フィギュア関係者による「採点法・採点への疑問」は注意して読みたい





「佐藤有香コーチの挑戦とプロ人生・元世界女王、節目の五輪シーズンへ」
サイトはここです

佐藤有香さんのインタビュー記事はとても興味深いですね。

現役時代、プロスケーター時代、そして、コーチとして、振付師として活躍する今と、自分のそれぞれのフィギュア人生における悩みや葛藤、そして喜びと、その中での様々なエピソードをざっくばらんに語っています。

ただし、これはフィギュアスケーターとして成功し、功なり名遂げた佐藤さんの人生です。その傍らには様々な理由や事情からフィギュアスケートの世界から去ったスケーターが無数にいることにも思いを馳せたい。

ビジネスの世界も厳しいけど、フィギュアの世界、スポーツの世界はそれに勝るとも劣らぬ過酷な世界だと思います。誰もが佐藤有香さんのようにはなれない。

一つ気になる箇所があります。


「…ただし、いままでと変わらない面を挙げますと、ここまで細かく採点されるようになったとは言え、結局は人が採点するスポーツなので2回も3回も転倒した選手にコンポーネンツで9点台が出るのはどうしても理解できないし、ちゃんとやった選手にとってはちょっとがっかりさせるシステムというか、そういう採点方法でもあります。そこだけは昔と変わらない。それを指導者として、選手をどれだけ元気づけて受け入れていくことがいままでと変わらないチャレンジですね…。」

佐藤さんは選手名を伏せていますが、これは明らかに世界選手権におけるパトリック・チャン選手のフリースケーティングに対するPCSを指していると分かります。

スケーティングの名手である佐藤さんならチャン選手の凄さを誰よりも良く知っていると思うだけに、余計に気になるコメントです。

しかし、ファンが佐藤さんのコメントを「得たり!」とばかりに、チャン選手の演技に対する批判やジャッジ批判に安易に利用するのであれば、佐藤さんにとっては不本意であろうと想像します。

フィギュア関係者からときどき採点システムや採点に対する疑問や批判が語られます。ただし、時間とスペースの限界の中で、ポツっと語られるので、ファンがアレコレと深読み、裏読みして、結果的には誤解や曲解を招く危険もあります。

例えば、私は以下のようなことを思います。
1.「9点台」というのはジャッジ全体の平均点を指していると思うが、ジャッジ個別の評価であれば、佐藤さんがコーチをしているアボット選手にも9点台の例がある。昨季のスケートアメリカの例とか。それはどうなのか?

2.では、転倒ではなく、両足着氷+回転不足が2回も3回もあって「9点台」が出るのはどうなのか?

3.すっぽ抜けによる1回転ジャンプやステップアウト等が2回も3回もあって「9点台」はどうなのか?

4.転倒すればそれだけでGOE-3にディダクション-1点となるが、PCS評価ももっと厳しく下げろということなのか?それは高難度ジャンプへのモチベーションを下げるマイナス面もあるのではないか?

5.佐藤さんであれば国際ジャッジから色々と説明を聞く機会があると思うが、それを聞いた上で「理解出来ない」と言っているのか?

等です。

フィギュア関係者が新採点法や採点に対する疑問を語る場合、出来ることなら、もっと詳しく、様々な角度からの説明が欲しいですね。日本ではこれだけの人気のあるスポーツなのですから、メディアと連盟が共同して、こうしたコラムを掲載するなり、特集を組む企画が欲しいものです。


関連記事
スポンサーサイト

2013.10.17 | | コメント(33) | トラックバック(0) | 演技構成点とは



コメント

メディアはルールを本気で伝える気はない

日本のメディアはメダルアピールして盛り上げることが目的なので、ルールを知って冷静になられたら困るのだと思います。それが、陰謀論が蔓延る最大の理由。
今の連盟はせっかく団体戦が出来るのにペアやダンスの強化が後手に回ったり、せっかく元世界女王が復帰してもサポートが不十分だったり、若手の育成が今一つだったり、戦略的にも情緒的にもイマイチに見えます。そんな気の利いたことは期待できなそう。

2013/10/18 (金) 00:43:39 | URL | pen #YlEHWAnc [ 編集 ]

やはり

片割月様

佐藤有香さんの記事を見て(特に採点への疑問の箇所)、もしかしたら片割月様がブログでコメントさせるかもと思っていたら、期待とおりでした(笑)

私は特に、 

>>2回も3回も転倒した選手にコンポーネンツで9点台が出るのはどうしても理解できないし、ちゃんとやった選手にとってはちょっとがっかりさせるシステムというか、そういう採点方法でもあります。そこだけは昔と変わらない

下線の箇所に反応してしまいました。

私には有香さんが「ジャッジの選手に対する主観・先入観が依然として存在するし、それが採点に影響するのは仕方が無い」と言っているように聞こえるのですが、いかがでしょうか。

2013/10/18 (金) 10:59:10 | URL | さやか #- [ 編集 ]

ジャッジの選手に対する主観・先入観

滑走順が早いと点数を抑えられるとか、選手に対する先入感が得点にに反映すると言うのは昔ほどではないと思っています。
昨年の世界選手権でそれまであまり実績のない、わがカナダのオズモンド選手がショートでいきなり4位になったときそう思いました。
まてよ、ひょっとしたらあれは地元選手お手盛り得点だった!(笑)

新ルールが完璧だとは思いませんが、旧ルールで滑った選手の先入観も考慮しないといけないと思います。旧の選手はおおむね新ルールに賛同しない人が多いと思います。トッド・エルドリッジ、カトリーナ・ビットさんとカルメンで争ったデビー・トーマスさんも批判的です。カートも新ルールで滑るまで新ルールのよさが理解出来なかったといっています。
私はチャン選手のファンではありませんが前に紹介したISUの解説ビデオで見ると、やはりスケーティングは素晴らしいと思います。旧ルールではスルヤ・ボネリー選手があのスケーティングで、当時からスケーティングには定評のあった佐藤由香さんと優勝を争ったこともあるわけですから、その点についてはどう思うか、佐藤由香さんに聞いてみたい衝動に駆られました。

2013/10/18 (金) 11:22:31 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

転倒嫌い

月小妹こんにちは~
転倒嫌いなシジでやんす~(特に終盤のジャンプ転倒…あれはホントに萎える、終わり悪けりゃ全て台無しな気分になるよ、正直)
佐藤さんも畳み掛ける転倒は萎えるんだね…エルドリッジさんも似たようなこと言ってたしw
今度のオリンピックでは、五輪史上初の転倒王者、転倒女王出現の可能性が高い。
そうなれば、今もブスブスと燻っている「現ルール」への不満がアチコチから噴出しまくるだろうなあ…。
今のルールでは、「転倒」に対する減点が回転不足などに比べてかなり緩い…PCSのみならず、技術点だけでも不思議なくらい甘い。
回転不足減点とバランスとるなら、ジャンプ転倒の場合、基礎点×0.7-GOE3くらいにすべきだと常々自分は思っている。(アンダーローテなら、そのまた×0.7で)
転倒に対して厳しくすると、高難度技に対するモチベーションを下げる恐れ?
新ルールになって10年近く経つのに最早それは無いでしょ。それよか、10年経って転倒見て(して)「平気平気」と思える人がどのくらい増えたんだか。
むしろ、高難度へのモチベーション下げるなら、回転不足に厳しく(しすぎ)ても、そうでしょう。
モチベーションと転倒を結びつけるのは、最早詭弁に近いよ。

2013/10/18 (金) 15:04:07 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

Re: メディアはルールを本気で伝える気はない

pen様、こんばんは。

> 今の連盟はせっかく団体戦が出来るのにペアやダンスの強化が後手に回ったり、せっかく元世界女王が復帰してもサポートが不十分だったり、若手の育成が今一つだったり、戦略的にも情緒的にもイマイチに見えます。そんな気の利いたことは期待できなそう。

フィギュアスケートの場合、日本柔道連盟等のやり方とは異なり、

選手サイド任せな感じですね。それは伝統的なものなのか、試行錯誤した結果による対応なのかは不明ですが。

最近の連盟には、良い意味で城田憲子女史のような、
強引なまでに何かに打ち込む熱い情熱が不足しているのかな?

今季の女子ジュニアGPFでは、ついに日本女子選手の出場がゼロとなりました。

嘗ての隆盛は諸行無常、今の陸上女子マラソン界と同じ衰退の道を辿っているようです。

2013/10/18 (金) 21:09:05 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: やはり

さやか様、こんばんは。

>もしかしたら片割月様がブログでコメントさせるかもと思っていたら、期待とおりでした(笑)

読まれちゃってますねえ、しっかりと。それで「やはり」と。ウヒヒヒ(-^〇^-)

なるほど。
有香さんは「採点には疑問もあるけど、まあ、仕方なかんべ」という諦観的な気持ちもこもっているかな。

旧採点法の「プレゼンテーション」と新採点法の「PCS」とはかなり違ったコンセプトというのが建前ですが、

ジャッジも旧採点法時代にスケーターとして活動していた人が多いでしょうから、
ある程度は残滓が根強くあるのかもしれませんし、有香さんもその点では同じだから、
理解出来ないけど、理解はしている、という複雑な心境にあるのかもしれませんね。

それと、チャン選手はアボット選手の前に立ちはだかる強敵ですから、
コーチとしての「本音」もチラホラと伺えるような(^_^;)

さやか様の読みは私よりも適切かもしれませんね。

私の行動も読まれちゃっているし(^O^)

2013/10/18 (金) 21:53:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

SSとジャンプの着氷技術の関連性

http://www.isu.org/vsite/vfile/page/fileurl/0,11040,4844-152077-169293-64120-0-file,00.pdf

最新のものの確認はしていません。ほとんど変わりは無いと思いますが、転倒というのはジャンプの着氷技術であって、スケーティングスキルとの関連性は、この評価要素から見ると薄いと思います。

1 体幹のバランス、膝の使い方、正確な足裁き
2 リズム、パワー伝達、体幹を使った効率的な推進能力
3 重心を効率的に使う、無理のない加速
4 クリーンでコントロールの効いた滑走能力
5 ディープエッジを使ったコントロールされたステップ
6 パワー(エネルギー)・スピード・加速の多様性
7 多様な方向・回転方向・フォア・バックのスケーティング
8 片足スケーティングの習熟度や両足スケーティングの少なさ

このうちで着氷技術との関連性があると思えるのは、1、2と思えます。

したがって、転倒をしてもSSにはあまり響かないと考えられます。

ちなみに佐藤有香さんは、現行ルールの考え方は理解はしても納得はしていないという方が正しいかと申し立てまつります。

2013/10/18 (金) 22:07:16 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: ジャッジの選手に対する主観・先入観

Kan-kan様。

ジャッジは各エレメンツのGOEやPCS5項目への評価、

しかも、テクニカルパネルとは別に、ジャッジなりに「e」や「<」やレベル判定もしますので、

それも速やかに正確にやならなければならず、とても忙しいです。

従って、選手の滑走順とか、地元だからとか、その他「先入観」とか、

そのような「雑念?」が頭をよぎるヒマなど、ほとんど無いんじゃないかと想像しますよ^^

好みとかは「価値観」に含まれる概念ですから、それはジャッジにより色々とあるでしょうね。

2013/10/18 (金) 22:07:40 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

PCSの評価はいつするのか?

おそらく演技終了直後だと思われます。
TESはリアルタイムで個別に判定ですが、PCSは途中でつけることの出来るものではないはずです。


したがって演技終了後の観客の(^^)// ハクシュハクシュに後押しされて、点数が高く着く事だって考えられると思います。

それから、滑走順そのものが影響を与えるのでは無いですよ。

「何番目の滑走だからこの位の点数にしておこう」ではなく「このあたりの滑走ならこの位の点数レベルの演技だろう」という予測をして見ます。

それを良い意味で裏切られる事によって高評価へとつながるという心理的側面はあるだろうということです。

なお地元選手かそうで無いかは滑る前からわかっていますから、そういう雑念は滑る前に埋め込まれていると言えます。

基本的には先入観を裏切られることは(この程度は出来るだろうとかこの位はミスをするだろうといった)、良い場合も悪い場合も相応のインパクトをジャッジには与える可能性があるというのは人である以上避けられえないことでしょう。

2013/10/18 (金) 22:26:45 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 転倒嫌い

シジ小姉、こんばんは。

小姉も転倒は嫌と、それも後半の転倒は特に見とうないと。

転倒は見ている方も萎える…ウン、まさにこの感じでありんす^^

もう一つ、転倒は怪我の危険があるので見たくないのでありんす^^;

ウウム。。前回の五輪は「4回転無し王者誕生」が波紋を呼んだけど、

次は「転倒王者・女王誕生」ざあますか(^_^;)

その可能性は無きにしも非ず。

旧採点法であれば転倒したら即敗北に近いですが、新採点法は違いますからね。

さて、転倒はもっと厳罰せよとの小姉のご説。

回り切って転倒したジャンプと、回転不足で降りたジャンプと、

どちらの方がジャンプとして「マシ」なのか、その価値観によると思います。

前にも書いたけど、私はジャンプは回り切ってこそナンボ、という意見ですので、

小姉とは真反対の意見でありいす(^_^;)

回り切らない3回転ジャンプは、降りないジャンプ、インチキ3回転ジャンプと思うからです。

また、転倒の危険を冒して思い切り跳ぶ方が勇気が要ると思うのですよ。

しかし、転倒はもっと減点せよも、一つの意見かと思います。

その場合ですが、転倒がPCSにどれだけマイナス影響を及ぼすのか、及ぼさないとするのか、

明快にしないとダメじゃないかと。

そうしないと、それこそ、二重の大減点になるやもしれませぬ。

転倒は見ている方はイヤだけど、回転不足のナンチャって4回転や3Aがはびこるのは、もっとイヤだな(ーー;)

2013/10/18 (金) 22:39:15 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: SSとジャンプの着氷技術の関連性

私もSSにはあまり響かないと思いますが、

転倒した箇所がプログラム的・音楽的に重要な位置にあるとするなら、

INに影響するかも。

また、転倒の仕方が酷いと直後の繋ぎを省略することになったり、

その後のスケーティングや演技にダメージがあったりすれば、

TRやPEに影響するかもしれません。

チャン選手は、変な言い方ですが、転倒から立ち直るのが素早くて上手いです。

その後のパフォーマンスにほとんど影響が無いように見えるんですよね。

それだけ彼の技術と体力が優れている証拠ではないかと推測します。

2013/10/18 (金) 22:54:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: PCSの評価はいつするのか?

> おそらく演技終了直後だと思われます。

もちろん、シートに書き込むのはそうかもしれませんが、
演技が終わったと同時に、既に評価は頭の中ではだいたい定まっていると思います。

終ってから、「さーて、5つの評価はどれくらいにしようかな」などという呑気なことは無いかと。

よって、ジャッジのプライドに懸けても、観衆の拍手にはほとんど影響されないかと。

> 「何番目の滑走だからこの位の点数にしておこう」ではなく「このあたりの滑走ならこの位の点数レベルの演技だろう」という予測をして見ます。

この文章、何回読み直しても、前半と後半の意味の違いがあたしにはわかりませぬ(^_^;)

> 基本的には先入観を裏切られることは(この程度は出来るだろうとかこの位はミスをするだろうといった)、良い場合も悪い場合も相応のインパクトをジャッジには与える可能性があるというのは人である以上避けられえないことでしょう。

それはそうですね。

もちろん、公式練習があり、それにはジャッジも見学するそうですから、

そこで、ある程度の前知識は仕入れているわけですね。

2013/10/18 (金) 23:22:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

転倒から立ち直るのが素早くて上手いです

片割月様

ISUのビデオでもジェフ・バトルさんの転倒からの立ち直りが早いですね。そうすると音楽とのConnect時間が長いと評価される、、、、。
羽生選手は転倒からの立ち直り時間が長い選手ですが今季は改善されているかどうか、、、

カートが新ルールは休息を取る箇所がないといっていましたが、確かにそう見えますね。
イナ・バウワーはそれ自体加点にならないようですが、体力的にきついのかどうか。 もしそれほど体力を消耗しないのであればつなぎとして効果的? 

2013/10/18 (金) 23:34:31 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 転倒から立ち直るのが素早くて上手いです

Kan-kan様。

バトルさんもそうなんですか!

柔道の受身じゃないけど、

転び方が上手くて、そこから素早く立ち直るのも、一つの技だったりして(^O^)

羽生選手は転倒すると、下を向きながら、よっこらせ、と滑り出す癖がまだあるようですね^^;

イナバウアーは、TRやIN等に好影響を及ぼすと思うけどなあ。。。

2013/10/19 (土) 00:37:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:PCSの評価はいつするのか?

ホリンキー様、こんばんは。

平松女史の言葉、興味深いですね。分かるような気もします。

>今のジャッジングだと前よりは幾らか楽になって(←あくまで想像…)

う~ん、それはどうかなあ^^:

あくまで私も想像ですけど、選手も気を抜くヒマの無い程、新採点法時代の演技はキツイようですから、

ジャッジの方も今の方が負担が大きいように思うのですが、どうでしょうね。

>演技中から、やはり目算は立てているだろうなぁ

はい。そう思いますよね。

2013/10/19 (土) 00:44:39 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:Re: 転倒から立ち直るのが素早くて上手いです

片割月様

ジェフ・バトルは、一瞬で立ち上がって演技を続けます。音楽とのコネクト時間の長さのいい例として使われていました。 

2013/10/19 (土) 00:56:31 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:Re: Re:PCSの評価はいつするのか?

片割月様がコメントされていますが、ジャッジや解説者は公式練習を見ているので、選手の手の内(エレメンツ)をつかんでいるでしょうね。
競技演技で始めて見るわけではない。

カートとトレイシーの解説でも、選手のプログラム構成、選手の調子を知った上で話しているのが解ります。
「次のジャンプ、飛距離がありますよ、注目!」といったコメントをよくします。

2013/10/19 (土) 01:06:38 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

片割月さんへ

> 「何番目の滑走だからこの位の点数にしておこう」<



>演技中から、やはり目算は立てているだろうなぁ <

というのは似ています。


>「このあたりの滑走ならこの位の点数レベルの演技だろう」という予測をして見ます。 <


>>この文章、何回読み直しても、前半と後半の意味の違いがあたしにはわかりませぬ(^_^;)<<

ワールドランキングと選手ごとの平均点を出せば、この選手のジャッジの平均的な評価はこの位というのは我々でも出せますよね。

点数に応じたレベル基準がある評価なのか、演技に応じた点数付けなのかということです。


絶対値評価であるとするならば、ランキングに応じた平均的出来に関係なく点数が決められます。

個別の選手比でそれぞれの演技の出来に対して、評価基準が変わる事無く比較して点数を検証できルはずです。


相対的評価なら、前後の選手の演技の出来との兼ね合いでぶれが生じます。

上は絶対値的評価の見方
下は相対的評価の見方ということです。

ウーム表現が難しいな

2013/10/19 (土) 01:09:34 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: 転倒から立ち直るのが素早くて上手いです


> ジェフ・バトルは、一瞬で立ち上がって演技を続けます。音楽とのコネクト時間の長さのいい例として使われていました。

これ、知ったか振り・演技構成点に加えられそうね^^


2013/10/19 (土) 01:10:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

滑走順に関して

成績への影響が考慮されていたのは、新採点法よりも前の6点制時代の方が顕著だったといえるでしょう。

そのために、最終グループの滑走順が成績の悪かったものから順番に滑るという方式をやめて、グループごとにランダムにするという手法が取られました。

また順位点という手法も取り入れられたりしました。

そこから、なるべく滑走順に影響されることなく評価できるようにと考えられた部分が新採点ルールにはあります。

けれども、それが絶対的なものでは無い事は、グループ分け自体が、ワールドランキングの成績で決められるという点が証明しています。

本来、全く相対評価的な見地が入り込む余地が無いのであれば、グループ分けすらも、ランキング関係なしに、分けても良いはずです。

この部分に実は絶対評価という日本語的言葉の表現のごまかしがあるのです。

完全にランダムにすると、先に演技する選手が不利になる傾向自体は現行ルールでも完全に排除する事は出来ません。

先に滑った選手が完全な演技をすればそれが基準となるだけで、技単体の絶対値的評価とは別に、プログラム全体としての評価は相対的評価から完全に分離する事は出来ないということです。

これを絶対値的評価で行うには、例えばジャンプの場合ならAのすてっぷから離氷するまでの動作時間が何秒以内なら「良い」何秒までなら「普通」それ以下なら「悪い」というような定量的な基準が必要となります。

そのような物理的基準が無い以上は、相対的評価から逃げる事は出来ないということです。

ただし、その場合に感動を与える演技であるとか、見ていて気持ちの良い演技であるとかいう人間の感覚的な部分の評価に一致するとはいえません。

2013/10/19 (土) 01:34:33 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: 知ったか振り・演技構成点に加えられそうね^^

片割月様

Interpretation. Musical movement .
Connecting with the music.

>ジェフ・バトルさんの転倒からの立ち直りが早い

これの05:30 あたりぐらいからです。

https://www.youtube.com/watch?v=Uio9PKFlEAY

2013/10/19 (土) 01:40:12 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:Re:Re: Re:PCSの評価はいつするのか?

ホリンキー様

>今の方が全体的には楽なんちゃう…?なんて感じが何となくしてしまいます。まぁ実際どうなのか、全然分からないんですけど

ISUのビデオで採点の仕方を説明したシリーズがこれでPart4まであります。Aboutでなく各エレメントを見逃せないので楽じゃないと思いますよ。

6点制のときは、素人がTVで見て、前の選手と比較したりして、これは5.7か 5.8ぐらいだろうと予想すると、大体それに近かった。プロのジャッジだったらもっと楽じゃなかったのかな~。
主観が入る余地も多かったので、常に採点が問題になった。
バルタンサンは意義アリかな?

今はコンピューターがあるので新ルールのこういう採点法が可能だと思います。
スカスカと感じる演技はエレメント数が少ないからでしょうね。

http://www.youtube.com/watch?v=xoPfHsPs-Nk

2013/10/19 (土) 02:33:24 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

順位点

ホリンキー様

失礼! 変更しました。ロシア風の?しゃれた名前だと思っていました(笑)

以前は、各選手比で得点を出していましたよね。
それで滑走順が早いと点数が抑えられることがあった。これは解説者もよく言っていました。
伊藤みどりさんもこれで点数を抑えられたことがあると思います。
旧システムはジャッジごとの点数の比較で、各ジャッジの点数でそれぞれにこの選手が1位でこの選手が2位といた具合につけた順位点の全ジャッジの合計が一番低い選手が優勝ということになっていました。ジャッジの点数の根拠が不鮮明で常にもめていた。それがフィギアの楽しさ(?)でもあった。今のほうが科学的だと思います。

新採点方式になったきっかけも、この順位点で国同士で、お前んところのあの選手を上位につけるから、うちのこの選手(別種目)をよろしく、
という裏取引が明るみになったからです。
特に転倒のないダンスは酷くて、滑る前から順位は決まっている、といわれたものです。
だからアイスダンスに新ルール賛同者が多かったと思います。

2013/10/19 (土) 03:37:49 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: 片割月さんへ

バルタン様、こんばんは。

>ウーム表現が難しいな

おあとがよろしいようで(^_^;)

2013/10/19 (土) 22:45:00 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 滑走順に関して

>本来、全く相対評価的な見地が入り込む余地が無いのであれば、グループ分けすらも、ランキング関係なしに、分けても良いはずです。

そういう見方もありますね。

しかし、私は一つに、テレビ局の(視聴者の)要請に沿った可能性、

一つに、「真打は後から登場」という一般的な慣習によるもの(他の競技でも実力者は後から出る例はある)

という理由ではないかと推測します。

従って、滑走がランキング順だからと言って、絶対評価の不徹底さの根拠とするのには、懐疑的です。

ただし、人間は何かを判断する場合、本能的に無意識に「比較をする」習性があると思うので、

審査が絶対評価で絶対行われている、とは、私も言い切れないと思います。

2013/10/19 (土) 22:54:02 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re: 知ったか振り・演技構成点に加えられそうね^^

Kan-kan様、こんばんは。

ありがとうございます。

あ、ここにありましたね^^

「知ったか振り記事」に参考動画として貼って置くことも考えましたが、

これら一連の動画はあまり拡散したくない、という気持ちもあり、そのままにしますね。

それと、コストナー選手を例にした、音楽の呼応(クエスチョン&アンサー)の箇所も面白いですよね。

2013/10/19 (土) 23:03:34 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: Re:PCSの評価はいつするのか?

ホリンキー様、こんばんは。

なるほど。

新と旧とではどちらの方がジャッジに負担や苦労が大きかったかは、一概には言えないかもしれませんね^^;

選手は今の方がキツイでしょうね。



2013/10/19 (土) 23:13:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

他の採点競技の場合は

>一つに、「真打は後から登場」という一般的な慣習によるもの(他の競技でも実力者は後から出る例はある)<

そういう場合もあるけど、多いとはあんまりいえないけどな~~。
もっとも相対評価である事を前提としているから、絶対評価などと嘯いたりはしないけどね。

見ている方が(視聴者には)その方が比較しやすいから優劣をつけやすいという利点はあるけどね。

2013/10/20 (日) 00:36:10 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

女子SP のプロトコル 

ワグナー選手のPCSに高得点を出しているジャッジがいますね。アメリカのジャッジ? ワグナー選手、確かに悪くはなかったですが。
最上下の得点はカットされるわけですが、このジャッジの得点はワグナー選手のPCSすべての項目でカットされていることになります。カットされても得点の底上げには影響があるわけですから、他のジャッジとあまりに差異がある判定をしたジャッジはISUから査定されないのかな~。
これがあるから採点競技は陰謀論が付きまとう。

追記 : よく見てみると、、
浅田選手にも高得点をつけているジャッジもいるからあまり目くじらを立てることもないか...
ジャッジ1とジャッジ4が真逆の採点をしているのが興味深い。やはり私情が入る?

2013/10/20 (日) 06:07:48 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

転倒は厳罰化してもOK!

ただしその場合、回転不足のジャンプのTESはバランス上、 0点ですな。
回転不足には100%減速・失速が伴うので、PCSも当然、大幅減点です。(きっぱり)

2013/10/21 (月) 17:55:43 | URL | ドロンパ #DNU.zdFw [ 編集 ]

Re: 他の採点競技の場合は

バルタン様、こんばんは。

ランキング順…ジャンプ競技、フリースタイル、モーグル競技、スピードスケート等、
ウィンタースポーツだけでも色々と思いつきますが。。。

>見ている方が(視聴者には)その方が比較しやすいから優劣をつけやすいという利点はあるけどね。

それはあるかもしれませんね。

2013/10/22 (火) 00:06:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 女子SP のプロトコル 

Kan-kan様。

ジャッジは9人いますし、座る位置も右側と左側の両端でかなり距離がありますので、

GOEでもPCSでも価値観の違いでそうした凹凸は有りますね。

しかし、全員が横並び一線というのは不気味ですので、凸凹している方がまだ面白いかな?

2013/10/22 (火) 00:21:56 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 転倒は厳罰化してもOK!

ドロンパ様、こんばんは。

> ただしその場合、回転不足のジャンプのTESはバランス上、 0点ですな。
> 回転不足には100%減速・失速が伴うので、PCSも当然、大幅減点です。(きっぱり)

はい。そう言うだろうと思いましたよ(-^〇^-)

2013/10/22 (火) 21:51:52 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR