スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2013スケートカナダの結果は:追記予定あり





2013スケートカナダ男女シングルの表彰台は、大会直前に私が予想した通りの結果となりました。パーフェクト達成。お見事。

エッへん<(`^´)>

女子・順位予想(結果も)
1位:リプニツカヤ
2位:鈴木
3位:ゴールド

男子・順位予想(結果も)
1位:チャン
2位:羽生
3位:織田


男子シングル・フリースケーティングの演技構成点を見る。


                          SS   TR    PE   CH   IN
1 Patrick CHAN CAN 173.93 83.01 90.92  9.25  9.00   8.89  9.07   9.25
2 Yuzuru HANYU JPN 154.40 78.54 76.86  8.00   7.46  7.61  7.75   7.61
3 Nobunari ODA JPN 152.18 73.32 79.86   8.29   7.68   8.00   8.00   7.96
4 Joshua FARRIS USA 147.58 74.80 73.78  7.36   7.00   7.46   7.46   7.61
5 Michal BREZINA CZE 146.61 74.75 72.86  7.68  6.86  7.32   7.32  7.25
6 Jeremy ABBOTT USA 141.37 65.59 77.78  7.89  7.71  7.14  8.04  8.11


動画で見た印象では、チャン選手のフリー「四季」は過去のどのプログラムよりもスケーティング技における集約性の濃厚さと密度の高さという点で、これ以上のものは他には無いだろう思いました。コレオシークエンスでは音楽とステップワークが渾然一体となり、リンクが吹雪いたかのようでした。

織田選手は美しい猫足ジャンプに目が行きますが、少なからぬファンが気づいているように、彼のスケーティングの進化が著しいと思います。


女子フリースケーティングではリプニツカヤ選手「シンドラーのリスト」を素晴らしく演じたようですね。そして、鈴木選手の「オペラ座」は、スケーティング力や表現性という点で、若手スケーターとの地力の違いを大いに見せつけた模様。

演技構成点は8点台前半~8点台半ばの高評価が出ました。凄い。

☆テレビで演技を見ての追記。

それぞれ不本意な結果に終わった無良、ブレジナ、アボット、羽生、織田の5選手の演技を見ると、フィギュアスケートというのは僥倖性の低いシビアなスポーツとつくづく思います。

つまり、本番の出来が練習での出来よりも下回る事は普通にあっても、上回るような事は起きない。さらに、野球のように相手のタイムリーエラーでサヨナラゲームになるような「零れ幸い」も滅多に無い競技だと。

そうした中、チャン選手はやはり強かったです。彼が4回転を2本決めた場合はほぼ100%優勝していますが、今季は初戦でいきなり決めましたね。昨季の4回転の不調がウソのようなスタートでした。

また、彼のスケーティング力は他のスケーター達から隔絶した地平にあるようです。ヤレ表現性が乏しいだの感動が無いだのプログラムが微妙だの「PCS爆盛り」だのと言ってみたところで、しょせんは負け惜しみにしか聞こえない…そんなフリーの「四季」でした。

まあ、ステップ・コレオシークエンスでは吹雪く所までは行かずとも、雪がしんしんと積もる小径を、身体をぶるぶる震わせながら家路に向かう姿を彷彿とさせました。

女子はゴールド選手の「眠りの森の美女」や鈴木選手の「オペラ座の怪人」はもちろん素敵でしたが、今回はリプニツカヤ選手の「シンドラーのリスト」に止めをさします。

彼女の赤い衣装を見た瞬間、あ、なるほど、と思いましたが、解説の荒川さんが珍しく饒舌になり、「赤い衣装」の意味とリプニツカヤの演技の評価を見事に語ってくれました。

このプログラムを振り付け、衣装を考案した振付師やコーチは上手い!と思いました。今のリプニツカヤ選手にとってはまさに当たりプロですね。こうして見ると、やはり振り付けと選曲の重要性が分かるように思います。

逆に、無良選手やガオ選手のファンに叱られ覚悟で言えば、両選手のフリープログラムは「??」です。ガオ選手が何故「天使と悪魔」のような奇怪な音楽を選んだのか、私には理解不能です。

ゴールド選手がピンク衣装で演じた「眠りの森」ですが、これは彼女の将来性を考えた時、こうした方向のプログラムを演じるのは正解だなあと思いました。

どちらかと言えばあの容姿とは異なる「体育会系」の演技をするゴールド選手ですが…それも彼女の魅力だ…やはり、女性的でエレガントな演技で観衆を魅了させるスケーターに成長して欲しいです。スター性もあるのだから。


関連記事
スポンサーサイト

2013.10.27 | | コメント(116) | トラックバック(0) | フィギュアスケート・大会



コメント

お見事!

パーフェクト予想お見事です!

リプニツカヤ選手の「シンドラーのリスト」にはぐっときました。
昨シーズンの子供子供した雰囲気から一気に大人びた少女になって、今の彼女にあった、背伸びしつつもしすぎない、素晴らしいプログラムだと思います。ロシア女子ではソトニコワ選手の演技が好きですが、リプニツカヤ選手が一気に代表に近づいたかな、と思いました。
鈴木選手はショートもフリーも彼女にあったプログラムで、大人のスケートを見せつけてくれ、ジャッジの反応(PCS)もお客さんの反応もよくて嬉しかったです。
ゴールド選手は反対にもっと彼女を活かすプログラムがあったのでは?と思いながらも、観ていて気持ちがいいのでNHK杯が楽しみです。

チャン選手の「四季」、ステファン・ランビエールの「四季」(カルガリーワールドの演技)が大好きな私はどうしても彼の演技が脳内再生されてしまいますが、一人別次元の足捌きに目を奪われました。
好きかどうかじゃなくて、「ああ、凄い…」と感服させられる感じです。
このプログラムを完璧に滑られたら絶対勝てない、と思わされました。
完璧に滑ることが非常に困難なプログラムだと思いますが、少々のミスがあっても、このSSの差を埋められるのだろうか?埋めていいのだろうか?と。
ファイナルでチャン選手の「四季」をこの目で観られるのか、見せつけられるのかと思うと身奮いがしそうです。
ああ、好きなのは「ビートルズメドレー」であり「エクソジェネシス」なんですけどね~。初戦から打ちのめされています(笑)

織田選手、スケーティング前からよかったですけど、一層よくなりましたよね。
この夏、アイスショーで織田選手と羽生選手を一緒に観る機会があり、「え、ここまでスケーティングに差があったっけ?全然伸びが違う!」と思いました。
今回は羽生選手の上に行くチャンスだっただけに、フリーは惜しかったなー。
織田選手のフリーはコンボを数える癖がついてしまってますが、終わってから「コンビネーション1個足りへんで」と漫才のような突っ込みをお母様にされていたようですね・・・(笑)
今のところ日本男子選手のショートの中では織田選手の「コットンクラブ」が一番好きです。

羽生選手は前よりはスタミナがついたでしょうか?
フリーは曲の編集が気になってしまってちょっとなーと思うところはありますが、この構成をバテずに滑り切ることができればあるいは?

無良選手、ショートは彼がモノにするのは非常に難しい選曲だと思われ(衣装も少し…)、フリーは「ああ、いつもの路線だな」という感じで、プログラム選びの時点で他の日本男子5選手に遅れをとってしまっているように見えるのが気がかりです。

あ、今、田中投手完投。楽天おめでとう!今から地上波ですね。どれだけ放送してくれますでしょうか。
「フィギュアスケートもスポーツですから生中継が一番なんですよ」って言いたいですが、地上波はもう諦めてます(笑)

ああ、また長々と失礼しました…。

2013/10/27 (日) 21:53:58 | URL | いよかん #I9hX1OkI [ 編集 ]

はじめまして、片割月様

フィギュア鑑賞歴は長いのですが、技術的な事(特にステップ)やルールに関しては全くの素人です。こちらのブログとバルタン先生のブログで勉強させて頂いています。コメント欄を覗いてもジャッジ並みの評価が出来る方達ばかりで感服します。時々、バカ丸出しのコメントをされる方には、バッサリ切り捨てる片割月様の威勢の良さが大好きです。
いきなりですが、教えて頂きたい事があります(素人質問でスミマセン)カナダ大会の男子シングルフリーでのプロトコルを見たらチャン選手(3ルッツ+1ループ+2サルコウ)と羽生選手(3ルッツ+1ループ+3サルコウ)のコンビネーションがありますが、セカンドジャンプはループかトゥ・ループのみですが、サードジャンプは他のジャンプでも可能なのですか?シークエンス表示には成っていなかったと思います。

2013/10/27 (日) 23:38:38 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

スケーティングスキル

片割月様

チャン選手はやはり強かったですね。ジャンプで途切れてしまう感じがなく演技全体に流れがあって、よどみがない。格の違いを見せ付けられましたね。
無機質な?四季は感情表現の違和感を感じないのでチャン選手にはぴったりだと思います。

羽生選手のトレイシーの評価は”He has everything to win but experience. 前回のオリンピックのチャン選手を例に出していました。
4回転の失敗が大きかったですね。ここでの差が12点。点差だけでなく、冒頭に持ってくる4回転の出来、不出来がその後の演技に影響しがちで、しいてはPCS
にも反映してくる。
オリンピックの難しさを知っているオーサーコーチがどうコンディション作りをしてオリンピックに持ってくるか、、、、

2013/10/28 (月) 00:02:32 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

スケートカナダ

片割月様

やはり女子レベルが高い。
リプニツカヤ選手はジュニアから見ていますが、去年までの何となくスピンはすごいけど無機質な感じから、今年は表現力も豊かなになりました。
シンドラーのリスト素敵です、最後まで目が離せませんでした。

鈴木選手はオペラ座の怪人もなかなかにドラマチック。やはりステップが素敵です。
日本男子は鈴木選手を見習うべきです(笑)
若い子がどんな演技をしようが、どんな点数をだそうが自分のスケートをしています。

なんですかねえ、何気に町田選手の出した点数が日本男子にプレッシャーを与えてますかね?
羽生選手も織田選手も練習では成功しているのでジャンプの調子自体は悪くないと思いますが、何事も勉強ですね。

チャン選手、けっしてこのプログラムは私の好みではないですが、つなぎやステップが素人目にもすごい。
トリプルアクセル全く入らなくてもこの点数ですから、完璧ならどんなに高い点数が出るでしょう?
と私は思ってしまいますが、日本男子諸君は気にしない気にしない、人の点数を気にしてる余裕はないはずよ~

2013/10/28 (月) 00:18:54 | URL | ぱた #- [ 編集 ]

こんばんは

あっこちゃん、さすがでしたー!
細かいミスはありましたが、あの情感たっぷりの演技見事でした。
オペラ座のラストのポーズいいですね。
あ~でもそれだけに…毎回思うのですが、ジャンプ前とそれ以外の差が激しく見えてしまうのです…
淡々と滑る選手でないから余計に(><)

男子に関しては、チャン選手のスケーティングはやはり見事!の一言です。
いつも足元ばかり見てしまいます(笑)
織田選手も相変わらずの美しい着氷プラス、スケーティングが進化していますねー。
そしてはにゅう君…
相変わらず決まった3Aなどは入りなどアッパレなのですが、やはりメンタルコントロールですね。
今までも自分の悔しさは自分へぶつけて、フリーの見事な気迫&巻き返しにつながっていたのですが、とにかく今回は対相手( チャン選手)に気をとられすぎていた気がしますね。
まぁ、去年の点数などから言っても、チャン選手をとらえられる位置に上がってきてますし、同じ試合に出れば意識するのはわからなくもないのですが。
やはり順位は付けど、自分との戦いに集中しなければダメな競技であると改めて思いました。

2013/10/28 (月) 01:10:56 | URL | はなもも #- [ 編集 ]

ikumi様へ。ご質問の件

ikumi様、こちらこそ初めまして(#^.^#)

>サードジャンプは他のジャンプでも可能なのですか?

鋭い質問ですね。ルールに全く素人とは思えませんが^^;

3-1-3を跳ぶ選手は他にロシェットさんやフェルナンデス選手がいますが、

皆さん、3番目のジャンプはサルコウですね。それ以外の種類のジャンプを跳んだ例が見当たりません。

で、この場合、2番目のジャンプは1Loです。

ご存知のように、エッジ系のループジャンプは右バックアウトで踏み切ります。

そして、同じエッジ系のサルコウジャンプは左バックインに体重を乗せて踏み切ります。

右がバックアウトなら、左バックインは流れのままですね。

つまり、ループジャンプからサルコウジャンプへの移行は相性が良いのではないでしょうか?

ましてや、ほとんど助走無しで3番目のジャンプを跳ばなければいけないわけですし。

3番目がトゥ系ジャンプのトゥルールだと、助走無しでは難しいのかもしれません。

と、私なりに考えましたが、どうでしょうか(^_^;)

あるいは、私のブログのリンクにあるフィギュアスケートガイドラインブログに行けば、

元スケーターさんが質問に適切に答えてくれると思います。

2013/10/28 (月) 01:59:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

着氷時の足がどちらか?

で飛べるジャンプは決まります。

2013/10/28 (月) 02:18:04 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

やはり女子レベルが高い。

いまやSPで65点以上は必須ですね。
ヨナ選手の影響が大だと思います。彼女が3Lz+3Tを確実に決めてくるので、それに対抗するために若い選手は3Lz+3Tを跳ぶようになった。そうすると上位を狙うにはミニマム3+3が必要ということになる。(3Aも可です。)

同じような効果で、チャン選手の圧倒的なスケーティングを見せ付けられ、それが高得点を生むとなると、スケーティングスキルが改めて見直されるようになるのでは。そう願いたいものです。 

追記:中庭氏のコラムにも「勝敗を分けるのは芸術点になるのではないだろうか」とありますね。  

2013/10/28 (月) 02:37:01 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

抜けてるな~~

>こうして見ると、やはり振り付けと選曲の重要性が分かるように思います。<


「こうして見ると、やはり振り付けと選曲と衣装の重要性が分かるように思います。」

でしょうが~~。(笑)

今大会の女子はそういう点では非常に良かった。


真央変衣装がこれ以上奇抜になりませんように。
織田君の手抜き衣装はどうにかならんか~~。
せめて肩の位置くらいはきちっと調節しろ~~。だれだれでみっともない。
羽生君のジョニー化は見たく無いぞ~~。
前の時の衣装を引っ張り出せ~~。

その点はチャンのスタッフは見事な衣装。
ゴテゴテと飾るのではなく演技を見てもらおうという意識が前面に出ている。

無良~~、髪の毛切れ~~、役作りとはいえSPには合わん。
坊主にして出直せ~。

2013/10/28 (月) 06:55:06 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

片割月様

早速のご返答有難うございます。なるほどです。バルタン先生もありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2013/10/28 (月) 07:29:37 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

赤いコート

片割月様

>このプログラムを振り付け、衣装を考案した振付師やコーチは上手い!と思いました

ショート結果の方にコメントしましたがうまい!
映画の鮮烈な赤いコートの女の子のイメージをうまく使っていると思いました。
映画を見ていない人はそのクリップ
https://www.youtube.com/watch?v=j1VL-y9JHuI
砂の上の落書きといい、この振り付け師、なかなかいいセンスしてる。
シンドラーズリストは他にも使っている選手がいますね。

オリジナルの I. Perlmanの演奏をコンサートで聴いたことがあります。
http://www.youtube.com/watch?v=0yYikshdLcw


最近人気のダウントン・アビーを使うダンスチームがいてもよさそうだけど・・・

https://www.youtube.com/watch?v=n7ULKKJ5UpI

2013/10/28 (月) 08:35:56 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

三番目のフリップ

記憶は定かではないのだけど、昔、プルシェンコが1ループのあと、三番目にフリップを飛んでたと、目にしたことがあります~プル様、さすがです。

2013/10/28 (月) 09:05:47 | URL | クロママ #oXWm4Dfw [ 編集 ]

片割月様、

リプニツカヤ選手、とても素晴らしい演技でした。昨年は、無機質な印象で、柔軟性がさらにその無機質さと冷たさを強調させ演技を最後まで見るのが正直苦痛でしたが、今回はもうすでに数回リピートして見てしまっています。
他の皆さんもおしゃっているようにプログラムが彼女に合っていますよね。荒川さんのやたら熱のこもった解説も印象的でした。

鈴木明子選手には魅了されっぱなしです。例え失敗しても、それを引きずらず彼女の表現したい世界にどんどん観客を引き込んで行く。見る者を幸せな気持ちにさせてくれます。

ゴールド選手。華があるのは、本当に羨ましい。でもオーロラ姫はジジュンちゃんの専売特許!ドン・キホーテとかやってくれないかなと思います。

羽生選手‥。19歳はまだまだまだ若くこれからいろいろ経験を積んでいくことで成長していく選手だとは思いますが、あえて言いたい!
キスクラでのコーチの「大丈夫?」という声に、一言でもいいから返せるくらい余裕はもとう! 演技も上の空といった感じでしたし。

チャン選手、何もいうことはありません。素人の私でもスケーティング技術が飛び抜けていることが理解できます。
他の男子選手にとってソチは目指せ銀メダルになってしまうのか‥ はぁー。

ファリス選手、素敵ですね。バトル選手を思い出させます。どちらかというとブラウン選手の演技のほうが好きでしたが、アメリカ男子にも目が離せないですね。

今週末は、中国杯ですね。コストナー選手、ジジュンちゃん、ハンヤン選手、お気に入りの選手が出てくるので実は一番楽しみにしています。

長文、失礼しました。

2013/10/28 (月) 09:24:50 | URL | メリー #- [ 編集 ]

ファリス選手

メリー様

チャン選手の身のこなし、表現力がここでもよく話題になりますが、ファリス選手の演技を見るとやっぱり、、、ですね。 チャン選手にそこまで望むのは贅沢か(笑)

2013/10/28 (月) 09:39:49 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

町田くんの得点

片割月さま、おはようございます。

町田くんの得点、羽生くんはかなり意識していたようですね。今朝の朝日新聞にPチャンの得点が出た瞬間、「樹くん、すげ~」と思わず声を出したそうです。即座に町田くんの得点がPチャンを上待ってることがわかったんでしょう。
日本男子、それぞれが固かったような気がします。

リプニツカヤ、フィンランディアはパソコンの画面でしか見れていないので、今回大画面で「シンドラー…」を見れて良かったです。
衣装のこともあったと思いますが…泣けました。あの赤コートの少女とまだまだ少女らしいリプニツカヤと重なって。演技も良かったですよね。これはロシアナショナルが楽しみになってきました。

2013/10/28 (月) 09:55:06 | URL | エキセントリックBBA #eYj5zAx6 [ 編集 ]

Kan-kan様、

返信ありがとうございます。いつも知的で冷静なコメントをされており、密かに勉強させてもらっていました(^_^)
正直チャン選手の演技は私の好みではありません(笑) それはKan-Kan様が指摘されていることが理由です。でも、表現力があるかないかっというのはどなたかも以前おっしゃっていたかもしれませんが、かなり個人の好みが影響していて、絶対というのはないと思うんです。あと表現力が一般的にないと言われていてもプログラムがその選手に合っていれば素晴らしい作品になるとも思います。 少なくとも、今季のFPは、チャン選手の良さを引き出してくれるプログラムだと思っています。
女子ではヨナ選手のファンであり、ネットを見る前までは表現力は彼女が一番で、真央選手は‥と思っていました。しかしこちらのブログや時には真央選手ファンのブログなどを伺うようになりいろいろな意見に触れることで、ある程度のレベル以上は結局は好みの問題なのかなという結論に至っています。

片割月様、

羽生選手へのコメント、言い過ぎてしまいました(._.) 応援している選手なので、ついつい感情的になってしまいます。

2013/10/28 (月) 19:42:43 | URL | メリー #- [ 編集 ]

シンドラーのリスト

こんばんは。
リプニツカヤ選手、良かったですね。

赤い衣装を一目見た時からこれは! と思っていたら(しかも、ご本人が可愛いから更に素敵です)、プログラムもとてもよくて・・。スケートカナダに出場した女子選手の中で一番お気に入りのプログラムです。

来年のThe iceにソトニコワ選手と共に来てくれないかなと夢見てます(ロシアの若手選手が揃って来てほしいといっても無理でしょうね)。






2013/10/28 (月) 20:32:26 | URL | シロ #mQop/nM. [ 編集 ]

Re: お見事!

いよかん様、こんばんは。

>パーフェクト予想お見事です!

ありがとうございますo(^▽^)o

これは馬券の3連単に該当する位の的中率でしょう^^

>ロシア女子ではソトニコワ選手の演技が好きですが、リプニツカヤ選手が一気に代表に近づいたかな、と思いました。

私も同意見です。リプニツカヤ選手はロシア代表はもちろんのこと、メダル候補とも言えるでしょうね。

>好きかどうかじゃなくて、「ああ、凄い…」と感服させられる感じです。

これはチャン選手についての率直な感想だと思います。
国別対抗戦では圧倒的な大輔ファンの中にも、「チャン選手はスケーティングがネ。。。」と、
ため息とも感嘆とも受け取れる反応を示していましたね。

プログラムとしては「四季」よりも「ビートルズメドレー」の方が私は今の所はお気に入りですが。

>この夏、アイスショーで織田選手と羽生選手を一緒に観る機会があり、「え、ここまでスケーティングに差があったっけ?全然伸びが違う!」と思いました。

オオッ、そうでしたか!
そこで織田選手の滑りの素晴らしさを見て取ったいよかん様の眼力はお見事ですねヽ(・∀・)ノ
「コットンクラブ」は彼に合った楽しいプログラムですよね。

楽天の田中投手、凄いですね( ゚Д゚) ス、スゲー!。

彼も大リーグに行っちゃうのかな?

2013/10/28 (月) 23:18:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スケーティングスキル

Kan-kan様、こんばんは。

確かに「四季」はチャン選手の個性に合っていますね。
ぶっちゃけ、彼はどのプログラムであろうとも、スケートスキルを発揮するのには支障は無いでしょうね。

本田さんが解説で「羽生選手が両足で滑っているのが気になった」くらいのことを言っていましたように、
少し集中力がダウンしましたでしょうか?

CBCではカートも相方の女性も浅田選手のフリー演技をベタ褒めしていましたね。

辛口のトレイシーが居なくなって、急に態度が変わったのかな(^O^)

>but experience

スケーティング力や体力も含めて「experience」なんでしょうね。

2013/10/28 (月) 23:29:18 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: スケートカナダ

ぱた様、こんばんは。

リプニツカヤ選手、昨季前半までの、無表情な演技からガラリと変わりましたね!

ばた様が慧眼にも「シンドラー」を絶賛していた理由が今回、良く分かりました(^_^)ノ

>日本男子は鈴木選手を見習うべきです(笑)

フフフ。。特に若い羽生選手には良きモデルになるでしょう。

町田選手の大活躍は、刺激がちょっと強すぎましたか^^;

チャン選手のジャンプ構成は今や決して最強では無くなったけど、

決まれば加点の貰えるジャンプをしますし、卓越したスケートスキルがありますからね。強いわ。

彼以上のスケートスキルを持つスケーターは当分現れないんじゃないでしょうか。

2013/10/28 (月) 23:47:47 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: こんばんは

はなもも様、こんばんは。

鈴木選手の「オペラ座」は滑り込んで行けば「愛の讃歌」に劣らぬ名プロになりそうですね(#^.^#)

おっしゃる通り、惜しむらくは、
ジャンプ前の助走が演技の流れの中で「浮いた」感じがするのがちょっとね^^;

チャン選手のお陰でスケーティングの醍醐味を知ったフィギュアファンは多いのではないでしょうか?

羽生選手ですが、あの高橋選手でさえ、若手の頃は「ガラスの心臓」とか言われていましたからね。

羽生選手のファイト溢れる演技は素敵ですが空回りすることもあり、まさに、若気の至り、ですか^^;

2013/10/29 (火) 00:06:10 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: やはり女子レベルが高い。

Kan-kan様。

昨今のフィギュアスケートの潮流は、ヨナ選手とチャン選手による影響は少なく無いかもしれませんね。

残念ながら、女子で3Aを跳ぶ「潮流」は当分生まれそうにもありませんね。

仮に、浅田選手がバンクバーで金メダルを取っていたら、今とは違った「潮流」になったかもしれません。

男子の4回転ジャンプとは異なり、

女子ではハイリスク・ハイリターンの3Aは決め手とはなり難いようです。残念ですけども。

>中庭氏のコラムにも「勝敗を分けるのは芸術点になるのではないだろうか」

荒川さんも未だに演技構成点を「芸術面での評価が」と言っていますが、

これは誤解を招くと思うんだけどな。。

2013/10/29 (火) 00:14:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 抜けてるな~~

衣装もそうでしたね。ご指摘ありがとう。

それよりも、スケカナ男女シングル表彰台について、私の予想的中率100%を誉めてよ!!

2013/10/29 (火) 00:16:57 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 赤いコート

Kan-kan様、情報、ありがとうございます。

フィギュアとは関係無いけど、

私は映画「シンドラーのリスト」はさほど名作とは思えないのよね。力作とは思いますが。

ナチス党員であり、金儲けと若い女にしか興味の無いシンドラーが、

何故か急にヒューマニストになってしまうのですが、

彼の考え方・人生観がどのようにして変化したのか、その経緯がきちんと描かれていないので、

見ていてとても唐突で不自然なんですよね。

だから、あまりシンドラーに感情移入が出来ませんでした(^_^;)

2013/10/29 (火) 00:23:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 三番目のフリップ

クロママ様。

> 記憶は定かではないのだけど、昔、プルシェンコが1ループのあと、三番目にフリップを飛んでたと、目にしたことがあります~プル様、さすがです。

そうだったんですか!?(゚д゚)

でも、プルシェンコ選手なら有り得るかもしれませんね^^

2013/10/29 (火) 00:25:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

メリー様、こんばんは。

>無機質な印象で、柔軟性がさらにその無機質さと冷たさを強調させ演技を最後まで見るのが正直苦痛でした

そうですね。私は苦痛とまでは行かないけど、思うことは皆さん、大体似ていますね^^

荒川さんはあの調子で他の選手を語って欲しいですね。最近、解説が大人し過ぎて。

たぶん、荒川さんもリプニツカヤ選手の「シンドラー」には驚き、感嘆したのでしょう。

>オーロラ姫はジジュンちゃんの専売特許!

そうね^^

ただ、ゴールド選手にはヘンテコリン?な選曲・編曲が目に付く中で、こうしたクラシックなプログラムもこなせる選手になれば、一層華やいだ存在になると思います。

鈴木選手のステップやコレオは、浅田選手、ヨナ選手、コストナー選手のそれと並び、

私には特上グルメの旅です(´∀`*)

ファリス選手の演技がテレビで見れなかったのは残念無念です(><)

ライバル?のブラウン選手とは対照的なタイプですね。天の配剤か。

中国大会!

楽しみな選手が続々登場ですが、やはり、コストナー選手の「ユーモレスク」が楽しみだわ^^

2013/10/29 (火) 00:42:41 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 町田くんの得点

エキセントリック様、こんばんは。

朝日新聞からの情報、ありがとうございます^^

うむ。これはかなり意識していますな。負けず嫌いな羽生選手らしい反応ですね。

ちょっと気になったのは、4歳も年長の町田選手を「樹くん」と君呼びしますか^^;

私の世代では考えられないわ~。時代が変わったのかしら。

リプニツカヤ選手は昨季に続いて、今季もファンを驚かせてくれますね(*゚▽゚*)

成長していますね。ロシア代表に最も近い存在かもよ。

好プログラム2本揃えて、これは五輪でのメダルも有り得るか。

近未来の女子シングルはロシア女子の時代になりますね(^_^;)

2013/10/29 (火) 01:03:16 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>羽生選手へのコメント、言い過ぎてしまいました(._.) 応援している選手なので、ついつい感情的になってしまいます。

ン?ちっとも気にしていませんよ(^_^)ノ

2013/10/29 (火) 01:28:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re: 赤いコート

片割月様

>あまりシンドラーに感情移入が出来ませんでした

そうでしたか。随分前に見た映画で、記憶があいまいですが、あの赤いコートの女の子のイメージは今でも覚ええいます。もう一度見たいと思いますが Deer Hunter もそうですが、暗くて重いい映画は見るのにエネルギーが要ります。


ついでに:
PCSを芸術点というのは誤解を招きますよね。
私も読み直したら、芸術点は5項目、、、となっていたのでPCSだと。

2013/10/29 (火) 01:33:38 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re: シンドラーのリスト

シロ様、こんばんは。

あ、リプニツカヤ選手の「シンドラー」、同じ感想を抱かれましたか(#^.^#)

そうですね。

鈴木選手の「オペラ座」も素敵ですが、今回のスケカナでは「シンドラー」に軍配が上がるかな。

>来年のThe iceにソトニコワ選手と共に来てくれないかなと夢見てます

そうですね!

いっそのこと、ラジオノワ選手とトゥクタミシェワ選手も一緒にどうぞ( ^ω^)_凵

2013/10/29 (火) 01:34:53 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

朝のバロック・チャン♪

片割月さま、パーフェクト達成おめでとうございま〜す!

さすがですね!!

録画しておいたチャン選手のフリー、朝起きてから観ました。

これまた、さすがですね!!

なにか、四季の移ろいに身を任せ、バロックの森で舞を楽しむ精霊の姿を彷彿とさせました。あれは人間じゃないです、ハイ(笑)

スローパートは、コレルリ作曲/クリスマス協奏曲らしいですね。フィギュアを通して、また素敵な曲を知ることができました。

今週は中国大会です。

順位予想、アメリカよりも難易度が高そうですよ!

2013/10/29 (火) 02:14:28 | URL | コンチェルト #- [ 編集 ]

Re:Re: スケーティングスキル

片割月様

>辛口のトレイシーが居なくなって、急に態度が変わったのかな

そんな印象ですか。トレイシーもカートも結構浅田ファンですよ。エッジエラーは当然指摘しますが。チーム・オーサーのスケーティング担当のようですから、浅田選手のスケーティングの質については気がついていたと思いますが、特に触れることはなかったです。チャン選手やユナ選手のスケーティング、特にスピードは当然いつも褒めます。 

>スケーティング力や体力も含めて「experience」なんでしょうね

普段練習で出来ることが、試合で100%ちかく出来るようになるには、経験が必要だ、ということだと思います。心技体ですかね。
 

2013/10/29 (火) 05:10:37 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:Re: 町田くんの得点

片割月様

>4歳も年長の町田選手を「樹くん」と君呼びしますか^^;

朝日新聞の記事は

「樹さん、超強い」。になっています。

それよりもこのコメントのほうが意味がありそう。

オーサーコーチは「彼は全部の試合に勝ちたいという欲があり、ペース配分がわかっていない」と指摘する。

2013/10/29 (火) 08:13:30 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

極上ワイン報告1

皆様、こんにちは。

昨日エキシビションが終わって、ワタシの今回のセント・ジョンズの旅も終わりました。今は、nyに発つまえ、ちょっとだけ赤毛のアンのプリンスエドワード島に足をのばし、ボーッとしてます。

書きたいこと沢山あり過ぎなのですが、ちょっとずつ、レポさせてください(*^^*)

ジョシュア君。モントリオールから、同じフライトでした。(ついでにミハルも。飛行機も小さい上にミハルとは席も近く、鼻血出そうでした。でもワタシの隣の席に座っていたオジサンは、男子とペアのテクニカル・コントローラーだそうで太ってて、腿が触れていやだったです。)

ジョシュアは可愛い子で、ニコニコ感じがよく、ゲイっぽいコーチの人にお願いしたら「いいわよーぉ」って、カメラマンとして一緒のお写真撮ってくれました(*^^*)

そんなこともあり、公式練習から、ずっと注目してました。


彼の練習セッションは、日本人男子と一緒でした。周りでばんばんとクワドを決められ、やや気圧されてるように見えました。

身体を大きく使う、基本に忠実な、綺麗なスケートをしようとしてるんだなーって感じました。でも日本人男子と比較すると、ジャンプが今ひとつで、クリーンなものが少なかったです。一人だけ、ジュニア上がりの男の子が混じって、動転しないよう、堪えてるように見えました。

それでも、転んでは、笑顔で起き上がり、またトライ、うまく行くとまた笑顔で、ゲイっぽいコーチとクラール、サブコーチも笑顔で拍手、見ていて微笑ましかったです。

ショートは、特にアメリカ男子、ジャンプ苦戦してましたよね。
今の流れから仕方ないとはいえ、まだ完璧にモノにしていないクワドに翻弄され、お兄さんスケーターのジェレミーもロスも、本来得意な3アクセル等を逃し、実力発揮にほど遠く、観てて本当に悲しくなりました。もちろん本人が一番、悔しいでしょうが。

そんななか、ジョシュアはフリーでは、自分の今出来ることを、確実にやって行くんだという風に切り替え、丁寧に粘り強く、惑わされない演技が出来たと思います。気付けば一番後輩の彼が、ジェレミー、ロスより上になりました。

翌日、エキシビションの練習日(アメリカ男子は、誰も出場出来なかったけど、まだその日は帰国せず、チームUSAとして残っていたようです。)、彼と会うことができ、「昨日とてもよかったです。おめでとう。」って話しかけたら「自分で思ったより上手く行ったと、思っているんです。」って笑顔で、でも、真面目に答えてくれました。

彼にとっては、とてもよい成長の機会になった大会だったのではないかしらと、(素人が偉そうに)思いました。

2013/10/29 (火) 09:25:34 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

コケないPチャン

月小妹おはようございます。
いや~、Pチャン圧勝、最強プロ「四季」でしたね。
しかも、なんと、転倒無し!これって、敢えて?スッぽぬけ作戦で?転倒しない戦略だったのかしら??
「今期は無謀なことはしないよ」だそうで、クワドの種類やアクセル増やしたりしないんだな、くらいに聞いていたんだけど、
コントロール失ってコケるより、回転減らして綺麗にランディングするのも今期の作戦に入るのかな?まあ、偶然かもしれないけど。
転倒してもスピードダウンしないパトリックだけど、コケなければ終盤尚更ターボかかって超絶スケーティングに昇華…吹雪、風花、ダイヤモンドダスト…もう場外に吹っ飛んでいきそうな勢いで…人外魔境だわ。1Aなんかつなぎの一部と化してたし(笑)。
あっこさんの「オペラ座」もだけど、最後までスピーディーかつディープエッジなスケーティングで、作品を「まとめる」のが如何に大切かを見せてもらった大会でした。
もちろん、ソチでは抜けず転けずの実現を念じておりますよ~。

2013/10/29 (火) 09:46:33 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

極上ワイン2

リプニツカヤちゃんの魅力を語るには、フリーであっこちゃんの後で滑ったということ、それがポイントかな、と思います。

あっこちゃんのプログラムは、プログラム中盤にある、ゆったり円を描くステップで、ジャッジと観客のほうに腕を差し出し、誘うようなポーズが印象的でした。
彼女の大人の滑りと、大きな瞳による聴衆とのコンタクト、それと音楽の盛り上がりで、会場は大興奮でした。

その興奮のなかで、小さな小さな、細っこいリプがリンクに登場、定位置に着こうとします。彼女、全然動じてなかったです。

ツンデレの瞳で、世界が始まります。シンドラーのリストという、物悲しい旋律にのり、次々ジャンプ、ステップを失敗なくこなす。どこにも観客に媚びるところがない。それでも会場は、彼女の演技にぐっと引き込まれました。見守るように、固唾をのみ、そして最後のスピンで呆気にとられました。
「今までの他のどの選手とも違う、見たことのないものを観ちゃったよね。それともこんな子、最後に見たのっていつだったけ。」って全員、スタオベでした。
あっこちゃんより大きい、いやあっこちゃんとは違った、会場の反響でした。

すごく嬉しかった。この演技を生で観れて。

(ここでまたミーハータイム(*^^*))

ツンデレなリプちゃんですが、エキシビションの練習の時、サインとお写真をお願いしたら、一ミリくらい頷いて、丁寧にサインしてくれました。こちらは、リプちゃんの前ですごく緊張し、ペンとプログラムを氷の上に落っことしてしまったのですが、拾って渡してくれました。
ちょう感激*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

でも一緒に写してもらった写真を見て、自分があまりにトシなんだな〜と実感させられました~_~;

めちゃくちゃリプちゃん、可愛いですよ。もう保護者状態。

2013/10/29 (火) 11:44:05 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

鈴木ファンとして

言わせていただければ、先程リプニツカヤ選手の魅力を鈴木選手と比較していた方がありましたが、その逆も言えると思います。リプニツカヤ選手はほぼノーミスで、鈴木選手はミスがいくつかありましたから、リプニツカヤ選手のほうに喝采が大きいかったのは当然です。荒川さんが言ってたように、リプニツカヤ選手の演技は今の彼女の年頃にしかできない演技。誰だってあんな幼いしかも美少女がもの悲しくしてたら、つい手を差し伸べたくなっちゃいますよ。と、つい大人げなく吐いてしまいましたが、映画のワンシーンのように素敵で見事完璧演技でした。でも、鈴木選手のだって、これからだと思います。

2013/10/29 (火) 14:20:39 | URL | インコのほっぺ #- [ 編集 ]

アベルブフ

リプニツカヤ選手のプログラム、イリヤ・アベルブフ振付だったんですね!!
クセニア・マカロワ選手の「Мaria And The Violin's String」がすごく好きで、アベルブフ、他の選手にも振り付けてくれないかなーと思ってたので嬉しいです。

2013/10/29 (火) 20:00:35 | URL | いよかん #I9hX1OkI [ 編集 ]

サードジャンプがサルコウ、もしくはフリップの件。

クロママさん、貴重な情報ありがとうございます。太字の文
プロトコルしか見てなくて、先ほどやっと録画していたカナダ大会を見て確認しました。チャン選手と羽生選手のセカンドの1ループ(実際は1ループではなくハーフループでした)左インでの着地。ですので、左インから飛べるサルコウは可能の様です。クロママさんの以前、プル選手のフリップを見たことがあるとのコメントで確かにフリップも左インである事と、片割月様の>3-1-3を跳ぶ選手は他にロシェットさんやフェルナンデス選手がいますが、この場合、2番目のジャンプは1Loです 
何故1ループなのだろう?と不思議に思い、クロママさんと片割月様のコメントを繋ぎ合せて私なりに調べてみました。
以前はシークエンス扱いだった様ですがルール改正法の様です←このあたりは詳しく解りません。ハーフループが1ループのアンダーローテーションとしてみなされプロトコル上では1ループ(バックで飛んでバックで着地していますので1回転と言えばそうですが・・・ちょっと、腑におちませんが、点数はURですので1ループが0.5の70%で0.4)

で、プル選手のフリップに関しては新改正法でシークエンス扱いになった模様です。ルールは常にコロコロ変わるので着いていけず苦手な項目です。

kan-kan様 いつも意見参考にさせて頂いています。
シンドラのリストのリプニツカ選手。赤いコート>映画の鮮烈な赤いコートの女の子のイメージをうまく使っていると思いました。
私も赤のコスチュームで登場した時、同感でした。随分古い映画なのですが、映画は態とモノクロで描いていますが赤いコートの少女だけがカラーでしたのでインパクトが強かったのかもしれませんね。片割月さんの>彼の考え方・人生観がどのようにして変化したのか、その経緯がきちんと描かれていないので、 見ていてとても唐突で不自然なんですよね。この映画の突っ込み所は、そこでしょうね。海の者か山の者か人物描写が乏し過ぎます。でも、私は名作だと思います。安い賃金で自益に走った男が結果的には、人助けを行ったと捉えれば(笑)

2013/10/29 (火) 20:55:00 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

フィギュアスケーターの世界

スケートカナダ、男女ともに私も予想は完全的中~。わーいわーい。でも、次の中国杯は全く当たる気がしない……。

で、片割月様
>ちょっと気になったのは、4歳も年長の町田選手を「樹くん」と君呼びしますか^^;
私の世代では考えられないわ~。時代が変わったのかしら。

この件ですが、高橋選手は年下のスケーターから「大ちゃん」と呼ばれていました。村上佳菜子選手は、「真央ちゃん」「美姫ちゃん」「あっこちゃん」と呼んでいますね(^^)
日本の、というかフィギュアスケーターは、先輩後輩の意識はあまりないのだと思います。日本の標準的な体育会系とは違うのでしょうね。
でも、村主・荒川・恩田時代はどうだったのか思い出せません。

2013/10/29 (火) 21:34:04 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

サードジャンプがフリップの選手

片割月さま、お久しぶりです。

ikumi様からの質問に便乗して、3-1-3ジャンプで、3rdジャンプがフリップの選手ですが、片割月さまもこのブログで紹介されていた、米選手のアレクサンダー・ジョンソンくんがフリップを跳んでいます。

2013全米のプロトコル
http://www.usfigureskating.org/leaderboard/results/2013/68390/CAT002SEG004.html

2013全米フリー
http://www.youtube.com/watch?v=Y-1AI1fXdiE

大好きな選手なので、話題に横入りさせて頂きました。ご容赦を‥。<(_ _)>

2013/10/29 (火) 22:29:53 | URL | カオル #t5k9YYEY [ 編集 ]

ちょっと心配

片割月様、こんばんは。

今日、やっとスケカナのダンスを観ました。

で、テッサたち、あんまり良くなかったです。演技も衣装も。うーん、このままだと確実にメリルたちが勝つなー。
滑り込んでないわけはないので、怪我や体調不良でないならいいのですが。連覇のプレッシャーかもしれません。シュピルコーチが離れて以来、技術的なちょっとした修正が出来てないように感じます。試合で取りこぼしたエレメンツが、次の試合でも修正出来てないことが少しですがあります。メリルたちはそんなことないので、謎です。確かマルガリオがズエワのチームに入ったはずなんですが、そこんとこ、よくわからない。

もし、メリルたちが五輪の金メダルをとれば、ダンスのオールドファンや関係者からは、足元良くないカップルがチャンピオンになった!と言われるんじゃないか、と今から心配。

ウィーバーたちは、すごくディープエッジになっててびっくりしました。大人の色気がそこここと感じとれて、いい出来でした。ただ、タンゴは往年の名選手の傑作プロが多々あるので、彼らには彼らの個性をバシッと出してほしいなーと思います。とは言え、PCS9点台出すのははどうかなー?

2013/10/29 (火) 23:10:57 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

Re: 朝のバロック・チャン♪

コンチェルト様、こんばんは。

>四季の移ろいに身を任せ、バロックの森で舞を楽しむ精霊の姿を彷彿とさせました。あれは人間じゃないです、ハイ(笑)

凍りついた冬道を震えながら歩く姿とは大分違うのね(´∀`*)。

精霊ね。。。チャン選手が好きじゃない人には悪霊に見えたかもよ^^;

>スローパートは、コレルリ作曲/クリスマス協奏曲らしいですね

ありがとうございます。

コレッリとかリュリとかクープランとかテレマンとか、この辺の音楽は全く不案内だわ(^^ゞ

少し時代が下がって、ペルゴレージは大好きな音楽ですけどね。

2013/10/30 (水) 01:09:44 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: スケーティングスキル

Kan-kan様、こんばんは。

トレイシーとカートが辛口だったのは、浅田選手の演技そのものよりも、

タラソワさんのプログラムに関してでしたね。

「仮面舞踏会」も「鐘」も真央には合わないとか、酷評していたような。

それでカナダ放送は、「陰謀論オタクの浅田ファン」に叩かれたんですよね(^_^;)

2013/10/30 (水) 01:15:03 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 極上ワイン報告1

びっぐあぷる様、こんばんは。

機内でも色々なフィギュア関係者と身近に接することが出来て、良かったですね~!

ファリス選手についての詳細なレポ、ありがたいわ(#^.^#)

彼の貴公子的な風貌と端正なスケーティングが私の好みでありんす^^

これからもっと身体を鍛え、パワーがすけば凄いスケーターになるだろうと予想・希望しています(^_^)ノ

2013/10/30 (水) 01:24:51 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: コケないPチャン

シジ小姉、こんばんは。

チャン選手に転倒が無かったことは、ジャンプの調子が悪く無い証かもしれませね。

彼のジャンプで素晴らしい点は、転倒を避ける為に、又は結果的に、

両足着氷や回転不足になるケースが非常に少ないことです。回転数を減らすことはありますね。

4Tと3Aの両立という課題はまだ未解決なようですが(^_^;)

>もう場外に吹っ飛んでいきそうな勢いで…人外魔境

ガッハッハ(^O^)

精霊になったり、人外魔境になったり、悪霊になったり、

やはり、人間とは思えない、ってか^^

鈴木選手の、キレとコクの両方を兼ね備えたステップ・コレオシークエンスを見ていると、

私は益々ステップシークエンスオタクになりそうです(´∀`*)

2013/10/30 (水) 01:36:55 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 極上ワイン2

びっぐあぷる様。

極上ワインに酔いしれているご様子が伝わって来ますね(^^♪

鈴木選手とリプニツカヤ選手の演技。

これが見れただけでも生観戦に行った甲斐があったのではないでしょうか?(((o(*゚▽゚*)o)))

リプニツカヤ選手は2つの素敵なプログラムによって、

ツンデレもそろそろ卒業かしらね^^

ニコニコと愛嬌を振り撒くタイプには見えないけど、なかなか負けん気の強そうな雰囲気は好きだわ。

2013/10/30 (水) 01:46:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 鈴木ファンとして

インコのほっぺ様、こんばんは。

両選手に対する観客の喝采は、それぞれ意味合いがちょっと違うでしょうね。

比較と言えば、鈴木選手は昨季のフリープログラムが余りにも素晴らしかったので、

つい、それと「オペラ座」を比較しちゃいますね^^;

でも、おっしゃるように、これからだと思いますよ(^_^)ノ

2013/10/30 (水) 01:57:46 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re:ちょっと心配

あかねさす様 片割月様

テサモエのプログラム、そう思われましたか。
確かに昨年のようなショー的(Theatrical)なプログラムではないので、メリチャリ組みのよう華やかさはないですが、玄人受けしそうなプログラムでミスをなくしていけば点数の出るプログラムではないでしょうか。
解説はトレイシーでしたのでカナダ人としてのバイアスはあるかもしれませんが、手の組み換えなど、非常に込み入った振り付けになっているとプログラムの難しさを指摘していました。
徐々に仕上げていってオリンピックにピークを持て行けばいい勝負になると見ていますがどうですか。

2013/10/30 (水) 02:44:55 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

す、すげー!!

片割月様、おはようございます(^^)

スケカナ男子、女子共に順位当てられたのですね!
両方当てるというのはなかなか出来ない事だと思います。
洞察力に優れ、勘が鋭いのでしょうね\(・O・;)/
もうこれは、来る中国杯からたまアリワールドまで
全部当てちゃって下さい!
楽しみにしています(^O^)

ところで、さっき知ったのですが
中国杯ってCSで生放送なんですね(・・;)
パトリック、真央ちゃん、美姫ちゃんが出ないので
心臓潰れそうにはならなそうですが、
それでも生はドキドキしそうですね。
カロリーナとハンヤン選手の新プロが楽しみ♪
小塚選手は力を発揮出来て台乗りしてほしいな。

そして、中国杯の後はいよいよ東日本選手権ですね。
こちらはドキドキものです(><;)
関東選手権って結局動画上がらなかったみたいだけど、
今回はどうなのかな(?。?)

2013/10/30 (水) 08:45:25 | URL | Moeri0807 #- [ 編集 ]

ダブル3連単

おめでとうございます^^
情に流されない手堅い読みはさすが!

リプニツカヤ選手、一年でこんなにも変わるのかーとビックリしました!彼女自身の内面も成長したのでしょうけど、アベルブフ・マジック(ゴロが悪いですね)は、いまやタラソワやモロゾフ以上かも?
それにしても荒川さん饒舌でしたね(笑)

スケートと関係ない話でなんですが、ゴールド選手を見るとアメリカの女の子が写真を撮るときcheeeese!と笑顔を作る、その積み重ねであんなにも口角が上がるようになったのか??といつも思ってしまいます。笑顔もパワフル。

おっしゃるとおりの体育会系で、今のところ情緒らしきものは見当たらないけれど、スケートは基本に忠実で丁寧ですよね。ジェフ振付で鬼構成だったthe iceの群舞でも、きちんと滑れていて上手いなーと思いました。動きの引き出しが少ないとショーの短時間の練習で仕上げるのは難しいと思うんですけど。あの若さでスゴイ。

別のエントリーでコメントさせていただいた"ハイパー女子"、案外彼女やラジオノワ選手あたりがあっさりやってくれるのかもしれません。

男子はやっぱりチャン選手!

「ラ・ボエム」から打って変わって甘さを一切感じさせない「四季」は、今の男子フィギュア界でトップに君臨し続ける難しさを、自然界を生きぬく厳しさになぞらえたプロである……なんて、深読みしすぎでしょうか(笑)

そんな厳しさを感じさせる演技の中、スローパートに入ったところのロッカー+チェンジエッジ、ロッカー+チェンジエッジ…と重ねていくあたりのやわらかい表現が、とても好きです。
小川の流れるのどかな景色を私は想像しましたが、クリスマス協奏曲だったとは…どうやら作曲家の意図とは別のものを受け取ってしまったようです^_^;

片割月さま一押しの若手、ファリス選手は今回初めて演技を見ました。繊細な表現に思わず惹き込まれてしまいますね♪
(ついでにびっぐあぷる様がレポしてくださったゲイっぽいコーチも確認しました。キスクラで膝寄せすぎ!!)

2013/10/30 (水) 21:04:27 | URL | りんこ #- [ 編集 ]

Re: サードジャンプがサルコウ、もしくはフリップの件。

ikumi様。

以前はシークエンス扱いで2つの3回転ジャンプの基礎点の0.8倍になっていましたね。

それが、カナダ連盟が中心にISUに要望を出すことで、今のルールに変わったんですね。

先日、ジャパンオープンでロシェットさんが見事な3Tー1Loー3Sを決めていましたね!

現役復帰もあるのかな?

しかし、三番目に3Fを跳ぶ人がいるなんて、スゴ過ぎ(゚д゚)

2013/10/31 (木) 00:04:27 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: フィギュアスケーターの世界

神無月様、こんばんは。

>男女ともに私も予想は完全的中~。わーいわーい

おや、そうでしたか!それは恐れ入りました^^;

日本のフィギュアスケーター同士は非常に仲良しなんですね^^

ハーディングとケリガンみたいな関係はアメリカならではの現象かな。。。

もっとも、村主さんと荒川さんは「口もきかない」くらい不仲だったという噂がありましたね^^;

「さん」と呼ぶのが一番無難です。

2013/10/31 (木) 00:10:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: サードジャンプがフリップの選手

カオル様、お久しぶりです(#^.^#)

ハッΣ(゚д゚lll)、「エリナー・リグビー」のアレクサンダー・ジョンソン選手!

すっかり忘れていた(^^ゞ

ウウ(;´Д`)、何で思い出せなかったんだろう!?

1Loからの流れだけで3Fを跳ぶなんて、凄いですよね(゚o゚;;

情報、ありがとうございました。

横入りでも、飛び入りでも、飛び蹴りでも、ご遠慮なく、いつでもお越し下さいネ~(^_^)ノ

2013/10/31 (木) 00:42:33 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ちょっと心配

あかねさす様、こんばんは。

テレビ放映が無くて、小さな動画でしか見れないので、隔靴掻痒ってところでしょうか。

うう。。む。。。ウィーバー組の奮戦とテサモエのスロースタートが、

SDの技術点でウィーバー組がテサモエを上回る結果となりましたでしょうか。

>メリルたちが五輪の金メダルをとれば、ダンスのオールドファンや関係者からは、足元良くないカップルがチャンピオンになった!と言われるんじゃないか、と今から心配

そないなこと言いおったら、メリチャリファンから蹴っ飛ばされまっせ~~(*^◯^*)

>PCS9点台出すのははどうかなー?

アイスダンスでは、PCSが頭打ち状態でしょうか?

10.00点満点を12.00点満点にするとか。ダメか(^_^;)

2013/10/31 (木) 00:53:24 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: Re:ちょっと心配

Kan-kan様。

そうですか!

トレイシー女史が言っていましたか^^

テサモエはバンクーバー五輪シーズンの時も、GPFでは2位だったのを、五輪では優勝しましたからね。

エンジンがまだ温まっていないのか、それとも、あかねさす様が言及されていますように、

コーチが変わった影響がモロ出ているのか。。。

2013/10/31 (木) 01:00:25 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: す、すげー!!

Moeri0807様、こんばんは。

>洞察力に優れ、勘が鋭いのでしょうね\(・O・;)/

(ΦωΦ)フフフ…今頃分かったの?

ナンチャってネ(*^◯^*)

し、しかし、中国大会の予想では「馬脚」を現しそうで(^_^;)

>中国杯ってCSで生放送なんですね(・・;)

契約している方が羨ましいわ。私はお財布が寂しいのでちょっと。
Jスポまでで精一杯よ。

>カロリーナとハンヤン選手の新プロが楽しみ♪
小塚選手は力を発揮出来て台乗りしてほしいな。

同感でありんす。

日本は撮影とか取締がキツイから、スポーツニュース番組で安藤選手くらいフルで流して欲しいですね。

2013/10/31 (木) 01:08:50 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: ダブル3連単

りんこ様、こんばんは。

ありがとうございます^^

リプニツカヤ選手はまさに今出来る最良の演技をしていますよね。それ自体が凄いわ~。

>スケートは基本に忠実で丁寧ですよね。ジェフ振付で鬼構成だったthe iceの群舞でも、きちんと滑れていて上手いなーと思いました

お、ゴールド選手の特長をつぶさに良くご覧になっておられますね^^

>「ラ・ボエム」から打って変わって甘さを一切感じさせない「四季」は

そうですね。甘さが無く、隙がなく、研ぎ澄まされたような演技は、

何かの刑事ものドラマに登場する凄腕検察官みたいですね。

オオッ、ファリス選手の演技をご覧になりましたか(*´∀`*)

雰囲気が繊細で端正なんですよね。

あとは、ジャンプをもっとしっかりとネ(^_^)ノ

2013/10/31 (木) 01:49:12 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

片割月様 貴方のブログに出会えて良かった

私は昔のルールが全く解りません。ですので、時代と変わって行くルールの流れの情報を、いつも、ありがとうございます。鑑賞歴はジャネット・リンさんの時代からなのですが(年がばれる~バルタン先生よりは多分・・下だと思いますけど 笑)ただ、日本人選手が優勝すれば良い感覚でした。しかし、キムヨナ選手が出てきてオーサーコーチに従事された後位から「なんて、綺麗な滑りをするのだろう」と熱く感動した感覚を覚えています。しかし、ネットでは不正やら買収やらと騒ぎたてる輩が出てきて(そしたら真央選手の血の滲む努力は無駄だと言っているのと同じじゃないか)と憤慨したものです。それならば、今までフィギュア好きだけどボォーと見ていた怠慢な態度を払拭して、研究し始めた次第です。片割月様は、真央選手のファンで在る様ですが、キムヨナ選手に対しても公平な判断で語ってくれます。私は、これこそが本当のフィギュアファンと呼べる人達だと思えます。良かった。ここのブログに出会えて。

2013/10/31 (木) 02:39:49 | URL | ikumi #- [ 編集 ]

スケカナEX

片割月様

こんばんは。
やっとスケカナのエキシビを見ました。

あっこちゃん、羽生君も素敵でしたが、なんといってもパトリック・チャン選手です。
かっこいい~!衣装もタキシード風で音楽にもぴったり、余裕のある演技でこれを見ると怪我さえなければ、やっぱり金メダルに一番近い選手だなあと。

もしかしたらチャン選手のエキシビの中では一番好きかもしれません。ソチでこれが見たい。

2013/10/31 (木) 23:51:23 | URL | ぱた #- [ 編集 ]

プログラムの問題ではなく

片割月様、kan-kan様こんばんは。

テッサたち、プログラムは問題ないと思います。バンクーバーシーズンの第二章のような趣で、しかもあのときより濃厚な作りでステキだと。
心配なのは演技の出来なんですよね。バンクーバーシーズンはテッサは足の怪我が完治してなくて常に痛みを抱えながらだったので、スロースタートでも仕方なかったと記憶してますが、今季は国別もスキップしたし、プログラムの公表も、御披露目も早く、準備万端で、しかもホームでの試合でスタートだったので、ありゃ?という感じで、余計に良くなく感じたのかもです。

あとはプレッシャーなのかなー。二連覇ってグリプラ以来ですもんね。すごく難しいですことですよ。あのプラトフも、長野で二連覇が決まったあと、極度の緊張と、そのゆるみからか裏の通路で戻したって話なんで、並みの人間には到底耐えられるものではないんだろうなー。まあ、プラトフの場合は単にプレッシャーだけでなく、グリシュクのストレスも原因でしょうが(笑)

次の試合は、バシッと決めてほしいです。

トレイシーが言うように、難しくもステキなプログラムですからね。
ただ、私は、グリプラの大ファンなので、彼女のことは嫌いなんですけどねー。

2013/10/31 (木) 23:59:19 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

Re:Re: 赤いコート

片割月さん、こんばんは。

映画のシンドラーについて、私も全く同感です。
スピルバーグはやっぱり娯楽映画の人だなと。いや、娯楽映画を馬鹿にするわけではなく。
オスカー・シンドラーの複雑な人間性よりも、観客のカタルシスを満足させる方向に行くのだなとしみじみ思いました。

リプリツカヤ選手は、今の彼女だからこそ生きるプログラムで、本当に上手い戦略です。見る限り評判も上々ですが、彼女に関してはPCSが低すぎるという意見は出ませんね。ここまではっきりわかれば納得、ということなのでしょう。

2013/11/01 (金) 00:27:01 | URL | バジル #- [ 編集 ]

極上ワイン3

極上ワイン3

皆様、こんにちは。片割月様、ご丁寧なリプありがとうございます。もう次の中国杯が始まりそうなんですね。

ゆづについて。
公式練習で見たとき、想像以上にいい選手なんだなという印象を受けました。

細い体、黒い練習着の上からも分かる詰まった筋肉、高い高いジャンプ、きびきびした動き。次から次へとエレメンツをこなし、漫然と練習をしていない、失敗しても(実際中練習でもジャンプの失敗は少しはありましたけど)、「キッ」という目をして、すぐ次に行く。

何よりリンクの上に立ったときのオーラ。

一方、気になるパトリックは、自分が目にした公式練習では、アクセルは全部2回転だった。3Aを成功させたのは、フリー試合前の6分間練習だけ。視線を落として考え込む様子が印象に残ったのです。

ロンドン・ワールドのときのヨナの練習風景を思い出し、「今回はゆづが圧勝だろうな」と思いました。

結果は外れてしまいましたが、それでも私のゆづ選手についての印象は鮮明なままであるし、「すごくいい選手」と思った私の体験は動じていません。

なんでうまく行かなかったのかしら?

気迫はすごかったけど、少々慌てている感じも、今にして思えばあったな。

試合を見ての感想は、プログラムが充実していること。
現地のベンチで長い間腰掛けて、連続して選手の演技を観ていると、寒さもあって頭がぼーっとし実は、演技を目の前にして、他のことも考えてしまうっていうこともあるのです。(私の場合)

言いたいことは、滑ってはジャンプ、滑ってはジャンプ、あとは要素を入れるだけという風にしか見えないプログラムが少なからずあったということ。
そういう風に考えると、パトリック、ゆづ、あっこちゃんのプロは、ただ滑っているという時間が少なくて、繋ぎが濃く、振付師が力を入れて、勝負、メダルを見据えて作ったものなのだろうと、素人の自分でも感じられるほどでした。
ゆづのプロは、一番面白くて、退屈しない。
フリーでは彼の後に滑った織田君のほうが、会場は湧いたのですが、それでもゆづのほうが、スコアは高いだろうな、と出る前から思いました。それくらいプログラムが濃い!

エキシビションの「悲愴」は、衣装のキラキラがライトに反射して、すっごくきれいでしたよ。うーん、ワイン2杯目の酔いでした。

彼の性格やメンタル的なことが報道、スケートブログで言われているらしいのですね。私も練習中、オーサーと彼のやりとりしている様子を観察していました。オーサーが何か言うたびに、うなづいていたけど、神妙に聴くというよりは、わりと「ああ、分かっていますよ」的な感じはしたかな。あくまで印象。
自分の世界に入り込んでいそうです。フリー後、エキシの練習中ジャンプが決まらないことがあって、「ツレエな!」ってひとりごちたり、可笑しい。
あざとく見えるときもあるのかもしれませんが(実際そういうところもあるかも)、結構この子は天然で、とにかく表情がコロコロ変わって面白い。

その他いろいろ見ていて面白いエピソードがあり、その都度ツイッターでつぶやいていたら、半日のうちでフォロワー数が10倍になり(スケカナ後また元に戻るでしょうが)、羽生選手って人気者なんだー、って驚きました。
織田君や無良君は、ママとパパだけしか一緒にいる人がいなかったけど、ゆづは、マスコミやらマネージャーやら関係者が常に帯同。ガードは固くて、ファンの人もほとんど接触できていなかったと思う。パトリックや織田君は、その優しいお人柄で、現地のカナダ人、応援しに来ている日本人にもとても丁寧でした。

これは、エキセントリックさんのブログでコメしたいな、と思っていたのですが、ゆづに頬をかしげての女の子笑顔をされちゃって、ドキッとしました。

べつにゆづファンでもなかった私ですが、世の中の成熟した女性をも(男性も)萌えさせるのが、なんとなく分かりました。

2013/11/01 (金) 00:37:59 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

極上ワイン4

今回私の座席なのですが、四角い長方形の短いほうの辺、選手出入り口の反対真正面、8列目の席です。会場は小さくて、ここからだと、俯瞰でよく見えました。

向こうから滑ってくる選手は、まるで、ワタシの元に駆けよってくれる恋人のようでした!

ダンスなど、何も分からない私ですが、テサモエの印象を少しだけ書かせてください。

テッサ・ヴァーチュのすこし肩をすぼめて、スコットに顔を近づけているポーズがほんとうに綺麗でした。。

ショートの印象。
2人距離が離れているところから、だんだん近づいて行く軌跡がハートの形だった。白いリンクで俯瞰で観て、綺麗でした。
体を近くして、ステップ、スパイラルを忙しくやっているのではなくて、離れていても、ゆっくり滑っている(ように見える)時も、素敵なのがこの2人。

フリーの印象。
おでこ、鼻、あご、2人向き合ったときの、その輪郭線に囲まれた空間が美しいんです。テサモエは。もう、うっとり。
テッサのドレスのすそが乱れたときに見える、お尻の、その筋肉さえもが、違うととおもってしまう。

エキシビッションの印象。
リンクの上に寝そべる2人。女性のほうが男性に多く思いを寄せている、ちょっと片想いてきな、恋人の風景でした。
この2人って何が他のダンス組みと違うんだろう。印象が全く違うんですけど。ワタシの印象がワタシにとって全てでそれでいいとも思っているけど。

2013/11/01 (金) 01:30:43 | URL | びっぐあぷる #OcjQ5LEw [ 編集 ]

kan-kan様、あかねさす様へ

横からスミマセン。
トレイシーさんのアイスダンス解説についてお聞きしたいことがあります。

私は長野五輪のグリシュク&プラトフの演技をTVで見たのをきっかけにフィギュアスケートに興味を持ちました。以来、アイスダンスを見るのは好きなのですが、ルールはよくわかりません。
ですから、過去の動画でトレイシーがグリプラの演技や採点を批判しているものを見るとムッとするのですが、それが正当な意見なのかロシア嫌いから来ているのか判断できません。

以下一例。
英語はほとんどわかりませんが、首位のグリシュクのフリーフットが氷に着いていたと文句を言っている様子。

http://www.youtube.com/watch?v=WqOkBlD1JvU#t=221

まず、kan-kan様にお訊ねしたいのですが、以前ソルトレークスキャンダルについてお話した時に
「アイスダンスはずっとソ連が牛耳っていて滑る前から勝者が決まっていた。スキャンダンラスな採点が売り物の種目だった。それをトレイシーたちダンサーが中心になって改革して、公平でエキサイティングになった」
という主旨のことをおっしゃていました。
それは上に挙げた動画のような、トレイシーさんのロシアカップルへの批判が、カナダでは正しい主張と受け取られていたということですか?それは今の、ヨナ選手の回転不足が見逃されている!という主張とどう違うのでしょうか?
ずっとソ連ロシアが連覇してきたのは実力かもしれないし、同じ課題で滑るコンパルソリーでは上手なカップルが勝つのは自明であり、そのままFDまで順位が変わらなくても不自然ではありません。
「ずっと疑惑があったのに証拠がなかったのが問題で、ソルトレークで証拠が出たので改革できた」
というkan-kanさまの言いようは、ソルトレーク以前のチャンピオンたちに失礼ではないかと思えて、私には納得できませんでした。
ソルトレークでロシアが不正をしていたからといって、過去の疑惑も全てクロだったとは言えないと思います。
前回お訊きした時は、私の時間の都合でレスもお礼もできずごめんなさい。ですが、今一度、北米での見方やkan-kan様の考えについてお伺いしたいです。
反論お待ちしています。

私はタラソワもグリプラも好きなのでトレイシーさんは嫌いですが、今のルールと技術を見る上で彼女の解説は参考にしています。
ただし、ロシアが絡むと「嫌い」が前面に出すぎていて、全面的には信用できない気がしてきます。

そして、あかねさす様、初めまして。
ダンス好きの端くれとして、各選手への愛とユーモあるコメントを楽しく拝見しています。
突然の質問を失礼します。
アイスダンスファンのあかねさす様から見て、過去の試合で採点が不自然だったと思われるものはありますか?
偏り無く見ていらっしゃる方だと感じますので、参考までにお聞きしてみたいです。

2013/11/01 (金) 02:30:14 | URL | うめきゅー #kpjYxc8I [ 編集 ]

トレイシーさんのアイスダンス解説について

うめきゅう様

私もずっとフィギュアスケートを見ていましたが、ここにお邪魔するようになるまでは特に気を入れてみていたわけではないので、バルタン先生のように理論的には説明できません。ただ、その頃からアイスダンスは日本の皆さんより北米のほうが見る機会は多かったと思います。

最初にここにお邪魔した頃は、カナダ悪、ロシア善、トレイシー悪、タラソワ・モロゾフ善の皆さんが多かったので驚いたものですが、やはりトレイシー性悪説は根強いですね、(笑)
トレイシーの どこが嫌いですか?(笑)

6点方式の採点は、今のような各エレメント毎に採点されていたのではなく、ジャッジの主観に左右され、また対選手の比較点数方式で(そのために滑走順が早いと、後から出てくる選手の可能性を考慮して点数を抑えられる傾向にあった)、最終順位はそれに基づいた順位点で決められていたので、しようと思えば順位の操作はしやすかったはずで、そのために結果が常に論争の的で、皮肉っぽい言い方をすればそれがひとつの楽しみでもあったと思います。特に転倒もないダンスは採点基準がわかりにくく物議をかもしたものです。もっともグリシュクは相当なDivaでそれでもLove to hateというか憎まれ役のヒロイン?で人気がありましたよ。パートナーがおとなしそうで、彼に同情が集まったものです。ひょっとしたら彼女のイメージも日本と海外では違うかもしれませんね。

北米の見方としてはYoutube に投稿されている皆さんのコメントのような見方が一般的だったと思います。偏った陰謀論ではなくそれぞれにコメントをされていますが最初にあるこのコメントのような見方が多かったです。

I'm a diehard figure skating fanatic, but I must admit that Ice Dancing is almost embarrassing. It's ludicrously subjective、、、、
But when the best teams are judged, it's clearly a matter of nationalism, personal taste in music/style,
私は熱狂的なフィギュアオタですが、アイスダンスはほとんど恥じいるに近いと認めざるえません。採点があきれるほど主観的で、、、
実力伯仲のトップグループの判定になると、明らかに(ジャッジの)愛国心や音楽/スタイルなど個人的な好みの問題になってくる。

以前はこういう見方をしている人が多かったのですが、ダンスは、特にその頃の振り付けでは転倒のようなあからさまなミスはめったになかったし、トップのチームの実力は僅差だったのでジャッジが主観で採点しているわけですが、A組に5.9 と5.8、B組を上にしようと思えば5.9と5.9と採点すれば順位操作と疑う余地もなく、順位の正当性は常にうやむやで終わっていたと思います。(と、私は思っています)

トレイシーはその時代のアイスダンサーですから長年のフラストレーションから、語気が強く感じられるかも知れませんが 「フリーフットが氷に着いていたと文句を言っている様子。」とありますが「文句」とか批判ではなく、「指摘している」と言うべきではないでしょうか。
「(ヨナ陣営の)オーサーとトレイシーがしつこくルッツのエッジエラーに文句をつけたので、真央ちゃんはルッツを跳べなくなった」という書き込みを見たことがありますが、それを思い出しました。ロシアが絡むとトレイシーは嫌いだそうですが、なるほどトレイシーは悪、ロシアは善というスタンスを感じますね~。(笑)

でもこういう指摘こそがお茶の間ファンにとってはどこを見るべきか勉強になるのではないですか。日本のTV解説に欠けていると思うのははこの点で、ミスがあった場合にはそれをちゃんと指摘しないので主観的に見ているお茶の間ファンの間から陰謀論が聞かれるようになるのでは。もちろんミスの指摘だけでなく、素晴らしい演技の解説も必要です。そうするとただきれい、だけでなく、どういうところが素晴らしか、難しいかがわかるようになる。

ペアの採点に端を発したソールトレイクのスキャンダルの時、ここぞとばかり改革に向けて動いたのはペアのスケーターよりむしろアイスダンスのスケーターが多かったのはこういう長年の背景があったからです。カナダの選手だけではありません。ルーマニアなどヨーロッパの選手も積極的に参画しました。

これはバルタンさんに体操の米国の選手とヨーロッパの選手の比較について伺ったことがありますが、ロシアはボリショイバレエに代表されるように伝統があり、動きに気品があって華麗ですから、その点ではやはり優れている選手も多かったです。ロシア選手や演技を全て否定しているわけではありません。それでは果たしてジャッジが公平だったかというと、主観によるジャッジである限り必ずしもそうとはいえないと思います。当時は採点を見てあからさまに不満の表情を見せる選手もいた記憶があります。が、陰謀論者じゃあるまいし証拠がない限り動けなかった。
私はソールトレイクで千載一遇のチャンスを掴んだ選手たちがこの機会を逃してはならぬ、とばかりに動いたと見ていたのですが、日本の皆さんはそう取っておられないようですね。

新ルールについてもそれぞれの考え方があると思いますが、各エレメントを点数化したことにより、以前より客観的な採点方になったといえると思います。
また新ルールにより、ジャンプも演技全体の密度も濃くなったと思います。
アイスダンスもふくめ、順位をめぐっての議論もなくなったと思いますがいかがですか。(陰謀論者は問題外!)
そう考えると、改革に向けてがんばったアイスダンサーの功績は評価されていいとおもいますが、、、





2013/11/01 (金) 07:23:44 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:極上ワイン3

びっぐあぷる様

羽生選手はジュニアのときYoutubeで見て、今までの日本人と違う何かを持っていると思いました。彼にとってトロントに拠点を移したのは特に表現力養成の面で大正解だと思います。公式練習を見てその成果を垣間見た気がしましたが、試合にそれが出せるようになるのには経験が必要でしょうね。今はまだ気負いすぎだと思います。

オーラがあるとは、オーラはTV観戦では解りませんね。

2013/11/01 (金) 11:17:40 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

お恥ずかしい・・・

うめきゅー様、こちらこそはじめまして。

私なんぞのコメントにまで目を通していただいて
うれしいやら、お恥ずかしいやら・・・。
変なこと書いてませんでした?
私もうめきゅー様のコメントをなるほどーと拝見してましたので、
お声かけていただいて?うれしい限りです。
ふふふ。

グリプラお好きですか?!私、超大好きです!
私にとっては神ですね。(あのころの選手はみんな神ですけど)
卓越した技術、それに負けない芸術性、ただよう緊張感、オフアイスでのゴタゴタ・・・、
すべてをひっくるめて神です。

長野五輪のときの不正疑惑、はい、それがトレイシー嫌いの原因です。
まあ、その前からグチグチは言ってましたけど、
いやいや、グリプラがボーンクラと競ってたことなんか一度もないですからね。
フリーレッグが付いたからって何ですか?っという感じですよ、まったく。
上に上げてらっしゃる動画以外にも、連日、メディアでぎゃーぎゃー言っていたので、うんざりとしました。

過去の採点でう~ん、と思ったのは一生懸命考えました。
一般的に「不正だ!!!」と騒がれて有名なのは
2002年長野ワールドのイスラエルのチャイサフの総合3位でしょうか?
4位のリトアニアのドロヴァナの成績に納得いかなかった他の選手たちが、38人くらいの署名を集めたんですよね?
しかし、私個人はチャイサフの演技もよかったし、ドロヴァナだってよかったと思ってます。
問題なのは、ODまでで4位だったチャイサフが、OD3位だったドロヴァナを抜いて総合3位になった理由ですよね。
見た目の出来はほぼ互角だったのに、ドロヴァナを抜くくらいの何かがチャイサフにはあった、とジャッジが判断した理由。これがよくわからなかった。
何しろ他の現役選手たちが「はぁ~?」ってなったくらいなので、これには「陰謀」説が流れても仕方がなかったのかなーと思います。
(ジャッジの藤森さんは「チャイサフはデュボアのとこに移ってスケーティングが見違えるほどよくなったけど、ドロヴァナはエッジの使い方?が粗いところがあった」と言っていたそうです。)
まあ、この後(2003年~04年シーズンからですっけ?)新採点が導入されたので、結果的には評価の透明性みたいなことが大きな問題であったのは確かでしょうね。
署名活動にしても、直前のソルトレイク五輪の時の北米のやり方をみて「言わなきゃ損やで!」という思いが選手たちに強くあったんだと思います。(しかしチャイトたちはかわいそう)

で、話を戻しますど、私がおかしな採点だ!と思うのが1つありまして、これはトリノ五輪のCD。
1位、イタリアのフーマル組
2位、ロシアのナフコス組
3位、ブルガリアのデンスタ組
今、改めて動画を見直しましたけど、どうしてバーバラたちが1位なのかトンとわからない。
ナフコス、デンスタ組みの方がどうみても上。
これでは地元上げ&チンクワンタ会長効果と言われても仕方ないでしょうね。
はっ!!あかん、これはもう新採点になってる試合や!
おかしいな・・・。

まあ、最終的にはマルガリオがODで転倒しまして(あの有名なバーバラ姐さんの仁王立ち&睨み付け、全世界が凍りつく!)、結果、ナフコスが金メダルとりましたけどー。

2013/11/01 (金) 15:17:24 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

ゴールド選手にときめきましたw

録画できてなくてorz、動画サイトをポツポツあさってました。
男子はさすがにパトリック圧巻ですね。
彼の顔、というか、主に目元が苦手なんですが、それを忘れて、さすがといわざるを得ませんでした。
次はちゃんと録画する!というかちゃんとハードディスクを整理しておく! ヾ(・・;)

女子はとにかくリプニツカヤ選手に驚きました。
無表情で、妙に淡々とした選手だ(昔の荒川さん系?)と思っていたのが嘘みたいです。何でしょう?
士別れて三日なれば刮目して相待すべし
とはこのことか、と。
アベルブフがロバチェワと別れたと聞いたとき、経緯も知らないのに勝手になんとなくアベルブフが悪いみたいに思っちゃったwんですけど(違ったらごめんなさい)、この仕事は素晴らしいです。

もう一人、個人的につぼったのはゴールド選手。なんて魅力的なオーロラ姫でしょう。
曇りもなく晴れやかに、ただひたすら明るく元気いっぱいでやんちゃに華麗。
オーロラ姫を演じる人はこうでなくては。
ローズ・アダージオでの華やかな笑顔には思わずこちらもにっこりしました。
ちっちゃい画面なのが残念。NHK杯を待ちます。

 ※子君ちゃんのはオーロラ姫とはちょっと違うと感じてしまう。
PGの前半がどっぷり「フロリナ王女と青い鳥(眠れる森の美女:第三幕のディベルティスマン)」なせいもあります(後半はオーロラの結婚ですがね)。
意地悪な継母によって塔に込められたフロリナちゃんのもとに、これまた、継母によって青い鳥にかえられた王子が慰めに飛んでくる。閉じ込められて不幸だけれど、小鳥の訪問に喜んで姫は微笑んで踊るのです。
まだまだ腺が細いせいもありますが、子君ちゃんはオーロラ姫というには笑顔もほんのり控えめ。
もっと大輪の薔薇みたいであってほしい、オーロラ姫には。清楚で可憐だけれども堂々としてる、どんな場所に出しても決してシュリンクしない、そんなお姫様がオーロラだと思います。
なにしろ妖精たちに贈られた美徳は「鷹揚、元気、優しさ、暢気、勇気」ですから。ゴールド選手は嵌ってると思います(ルックスのおかげもかなりあるけど)。
大きい画面で見たらがっかりでした、なんてことがありませんように・・・

2013/11/01 (金) 15:33:35 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

kan-kanさまへ

お返事ありがとうございます。
まず断っておきたいのですが、私は「ロシアが善」とか「ルール改正はカナダの陰謀」といった考え方はしていないつもりです。ロシアという国は信用ならないと思いますし、カナダにも好きなスケーターはいますし、それぞれ違う魅力があると思っています。
その上で、北米はいくらなんでもロシアを悪者にしすぎじゃないか?それはそれで自国贔屓もあり、見方が偏っていないか?と思うので質問しています。
旧採点時代のロシアのチャンピオンたちの演技を見てフィギュアファンになったので贔屓目もあり、カナダを愛するkan-kan様にはお気に触るかもしれませんが、ご容赦いただければ助かります。

トレイシーさんが嫌いなのは、バンクーバーの真央選手のEXで、笑顔でカプリースを演じる真央選手を見て
「タラソワの重いプログラムから解放されたことを喜んでいるように見える」
と言ったからです。(ヒアリングがほとんどできないので字幕頼みです。この訳が間違いであれば、また心証は変わります)
「鐘」やタラソワが真央選手に合っていないと考えるのはトレイシーさんの自由ですが、だからといって真央選手もタラソワプロが嫌だったと思い込んだようなコメントはいただけませんね。あの曲を選んだ真央選手の自主性や、今でも「鐘」が一番好きだという気持ちを無視しています。
公平な解説とは思えません。やっぱり単純に彼女はタラソワさんが嫌いなんじゃないかな(笑)
また、翌年の「愛の夢」の解説の中で、去年は3Aを跳ぶことしか考えていないように見えた。との解説があり、「トレイシーという人はタラプロが嫌いなだけでなく、去年の真央選手が表現しようとしたことを何も見ていなかったんだな」と、ますます反感を持ちました。
これで、私の中のトレイシーさんへの信用度は落ちました。ロシアが絡むとしばしば客観性が損なわれる人のようだ、と(別に、性格が悪いとまでは思いませんが)。
カートもタラソワ振付けはお気に召さなかったようですが、彼は真央選手の気持ちを決め付けるようなことは言いませんでしたよ!
あと、声がキンキンしていてヒステリックに聞こえてしまうので、それも苦手です。
褒めるときや技術的な指摘はまだ良いのですが、プログラム自体への批判があんまり長いと「わかったからとにかく黙って!」という気分になってきます。あれでは演技に集中できない;
でも、ジャッジの評価の上で「鐘」というプログラムに問題があったことは、トレイシーさんの解説のおかげでわかりました。
浅田選手のエッジエラーの指摘は、当然の解説なので何も問題ありません。プロトコルの通りです。

上記のグリプラへの「文句」が浅田選手への「指摘」と違うのは、
「首位のカップルにはミスがあったのに、順位がおかしいのではないか」
というような、ジャッジの判断に異議を唱えるような解説だからです。
旧採点は採点基準が明確ではなく、主観的なので、正当性がうやむやだというのは私も認めます。
ただ、主観的だからこそ、正当な採点にもイチャモンをつけることができる、とも言えます。
だから最初に、トレイシーのこのジャッジを否定し視聴者に不正を印象づけるような解説は、ヨナ選手のエラーが見逃されているという陰謀論とどう違うのか?とお訊ねしたのです。
嫌味な言い方でゴメンナサイ。しかし、素人目ながらグリプラの滑りは抜きん出て素敵に感じ、審判が1位と評価したのに、それを恥ずかしい採点などと言われては…

ミスを無視した審判が間違っていたのか、トレイシーさんの指摘したミスが問題にならないほど他の部分に差があったが故の正当な採点なのか、私には判断できません。
その、基準がよくわからない所が旧採点で揉めた原因なのでしょうね。新採点は公平になったという点では改善されました。
細かい不満や感情的な不平はありますが、基本的には良いと思っていますよ。

ただ、旧採点が不透明であり、ソルトレークで不正があったからといって、それまでの採点で勝ってきた選手たちの価値が損なわれたわけではないでしょう。
北米の意見を見ているとたまに、新採点によって我々がロシアの不正からフィギュアスケートを救ってやったのだ、と思っているんじゃないかと感じます。
それがなんだか、昔のロシア選手たちの実力にケチをつけられているようで、ムッとしてしまうのです。

2013/11/01 (金) 15:53:33 | URL | うめきゅー #kpjYxc8I [ 編集 ]

次はkan-kan様へ

kan-kan様、こんにちは。
コメントはおそらくうめきゅー様への返信だと思いますが、ちょっと黙っていられない(笑)


「アイスダンスはずっとソ連が牛耳っていて滑る前から勝者が決まっていた。スキャンダンラスな採点が売り物の種目だった。それをトレイシーたちダンサーが中心になって改革して、公平でエキサイティングになった」

これはちょっと同意しかねますね。ソ連が牛耳ってて、滑る前から勝者が決まってる?
そんなこと誰が言ってます?北米の一般人?メディア?
これにはさすがにカチンと来ました。

違いますよ、滑る前から順位が決まってるくらいに、ソ連の選手たちの「技術が優れていた」でしょう?
牛耳ってるは関係ないですよね。どんな競技にも実力が抜きん出てる国ってありますよね。
陸上の短距離は南米の選手が強いし、長距離ならアフリカ、卓球なら中国とか。
だからと言って、その国が牛耳ってるって言いますか?
言いませんよね。単に実力の差でしょう?

今で言ったら、テサモエとメリチャリがいつも一位か二位なので、「北米が牛耳ってる」って言われても仕方ないですか?
だって技術が優れていますもん、当然の結果でしょう?それとまったく同じですよ。

それに、採点の問題は選手たちのせいじゃないし、ましてやソ連のせいでもない。
そして、新採点後、ロシアが振るわなくなったのは優れた指導者の国外への流出で、この原因はソ連という国の崩壊です。北米が有利なルールになったんじゃなくて、ロシアが複合的な理由で対応が遅れたんでしょ?ロシアはじめヨーロッパの選手たちが「公平な」新採点だと点が出ないような選手たちだったってことではありませんよね。

私もうめきゅー様と同じで旧採点時代の名選手たちを否定されているような気がいたしました。

2013/11/01 (金) 16:06:44 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

便乗するようで恐縮ですが (しかも何度もおじゃまして・・・)

カナダ人がロシアを忌み嫌うのは、アイスホッケーがらみもあるんでは(笑)?
タラソワさんのお父様が監督在任中は世界選手権を相当長く連覇していたと聞きました。オリンピックも連覇したはず。
時として、ウィンタースポーツしか誇れるものがないとまでいわれるカナダ(失礼!いや、よくカナダ人が自虐的にそういうのを読んだり聞いたりしたので)からしたら、不愉快なのかも。

kan-kanさんがお嫌いな、ジョニー・ウィアーがソ連、ロシアに興味を持ったきっかけは「こどもって親が嫌うものを好きになってみたりするでしょ?僕が子供のころアメリカではソ連はとても悪い国ってことになってたから」みたいなことを言ってました。
あ、ジョニーちゃんって結構いい子だと思うけどな。
性格悪いとまでkan-kanさんは言われてますけど。何を以って性格が悪いというかはわからないけれど、私は好きです。“白鳥”以降に嵌りPGに恵まれなかったのが残念。

トレーシーさんはカーチャ・ゴルデーワもその明るく、社交的な人柄をとてもほめていましたから、いい人なんだと思います。
真央さんに関しては、トレーシーさん、かなりお気に入りの選手ですよね。それがロシア“なんか”に取られたという面白くなさもあるのでは?

一度何かの試合のときに、真央さんがオープニングのジャンプに入る前にリンク内を疾走し始めると、「この速さをご覧ください」といったことがあるんですよ。何の試合だか忘れましたけど、時間があるときに探しておきますね。
真央さんのスピードが遅いと指摘され始めていたころだったので、「トレーシー、マジか?マジで言っているのか?」と思った記憶があります。だから、気分でものをいう面もあると思う。

それと、タラソワに関しては・・・。
私はタラソワファンですけど、ナタリア・デュボワさんもタラソワさんのこと非難してます、その指導方針に疑問を感じる、と。
正確な技術の構築よりも選手本人のカリスマ性やスター性だのみな演技構成だ、みたいに。特にベステミアノワのことを。すばらしいスター性のある選手なのに、指導者が悪い、と。
私はベステミアノワ・ブーキン組のブーキンさんが好きだったので、彼らがカルガリーで優勝したのはうれしかったし、EX.のPGの凄艶さは大好きでしたね。で、タラソワさんにはそのころから勝手に好意を持ってましたので、のちにデュボワさんの本を読み、ベステミアノワ・ブーキン組の足元は決してトップじゃなかったのに、タラソフの娘がコーチだから連勝して・・・!みたいな非難を読んだときは少なからずショックを受けました(もっとも最近のヴァイツェホフスカヤさんの書いた本の訳文の一部を読ませていただいたら、タラソワさんだってそんなにいい思いばかりもしてないんだけどな)。
でもデュボワさんの育てた選手たちを見ると、足元に関しては、デュボワさんの自信を疑う気にはなれないし、やっぱりそうなのかもしれないなぁ・・・と。
ただ、私は雰囲気重視のチャラユルいファンなので、そっか、でもいいや、私は好きだからで、終わっちゃってましたけどね。
それがCOPになると、まあいいや、じゃすまなくなる。え?なんで?と思うことが増えてしまって。雰囲気重視で見ていた私のようなファンはことに混乱するわけです。
いや、あっちが勝ちでも良いけどさ、そんなに差がある?と。

でも、いくらなんでもトレーシーたちカナダ勢ダンス選手が正義の戦士で、ソ連の選手たちは本当は十分に力なんかなかった、みたいに言われるのはちょっと・・・それもまた妄想染みてません?笑 ある意味、陰謀論よりすごいかもよ。

2013/11/01 (金) 19:08:31 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

あかねさす様へ

お返事ありがとうございます。
私の拙いコメントを読んで下さっていたようで、こちらこそお恥ずかしいです///

はい!グリプラ、大好きです。
といっても長野五輪当時は中学生で、選手の名前を誰一人として知らないまま、男子フリーとダンスFDとEXだけ偶然見て、それがフィギュアスケートをちゃんと見た最初なので、ほとんど動画でしか知らないのです。
でもあの「メモリアル」は子供なりに衝撃でした!こんなカッコイイものが世の中にはあったのか!って。
それからずっとお茶の間ファンだったのですが、ダンスってほとんどTV放送が無いんですよね。
で、トリノ後あたりからネットでフィギュア動画を見るようになって、PC越しにグリプラの演技と再会して、過去のダンスの名演技をさかのぼり、また現代に戻り…というアイスダンスニワカです。
素敵だな、と思う演技は沢山ありましたが、グリプラ以上の衝撃には出逢えていません。
「初恋補正かしら?」とも思ったのですが、ダンスファンのあかねさす様から見ても神ですか。なんだか嬉しいです(*^_^*)

>フリーレッグが付いたからって何ですか?
あっはっは、トレイシーさんには悪いですが、私も正直なところ、そう思っておりましたw

グリシュクさんの強~烈!なキャラとプラトフさんの苦労なども後から知りましたが、そんなところも面白いですね。
ダンスファンが選手の「場外乱闘」にギスギスせず、茶化したりツッコミ入れたりしつつ楽しんでいるノリ、最近のシングルファンの殺伐ぶりと比べると羨ましいです。

と、舞い上がって単なるダンス語りになってしまいましたが、
採点への疑問についてもお返事ありがとうございます。
なるほど、と読ませていただきました。
せっかく例をあげてもらっても、私はダンスを「雰囲気が好きかどうか」程度にしかわからないので、発展性のある話ができず申し訳ないですが(^_^;)

やっぱり旧採点は基準がよくわからないのが問題であり、疑惑を呼ぶ原因になってしまったけど、それは「ソ連が牛耳っていた」のとは違いますよね。
そして新採点でもよくわからないことはある、と。

バーバラさんの仁王立ち、深夜バラエティの「アイスダンス気まずい演技特集」に出てました。
横で見ていた父が「こりゃ相方の男は丸刈りだな」とか言うので吹き出しましたw

ではでは、またお話できましたら嬉しいです。

2013/11/01 (金) 21:58:34 | URL | うめきゅー #kpjYxc8I [ 編集 ]

うめきゅう様、あかねさす様 風邪薬様

申し上げたように、最近まで特に気を入れてフィギュアを見ていたわけではありませんので、私なりのカジュアルファンとしてのカナダ(北米)での見方をお伝えしまでです。いつもCBCやNBCを見ていますので、当然カナダ、アメリカよりの解説を聞いていることになり、見方にバイアスはあると思いまが、北米ではそういう見方をしていたのだ、ということがわかっていただければそれで結構です。もちろん私が北米の意見を代表しているとは思っていませんが、Youtube
の書き込みにもあるように、アイスダンスの判定には主観的ナだけに常に論議が
つき物でした。

2013/11/01 (金) 22:00:16 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

デュボワとタラソワ

風邪薬様、こんばんは。

私も便乗に便乗させてください(笑)

基礎を叩き込むのがうまいデュボワとある程度の技術を持った選手を洗練させ、最後に足りない何かを与えてトップ選手へと押しやるのがうまいタラソワ。

おそらく本人たちもそう自分たちのことを分析すると思います。

デュボワはタラソワに教え子を奪われたと恨みに思っている節がありますよね。
ただ、生徒たちの方がデュボワから離れていったようで、離れて行き着いた先がタラソワだったというのが現実のようです。
タラソワのもとにいったある選手が「前のコーチ(デュボワのこと)は私たちから取っていくばっかりだったが、タチアナは惜しみなく与えてくれる」というような趣旨のことを言っていたので、師弟関係において何かしらの問題があるのでしょうかね。
明確な理由はまったくわかりませんが。

便乗失礼しましたー。

2013/11/01 (金) 22:12:16 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

歴史のおさらい

ベルリンの壁崩壊
1989年11月10日

ソ連邦崩壊
1991年12月25日

まず東ドイツが採点競技を含めスポーツの世界から姿を消した。

ここから採点競技における東西のバランスは崩れ始めた。

アイスダンスを含めた旧ソ連の採点競技における各国ジャッジへの締め付けはここからゆるくなったようにおもえる。


実際に締め付けがあったのかどうかははっきりとはしないけれども、東西陣営のジャッジのつけ方は、かなりはっきりとしていた事は事実。

2013/11/01 (金) 22:18:30 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

あかねさすさんへ

お返事ありがとうございます。
二度も続けて長文(!)を投稿したのでつい気になってまたみてしまった(笑

ですよね、
クリモワ・ポノマレンコへの非難もちょっと強烈すぎて、デュボワさんのお人柄にちょっと疑問を感じました。あの「G線上のアリア」を「黒い魔力の激情」といったんですもの。えええ?そうとるの?と恐ろしくびっくりしました。

結局クリポノもグリプラもボーンクラもタラソワさんのところに行きましたし、デュボワがあれほどその人柄を愛したウソワもズーリンもタラソワと組んで仕事をしてます。

デュボワさんの指導テクニックは間違いのないものだと思いますけど、人柄が少し、角がありすぎるのかもしれませんね。

そういえば、テサモエやメリチャリを指導者ズエワも、ゴルデーワ・グリンコフがタラソワの元に移るとき、「タラソワとは一緒に仕事は出来ない」と言ったらしいんです。
なぜ?
シュピルバンドなら、迷惑を掛けたタラソワに合わせる顔がないというのもわかるんですが、その当時のズエワがなぜそこまで?と思ったのも、今急に思い出しました(笑)。

2013/11/01 (金) 22:39:42 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

日本人とソルトレイクスキャンダル

kan-kan様へ

アイスダンスとペアについては恥ずかしながら疎いので何とも言えませんが、男子シングルについては、日本では、ソルトレイクの頃までは北米選手よりもユーロの選手の方が圧倒的に人気が高かったです。近年は、アボット選手や、バトル選手など北米選手の人気も上昇していますが。ウィアー選手はスキマ人気(だと私は思っている)ですが、一部の層に人気がありますね。

※日本女子が強くなる以前は、日本のフィギュアスケート人気を支えていたのは海外男子オタでした。

ロシアが善・北米が悪というよりも、日本人は、ユーロやロシア流の演技が好きなのだと思います。
長野の時のキャンデロロ人気はすごかったですし、ヤグディンは今でも人気があります。プルシェンコも好き嫌いが分かれますが、ファンは多いです。
ちなみにゲーブル選手についてはほとんど話題に上がらないような……。ライサチェク選手もさほど人気はないように思います。

最近は、グローバルになりましたので、表現性においてはロシア流だの北米流だの区別する意味はなくなりましたね。
でも、日本人は文化・芸術面においては、今でもロシアに畏敬の念を持っていると思います。
ソルトレイクの時にロシアに同情する人々が多かったのはそのような背景もあると思います。

あとは、9.11以降のアメリカの独善っぷりに辟易した人が多かったことも多少は影響していると思います。
ソルトレイクオリンピックは、9.11の衝撃冷めやらぬ特殊な雰囲気の中で開催されましたから。
「また北米がやらかした」と思った人もいるのではないでしょうか。

そしてもうひとつ。
日本ではクワン選手よりもスルツカヤ選手を応援している人が多かったのでしょうね。日本には、ソルトレイクの時のスルツカヤ選手について、「クワンを勝たせるためにジャッジに点を抑えられた」と今でも思っている人がいます。
そんなこんなで、北米に良い感情を持っていない人がいるのではないかと推測します。

2013/11/01 (金) 23:02:19 | URL | 神無月 #QygVoc82 [ 編集 ]

Re: 片割月様 貴方のブログに出会えて良かった

ikumi様。

これからもヨロシクね(∩´∀`@)⊃

2013/11/01 (金) 23:04:35 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

kan-kan様へ

そうですね。
北米でそのような見方が出てくるのは、北米VSロシアの対抗意識や価値観の違いから考えて当然だと思います。どちらが善い・悪いという話ではなくて。

また、私もkan-kan様の考えを変えようなどとは思っておりません。
もともとは日本のファンの一部(と、陰謀論者)に、「ロシアは善、カナダは悪」という偏向した見方があることへの反論だったのですよね。私もそうした見方や、CBCの動画への中傷コメントには心底ウンザリします。
でもまあ、その方々とはまた別に、私なりの、北米的な意見やトレイシーさんに賛同しかねる理由があることは、わかっていただきたいと思います。

しかし、例えトレイシー嫌いであっても頷ける部分もありますし、今の日本の解説よりはCBCの方が断っ然良いです。
今回は反対意見ばっかりになってしまいましたが、カナダ嫌いってわけでは決して無いですからねー!
kan-kan様の貴重な北米情報や音楽のお話、これからも楽しみにしています。

めんどくさくない範囲で、また付き合ってくださいませ。

2013/11/01 (金) 23:08:50 | URL | うめきゅー #kpjYxc8I [ 編集 ]

Kan-kan さんへ

>Youtubeの書き込みにもあるように

英語圏の人が多いですよね、きっと、kan-kanさんが見てらっしゃるのは。

ロシア語の書きこみだとどうなんでしょうね?そのうち時間があったら機械翻訳でもして見ます(笑 面倒そう・・・)

日本人の実に多くが英語での書き込みに躊躇するように、ロシア人も英語が得手じゃない人が結構いる模様(違うかな?)。

発言されない意見はないも同然、無視されてるのがいやなら英語覚えて何か言えば?あんたの言葉なんかこっちはしらな~い。英語が世界の公用語!
そういう北米風の考え方はそれなりにわかるつもりですし、それが時流ってものでしょうけど、発言された言葉だけをいくら集めてもそれが全き真実になるわけじゃないと思うんです。まあ、見ていた人たちが死んでしまえば、言葉だけが残って、それが真実になるかもしれませんが。

北米(の特に男性)が世界の中心と思ってらっしゃるご様子なので、わかりにくいかな、こういう考え方は。

まあ、少なくともこの極東の小さな島国には、ロシアのダンサーの系譜に萌える女子が今もそこそこいるってことですね(笑)

ところでトレーシーさんって今の採点方式なら自分たちが連勝できたと思ってるんでしょうかね?
ベステミアノワ・ブーキンには勝てたかもしれませんね、デュボワさんのベステミアノワ評が事実なら。トレーシーのタラソワ嫌いもそれならわかる。
でも、クリポノにも勝てたかしら?
ぜんぜん印象に残ってないです、トレーシーの現役時代の演技。
と思ってカルガリー五輪のFDの動画、探してみました。
画像が荒いし小さいので、足元の差はよくわかりませんが・・・
うーん・・・・・・・・・・・・・・

2013/11/01 (金) 23:33:57 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

私も便乗でアイスダンス語り

アイスダンスのディープなファンがこんなにいらっしゃるとは思わなかったので、私もちょっと喋りたくなりました(笑)

確かに一昔のアイスダンスは年功序列みたいなところがあって、一番上のカップルが引退したら、二番目のカップルが次のトップになったり…と分かり易いところがありましたね。しかし旧ソ連(+ロシア)のアイスダンスが強烈、強力なカップルを輩出していたのも確かです。

ベステミアノワ&ブキン、クリモワ&ポノマレンコ、グリシュク&プラトフ、ウソワ&ズーリン、クリロワ&オフシアンニコフ…でも個人的に一番好きだったのはウソワ&ズーリン(実生活でも夫婦だった)で、あの官能的なと評したいディープエッジにいつもうっとりさせられたものです。ただ旦那のズーリンがグリシュクと不倫して(^^;)、当時グリシュク&プラトフをコーチしていたタラソワさんが怒って一時グリシュクを追放したという話もあったように憶えています。アイスダンス界の相関図はけっこうドロドロしているようです(^^;)。

デュボワさんとタラソワさんの確執については、あかねさすさんがおっしゃるように、デュボワさんの下にいたのでは殻を破れないという選手側の意志もあったんじゃないかなと思っています。実際、超個性派のデュシュネー組(フランス)に押されていたクリモワ&ポノマレンコはタラソワさんについてから、それまでの正統派だけど大人しい(薄い)というイメージを脱して「G線上のアリア」という傑作プログラムを生み出しました。タラソワさんって、料理の味を際立たせるためのスパイスを活かすのがすごく上手い人なんでしょうね。

アイスダンスのジャッジが旧ソ連に牛耳られていたかどうかは分かりませんが、採点法が変わってからはそれまでと違った価値観が導入されたというのはあるかなと思います。もっともロシア勢も、ナフカ&コストマロフ以降はちょっと粒が小さくなったので、それに乗じて北米勢が台頭して来たという感がありますね。

長々と失礼致しました。

2013/11/01 (金) 23:35:41 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

うめきゅー様

こちらこそお返事ありがとうございます。

>私はダンスを「雰囲気が好きかどうか」程度にし かわからないので

いえいえ、私も「雰囲気」重視ですよ。
技術的なことはやっぱり素人には「うん、わかんね!」になっちゃいます。
しかし、たくさんの演技を見ているとちょ~っとはわかる気がしてきます。気のせいでしょうが。

お父様、丸刈り!!(笑)
お父様に「ええ、あれ以来日本のダンスファンは
丸刈り男(マルガリオ)って呼んでます」ってお伝えください。

確かにシングル界はギスギスしてますね~
ダンスファンは何かもめてるくらいがちょうどいい塩梅に面白いくらいに思ってますからね。
シングルは、まー、大変そう(他人事)。
コメントするときに、うっかりシングル選手のことは書かないようにしないと。

また機会がありましたら、こちらこそよろしくお願いします。

2013/11/01 (金) 23:44:24 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

TAOさん、それちがう、デュボワや

>当時グリシュク&プラトフをコーチしていたタラソワさんが怒って一時グリシュクを追放したという話もあったように

いやいや、当時のグリプラのコーチはたしかまだデュボワ。
で、これがきっかけで追い出されてリニチュクの元に行った。
タラソワの元に移るのはさらにその後。

だったと思います(ちゃんとスケートみようよ、なに見てるんだよ・・・だからいつまでも「この点差なに~~?なんでぇ?」なんだわ、わたしったらorz)。

2013/11/01 (金) 23:55:11 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

Re: スケカナEX

ぱた様、こんばんは。

ブヒッ!

実は、私はまだEXは全然見ていないの(^-^;

競技の方を見るだけでいっぱいで。競技とてまだ全てをじっくり見ていないものもあるし。

しかし、チャン選手は早いとこ見なくては!

>もしかしたらチャン選手のエキシビの中では一番好きかもしれません

そんなに!!

ばた様が賞賛されるなら、間違い無いでしょう(^_^)ノ

2013/11/01 (金) 23:55:28 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

風邪薬様

アイスダンスの話をすることなんかないので、うれしすぎです(笑)

「黒い魔力の激情」すごい言葉や!確か「邪悪」とも言ってませんでした?
まるでダークサイド、「スターウォーズ」かっ!

そもそも、長野五輪とのきのトレイシーのグリプラバッシングの発端って、デュボワじゃなかったですっけ?
「ボーン&クラーツは4位になるよってジャッジのひとりに言われた!」みたいな。
「ほら、端から順位は決まってる!!」ってトレイシーが飛びついたんじゃなかったですっけね。

当時は、コーチたちの舌戦も凄まじかったですねー。
全然選手たちのためになっちゃおらん(笑)

2013/11/02 (土) 00:00:04 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

デュボワだったか~

風邪薬さん、訂正ありがとうございます。

昔のことなので記憶がごっちゃになってた…年齢のせい?orz

私も技術的な面を見る眼は大したもんではないです。ただデュシュネー組なんか今だったら、辛めに採点されそうな気がしますね…

2013/11/02 (土) 00:02:30 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

Re: プログラムの問題ではなく

あかねさす様、こんばんは。

もしかして、テサモエがやや不調というよりも、

ライバルのメリチャリがカッ飛ばしているので、かなり意識して焦っているのかな?

2013/11/02 (土) 00:05:36 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

節子(いやTAOさん)そうやで、デュボワやで

追い出したのデュボワで間違いないです。
その後グリシュクはチェルニシェフと組む予定で、プラトフはタチアナ・ナフカと組もうとしてたんですよ。
でもプラトフは「ナフカと組んでもどこにもいけない」と思って、デュボワのとこを出て、またグリシュクと組んだんです。
ナフカ様、本当に息の長い選手。
そして、プラトフと組めなかったあと、あきらめずにスケート続けてよかったね(涙)

あ、片割月さま、もうやめますんで許してください(笑)

2013/11/02 (土) 00:05:42 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

アイスダンスの不思議

ペアでは中国も良い成績を残しているのに、アイスダンスではないのは(・・?)ナゼ??

2004 ロシア ブルガリア ドイツ
2005 ロシア アメリカ ウクライナ
2006 ブルガリア カナダ アメリカ
2007 ブルガリア カナダ アメリカ
2008 フランス カナダ ロシア
2009 ロシア アメリカ カナダ
2010 カナダ アメリカ イタリア
2011 アメリカ カナダ アメリカ
2012 カナダ アメリカ フランス
2013 アメリカ カナダ ロシア


1位 ロシア3回 アメリカ、カナダ、ブルガリア2回 フランス1回

2位 カナダ 5回 アメリカ4回 ブルガリア 1回

3位 アメリカ 3回 ロシア 2回 イタリア。ウクライナ、カナダ、ドイツ、フランス 1回

2013/11/02 (土) 00:08:03 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re: Re:Re: 赤いコート

バジル様、こんばんは。

フフ。そう思われますか^^

スピルバーグさんにはシンドラーの「心の葛藤」を少しは描いて欲しかったなあと。

これがあれば、彼が変わって行く様がもっと感動的なものになったのに、勿体ない。

>彼女に関してはPCSが低すぎるという意見は出ませんね。ここまではっきりわかれば納得、ということなのでしょう。

おっしゃる通りだと思います。

まさしく、スケーティングが超一流でなくとも、高いPCSが出る好例ですね( ノ゚Д゚) よし!

2013/11/02 (土) 00:15:04 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

あかねさすさんがやめるなら、私もやめなきゃ

>当時は、コーチたちの舌戦も凄まじかったですねー。
>全然選手たちのためになっちゃおらん(笑)

それ今も引きずってるのがミーシン先生だと思う(なぜか、彼のことは先生といってしまうw)

スケアメでアシュリーと真央が回転不足を見逃されたみたいなことを言ってるらしいんですが、ぐっさぐっさ、刺さってますから、二人とも。先生。ちゃんとみてくださいよ。
相変わらずのミーシン節自体は想定内ですし、先生はそれで良いでしょうよ。そういう人だって思ってみてますから、こっちも。またかよ、の範囲ですよ。
でもね、笑って聞いていられるのは力が拮抗している選手同士に絡む舌戦の時で、今のリーザの演技で浅田・ワグナーより実は強いみたいな言い方ホント止めてくださいよ、ボケたと思われちゃいますよ!
とてもじゃないけど今季のリーザのPGじゃ、リプニツカヤちゃんの敵じゃないです。
ラジオノワちゃんのPCSをみて焦りとか感じないんでしょうか?まあ、彼女は五輪出場権はないからどうでも良い、とかタカくくってんでしょうけど(先生、リアリストですもんね)。
なんてことをスケカナのリプちゃんを見て思ったのでした。

スケカナの話に軌道修正してみました。

2013/11/02 (土) 00:24:51 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

Re: 極上ワイン3

びっぐあぷる様。

>現地のベンチで長い間腰掛けて、連続して選手の演技を観ていると、寒さもあって頭がぼーっとし実は、演技を目の前にして、他のことも考えてしまうっていうこともあるのです。(私の場合)

フムフム。びっぐあぷる様には割りと夢想家な一面があるのでしょうか?

いったい、何を考えているのかなあ~~(*^◯^*)

詳細な「ゆづ実況」、なかなか読み応えがありますね^^

彼も日本人選手には珍しく?その時その時の心の動きや感情が表に出る方かもしれませんね。

単に若さというだけからではなく、彼の個性でしょうか。

で、それはフィギュアスケーターとしては得難い性格というか、一つの能力かも。

2013/11/02 (土) 00:29:23 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

私も止める前に一言

アイスダンスファンの皆様へ

新採点法時代になってからアイスダンスが健全になりすぎたと思いません?というか、北米勢が健全的なだけかも(^^;) 訳ありげな男女が醸し出す退廃美こそこそアイスダンスの醍醐味だと信じているので、ヨーロッパ勢にもっと頑張って欲しいです(笑)

すみません、これでもう止めます(笑)

2013/11/02 (土) 00:32:08 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

Re: 極上ワイン4

びっぐあぷる様。

>向こうから滑ってくる選手は、まるで、ワタシの元に駆けよってくれる恋人のようでした!

ケッ!

極上ワインも4杯目になり、だいぶほろ酔いかげんになって来たかなヽ(^0^)ノ

ワタシの場合、選手出入り口の右後ろの席に居た時は、

まるで、後朝にワタシの元を去り行く恋人か光源氏のようだったわヽ(;▽;)ノ

>おでこ、鼻、あご、2人向き合ったときの、その輪郭線に囲まれた空間が美しいんです

そうですね!この風情もテサモエの魅力の一つかと!

2013/11/02 (土) 00:41:19 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

毒と色気と胡散臭さ

ダンス人気ですね。
やめようかな、と思ったけど、スケカナのテサモエの話へ戻れそうなのでお邪魔します。
片割月さま、スミマセン(^_^;)

TAO様のおっしゃること、わかります。
テサモエもメリチャリも爽やかすぎて毒気が足りない~!と思ってました。それもまた彼らの魅力だし、年齢も若いし性格も良さげだし仕方ないっちゃないんですけど。

でも、昨季のカルメンあたりからスコット君がちょっと胡散臭くなってきて、良い感じです。アイスダンスの男はこうでなくっちゃね~、とニヤニヤ。
テッサも姫オーラは残しつつ、濃ゆい演技もできるようになった。
今季のSDやEXなど見ていても、表現が男女の情念の世界へ脱皮したんじゃないでしょうか。
私は技術的なことはよくわかりませんが、滑りの大きさとかフリーレッグの揃い具合とか見ていても、テサモエは昔のダンスカップルに近い空気が感じられて、そこがロシア人にも人気なのかな~、とか勝手に思っています。
なんて、ライトファンが知ったようなことを言ってますが。

でも何故か、メリチャリはそのままでいてね、って思ってしまう。
というか主にチャーリーに対してですね。毒気とか無いほうが安心します(笑)

2013/11/02 (土) 01:08:32 | URL | うめきゅー #kpjYxc8I [ 編集 ]

チャン選手のEX

ぱた様 片割月様

プラックタイで正装風。オリンピックチャンピオン用のEX? 


2013/11/02 (土) 03:20:38 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

Re:歴史のおさらい 

バルタンさん

なるほど。
いつもながらデータに基づいたコメントには感服!

2013/11/02 (土) 04:01:17 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

現役で足元の良いアイスダンスカップル

アイスダンスファンの皆様

私がアイスダンスにはまったのは、キャンデロロ観たさに行ったNHK杯のEXI地方ツアーで、アニシナ&ペーゼラとモニオット&ラバンシーの演技が一番観客を楽しませてくれたことがきっかけです(キャンデロロは体調不良で直前欠場でした)。

それからずっと好きで試合も観続けていますが、演技スタイルやその時々のプログラム、雰囲気を楽しんで観ているので、技術的なところはルールは読みつつも、Jスポーツで藤森さん達元ジャッジの方の解説を聞いて勉強するくらいで、新採点になってからはPCSのスコア表を見て「そうなのかー」「そうだよねー」「えー、そうなの?!」という具合。素人の域を全く出ていません。

生で観て「足元凄い!」と感じたダンサーは、マキシム・スタヴィスキー、オリビエ・シェーンフェルダー、現役選手ではスコット・モイアでしょうか。

カップルとしては今はテッサとスコットが足元の良いカップルだと思いますが、メリルとチャーリーも悪いとは思いませんし(スピード以外もシニアに上がった当時からするとすごく上手になりましたし)、ジャッジスコアでは良いとされています。
SSと「足元の良い」は必ずしもイコールではないのだろうな、と思いますが、
あかねさす様の
>メリルたちが五輪の金メダルをとれば、ダンスのオールドファンや関係者からは、足元良くないカップルがチャンピオンになった!と言われるんじゃないか、と今から心配
とのコメントを受けて、素人目からすると、今はテッサ&スコット以外が金メダルの場合は全てそう言われてしまうんじゃ……?という気がしてしまいます^^;

というわけで、皆さまが足元の良いと思われる現役のアイスダンスカップル(もしくはアイスダンサー)はどの組(選手)でしょうか?
遅いコメントなのでもうご覧になってないかも…と思いつつ、皆さまのご意見を伺いたく、どうぞよろしくお願いいたします!

2013/11/03 (日) 12:26:56 | URL | いよかん #I9hX1OkI [ 編集 ]

アイスダンスネタ~

現役アイスダンス選手のお気に入りは、アンルカ組とイリカツ組の若手かな~。
この辺りが大化けして北米二大カップルの頭越し優勝~なんてことになると面白そうなんだけど。
そういえば、リレハンメル五輪は思わぬグリプラ下剋上金メダルだったね~。あれはガチだった?んだよね?
キスクラで、ゼーハー肩で息しながら、顔は鼻水・涙・涎で水浸し状態のヤンキーぽい赤毛の女の子…が、あのグリシュクだった
…国営アナの「現在三位のプレスリーナンバーを引っ提げての若手カップルですが…あ!これは…!逆転優勝ですッッ…」
そのまま放送時間切れという衝撃度の高さ…お茶の間のこっちとしては、アイスダンスでもこういうことがあるんだ、ポカーン。。ウソワさんショック可哀想(旦那も寝取られたと後で知って(涙))。
グリプラには、フィギュアスケートは深いエッジワークとスピードこそ「金」なのだということを教わりましたです…。
にしても、今流行りの男の太ももにブレードごと体重乗っける無茶ぶりリフト、やめて~~~

2013/11/03 (日) 16:19:26 | URL | シジフォス #Hyf0ngDc [ 編集 ]

Re: 節子(いやTAOさん)そうやで、デュボワやで

あかねさす様、こんばんは。

> あ、片割月さま、もうやめますんで許してください(笑)

いえ、ご遠慮なさらずに。

議論や意見交換は好きなだけ自由にどうぞ( ^ω^)_凵 

2013/11/03 (日) 21:18:09 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: あかねさすさんがやめるなら、私もやめなきゃ

風邪薬様、こんばんは。

政治的と言うなら、ロシアのコーチ達の発言こそ政治的な一面あって、

どうも一筋縄では行そうにありませんね^^

逆に、そこがまた彼等の人間味がにじみ出て面白いところでもありますが。

タラソワさんも色々言いますしね。

ただ、おっしゃる通り、今回のミーシン氏の発言は頂けませんね。負け惜しみも度を越すと醜態です。

2013/11/03 (日) 21:27:45 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: 毒と色気と胡散臭さ

あかねさす様に申し上げた通り、

うめきゅー様もTAO様も、ご遠慮なさることはありませんよ(^_^)ノ


2013/11/03 (日) 22:02:08 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

現役で、だと・・・

片割月さま、こんばんは。
お許しいただきましてありがとうございます。
アイスダンスについて、語り合える日が来るなんて夢のようです・・・。

いよかん様、シジフォス様はじめ全国のダンス好きのみな様、こんばんは。
楽しいアイスダンスの時間です。
BSの特番は録画しましたか?大丈夫でしょうか?

いよかん様、スタビ、オリ、さすがの審美眼です!特にスタビスキーはとんでもなく上手いですよね。私も大好きです。オリビエもあの長~い脚から繰り出される深いエッジワーク、たまりません。

アニペーも生でご覧になったんですねー。うらやましい限りです。

はっ!イロイロと思い出しうっとりしてしまいました。

現役で足元うまい選手ですね。
やっぱりナンバーワンはスコットでしょうね。彼は本当にうまいなーと思います。
テッサも。

あとは、イリカツのニック、カペラノのルカ、ボブソロはどっちが上手いかはちょっとよく分からないけど、ソロビエフがうまいのかなー。カーチャはずっと姿勢が悪いって言われてましたね。今はがんばって改善してると思います。あんまり二人に差はないような。ペシャブルのファビアンはエッジが深い。シブタニズは何度も言ってますがシュピル先生から離れてちょっと伸び悩み気味。
基礎がとっても出来ているのでとてももったいない。

やっぱり男性がエスコートする競技なので、基本男性の方が上手くないとね。ただ過去の選手たちの中にはアニペーみたいに女性の方が技術的に優れてるカップルもいます。ただしそれを帳消しにするくらいのグェンの美貌。氷上のオーラだってとっても大事。PCSの項目に入れてもいいくらいさ。

チャーリーもメリルも上手いと私は思います。が、なんか彼らは違うんですよ。何がっては言葉ではいえないんですが、何かが違う。全然別枠なんですよね、すべてが。足元上手くないと世界チャンピオンになんかなれませんからね、上手くないはずがない。しかし、オールドファンや関係者(特に元選手とかコーチ陣とか)が言う「足元よくない」は言ってることは分かる。
「彼らはリンクを走り回っているだけだ」
うん、確かにすごいスピードだもん。それが、アイスダンスっぽくない、っていうことなんだろうと。それはわからなくもない。というか否定できない。ただ、今の採点方法だとスピードがないと高いレベルのエレメンツなんか絶対実行できないんですよ。昔はリフトの秒数なんかカウントしてませんからね。スピンなんかしてませんし。
そして二人はとにかくミスしない。
これはとてもとてもすごいこと。エレメントに入るときも難しいことをしてるけどプログラムに溶け込んでて、さー、リフト入りますよー、みたいなのを感じさせない。
とにかく、メリチャリは規格外なんですよ、いろいろと。私はとにかくフィジカルがめちゃくちゃ強いんじゃないかと思ってる。メリルも軽やかーなのにとっても丈夫で体力お化け。大きな怪我の話も聞きませんしね。

ダンスは採点方法が変わったときに完全に別競技になったんですよ。昔とは比べられない。
「足元よくない」って言ってる人はそれがなかなか受け入れられないのでしょう。
今も昔もどっちだってすごいんだから。それでいいじゃん。ね。私は両方の選手たちを尊敬してます。


で、胡散臭い問題ですが、確かにみんなさわやかすぎですよ。
これだけはね、昔のほうがよかった(笑)
昔はみんな30代でチャンピオンになってましたからね。プライベートでも人生経験つんでたと思います。
恋愛したり、結婚したり、親になったり、不倫したり、離婚したり。
今は20代の選手が中心ですからね、そこはちょっと難しいのかも。
ただ、スコットは俺様感が出てきてますよね。もっと悪いキャラクターとかにすれば面白かったににね。テッサも清純派だけじゃないとこ見せてくれたんで、是非ソチが終わっても引退せず、面白いプロを見せてほしいなー。テッサもプライベートでイロイロあったという噂(ただの噂であってくれ!)なので、何かしらかのどす黒さも出してみてもいいのよ、カモン!きっと世界中のダンスファンは嬉々として受け入れますわ。

ただ、北米の選手はやっぱりアスリートとして子供やティーンたちのロールモデルとして振舞わないといけないのかなーとも思います。だから奇抜やセクシーすぎるのは難しいのかもですね。
ヨーロッパだとそんなことないみたいだけど。

そんな中で、胡散臭いとは違うけど、オンリーワンな魅力で楽しませてくれるジガンシナ&ガジ(ゾンビ、中年ロミジュリ、SD,FD続きプロいわゆるデニス・テン方式他)にはがんばってほしい限りです。
ネッリ姉さんのドイツ国籍がはやくとれますように。

さー、他のダンスファンのみなさん、もっと来いよ!!

2013/11/04 (月) 00:09:36 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

なんか彼らは違うんですよ。

あかねさす様

文化、伝統、情緒の違いというものもあるのではないですか。極端に言うと、ブロードウエーミュジカルとボリショイバレエの差。同じヨーロッパのバレエでもボリショイの優美さは英国ロイヤルバレエはまねできないと思います。パリのオペラ座バレエにはモダンを感じさせる別の美しさがある。
体操は近年はアメリカ女子が強いですが、コーチは東ヨーロッパのコーチなのに、何かが違う。優美さがない。この点をバルタンさんに伺ったことがあります。
アイスダンスをクラシックバレエ、ボールルームダンスの観点から計ると、北米チームには何かが足りない、何かが違う、と感じるのではないでしょうか。

色恋模様という点で、シブタニ組はこれからのプログラムが難しいでしょうね。。兄妹で男女のケミストリーを出すのは困難ですから、プログラムが限られてくる。

2013/11/04 (月) 01:15:31 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

BS

フィギュアスケートファンの条件にはわろーた。

世界中皆同じ。採点に関しても同じなんだろうな~~。ああいう中見が入っているということは。

日本でもああいう事をきちんと取り上げれば良いのに。

日本スケート連盟の不正会計の件とか(笑)
まー、カナダは当事者じゃなかったから、ああいう作りも出来るのだろうけどな。

2013/11/04 (月) 01:54:31 | URL | バルタントモゾウ #- [ 編集 ]

Re:BS

放送されたときは見なかったですが、オンラインで見ましたよ。

ソールトレイクのスキャンダル!
北米の見方がわかりましたか(笑)
でももしこれが濡れ衣だったとしたら、ここまで名前と写真まで出して放送したら名誉毀損で訴えられるのは間違いないはずです。カナダを一方的に悪者にしないでください。(笑)

興味深かったのは、
新しいプログラムが出来たときにジャッジに見てもらっているところ。 ここでもそれが話題になったことがあったと記憶しています。

テクニカルジャッジの上で4台のカメラが選手を追っていたところ。Youtube判定で回ってる、回ってない、エッジエラー有や無しやとジャッジ以上の権威を持って騒ぐファンに見せたい。

2013/11/04 (月) 09:50:16 | URL | Kan-kan #E0/upmTg [ 編集 ]

たしかになんか違う、けど・・・

メリチャリの魅力は健康優良児の魅力じゃないか、と。

萌えるか?といわれたら、萌えられないんですが、ビュンビュンかっとんでいる彼らにスポーツとしてのアイスダンスのある形を見るような気がします。いかにもさわやかな彼らを魅力的だとも感じます。

たしかにアイスダンス業界全体が毒と色気と胡散臭さは激減したわけですが、それはそれでまあ・・・時代の流れかもしれないし、今後また、トップスピードでかっとんで、なおかつ妖しげで胡散臭い魅力を振りまくカップルが出てくるかもしれない。

旧採点法時代のアイスダンスに関しては、アイスダンス大国(だった)ソ連のスケート関係者の中にも「アレはスポーツじゃないじゃん」という意見があったそうなので、よりアスレッチックな方向に磨かれて今日の姿になったんだろうと受け止めています。
結果、COPの使用前・使用後がシングルやペアより顕著なのかなぁ・・・と。

ボウルルームダンスというか、競技ダンスとの比較で見ると、むしろ原点回帰なのかな、とも思ったり。
あくまでも社交上のツールから発展したスポーツの一種としてのダンス。

ボウルルームダンスは初対面の男女でも踊れるダンス。
そこには濃厚なドラマ性や、世界観などは必要ない、というか、あったら困る。(いきなり舞踏会で「じゃ、私は、不治の病に冒された娘、あなたはそれを愛する男。この音をアクセントに私が絶望を、あなたは一小節遅れで私の苦しみをなぞりつつ、恋人を支えきれない自分を責める苦悩を描いてください。さあ、行きますよ」とか言われたら、どうしますよ?)
上品なホールドと正確なステップ(フィギュアというそうですが、本当は)のボウルルームダンスを氷上でするのがアイスダンス、そんな感じだったところに、ソ連がドラマティックな演出のダンスをFDで見せ始めて、そちらがいつのまにか主流になっていった・・・感じ?
カナダはわりと、この正統派のホールドのボウルルームダンス的なスタイルをかなり長く守っていた印象があります(印象だけなので事実は違うかも)。

北米のアイスダンスカップルの作り出す雰囲気は、いわば新たな潮流で、今やそれがメインストリーム。ロシア派にわくわくしてた私は、それにうまくついていけていないだけなんでしょうね。

でも、すごいなぁ、なんて気持ちよくぐいぐい滑っていくんだろう、ってのはちゃんと感じてます。もうちょっとだと思う(なにが?って自分がw)

2013/11/04 (月) 10:45:59 | URL | 風邪薬 #aR5DLEYU [ 編集 ]

ありがとうございます

あかねさす様

>BSの特番は録画しましたか?大丈夫でしょうか?

すっかり忘れてましたーーー(涙)
12月の再放送を待ちたいと思います…。

>スタビ、オリ、さすがの審美眼です!特にスタビスキーはとんでもなく上手いですよね。私も大好きです。オリビエもあの長~い脚から繰り出される深いエッジワーク、たまりません。

マキシムには東京ワールドのODで、オリビエにはイェーテボリワールドのCDでノックアウトされました。「足元に惚れる」ってあるんだなーと(笑)

アニシナたちは残念ながら競技は生で観られたことないんです。チケット代と旅費が捻出できる大人になったものの、反対に思うようには休暇が取れないサラリーマンの身で(昨今チケットもなかなか獲れませんが…)、あの頃無理しても見ておくべきだったなーと思うことしばしば…。

現役で足元の上手い選手、ありがとうございます!
ニックか!なるほどー。昨シーズンのNHKでイリカツのスピードに目を見張りましたが、ニックの足元にももっと注目していきたいと思います。今シーズンは台詞に注意が逸らされることもないようですし(笑)
ルカも上手いんですね~。アンナの可愛らしさに毎回やられっぱなしで、あんまりルカに注目できてませんでした。ファビアンもナタリーの大人可愛さに…以下同文。
ボブソロは「上手いな」「ん?上手いのか?」と試合毎に印象が違う感じでしたが、ズーリンのところにいって「上手いなー」と思うようになりました。それまではカーチャの姿勢からくる印象もあったのかも。改善してきてるんですね♪
シブタニズはヒデオ上手いなー、と思ってたのにプログラムも含めて足踏みしてる感じですね。ほんともったいないです。
GPSのアイスダンスの録画放送もCSで始まっていますので、大画面で足元注目していきたいと思います!

>ただしそれを帳消しにするくらいのグェンの美貌。氷上のオーラだってとっても大事。PCSの項目に入れてもいいくらいさ。

激しく同意します(笑笑笑)

>ダンスは採点方法が変わったときに完全に別競技になったんですよ。昔とは比べられない。
「足元よくない」って言ってる人はそれがなかなか受け入れられないのでしょう。
今も昔もどっちだってすごいんだから。それでいいじゃん。ね。私は両方の選手たちを尊敬してます。

ああ。そうか。そうですよね。
私も「アイスダンスは昔と違う競技になった」と思えてるから、抵抗ないのかもしれません。そう思えるのもメリチャのロスワールドでの「サムソンとデリラ」に心掴まれたのがきっかけかも・・・単純・・・。
メリチャの規格外も同意です。メリルの氷上美人っぷりとアイソレーションの美しさ、表現の意思が見えてきたチャーリー、重力を感じさせないリフト、終盤で上がるスピード、2人が作り出す舞台が大好きです。

胡散臭い問題は、高難度リフトに対応しないといけなくなって、怪我も増えて、30代入って続けてくれるカップルが激減したのは寂しいですね。
「人生経験が滲み出てくるの、これからなのにー!!!」と引退の報を聞く度に、本人たちの意思や健康が大事だし、新しい人生へのスタートを応援しつつも、とても寂しくなります。
アイスダンスで、画面越しでさえ「圧倒される」「気圧される」演技は未だにグリプラからしか感じたことがありません(大好きな演技、何度も観返してしまう演技や思わず感涙してしまった演技はたくさんありますが)。こんなこと言ったとかあんなことしたとか、オフアイスがどうだろうがそんなの関係ねー!オンアイスで見せるものが全てだ!!というのはグリシュクから学びました(笑)
あの足さばき観てるだけでご飯何杯もおかわりできる。
今の、よりスポーツ的なルールの中でも、それに近づけるとしたらテッスコでしょうか?
メリチャもテッスコもソチ終わっても続けてほしいなー…。

>オンリーワンな魅力で楽しませてくれるジガンシナ&ガジ(ゾンビ、中年ロミジュリ、SD,FD続きプロいわゆるデニス・テン方式他)にはがんばってほしい限りです。
ネッリ姉さんのドイツ国籍がはやくとれますように。

はい、ほんとに!
あ、あと、胡散臭いというかいい意味での毒気がある女性ダンサーとしては、ノラ・ホフマンに期待してたんですけどねー(涙)
皆怪我なく、できるだけ長く続けてほしいです。

こちらでアイスダンスに関するご意見がいろいろ伺えて本当に楽しいです。
片割月様、あかねさす様、皆さま、ありがとうございます^^

2013/11/04 (月) 17:06:49 | URL | いよかん #I9hX1OkI [ 編集 ]

アイスダンスのリフト

アイスダンス愛の皆様

自分も技術がどうのこうのというより、雰囲気がどれだけ濃いかどうかを重視する邪道なファンです(笑)。下位グループの選手とトップグループの選手とでは、スピード感が全然違うことが分かるぐらいで。その中でグリプラ組は「えーこのスピードでこんな動きが出来るの!?」と仰天するぐらいの超絶的なムーブメントを魅せてくれたので(長野でのフリー演技「メモリアル」など)、今でもグリプラ組が自分にとってアイスダンスという競技の頂点になっている節もあります。アニペー組は本当にフォトジェニックなカップルでしたね。赤毛と金髪というのもまた鮮やかで。デロション組はワールドで優勝した時の「ピアノレッスン」での、手話を取り入れた振り付けが強く印象に残っています。シェーンフェルダーは長身で包容力も感じさせる、男ぶりがいい選手でしたね(←演技に関係ないやん)。しかしアイスダンスって、昔から日本勢も頑張ってはいるものの、やはり東洋人にはまだまだ敷居が高い感じがありますね。肉食系でないと男女のドラマを濃厚に演じきれないのかな。まあ、シブタニ組は無理してエロ路線に走らず、そのまま上品爽やか路線でいいのよとか思ってしまいますが(笑)。昭和系フェイスだし、喜多郞「古事記」なんかどうなんだろう。

現役組ではやはりテサモエ組がキッチリ「アイスダンス」を滑っていると感じます。やたらとリフトが無駄に増えたように感じているこの頃のアイスダンスですが、彼らにはアクロバチックなリフトは要らない、滑っているだけでもただ美しいと感じさせられる数少ないカップルだと思っています。今のアクロバチックなリフトでパートナーを振り回す傾向は、私個人にとっては良しとは思えないのです。確かに派手なリフトはおおーっと沸くし、見せ場であることも否定はしませんが…アイスダンスはやはり足捌きで見せてなんぼ、じゃないでしょうか。プラトフの長い両脚の間を減速しないまましゃがんですり抜けるグリシュク、リフトよりもこういう離れ業をこそ見たいな~。

2013/11/04 (月) 19:56:19 | URL | TAO #R6DZAwZw [ 編集 ]

読んでくださりありがとうございます

りんこ様、

ジョシュア選手のコーチ、今度膝の接近具合も観てみますね。彼は、あと、アンジェラワンというジュニアの女子のコーチもしています。
手がけた選手は一様に、表現力が一気に向上しているなあ、という印象です。

Kan-kan様、

Kan-kan様の書き込み、読んでいて、現地観ていないのに、指摘が鋭いなあとこのごろ思います。
(でも、ヨナの表現力については譲歩できないわ!)

ゆづ君については、
プログラムをランスルーする訓練、6分間練習で他人を意識しない訓練、アイスカバレッジを広くする訓練とか、そういうのが必要なんじゃないかなあと思っています。でも、ポテンシャルは大!ですね。

2013/11/05 (火) 01:00:28 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

観戦中の空想

あ、ズバリ、エッチなことを考えてました。

考えていなかった時は、
愛おしさ込み上げまくりの、ロスマイナーさん、

格好良さ沸点越え、ミハルの白シャツアウト、帽子エキシプロの時ぐらいです。

女性陣、ミハルエキシ、超超超カッコいいです♪───O(≧∇≦)O────♪
見てね〜感想教えてねo(^▽^)o

2013/11/05 (火) 14:44:11 | URL | びっぐあぷる #s7zQWtIk [ 編集 ]

Re: 現役で、だと・・・

あかねさす様、こんばんは。

アイスダンス談義、私にもとっても参考になります(^_^)ノ

NHK杯では、「ヘイ・ユー!」のイリカツを楽しみましょうか。

モロゾフのドギツイ?プログラムにも期待しましょう。

イギリスからこれといったアイスダンス選手が出てこないのが寂しいですね。

2013/11/06 (水) 22:49:30 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

Re: BS

逆に、ロシアあたりがこのような番組を制作したら面白いでしょうね。

カナダとは違った視点が期待出来そうで。

まあ、日本は「当たらず障らず」がヨロシイようで(^-^;

2013/11/06 (水) 23:04:48 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

皆様どうもありがとございます。

片割月さま、みなさま、こんばんは。
反応してくださってありがとうございます。

私のメリチャリへの「何か違う」は決して悪い意味ではありません。
一時はオリンピック競技としての存続も危ぶまれたこのカテゴリをよりスポーツらしく押し上げたのはメリチャリ、テサモエのトップ2だと私は思ってます。ISUの偉い人は彼らに足を向けて寝られまへんで、コレ。

kan-kan様

〉文化、伝統、情緒の違いというものもあるのではないですか。

そうですね、彼らはアメリカーンらしい健康的なスタイルが前面に出てると思います。北米の文化と言われればそうでしょうね。アイスダンスならぬ、「ミュージカルスケート」といった趣です。となると、テサモエは北米らしからぬ優雅さを醸し出す特異なスケーターですね。


風邪薬様

〉ボウルルームダンスは初対面の男女でも踊れるダンス。
そこには濃厚なドラマ性や、世界観などは必要ない、というか、あったら困る。(いきなり舞踏会で「じゃ、私は、不治の病に冒された娘、あなたはそれを愛する男。この音をアクセントに私が絶望を、あなたは一小節遅れで私の苦しみをなぞりつつ、恋人を支えきれない自分を責める苦悩を描いてください。さあ、行きますよ」とか言われたら、どうしますよ?)

あははは、これおもしろーい(笑)滑り出す前意漫才・コントみたいなネタあわせが必要ですね。言われたほうは困っちゃうなー。
パートナーを組み換えして滑ってた、が元祖なので、エキシビションとかでやってくれないかなーと時々妄想します。(ロシアのTV番組?ショー?では金メダリストたちが組み替えて滑ってますよね)
現役では、メリルとスコットで滑ってほしい!メリモエ。化学反応が楽しみー。
ただテサチャリはそこまで観たくない。一度SOIでタニス・ベルビンとチャーリーのリアルカップルとベン・アゴストとメリルが組んでチラッと滑ってるのを見ましたが、やっぱり本物のパートナー同士の方がしっくりくるんですよね。恋人のタニスと組んでもロマンティックじゃないチャーリーって一体・・・と思った記憶があります。

いよかん様

〉マキシムには東京ワールドのODで、オリビエにはイェーテボリワールドのCDでノックアウトされました。「足元に惚れる」ってあるんだなーと(笑)

なんて私たち気が合うんでしょうか(笑)私、グリプラのリベルタンゴを超える、リベルタンゴはもう絶対出てこないだろう、と思ってたんですけどデンスタで見事裏切られましたー。どっちも曲が始まってなかなかホールドを組まない振りにしてあるんですが、デンスタは曲が始まっていきなりノンタッチのミッドラインステップに入ります。そのあとやっとホールドを組む。いやーん、焦らしすぎー、と悶えました。グリプラはやっと組むってときがまるで柔道の組み手のようで、緊迫感が漂う素晴らしいタンゴです。

〉メリチャのロスワールドでの「サムソンとデリラ」に心掴まれたのがきっかけかも・・・単純・・・。

これも完全同意・・・。まるでメリルが歌っているかのようなアリア?にあわせて体を上下にゆらゆら揺らすリフトが素敵でした。
たーだー、私がメリルに恋に落ちたのは、キスクラにて彼らの点に納得いかない観客のブーイングにメリル様が「シー」ってしたとこです!!かーわーいーいー。まじ女神。

あ、ジガガジのネッリ姉さんの国籍問題はどうやら間に合いそうだ、ということでした。よかったー。ドイツはペアは優勝候補ですが、他のカテゴリがなかなか有力選手が出てこないので、彼らには是非出て欲しかったんです。

TAO様
〉デロション組はワールドで優勝した時の「ピアノレッスン」での、手話を取り入れた振り付けが強く印象に残っています。シェーンフェルダーは長身で包容力も感じさせる、男ぶりがいい選手でしたね(←演技に関係ないやん)

関係ありますよ!私には(笑)「ピアノレッスン」はいいプログラムですね。でも私は彼らのバンクーバー五輪での「見果てぬ夢」が一番心に残ってます。オリンピックの5ヶ月前の9月にイザベラが出産して、それからトレーニングを開始したので、確かに技術的には一番よかったころのようには行きませんでしたが、それでも今自分たちができる精一杯の演技を観客やファンに見せよう、という心意気が伝わって今見ても号泣してしまいます。メダルだって夢じゃなかった二人ですから、色々な思いもあったでしょうけど、それも全部飲み込んでの「見果てぬ夢」ですよ。ペアのパン&トン組も同じ「見果てぬ夢」を使って神演技だったので、この曲には特別な思い入れがあります。

現役のうまい選手はあくまで私の主観です。違うご意見お待ちしてます。
女性に目が行ってっていうご意見は、ある意味本質を見抜いているなーと思います。みなさん、さすが。
社交ダンス同様、女性を美しく見せるというのが第一義ですので、そのためには男性は決して女性より目立たず、かつ、技術的に余裕をもって女性を目立たせるのがうまいリードダンサーなのでは、と。技術的に拮抗しているか、女性の方がうまいときには確かに男性が気になります。ただ互いにある一定のレベルを超えてしまったら二人で一つになった作品を作り上げられるんじゃないか、と勝手に思っています。(メリチャリ、テサモエなど)
われらがリード姉弟がむかし「女性は絵画、男性は額縁」と言ってましたが、これは正しいですね。

片割月様、イリカツ楽しみですね。「ヘイユー」はセリフが気になってどういう構成だったか覚えてないんですよね。ただジャッジの評価は思ったより悪くなかったので、なぞです。
余談ですが、イリカツのニックは昔からスコットの大ファンらしく、最近読んだインタビューではスコットのことばっかり話ていました。
モロゾフの当たりが来ますように。私の分の応援もお願いします!

みなさん、NHK杯TV観戦楽しみましょうねー。





2013/11/08 (金) 00:48:44 | URL | あかねさす #28LKhIjk [ 編集 ]

Re: 皆様どうもありがとございます。

あかねさす様、おはようございます。

贅沢な気持ちを言えば、

本日のスケジュールでは、ペアよりもアイスダンスであれば最高だったのにと(^_^;)

私はメリルとテッサ、チャーリーとスコットのペアによるダンスが見てみたいですね。

情緒豊かに、妖しい雰囲気をたっぷりと出して(*^◯^*)

ウケるぞ~~。

2013/11/08 (金) 09:46:29 | URL | 片割月 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

片割月

Author:片割月
和歌を愛し、音楽を愛し、花を愛し、フィギュアスケートが大好きで、歴史・社会・文学が大好きで、ジョン・レノン、八代亜紀、ちあきなおみが大好きで、クリント・イーストウッドと映画も好きで、皮肉とユーモアも好きな変わり者アラフォー熟女ですが、よろしくお願いします。
最近は体力をつける為に、休みの日はえっちらおっちらとミニハイキングに勤しんでいます。

フリーエリア

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。