スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



猫宮黒埜著「フィギュアスケート・疑惑の高得点」を論ず②





「キム・ヨナ 疑惑の高得点」の項の続きです。

【アンケートの罠】

猫宮氏は2010世界選手権でも採点に大きな疑問を残した、多くのファンが思っていた得点と、現実の結果に違いがあったとしています。

そこで国際スケート連盟(ISU)と猫宮氏が自ら採点したものを比べ、どちらを支持するかという内容でアンケートを取るべく2つのプロトコルを公開した。


その肝心のプロトコルですが…本文にはどの選手の採点か、ショート、フリー、どちらの採点か、全く触れていません。猫宮氏が採点したプロトコルもありません。これは文章も未熟ですが、読者に極めて不親切です。

文脈から推測してキム・ヨナと浅田真央のフリー演技の採点と思われますので、そのつもりで論評を進めます。

そしてアンケート結果が以下のように記されています。

集計期間:4月1日~4月24日(2010年世界選手権直後)
公開場所:ウェブ上(ブログ「ときどき黒猫」)
投票方法:5つの選択肢より1つを投票(重複投票禁止設定)
投票数:1238票
投票結果
黒猫の採点が正しい   958票
どちらかと言えば黒猫  267票
どちらも正しくない      8票
ISUの採点が正しい     3票
どちらかと言えばISU     2票

この結果を受けて猫宮氏は「いかにジャッジが信頼を失っているかを証明する数字です」と断じています。

賢明な読者はこのアンケート調査の結果があまり意味のあるものでは無いと、一目見てすぐに判ると思います。

この場合、アンケート調査の母集団は「フィギュアファン」です。投票した1238名は母集団の実情を忠実に再現・代表したサンプリングと成り得るのでしょうか?

フィギュアファンを構成するのは、男子シングルのファン、女子シングルのファン、アイスダンスやペアのファン、キム・ヨナのファン、浅田真央のファン、その他の女子スケーターのファン、採点をほぼ妥当と見ているファン、採点に強い疑惑を抱いているファン等々…ざっと列記してもこれだけ様々なファンがいます。

「ときどき黒猫のブログ」をしばしば訪れ、時には投稿する「フィギュアファン」はある種の特定の意思や意見を持つファンであると容易に推測されます。何故なら、ブログ主は「採点に強い疑惑を抱いている」と主張しているファンであり、主に女子シングル競技を対象とし、キム・ヨナの採点に疑惑を抱いているファンだからです。

従いまして、氏のアンケートに答えた人達は「フィギュアファン」という母集団の実情を忠実に再現・代表したサンプリングと成り得るかどうかは明らかではなく、やはり、無理があると言えましょう。

単純に言えば、例えば「邪馬台国大和説」を主張するブログ主が、ブログを訪れる訪問者・読者にアンケートを取れば「大和説」が多いのが当り前であって、このアンケート結果をもって「大和説の支持者が多い」と主張しても何の意味も無いのとほぼ似ているわけです。

キム・ヨナファンの集まるブログでアンケートを取れば、かなり違った結果が出るであろうことは、誰にでも容易に推測出来ることです。

従いまして、「いかにジャッジが信頼を失っているかを証明する数字です」とするのは合理性を著しく欠く主張と言わざるを得ません。


【「多くの…」という表現の罠】

次に著者は、「(2010世界選手権のフリー演技での)浅田真央のトリプルアクセルーダブルトゥーループ(3A―2T)のコンビネーションンジャンプはDG判定(回転が足らず3回転なら2回転とされること)を受けました。競技を見ていた多くの人や、各国の解説者が確実に回ったと判断していたのですが、テクニカルスペシャリストの天野真氏の判断は違いました」と述べています。

猫宮氏は先にも「多くのファンが思っていた得点」と言い、ここでも「多くの人が…確実に回ったと判断」と、「多くの」という形容を用いています。

「多くのファン(人)」とは極めて不正確な表現です。自説を補強する為に私達は「多くの人が」とツイ表現することがあります。しかし、それを裏付けるデータは示されていません。ただ勝手にそう思っているだけであり、「そうあって欲しい」との願望の表れと見なされても仕方がありません。

私もツイ「多くの」を使用してしまう場合がありますが、かなりいい加減な表現です。「多くの」の安易な使用は避けた方が良いでしょう。せめて、「少なからぬ」とか「…というファンもいます」程度に抑制するのが妥当と思います。

そもそも、浅田真央の3A―2Tが確実に回っていたか否かを正しく判定出来る程の眼力を持つフィギュアファンがどれだけ居るのでしょうか?

また、例によって各国の解説者については何の出典も原文も挙げていません。こうした一方的な引用は読み手には不親切で何のことかさっぱり分からず、著者の完全な独りよがりです。責任ある書き手としての資質を疑いたくなります。

さらに、猫宮氏は天野真氏だけを名指ししていますが、フィギュアスケート競技でジャンプの回転不足判定を下すのは1人ではなく、3人の技術審判(テクニカルパネル)であることを明記しなれば、読者を誤解させます。

ジャンプの回転不足判定について、ファンが動画を切貼りしたり、静止画像を示したり等、侃侃諤諤やることがあります。しかし、いずれも決定打には遠く、判定が誤りか適切であったかを識別するのは非常に困難なことです。私も分かりません。「どうかな?」と思うことはあっても、それ以上は「判らない」とするのが、一番正直な意見と思っていますが。

猫宮氏は天野氏がカナダ在住であること、キム・ヨナの当時のコーチであったカナダ人のオーサー氏を天野氏が尊敬していること、ISUの副会長でありフィギュアスケートの最高責任者がフランス系カナダ人であることを列記し、お互いに接点の輪の中にあったと考えられる、としています。

私の感想は、「そうですか。で、それがどうしたと言うのでしょうか?。何が言いたいのか意味不明。」で終わりです。

(続く)

関連記事
スポンサーサイト

2013.06.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・ネタ関連



コメント

はじめまして

片割月様のことは某ブログでよく存じ上げていたのですが、直接お声かけするのは恐らく初めてではないでしょうか。

猫宮氏のブログには何度か訪れたことがあるのですが、私のように神経の細いヨナファンが長居できるような場所ではなく、氏の出版された本についても内容に興味はあれど買って読むのも悔しく、借りる相手もなく、どうしようか思案していたところ、このように詳しく内容を紹介して下さり、ありがたいことと思っております。

片割月様が最近巻き込まれた某ブログでの騒動、ROMにて存じ上げておりますが、筋が通り、真心がこもった正論ががかくも邪険に排斥されて良いものか、と傍観者ながら憤りを感じました。

一言応援を申し上げたくコメントさせていただきました。私のようなものと接点があると思われただけでも、片割れ月様の立場がより苦しくなるのではと危惧しますので、これにて失礼いたします。

どうぞ遠慮なくスルーしてください^^

2013/06/13 (木) 20:28:44 | URL | ピース #- [ 編集 ]

Re: はじめまして

ピース様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

あ、どこかでお名前は見たような(^。^;)

ピース様もブログをおやりになっているんですね。

ヨナ選手の大ファンなんですね。

私は誰の選手のファンであっても歓迎しますよ^^

どうぞ、ご遠慮することなく、お時間があればお越し下さい。

猫宮氏の著作については、誰のファンとか、ヨナ擁護とかジャッジ擁護とかではなく、

ただ、私が率直に感じたことを述べて行くだけです。

2013/06/13 (木) 23:37:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。