スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



①パトリック・チャン選手の「四季」に関して。②もう一つの「シェヘラザード」。





パトリック・チャン選手が新フリープログラム「四季」に寄せる強い思いや、昨季の「ラ・ボエーム」について語ったソースはこれだったんですね。

サイトはここです

「La Boheme, Chan said, felt like “it dragged along. The way the music was cut, the footwork was a bit slower than normal and the ending choreographic step sequence wasn’t necessarily fast and upbeat.” He’s now doing his signature footwork sequence at the very end of the program to uplift the crowd and judges and perhaps even himself.」

如何にもチャン選手らしい率直なコメントですが、これでは振り付けたデヴィッド・ウィルソンは立つ瀬がないって感じですね(^_^;)

ショートプログラムの「悲歌」だって「a bit slower than normal」って感じがするけど、そこは滑る本人にしか分からない微妙なものがあるのでしょうか。

「表現」という点では「四季」は「ラ・ボエーム」よりは守りに後退した印象がありますが、「技術」ではより高度で難しいものを目指しているようですね。チャン選手らしい戦い方かもしれません。(しかし、振付師をニコルからウィルソンに変えたのは何の為だったのかな?)


ともあれ、本人が「オリンピックで滑るのは『四季』以外に無い」と心から確信しているのであれば、もう何も言うことはありません。見守って参りましょう。


今季、何人のスケーターがリムスキー・コルサコフの「シェヘラザード」を使うのでしょうか。ロシアのソチということもあって、ロシア音楽が多用されるのは分かります。それにしても、「シェヘラ」の盛況ぶりは何と言いましょうか、猫も杓子も、に近いものがあります。

日本人選手も、特に女子は、横谷花絵さん、小岩井久美子さん、伊藤みどりさん、安藤美姫選手、浅田真央選手と、「シェヘラ」は好んで使われて来ました。

旋律線が明快で、ドラマティックで、振付師からすれば音楽のパッチワークが容易であり、ジャンプ、スピン、ステップの置き場所が見つけやすいからでしょうか。

ご存知かもしれませんが、「シェヘラザード」はモーリス・ラヴェルも作曲しています。知名度ではコルサコフのものより遥かに劣りますが、それは曲そのものの出来映えとは関係ありません。

私の勝手な独断では、むしろラヴェルの方がずっと「芸術的」です。


歌曲集「シェへラザード」より、1曲目「アジア」

作曲者:モーリス・ラヴェル(1875~1937)
曲名:歌曲集・シェヘラザード(独唱と管弦楽)
1曲目「アジア」、2曲目「魔法の笛」、3曲目「つれない人」
作年:1903年。

聴けば分かりますように、こちらはコルサコフのものより作曲手が込んでいます。音楽のタッチは目がつんでいて、極めて繊細です。

なお、この動画の演奏と歌は名演です。

テキストはシラビックに、しばしば、歌うというよりも、レチタティーヴォに近い方法で音楽づけされ、オーケストラのモチーフによって下支えされています。

この為、明快な旋律線が聴こえず、ラヴェルが大いに影響を受けたドビュッシーの音楽のように、ファジーな調べになっています。

これではフィギュアスケートには使いにくい。

しかし、レイチェル・フラット選手がローリー・ニコル振り付けでドビュッシーの「海」を演じた例もありますから、いつか、誰かがラヴェルの「シェヘラ」で演じてくれたら、ある意味、受けるかもしれません。

エキゾティックな風貌をしているロシアのトゥクタミシェワ選手とか。


関連記事
スポンサーサイト

2013.09.04 | | コメント(6) | トラックバック(0) | パトリック・チャン



コメント

チャン選手の音楽性、感受性

片割月様

>如何にもチャン選手らしい率直なコメントですが、これでは振り付けたデヴィッド・ウィルソンは立つ瀬がないって感じですね(^_^;)

陰でこんなことを言ったら大変でしょうね。
音楽性、感受性の違いで、当然ウイルソン氏と話し合っていると思います。それで今回は無機質的な四季ということに。そのほうがチャン選手にはカンファタブルでしっくり来るのでしょう。
この辺りの音楽に対するチャン選手の感性に疑問を持っている私は、彼の演技は退屈、と壊れたCD(笑)のように繰り返すわけです。本人が納得して滑っていないということですから、当然観客に伝わってくるものがありません。(と、ここで自説を擁護、チャン選手辛口派の本領発揮!) 

2013/09/04 (水) 05:09:41 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

シラビック?

何のことやらヽ(。_゜)ノ ヘッ?

という人もいるでよ~~。音楽用語にしてもなるべく平易な書き方の方が良いと思うだべ。

説明を省けるのはその言葉を知っている人に限ってしまうから。

と突っ込んでおこう(笑)

2013/09/04 (水) 19:22:24 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: チャン選手の音楽性、感受性

Kan-kan様、こんばんは。

> 陰でこんなことを言ったら大変でしょうね。

ブハッ、そりゃそうだわ(^_^;)

>音楽性、感受性の違いで、

というよりも、ゲルマン人とアジア人の違いかもよ。

そもそも、フィギュアスケート自体が、

寒い気候に住まう欧州のゲルマン人のサラブレッド型の体型であってこそ、

見栄えの良いスポーツだと思います。

どう見ても、温帯・熱帯地域に住まうアジア人向きではないから。

高橋大輔選手のような例外はありますが、

概して、アジア人のスケーターはチャン選手に近いかも。

その分だけ、スケートスキルやジャンプ技術を徹底的に鍛えることで勝つわけです。かもよ。

2013/09/04 (水) 22:25:11 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: シラビック?

バルタン様、こんばんは。

シラビックは、シラブル(syllable=音節)の、形容詞型でありんす。

一音節に一音様式の歌わせ方ですえ。

ソーラン節の歌い方など、その典型でござります。

>と突っ込んでおこう(笑)

ケッ!ここで「リベンジ」と来たか(;`O´)o

2013/09/04 (水) 22:29:58 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月様へ

パトリックが「四季」について語っている記事は他でも読みましたが、
この片割月様が紹介して下さった記事は初めて読みました。
今初めて読んだ箇所もあり、嬉しいです。
ありがとうございます(^^)/

パトリック、最近全然呟いていないし、毎日一生懸命練習しているんだなと思います。
それにしても、あのfootworkとジャンプを両立できるのか、気になってしまいます(・・;)
ローリーさんの時も思いましたが、パトリックに振付けていると、振付師はsになってしまうんでしょうか?
究極の技術を見たい欲望を抑えられなくなるとか。
あのアランフェスの3Lz前後もすごかったな。。。


2013/09/05 (木) 22:53:13 | URL | Moeri0807 #- [ 編集 ]

Re: 片割月様へ

Moeri0807様。

あ、そうでしたか^^

それはそれは。

>あのfootworkとジャンプを両立できるのか、気になってしまいます(・・;)

もしかして、「スケーティングの神様」、とでも言うべき境地を目指しているのでしょうか!?

これはチャン選手にしか出来ない!!

そして、最高級の技は単なる技を超えて、芸術性に繋がる!!

最高級の職人技は芸術に繋がるように。

2013/09/06 (金) 01:17:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。