<^)

まあ、ピアニストとしての腕前はバーンスタインよりずっと上でしょうし。

私はこの曲を初めて聴く人には断然、ミケランジェリを勧めますよ。

生演奏は聴けなかったけど、CDでも彼の演奏は素敵です。

日本への「引越し公演」では、主な歌手の「代打」を必ず連れてきますね。

当日になって、歌手が変更になることはしばしばありますね。

ルプーさんの生演奏は聴いたことがないので実際のところは分かりませんが、

CDではシューベルトのピアノ曲で良い演奏を聞かせてくれます^^

2013/06/01 (土) 21:01:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: どちらの演奏なら2万円

ドロンパ様、こんばんは。

> この演奏の対価として私が支払う上限は、ミケランジェリには100マルク(当時のレートで約7000円)、バーンスタインには30マルク(約2000円)が上限というところです。

なるほど。

ただ、彼等の演奏は一流オーケストラとパックですので、日本で良い席だと最低でも1万はかかるでしょうね。

> バーンスタインは演奏家というよりは作曲家ですねえ、やはり。

はい。そして一流の指揮者でもあります。

2013/06/01 (土) 21:05:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ミケランジェリに1票

サンゴ様、こんばんは。

フフ。。やはりサンゴ様もミケランジェリですね。

彼の完成度の高い演奏の方が「作品」として聴き応えがありますし、

ラヴェルの曲の華麗さや粋な明るさを浮き彫りにしていると思います。

私も60対40で、ミケランジェリですよ。私はどちらかと言えばネクラだから(^Д^)

でも、聴いて理屈抜きに興奮するのはバーンスタインの方かもしれません。

2013/06/01 (土) 21:15:37 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Both good, but I have no money

こんにちは

どちらも聞きたいですが、不如意なので、各々、後ろ隅でいいから3000円ずつ、ということで。

 バーンスタイン氏は、実演を聞かないとホントの良さが分からないんだろうなと推察しますが、もはやその機会はのぞめず、残念。

 ちなみに話題に上っているルプー氏は、「静かで強い」不思議な音。 聞くと、中国のカンフー映画で、ヨボヨボなじいさんが、マッチョな輩をヒョイヒョイと「気」で吹き飛ばすシーンが思い出されます。(=何のアクションもなしに、ちょいと手先をひねると、バーッとパワーが出る感じ)

 何のこっちゃ、と思うでしょうが、まだ現役のはずですから、機会があればおすすめします。(=CDでは無難という以上の感想がもてないです。)

2013/06/11 (火) 22:18:55 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

Re: Both good, but I have no money

MILLAN様、お久しぶりです^^

>不如意なので、各々、後ろ隅でいいから3000円ずつ

なるほど!その手がありましたね(*´∀`*)

>バーンスタイン氏は、実演を聞かないとホントの良さが分からないんだろうなと推察しますが、もはやその機会はのぞめず、残念。

私も同感です。痛恨の極み(T_T)

>中国のカンフー映画

フ~ン。MILLAN様はこういう映画もご覧になるんですね^^

それって、ジャッキー・チェンですか?

彼は俳優として好きな方ですよ。

>まだ現役のはずですから、機会があればおすすめします

そうですね。で、3000円の席で(^Д^)

2013/06/12 (水) 00:37:42 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

もっと昔

>それって、ジャッキー・チェンですか?

ジャッキー・チェン氏とブルースリー氏の年代順も、記憶か曖昧になってきてますが、私が言っていたのは、それよりもっと昔のものでございます。

その昔は、そんな映画が時折TVでオンエアされておりましたが、月嬢がお生まれになる前のことかも知れませんな・・・ルプー氏の風貌が、そういう映画の名人に似ていたこともありヘンテコなたとえ話しになってしまいました。

どーも失礼しました。純粋に音楽をお楽しみください。

2013/06/12 (水) 21:22:02 | URL | MILLAN #- [ 編集 ]

Re: もっと昔

MILLAN様、こんばんは。

そうだったんだ。

そんなに昔からカンフー映画ってあったんですね^^

日本のチャンバラ映画みたいなものなんでしょうね。

>純粋に音楽をお楽しみください。

はい。合点承知のすけ(^Д^)

2013/06/13 (木) 00:38:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR