スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



暑苦しい夜には、ア・カペラは如何?







曲名:アヴェ・ヴェルム・コルプス(Ave verum corpus)
作曲者:ウィリアム・バード(William Byrd, 1540年?~1623年)

Ave verum corpus natum de Maria Virgine. めでたし、乙女マリアより生まれ給ひしまことのお体よ。


以前に取り上げたモーツァルトのモテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」はとても有名ですが、ルネサンス末期のイングランドの作曲家、ウィリアム・バードの曲も実に素晴らしい音楽です。

特に、後半の「ミゼレーレ(憐れみたまえ)」の箇所では、各声部がポリフォニックに織り成す調べが深く心に迫って来ます。

何故かイギリスはドイツ・オーストリア、イタリア、フランス、ロシア等と比べ、「大作曲家」がまあり居ません。不思議です。

そんな中で、バードはイギリスを代表する名作曲家でしょうね。

「大作曲家」が少ない代わり、コーラスは盛んなようです。この動画ではイギリスを代表するコーラスグループ、「タリス・スコラーズ」が合唱しています。

他にも、「ヒリアード・アンサンブル」等、イギリスからは多くの名コーラスグループが輩出しています。これもイギリスの伝統かもしれません。ビートルズのコーラスも中々きれいでしたが、こうしたイギリスの伝統が背景にあるのかもしれません。

蒸し暑い夜は「ア・カペラ」が涼やかに聞こえます。



関連記事
スポンサーサイト

2013.08.15 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 音楽



コメント

バード・・・

ハイ、ハイ!ウィリアム・バード大好きのコンチェルトです!!知人と「いつかルネサンス期の宗教声楽曲を歌う小グループ作りたいね!」と語り合って、はや5年?なかなか実現しません(泣)

わたしは、彼の作品でもあまり取り上げられない「Infelix ego」のファンで、そのめずらしい録音を入手するために、ソールズベリーまで行ったことあります。イギリスで他の用事もありましたが。

楽譜のはケンブリッジの・・・で入手できることは解っています!

片割月さんも一緒にやりませんか!

いつかね(笑)

2013/08/15 (木) 22:51:48 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

宗教音楽・宗教画

片割月様

いろいろと守備範囲が広いですね。
宗教画、壁画、祭壇画もそうですが、宗教音楽ももうひとつぴんときません。クリスチャンでない限り基本的にキリスト教が血の中に入っていないので?ヨーロッパの由緒ある教会の壁絵を見ても絵画としてみていて、その壁絵のストーリーが読めないので正直、ただ眺めているだけです。よほどの日本通でない限り日本を旅行するカナダ人がお寺は2~3箇所で十分と言う気持ちがよく解ります。
音楽もクリスマス前はどこのコンサートホールも恒例のメサイアで、打てば必ず客がはいります。ハレルヤコーラスで皆が立ち上がるので私も解ったような顔して立ち上がりますがイマイチです。
日本はなぜだか12月は第九ですよね。音楽評論家も不思議がっていました。日本はクリスチャンが少ないのでメサイアは無理でしょうね。
「いや~12月はメサイアでしょう!」と知識人が言えばはやるかもしれませんよ。

2013/08/16 (金) 01:27:24 | URL | kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: バード・・・

コンチェルト様。

>「いつかルネサンス期の宗教声楽曲を歌う小グループ作りたいね!」と語り合って、はや5年?

素敵な夢ですね!ヽ(^0^)ノ

歌も上手なんですね。

>片割月さんも一緒にやりませんか!

あたしゃ、カラオケでドラ声張り上げて歌うレベルですので、トテモトテモ(^。^;)

音楽誌にはそうした同好会やらグループの活動やメンバー勧誘のコーナーがありますね。

山登りでも同じように「山の会」が沢山あるように。

山好きの友人に誘われて一度だけ山の会を覗きに行ったけど、

ああいう独特の雰囲気、私はダメだわヽ(´o`;

2013/08/16 (金) 19:14:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 宗教音楽・宗教画

kan-kan様。

>ヨーロッパの由緒ある教会の壁絵を見ても絵画としてみていて、その壁絵のストーリーが読めないので正直、ただ眺めているだけです

ああ、おっしゃること、分かりますよ。

そもそも、神社仏閣をお参りする日本人観光客だって、似たり寄ったりでは?

仏教史や仏教美術の勉強をしないと、やはり、ただ漫然と眺めているだけですね。

なんとなく雰囲気だけ味わうという感じで。

音楽の場合は、あまり難しい知識が無くても、好きになれるものは好きになれるという感じでしょうか。

ルネサンス時代の宗教音楽には、その時代特有の調べや響きがあって、

それが不思議と味わい深いです。

「ハレルヤ」は華麗で壮大な音楽だから、第九と同様、一体感を味わうには良い曲かもしれませんね(*^。^*)

2013/08/16 (金) 19:27:13 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。